エイリアン 卵。 エイリアンは何のために人の体に卵を産み付けるのか?

【閲覧注意】映画「エイリアン」形態変化がグロイ…

エイリアン 卵

映画『エイリアン』評価は? 15更新 『エイリアン』あらすじ概要 1作目。 宇宙船ノストロモ号は地球に帰還中、地球外生命体からの信号を受信して、その小惑星へ降りる。 そこでU字型宇宙船や化石化した巨人や卵を発見。 乗員1人が卵から出た生物に顔を覆われるが、やがてはずれ.. 5億円 世界興行収入 1. 批評家と一般は単純平均 ネタバレ感想『エイリアン』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 主演のシガニー・ウィーバーや、監督のリドリー・スコットの出世作にもなりました。 今見るとさすがに古臭さや武器のしょぼさも感じますが、最後まで息つかせない展開は見事です。 ストーリーは、任務を終えて貨物を地球へ運ぶ宇宙船が、地球外生命体からの信号をキャッチしたので調査に出かけ、そこで未知の凶暴生物と接触して戦うという今ではありきたりになった物語です。 宇宙人とはファーストコンタクト?にもかかわらず、敵対する可能性も考えずそれほど警戒してないのが不思議です。 しかしこのツメの甘さというか、楽観主義はシリーズ全体を通して継承されてると感じます。 危機管理やセキュリティに関する認識がかなり甘い世界での話だと割り切っていいと思ってます。 そうでなければ、ヘルメットや防護服なしで未確認生物を触ったり倒そうとしたりしないはずです。 この作品はエイリアンの造形や怖がらせ方など、いろいろ発明したと思いますが、エイリアンの成長過程は特にそう感じます。 ただ単に成体が人間の内部に卵を産み、幼体が出てきたなら普通の展開ですがでは、フェイスハガーという段階が独特です。 卵から出たフェイスハガーが、人間の口から内部にエイリアンのもとを植えつけ、フェイスハガー自体は役目を終えて死んでしまいます。 しばらくすると腹を破ってチェストバスター(幼体)が出てきて、人やエサを食べるうちに、幼体がエイリアン成体に成長して、また卵を作るようです。 序盤で出てきたU字型宇宙船や巨人(スペースジョッキー)については、『』『』などでも、人類やエイリアンの創造主とともに語られますので、気になる人はそちらも観ることをおすすめします。 『エイリアン1』おすすめ8ポイント• SFサバイバル・ホラー映画• ジャンルムービーを確立• 『エイリアン』シリーズ1作目• エイリアンの生態や造形は発明級• ホラー要素もたっぷり• シガニーウィーバーの出世作ぶり• 謎の宇宙船や宇宙人が登場• 最後まで気をぬけない 『エイリアン1』少し残念7ポイント• 未来の割にテクノロジーがしょぼい• 乗組員の危機管理が不十分• コンピューターが古すぎる• 音楽や効果音で怖がらせすぎ• 極秘使命を簡単にのぞける?• ロボットのアッシュが弱すぎ• あのシャトルなら4人乗れそう 『エイリアン1』ネタバレあらすじ感想や解説 西暦2122年、ウェイランド・ユタニ社の宇宙貨物船ノストロモ号は、鉱石を採掘後に地球へ帰還中です。 コールドスリープ(冷凍睡眠)中だった7人の乗組員は起こされますが、地球到着ではなく、コンピューターAI「マザー」が知的生命体らしき電波信号を受信し、そちらへ航路を変更したことがわかります。 科学主任アッシュ(イアン・ホルム)「 ウェイランド・ユタニ社との契約書には、知的生命体らしき物を発見した場合は調査することと記載されている」。 貨物を宇宙に置いたまま、発信源の小惑星(続編で惑星LV-426と判明)に着陸したノストロモ号は、嵐でエンジンが故障し修理する間、滞在することになります。 船長アーサー・ダラス(トム・スケリット)、一等航海士ギルバート・ケイン(ジョン・ハート)、二等航海士の女性ジョーン・ランバート(ヴェロニカ・カートライト)の3人は小惑星の調査に出かけ、 U字型宇宙船とその中に操縦席のような所に座ったまま化石化した巨人宇宙人(スペースジョッキー)を見つけます。 ケインは船底へ降りて調査中、卵のようなものをのぞきこんだ時、何かが顔に飛びかかります。 一方、船内のリプリー(シガニー・ウィーバー)は信号は警告であると解析し、戻ってきた3人を船内へ入れるのを拒否します。 ケインに有機体が付着したため、規則では24時間隔離の必要があるためです。 