ナタリア グレイス。 【続報】リアル「エスター」が今も“子ども”として暮らしていると判明! 8歳少女を養子に迎えたら、実は22歳のサイコパス…

(2ページ目)8歳少女を養子に迎えたら、実は22歳のサイコパスと判明、大事件に発展中! 殺害予告も…リアル「エスター」事件発生!

ナタリア グレイス

Contents• タリアはリアルエスターで実話!どんな物語? ナタリアという人物はリアルエスターだったと言われていますが、エスターがまずはどんな内容の話か解説していきたいと思います。 3番目の子供を流産してしまった夫婦が、孤児院から9歳の女の子エスターを養女として迎えます。 しかし、エスターは、入浴中に鍵を施錠したり、歯医者に行くのを拒否したりと、不可解な行動をとる子供でした。 その後エスターは次々を悪行をしていきます。 ・ 同級生の女の子を滑り台から突き落とす ・ ダニエルが悪ふざけでペイントボールを鳩に当ててしまい、弱った鳩をエスターが躊躇することなく叩き殺す ・ 孤児院のシスターをハンマーで殴り殺す ・ 自分の悪行を見られたかもと思い、ダニエルを小屋ごと燃やそうとする(失敗に終わった) ・ 小屋から落下し病院に運ばれたダニエルに対して、強引に吸引器を外し殺害 ・ 自分の腕をプレス機のような機械で骨折させケイトにやられたと主張する ・ 車を勝手に動かしマックスを殺そうとすると共に、それをケイトの不注意のせいにする などなど、実はエスターは子供ではなく、発育障害で成長の止まった33歳の成人女性だったのです。 何とも恐ろしい事実です。 ナタリアはリアルエスター!8歳ではなく22歳のサイコパスだった そして、その映画と同様の事が起きたからナタリアはリアルエスターと言われているのです。 何とも恐ろしい事です。 養女の名はナタリア・グレイス。 ウクライナ出身で、2010年に養子として米インディアナ州に住んでいたバーネット夫妻に迎え入れられた。 その時に聞かされた年齢は8歳だったという。 家族の1人として心から愛することを誓っていたクリスティンだが、ナタリアの異常が徐々に明らかになるに連れ、疑いを深めていった。 という事で、映画と全く同様の事が起きてしまった訳です。 ナタリアの不可解さとは!? 映画と同様に、ナタリアは子供にしてはかなり不可解な事が数多くあったと言います。 ・人形やおもちゃなど子どもの遊び道具には一切興味を示さない ・10代の女の子と遊ぶことを好んだ ・使用する語彙が8歳ではありえないものだった ・ウクライナ出身なのにウクライナ語で流暢に話せなかった ・英語に何の訛りも無かった ・月経の痕跡があった ・陰毛があった ・大人にしか見られない精神病があった 子供にしてはこれらは何とも不可解ですが、ナタリアの外見は全くの子供です。 この様な不可解な事があっても、両親はその外見から納得してしまったのでしょう。 リアルエスターで実話を思わせる恐怖のナタリアの行動 エスターでは、エスターが恐怖の行動をとることでホラーとして確立されていました。 仮に、エスターが愛くるしい行動などをとる映画であればホームムービーになり得たでしょう。 しかし、ナタリアにリアルエスターの異名がつき話題になったという事は、実話に近い事実が起こったという事です。 すなわち、ナタリアは恐怖の行動をとり始めたのです。 だが、この時からナタリアの行動が常軌を逸し始めたという。 赤ん坊を攻撃したり、子どもっぽいものを嘲笑するような態度を取るようなになっていったそうだ。 2011年には、自分の血でバスルームの鏡にバーネット夫妻を脅迫する文言を書くこともあったという。 他にも深夜に眠っているバーネット夫妻を気味悪く見下ろしていたこともあり、身の危険を感じ家中の刃物を隠したそうだ。 さらに、クリスティンのコーヒーにナタリアが漂白剤を入れているのを見つけ、問い質したところ、「毒殺してやる」と答えたというから恐ろしい。 何とも恐ろしいです。 ナタリアの顔画像や動画は? では、ナタリアの顔画像や動画はあるのでしょうか? 画像引用: こちらのナタリアの画像になります。 8歳どころか、もっと小さく見えますね。 しかしながら、すでに書いた通り、22歳のサイコパスです。 ナタリアの動画に関しましては、現在調査中です。 成人していたという事で、ナタリアの養育義務から解放される形になり、カナダに引っ越したそうです。 その後も、両親は、ナタリアを大学に入れようとしたりなど、子供として面倒を見ようとしていた様です。 しかしながら、突如両親は逮捕されてしまいます。 その理由は、ナタリアが里親が一人で置いていったと証言したためでした。 そして今になってバーネット元夫妻(2015年に離婚)が逮捕されることになった。 なんと、2014年にナタリア本人が警察に対し、里親が自分を一人置いてカナダに行ったと証言していたそうだ。 それから5年間警察が何をしていたかは謎だが、今年9月5日に警察は元夫のマイケル・バーネットに事情聴取している。 さらにクリスティンから「ナタリアは子どもに見えるけど、実は22歳だと人には言え」と指示を受けていたとまで。 さらに、今年9月11日の宣誓供述書によると、2010年にナタリアの骨密度測定をしたリッグス医師は、ナタリアの年齢を8歳だとしており、2年後に行った頭蓋骨の測定では11歳だと結論していたという。 クリスティンの話と全く違う結果だ。 だが、これまた奇妙なことに、ナタリアの年齢が22歳であることは2016年の裁判で再確認されているのだ。 どこからナタリアの噂を聞いたのか、1組の夫婦が彼女の保護者になるため、ナタリアの元の生年(2002年)を回復するための裁判を起こしたのである。 この裁判はナタリアの医療記録から、彼女を知る人物の証人喚問まで徹底して行われ、最終的にナタリアは22歳であることが決定された。 結果、夫婦はナタリアの養育を諦めるより他なかった。 では、なぜマイケルは今になってナタリアは子どもであると警察に語ったのか? マイケルの弁護士であるテレンス・キナード氏によると、マイケルの取り調べは弁護士不在のまま急に行われたため、文脈から切り離された発言が記録されている恐れがあるという。 マイケル自身、ナタリアが子どもであるとは決して言っていないと主張しているそうだ。 また、2010年にナタリアを8歳だと認定した医療記録も恣意的に選ばれたものであり、それ以外のものが考慮されていないとも。 何とも不可解な裏のありそうな事件です。 ナタリアがリアルエスターでネットの声 設定が似てるだけかと思ったら映画を超える展開ですごいことになってる。 ていうかエスター観てない人に対してはネタバレになるだろこれ — 翔歌郎 しょうたろう shoutarou1101 リアルエスター事件か・・・ 果たしてそれが真実なのか、それとも母親が嘘をついているor妄想に取りつかれているのか — 多喜 kusumitaki まとめ 今回は、「 ナタリア(リアルエスター)の顔画像に動画は?実話だった!8歳養女が22歳のサイコパス!?」という事で書いていきました。 最後までお読みくださりありがとうございました。

