タマズ イヤホン。 【100均】高音質と噂の100円イヤホンを全部買ってきたので紹介と比較レビューする【ダイソー 】

ワイヤレスイヤホンおすすめ26選【2020年】防水・高音質などランキングで発表!

タマズ イヤホン

スマートフォンとBluetooth接続することで、音楽や動画の音声をワイヤレスで楽しむことができるBluetoothイヤホン。 じゃまなケーブルがなく、取り回しも簡単で、通勤・通学時はもちろん、ランニングなどのスポーツ時にも使えて便利ですね。 アップルの大人気スマートフォン「iPhone」シリーズがイヤホンジャックを廃止したこともあり、ここ数年でアイテム数が一気に増加。 低価格なモデルから多機能な高機能モデルまで、ユーザーの選択肢がグンと広がっています。 そこで価格. comマガジンでは、数あるBluetoothイヤホンの中から、初心者におすすめのモデルをピックアップしてみました。 Bluetoothイヤホンの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。 Bluetoothイヤホンの選び方• おすすめBluetoothイヤホン8選• 【関連リンク】 Bluetoothイヤホン選びで知っておきたい基礎知識 形状によって大きく5つのタイプに分類されるBluetoothイヤホン。 それぞれのメリット・デメリットをわかりやすく解説 Bluetoothイヤホンは、製品の形状によって「 左右一体タイプ」「 ネックバンドタイプ」「 左右独立タイプ」「 ボックスタイプ」「 片耳タイプ」の大きく5つのタイプに分類されます。 形状によってメリット・デメリットがあり、使い勝手も大きく変わってきます。 以下に、それぞれの特徴やメリット・デメリットをわかりやすくまとめてみました。 左右のイヤホン本体をケーブルでつないだシンプルな形状で、エントリーモデルからハイエンドモデルまで、多くのBluetoothイヤホンで採用されています。 ・メリット 片耳で利用できるので、屋外でも安心して使用できる ・デメリット モノラル再生のため、音楽再生には不向き ノイズキャンセリングや防水・防滴など、利用シーンにあった機能性にも注目 せっかくBluetoothイヤホンを選ぶなら、利用シーンにあった機能性にもぜひ注目したいところ。 たとえば、電車やバスでの通勤・通学時の利用がメインなら、ノイズキャンセリング機能を備えたモデルがおすすめです。 周囲の雑音を打ち消してくれるので、周りの騒音を気にせず音楽を楽しめます。 ランニングなどのスポーツ時の利用がメインなら、スポーツタイプのイヤホンがおすすめ。 激しい動きでもコードがじゃまにならず、ノイズを拾いにくい構造となっているほか、耳から外れにくいイヤーピースやデザインを採用したモデルが多くラインアップされており、集中してスポーツを楽しめます。 また、防水・防滴機能を備えたモデルなら、汗をかくスポーツや、突然雨が降ってきた時にも安心して使えるので便利です。 そのため、音声データを効率よく無線伝送するために、音声データをコーデックと呼ばれる音声圧縮変換方式で圧縮して伝送しています。 Bluetoothは標準で「SBC」と呼ばれるコーデックに対応しています。 標準コーデックなので、Bluetoothに対応したスマートフォンやイヤホンは基本的にすべての製品が対応しておりますが、仕様上、接続性を優先して圧縮効率を高めた結果、音質劣化が大きく、無線伝送したデータの復元に時間がかかってしまい、遅延が大きいという弱点がありました。 SBCコーデックのこれらの弱点を解消するため、「AAC」や「aptX」といった高音質コーデックが登場し、近年、対応製品が増えてきています。 これらのコーデックは、SBCコーデックよりも高音質かつ低遅延という特徴があり、SBCコーデックで気になる音質劣化や、伝送遅延による動画視聴時の映像と音声のズレがだいぶ抑えられています。 数年前までは、Bluetoothイヤホンのハイエンドモデルにしか対応製品がラインアップされていませんでしたが、近年はエントリーモデルにも対応製品が増えています。 Bluetoothイヤホンで動画視聴やゲームアプリを快適に楽しみたいのであれば、ぜひ対応製品を選んでおきましょう。 なお、AACやaptXといった標準コーデックのSBC以外のコーデックを使用するには、送信側のスマートフォン、受信側のBluetoothイヤホンの双方が対応していることが必要です。 iPhoneではAACに対応、Androidスマートフォンでは、一部機種でaptXに対応しています。 iPhoneと組み合わせて使うのならAAC対応、Androidスマートフォンと組み合わせて使うならaptX対応製品を選ぶのがいいでしょう。 