鬼滅の刃かっこいい画像炭治郎。 【鬼滅の刃】かっこいい技ランキングTOP10!

片寄涼太、『鬼滅の刃』竈門炭治郎コスプレに「似合ってます」「かっこいい」の声(2020年7月17日)|BIGLOBEニュース

鬼滅の刃かっこいい画像炭治郎

人気漫画『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎とは? 竈門炭治郎は、『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気漫画 『鬼滅の刃』の主人公です。 炭治郎は、亡き父の代わりに炭を売って家の生計を立てていましたが、ある日 家族を殺され、唯一残った妹の禰豆子も鬼に変えられてしまいました。 炭治郎は禰豆子を人間に戻すため、人知れず鬼を倒す 「鬼殺隊」に入り、鬼と戦う日々に飛び込んでいくことになりました。 鬼を倒すためには、「日輪刀」と呼ばれる、日光が蓄えられた鋼で造られた刀で 鬼の首を切り落とす必要があります。 また、呼吸法と呼ばれる独自の操身術で身体能力を向上させ、技を繰り出すことで鬼と渡り合っていくのですが、その中でも炭治郎は 「水の呼吸」と「ヒノカミ神楽」を使って鬼と戦っています。 関連記事をご紹介! 竈門炭治郎の使用技1:水の呼吸 【鬼滅】呼吸の基本は炎水風岩雷の五種類。 鬼殺隊の階級が五行ベースなので木火土金水かと思いきやそういうわけでもないようだ。 「水の呼吸」は、 容れ物によって形を自在に変える水の如く、相手の攻撃を利用したり、いなしたりと、あらゆる状況に対応できる呼吸法であり、炭治郎はこれを育手である鱗滝や錆兎の指導で2年かけて習得しました。 この技は、錆兎や真菰が倒すことのできなかった鬼の固い首を切ることができ、 二人を殺した鬼の仇を討つことができました。 必ずしも分かりやすい必殺技が面白さではないことを、和月伸宏がるろ剣を武装錬金で以って乗り越える事で証明したのに、依然世の評価が「和月はるろ剣の人」なのが解せぬ。 また、変形技として弐ノ型 改 横水車という技も存在します。 1巻の6話では、鬼に襲われている人を助けるために始めてこの技が繰り出されました。 その鬼は錆兎や真菰も殺しており、 体も非常に大きく、またたくさんの腕を操っていたため、この弐ノ型 水車が使われたと考えられます。 水が流れるような滑らかな足運びを行いながら繰り出す技であり、その動きから 回避と攻撃を同時に行うことができます。 斬撃をよどみなく繋げていくことで、複数の敵に同時に攻撃をすることができます。 最終選別で炭治郎を取り合って襲ってきた2体の鬼に技を繰り出し、「水の呼吸」を習得してから 初めて鬼の討伐に成功することができました。 この型は 切られた者ほとんど苦痛を与えない「水の呼吸」唯一の慈悲の剣撃と言われています。 相手が自ら首を差し出してきた場合のみに使用されます。 蜘蛛山編では、下弦の伍である累の恐怖による支配に苦しんでいた「母役」の鬼が、 「死ねば解放される」という思いから、炭治郎に自ら首を差出し、それを見た炭治郎が「干天の慈雨」で首を切り落としました。 陸ノ型 ねじれ渦 炭治郎最高にセクシーだよ………… — アルティメット誤字リストむとう 原稿 mtotttosan 陸ノ型 ねじれ渦は、1巻12話で初めて登場しました。 上半身と下半身をねじった状態でから繰り出す技で、勢いを伴って螺旋を描くように周囲を切り裂く斬撃となります。 水中でこそ大きな威力を発揮する技ですが、地上でも広範囲に渡って攻撃をすることができます。 「水の呼吸」の中でも最速の技と言われており、名前の通り切るのではなく 突くように技を繰り出します。 珠世の屋敷を襲われた際、鬼の操る高速の手毬に対応するためにこの最速の技が使われましたが、基本的に鬼は首を切り落とさなければ死なないため、 決定打にはならない技です。 捌ノ型 滝壷 新参ものを沼に引きずり込む図って正にこれじゃん 鬼滅の沼鬼 — 日凪セツナ ud0104418624 捌ノ型 滝壷は、滝から水が流れ落ちるように、 上から地面へと刀を振り下ろすことで繰り出せる技で、こちらも広い範囲に技を繰り出すことができ、なおかつ 「水の呼吸」の中でトップの威力を出すことができます。 こちらは、地面に潜んだ3体の沼鬼が一斉に攻撃を仕掛けた時に 3体同時にダメージを与えるために繰り出されました。 玖ノ型 水流飛沫 鬼滅の刃25話、今まで読んだ話数の中では一番グッときた。 この技では攻撃よりも、 攻撃の回避に使われる技です。 