次の

【映画】エスターのあらすじ(ネタバレ注意)|実在した「リアルエスター」

ナタリア グレイス

最近では、エスターの前日譚を描く最新作が撮影されるということで話題になりました。 この少女、何かがおかしい…ホラー『エスター』の前日譚が映画に! — シネマトゥデイ cinematoday ホラー映画というと、大抵亡霊が出てきたり、呪いのエピソードがあったりという、いかにもな演出が多いものです。 しかし、この映画の恐ろしいところは、そういったオカルト要素や超常現象が一切出てこないにもかかわらず、 ゾクゾクする怖さが満載という点です。 家庭内というリアルで身近なシチュエーションに潜んだ恐怖が、より観る人に怖さを感じさせるのです。 映画「エスター」の物語は、2人の子どもを持つ夫婦が、3人目の子どもを流産してしまった悲しみを癒すために、 孤児院からエスターという1人の少女を養子として引き取るところから始まります。 一見聡明で礼儀正しい少女であったエスターが家族に加わることにより、様々な恐ろしい出来事が連続して起こり始めます。 次第エスカレートするエスターの行動は衝撃的で、ラストには彼女の驚愕の過去と正体が明かされるのでした。 不可解な少女エスター ケイトは、夫のジョン、息子のダニエル、耳の不自由な娘のマックスの 4人家族で暮らしていました。 3人目の子どもを妊娠するも、流産してしまったことがきっかけで、元々アルコール中毒患者でもあったケイトは、精神不安定となり睡眠障害にも苦しむことになります。 そんなケイトを見かねたジョンは、孤児院から子どもを引き取ることを提案しました。 2人は孤児院で出会った少女、エスターを引き取ることにしました。 エスターは、世話をしていたシスター・アビゲイルからも 「聡明な少女」と紹介されたように、みんなが外で遊んでいても、部屋で一人で絵を描いているような少女でした。 エスターは首元と手首のリボンを決して外そうとしませんでした。 また、本当はピアノが弾けるのに、ケイトにピアノを教わるふりをして、後から 「あなたが教えたがっていたから」と言ったり、挑発的な態度をとるようになりました。 夫のジョンの前ではそのような態度を見せないため、ケイトはそのことをジョンに信じてもらうことができませんでした。 ケイトはシスター・アビゲイルに連絡をしてみますが、 確かにエスターの周りでは事故があったり怪我をする人が多かった、けれども孤児院に来る前のことはわからない、という話をされました。 エスターが家族に危害を加え始める そのうち、エスターの行動はエスカレートしていきます。 ケイトが目を離した隙に 車のサイドブレーキを緩めたせいで、マックスを乗せたまま車が坂道を後退してしまい、危うく大変な事故になりかねないことがありました。 また、ダニエルがふざけてボールを当てた鳩を、エスターは冷酷にためらいなく殺してしまうという出来事もあり、ダニエルはエスターを恐れるようになります。 エスターはマックスにも口止めをして共犯者にしようとします。 そして、様子を見に来たシスター・アビゲイルをエスターは ハンマーで殴り殺してしまいます。 そんなエスターにダニエルとマックスは恐怖を感じ、ケイトに聞かれても2人は本当のことを話すことはできませんでした。 そして、小屋でエスターの秘密を知りかけたダニエルは、エスターに焼き殺されそうになり、救急搬送されます。 助かったダニエルですが、こっそり処置室を訪れたエスターに人工呼吸器を外され、口元を枕で圧迫され、窒息させられます。 ケイトは犯人はエスターだと騒ぎますが、 元アルコール中毒患者のケイトは精神が不安定だということで入院させられてしまいます。 その間、自宅で久々に飲酒をしていたジョンは、化粧をして露出度の高い服を着たエスターに誘惑をされます。 けれどもジョンが正気に戻り、失敗となると、 エスターは怒り狂いました。 