おすすめBluetoothイヤホン8選 1. アップル「AirPods」 iPhoneとぜひ組み合わせて使いたい完全ワイヤレスイヤホン 「AirPods」は、アップル純正の完全ワイヤレスイヤホンです。 iPhoneを手がけるアップルが開発したイヤホンだけあり、ケースから取り出すだけでiPhoneと簡単にペアリングできたり、耳から外すだけで音楽再生が停止するなど、iPhoneと組み合わせて使用する際に便利に使えるスマートな機能が盛りだくさんです。 イヤホン単体のバッテリー駆動時間は約5時間と短めですが、バッテリー内蔵の専用ケースと合わせれば24時間以上使用できます。 iPhoneユーザーなら、ぜひ選択肢のひとつにしたい1台です。 なお、「AirPods」は発売時期の違いで第1世代と第2世代があり、第2世代のほうが音質や機能がアップしています。 両モデルに価格差はほとんどないので、いま購入するなら第2世代を選ぶのがいいでしょう。 大型スピーカーなどのハイエンド向け製品から、Bluetoothイヤホンやスマートスピーカーといったエントリー向けの製品まで、数多くのオーディオ機器を手がけるJBL。 イヤホンについても非常に多くのラインアップを有していますが、その大半がBluetooth対応モデルとなっており、他社に比べてBluetoothイヤホンのラインアップが特に充実しています。 今回取り上げた「T110BT」は、そんなBluetoothイヤホンラインアップでもっともエントリー寄りの製品になります。 最大の特徴は、なんと言ってもその価格。 com最安価格で3,000円を切る価格で購入することができます。 オーソドックスなケーブル一体型の製品とはいえ、JBLの手がける製品がこの価格で手に入るというのはうれしいですね。 ケーブル長が一般的なケーブル一体型Bluetoothイヤホンに比べると長めですが、フラットケーブルとイヤホン部のマグネットでからみにくいように配慮されているのもポイントです。 バッテリー駆動時間は、連続再生で約6時間となっています。 ケーブル一体型のBluetoothイヤホンとしては珍しく、アップルの「AirPods」のようなインナーイヤー型のイヤホン形状となっており、カナル型イヤホンの耳が圧迫されるような独特の装着感が苦手という人にピッタリ。 ケーブル一体型の本体はネックレスのように首にしっかりと留めることができ、完全ワイヤレススタイルの「AirPods」のように落としてなくしてしまうといった心配がないのもうれしいポイントです。 カラーバリエーションは、ブラックやホワイトといった定番カラーのほか、花柄やマーブル調のデザインをあしらったモデルをラインアップ。 音符をモチーフにしたパッケージもかわいらしく、自分用にはもちろんですが、親しい人へのプレゼント用途にも使えそうです。 バッテリー駆動時間は、音楽再生で約6時間です。 高音質なイヤホンで人気のfinalブランドを手がけるS'NEXTが、ワイヤレス製品を展開するために立ち上げた新ブランド「ag」。 完全ワイヤレスイヤホン第1弾製品として手ごろな価格のエントリーライン「Rシリーズ」の製品として投入したのが、「AG-TWS03R」になります。 耳の小さい人にもフィットする小型軽量のイヤホン本体、小さなバッグに入れてもかさばらないコンパクトな充電ケース、皮脂やファンデーションなどの汚れが付きにくい独特の粉雪塗装の採用、全6色のおしゃれなカラーリングなど、女性にうれしいポイントが満載なのがうれしいですね。 もちろん、finalブランドを手がけるS'NEXTが手がけるだけあり、音質も折り紙付き。 バッテリーもイヤホン単体で約5時間と必要十分な性能を備えています。 価格も税込5,980円と手ごろで、完全ワイヤレスイヤホンデビューをしてみたいという人にぴったりな1台といえるでしょう。 「MDR-EX31BN」は、ソニーお得意の「デジタルノイズキャンセリング機能」を備えたコンパクトなBluetoothイヤホン。 付属のイヤホンを使用することで、「デジタルノイズキャンセリング機能」有効時は、騒音を最大で約98%カットすることができます。 クリップタイプのレシーバー本体には、通話用マイクや音楽再生やボリューム調整ができる便利なボタンも用意。 付属のイヤホンもコード長が短く、ケーブルのとり回しがしやすいのもうれしいポイントですね。 なお、普通の有線イヤホンを接続してワイヤレスイヤホンのように使うこともできますが、その際は「デジタルノイズキャンセリング機能」が使えなくなる点は注意しておきましょう。 