失っ て も 失っ て も 生き て いく しか ない。 〈失っても失っても 生きていくしかないです〉読書感想:『鬼滅の刃 2』 (ジャンプコミックス)

失っても失っても 生きていくしかないんです どんなに打ちのめされようとも

失っ て も 失っ て も 生き て いく しか ない

取材・文/坂口鈴香 長年連れ添った妻を亡くし、途方にくれる夫。 そんな夫を待ちうけるのは、はじめての独り暮らしだ。 眼科医の西田輝夫さんもそんな一人だった。 同じく眼科医であった妻を亡くし、70歳にして初めて独り暮らしをすることに。 突然はじまった「独り暮らし」という第2の人生。 喪失感を乗り越え、淋しさと折り合いをつけて、男ひとりの暮らしを始めることになった。 そんな悪戦苦闘の日々を綴った本が、『70歳、はじめての男独り暮らし』(西田輝夫著、幻冬舎)だ。 がんで余命半年と宣告された妻は、残された数か月、西田さんに最低限の家事を特訓してくれたという。 それでも、これまで医師として働きながら家事を完璧にこなし、さらには西田さんの書斎の整理や資料ファイリング、出かける際のファッションコーディネートまでやっていたという千手観音のような妻がいなくなることは、赤子が親を失うようなものだった。 なんとか「ゴミ屋敷にだけはしないように」と努めるのが精一杯 (本書p. 7) という西田さんの言葉は、正直なところだろう。 逆に妻としては、家事や夫の世話は手抜きしておくくらいが、あとに残される夫のためになる、とも言えるかもしれない。 118)のコツを挙げる。 今回は、その中から3つのポイントを紹介しておこう。 ひとりになったときに慌てないために、今のうちにできることもあわせて考えてみよう。 【心得その1】 失ったことを数えるな 西田さんは、ひとりになるとつい誰かに甘えたくなるものだが、「自立の気持ち」を持つことが大切だという。 そして、自立するためには失ったことを数えてはいけないと説く。 「若い時にはできたのにな」「妻がいたらな」などと失ったことを数えていては自立できません。 120より引用) 自立する上で、意識して実行したいと西田さんが教えるのが次の3つだ。 119より引用) 1については、妻が健在なうちから夫も家事を分担しておけば、ひとりになってもそう困らない。 少なくとも、家の中を小綺麗に保つためにどれだけの家事があるのかくらいは知っておきたい。 ごみ捨てひとつとっても、家中のごみ箱からごみを集め、ごみ箱に次の袋をセットし、ごみをひとつにまとめてごみ収集所に持っていくまでが、ごみ捨てだ。 台所ごみを集めたら、シンクのごみ受けや排水口だって掃除しないといけないのだ。 妻がそれらをすべてやっているとわかれば、妻への感謝の気持ちも湧くというもの。 妻に先立たれてから感謝しても遅いのだ。 妻も自分が病気で寝込んだり、介護が必要になったりしたときに、夫が何もできないと困るのは自分なのだ。 自分のためにも夫に最低限の家事くらいは教えておきたい。 2、3の社会との関わりを持ち、働ける間は働くことの必要性については、東京大学高齢社会総合研究機構の秋山弘子氏もまったく同様のことを指摘されていた。 それについては「」記事でご紹介したので、ぜひご一読いただきたい。 【心得その2】 独りぼっちになるな 西田さんは、これまで交流の途絶えていた先妻との間のお子さんや、非常勤で診察する病院の医師やスタッフ、学生時代の友人たちなど、自分を気にかけてくれる人たちとの交流が支えになっているという。 そして、今のうちにできるだけ多様な居場所と、幅広い年代の友人をつくっておきたい。 【心得その3】 緊急時に備えよ 西田さんには、独り暮らしをするなかで気がかりなことがある。 それが、「火の不始末」「宅配便の受け取り」、そして「病気とケガ」だ。 男女を問わず、独り暮らしの不安と不便はまさにここにある。 いくら健康管理を心がけていても、加齢とともに事故やケガのリスクは高くなる。 西田さんも、室内で転倒し大ケガをした経験があり、医師であってもかなり慌てたようだ。 自分で救急車を呼べればいいが、それもできない場合はどうしたらいいのか不安を抱いている独り暮らしの高齢者は、少なくない。 そういうときのために、ボタンを押せば受信センターに連絡できる「緊急時通報システム」や、一定時間動きがないとセンサーが察知して家族などに連絡のいく「見守りサービス」など、多様な安否確認サービスが存在する。 今後さらに、IoTを利用したサービスは増えていくことが予想される。 安心のお守り代わりに、こうしたサービスを利用するのもよいだろう。 また西田さんのように緊急入院することになったとき困るのが、入院に必要なものの準備だ。 163) 持病のある人なら、なおさらだ。 西田さんが挙げる緊急入院用のカバンの中身は次の9つ。 何がどこにあるかを知らせるだけでも大変だ。 災害時持ち出し袋とともに用意して、できれば季節に合わせてパジャマなどは入れ替えておきたい。 * * * 以上、今回は西田輝夫さんの著書『70歳、はじめての男独り暮らし』から、はじめて独り暮らしする高齢男性がその後の人生を生き抜くための心得についてご紹介した。 超高齢化社会が進み、独居の高齢者はますます増加する。 高齢者の夫婦二人暮らしや、家族と同居していても、日中はひとりという高齢者も多い。 西田さんが挙げた、独り暮らしのコツは、独居の高齢者だけでなく、高齢夫婦のみの世帯や日中独居の高齢者にも共通するものだ。 不安や不便に対して自分なりの対処方法を考えながら、愉しみを見つけて暮らしていきたい。 訪問した施設は100か所以上。 20年ほど前に親を呼び寄せ、母を見送った経験から、人生の終末期や家族の思いなどについて探求している。

