ガンダム エクバ 2。 エクバ2の1年をデータで振り返る|EXVSDB|note

【エクバ2/マキオン】初中級者は調べ方で強くなる!【上達法】

ガンダム エクバ 2

遂に2020年7月30日 木 に発売となるゲーム『機動戦士ガンダム VS. 』シリーズの家庭用最新作『 機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON(マキオン)』。 本シリーズの家庭用版と言えば、2014年1月発売のプレイステーション3『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト(フルブ)』や、2017年7月発売の『ガンダムバーサス(バーサス)』などがまだまだ人気で、プレイしている方も多く存在しています。 そして全国のアミューズメント施設ではシリーズ最新作の『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2(エクバ2)』が絶賛稼働中ではありますが、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響でゲームセンターに足を運ぶことを控えている方も多々おられるのではないでしょうか。 そんな中発売される家庭用の『マキオン』を待ち望んでいる人は、かなりの数に上っています。 かくいう筆者もそのひとり。 これまでは週3~週4でゲームセンターに通い『エクバ2』をプレイしていたのですが、最近すっかりご無沙汰になってしまい、現在はガンダムをプレイしたくて仕方なくなり『フルブ』や『バーサス』を起動するばかりの日々を送っています。 今回はそんなガンダム勢のひとりである筆者が、先日4月25日 土 ~27日 月 の期間で行われた本作のネットワークテストを遊んでみて感じたことや、家庭用から本作を遊ぶ人へ向けて新たなポイントとなるところをご紹介したいと思います。 総機体数は186!使いたかったあの機体が遂に家庭用で! はじめに紹介する本作の大きな魅力は、その膨大なまでの参戦機体数。 アーケード版稼働末期の対戦環境にいた183機に加え、『エクバ2』に参戦している『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』のガンダムバルバトスルプスレクス、『ガンダム Gのレコンギスタ』のモンテーロ、『ガンダムビルドファイターズ』のザクアメイジングを加えた186機が初期段階での参戦機体です。 『フルブ』や『バーサス』の初期参戦機体が90機くらいだったことを考えると、およそ倍の数の機体を初期から操作できることになります。 既存の機体たちについてもこれまでとは違った動きをするものばかりだったので、シリーズ経験者でも本作に触れるのははじめてという方は対戦していて真新しさを感じ、アーケード勢のみなさんは久しぶりの本作に懐かしさを覚えることでしょう。 ですがそのどちらのプレイヤーも、この機体数で家でも遊べるというのは感涙ものではないでしょうか。 どっちみち家庭用が出ようが出まいがゲームセンターには通うというのが基本スタイルだった筆者にとっては、アーケード最新作に一番近い環境で家でも練習できるというのはそれだけでもありがたかったです。 特に筆者が待っていたのが、ガンダムサバーニャとアルケーガンダム。 サバーニャについてはアーケードでもちょくちょく使っていたのですが、『マキブ』での参戦以降ずっと思っていた家で腰を据えてじっくり練習したいという念願がようやく叶いました。 アルケーについてはこれまでアーケードで使った事は無かったのですが、ネットワークテストで触ってみて、レバー横特殊格闘とサブ射撃を相互にキャンセルしながら敵機に接近し、レバー後特殊格闘やレバーN特殊格闘に繋いで大ダメージを与えるといった立ち回りに心底惚れ込みました。 