JVCケンウッドは近年、ワイヤレスイヤホンエントリー層に向けた低価格帯の製品を充実させていますが、ここで紹介する「HA-A10T」は、同社の完全ワイヤレスイヤホンラインアップの中でもっともエントリー寄りのモデルになります。 実売6,000円前後という非常に安価なモデルですが、1つのボタンで音楽再生・ボリューム調整の両方をコントロールできるシンプルな操作体系や、ペアリング後にケースから取り出すだけで自動接続し、ケースに収納するだけで電源が自動で切れる「オートオン/オフ&オートコネクト機能」など、完全ワイヤレスイヤホン初心者でも簡単に使える機能が充実。 イヤホン本体もIPX5の防水仕様で、突然の雨にも安心して使用できるようになっているのも特徴です。 バッテリー性能はイヤホン本体で約4時間とやや短めですが、専用ケースと合わせることで約14時間の使用ができ、15分の充電で約1時間の再生ができるクイック充電にも対応。 シンプルなデザインと落ち着いたトーンの4色のカラバリで、どんな服装にも合わせやすいのもポイントですね。

次の

【徹底比較】ランニングにおすすめのイヤホン人気ランキング22選

タマズ イヤホン

AppBank Storeへようこそ!• カテゴリーから探す• iPhoneケース• iPhoneフィルム• AQUOS• Google Pixel• Galaxy• Xperia• スマホグッズ・アクセサリー• 充電器・ケーブル• オーディオ• ガジェット・ホビー• ファッション• AppBank Storeについて• AppBank Store 店舗一覧• Sma-cle(iPhone修理)店舗一覧• この記事ではワイヤレスイヤホンの2020年おすすめ人気ランキングを紹介しています。 最新の完全ワイヤレスイヤホン、価格の安いコスパのいいBluetooth接続イヤホンなど豊富なラインナップです。 iPhoneで使える 高音質コーデックAAC対応、長時間再生、音切れ、防水防滴など気になる性能もまとめてチェックできます! 2020年4月にAppleから登場した新型ガジェットのiPhone SE2、2019年9月登場のiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxはもちろん、既存のiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRやiPhone 8シリーズではイヤホンジャックが廃止されており、iPhoneユーザにとって音楽を楽しむ上でワイヤレスイヤホンは必須アイテムとなっています。 AppleからはAirPods エアーポッズ という片耳タイプのコードがまったく繋がっていない完全ワイヤレスイヤホンが発売されて人気を集め、Sony ソニー やBose ボーズ 、beats ビーツ やShure シュアー 、SENNHEISER ゼンハイザー やaudio-Technica オーディオテクニカ といった大手audioメーカーからもこぞってBluetooth接続するワイヤレスタイプの高機能イヤホンやヘッドフォンが続々と登場しています。 ただ、いざ購入しようとショッピングサイトをのぞいてみると、価格の安いモデルから高価格の多機能高音質モデル、機能と値段のバランスがとれた高いコスパのイヤホンまで、実に様々なBluetooth接続のワイヤレスイヤホンが紹介されていて、いざ通販で購入するとなるとどれを選んでよいか迷ってしまうという人も多いハズ。 そこで今回は、普段使いに便利な充電ケース付きの通勤通学用、ジムやスポーツで便利な防水タイプ、旅行などの長距離移動に向いている長時間再生できるモデルなどシチュエーションや好みによって最適なイヤホンの選び方や使い方を紹介していきたいと思います。 さらに、通販ショッピングサイトAppBank Storeや大手家電量販店における高音質かつ人気モデルで、高コスパなワイヤレスイヤホンの中から、ABSマガジン編集部のオーディオライターがおすすめする商品をランキング形式で発表していきます。 ランクインしているイヤホンは、iPhoneやAndroidスマホを含めすべてのBluetoothデバイスに対応したおすすめのワイヤレスイヤホンとなっているので、イヤホンを購入する際に選び方の参考にしてもらえればと思います。 2020. 12 1,292,289 人気のイヤホン一覧はこちら 第14位:TaoTronics TT-BH07 米国Amazonで1日5,000個も売れた実績をもつ桁違いのトップセールスを誇るワイヤレスイヤホンが第11位にランクインしました。 TaoTroics タオトロニクス 製のワイヤレスイヤホンは低価格でありながらある程度のパフォーマンスを発揮してくれる高コスパが魅力。 