たかの 小児科。 診察のご案内:おの小児科

新潟市秋葉区 小児科 たかのクリニック

たかの 小児科

トピックス2014年10月23日 インフルエンザやそのワクチンに関する「10の神話と事実」とは? 2014年9月18日、米国疾病予防管理センター(Centers for Disease Control:CDC)は、2013年度、米国において、インフルエンザワクチンの接種率が半分に満たず、生後6カ月以上のすべての人に、インフルエンザのシーズンに向けて予防接種を促しました。 米国では、インフルエンザにより、毎年平均3万人以上が亡くなっています。 CDCは子ども、妊婦や高齢者の健康維持のために、インフルエンザやその他の感染症の予防接種を推奨しています。 さらに今年はCDCが初めて2~8歳の子どもに、噴霧型のインフルエンザワクチン(FluMistフルミスト)を推奨しています。 なぜなら、噴霧型のインフルエンザワクチンは、この年齢の子どもにとって、従来の注射より有効であることが証明されたからです。 噴霧型のインフルエンザワクチンは、生ワクチンです。 残念ながら、日本ではまだ噴霧型のインフルエンザワクチンは厚生労働省で承認されていません。 ですので日本でフルミストを利用して副反応が生じたときには、医薬品副作用被害者救済制度が利用できない可能性があります。 避けるべき禁忌など、適応条件に関しては、ナビタスクリニック(鉄医会)の情報を参照すると分かりやすいかと思います。 肺炎球菌は、肺炎の原因となり、そのため年間約5万人の米国人が入院しています。 日本でも2013年11月1日からプレベナー13が小児用肺炎球菌ワクチンとして定期接種化されましたが、米国では子どもの定期接種のワクチンになってから子どもたちの肺炎球菌による感染が激減しました。 CDCのトーマス・フリーデン所長は、次のように述べています。 「18~64歳の成人におけるインフルエンザワクチン接種率は3分の1程度にとどまっていて、この年齢のグループが特に、インフルエンザにかかることが分かっています。 また2013年は、100人以上の子どもがインフルエンザが原因で死亡しました。 死亡した子どもの90%はワクチン未接種だったのです。 死亡した子どもたちがインフルエンザの予防接種をしていれば、多くの感染が予防できた可能性があります」 また、CDCによると、米国において インフルエンザは、通常は10月に流行し始め、翌1月から3月の間がピークとなります。 日本では、12月~3月頃に流行します。 ですので、例えばバーバード大学ヘルスサービスは、今年は9月15日から12月16日まで、ハーバード大学関係者に、インフルエンザワクチン接種を無料で提供しています。 無料で提供されているワクチンは不活性化されたタイプで、腕に筋肉内注射します(日本ではこのタイプが一般的)。 