次の

失ったものを受け入れて生きていく~『インハンド』第3話: テンメイのRUN&BIKE

失っ て も 失っ て も 生き て いく しか ない

ぺん子「仕事もミスが多いし、何をやっても自信が持てないわ。 」 ぺんぺけ「何とかなるぺけけ〜。 おいしい食べ物のことだけ考えとけばいいぺけけ〜」 ぺん子「そんな単純に思考切り替えられないわよ。 なんか自信が出てくる方法でもないかしら。 」 眠っているワクワク感を呼び覚まそう。。。 生きていく自信がなくなる時って あると思います。 年金いくらもらえるかわからない。 このままだと、結婚相手もいないかも。 マイホーム買うの?アパートに住むの? 誰が私の老後の面倒見てくれるの? 一人で死んだらどうしよう。 世の中、不安だらけですよね。 ところで、あなたは ・生きていく自信のある人 ・生きていく自信のない人 どちらになりたいですか? 生きていく自信のある人になりたいですよね。 あなたの周りに、 「この人は生きていく自信を持っていそうだな」 と思う人はいますか。 その人たちの 共通点はどんなものでしょうか。 きっと、 前向きなことと思います。 不安があっても、それにとらわれないで、 前向きに行動できる人ではないでしょうか。 不安は悪いことなのか、というとそうではありません。 不安を感じるということは、 自分の中で何かを変える必要がある という気づきでもあります。 まずは、不安にとらわれないように、 前向きにとらえてみましょう。 前向きになるためには、 パワーが必要です。 パワーは人からもらうという方法もありますが、 人からもらうというのは、人間の中にパワーがあることを 示しています。 だから、「私は不安だらけ」と思う人にも パワーが眠っていることになります。 それを思い出してみましょう。 小さい頃は、ワクワク、ドキドキすることがあったはずです。 それが、周りの人の「無理だよ。 」とか、「年齢を考えろ。 」 などという言葉にあきらめさせられてきました。 そうして、あなたは元気がなくなってきて しまったのではないでしょうか。 ワクワク、ドキドキすることを探してみましょう。 そうすると、「生きていればどうにかなる。 」 という開き直りが生まれてきます。 生きていく自信がないからこそ、それを埋めるための行動に 一歩踏み出せるのではないでしょうか。 人生とは自分に足りないものを埋めていく過程とも言えます。 劣っている能力を訓練によって補い 自分が優れている能力を、 分け合って、また補ってもらって。 そんなことの繰り返しです。 生きていく自信がない、なんて、悩んでいることで 何かいいことはありますでしょうか? 行動しなければ、何も生まれません。 変えようとしなければ、今のままです。 「自信がない」、「自信がない」、と自分に言い聞かせていては、 ますます生きる自信がなくなってしまいます。 それは、「バカだ」と言われた子供が本当に 頭の悪い子供に育ってしまうのに似ています。 「生きる自信がない」と嘆くより、 どうやったら生きる自信を得られるのか 考えてみませんか。 何が私の自信を奪ったのか。 生きる自信を持っていたころは、何に夢中になっていたのか。 そんなことを考えると、ちょっとワクワクしてきませんか。 ワクワク、ドキドキは人をひきつけます。 幸運を引き寄せます。 幸運を引き寄せる方法なんて、いくらでもあるのです。 当サイトの1つの目標でもある「」は、 もっともっとあなたの近くにいるのです。 そうしたら、生きていく自信がどうのとか、言わなくなってくるでしょう。 立ち直った人もいくらでもいます。 一度きりの人生です。 自信がどう、とか言うよりも、 思いっきりやりたいことをやってみるのもいいでしょう。 スポンサーリンク ぺん子「ワクワク、ドキドキすることか〜。 子供の頃は何でも夢中になったわね。 」 ぺんぺけ「新しい焼肉屋がオープンする見たいだぺけ〜。 ダッシュでいくぺけけ〜。 」 は王「いつも何かに怒っていたり、何かと言うと文句ばかり言う人は、自分に自信がない人が多い。 そして、いつもワクワクしていて、子供の心を忘れていない人は、自信のある人が多いもの。 同じ日々の繰り返しばかりでは、どうしてもどんどん自信を失っていく。 ベタだが新しいことを初めて見るのは良い刺激になるだろう。 ワクワクする週末が、自信につながっていくこともあるだろう。 まずはやはり、興味をもってチャレンジしてみることだな。 」 生きていく自信(何で自信を失ったのか)関連ページ 生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。 生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。 ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。 日々同じことの繰り返し。 それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。 どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。 人生常に元気でいられるわけではありません。 時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。 そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。 生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。 人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。 生きる目的は必要なのか。 また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。 自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。 目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。 人生で後悔する時はどんな時か。 失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。 案外それは多くの人が共通していることかも知れません。 悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。 いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。 どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。 何十年頑張ったとしてもです。 そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。 人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。 そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。 生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。 色々なことに興味を持って見るといいでしょう。 失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。 人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。 暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。 この状況を打破することを考えましょう。 人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。 人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。 今回はそのことについて考えてみたいと思います。 全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。 人生の選択に迷ったとき、どちらを選んでも結果は変わらないのかもしれません。 自分にできることをすることで、あなたは今よりも充実した人生を過ごせるでしょう。 本当の勝ち組とは常に幸せな気持ちを持っている人かもしれません。 人生を不自由にしているのは、あなた自身の考えかもしれません。 行動力は奮起するものではなく、自然と湧くようにするものなのです。