エスターの恐ろしい正体 入院をしていたケイトの元に、 ヴァラヴァという医師から電話が来ます。 そこで、エスターは 下垂体機能不全という病気で、子供に見えるけれど実は 33歳であること、精神病院を脱走して行方不明であることが明かされます。 エスターが首元と手首のリボンを外そうとしなかったのは、精神病院で拘束されていた跡を隠すためでした。 そして、エスターは男性を誘惑して失敗すると、その男性を殺害するという恐ろしい過去がありました。 エスターを追って彼女の部屋に入ったジョンは彼女の絵を見て彼女の正体を知ることになり、 暗闇の中でエスターに切りつけられて殺されてしまいます。 それを目撃したマックスも命を狙われますが、 駆けつけたケイトに助けられます。 エスターが家の外にある氷の張った池の上に立つと、マックスは銃で氷を割り、エスターは池に沈んでいきました。 リアルエスターとよばれる女性!ナタリア・グレイスのお話 全世界を震撼させた映画「エスター」ですが、 実はこの恐ろしい少女エスターのような少女、というか女性が実在しているのです。 フィクションでもその異常性に驚愕させられましたが、現実に存在しているなんて信じがたいことです。 リアルエスターと呼ばれるのは、アメリカ合衆国インディアナ州に住むバーネット夫妻が養子として引き取った、当時8歳とされていたウクライナ出身の ナタリア・グレイスという少女です。 妻のクリスティンはナタリアに愛情を捧げようとしたものの、次第にナタリアの不可解で異常なところに気付き始めたといいます。 バーネット夫妻に引き取られたナタリア・グレイス インディアナ州に暮らすバーネット夫妻は養子として、 ナタリア・グレイスという8歳の少女をむかえ入れます。 バーネット夫妻が夜寝室で寝ていると、ナタリアが見下ろしているということもあり、危険を感じ始めた夫妻は、家の中にあるナイフや尖ったものを隠すようになりました。 ナタリアの恐ろしい行動はエスカレートし、クリスティンのコーヒーの中に漂白剤を入れる姿を目撃され、 「毒殺しようと思った」などと答えたといいます。 ナタリア・グレイスの正体 ナタリアは肉体的にも、生理がきていたり、大人の歯に生え変わっていたりと、体の小ささ以外では8歳とは思えない様子がありました。 ナタリアの本当の年齢を確かめるために病院で骨密度などを調べてみると、 少なくとも14歳以上であると診断されました。 その後も、クリスティンを電気柵に押しつけようとするなど、ナタリアの狂気と殺意に満ちた異常行動は続きました。 ナタリアには大人しかかからない精神病の症状が複数ありました。 治療の目的でしばらく精神病院に入院することもありました。 残念ながら効果はありませんでしたが、 ナタリアは本当の年齢が22歳であることを明かしました。 その後、バーネット夫妻は裁判所にナタリアの年齢修正を求めた結果、認められ、ナタリアをインディアナ州のアパートに残して、カナダに移住しました。 夫妻は家賃や、追い出された時のための住居を用意するなどのサポートはしました。 訴えられたバーネット夫妻とナタリアのその後 ところが、バーネット夫妻はその後 育児放棄で起訴されてしまいます。 裁判所の資料では、養子として引き取った時のナタリアの年齢が8歳ということで記載されていました。 けれどもクリスティンは起訴内容を否定し、養子縁組そのものが詐欺であったことを主張しました。 その後バーネット夫妻は釈放されています。 それからのナタリアはどうしているかというと、牧師である アントワン・マンズとその妻シンシアに養子として引き取られ、他のこどもたちと暮らしているそうです。 マンズ夫妻は、ナタリアの生年の再変更を求めて裁判を起こしましたが、結局訴えは取り下げられました。 マンズ夫妻はナタリアを信じているということで、夫妻とナタリアは仲睦まじく暮らしているとの情報もあります。 けれどもマンズ夫妻は取材を拒否していて、詳しいことはわかっていません。

