空 の 青 さ を 知る 人 よ コード。 映画「空の青さを知る人よ」のPV公開!「あの花」の長井龍雪監督最新作で、涙が止まらなくなる!?

映画「空の青さを知る人よ」のPV公開!「あの花」の長井龍雪監督最新作で、涙が止まらなくなる!?

空 の 青 さ を 知る 人 よ コード

劇場版アニメ「空の青さを知る人よ」は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」や「心が叫びたがってるんだ。 ストーリー 山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。 将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。 そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。 二人は、13年前に事故で両親を失った。 当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。 それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。 あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。 姉の人生から自由を奪ってしまったと…。 そんなある日。 町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。 そのバックミュージシャンとして、ある男の名前が発表された。 金室慎之介。 あかねのかつての恋人であり、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人。 高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が、ついに帰ってくる…。 高校生時代の姿のままで、過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。 思わぬ再会から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。 一方で、13年ぶりに再会を果たす、あかねと慎之介。 せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。 作品情報 タイトル 空の青さを知る人よ ジャンル 恋愛、青春、ファンタジー 原作 アニメ 原作者 超平和バスターズ キャスト 吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音 松平健、大地葉、落合福嗣 種﨑敦美 ほか 監督 長井龍雪 脚本 岡田麿里 キャラクターデザイン 田中将賀 音響監督 明田川仁 音楽 横山克 アニメ制作 CloverWorks 放送期間 【公開】2019年10月11日(金) リンク• L版ブロマイド5枚セット 【ANIPLEX+限定セット】• アクリルボード 【店舗特典】• アフレコ台本表紙絵柄マグカップ 【完全生産限定盤 購入特典】• イラストカード 4枚セット(ポストカードサイズ) 【Amazon限定版セット】• トートバッグ 【Amazon限定版 購入特典】• B2サイズタペストリー 【完全生産限定盤 購入特典】• 名場面フェイスタオル 【完全生産限定盤 購入特典】• メタルカードケース 【完全生産限定盤 購入特典】• 相生姉妹絵柄A4サイズクリアファイル 【完全生産限定盤 購入特典】• 目玉焼きプレート 陶器製 【完全生産限定盤 購入特典】• マグカップ 【ソフマップ限定セット】• スマホケース 【完全生産限定盤 購入特典】• ミニキャンバスアート(イーゼル付) 【完全生産限定盤 購入特典】• NO ANIME NO LIFE絵柄 A4サイズクリアファイル 【HMV限定セット】• LPジャケット風ケース• 複製原画3枚セット 【完全生産限定盤 購入特典】• しんのと慎之介絵柄 A4サイズクリアファイル.

