飛び石 警察。 飛び石の傷に車両保険は損?補償されつつ保険料を上げない方法

飛び石で車に傷がついた!飛ばしてきた相手に損害賠償を請求できる?【自動車Webマガジン】

飛び石 警察

ハザードランプをつけ、後続車に合図をしてください。 停車後、発炎筒や停止表示板で更に合図を! 後続車からの追突事故防止のためハザードランプをつけ、事故・故障発生の合図を必ず行ってください。 なお、故障の場合は、急ブレーキをかけずに緩やかに減速し、極力路肩や非常駐車帯に停車させてください。 停車後は発炎筒や停止表示板で、後続車に事故車や故障車の存在を知らせてください。 運転者も同乗者も通行車両に注意しながら車を降り、ガードレールの外など安全な場所にすみやかに避難してください! 車内や車の前後での待機は、後続車から追突される恐れがあり危険です。 ガードレール外など、安全な場所にすみやかに避難してください。 事故や故障時に車の前後や路肩にいて、後続車にはねられるといった死亡事故が多発しています。 非常電話で事故・故障状況を通報してください! 事故の場合には、110番もしくは非常電話等を利用して通報してください。 故障の場合には、非常電話もしくはで通報してください。 道路管制センターにて交通管理隊を出動させるとともに、情報板を点灯し、二次事故防止のための後続車両への注意喚起を行います。 警察と連携して円滑に事後処理を進めていくうえでも、ぜひともお願いいたします。 なお、非常電話は1km(トンネル内は200m)おきに設置されています。 弊社では、落下物や飛石等による事故を未然に防止するために道路巡回や道路清掃を実施し、これらの排除に努めており、お客さまから落下物等の発見の通報があった場合にも、緊急出動にて排除しています。 また、車両制限令等の違反車両の取締りを各ICで定期的に実施し、積荷落下の恐れのあるような車両に対する指導を行っているところです。 すべての落下物に対応することは不可能であることから、落下物を落とさないよう、ドライバーの皆様のモラルに頼らざるを得ないのが現状でございます。 したがいまして、落下物や飛石等による車両損傷等については、原則として落とし主に賠償責任があると考えています。 万一、落下物による車両損傷が発生した場合は、高速道路上であれば、110番もしくは非常電話等を利用して通報してください。 道路管制センターにて交通管理隊を出動させるとともに、情報板を点灯し、二次事故防止のための後続車両への注意喚起を行います。 警察と連携して円滑に事後処理を進めていくうえでも、ぜひともお願いいたします。 また、事故として警察へ届け出いただきますよう、お願いいたします。 故障が発生した場合には、非常電話もしくはでその旨連絡いただきますよう、お願いいたします。 道路管制センターにて交通管理隊を出動させるとともに、情報板を点灯し、二次事故防止のための後続車両への注意喚起を行います。 警察と連携して円滑に事後処理を進めていくうえでも、ぜひともお願いいたします。 お客さまがご契約等されているなど、ご存知のレッカー業者があれば、携帯電話等で直接レッカー会社にご自身で手配されても構いませんが、道路管制センターに故障の連絡をされる際に、その旨をお知らせください。 お客さまがご存知のレッカー業者が無い場合は、道路管制センターにレッカーが必要である旨をお知らせいただければ、弊社であらかじめ登録している、現場に早く到着が可能なレッカー業者をご紹介し、お客さまとレッカー業者とで到着時間や料金について直接お話いただいたうえで、出動を要請していただくことになります。