次の

フィル博士は、ナタリア・グレイスにインタビューしました * マガジン * ちらし寿司

ナタリア グレイス

エスターのあらすじ かつて3人の子供を流産した経験のあるケイトと夫のジョン夫妻は、悲しみをいやすために孤児院から9歳のエスターという可愛い子供を引き取り養子として育てます。 年齢の割には大人しく頭の良い子ではあったが問題なく生活していました。 しかし、首や手首に常にリボンを巻いていたり、入浴の時には必ず施錠したり・・・ 少しずつ謎の習慣をあらわにするエスター。 ケイトは少しずつエスターに違和感をもつようになります。 そして物語終盤、この9歳のエスターという子供の正体が明らかになります。 本当は9歳ではなく33歳の精神異常の女ということ。 彼女はホルモン異常で体の発達が止まってしまっただけではなくサイコパスだったという。 内容はこんな感じ。 要は子供だと偽ったメンヘラのサイコパス女の恐怖を上手く表現した映画なんですよね。 そして今回の事件は・・・ リアルエスター事件とは 事の発端は、養女の育児を放棄したとしてアメリカ在住のクリスティーン・バーネットさんが罪に問われたことです。 そしてクリスティーンが衝撃の事実を明かします。 それは 養女として育てた子が実は22歳の大人だったということでした。 養女は ナタリア・グレイス。 ウクライナ出身で2010年の時に養子としてアメリカのインディアナ州在住のバーネット夫妻に引き取られます。 この際に聞かされていたナタリアの年齢は8歳でした。 バーネット夫妻は大切に育てることを誓いますが、 徐々にナタリアに違和感を覚え始めます。 違和感1:人形遊びやおもちゃなどに興味を示さない ナタリアは8歳にも関わらず 人形遊びやおもちゃなどには一切興味を示さなかったそうです。 そして10代の子供たちと遊ぶことを好んでいたそうな。 なんだかこの時点で怪しいですよね、随分大人びているなぁって感じはしますよね。 そしてナタリアはウクライナ出身であるはずだが、 彼女の話す英語には訛りがなかったという。 更にウクライナの友人に、ナタリアにウクライナ語で話すよう仕向けたが、彼女は自身の事すら ウクライナ語で話すことが出来なかったらしいです。 (いや、完全に怪しいだろ・・・) 違和感3:大人の女性である証拠 ある日、クリスティンは ナタリアが大人の女性である証拠を見つけます。 それは血の付いたナタリアの服でした。 それは間違いなく 月経の痕であり、更に 彼女の陰部にごっそりと陰毛が生えていたのを見つけます。 はい、大人確定ですね。 骨密度鑑定をしてみた結果 不審に思ったクリスティーンはかかりつけの医師に骨密度測定をお願いした。 結果、ナタリアは14歳か、それ以上の年齢であることが判明。 事実を知ったクリスティンですが、変わらずに愛情を注いだそうです。 (なんて優しい思いやりのある夫婦なんだ・・・) サイコパスが発動し始める このあたりから、ナタリアの行動が常識から逸脱し始めます。 1.赤ん坊を攻撃する 8歳ならありえそうですが、ちょっとあぶないですよね、 2.子供っぽいものを嘲笑する これちょっとやばいですよね。 大人なナタリアは子供の遊びをみて、「ふん、餓鬼が・・・」とか思っていたのでしょうか。 ちょっとサイコパスな雰囲気出始めていますね。 3.バスルームの鏡で夫妻を脅迫する 2011年には、 自分の血でバスルームの鏡にバーネット夫妻を脅迫する文言を書いたらしいです。 ・・・・・ はい、アウトー!!! これは完全にアウト。 サイコパスですねこれ。 4.深夜に驚かす 深夜に眠っているバーネット夫妻を気味悪く見下していたそうです。 