遮音性が高いカナル型を採用していて、地下鉄の構内や乗車中など騒音がうるさい場所でも快適に音楽を楽しむことができます。 防滴性能もありイヤーフックも付属しているので、 屋外ランニングなどのスポーツや筋トレにも重宝します。 ハウジング部分は、両イヤホンをくっつけることができるマグネット仕様になっているので、使わない時は首からぶら下げてネックレスのように身につけることが可能。 使いたい時にサッと使え、紛失する心配も無いので日常的にイヤホンを使っている人にとって便利ですよ。 良音質、機能性、価格どれも適度にバランスがとれているスペックであり、よっぽど音質やデザインこだわりがなければ「TT-BH07 Bluetoothイヤホン」を買っておけば間違いないと言える商品ですね。 流行りのノイキャンこと、 アクティブノイズキャンセリング機能 ANC と遮音性の高いカナル型を採用することで、周りの騒音を抑えて音楽に集中できるメリットがあります。 また、周囲の音を取り込んでイヤホンを付けたままでも会話ができる便利なアンビエントモードも搭載されているハイスペックモデル。 耳の穴にスッと収まりフィット感は抜群で、音質もクリア。 先進的でスタイリッシュなデザインも相まって人気のモデルとなっています。 タッチセンサーを内臓しているので、触れて音楽の再生・停止や曲送り、電話応答が可能。 IRセンサーテクノロジーにより、イヤホンの着脱を感知して音楽の再生停止を自動で行ってくれます。 音楽の再生時間は連続最大6時間 ANC使用時 なので通勤電車では十分な電池持ち。 充電ケースに収納して充電することで最大18時間 ANC使用時 もバッテリーが持ちます。 さらにチップにはQualcommの最新チップを搭載、最新Bluetooth5. 0対応、IPX4の防水性能、ハンズフリー通話な使える機能が盛りだくさん。 多少値が張りますが、通勤通学はもちろんのこと、プライベートでも活用できる使い勝手とデザインセンスが光る逸品ですよ。 CMでもお馴染みで抜群の知名度があるワイヤレスイヤホンなので知っている人も多いでしょう。 電車の中はもちろん、地下鉄や飛行機などあらゆるノイズ 騒音 を非常に高いレベルで打ち消して、快適な音楽視聴をサポートしてくれます。 ノイズキャンセリング機能をONにしたまま最大6時間、ケースに入れて充電しながら使うことで最長24時間分のバッテリー持ち。 旅行や出張で長距離移動が必要なビジネスパーソンやトラベラーにはぴったりですよ。 音質にも定評があり、クリアで澄んだ音を鼓膜に届けてくれるので、音の一粒一粒を繊細に感じることができます。 低音の量感もあり、満足度の高い高音質だと言えるでしょう。 左右のイヤホンへ同時に音楽データを転送する技術が採用されていることで、YouTubeやアマプラなど動画視聴時にレイテンシー 映像と音がズレる現象 を抑えられています。 お値段は高めですが、音楽に没入できるし、品質重視で長持ちさせたいならおすすめのSONYの史上最強とも言えるワイヤレスイヤホンですよ。 第11位:Premium Style ワイヤレスイヤホン ネックバンドスタイル オーディオ製品としても質が高く、コスパの高いPremium Styleのネックバンド式ワイヤレスイヤホンです。 電車や飛行機での移動中など、 長時間の装着でも疲れにくい約20gの軽量モデルで首にかけることができるので安定感も抜群。 使わない時はイヤホン先端のハウジング部分をマグネットによってくっつけることができるので、ネックレスのようにして持ち歩ける便利な仕様になっています。 最大の特長は、耳に装着していない時でも着信などがあった際に、イヤホン自体が振るえて教えてくれるバイブレーション機能を搭載している点。 使い勝手が良く非常に便利ですよ。 音質に関しては、ドライバーに10mmのダイナミック型を搭載し、iPhoneで使える高音質コーデックAACに対応しているので価格に比べて満足度の高い仕上がりとなっています。 音楽再生時間は最大6時間、最新規格Bluetooth4. 1で音飛びを防ぐ安定した通信。 デザインも今どきでお洒落であり、使い勝手の良いネックバンド式という 高性能モデルでありながら4,000円ほどのハイコスパが人気となっているおすすめのワイヤレスイヤホンですよ。 第10位:Defunc MOBILE GAMING Earbud ワイヤレスイヤホン 外でスマホゲームをしたい時に欠かせないイヤホンの中でも、ゲームに最適化されたオーディオメーカーDefunc デファンク のワイヤレスイヤホンです。 一般的にワイヤレス Bluetooth イヤホンは無線接続している関係上、映像と音が遅延 レイテンシー してしまいます。 しかし、このワイヤレスイヤホンは最新規格Bluetooth 5. 