新卒 辞めたい 甘え。 「新卒で仕事辞めたい? 甘えだ!」という意見を真に受けるな!冷静に考え、行動しよう。

営業を辞めたい新卒に届け!1年で退職して公務員になった体験談!

新卒 辞めたい 甘え

うん! 新卒が会社を辞めたい理由1:上司との人間関係がうまくいかなかったから 会社を辞めたいと思う、大きな原因は、 上司との人間関係です。 先程ご紹介したアンケートでも1位となっていましたが、転職サイト「リクナビNEXT」が転職者100名に行った調査でも、 「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」が23%とトップに。 「何をするかよりも、誰と働くかの方が大事」という声はよく聞きますよね。 上司との折り合いが悪いと、毎日の仕事が憂鬱になってしまいます。 とはいえ残念ながら、就職活動をしている間に自分の上司がどのような人かを知る機会はほとんどありません。 事前に把握しきれないからこそ、その問題に直面した時に「もう会社を辞めたい……」と思ってしまうのかもしれませんね。 仕事の内容で会社に見切りをつけるのは、新卒だとちょっと早いってことだね。 新卒が仕事を辞めたい理由5:労働環境などが合わなかった その企業の 「労働環境など」が合わなかったという意見も見られます。 アックスコンサルティングのアンケートでは、 「福利厚生、労働時間など、会社の制度が合わなかったから」(18. 8%)が6位にランクイン。 退職者にその理由を聞いたリクナビNEXTのアンケートでは、 「労働時間・環境が不満だった」(14%)が2位にきています。 また、社風に合わなかったと感じて辞めたいと思う人も。 特に 体育会系の社風に抵抗を示す人は多いですね。 体育会系の社風が悪いというわけではありませんが、合う・合わないがはっきりとわかれそうです。 しかし「当社は体育会系です」と、わざわざ説明してくれる会社はありません。 入ってみて「どうしても社風が合わない」と感じるのであれば、同じ業界ではなく別業界への転職活動をするかどうか考える方が賢明かもしれません。 転職活動をすべきではない人はどういう人なのか、 判断するポイントを説明していきますね! 転職活動をすべきでない人の判断基準1:お金がない人 現実的な問題として、仕事を辞めた後にすぐに次の職が決まる保証はどこにもありません。 そのため 手元にお金がない場合は、辞めるべきではないでしょう。 失業保険をもらいながら転職活動をすることは可能です。 でも、就職先を見つけるまでに時間がかかる場合もあります。 失業保険のみで生活費を賄っていくのはあまりおすすめしません。 現職を辞めるときには、 最低でも今の給料の約2カ月分に相当する貯金が必要です。 転職活動は、意外とお金も時間もかかるもの。 衝動的に仕事を辞めることだけは避けましょう。 転職活動をすべきでない人の判断基準2:人間関係だけが嫌な人 「新卒社員が『仕事を辞めたい』と感じる理由」にも挙げたように、『人間関係』は仕事をする上でとても重要な要素です。 できれば円満に業務に取り組みたいですよね。 しかし大勢と一緒に働く以上、中には 「苦手だな」と感じる人に出くわしてしまうこともあります。 まだあなたが仕事に慣れていない場合、きっとより強く「仕事を辞めたい」と感じてしまうでしょう。 そんな時はまず、この2点を確認してみてください。 ブラック企業に勤めていた方は、面接でも「 その環境なら辞めても仕方ないね」と判断されるケースが多くあります。 だから、 短期離職をしても比較的不利になりにくいんですよ。 転職が当たり前になってきた世の中とはいえ「 できれば長く働いてくれる人を採用したい」と思う企業は未だに多いです。 ここ最近は3年以内での転職が増え、終身雇用制度が崩れてきています。 でも企業の中には「 最低でも1年以上の職歴がある人を雇いたい」 そう考えるところも少なくないのです。 また選考を受ける際には、必ず履歴書に職歴を記載しますよね。 