しかしアッシュが手動でエアロックを開けて3人を中へ入れます。 医療室で ケインの顔にサソリ似の生物(フェイスハガー)が張り付いてるのがわかり、昏睡状態の彼に酸素を供給して延命してることが判明します。 引きはがそうとすると強い酸の体液か血液が流れ、床を貫通して船の下層まで溶かすのであきらめます。 しばらく後、フェイスハガーは顔から離れて絶命します。 リプリーはすぐ廃棄すべきと提案しますが、アッシュは貴重な地球外生命体なので持ち帰ると主張し、船長ダラスもなぜか従います。 アッシュは出発2日前に急に担当者変更で選ばれたそうです。 ノストロモ号は貨物をつなげて、あと10ヶ月の地球へ出発します。 やがてケインが元気に起きてきて、みんなで一緒に食事しますが、急に苦しみだして 腹を引き裂いてヘビのような生物(チェストバスター)が飛び出し、すばやくどこかへ消えます。 フェイスハガーはチェストバスター(幼体)を産み付ける役割だったようです。 手分けして動体センサーで船内捜索をはじめます。 リプリーのチームはセンサーに反応したロックを開けると、船中猫ジョーンズが逃げていき、機関士サミュエル・ブレット(ハリー・ディーン・スタントン)が1人で後を追い、リプリーらは捜索を続けます。 ブレットは脱皮した抜け殻のようなのを見つけ、直後にエイリアン(成体)に襲われ連れ去られます。 乗組員たちは協議して、1人が通気口に入って火炎放射器でエイリアンを追い立てることになります。 その役割は船長ダラスが志願します。 しかしエイリアンは知能も高いらしく、待ち伏せするダラスを殺害します。 ランバートはシャトル脱出を提案しますが、4人全員は乗れないため却下されます。 リプリーは何も仕事しないアッシュに不信感を抱き、自分で コンピューターAI「マザー」を使って特別指令937を調べると「地球外生命体の調査及び標本採取し持ち帰ることを最優先。 乗員の犠牲はやむを得ない」だとわかり、アッシュに詰め寄ると、逆にリプリーが殺害されそうになりますが、仲間に助けられます。 頭だけ修理して尋問すると「会社はエイリアン捕獲だけが目的で、エイリアンにはモラル等なく凶暴で生存本能のみの完璧な生命体なので、人間に勝ち目はなく同情する」と笑います。 リプリーはアッシュを破壊して、シャトル脱出することにします。 リプリーはシャトル準備に行き、パーカーとランバートには冷却液を取りに行かせます。 リプリーは猫のジョーンズにおどかされますが捕まえます。 無線でパーカーとランバートの悲鳴を聞き駆けつけると、2人ともエイリアンに殺害されてます。 悲しむ間もなくリプリーはノストロモ号の10分後の自爆装置を起動し、シャトルへ向かいますが、進路にエイリアンがいて間に合わないため、自爆装置を解除します。 しかし間に合わず、爆発は5分後です。 エイリアンの姿は見えなくなったので、恐怖を感じながらもシャトルに搭乗してノストロモ号から脱出します。 わずかな差でノストロモ号の自爆装置が作動し、脱出した目の前で宇宙船と貨物は爆発します。 リプリーは猫のジョーンズをコールドスリープ装置に入れた後、 シャトル内にエイリアンの存在を確認し、見つからないよう急いで宇宙服を着ます。 そして船内を操作して蒸気でエイリアンをおびき出します。 そしてエアロックを開きますが、エイリアンはふんばるので リプリーはボウガンを撃ちこみ、エイリアンを宇宙空間へ飛ばします。 それでもまだ噴射口付近でふんばるエイリアンに対して、リプリーはエンジン出力を上げて炎でエイリアンを宇宙空間へ飛ばします。 ついにエイリアンに勝利したリプリー(シガニー・ウィーバー)はたった1人だけになります。 身分やこれまでの経緯などを報告用に録音した後、6週間後に地球周辺に着いた時に受信してもらえるよう設定し、リプリーもコールドスリープ装置に入って眠りにつきます。 今見るとさすがにコンピューターやテクノロジーが古すぎて気になりますが、ストーリー展開やエイリアンの造形などはよく考えられてるし、バイオレンス表現も意外と少ないので、最新作『』を見る前などにも、ぜひ1度は観ることをおすすめします!• 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 『エイリアン』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞•