次の

飛び石でフロントガラスにヒビが入った!修理は?!|交通事故 弁護士相談ドットコム|弁護士事務所検索サイト

飛び石 警察

まず責任についてですが・・・・ >走行中の車が歩行者に水をかける この場合、身体に対する障害行為になりますので、立証も簡単です。 >前車からの飛び石で、フロントガラスに傷がついた しかし、この場合ですと固有の財産に対する物損となります。 したがって厳密に言って「刑事」か「民事」かの違いになると 思われますので、確実な損害事実の立証が出来ないと、 なかなか難しいと思います。 (例えば第三者が同乗していて、目撃したとか・・・) で、自動車保険の考え方としては「フロントガラスが割れる」 という事実が発生する根拠から見ることになっているようです。 つまり「イタズラで割られた」か「事故で割れた」か、 「飛び石で割れた」くらいしか、原因は無いということです。 窓以外に損害が無い(車内の物品盗難、車体の損傷)なら、 「飛び石で割れた」以外に、原因は無いというわけで、 それは「他の車両によるもの」と推測されるわけです。 (誰かが投石した、というなら別の犯罪行為ですが) というわけで「車両、対、車両」以上の保険に加入して あれば、相手を特定出来なくとも補填の対象になるようです。 強制保険である自賠責は、相手のみを保障するものですので、 自分の車両については効力はありません。 これは難しいと思われます まず例外ですが 砂利運搬のダンプなどが明らかに砂利を撒き散らして 走っていた結果であれば責任を問うことは可能かと思いますが そうでない場合 1.飛び石の立証の問題 2.不可抗力要素の問題 が大きな壁となります そういう理由から前の車のドライバーに責任を問うことは難しいという事になります ドライバー自身が申し訳ないと非を認めて 支払いをしてくれればそれはそれでしょうけれど 法律レベルではそうはいかないものです またこれらを拡大して考えると道路管理者の責任も 絡んできます 現実的には「あ~あ しょうがねえや!」で諦める しかないと思います ワタシもそういう経験がありますが自費で処理しました Q 国道を走行中、信号で止まっていると、私の車からの飛び石でキズがついたとのこと。 直ちに2人で警察に行きました。 その後、私の保険会社に確認したところ、石の出所が特定できないので、私には支払う責任がないとの事。 保険会社で相手の方に話してもらっているんですが、納得できないらしく、毎日私の家に2-3回、いつも1時間ぐらい、どうにかして欲しいとの電話があります。 相手の方の話しでは、どこの保険会社に電話しても、保険で直せるそうなので、私の保険会社が払わないんであれば、私が自腹切ってでも直してもらいたい。 と言うんです。 それにあずき大のキズなのに、全部取り替えたいから、10万円もかかるとの事。 どうしたらいいのでしょうか、わかりません。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 皆さんが回答されているように、支払う必要は無いと思います。 (今回の飛び石の場合、過失による賠償責任になるのかどうかがよくわかりませんが、保険会社の見解はそのようですね…) また、当事者間だけで話をするのは解決を長引かせると思います。 相手方は保険に加入されているのでしょうか。 さらにその保険の内容は? あなたに責任を取れというあたり、車両保険は付保していないんでしょう。 cartierさんも指摘してますが、もしかしたら、保険自体に加入していないのでは? 相手自身に自分が加入している保険会社があるならば「どこの保険会社に電話しても…」なんて言い分は出てこないと思います。 それか、賠償責任は無いときっぱり言われて加入保険会社から見限られているのかも。 自分は被害者だから…と言っているそうですが、だいたい、そういうリスクに対して車両保険などがあるわけですから。 フロントガラスについては部分補修する業者もありますが、一般的には交換したほうが良いですから、10万という金額については妥当なものかも。 ただし修理業者の見積もりがきちんとあればの話ですが。 相手の周りには良識を持ったアドバイスをする人間(保険会社なり、修理業者、会社の上司など)が居ないのだろうと想像されますので、kensakuさんもおっしゃってますが保険会社の方(代理店さんと損害調査担当者もしくは営業さん)に同席してもらい対面で話をされることをお勧めします。 事故相手からの電話が頻繁にあるということですが、警察は民事不介入ということで相手が「当たり屋」でもないかぎり相談にはのってくれないでしょう。 事故現場でも、賠償とか過失についての警察の見解はあてに出来ません。 相手からの電話の件は、損保立会いのもとで対面で話をしたらあとは法律事務所などへ相談したほうがいいのかな。 皆さんが回答されているように、支払う必要は無いと思います。 (今回の飛び石の場合、過失による賠償責任になるのかどうかがよくわかりませんが、保険会社の見解はそのようですね…) また、当事者間だけで話をするのは解決を長引かせると思います。 相手方は保険に加入されているのでしょうか。 さらにその保険の内容は? あなたに責任を取れというあたり、車両保険は付保していないんでしょう。 cartierさんも指摘してますが、もしかしたら、保険自体に加入していないのでは? 相手自身に自分が加入し... Q 道路の白線・黄色線について疑問に思っています。 過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について 「はみ出し」を禁止している 「追い越しのためのはみ出し」を禁止している 「追い越し」を禁止している との回答を眼にしました。 1)どの見解が正しいのでしょうか? 2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか? 「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。 しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。 宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー 少し噛み砕いて書いてみます。 複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから 中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。 道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る 「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。 白・黄色ともに。 優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。 それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更 車線変更 しただけでも違反行為と考えられます。 クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。 次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。 勿論、急いでいる場合もあるでしょう 追い越す意識 目的 があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか? 追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。 特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。 現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。 前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。 どうぞご安全に。 元、指導員より 少し噛み砕いて書いてみます。 複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから 中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