短期離職をしてしまうと、履歴書の時点、すなわち 書類選考の段階でお見送りになってしまうケースも多いのです。 もちろん書類だけで求職者の人となり全てが分かるとは思いません! でも、判断材料のひとつにはなります。 企業も採用にはお金をかけています。 「 できれば長く働いてもらいたい」と思うもの。 デメリット2:『新卒枠』で就活しても『中途採用枠』で就活しても不利になる可能性がある 新卒で仕事を辞めた方は第二新卒、すなわち中途扱いになります。 新卒で仕事を辞め短期離職になったからといって就職できないことはありません。 でも、 不利になってしまうのは事実です。 中途採用を行う企業の多くは新卒で入った会社をすぐに辞めた方よりも、 他の企業でキャリアを積んだ人を選びます。 これは上記にもあるように、企業側が短期離職のリスクを少しでも避けるために起こること。 ですので、ある程度は仕方のないこととして捉えるしかありません。 新卒で情報サービスを扱う企業に入社し、営業職として働き始めました。 そんなUさんは、テレアポでの顧客獲得が主な仕事で電話をかけ続ける日々を送ります。 テレアポは断られることも多い営業手法。 なので苦手に感じる方もいます。 でもUさんはめげることなく業務に取り組み、メキメキと成績を上げるように。 周りからも期待され「さあこれから!」という時に、Uさんはなんと退職の道を選びます。 「仕事の幅が狭いと感じた」ことが理由でした。 確かにUさんが行っていたメイン業務は電話でのアポイント獲得。 その後の商談には参加できなかったので、上記のように感じてしまうのも無理はないかもしれません。 ですがどのような理由であれ、 1ヶ月半での退職は企業にかなりのマイナスイメージを与えてしまいます。 Uさんは明るくガッツがあることに加え、営業として改めてチャレンジする覚悟を持っていました。 通常であればすんなり次の企業が決まるであろう方です。 でも、 短期離職が原因で書類選考でのお見送りが続いてしまいます。 やっと面接に参加できてもなかなか結果が出ず、正直苦戦を強いられました。 その後努力を重ね、なんとか内定を獲得したUさんでしたが…… のちにこのように語っていました。 正直短期離職がこんなに不利になるとは思っておらず、『1ヶ月半で辞めてもすぐ決まるだろう』と高を括っていました。 新卒で入社した会社を辞めた理由も、 今考えれば甘かったなと思います。 入社して1ヶ月ちょっとしか経っていないのに、『仕事の幅が狭い』なんて判断できるわけないんですよね。 今はこうして自分が望む企業に入社できました。 が、これは 運とタイミングがよかっただけです。 新卒で入社した会社でも、もっと頑張って成果を出せば新たな道に進めたかもしれない。 一時の「辞めたい」という感情でその可能性を捨ててしまったのは、もったいなかったと思います。 新卒でも会社を辞めたほうがいいケース ここまで、新卒での短期離職は不利になるということを説明してきました。 ただ中には、 新卒でも仕事を辞めたほうがいい場合もあります。 判断するポイントはズバリこちら。 下記に具体的なケースを4つご紹介しています。 チェックしてみてください! 退職すべき具体例1:パワハラ(暴力)が横行している ひとつめは パワハラやセクハラがあるケースです。 正直パワハラやセクハラは本人の感じ方による部分が大きく、判断が難しいのですが…… 暴力行為が日常的に行われている場合は辞めることをおすすめします。 私たちUZUZがサポートした方の中にも• ミスをした時上司から殴られた• 日常的に暴言を吐かれ、しばしば手をあげられることもあった こういった理由で、新卒で入った企業を短期離職した方がいました。 このような方々は無事に転職を成功させていました。 暴力行為は犯罪です。 なので、事態が悪化する前に転職活動を始めたほうがいいかもしれません! 