接種後、体の免疫応答がはじまるまで、約2週間かかります。 そこで、イギリスの国民保健サービス(National Health Service: NHS)は、インフルエンザやそのワクチンについて、10の神話と事実を提示しています。 インフルエンザの症状は、突然起こり、咳やのどの痛みなどだけでなく、発熱、悪寒、頭痛や筋肉痛も生じます。 ですから、2~3日の安静が必要になります。 さらに、インフルエンザの合併症を伴うと、重病化し、病院に行かなければなりません。 注射用インフルエンザワクチンは、不活性化インフルエンザウイルスですから、インフルエンザに感染しません。 注射した腕に多少の痛みを感じたり、数日間、微熱や筋肉痛を感じることもありますが、その他の反応は非常に稀です。 子どもの鼻噴霧用のワクチンは生ワクチンですが、活性が弱いため、インフルエンザに感染することはありません。 インフルエンザの原因はウイルスで、抗生物質は、細菌感染に対して有効です。 インフルエンザを治療するためには、抗ウイルス薬が処方されることがあります。 抗ウイルス剤は、インフルエンザを治癒しませんが、他人への感染を減らし、回復が早くなります。 ただし効果を得るためには、症状が出現してから、1~2日以内に、抗ウイルス剤を投与しなければなりません。 新しいウイルスと一致する予防接種が、毎年必要です。 妊娠中にインフルエンザに感染すると、母体や胎児に悪影響を起こす可能性が高まります。 また、妊娠中のワクチン接種で、産後は赤ちゃんを数カ月間、インフルエンザウイルスから守ることができます。 米産婦人科学会は、妊婦や妊娠の可能性のある女性に、インフルエンザワクチンの接種を推奨しています。 今年のインフルエンザワクチンは、一般に、H1N1豚インフルエンザウイルスを含む、3つの異なるインフルエンザウイルスを予防します。 2~8歳の子どもには、噴霧型のインフルエンザワクチンを推奨します。 インフルエンザは、いくつかのウイルスによって引き起こされるため、それらのうちの1つだけに対して、 自然に免疫によって守られても、別のウイルスに感染することもあります。 ですから、最近インフルエンザに感染しても、リスクグループの方(65歳以上の方、妊娠中の女性、慢性疾患の方)にワクチンの接種を勧めます。 ワクチン接種が利用可能になったらすぐに、接種することを勧めます。 これを証明する根拠がありません。 いかがでしょうか? インフルエンザワクチンは、私たちの健康を守ってくれます。 まだ今年は接種していないという方は、今からでも遅くないので、ぜひワクチンを接種しましょう。 2~8歳のお子さんをお持ちの方で、噴霧型のインフルエンザワクチンに関心がある方は、まず、専門医に相談してください。 (日経TRENDY 2014年10月14日 より引用).