次の

飛び石で車に当たったらどうする?ロードバイクの宿命かも。

飛び石 警察

自損事故とは、相手が存在しない交通事故のことです。 「物損事故」のひとつとして扱われ、自分の過失が100%の事故であるため「自損」「自爆」「単独事故」と呼ばれることもあります。 具体的には次のような事例が自損事故に当てはまります。 そして、「他人を巻き込んでいない」という点です。 他人を巻き込んでいないため、自分の判断でその場をしのいで、警察への届出をしないケースが少なくありませんが、後々トラブルになることがあります。 物を壊しただけだし、他人を巻き込んでいるわけではないから黙ったままにしておこうと思ってしまう理由に「違反点数」と「罰金」のことが気になって、ということがあるでしょう。 しかし、自分だけが損害を被った自損事故は警察に連絡すれば処罰の対象にならず、違反点数の加点や罰金はありません。 では電柱や、ガードレールなどの公共物を擦った場合はどうなるでしょう? そのような物損事故の場合でも、警察に連絡をすれば「行政責任」と「刑事責任」の処罰対象にならないので心配の必要はありません。 (電柱やガードレールなどに損害があれば賠償する必要はあります) ただし、例外が存在します。 それは「当て逃げ」です。 当て逃げとは、誰かの車にぶつかるなどの事故を起こしたドライバーが、何もせず逃走するケースのことです。 軽く接触しただけだから…とそのまま報告しなかった場合、警察に当て逃げとして検挙されれば罰則の対象になり、「安全運転義務違反」2点と「危険防止措置義務違反」5点の合計7点の違反点数が付加されるのです。 これは、事故の前歴にもよりますが、少なくとも最低30日間は免許停止処分となってしまう点数です。 罰金については10万円以下 もしくは懲役1年以下 と定められ、当然、ゴールド免許は次回更新からブルーへと変更に。 届け出をした場合に比べ、しなかった場合は非常に厳しい処分が下されることを覚えておきましょう。 ガードレールにぶつかりそうになったので急ブレーキを踏んだ。 結果的に衝突はしてしまったが、幸いガードレールには破損がなく、自分の車も少しの傷で済んだ。 しかし、急ブレーキによって同乗者が身体の一部を車内にぶつけてケガをしてしまった。 ガードレールが無事で、自分の車の損傷も少ない状態ですから、対物賠償保険や車両保険は使用せずに済みそうです。 しかし、同乗者のケガの具合によっては病院での治療が必要になります。 この治療費に利用する保険は人身傷害保険や搭乗者傷害保険となり、「等級が下がる保険」をひとつも利用していないことになりますので、翌年度の等級に影響はありません。 では、自損事故で保険を使うか使わないか、何を基準に判断すればいいのでしょうか。 他人の物や自分の車の損害が大きい場合は、保険の利用を検討しましょう。 等級が下がり、翌年以降支払う保険料が高くなっても、弁償にかかる修理代を払うより全体として負担が軽くなるかもしれません。 保険会社や車両保険の種類によっては「契約できる条件」が設けられている場合も。 条件の一例としては次のようなものがあります。 保険会社によっては「初度登録年月から18年以上経過した車は車両保険を契約できない」などと定めています。 車両保険を使った際に支払われる保険金は、この市場販売額をもとに設定されていますので、通常の中古車市場で値段がつかない車は車両保険に入ることが困難です。 新車購入時にしか入れない「新車特約(車両新価特約)」で、補償金額が1,000万円を超えるなど、あまりに高額となる場合は契約できないことがあります。 クラスは1から9までの間で設定されており、数字が大きければそれだけ重大事故の危険性が高い車として認識されます。 対人賠償保険や人身傷害保険などの保険料算出にも、この車両料率クラスが使用されています。 さらに保険会社によってはこの車両料率クラスを車両保険契約の基準としていて、車両料率クラスが高すぎると契約できないケースも存在します。 他人の車との衝突により、 自分の車を修理する場合• 電柱に車をぶつけてしまい、 自分の車を修理する場合• 当て逃げに遭い、 自分の車を修理する場合• 3等級ダウン事故は、1等級ダウン事故、ノーカウント事故以外の事故が対象となります。 「電柱に衝突したので自分の車を直したい」 このような自損事故で車両保険を使う場面を考えてみます。 この場合は「飛来中、落下中ではない他物との衝突」に当てはまりますので1等級ダウンではなく、3等級ダウンとなります。 自損事故で車両保険を使うと、現在の保険状態によっては翌年度の年間保険料が高くなるというデメリットが発生してしまいます。 ですから、程度の軽い損害であれば自己資金で車を修理したほうがよい場合もあります。 車両保険は、自分の車の修理費用などの損害を補償する心強い保険です。 しかし、実際に車両保険を使用する前には、修理に必要な予算と等級ダウンによる保険料の増額分とをしっかりと比較することで、トータルの自己負担を抑えることがポイントです。 なお、ご自身で判断することが難しいようなケースの場合、保険会社に相談することも可能なので、ぜひ問合わせてみてください。

次の