退職すべき具体例2:会社が法律に触れるような行為をしている 虚偽の書類を作成する、詐欺行為を働くなど、 会社が明らかな法律違反を犯しているケース。 この場合も辞めたほうがいいでしょう。 数としてはそう多くありません。 も、過去UZUZにいらした方の中にも、 会社が法律に触れる行為を働いていたため退職した方はいました。 これは 妥当な退職理由に当たります。 次への転職準備に入っても問題ありません! 退職すべき具体例3:労働時間が異常に長い こちらも判断に迷う部分ではあります。 ただ、 法外な労働時間を強いている企業は辞めることをおすすめします! 残業時間の上限規制が少し前に話題になったのは知っていますか? 法律で規制がかかるとはいえ、 残業が『100時間』を超えてくると「労働時間が長い」と判断されるケースが多いです。 長時間の労働は、身体だけでなく心にも悪影響を及ぼします。 うつ病などを発症してしまうと、次の仕事を見つけることはおろか社会復帰そのものに長い時間がかかります。 「暴力が横行している」「会社が法に触れる行為をしている」よりは多少理由付けが弱いのは事実ですが…… 手遅れになってしまうくらいなら仕事を辞めてしまったほうがいいでしょう。 これは 短期離職の理由としては全く問題ありません。 会社の倒産はあなたの力ではどうしようもできませんよね。 企業も当然そのことを分かっています。 なので、面接の際に突っ込んで聞かれることもそう多くありません。 ちなみにですが…… 面接のポイントは どんな状況でも『他責』にしないこと。 辞めなきゃよかった……• こんなはずじゃなかった…… ということになってしまうと、今よりももっと深刻な事態に陥ってしまいます。 でも今、とっても辛いですよね。 話すことすら勇気がいることとは思いますが、 少しだけ勇気を出して、今のあなたの気持ちや状況を私たちUZUZに聞かせてくれませんか? UZUZでは、これまで第二新卒や既卒、フリーター、学校を中退された方、短期離職をされた方など、さまざまな悩みを抱えた20代の方たちをサポートしてきました。 ですので、あなたのお話をじっくりと聞くことで、あなたの「考え方の傾向」や「希望」「適正」などを踏まえて上で、プロの視点から、 「仕事を辞めるべきか否か」 という判断のお手伝いができるんです。

次の

新卒、2ヶ月で仕事を辞めるのは甘えですか?

新卒 辞めたい 甘え

自分はどうも営業に向いていないような気がする…。 でもまわりに相談すると「甘え」と切り捨てられそうで怖い。 「営業を辞めたい」って、本当に単なる甘えなのか?• 「仕事を辞めたい…」と相談すると、「それって甘えじゃないの?」と上から目線で切り捨ててくる謎の人たちっていますよね。 もちろん、仕事というのは簡単に辞めるべきでないケースもあります。 私自身も営業の仕事を辞めた経験がありますが、そういう私からみても「いやいやそれはさすがに甘えだよ」という相談を受けることもあります。 ただし、「単なる甘え」である場合と、「正当な理由」である場合の2種類があるのも事実です。 ちゃんとした理由がある、正当な不満で営業を辞めたい場合に、無理して仕事を続けると体と心を壊しますから注意してください。 以下では、転職支援の仕事を専門でやっている私が「どういう場合が単なる甘えで、どういう場合が正当な不満なのか」を実際に相談を受けた具体的な例をあげながら解説します。 まだ営業の仕事内容がよくわかっていない人(入社1年以内の人)• 営業の仕事内容はよく理解しているが、それでも向いていないと感じている人 1. の理由ですでに仕事が辞めたくなっている人は、厳しいようですが高い確率で「甘え」です。 この段階で辞めてしまうと、営業以外の仕事に転職してもすぐに辞めるクセがついてしまい、ジョブホッパーになってしまう可能性が高く危険でもあります。 なので、もうちょっとだけ今の職場で頑張ってみましょう。 一方で、2. の場合は「正当な理由」であるケースが大半です。 営業という仕事は、ある意味で特殊な仕事です。 