ロドリゴ fp。 フットサル日本代表

【ウイイレ2020】ロドリゴ・ベンタンクール|能力値/FP/スカウト/ポジション/プレースタイル/スキル【堅実派CMF最強系!】

ロドリゴ fp

経歴 [ ] 選手としての経歴 [ ] 1986年にアンダルシア州リーグ2部のバンコ・デ・グラナダからデビュー。 バンコ・デ・グラナダは1987年に州リーグ1部に昇格、1988年に4部に昇格、1989年に3部に昇格、1990年に2部に昇格。 1991年には2部のアルムニェカル・ペレス・カスケットに移籍し、1991-92シーズン終了後に選手を引退。 初期の指導者経歴 [ ] 1992年、3部のバンコ・デ・グラナダ監督に就任。 グラナダを1992-93シーズン終了後に2部に昇格させ、1998年まで指揮を執った。 1998-99シーズンは2部のナサレーノ・デ・セビージャ監督、1999-00シーズンは2部の ()監督を務めた。 2000年にはイタリア1部(セリエA)のスパネシ・ペトラルカ・パドヴァ監督に就任して3シーズン指揮を執った。 2003-04シーズンはロシア1部(スーパーリーグ)のを指揮し、2004-05シーズンの一部は ()を指揮。 2004年6月26日に第一子となる男の子が生まれた。 2004年12月に ()監督に就任し、初めての監督に。 6位となった2006-07シーズンにはリーグ最優秀監督賞を受賞。 2008年にはスーペルコパに出場したが、に敗れた。 カハ・セゴビアではのを指導。 日本代表 [ ] 2009年6月、監督に就任。 2010年にで開催されたでは準決勝でに敗れて3位。 2010年にはアンダルシア州フットサル協会の名誉監督賞を受賞している。 1次リーグでは、、という難敵と対戦したが、1勝1分け1敗の勝ち点4で3位となり、ワイルドカードで決勝トーナメント進出。 日本代表史上初のベスト16に導いた。 三浦は1次リーグ全試合に出場し、ピッチ内外で他の選手たちに影響を与えている。 2013年2月には契約期間を2016年まで延長。 3月には契約満了によって日本代表監督を退任した。 タイ王国代表 [ ] 2016年7月には監督に就任した。 選手歴 [ ]• バンコ・デ・グラナダFS 1986-1991• アルムニェカル・ペレス・カスケットFS 1991-1992 指導歴 [ ]• ナサレーノ・デ・セビージャFS 1998-1999• () 1999-2000• スパネシ・ペトラルカ・パドヴァ 2000-2003• 2003-2004• () 2004• () 2004. 12-2009• 2009-2016• 2016-2017• 2017- タイトル [ ]• 最優秀監督賞• 2006-07• 2012年、2014年 著書 [ ]• 『フットサル日本代表監督ミゲル・ロドリゴの フットサル戦術パーフェクトバイブル』 カンゼン 2011年• 『世界一分かり易い! フットサルの授業』 カンゼン 2012年• 『日本人チームを躍動させる 決断力の磨き方』 カンゼン 2014年 脚注 [ ].

次の

【ウイイレアプリ2020】FPロドリゴ(1/30)の能力値と評価

ロドリゴ fp

FPホドリゴの能力値 0224 総合値86になったFPホドリゴ、2月24日のクラブセレクションFPとして登場。 スカウトの組合せ 2020 WE2020 ポジション適性とプレースタイル 基本ポジションはLWG ポジションオススメはやっぱウイングで、ポジトレRWGもオンしときたい。 LWG CF RWG ST LMF OMF RMF CMF DMF LSB CB RSB GK 適性A: ST、LWG 適性B: CF、RWG、OMF、LMF、RMF インサイドレシーバー サイドから中に入ってパスをもらう動きをします。 有効P: LWG、RWG、LMF、RMF スキル解説 スキルは2コしかないから、スキルトレきたらシュート系つけたいような気もする。 シザーズ 高速シザーズができる。 エラシコ エラシコができる。 ロドリゴ・ゴエス選手 ブラジルのサンパウロ州オザスコ出身、サッカーの本場サンパウロの近くなんスね。 デビューはブラジルの名門サントスからで、2017年に16歳でトップデビューを果たす。 2019年にレアルマドリーへ移籍、久保くんも一緒にマドリー移籍してプレシーズンで出てましたよね。 Real Madrid Castilla drew 0-0 with UP Langreo. Rodrygo Goes played and missed a penalty. ~Youtube「」~ 18歳の若き新星、新たなスター誕生の予感たっぷりなロドリゴ選手記事、前作からかなり話題にはなってますよね。

次の

【ウイイレアプリ2020】FPロドリゴベンタンクール(3/16)の能力と使い方|ゲームエイト

ロドリゴ fp

経歴 [ ] 選手としての経歴 [ ] 1986年にアンダルシア州リーグ2部のバンコ・デ・グラナダからデビュー。 バンコ・デ・グラナダは1987年に州リーグ1部に昇格、1988年に4部に昇格、1989年に3部に昇格、1990年に2部に昇格。 1991年には2部のアルムニェカル・ペレス・カスケットに移籍し、1991-92シーズン終了後に選手を引退。 初期の指導者経歴 [ ] 1992年、3部のバンコ・デ・グラナダ監督に就任。 グラナダを1992-93シーズン終了後に2部に昇格させ、1998年まで指揮を執った。 1998-99シーズンは2部のナサレーノ・デ・セビージャ監督、1999-00シーズンは2部の ()監督を務めた。 2000年にはイタリア1部(セリエA)のスパネシ・ペトラルカ・パドヴァ監督に就任して3シーズン指揮を執った。 2003-04シーズンはロシア1部(スーパーリーグ)のを指揮し、2004-05シーズンの一部は ()を指揮。 2004年6月26日に第一子となる男の子が生まれた。 2004年12月に ()監督に就任し、初めての監督に。 6位となった2006-07シーズンにはリーグ最優秀監督賞を受賞。 2008年にはスーペルコパに出場したが、に敗れた。 カハ・セゴビアではのを指導。 日本代表 [ ] 2009年6月、監督に就任。 2010年にで開催されたでは準決勝でに敗れて3位。 2010年にはアンダルシア州フットサル協会の名誉監督賞を受賞している。 1次リーグでは、、という難敵と対戦したが、1勝1分け1敗の勝ち点4で3位となり、ワイルドカードで決勝トーナメント進出。 日本代表史上初のベスト16に導いた。 三浦は1次リーグ全試合に出場し、ピッチ内外で他の選手たちに影響を与えている。 2013年2月には契約期間を2016年まで延長。 3月には契約満了によって日本代表監督を退任した。 タイ王国代表 [ ] 2016年7月には監督に就任した。 選手歴 [ ]• バンコ・デ・グラナダFS 1986-1991• アルムニェカル・ペレス・カスケットFS 1991-1992 指導歴 [ ]• ナサレーノ・デ・セビージャFS 1998-1999• () 1999-2000• スパネシ・ペトラルカ・パドヴァ 2000-2003• 2003-2004• () 2004• () 2004. 12-2009• 2009-2016• 2016-2017• 2017- タイトル [ ]• 最優秀監督賞• 2006-07• 2012年、2014年 著書 [ ]• 『フットサル日本代表監督ミゲル・ロドリゴの フットサル戦術パーフェクトバイブル』 カンゼン 2011年• 『世界一分かり易い! フットサルの授業』 カンゼン 2012年• 『日本人チームを躍動させる 決断力の磨き方』 カンゼン 2014年 脚注 [ ].

次の