0とaptX Low Latencyコーデックによって、 極力遅延を抑えることに成功しています。 搭載されているドライバー 振動板 には低音に強みがあるダイナミック型だけでなく、中高音域の響きを得意とするバランスドアーマーチュア型も取り入れたハイブリッドタイプとなっています。 ゲームへの没入感や臨場感を上げて楽しみたい人におすすめですよ。 また、独自で開発した付け疲れしにくいイヤーチップによって、長時間プレイの際に耳へかかる負担を減らしています。 さらに、通信ゲームに便利なマイクが付いていて、自分のベストポジションに曲げることができる便利な設計になっています。 値段としてはちょっぴり高価格ですが、今までにない快適で爽快なワイヤレスイヤホンによってゲームに没頭することができるでしょう。 また、塩分を含んだ汗に対しても耐性をもっているイヤホンは珍しいモデルです。 さらに、世界中で展開するノウハウと技術力を活かした連続再生10時間のバッテリー持ちは圧巻。 スポーツ利用はもちろん、出張や旅行などの長距離移動にも活用が見込めます。 Bluetooth規格4. 2に対応していて人混みが集中する駅構内や電車内でも安定した通信によって音途切れを防いでくれます。 電波が混み合う場所でも快適に音楽を楽しむことができる点もメリットと言えるでしょう。 軽量でフィット感も良いことからジムやランニング目的で使用する人も多いモデルとなっています。 個人差のある耳の形にフィットするように、調整用のイヤーチップやイヤーフックが付属しているので、激しい運動でも外れることがないのもうれしいポイント。 何よりも 高い防水防汗構造にもかかわらず4,000円台というコスパ激高のワイヤレスイヤホンですよ。 さらに、音声コマンドによって、直接イヤホンへ話しかけることで音楽再生・停止、曲送り・曲戻し、電話応答・拒否を可能にするなど、 タッチレスによってコントロールできる今までない新しい仕掛けが魅力です。 TicPods2 Proと同じく、インナーイヤー型を採用した2万2千円の第2世代AirPodsと比較して価格が安く、Qualcomm クアルコム の最新チップQCC5121やAAC・aptXなど高音質コーデックに対応しているのでコスパが高いと言えます。 コードが一切付いていないハイエンドな完全Bluetoothイヤホンで、動きの自由度も高く使い勝手に定評があります。 片耳がわずか約4. 4gほどしかない超軽量でフワッと軽い装着感も支持され、ランキング上位にくいこむ人気を集めています。 iPhoneとの接続に相性が良い高音質&低遅延なコーデックAACに対応。 イヤホン単体で最大4時間、ケースに入れて充電することで最大20時間の音楽再生が可能。 通勤通学など普段使いには申し分ない電池持ちですよ。 しかも、 充電ケースがズボンの前ポケットにスッポリと収まる超小型設計になっていて、持ち物を少なくしたいミニマリストにもぴったり。 音質に関しては、13mmムービングコイルが採用され、インナーイヤー型特有の開放感がありつつも、パワフルで解像度の高いサウンドを鼓膜へ届けてくれます。 上品さとパワフルさを兼ね備えたお値段以上の音質があるワイヤレスイヤホンとなっています。 まんべんなくオールジャンルの音楽を楽しむならおすすめです。 前作「TaoTronics TT-BH07」よりも約2時間ほど音楽再生時間が伸び、音質を向上しつつも、3,000円台の価格で抑えたハイコスパモデル。 連続して音楽再生を8時間も実現する電池持ちや、通勤通学中に突然の雨に降られても安心な生活防水仕様など、日常使いに最適な点も魅力です。 コントローラーでは音楽の再生・停止、音量調整、曲送り・曲戻し、電話の応答などスマホを取り出すことなく操作できる利便性があります。 イヤホンのハウジング部分はマグネットになっていて、使わない時にはネックレスのようにして持ち歩ける点もおすすめです。 中低音域を得意とする今どきな音質をベースとして、3,000円台のワイヤレスイヤホンにしては高音質と言えるでしょう。 この価格で音質・使い勝手を考慮すると非常にコスパが良いワイヤレスイヤホンですよ。 音質の良さと利便性の高さから大ヒットしているモデルです。 特長はバッテリー持ちが良く、イヤホン単体で最大8時間、ケース併用でなんと 最大32時間のロング再生が可能。 そして、防水性能はIPX4ということで汗や雨に強く、普段使いならまったく問題ないレベルのスペックを誇ります。 機能・性能ともにハイパフォーマンスにもかかわらず、同スペックで2~3万円の他メーカー品と比較してかなり価格メリットのある15,000円切り。 高いコスパだけでなく、バランスドアーマチュア BA ドライバーとダイナミックドライバーの良いところを併せ持つ独自の同軸音響構造 A. A を採用。 