一般的には、コミュニケーション能力さえあれば営業はできるというイメージがありますが、まったくそのようなことはありません。 変な言い方ですが、営業は「適度なふまじめさ」がないとつとまらない仕事なのです。 例えば、顧客の中に無茶な要求やクレームをしてくる人がいたとします。 そうした人に出会った時に、「お客さんがこんなに怒っているのは、きっと自分のせいだ…」と思い悩んでしまうタイプの人は、営業に向いていない可能性が高いです。 営業の仕事で毎日こんなことをやっていては、ストレスで心を病まない方が不思議です。 世の中には想像を絶するほど非常識な人が少なからずいます。 無茶な要求にあった時に「なんだこいつは。 きっとアホなんだな。 つきあっても時間の無駄だから適度にあしらっておこう」ぐらいに受け流せる人でないと、営業の仕事はまず続けられません。 共感性の高すぎる人(相手に過度に共感してしまうタイプの人)は、営業には向いていない可能性が高いのです。 毎月のノルマに追われるのがつらいので辞めたい。 成果を上げれば上げるほど目標が増えてつらいので辞めたい。 私も死ぬほど悩み苦しみました。 しかし、厳しい言い方をするとこれらは甘えです。 営業マンにとって、ノルマは宿命みたいなものです。 ノルマがないなら営業マンではないといってもいいぐらいです。 さらにいえば、会社があなたにノルマを設定していないなら、あなたは営業マンとして戦力にカウントされていない可能性すらあります。 逆に言えば、ノルマがあるということは、「この人はこれだけはやってくれるはず」という期待をかけられているともいえます。 特に、「職場の中にノルマを達成している人たちはいるのに、自分はいつも達成できていないグループに入ってしまう」という人は、もう少しだけ今の職場で努力してみてください。 優秀と言われている先輩や同僚の営業に同行してワザを盗み、そっくりそのまま自分の顧客に同じことをやってみる(ある程度の恥はしのびましょう)• 失敗したらメモを取って、職場の行き帰りの電車の中で毎日それを見直す(ほぼ100%同じミスをしなくなります)• 自分のセールストークを動画にとって、改善点を検討する。 可能であれば結果を出している人に見てもらってダメ出ししてもらう(ここでも恥はしのびましょう) もちろん、会社が無理なノルマを課しているケースもあります。 上のような対策をやっても、まったくノルマを達成できないなら、それは会社のノルマがきびしすぎる可能性が高いです。 「ゆるい営業」への転職も検討しよう (同じ営業でも、職場のきつさはいろいろです) 営業という職種は、職場によってしんどさがまったく違うという特徴があります。 なぜかというと、営業の仕事のきつさは、所属する会社の広告宣伝やマーケティングのうまさに依存する部分が大きいからです。 マーケティングがちゃんとしている会社なら、ゆるいノルマでマイペースに頑張れるところもあります。 こういう職場では、ごりごりの営業職で頑張ってきた経験者は評価されやすいですから、実際問題として転職活動を成功させやすいですよ。 もちろん、ゆるい営業はしんどい営業に比べると給料水準は低くなります。 しかし、それでも事務職などと比べるとはるかに優遇されていますし、日本の会社では営業職は出世コースでもあります。 ゆるめの営業なら、一つの職場で長く働ける可能性も高くなります。 一つの職場で長く頑張れば、「ゆるめの営業職で数年間がんばって、管理職に出世…」という勝ち組コースに乗れる可能性があります。 ノルマがきつくて営業を辞めたいと感じている人は、いきなり「営業以外の別の職種に…」と飛躍して考えるのではなく、「ゆるい営業」への転職も検討してみてください。 職場は変わっても、営業という職種が継続している限り、キャリアは断続しません。 長期的なキャリア戦略から考えてもこの方が合理的ですよ。 自分の会社が売っているものにまったく愛着が持てない• 営業の仕事は、お客さんに商品の魅力をわかってもらうことですが、あなた自身はその商品が魅力的だと思っている必要はありません。 