怖くなったバーネット夫妻は家にある刃物を全て隠したそうな・・。 うん、 これもアウトだね。 5.コーヒーに漂白剤を入れる クリスティーンのコーヒーに漂白剤を入れているところを発見したことがあるそうです。 問いただしたところ「毒殺してやる」と言ったとか。 はい、アウト!!!!もう警察だよっ! ここまでされて警察に通報しないのは、そこまで愛していたからでしょう。 再度医師に相談する 危険を感じたクリスティーンは再度医師に相談し、年齢測定をします。 この時、 ナタリアは18歳だという結論になりました。 医師の一人はバーネット夫妻に 「ナタリアが2003年生まれというのは明らかな間違いであり、子供になりすましている」と綴った手紙を書いています。 その後・・・ 2012年6月、インディアナ州マリオン郡上級裁判所は ナタリアは1989年9月4日生まれとの22歳だと認定しました。 ナタリアが大人だと認定されたことで 育児放棄ではなくなり、養育義務から解放 されます。 バーネット夫妻はナタリアをアメリカに置いたまま、実子であるジェイコブの住むカナダに移住しました。 しかしこの後もクリスティンはナタリアに対して愛を注ぎます。 残したナタリアの為にアパートを借り、社会保障番号や身分証の取得、食事補助のフードスタンプも提供したとのこと。 いや、クリスティン仏様だろ・・・・なんたる優しさ・・・・。 ナタリアの失踪 しかし2013年、突如ナタリアと連絡が途絶えます。 心配したクリスティンはナタリアの住むアパートに行きますが、そこにはナタリアの衣服や自転車が置かれたまま、忽然と姿が無くなっていたそうです・・・。 ・・・・ 急なミステリー感。 なんだよそれ笑 そして現在(2019年) 今になって、バーネット夫妻が逮捕されることになります(えぇ!? なんと2014年にナタリアが警察に「里親が自分一人を置いてカナダに行った」と証言したらしい。 ・・この女ぁぁ!!!!!恩を仇でかえs(略 そして2019年9月5日、元夫のマイケル・バーネットが事情聴取を受けている状態です。 しかもクリスティンから「 彼女は子供に見えるけど22歳の大人なんだと人には言え」と指示をされていたとも言っているんですよね。 更に、 2010年に骨密度測定をした医師はナタリアの年齢を8歳とだとしていて、2年後に行った頭蓋骨の測定では11歳だと結論を出していたという。 ・・・・あれ、クリスティンの話と違くないか? 更に謎なのは、ナタリアの年齢が22歳だという事は 2016年の裁判でも再確認されているらしいのだ。 この裁判は、どこからか現れた一組の夫婦がナタリアの保護者になるために、彼女の生年(2003年)を回復するための裁判で、ナタリアの医療記録や知人による証人喚問など徹底して行われた裁判だったのだが、 結局ここで22歳と判定され、この夫婦はナタリアの養育を断念せざるを得なかったらしい。 何故今さらマイケルはナタリアが子供だと証言した? マイケルの弁護士によると、マイケルの取り調べは弁護士不在のまま急に行われた為、文脈から切り離された言葉が記録されている可能性があるらしい。 そしてマイケル本人も、決して「ナタリアが子供だなんて言っていない」と言っているそうで・・・・ 更に更に・・・マイケルの取り調べをしている警察官は2016年の裁判の時に同席していた人物らしい・・・・ え?だったらナタリアが22歳の大人だという事も知っているはずだよね? リアルエスターまとめ という感じで、びっくりするくらい入り組んでいて面倒なことになっています。 今後もいろいろ進展があると思いますので、その際はまた記事にしたいと思います。 ではではノシ.

次の