その点でいうと、格闘ボタンのチャージ攻撃やEXバーストを発動させてシャイニングフィンガーソードを用いた格闘を狙っていく『機動武闘伝Gガンダム』のシャイニングガンダムや、「バエルを持つ私に逆らうか!」と言わんばかりに敵機を連れ去っていく『鉄血のオルフェンズ』のガンダムバエルなども最高です。 こういった機体がようやく家で使えるようになります。 ゲームセンターでは、バエルやシャイニングで何回か気持ちよく連勝してしまうと、他のプレイヤーからの注目が凄い集まってドキドキしましたので……。 また、ネットワークテストの段階でプレイヤーマッチには初心者部屋が建っていました。 この点は本作の注目度の高さが伺えます。 今回のネットワークテストに落選してしまった方も、その点はご安心を。 きっと同じレベルのプレイヤーがたくさんいるので長く遊べるはずです。 そんなプレイヤーマッチでは、実際に対戦する際に色々な制限やルールを決められます。 後ほど詳しく紹介しますが、その快適さたるや『バーサス』や『フルブ』以上に制作陣が力を入れていることが分かるものでした。 それでは実際に対戦に入る前の準備の部分や、対戦部分も見ていきましょう。 初心者でも安心のプレイヤーマッチで腕前の近いプレイヤーを集めよう! 今回、対人対戦で主に遊べたのは、カジュアルマッチとプレイヤーマッチのふたつ。 この内カジュアルマッチについては、機体を選択するだけで手軽に対戦ができるというものです。 特に細かく対戦のルールを指定できないところや、1戦限りとはいえ完全にランダムな相手ランダムな相方とのマッチングとなるところは注意すべき点です。 要するに初心者から上級者まで、エントリーしているプレイヤーが一緒くたにマッチングされるのです。 加えてネットワーク回線の相性が悪い相手と当たってしまう事もあり得ます。 確かにその場限りのプレイヤーたちと一戦交えて即解散は気軽ではあるのですが、やはり自分と近い実力のプレイヤーや、自分の好きなルールやネットワーク環境の相性がいい相手、実力の近い相手と戦いたい場合はプレイヤーマッチが主になってきます。 敗北しても対戦終了後にリザルト画面から即座に同じ機体で対戦に戻れるおかげでさらにテンポよく対戦を重ねられるようになっていましたし、対戦待ちの間のトレーニングモードも専用のステージが広くなって遊びやすく感じました。 特に筆者が嬉しかったのが、ルーム内で後からプライベートスロットの開放ができることと、試合開始前と試合中、決着時の通信設定を変更できる点。 そして『バーサス』から引き続き実装されているプレイヤーナビの設定をルーム内で変更できるところでした。 プライベートスロットについては知り合いをルームに招待する際の優先枠みたいなもので、これが設定されているとホストが招待したプレイヤー以外はその枠に入室できません。 これを開放するためにはルームを建て直すしかなかった覚えがあるのですが、本作では後から開放できるように。 通信メッセージについては本作においても重要な要素。 『フルブ』の頃は自由にメッセージを入力できましたが、本作では『バーサス』や『エクバ2』のように定型文のみとなっています。 また試合中のお互いの体力が本作では可視化されるようになったとはいえ、シャッフルでの相方と意思疎通を測るにはまだまだ重要な連絡手段でもあります。 上級者の中には、この通信を上手く使ってこちらに敵機が迫っていることを教えてくれたりする方もいたり。 上手に活用していきたい機能ですので、慣れない内は耳を傾けたいですね。 また、もし不快な通信を送るプレイヤーを見かけたら、ルームのホストに報告して退出させるようお願いしたり、自分で作成したルームの場合は即刻退出してもらいましょう。 プレイヤーナビの衣装バリエーションもしっかり収録されていました 本作にはそういった機能もキチンとありますので、困ったら活用することをお忘れなく。 