クリアで立体感のある高音から中音、そして深みと厚みのある低音が高い次元でシンクロしている高音質となっています。 さらに、イコライザー設定によって自分の耳の聴こえ方に合わせた最適な音に設定できる機能付き。 また、通話中に周囲の環境音をカットしてクリアな通話を実現するノイズキャンセリング機能を搭載。 使い勝手の良い機能性が人気を呼び幅広い世代から支持を集めています。 持ち運ぶ時の充電ケースについてもコンパクトでポケットに収まるサイズ感。 しかもQi規格のワイヤレス充電に対応しているのでケーブルに繋いで充電する手間が省ける便利な仕様も魅力ですよ。 イヤホンの形状は遮音性の高いカナル型。 さらに、最新Bluetooth5. 0に対応しているので安定した通信によって音途切れも無く、通勤通学の電車内でも快適に音楽を楽しめますよ。 特徴としては、左右のイヤホンがコードで繋がっていないワイヤレスイヤホン トゥルーワイヤレスイヤホン の形状を採用していて外出先で身軽かつストレスフリーに身につけることができます。 5,000円でお釣りがくる安い機種でありながら、完全防水クラスのIPX7等級、Bluetooth5. 0最新バージョンによって、ジョギングやジムでのワークアウトなどに活用できます。 体を動かしたい人がコスパ重視で選んでいる傾向が強く、売れ続けています。 チップにはAiroha AB1532が使われています。 そのため、 左右のイヤホンそれぞれと個別通信できるので、電波が混線する場所でも音が途切れにくく、外出先でYouTube等を視聴する際に遅延が少なく動画視聴に欠かせないイヤホンとしても重宝されています。 音は中音域をメインとしたフラットな音質で、解像度が高いハイクオリティな仕上がり。 イヤホンコントロールにはタッチセンサーが使われ、価格に似合わない高機能がふんだんに盛り込まれています。 Apple純正のイヤホンと同様のインナーイヤー型形状を採用していて、 密閉感がなく開放的なフィット感が支持を集めている人気モデル。 長時間付けていても耳がムズムズしたり痛くなりにくいメリットも。 さらに、低価格でありながらiPhoneで使える高音質コーデックAACに対応していることから、価格以上の音質にも定評があります。 5時間の連続音楽再生、リモコン内蔵でコントロール可能、マイク搭載でハンズフリー通話といった普段使いに便利な機能を搭載。 通勤通学の際に使う目的や、サブ機として購入されているワイヤレスイヤホンとなっています。 ワイヤレスイヤホンの中でも安い価格でありながら、品質の良さと機能性のバランスがとれた非常にコスパの高いおすすめのワイヤレスイヤホンですよ。 第3位:AirPods Pro アクティブノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホン 誰もが知るAppleから発売されているコードレスイヤホンAirPods Proは、高品質なアクティブノイズキャンセリング機能に対応していることから騒音を排除して音楽を楽しめる人気のワイヤレスイヤホンです。 発売当初からテレビCMなどが話題となり、今では街で多くの人が装着しているのを見かけるほどの人気ぶり。 独特の耳からうどんが出ているようなと比喩される形状を見たことがある人も多いでしょう。 イヤーピースには耳にぴったりとフィットする優しいシリコン素材を使い、さらにカナル型を採用した形状によって、一日中快適に過ごせるフィット感と高い遮音性を両立させています。 雑音を音で打ち消す高性能ノイキャン機能は、外出時に音楽に没入できる人気機能です。 他にも、イヤホンを付けたまま環境音を耳に届けることができる外部音取り込みモード、耐汗耐水性能にも対応している便利な仕様になっています。 また、軸部分に感圧式センサーがあり、指でつまんでスマートに操作できますよ。 歪みを抑えるドライバーから発する高音質と、安定したBluetooth5. 0接続が外でストレス無く音楽視聴をサポートしてくれます。 特に、iPhoneユーザとの親和性が高く、シームレスに接続する快適さとレイテンシー 遅延 が少ないメリットがありますよ。 第2位:ネックバンド式防水ワイヤレスイヤホン B-Reiz マグネット搭載で使わない時にネックレスのように身に着けられるネックバンド式の左右一体ワイヤレスイヤホンです。 ネックバンド型では珍しいインナーイヤータイプなので、耳栓のように耳を密閉するカナル型の圧迫感が苦手な人にはぴったりです。 AppleのEarPodsやAirPodsのイヤホン形状に慣れているなら違和感なく使うことができますよ。 