なぜならば、これはあなたの仕事だからです。 同じように、経理の人は別に会計の数字が大好きな人ばかりではありませんし、人事の人は採用や研修の仕事が好きである必要はありません。 営業マンが売る商品は、あくまでも「お客さんにとって魅力的であること」だけが重要です。 なので、営業マンである自分自身が、自社の商品を好きになれないから仕事を辞めたい…というのは、理由としてちょっとずれてしまっているんですね。 ただ、明らかにあくどい商売をしている会社や、ぼったくりとしか思えない商品を売るのに精神的な苦痛を感じるケースもあるでしょう。 こういうケースは例外ですが、ある程度割り切って考えることは、どんな仕事でも必要といえます。 労働時間が長すぎる。 毎日残業が当たり前のようにある。 上司のパワハラ がひどい。 労働時間が不規則。 土日に電話がかかってきたら対応しないといけない。 給料のほとんどが成果報酬なので、ノルマを達成しないと給料がものすごく安い• 先輩が帰るまで帰れない。 こうした「労働条件」に関する悩みを抱えている営業マンは少なくありません。 結論から言うと、これらは甘えではありません。 労働者として「より良い環境で働きたい」と考えることは正当なことです。 特に、4. のように給料のほとんどが成果報酬で、成果を上げないとまともな給料が稼げないケース。 これはめちゃくちゃ仕事のできる人はいいですが、普通の人にとっては非常に過酷な環境となります。 入社当初はやる気満々なのでこういう働き方も可能ですが、数年以上にわたってこのモチベーションを保つのは相当大変です。 定時で帰れる営業なんて普通にたくさんあります 営業職はお客さんと直接的にやりとりする仕事ですから、ある程度は労働環境が不規則になることはやむを得ない部分もあります。 一方で、定時で帰れて残業もほとんどないというような環境も確実にあります。 特に、新卒で営業マンとして入社した会社に何年も勤めていると言う人の場合、どうしても「新卒入社よりも良い条件なんてあるわけない」という思考になってしまいがちです。 心身ともに支障が出てから転職を検討する…では取り返しがつきません。 少し視野を広げてみてみれば、バランスの良い働き方でちゃんとした収入を得られる仕事はたくさんありますよ。 いろいろ書きましたが、これに当てはまる人は別の仕事をするのが最適な解決策になるケースが多いです ここまで、営業職として働いている人によくある「辞めたい理由」ついて具体例をあげながら紹介してきました。 該当するものがあった人も、そうでなかった人もいたと思います。 (ちょっと厳しいことを書いてしまった部分もあったかと思うので、気分を悪くされ方がいたらごめんなさい) いろいろ書きましたが、重要なのは今のあなたの仕事が、あなたの将来をハッピーにするかどうか?です。 職場の人が嫌いすぎる• お客さんの顔を見るのも苦痛• 自社の商品を売っていて罪悪感がある• 毎朝、出社前にお腹が痛くなる 営業マンという仕事は、はっきり言ってある程度は詐欺師的な要素がないと成果を上げられませんし、人から殴られたらもっと強く殴り返せるタイプの人でないとつとまりません。 身もふたもない言い方をしてしまえば、あなたの悩みが、まわりの人からみて甘えかどうか?なんてどうでもいいのです。 まわりの意見はその人自身が自分の立場や人生経験に基づいてアドバイスしてくれているものに過ぎません。 「そんなの甘えだ!」ってまわりからいわれてもいいじゃないですか。 それならあなたは私の人生に責任とってくれるんですか、という話です。 逃げの転職であっても、心と体を壊すよりはよっぽどマシです。 あまりまじめにまわりの意見を聞き過ぎて、体を壊してもまわりは責任を取ってくれません。 あなたの人生に責任を取れるのは、あなたしかいないのです。

次の

【仕事辞めたい】新卒一年目によくある退職理由とおすすめの転職方法!