他のプレイヤー達も入室前にそのメッセージを確認できるので、前述したようなマナーのプレイヤー以外は基本的にそのルールを守ってくれるはずです。 自分と近い実力のプレイヤーを集めてぜひとも楽しいガンダムライフを! 対戦はアーケードとほぼ遜色なくできる!その勝敗を分けるのは3つのEXバースト! さてさて、ここまでは対戦に移るまでの準備段階をメインに記してきました。 特にプレイヤーマッチでは、自分の実力にあったプレイヤーたちと対戦ができることが分かってもらえたのではないかと思います。 それではここから実際に対戦を重ねてみた感覚を書いていきます。 結論から言えば回線相性のいいプレイヤー同士を集められれば快適そのものでした。 相性の悪いプレイヤーと当たるとエラー落ちする事もありましたが、基本的にはアーケードと遜色ない対戦を楽しめます。 そしてそれぞれのプレイヤーが用いるプレイアブル機体に関しては、本当に様々なものが見られました。 これは上手い具合にプレイヤー層の住みわけが出来ているのではないでしょうか。 そしてシステム上の大きな変更点も把握しておきたいところ。 Fバーストは各機体が持っている格闘攻撃や機体の機動力が強化され、ブーストゲージの回復量が一番多いものになります。 マスターガンダムやゴッドガンダム、ガンダムエピオンといった強力な格闘攻撃を持つ機体で選ばれることが多く、短時間でより多くのダメージを取ることに長けています。 なにより射撃武装から格闘攻撃へブーストダッシュを使わずにキャンセルできたり、格闘攻撃をシールドガードさせるとガードブレイクを発生させられたりと、特に攻撃的な選択でもあります。 Sバーストは射撃攻撃を強化するもので、機体の足を止めて放つ射撃武装を敵機の弾や格闘の誘導を切れるステップでキャンセルしたり、直にビームライフルなどの足の止まらない武装にキャンセルして着地に移れるようになります。 射撃から射撃へのキャンセルが可能になるため、ビームライフルについては弾切れまで連射し続けることもできます。 ブーストゲージの回復量は少な目ですが、射撃武装のリロード時間が早くなったり敵機をロックしていられる距離が長くなったりもするので、ガンダムサバーニャやEx-Sガンダムといった強力な射撃武装を持つ機体なら上手く活かせるはずです。 最後のEバーストは防御や回避に寄った性能。 格闘や射撃にEXバーストによる火力向上が見込めない代わりに、防御力が大幅にアップします。 また他のEXバーストと違ってバーストゲージ半分でも相手の攻撃から即座に受け身を取り、自機の耐久値を守れます。 この特性を活かすためにも、試合の展開と自分の機体と相方の機体の残り耐久、そして残りコストをしっかり確認し、いつ攻めるべきなのか守るべきかなのかを判断していきましょう!そのためには対戦経験を重ねることですね。 おそらくどんな上級者の方でもこのEXバーストを発動させた2機に追いかけられたら、自分もEXバーストを使って相方と連携しない限り攻めをしのぎ切ることは困難です。 もし攻めきれなかったとしても、相手プレイヤーの腕前がとんでもないのだと割り切りましょう。 このとおりEXバーストは勝敗を分ける一番大きな要素ですので、上手く使って対人対戦の奥深さを楽しんでみてはいかがでしょうか。 長々とネットワークテストのプレイレポートと、本作からの新要素を一部紹介してきました。 家で本作ができる感動はもちろんですが、筆者のように昨今の情勢からゲームセンターに通えず、ガンダム自体をプレイできなくなっている人も多いと思います。 そんなみなさんの参考になれば幸いです。 本作から『機動戦士ガンダム VS. 』シリーズを初めてプレイするという人も、実際に対戦する際には便利な機能がたくさんあるので快適に遊べます。