次の

伊丹たかの小児科 Web予約受付

たかの 小児科

ご挨拶 このたびご縁があり、たかの台の地で小児科を開業させていただくことになりました。 私は卒業後順天堂大学小児科学教室に所属し、17年間研究や臨床技術の研鑽を行ってまいりました。 そのため産まれたばかりの赤ちゃんから思春期の子どもまで幅広く対応できるよう小児科医のキャリアを積み重ねることができました。 また、少子核家族化、共働き家庭が増えている社会事情のなかで、育児不安や病気の子どもと仕事の両立に困難を来しているご家族に出会うことが非常に多く、そうしたご家族の支えになりたいという思いを抱くようになり、ここにクリニックを開設する決意をいたしました。 将来的には病児保育室も併設したいと考えております。 いち早く元気にご家庭、学校へ戻っていけるように支援し、また地域の皆様から信頼されるクリニックになるように努力してまいります。 どうぞよろしくお願いいたします。 たかの台こどもクリニック 院長 北村 知宏 略歴 プロフィール 神奈川県出身• 順天堂大学医学部 2002年卒• 順天堂大学医学部小児科学教室入局 2002年4月• 順天堂大学医学部大学院 2008年卒 職歴• 2002-2004年 順天堂大学医学部付属順天堂医院(初期研修)• 2003年 北九州市立八幡病院小児救急医療センター出向• 2004年 多摩南部地域病院小児科• 2005年 順天堂大学医学部付属静岡病院小児科・新生児科• 2005-2006年 浦安市川市民病院小児科• 2009-2013年 豊島病院小児科• 2013-2017年 順天堂大学医学部付属順天堂医院小児科・新生児センター 助教• 2017-2019年 神栖済生会病院小児科 小児科部長 資格・学会 資格・役職• 医学博士• 順天堂大学小児科 非常勤助教• 日本小児科学会専門医、認定指導医• 日本静脈経腸栄養学会TNT研修修了 主な所属学会• 日本小児科学会• 日本小児栄養消化器肝臓学会• 日本小児救急医学会• 日本周産期・新生児医学会• 日本母乳哺育学会(幹事・編集委員・プロジェクト委員) 院長著書 雑誌• 保健指導・子育て支援 乳幼児健診で多い相談と、大切と思われるアドバイス 「離乳食」北村 知宏,清水 俊明 小児内科 50巻6号(2019)• 授乳・離乳支援 「人工乳の種類と利用法」 北村 知宏 小児内科 50巻1号 (2018)• ピンポイント小児医療 体重増加不良 「乳児のfailure to thrive」 北村 知宏, 清水 俊明小児内科 47巻8号 2015• 母乳をめぐる諸問題 「母乳栄養の留意点」 北村 知宏, 清水 俊明 東京小児科医会報 32巻3号 2014• 母体と児の感染免疫-最新の知見 「母乳の免疫」 北村 知宏, 清水 俊明 臨床と微生物 38巻6号 2011• 成長障害の診かたと対応 「消化器疾患と低身長」 北村 知宏 小児内科 42巻4号 2010• 疾患とそのやせ・栄養不良の病態・特徴および対応と予防 「ミュンヒハウゼン症候群」北村 知宏, 清水 俊明 小児内科 41巻9号 2009• 母乳 「母乳と消化管機能の成熟」 北村 知宏, 清水 俊明 周産期医学 38巻10号 2008• 乳児の栄養と離乳食 「幼児の栄養」 北村 知宏, 清水 俊明 小児科 49巻2号 2008• 子どもの各発育段階における食の特徴と問題点 「学童期・思春期栄養の特徴と諸問題」北村 知宏, 清水 俊明 小児科臨床 57巻12号 2004 成書• 「吸収不全症」(翻訳) ネルソン小児科学第19版 エルゼビア・ジャパン社 2015年• 「小児の生活習慣病が増えているわけとは?」 スマート栄養管理術 医歯薬出版株式会社 2014年• 「乳児・幼児・子どもの栄養管理とは?」 スマート栄養管理術 医歯薬出版株式会社 2014年• 「特殊ミルクとその適応」 新生児栄養学 メジカルビュー社 2014年• 「小児の輸液療法」 小児栄養消化器肝臓病学 診断と治療社 2014年• 「その他の生活習慣病(胃食道逆流症・高尿酸血症・骨粗鬆症)」小児生活習慣病ハンドブック 中外医学社 2012年• 「代理ミュンヒハウゼン症候群」 小児臨床栄養学 診断と治療社 2011年.