新卒 辞めたい 甘え

1!転職先の選択肢がもっと広がる オススメ2: 第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い オススメ3: 非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け! 新卒で入社した会社をすぐに辞めたくなってしまう人は多いです。 しかし、 ・置かれた場所で咲け ・石の上にも3年 といった言葉があるように、会社を辞めて転職することは "甘え"なのではないか?と悩む人も多いですよね。 実際に入社して1年未満で退職するとなれば、世間的には短期離職者という目で見られてしまいます。 ただ、会社を辞めたいと思っている人からすれば、 新卒で入社した会社がどんなブラック企業であれ、その会社を選んだのはあなた自身。 にも関わらず直ぐに辞めてしまうというのは、 「甘え」と言われても仕方のないことです... しかし、ブラック企業はそういうあなたの心理を上手く利用し、毎日労働者をコキ使っているのもまた事実。 つまりあなたは、明らかに "舐められて"いるのです! ぶっちゃけ酷い話ですよね... ただ、新卒で辞められないという弱みをとことん握られ、いいように利用される人生なんて馬鹿げていると思いませんか? しかし今は第二新卒制度が普及しており、 転職することでキャリアアップする事例が激増しています。 であれば、仮に辞めることが甘えだとしても、 甘えた方がお得だと思いませんか? ただ、いきなり会社を辞めるのはハードルが高すぎですし、決しておすすめ出来るものでもありません。 そこであなたにオススメしたいのは、とりあえず転職エージェントに相談し、 自分の市場価値を確かめてみることです。 第二新卒で使うべきエージェントですが、リクルートエージェントです。 関連: リクルートエージェントは業界最大手で、最も多くの求人数を保有するNo. 1エージェントです。 エージェントに相談する事で、 「今の自分でも〇〇会社に転職出来るんだ!」 「やっぱり今の職場が異常におかしいんだ... 」 「なんだ、会社なんて辞めても何とかなるじゃん!」 と現状を客観的に分析出来ると同時に、転職という選択肢が"具体的なモノ"として感じられます。 軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取れますよ! 「今ここで仕事を辞める事が果たして本当に正しい決断なのか?」 「自分は甘えているだけではないのか?」 といった葛藤をする事は避けては通れません。 キャリアアップをモチベーションに転職を考えたり、夢があって起業するために辞めるなら分かります。 しかし、今の会社が嫌だから辞めるという動機なら、それは絶対に甘えです。 ただ、甘えている自分を悲観する事なかれ。 と言うのも、新卒で入社した会社を甘えを理由に辞めちゃダメなんてルールはどこにもないからです。 そんなルールがない以上、とどまるも逃げるも個人の完全に自由です。 なので、「仕事辞めるのは甘え」等の綺麗事を言われても、こう思っておけばいい。 それに、辞める動機が甘えである事と、実際に辞める辞めないは全く別次元の話ですからね。 この中で甘えた気持ちで転職に望んだ人なんてゴロゴロいるのは間違いないですが、それでも 転職によって幸せを掴んでいるのが実態です。 こう考えると、動機がどうであれ、転職して今よりハッピーになれるならその方がお得だと思いませんか? 新卒で仕事を辞めたいと思う人は、まずこのマインドセットを持つ事が大事です。 関連: 動機が甘えでも新卒なら仕事を辞めて転職した方がいい場合もある 新卒で会社を辞める動機が甘えであろうがなかろうが、さっさと仕事を辞めて転職した方がいいケースもあります。 それは、 会社のビジネスモデルが時代遅れになっているケースです。 これは大手企業に勤めている人も他人事ではないですよ。 例えば、証券会社のリーディングカンパニーの野村証券ですが、 累計1000億円の赤字を出しましたよね。 これは当たり前といえば当たり前で、ビジネスモデルそのものが崩壊しているからです。 ネット証券で割安に金融商品が購入できる昨今に、割高な販売手数料で情弱をカモるビジネスにガタがきているのです。 このような会社に勤めている人は、動機がどうであれ、早く会社を辞めて将来性のある産業に転職しないとマズイです。 辛い毎日に耐えて職歴を重ねても、どの道お先真っ暗な人生ですからね! 関連: 大手証券会社以外にも斜陽産業をしている業界は多いですが、新卒でそういった業界に入ってしまった場合は、理由がどうであれ転職する事が正解です。 銀行や信金のようなキャッシュレス時代に淘汰される産業、飛び込み営業で強引に販売を続けるような産業は典型です。 関連: ちなみにですが、そういった企業に限って、ブラックで辞めたい人が多い傾向にあります。 まずは自分の会社を客観視して、自分の置かれている立ち位置を整理して見る事も重要です。 乗り込む船を間違えたのであれば、早めに船の乗り換えを検討した方が賢いですよ! 関連: 新卒なら転職を考える時に「甘えか甘えじゃないか」を考慮する必要はない 新卒で転職を考えるときに、自分の判断は甘えなのか甘えじゃないのかを気にする人は多いです。 しかし、ぶっちゃけそんなのどっちでもいいことです! 先述した通り、甘えで会社を辞めても、転職して今よりハッピーになった人なんて沢山います。 第二新卒は転職先が豊富ですから、ホワイト企業に潜り込む事は出来ますし、前職の反省を活かして転職先を決める事も出来ます。 そのため、 転職のコツを上手く押さえ、スパッと転職した方が幸せになる確率は高いのです。 にも関わらず、甘えで辞めるなんてダメだ!と無駄に自分に鞭を打ち、地獄に居座る選択をするなんて損してると思いませんか? 