次の

ゲームセンターの熱気を自宅で堪能しまくった!PS4『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ネットワークテストプレイレポ

ガンダム エクバ 2

こちらの記事もどうぞ こんにちは、いかがお過ごしですか。 淫乱ピンクの方が追加されたり、30上位2機体が落とされたり下が上がってきたり。 と大幅なアップデートもありましたね。 レギルスがかなーりアップデートをもらい、上も落ちたおかげもあって上位に食い込むのではないでしょうか。 個人的にはまだギスが強いと思いますが。 てかギスより下に構えてる機体が多すぎてわけわからん。 は特格の射撃バリア消さなきゃどうにもならないし、他機体の修正も「変わっ…変わった?」みたいなものばっかりですね。 (こればっかりはVSシリーズだけじゃなくて他のゲームの調整もドがつくレベルで下手くそなんですけど) まぁそれは置いておき。。。 前回は15、20の地雷機体についてちょこっと説明していきましたが、ここからは25と30に触れていこうと思います。 20も有象無象がたくさん居たんですけど、25はわりと厄介な類です。 とかとか見てるとわかると思うんですけど、「ワンチャン!wワンチャン!w」とか「はい噛み合った~w」とかが多い。 マジで。 20よりブースト量や性能が豊富になって、オバヒあがきムーブとか覚醒でのラストワンチャンス力が上がってしまい、調子にのる輩が続出。 さすが動物園。 20と違って覚醒さえ吐ければなんとかなるので、そこだけ評価できるかな…といった感じです。 EもMもSも自由に選べるし。 コスト2500 ・ 昔上位帯で異常な生存力・起き攻め力を放っていた機体。 今作はアがと似たような機体で、こちらのほうが流行っていますね。 L覚回しやすいしビットもゲロビもあるし。 今作だと、先程説明したレギルスのビットやライザーのサブなど、カス当たりで強よろけをもっていくを積んだ機体や、ギスなどそもそも機動力が早すぎてズサ間に合わん。。 って機体が多くて巨体が完全にデメリットとなってます。 も中距離からじゃダウンが取りにくいため、起き攻めの択と自衛を絡めなきゃいけないのが厳しいこの機体。 アでいいんじゃね。 実際この方と対面すると、マジで別次元のゴトラなんですが、銅プレ帯で見るゴトラは跳ねるカカシです。 ピョン格行動するたびに被弾てるイメージ。 味方の誤射も多く、相方をイラつかせることに特化させた機体です。 乗らないほうが晒されないと思います。 筆者はシャッフルで一番嫌いです。 だいたい先3落ち・覚醒落ちでゲームが崩壊するからです。 シャイニングは格闘対策されている方はもちろん、スパアマ格闘がフィンガーしかないので振り向きメイン連打に弱い、射撃の択も少なくクソぶっぱで通すしかない。 シュピはが全部癖がありすぎ、だいたい被弾してゲームが終わる。 の印象しかないです。 こいつら乗るならトライバーニングを一生擦っていたほうが安定な気がします。 ・アルトダム メインのダメージ低下、CSのダメージ低下、サブのダメージ低下、ピョン格のブースト消費増、と色々弱体化されすぎててかわいそう。 M覚が出てしまって追えない・ダメージが安い、となってしまい起き攻めでコロす以外の選択肢がありません。 正直こいつ使っても勝てないってのが大きい。 ・改 EW版 メインが当たらない・ミサイルも当たらない・アシストよくわからん・前特かっこいいぐらいの印象です。 バルカン系統が軒並み弱体化されているので、こいつのメインも当たらなくなりました。 格闘圏内でもよくわからない向きにバルカン撃ってたりします。 マジで弱い。 ・ゴールドスモー ユニバースをひたすら当てる機体。 メインがザクアメのように変則打ちする(ゴルスモが本家だけど)上に、この移動打ちできないので、この機体は全部の行動が足を止まらせます。 荒らしメインでやっていくわけですが、格闘も格闘機としては少し弱めの印象。 振りにはいけるけど。 この機体も起き攻め機体なので、ガンガン攻める…というよりかはスカート投げたり、アシスト当てたりしてからが本番だったり。 おすすめできないのは全足が止まる点と、癖がありすぎるところです。 おとなしくトライバーニングを使いましょう。 ・ 前作にあった、格闘CSでのアシストが消去されドラグーン設置になりました。 