次の

東京都小平市 鷹の台 小児科 たかの台こどもクリニック 院長紹介

たかの 小児科

トピックス2014年10月23日 インフルエンザやそのワクチンに関する「10の神話と事実」とは? 2014年9月18日、米国疾病予防管理センター(Centers for Disease Control:CDC)は、2013年度、米国において、インフルエンザワクチンの接種率が半分に満たず、生後6カ月以上のすべての人に、インフルエンザのシーズンに向けて予防接種を促しました。 米国では、インフルエンザにより、毎年平均3万人以上が亡くなっています。 CDCは子ども、妊婦や高齢者の健康維持のために、インフルエンザやその他の感染症の予防接種を推奨しています。 さらに今年はCDCが初めて2~8歳の子どもに、噴霧型のインフルエンザワクチン(FluMistフルミスト)を推奨しています。 なぜなら、噴霧型のインフルエンザワクチンは、この年齢の子どもにとって、従来の注射より有効であることが証明されたからです。 噴霧型のインフルエンザワクチンは、生ワクチンです。 残念ながら、日本ではまだ噴霧型のインフルエンザワクチンは厚生労働省で承認されていません。 ですので日本でフルミストを利用して副反応が生じたときには、医薬品副作用被害者救済制度が利用できない可能性があります。 避けるべき禁忌など、適応条件に関しては、ナビタスクリニック(鉄医会)の情報を参照すると分かりやすいかと思います。 肺炎球菌は、肺炎の原因となり、そのため年間約5万人の米国人が入院しています。 日本でも2013年11月1日からプレベナー13が小児用肺炎球菌ワクチンとして定期接種化されましたが、米国では子どもの定期接種のワクチンになってから子どもたちの肺炎球菌による感染が激減しました。 CDCのトーマス・フリーデン所長は、次のように述べています。 「18~64歳の成人におけるインフルエンザワクチン接種率は3分の1程度にとどまっていて、この年齢のグループが特に、インフルエンザにかかることが分かっています。 また2013年は、100人以上の子どもがインフルエンザが原因で死亡しました。 死亡した子どもの90%はワクチン未接種だったのです。 死亡した子どもたちがインフルエンザの予防接種をしていれば、多くの感染が予防できた可能性があります」 また、CDCによると、米国において インフルエンザは、通常は10月に流行し始め、翌1月から3月の間がピークとなります。 日本では、12月~3月頃に流行します。 ですので、例えばバーバード大学ヘルスサービスは、今年は9月15日から12月16日まで、ハーバード大学関係者に、インフルエンザワクチン接種を無料で提供しています。 無料で提供されているワクチンは不活性化されたタイプで、腕に筋肉内注射します(日本ではこのタイプが一般的)。 接種後、体の免疫応答がはじまるまで、約2週間かかります。 そこで、イギリスの国民保健サービス(National Health Service: NHS)は、インフルエンザやそのワクチンについて、10の神話と事実を提示しています。 インフルエンザの症状は、突然起こり、咳やのどの痛みなどだけでなく、発熱、悪寒、頭痛や筋肉痛も生じます。 ですから、2~3日の安静が必要になります。 さらに、インフルエンザの合併症を伴うと、重病化し、病院に行かなければなりません。 注射用インフルエンザワクチンは、不活性化インフルエンザウイルスですから、インフルエンザに感染しません。 注射した腕に多少の痛みを感じたり、数日間、微熱や筋肉痛を感じることもありますが、その他の反応は非常に稀です。 子どもの鼻噴霧用のワクチンは生ワクチンですが、活性が弱いため、インフルエンザに感染することはありません。 インフルエンザの原因はウイルスで、抗生物質は、細菌感染に対して有効です。 インフルエンザを治療するためには、抗ウイルス薬が処方されることがあります。 抗ウイルス剤は、インフルエンザを治癒しませんが、他人への感染を減らし、回復が早くなります。 ただし効果を得るためには、症状が出現してから、1~2日以内に、抗ウイルス剤を投与しなければなりません。 新しいウイルスと一致する予防接種が、毎年必要です。 妊娠中にインフルエンザに感染すると、母体や胎児に悪影響を起こす可能性が高まります。 また、妊娠中のワクチン接種で、産後は赤ちゃんを数カ月間、インフルエンザウイルスから守ることができます。 米産婦人科学会は、妊婦や妊娠の可能性のある女性に、インフルエンザワクチンの接種を推奨しています。 今年のインフルエンザワクチンは、一般に、H1N1豚インフルエンザウイルスを含む、3つの異なるインフルエンザウイルスを予防します。 2~8歳の子どもには、噴霧型のインフルエンザワクチンを推奨します。 インフルエンザは、いくつかのウイルスによって引き起こされるため、それらのうちの1つだけに対して、 自然に免疫によって守られても、別のウイルスに感染することもあります。 ですから、最近インフルエンザに感染しても、リスクグループの方(65歳以上の方、妊娠中の女性、慢性疾患の方)にワクチンの接種を勧めます。 ワクチン接種が利用可能になったらすぐに、接種することを勧めます。 これを証明する根拠がありません。 いかがでしょうか? インフルエンザワクチンは、私たちの健康を守ってくれます。 まだ今年は接種していないという方は、今からでも遅くないので、ぜひワクチンを接種しましょう。 2~8歳のお子さんをお持ちの方で、噴霧型のインフルエンザワクチンに関心がある方は、まず、専門医に相談してください。 (日経TRENDY 2014年10月14日 より引用).

次の