次の

あいみょんの『空の青さを知る人よ』安定感ある良曲【フルMV】

空 の 青 さ を 知る 人 よ コード

「空の青さを知る人よ」はあいみょんのメジャー9枚目のシングルで、 アニメ映画『空の青さを知る人よ』の主題歌に起用されています。 主題歌の難しいところは、ただ良い曲を作ればいいということではなく、 映画の世界観に合う曲を作らなければいけないという点です。 私は映画を見ていないので、その点の評価は出来ませんので、純粋に曲のみのレビューをしていきます。 movie. verをレビューしていましたが、フルサイズの音源が公式にアップロードされたので、こちらをレビューします。 movie. verでは間奏や落ちサビが省略されていましたが、フル音源ではありました。 フル音源の方がはるかに優れていますね。 比較するようなものではないかもしれませんが。 イントロのレビュー ピアノの綺麗なフレーズから曲が始まります。 シンセの音が邪魔していますね。 この音は入れないほうが良いです。 アレンジが淡白に感じるならば、もっとふさわしい音を入れるべきです。 切ない雰囲気が漂っていて、先の展開に期待を持たせてくれます。 しかし、ドラムのタム一発でその流れが唐突に途絶え、Aメロに進行してしまいます。 イントロとAメロの関係が「分離」していて、流れがやや不自然ですね。 A メロのレビュー Aメロの歌のメロディーはとても良いです。 雰囲気もいいですし、メロディーと声質も合っていて非常に美しいです。 最初のAメロなのでアレンジはもう少し落ち着かせても良かったかもしれません。 具体的に言うとエレキギターは最初の4小節、または1回目のAメロには入れず、少し抑えたアレンジにするということが考えられます。 キックとスネアの音が聴いていて心地よいです。 リズム隊は曲の土台ですから、ここが崩れてしまうと曲全体のバランスが崩れてしまいます。 この曲はとても良いです。 Bメロのレビュー 0:37 AメロからBメロへ進行させるときにはアレンジに変化を与えるのが基本です。 リズムやコード進行、楽器を加えたり抜いたりして、工夫を施すことがあります。 この曲では近親調へ転調させて雰囲気を上手に変えています。 近親調への転調ですので、 ガラッと雰囲気が変わるということではなく、自然に変化を与えているのです。 左からのエレキギターの音を抜いていますね。 ここもAメロとの違いを出しています。 ドラムにも変化を与えても良かったかもしれませんね。 ライドシンバルを入れたり、スネアのタイミングをずらしたりすることで変化を与えられます。 歌のメロディーはいいですね。 コーラスパートが切なさを引き出していて、とても綺麗です。 サビに入る直前で歪み系のエレキギターとストリングスが入り、盛り上げています。 キメフレーズを使ってBメロを締めくくっています。 上手なアレンジです。 気分を高揚させつつ、サビに展開していきます。 サビのレビュー サビのメロディーはキャッチーで美しいです。 コーラスパートも綺麗で、あいみょんの歌声を上手に彩っています。 ウインドチャイムが良い感じに使われ、鮮やかさが出ています。 ストリングスのフレーズも上手に使われ、相乗効果でサビのクオリティーが高められています。 ドラムの音がやや埋もれているでしょうか。 クラッシュシンバルをもう少し入れてもいいです。 使われてはいるのですが、音量が小さいのでやや盛り上がりに欠けます。 メロディーが美しいですし、全体のバランスも良いですので完成度が高いサビになっています。 2回目のA、B、サビのレビュー 1:32 2回目のAメロとは同じアレンジではなく、変化を与えることが多いです。 この曲ではアレンジに変化を与えておらず、やや単調さが生じています。 1回目のAメロに使用されたエレキギターを、2回目のAメロだけに使うというのが分かりやすいとは思います。 Bメロやサビでも変化が乏しいですね。 完成度が高いのであまり気になりませんが、今まで出てこなかった楽器を使ったりして変化を与えたほうが良いです。 Dメロのレビュー 1:35 Dメロはこれまでに出てこなかったメロディーを使いつつ、新しい世界を見せる必要があります。 この曲ではアレンジ面の工夫は少ないですが、歌のメロディーのリズムに工夫を与え変化させています。 短い音符を使いながらやや早口のフレーズを使っています。 良い変化の与え方です。 このメロディーは一度も使われていませんし、このリズムも一度も出てきていないので、新鮮味があります。 これが曲の単調さを薄めさせて、クオリティーを高めているのです。 間奏と落ちサビのレビュー 3:16 間奏はギターソロとピアノが融合したものになっています。 一部ユニゾンにしてフレーズを作っています。 なかなか派手に盛り上がっていて良いですね。 それほど強く印象に残るような間奏ではありませんが、それまでの曲の世界観を引き継ぎつつ、次の落ちサビへつないでいます。 落ちサビの直前のアレンジは微妙です。 エレキギターの音だけが残っていしまい、やや違和感を感じました。 直前まで盛り上げておいて、落ちサビに入った瞬間に静かな雰囲気にした方が良かったような気がします。 落ちサビではボーカルとピアノだけのアレンジになっています。 個人的な意見ではありますが、このギャップが大きいほどドラマティックな展開が生まれ、曲のクオリティーを高められると思います。 この曲はまずまず上手に作られています。 途中から色々な音が加えて最後のサビに備えます。 アコギが入ってきた瞬間がとても良いですね。 落ちサビで静かな雰囲気にした後に、最後のサビへどのように展開してくのかは編曲家の腕が問われるところです。 盛り上げ方が結構難しいのです。 この曲ではキメフレーズとブレイクを入れて最後のサビへ進行します。 まあまあですね。 少し物足りなさはあります。 サビの直前ではブレイクを入れずに、サビに入った瞬間にブレイクを入れるという手法もあります。 どちらがいいかは何とも言えませんが。 最後のサビのレビュー 3:54 ブレイクを入れた後に最後のサビに入ります。 前述のとおりサビのクオリティーは高いので、聴いていてとても心地よいです。 最後のサビは前のサビをそのまま繰り返すのではなく、アレンジに変化を与えるのが一般的なアレンジの手法です。 この曲では新しいフレーズを付けたし、曲を盛り上げることに成功しています。 非常に良い構成です。 サビで盛り上げた雰囲気を、もう一段階上げた形になっています。 アウトロのレビュー 4:32 アウトロの完成度は非常に高いです。 素晴らしい出来になっています。 あいみょんの歌声とエレキギターのソロフレーズが融合して、曲を派手に盛り上げ、感動的なクライマックスを作り上げることに成功しています。 ドラム、ベース、ストリングスやピアノ、最後には再びウインドチャイムを使われていますね。 全てのパートが見事に絡み合い、アウトロを彩り輝かせています。 総評 イントロからAメロへの流れを除けば、淀みなく音が流れ、リスナーを感動させてくれる曲に仕上がっています。 悪いところが少なく、完成度が高い曲ですね。 強いて苦言を呈するならば、やはりどこかで聴いたことがある感じはします。 個性的、独創的な音楽とはいえないでしょう。 しかし、そういう音楽ばかりが求められているわけでもないので、それも欠点とは言えません。 あいみょんの今後の活躍を期待しています。