降りテクをもらったのはいいのでしょうが、当たらなきゃ意味ないですよね。 この機体も当てるが一斉照射以外ありません!ドラグーンも当たらん。 は豊富だけど当てなきゃ意味ないんですよね…。 ・ブレイブ指揮官用試験機 変態変形で着地をごまかしずつ敵にダメージを与えていく機体。 覚醒技をぶっぱなすしか脳がないのが多すぎて、隣に来られるとすごい残念です。 とりあえず困ったら覚醒技するのやめて。 ・ガンダムAGE2 ダークハウンド 前作覇権を握っていたときから一転、最低クラスまで落ちました。 CSは投げるだけ無駄、機動力低下で30から逃げ切れない、何よりダウンが取れないなど低コとしてかなり厳しい機体。 鉄血勢は実弾で弾が消されてしまうというデメリットを抱えているにもかかわらず、試合中に弾を撒けないのはかなり致命的。 やっぱり機動力修正されるだけでこのゲームなんとかなりますね。 ・X1改 マントキャンセル削除、横サブ・BD格が弱体化と機体としての強みがほぼなくなってしまった。 前作はBD格の伸びがよかったので、当てれずとも横サブやN特射で差し込めたがこの変更により、格闘すら満足にさせなくなってしまった。 シャフでよく見るのは体力調整がん無視からの覚醒落ち。 語ることはありません。 すぐにでもいなくなってほしい。 ・エクストリーム ゼノン-F 進化状態が一番つかいやすいとかなんとか言われていたが、退化なしでその強みもどこかへ去ってしまっていった。 何より差し込めるが少なく、射撃が強い環境で地走がちびちび距離をつめるのが厳しくなってしまった。 こいつも 隣に来ると期待できないシリーズです。 どこかのと違ってさせる射撃がないのがさすがにきつい。 コスト3000 ・エピオン 射撃なし!ひたすら格闘! 少尉帯では格闘で突っ込んでひたすら被弾する様子が確認できます。 サンドバックか。 ある程度立ち回りが理解出来て、差し込み方を分かってないと使うべきじゃないと思う次第です。 金ピカになるとフィンガーで突っ込む様子が確認できます。 だいたい迎撃されてる。 理由はエピオンと同じです。 ・バエル 射撃ありのBD可だからいいわけでもない。 スパアマ格闘が非覚醒時にも使えるが、如何せん特射以外に近寄る術がない。 特射があるにしろ、ワンパターンでだいたい盾されちゃう。。 ちなみにいうと、少尉帯の格闘機ってで格闘振りまくってて、立ち回りとかガン無視なのが多いから非推奨なんですよね。 上手い人は受けるダメージより与えるダメージが多いからいいのであって、銅プレ下位〜は受けるダメージの方が多すぎる。 マジで。 金プレ様の良い動画があったので貼っておきます。 ホントマジこれ見て欲しい。 プレイは真似出来なくても理屈はわかると思うので 後記 この記事を下書きで書き始めたのがレギルスの修正後、リアル事情で公開もできずに気づいたら参戦!EX機体に高機動ザク追加!とかなってました。 アクセス数が伸びてきて、いろんな人に見ていただいているのでありがたや。 と思っています。 なんかの参考になっていればいいなと思っております。 25、30編と謳って書いてましたが、25は20ほど機体のポテンシャルとしては悪くないと思ってます。 ただ野良30と組んだときの先落ち・覚醒落ち率の高さや全覚しか吐かないプレイヤーが多いので、危険度としては20よりも上ですね。 ただ上に上がってくほどにキャラパワーの無さに絶望すると思います。 1vs1ならなんの文句もありませんが、このゲームは 2vs2なので決して自分だけではないところが重要。 地雷ごとに相方の100円が失われているということです。 (当たり前ですが) もちろん負けるために100円を入れてるわけじゃないので、やるならせめて勝とうぜ。 と個人的に思っています。 格ゲーとかもそうだと思いますが、負けて得るものがあるならそれでいいですよね。 ただ、勝てない言い訳に「エンジョイ勢だから」とか「勝つだけがゲームじゃない」って使うのはまた違うんじゃ?と。 自分の悪いとこを理解し、反芻して直していくのが対戦ゲームで楽しいところだと個人的に思っています。 (出来なかったことが出来るようになったとか、安定して勝てるようになってきたとか) ふとを見ると、どの機体乗ったらいいのかわからない、って感じの人がこのサイトに来ているようなので、そういう人向けの記事をちょちょっと書くつもりです。