3,000円という低価格帯にもかかわらずiPhoneで使える高音質コーデックAACにも対応していて、低価格ながら音質は申し分ありません。 しかも、雨の日でも安心な防水性能IPX5を取得。 多少濡れてしまっても気にせず使える安心感がありますね。 その他にも8時間の連続再生でバッテリー持ちが良く、スマホを取り出さずにリモコンで音量調整ができるなど多機能な点も魅力。 日常的に使うイヤホンだからこそ備えておいて欲しい十分なスペックをもっているワイヤレスイヤホンと言えます。 数多くあるネックバンドタイプの中でも 性能に比較して安い値段が人気で、今最も売れているワイヤレスイヤホンの一つですよ。 第1位:Anker Soundcore Liberty Air 2 電池持ちに定評のあるAnkerオーディオブランドSoundcoreの中でも抜きん出て人気のあるワイヤレスイヤホンがLiberty Air 2です。 同製品は第2世代のモデルとなり、人気のデザインとタッチコントロールはそのままに、性能を大幅にアップグレードさせたことでも話題。 音の歪みを抑え、クリアかつ透き通った高音質を体感できます。 コーデックはiPhoneに最適な高音質AACの他、高音質&低遅延を実現する高性能aptXにも対応しています。 音楽再生時間は、ロングな連続7時間。 収納ケースに入れることで 最大28時間の十分なバッテリー持ちが魅力。 さらに、収納ケースはワイヤレス充電に対応しているので、iPhoneで使えるワイヤレス充電器に置くだけで手軽にチャージすることが可能です。 さらに、高性能なcVc8. 0ノイズキャンセリング機能付きマイクにより、周囲の雑音をカットして高品質な通話も人気となっています。 AppBank Storeは をはじめとしたスマホアクセサリー、周辺機器を独自の視点で厳選し、販売しているショッピングサイトです。 「あなたのスマホライフにHAPPYをプラス!」をコンセプトに、お買い物をしていただくみなさまにハッピーをお届けします。 プライベートブランド商品をはじめ、 iPhone・スマホアクセサリー専門店ならではの ひと味違った商品や など、 私たちがご提案する商品をご購入されたお客様が 「ハッピー(幸せ)」を感じていただける充実した 商品ラインナップと、ご利用しやすいお店作りを行っています。 また、ライターや専門スタッフの を通じて、お客様に商品の特徴をわかりやすくお伝えし、 新しい価値の提供を目指します。 すべてはみなさまの「HAPPY! 」のために。 Be Happy!

次の

コンビニでイヤホンを買うならどこ?値段や品質の比較とおすすめを紹介!

タマズ イヤホン

「イヤホン」と聞くと「本格的なものを買うなら、ウン万円しても当たり前」と思っている人も多いかと思いますが、108円でイヤホンが買えるダイソーって、やっぱりすごい。 しかも販売しているイヤホンは1種類だけではなく、持ち運びに便利な「リール式」や、ハンズフリートークができる「イヤホンマイク型」、片耳で使える「スライドヘッドフォン型」など、バリエーションも豊富です。 ではでは早速、ダイソーで買えるイヤホンを検証レポ。 今回お試ししたのは 『通話用ハンズフリーイヤホンマイク(インナーイヤータイプ)』です。 イヤホン部分が、ちょっと大きめなのが特徴。 女性の耳には、少しだけ大きすぎる気もします。 でも柔らかい当たり心地なので、耳の穴が大きめな人には、確実にフィットするはず。 耳の穴が小さい女性などは、ちょっと斜めに入れるようなイメージで装着するといいです。 一度耳の形にハマると、首を振っても下を向いても、意外と落ちませんでした! 聞こえてくる音は、軽め。 通話で聞こえてくる音声は、かなりクリアです。 そして驚くのは、まるで100均とは思えないマイク性能。 イヤホンマイクを通した声は、びっくりするくらいクリアで、くもったような声にはなりません。 女子っぽいデザインのこちらのイヤホンは、イヤホン部分が小さめなので女性の耳にもしっかりフィット。 ちなみに、108円だからそこまで期待する人は少ないかもですが、数千円するイヤホンにはよく入っている交換用のイヤーピースは付属しません。 念のため。 でも交換用のピースがなくても、快適。 【ダイソーのイヤホン】「ケース」はどう? さて、イヤホンを持ち歩く人なら、一度はぶち当たる「ケースどうするの問題」。 1mとか3mとかあるコードって、バッグに入れると意外と邪魔に感じたりしますよね。 くるくるまとめて、ざっくり結んで持ち歩いている人も多いかも。 これなら、イヤホンケースを別途買わなくてもバッグやポーチ、ポケットにスッキリ収納できちゃいます。 ほんと、しつこいようですが、108円なのに選択肢が多い! 用途に合わせて揃えたくなるほど、バリエーションが充実しています。 