次の

エイリアン種類と生態

エイリアン 卵

目次 【映画レビュー】 エイリアンが象徴するもの 私が初めてリドリー・スコット監督の出世作『エイリアン』を見たのは、映画館ではなく、TV朝日の『日曜洋画劇場』だ。 映画館で鑑賞した友人が、「怖い、怖い」と脅かすので、「たかがSFだろう」と思って見始めたら、フェイスハガーが襲いかかる場面で息を呑み、チェストバスターで完全にフリーズして、ブラウン管の前で凍り付いた数少ない作品の一つである。 hrgiger. エイリアン=女性器にとっての異物と考えるなら、この作品のまったく新しい側面が見えてくるからである。 『エイリアン』に並ぶ、リドリー・スコット監督の代表作『ブレードランナー』もそうだが、光の角度、フラッシュのタイミング、青みがかった閃光、どれをとっても映画人らしい創造性に溢れている。 当時はそこまで映像技術が発達してなかったので、『照明器具(ライト)』を用いる以外になかったのだろう。 何でもCG処理する近年のヒット作と異なり、幾多の照明器具を使って、オン・オフ・オン・オフ・・・を繰り返す様子が、かえってリアリティを感じさせる。 なぜなら、宇宙船ノストロモ号の乗組員たちも、実際に、通路の照明が点いたり、消えたりする、パニック状態の中で、逃げ惑うからだ。 また、この作品は、あえて大スターを起用せず、「誰がいつ死んでもおかしくない」状況を作り出している。 シルベスタ・スタローンやトム・クルーズのような大スターが出演すれば、誰が最後まで生き残るか、ポスターを見ただけで分かってしまうからだ。 ところが、本作は、いわゆるアクションスターが登場しないので、まったく物語の先が読めない。 まあ、船長は生き残るだろうと思っていたら、それも外れて、次々にエイリアンの餌食となる。 当時、シガーニー・ウィーバーも、そこまで名の知れた役者ではなかったから、もしかして、全員皆殺し? という恐怖が、エンドロールまで延々と続くのが、本作のポイントだ。 実際、シナリオは幾通りもあって、「全員皆殺し。 エイリアンは猫に寄生して、そのまま地球に直行する」「リプリーと船長が生き残る」「リプリーだけが生き残る」、等々。 最後まで協議が続いたそうだが、さすがに皆殺しはないだろう、という話になり、リプリーだけが生き残るエンディングになった……とTVロードショーで解説していた記憶がある。 何故なら、エイリアンの寄生=女性器への侵入に他ならないからだ。 クルーが次々に命を落とす中、やっとの思いで宇宙船ノストロモ号を脱出し、小型シャトルで一息つくも束の間。 既に、シャトル内にはエイリアンが乗り込んでおり、着替えを済ませたリプリーに襲いかかる。 この場面、当初は全裸の予定だったが、最低限の下着は着ける演出になったそう(TVロードショーの解説で記憶あり) しかし、わずかな下着を身につけることによって、かえって女性の無防備が強調され、余計で恐怖が増したように思う。 この場面の恐怖感には、二種類ある。 一つは、生物としての身の危険。 もう一つは、レイプに近い恐怖だ。 上述の通り、エイリアンは、人間の体内に幼虫を植え付け、幼虫は成長してチェストバスターとなり、人間の胎を食い破って、誕生する。 これは女性にとって、性行為を想起させる。 ゆえに、リプリーは、エイリアンの侵入を許すまいと、懸命に闘う。 大人になってから見返すと、この場面が、女性 VS レイプ魔に見えるのは、制作側に意図するものがあるからだろう。 エイリアンの、ぬめぬめした外見は、リドリー・スコット監督いわく「悪夢を形にしたような」と言われているが、H・G・ギーガーのコンセプトを見る限り、やはり女性の胎内に侵入を試みる男性器の象徴に他ならないのである。 エイリアンを駆逐し、白雪姫のように眠りに就くリプリー。 この姿は処女性の象徴でもある。 彼女はエイリアン=男性器の侵入から身を守ったのだから。 【コラム】 生殖とエロティシズム 人間社会におけるエロティシズムには二種類ある。 一つは、性愛や官能を意味するエロティシズム。 もう一つは、生殖に繋がるエロティシズム。 どちらも人間の性に根ざした、真実の姿だ。 そして、H・G・ギーガーのデザインには『生殖』という、生命の根源に繋がる美しさと力強さが感じられる。 ぬめぬめ、べちょべちょとした、ダークな外見の内側に、受精、妊娠、出産、増殖に至る、荒々しいまでの本能が、生き生きと息づいているからだ。 実際、クルーを監視する為に送り込まれたアンドロイドのアッシュは、エイリアンを慈悲も温もりもない『完璧な生命体』と褒め称え、人間に生き残る術はないと説く。 即ち、生命の本質とは『自己複製』であり、自らが生き延びる為なら、他の生物を犠牲にすることも厭わない。 我々、人間だって、生きる為に植物の根を土中から引き抜き、動物を屠って、その肉を口にする。 寿司や唐揚げを口にする度に、そこで流された血について、思い巡らす人もないだろう。 ただただ、美味い。 その一言である。 つまり、生物が「生きる」ということは、それほどまでに荒々しく、利己的なものである。 かろうじて、獣と人間を区別するものは、他人に対する思いやりであり、極限下でも、親子や仲間同士、一個のパンを分け合って食べる行為は、その最たるものだ。 それは生殖においても同様で、パートナーに対する配慮を欠いた性行為は利己的な暴力以外の何ものでもなく、問答無用で宇宙に吹っ飛ばされる所以である。 映画『エイリアン』に漂うエロティシズムは、他人(異性)の体内に侵入するという生殖行為であり、ある意味、宇宙船ノストロモ号は、女性の胎内を象徴しているとも言える。 リプリーの闘いは、いわば「母胎への侵入者に対する抵抗」であり、真に守られたのは、彼女の肉体ではなく、操である。 エイリアン以後、女性はいっそう強くなることを己に課し、多くのものを勝ち取ってきた。 その影で、宇宙の彼方に吹っ飛ばされた男性も数知れず、侵入に失敗したエイリアンは、生身の性行為にも飽き、ヴァーチャル、もしくはラブドールに舵を切りつつある。 それでも、性暴力がなくなることはない。 何故なら、生殖の本能は、エイリアンのように利己的で、理性や正論よりも、はるかに強烈だからである。 DVDとAmazonプライムビデオの紹介 エイリアンは1と2だけ見たら十分。 ジェームズ・キャメロンの手がけた第二作は、世界で最も成功した続編の一つに数えられています。 こちらがファン垂涎の品、吹替完全版。 リプリーの吹替だけで、四通りあります。 ちなみに私は1988年 TBS 鈴木弘子版 の大ファンです。 鈴木版は、女戦士バスケスの吹替が山田栄子=岬太郎(キャプテン翼)で、あの可愛い声で「ぶっとばされたいのかい!」「やっちまえ!」とか、お叫びになるのが何とも感慨深いです。