次の

ガンダムEXVS2 エクバ2 地雷機体編 part2

ガンダム エクバ 2

EXVS2を上達したい人へ!! 何をすれば良い? 結論から言うと• エクバ2のゲームシステムを理解する• リプレイを見直す• 機体を知る• 上手い人の考え方を知る• エクバ2を語り合う友達を作る たったこれだけです。 では、具体的にどうするべきか考えていきましょう! まとめ! 目次• 自己紹介 こんにちは!ガンダム勢のみなさん! 私はガンダムバーサスシリーズ 以下ガンダム を本格的に始めて約3年目になります。 一般的に初級者と言われる階級の少尉を抜け出すのに三年間、1万戦以上もかかりました。 数多く全国プレイヤーから教わり、人よりも多くの 失敗をした私だから言える、 猿でも成長出来る方法を皆様にお伝えします。 エクバ2のゲームシステムを理解する 一人で考えるな!先人の知恵を使え!!! ガンダムvsシリーズの始まりは機動戦士ガンダム連邦vs. ジオン 2001年。 なんと 20年近くも積み重ねがあるゲームなのです! シリーズを追うごとに新要素が追加され続け、今作は13作目! 自由度の高いゲーム性も相まって正確なゲームシステムは全国大会出場者ですら全てを把握しきれていない程の複雑さ! これを一人で理解しようとするのはナンセンスの極みです! 私はこれで半年程なんの成長もなくプレイしていました では、本題のどうやって理解するのか? ・攻略wikiの初心者講座を読み込む ・電撃オンラインの特集を読む ・実況解説者の動画を見る 始めたての人向け 操作に慣れた人向け いくつか前作の動画になってしまいましたが今作でも重要な解説をしていた為ピックアップしました。 アップデートについて理解する 2. リプレイを見直す 伸び悩んでいる時程忘れがちですが、自分のプレイを振り返ってみましょう! 復習をしている時期はしない時期の成長率は3倍近く高くなります。 リプレイを見ることなしに絶対に上達しません!!! 辛いとは思いますが、負け試合を見ましょう! しかし、ただ見るだけでは上達への道はまだ遠い。 考えるべきことは!!• 今日の勝率は良かったか?• 自分自身のコンディションは良いか?• 取り組んでいる課題は改善したか?• 覚醒は使えたか?• 振り向き撃ちをしていないか?• なぜ被弾したのか?• 相方は動き辛そうではなかったか?• 相手の武装を意識していたか? これらのことを頭に入れながら見返し、引っかかるところが有れば対面の視点なども見返しなぜそうなったのか考えていくと次に活かせるようになります。 スマートフォンで気になる試合を録画し、繰り返し見ることをオススメします! 3. 機体を知る 彼を知り己を知れば百戦殆うからず!! 「自分について深く知り、敵をしっかりと分析すれば負けることはないだろう」という孫子の言葉です。 エクバ2でも同じことが言えます。 自分の使う機体の特性についてよく知り、相手の機体の特性を考えれば苦手機体にも対処しやすくなります! そこで伸び悩んでいるうちは持ち機体を絞ることをオススメします! ベストは1機。 許容範囲は3機までと考えています。 オルガ、次はどうすればいい? やることは3つ• 強い立ち回りを調べる• 武装、特性を調べる• コンボを手に馴染ませる どうやって調べるのか? ・機体の立ち回り 最近はyoutubeのエクバ2実況者達がこぞって解説をしています。 youtubeの解説動画を見てから考えるのがオススメです。 youtubeで見当たらない場合はリプレイモニターの「猛者の戦い」をチェックしましょう! どの武装で相手を動かし、攻撃しているのかを意識して見てみましょう! ・武装、特性を調べる オススメの方法はズバリ、トレーニングモードと攻略wikiです!攻略wikiの機体ページを開きながらトレーニングモードで実際に動かして武装とコマンドを覚えましょう! 武装のコマンド 武装使用中に出せる派生技 特殊効果 キャンセルルートとなっています。 これは身体で覚えられるようになりましょう! ・コンボを手に馴染ませる そのままトレーニングモードと実戦でデスコン、カット耐性コンお好きなコンボを使ってみてください! 実用的なコンボが安定するようになるとグンと勝率が伸びるので思いついたらトレーニングモードに戻ってみましょう! 4. 上手い人の考え方を知る 情報には貪欲に! 最近、トッププレイヤー達がいつも考えていることを解説してくれているので、行き詰った時は見てみましょう!なにか新しい知見が得られるかもしれません! 5.

次の