【ダイソーのイヤホン】「音」の特徴は? 『オーディオ用 ステレオヘッドホン(ラウンドタイプ)』と、見た目が女子っぽくてテンションが上がる 『Color Ball 密閉型ステレオイヤホン』、 『オーディオ用ステレオイヤホン(ビーンズタイプ)』の3つで同じ楽曲を聴き比べてみました(余談ですが、聴き比べたのは安室奈美恵の『Finally』。 重低音もボーカルも楽しみたい楽曲を選びました)。 イヤホンは、それぞれ形状が違いますが、 全体的に「音は軽め」です。 そして重低音は弱め。 中音域は、結構鮮明に聴こえる印象です。 C Shutterstock. com 例えて言えば、108円のイヤホンたちは、少し昔の携帯用ラジオに付属していたイヤホンのような音質で聴こえます。 音が小さく感じるわけではないけれど、広がりはない 「コンパクトな音」という印象。 電車の中など周りに人が多いところで使うなら、重低音が効いていないほうがシャカシャカ音漏れしなくていいのかも。 【ダイソーのイヤホン】はイコライザー設定で音が変わる! ダイソーの108円イヤホンからは、何もしないままだと、音質的にはとにかく軽い音が聴こえてきます。 C Shutterstock. iPhoneのイコライザ設定は簡単! 「音をいじるなんて、難しそう」と思う、機械音痴な女子でも大丈夫。 さらに、スマホに初期設定されている音の種類では「満足できない!」という本格派には、有料アプリを購入している人も少なくないです。 com iPhoneでイコライザ設定してからダイソーイヤホンで音楽を聴くと、聴こえる音は多少ですが、変化しました。 ただ、イヤホンそのものが、低音域には弱い印象はやっぱり否めなかったです。 また、ボーカルを強調したくてiPhoneを「Pop」に設定したときには、全体的に音がくもったような印象でした。 このあたりは「108円」というお値段を考えると「お値段以上」だけれど、数千円とか数万円のイヤホンと比べるのは、そもそも間違いかも? ところで今回、ダイソーイヤホンで、一番クリアで鮮明な音に聴こえたように感じたのは「フラット」の設定でした。 慣れないうちは、イコライザをいじらずに、フラットな音で聴いたほうが違和感が少ないのかもしれません。 【ダイソーのイヤホン】おすすめはどれ? ダイソーのイヤホン、女子におすすめなのは、やっぱりデザインが可愛いイヤホン! ピンクやホワイトなど、ファッションにもマッチするシンプルなデザインのイヤホンが特におすすめです。 いろんな機能があるイヤホンも便利だけれど、デイリーに使っているうちに、結局は「シンプルなほうが使いやすい」なオチも、結構ありますからね。 税込でひとつ108円だから、ファッションに合わせて、何色か揃えておいても楽しい! 【ダイソーのイヤホン】には動物のデザインもある! そんなダイソーの108円イヤホン、インスタグラムを覗いてみると、動物柄のかわいいイヤホンをゲットしている女子もたくさん。 ngc2237. k イヤホン部分が動物のデザインになっていて、かわいい! sate10969 こちらも、キャラクター仕様です。 とても108円には見えない! ここでよくよく考えてみると、108円で女子の「かわいい!」をくすぐるデザインが買えちゃうなんて、さすがのダイソー。 世界を見渡してみても、108円でここまでデザイン性のあるイヤホンを買える国って、なかなかない! お手軽価格なのにちゃんと使える!【ダイソーのイヤホン】のココがすごい さて、そんなダイソーの100円イヤホン、使い勝手をまとめてみると…… ・100円なのにマイク付き、耳かけ式、ラウンドタイプ、イヤホンケースがいらないコード巻き取り式のタイプなど、選択肢がたくさんある ・音質は軽め。 電車の中などで「シャカシャカ」と音漏れして、周囲に迷惑をかけたくない人には安心 ・女子好みのかわいいデザインも手に入る お高いイヤホンだったら、ファッションに合わせて買い換えるのは難しい! と思う人でも、108円なら、洋服を着替えるようにイヤホンを変えるのも手軽。 余談ですが、ダイソーでは216円のイヤホンも売っています。 108円よりはお高いけれど、216円のものだと、108円のイヤホンよりもさらに性能がアップするみたいです。 日本の100円ショップ、バンザイ! 仕事に行くときやお出かけした先で「あっ、イヤホン忘れた!」という日でも、家電量販店に行かずして100円ショップに行けば、108円でイヤホンが手に入る時代。 本格的なイヤホンマニアには物足りないところもあるかもしれないけれど「108円」というお値段を考えたら、コスパは「恐ろしくいい」と言えるアイテムです。 文/しごとなでしこ編集部 初出:しごとなでしこ.

次の