次の

エイリアンは何のために人の体に卵を産み付けるのか?

エイリアン 卵

地球外生命体の雰囲気を醸し出すクラゲ パキリビーチではしばしばクラゲを見ることができるそうだが、それはどんなクラゲとも違っていた。 「巨大で、これまで見たクラゲとはずいぶん違いましたね」と発見者のイブ・ディキンソンさんはに語っている。 世界最大級、ライオンタテガミクラゲ ライオンタテガミクラゲは最大のクラゲの仲間で、傘の部分は幅2. 1メートル、そこから伸びる触手は36メートルにも成長する。 ビーチに打ち上げられたものよりも、海の流れに乗って優雅に漂流する彼らを見たほうが、その本来の大きさは分かりやすいだろう。 ほとんどは沖合いを漂っているが、夏になるとニュージーランド周辺の海でよく見られるようになる。 他のクラゲの仲間と同じように、ライオンタテガミクラゲも触手に備わった強力な毒で獲物を痺れさせて捕える。 幸いなことに、触手の刺胞が狙うのは小魚やカニなどであって、人間にとっては多少痛い程度で命に関わるようなことはない。 通常、傘の中央部は暗い黄色や赤っぽい色をしている。 しかしディキンソンさんが見つけたのは、ブドウのような紫色をしたクラゲだった。 「色や形が綺麗だから、ずっと見たいと思っていたんです。 子供は火山みたいだって言っていましたよ」とディキンソンさんは話したそうだ。 以下の映像は海を泳ぐライオンタテガミクラゲだが、傘の中央部が見えていないので、普通の巨大なクラゲって感じだね。 中身がすごかったってやつだね。

次の