次の

【空の青さを知る人よ/あいみょん】無料ギターコード譜|アコギパートちょいむずアレンジVer.

空 の 青 さ を 知る 人 よ コード

「空の青さを知る人よ」はあいみょんのメジャー9枚目のシングルで、 アニメ映画『空の青さを知る人よ』の主題歌に起用されています。 主題歌の難しいところは、ただ良い曲を作ればいいということではなく、 映画の世界観に合う曲を作らなければいけないという点です。 私は映画を見ていないので、その点の評価は出来ませんので、純粋に曲のみのレビューをしていきます。 movie. verをレビューしていましたが、フルサイズの音源が公式にアップロードされたので、こちらをレビューします。 movie. verでは間奏や落ちサビが省略されていましたが、フル音源ではありました。 フル音源の方がはるかに優れていますね。 比較するようなものではないかもしれませんが。 イントロのレビュー ピアノの綺麗なフレーズから曲が始まります。 シンセの音が邪魔していますね。 この音は入れないほうが良いです。 アレンジが淡白に感じるならば、もっとふさわしい音を入れるべきです。 切ない雰囲気が漂っていて、先の展開に期待を持たせてくれます。 しかし、ドラムのタム一発でその流れが唐突に途絶え、Aメロに進行してしまいます。 イントロとAメロの関係が「分離」していて、流れがやや不自然ですね。 A メロのレビュー Aメロの歌のメロディーはとても良いです。 雰囲気もいいですし、メロディーと声質も合っていて非常に美しいです。 最初のAメロなのでアレンジはもう少し落ち着かせても良かったかもしれません。 具体的に言うとエレキギターは最初の4小節、または1回目のAメロには入れず、少し抑えたアレンジにするということが考えられます。 キックとスネアの音が聴いていて心地よいです。 リズム隊は曲の土台ですから、ここが崩れてしまうと曲全体のバランスが崩れてしまいます。 この曲はとても良いです。 Bメロのレビュー 0:37 AメロからBメロへ進行させるときにはアレンジに変化を与えるのが基本です。 リズムやコード進行、楽器を加えたり抜いたりして、工夫を施すことがあります。 この曲では近親調へ転調させて雰囲気を上手に変えています。 近親調への転調ですので、 ガラッと雰囲気が変わるということではなく、自然に変化を与えているのです。 左からのエレキギターの音を抜いていますね。 ここもAメロとの違いを出しています。 ドラムにも変化を与えても良かったかもしれませんね。 ライドシンバルを入れたり、スネアのタイミングをずらしたりすることで変化を与えられます。 歌のメロディーはいいですね。 コーラスパートが切なさを引き出していて、とても綺麗です。 サビに入る直前で歪み系のエレキギターとストリングスが入り、盛り上げています。 キメフレーズを使ってBメロを締めくくっています。 上手なアレンジです。 気分を高揚させつつ、サビに展開していきます。 サビのレビュー サビのメロディーはキャッチーで美しいです。 コーラスパートも綺麗で、あいみょんの歌声を上手に彩っています。 ウインドチャイムが良い感じに使われ、鮮やかさが出ています。 ストリングスのフレーズも上手に使われ、相乗効果でサビのクオリティーが高められています。 ドラムの音がやや埋もれているでしょうか。 クラッシュシンバルをもう少し入れてもいいです。 使われてはいるのですが、音量が小さいのでやや盛り上がりに欠けます。 メロディーが美しいですし、全体のバランスも良いですので完成度が高いサビになっています。 2回目のA、B、サビのレビュー 1:32 2回目のAメロとは同じアレンジではなく、変化を与えることが多いです。 