次の

〈失っても失っても 生きていくしかないです〉読書感想:『鬼滅の刃 2』 (ジャンプコミックス)

失っ て も 失っ て も 生き て いく しか ない

鬼を倒しても、失った人は帰ってこない。 でも、今の無力さから脱しなければ、何も変えられない。 今、鬼滅の一人として、その運命を覆す。 犠牲の果てに、はれて鬼滅隊に入り、炭治郎の戦いが改めて幕を開ける。 そういえば、今巻の序盤までが、1巻からここまでの修行編だったのだけど、普通の作品なら中盤前後でやるであろう過酷展開で言葉を失う。 今でのジャンプ要素が詰まっていると言われながらジャンプっぽくない、と言われる所以はこんなところにも。 そして、鬼滅隊配属後、とたんに始まる鬼との戦い。 次々と繰り出される技やバトル展開はジャンプっぽいなあ、と思う反面、暗中模索感が醸し出す暗さは前巻と変わらず。 ボケやギャグはあるんだけど、今のところシュールすぎて・・・ スカッとする展開欲しいなあ。 反面、半分鬼の妹が一番の戦力という皮肉さ、 ありとあらゆるものを使わないと勝てない状態、 切なさを湛えながら戦うしかない心情、 こういうところが、毎回ヒリヒリする緊張感を生んでいる。 そこに、小さな少年が全てを抱えて戦うという哀しさ。 そこが魅力なのかもしれない。 後半では鬼となった医者、人間に戻せるカギを持つ鬼が登場。 炭治郎に微かな光明が見えてきた。 と思ったら、早くもラスボス感漂う相手が現れて、2巻にしてクライマックス?な雰囲気へ。

次の