関連: いいですか、転職を考える時にの判断軸はもっとシンプルにすればいいのです。 それは、 "辞める事で現状を打開できるのなら転職する" もうこれ以上ゴチャゴチャ考えるのは辞めましょう。 こんな事を言うと、親世代や周りの人間から批判が来るかもしれません。 しかし、 そんな批判はクシャクシャに丸めて、ゴミ箱にスラムダンクシュートしてやればいいのです。 合わないな... と思う職場で消耗しても、身につくスキルなんてないですし、人生だって停滞し続けますからね。 スパッと見切りをつけ、転職した方がいい場合だってあるんですよ! 新卒で仕事を辞めたいと感じたら譲れない希望条件から考えてみよう 新卒で入社した会社がイメージと違った... というギャップに苦しむ人は非常に多いです。 そもそも新卒の採用なんてガチャガチャみたいなもの、回してみるまでアタリかハズレかなんて分かりませんからね。 ハズレを引いてしまったな... と分かったら、その段階で解決先を考えればいいのです。 ただ、転職をする際は、二度と同じようなミスをしないためにも、転職先に求める 希望条件だけは明白にしておきましょう。 ・土日休みは絶対 ・伸びている業界がいい ・BtoCの個人営業は絶対嫌 ・立ちっぱなしの仕事は無理 こんな風に、出来るだけ具体的に条件を整理して、 同じような原因でミスマッチをしないように努力するのは大事です。 ただ、いざ希望条件を決めても、どんな企業が条件にマッチしているのかを探すのは至難の技。 そこでオススメしたいのが、 転職エージェントを活用し、プロに条件を伝えてサーチしてもらう方法です。 自分1人で転職活動しようとすると先が思いやられますが、強力な助っ人がいれば気持ちもグッと楽になりますよ! 仕事を辞めたい新入社員は転職エージェントに相談してみよう 転職活動を始める時のポイントですが、 とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。 具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。 転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。 転職活動を考える時は、まず無料の 転職エージェントに登録する事をオススメします。 というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。 転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。 オススメの転職エージェントはです。 リクルートエージェントは業界でも大手で、 他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。 知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。 収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、 「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」 「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」 「もうブラックは嫌。 6時のチャイムで帰れる会社がいい」 といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。 転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので 今のうちにチェックしておいてください。 気になる求人をストックしておけば 「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ! 『リクルートエージェント 』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。 3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。 書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ! また、今すぐに転職するつもりはないけど、 「この会社で一生働くのは無理!」 「30までには絶対転職したい!」 などの転職願望がある方は、 最低でも転職サイトに登録しておきましょう。 転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。 「あのクソ上司目に物見せたろか。 こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。 」 「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。 」 求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。 気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板のでOKです。 リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ! p. s キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の 市場価値を測定してみましょう。 ミイダス MIIDAS というツールを使えば、 『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。

次の