アーカイブ した メール を 戻す。 Gmail「アーカイブ」の使い方──格納場所からメール検索、受信トレイに戻す方法まで

アーカイブとは|iPhoneの使い方

アーカイブ した メール を 戻す

あわせて読みたい Gmailの「アーカイブ」とは Gmailのアーカイブは 重要度が低いメールなどを「とりあえず受信トレイから見えなくする」機能。 「削除」との違いはメールがゴミ箱(30日経過後完全削除に)ではなく、[すべてのメール]に保存されるところにあります。 アーカイブの活用方法・使いどき メルマガやシステムからの自動配信など、要らないと思うがあとで必要になるかもしれないメールがたまっていませんか? ごちゃごちゃした受信トレイをすっきりさせたい時にアーカイブ機能は役に立ちます。 Gmailは仕事や作業の「効率」に照準を合わせて設計されています。 受信トレイには「要対応・返信・確認」だけを残す。 つまり アーカイブを使うと視覚情報も無駄なものが省かれ、今何をすべきかが一目瞭然に。 もう見なくてもいいメールはどんどんアーカイブして受信トレイから消してしまいましょう。 アーカイブ5つのポイント 1. 受信トレイからメールが消えるが「削除」ではない 2. アーカイブしたメールは[すべてのメール]にある 3. 「メールを検索」からもアーカイブしたメールが探せる 4. アーカイブの解除は[受信トレイに移動]で完了 5. アーカイブしたメールに返信が来たら受信トレイに戻る アーカイブのやり方 Gmailでメールをアーカイブしたい時は、 スマホならメール一覧から右または左にスワイプ。 アーカイブされたメールだけを確認する方法 Gmailでアーカイブされたメールは[すべてのメール]内に時系列で並んでいます。 自分が どのメールをアーカイブしたかわからなくなった時はGmailの検索演算子を利用して検索することもできます。 受信トレイ(inbox)内のメールを除外(-)する場合、 「メールを検索」の窓に「-in:inbox」と入力します。 この調子でラベルのついているものを除外(-)していくと、アーカイブされたメールがヒットしてきます。 スマホ(iPhone・Android)も手順は同じ。 アーカイブしたメールでもラベルで管理されるため、移動先の「ラベル」をクリックすれば簡単にメール確認ができます。 受信トレイからは消えません。 「移動」:実質アーカイブ = 受信トレイから消し、選んだラベルに移動します。 また、毎回手作業で移動(アーカイブ)するのが面倒な方にはがおすすめ。 自身で条件設定が必要ですが、今後来るメルマガなどにも 自動で「[メルマガラベル]を付ける」+「アーカイブ(受信トレイをスキップ = 移動 = 振り分ける)」できるようになります。 こちらの記事もおすすめ.

次の

Gmail「アーカイブ」の使い方──格納場所からメール検索、受信トレイに戻す方法まで

アーカイブ した メール を 戻す

Gmailの不要なメールは削除よりもアーカイブがオススメ? Gmailに届いた不要なメールは、迷惑メールなどの明らかに今後一切見ないもの以外は「削除」ではなくて「アーカイブ」するのがオススメです。 「削除」をするとGmail上から完全に消えてなくなってしまいますが、アーカイブされたメールは「見えなくなる」だけでGmail上にはしっかり残されている為、後々に何か確認したい事が出てきた時など、検索して確認する事が可能です。 なので僕は基本的には、Gmailのメールは削除ではなくてアーカイブをする様にしています。 Gmailでアーカイブしたメールを検索・表示して、復元する方法 Gmailでアーカイブしたメールは、削除されたワケではないので、「見えない」だけでちゃんとGmail内に保存されています。 普段は見えない場所に保管されているんですね。 検索したいワードが決まっている場合には、Gmailの検索窓でそのキーワードを使って検索してみましょう。 するとアーカイブしたメールとそうでないメール、全ての中から検索された結果が表示されます。 アーカイブしたメールだけを見たい場合には、検索窓に以下のキーワードをコピペして検索して見てください。 -in:spam -in:trash -is:sent -in:drafts -in:inbox するとアーカイブしたメールだけが表示されるはずです。 以上の方法でアーカイブしたメールを再度表示する事が出来ます。 さらに、アーカイブされたメールのアーカイブ状態を解除したい時には・・・・ メールを右クリックして、「受信トレイに移動」を選択すればOKです(スマホの場合は、メール長押しから右上の「・・・(縦)」をタップして、「受信トレイに移動」)。 メールの容量は微々たるものなので、無料のままのGmailでも容量不足に悩まされる事はないはずです。 なので万が一の時に備えて、「削除」ではなくて「とりあえずアーカイブ」しておくのが賢い選択かも知れませんね。

次の

メールの「削除」と「アーカイブ」の違いをご存じですか?

アーカイブ した メール を 戻す

例として受信トレイの中にあるメールをアーカイブしてみます。 受信トレイを表示して下さい。 現在はそれほどメールの数が多くありませんが、メールの数が増えてくると必要なメールを見つけるのが大変になってきます。 フォルダーを作って分類するほどでもないが削除したくもないメールはアーカイブしておくと便利です。 フォルダーとの違いはアーカイブフォルダーは最初から用意されており、クリック1回で移動させることができることです。 それでは実際に試してみます。 アーカイブしたいメールにチェックをして下さい。 複数のメールをまとめてアーカイブする場合は複数のメールにチェック可能です。 画面上部に表示されている「アーカイブ」と書かれたリンクをクリックして下さい。 メールがアーカイブされます。 アーカイブされたメールは、それまで入っていたフォルダーには表示されなくなります。 アーカイブされたメールを確認するには画面左側に表示されている「アーカイブ」と書かれたリンクをクリックして下さい。 アーカイブに入っているメールの一覧が表示されます。 先ほどアーカイブしたメールも表示されています。 このように受信トレイや他のフォルダーに入っているメールをアーカイブすることができました。 アーカイブされたメールも受信トレイや他のフォルダーに入ったメールと同じようにメールの中身を閲覧したり、返信を行ったり、削除したりすることができます。 ごみ箱と違ってメールが定期的に削除されることもありません。 アーカイブされたメールはいつでも受信トレイや他のフォルダーに移動させることができます。 例としてアーカイブされたメールを受信トレイに戻してみます。 アーカイブのメール一覧の画面で、移動させたいメールにチェックをして下さい。 画面上部の「移動」と書かれたリンクをクリックして下さい。 移動先のフォルダー一覧が表示されたら「受信トレイ」をクリックして下さい。 アーカイブされていたメールを受信トレイへ移動することができました。 このようにアーカイブしたメールはいつでも元々あったフォルダーや別のフォルダーへ移動させることができます。 受信トレイや他のフォルダーの場合、未読のメールが含まれていると未読メールの数を画面左側のフォルダーのところに表示します。 未読のままメールを他のフォルダーへ移動させた場合、画面左側の移動先のフォルダーのところに未読メールの数がやはり表示されます。 それに対してメールをアーカイブした場合は、メールは未読のままですが画面左側のアーカイブのところには未読メールの数は表示されません。 アーカイブの利用目的からすれば未読メールの数が表示する意味があまりないためかもしれませんが、一応ご注意下さい。

次の