この曲ではアレンジに変化を与えておらず、やや単調さが生じています。 1回目のAメロに使用されたエレキギターを、2回目のAメロだけに使うというのが分かりやすいとは思います。 Bメロやサビでも変化が乏しいですね。 完成度が高いのであまり気になりませんが、今まで出てこなかった楽器を使ったりして変化を与えたほうが良いです。 Dメロのレビュー 1:35 Dメロはこれまでに出てこなかったメロディーを使いつつ、新しい世界を見せる必要があります。 この曲ではアレンジ面の工夫は少ないですが、歌のメロディーのリズムに工夫を与え変化させています。 短い音符を使いながらやや早口のフレーズを使っています。 良い変化の与え方です。 このメロディーは一度も使われていませんし、このリズムも一度も出てきていないので、新鮮味があります。 これが曲の単調さを薄めさせて、クオリティーを高めているのです。 間奏と落ちサビのレビュー 3:16 間奏はギターソロとピアノが融合したものになっています。 一部ユニゾンにしてフレーズを作っています。 なかなか派手に盛り上がっていて良いですね。 それほど強く印象に残るような間奏ではありませんが、それまでの曲の世界観を引き継ぎつつ、次の落ちサビへつないでいます。 落ちサビの直前のアレンジは微妙です。 エレキギターの音だけが残っていしまい、やや違和感を感じました。 直前まで盛り上げておいて、落ちサビに入った瞬間に静かな雰囲気にした方が良かったような気がします。 落ちサビではボーカルとピアノだけのアレンジになっています。 個人的な意見ではありますが、このギャップが大きいほどドラマティックな展開が生まれ、曲のクオリティーを高められると思います。 この曲はまずまず上手に作られています。 途中から色々な音が加えて最後のサビに備えます。 アコギが入ってきた瞬間がとても良いですね。 落ちサビで静かな雰囲気にした後に、最後のサビへどのように展開してくのかは編曲家の腕が問われるところです。 盛り上げ方が結構難しいのです。 この曲ではキメフレーズとブレイクを入れて最後のサビへ進行します。 まあまあですね。 少し物足りなさはあります。 サビの直前ではブレイクを入れずに、サビに入った瞬間にブレイクを入れるという手法もあります。 どちらがいいかは何とも言えませんが。 最後のサビのレビュー 3:54 ブレイクを入れた後に最後のサビに入ります。 前述のとおりサビのクオリティーは高いので、聴いていてとても心地よいです。 最後のサビは前のサビをそのまま繰り返すのではなく、アレンジに変化を与えるのが一般的なアレンジの手法です。 この曲では新しいフレーズを付けたし、曲を盛り上げることに成功しています。 非常に良い構成です。 サビで盛り上げた雰囲気を、もう一段階上げた形になっています。 アウトロのレビュー 4:32 アウトロの完成度は非常に高いです。 素晴らしい出来になっています。 あいみょんの歌声とエレキギターのソロフレーズが融合して、曲を派手に盛り上げ、感動的なクライマックスを作り上げることに成功しています。 ドラム、ベース、ストリングスやピアノ、最後には再びウインドチャイムを使われていますね。 全てのパートが見事に絡み合い、アウトロを彩り輝かせています。 総評 イントロからAメロへの流れを除けば、淀みなく音が流れ、リスナーを感動させてくれる曲に仕上がっています。 悪いところが少なく、完成度が高い曲ですね。 強いて苦言を呈するならば、やはりどこかで聴いたことがある感じはします。 個性的、独創的な音楽とはいえないでしょう。 しかし、そういう音楽ばかりが求められているわけでもないので、それも欠点とは言えません。 あいみょんの今後の活躍を期待しています。

次の