着地する時の 接地面を最小、最短にすることで通常の移動よりも素早く縦横無尽にかけ回ることができます。 鼓を打ち、部屋を回転させながら攻撃を仕掛けてくる鬼・響凱からの攻撃を避けるために繰り出されました。 拾ノ型 生生流転 横山大観展で生生流転の巻物見て、 鬼滅の刃で生生流転! — agawayasu a. sound. alchemist's. 刀を回転させながら連撃を打ち出すもので、 一撃目より二撃目の、二撃目より三撃目と、回転が増すごとに威力が上がっていく「水の呼吸」最強の技です。 蜘蛛山編で、下弦の伍・累の操る強靭な糸を切り、首を切り落とすために繰り出されました。 竈門炭治郎の使用技2:ヒノカミ神楽の呼吸 感想 ここの炭治郎ヒノカミ神楽を使っている!! ただでさえ怪我と疲労でギリギリな状態なのに……。 — ぐんぐにる ぼく勉はまだまだ終わらねぇ! Gungnir3228 ヒノカミ神楽の呼吸とは? 竈門家に代々受け継がれてきた『ヒノカミ神楽の舞』という踊りを元に作り出された呼吸法です。 水の呼吸とは違い、口から炎があふれたり、 燃えるようなエフェクトで技を繰り出します。 また、踊りを行う時に使用する「八支刀」を使った動きをそのまま技として転用することができることも明らかになっています。 ただし、 一撃の威力は水の呼吸よりも格段に高くなる半面、 体への負担が大きく、連続で技を繰り出していくと、疲労の蓄積で筋肉が強ばるため、連発するのが難しい呼吸法でもあります。 一方で、炭治郎は 体温を上げていくことで体の調子がよくなり、連続で技を出せるようになる点や、 全ての呼吸の原点である「日の呼吸」との関連性など、 不可解な点がいまだ多く残されています。 円舞 【 】 炭治郎が父親から受け継いだ舞『ヒノカミ神楽』と ついにねずこの血鬼術『爆血』が炸裂!! 呼び起こされる炭治郎の中の父の記憶と、糸に絡まった状態で眠っていたねずこに呼び掛ける母親 両親と共に勝利を掴んだって感じでかっこいい! カラーの炎もすごく綺麗だった! — カンタリス@愛犬ベルちゃん cantharis00 ヒノカミ神楽 円舞は、5巻40話で初登場した技であり、 炭治郎が初めて繰り出したヒノカミ神楽の技でもあります。 炭治郎は累との戦いで、「水の呼吸」最強の技である生生流転を出しましたが、それでも累を破ることができず、命の危機に瀕します。 その際炭治郎は竈門家に代々伝わる 「ヒノカミ神楽の舞」を思い出し、生生流転の龍を炎に変化させて「円舞」を繰り出しました。 「円舞」は真円に近い弧を描く太刀筋が特徴の技で、 生生流転でも切れなかった累の強靭な糸を切ることができました。 しかし、初めて繰り出した「ヒノカミ神楽の呼吸」は体への反動が強く、 視界が狭まり目がよく見えなくなったり、体に激痛が走るなど、威力の代償としてまともに動くことができなくなってしまいました。 円舞同様真円に近いエフェクトですが、 円舞よりもより強い炎で縦に鋭く切り裂くことができます。 ちなみに「碧羅の天」には「晴れ渡った青空」という意味があります。 この技は列車編で列車と結合し、夢を操る下弦の壱の鬼・魘夢の 巨大な首の骨を切り落とすために繰り出されました。 烈日紅鏡 ヒノカミ神楽 烈日紅鏡は、9巻77話で初登場した技です。 鬼が出現した匂いに気づき、堕姫と遭遇した炭治郎は、自分の体が「水の呼吸」に合っていないために、より威力の出せる ヒノカミ神楽を連発する覚悟を決めました。 烈日紅鏡はその連発された技の一つとして登場します。 「烈日」には、はげしく照りつける太陽やその日差し、「紅鏡」には太陽の意味があります。 炎舞 『負けるな 燃やせ 燃やせ 燃やせ!!心を燃やせ!!!』 — 素直な炭治郎BOT ganbaretanzirou ヒノカミ神楽 炎舞も同じく9巻77話で初登場した技で、堕姫と闘うためにヒノカミ神楽を連発した時に登場しました。 この技は円舞や碧羅の天と同じような 攻撃技です。 しかし、円舞や碧羅の天とは違い、斬撃の太刀筋は綺麗な丸い円ではなく 通常の斬撃に燃えるようなエフェクトが付いています。 また、炎舞は 二連撃となっており、一撃目を躱されても尚攻撃を繰り出すことができます。 幻日虹 ヒノカミ神楽 幻日虹 — 鬼滅の刃名言&技紹介bot Kimetubot ヒノカミ神楽 幻日虹も同じく9巻77話で初登場した技で、堕姫と闘うためにヒノカミ神楽を連発した時に登場しました。 幻日虹は、炎舞の1撃目がかわされ、堕姫から攻撃を受けた時に発動しました。 高速のひねりと回転による攻撃回避に特化した技で、視覚の優れた者ほどよりくっきりとその残像を捉えてしまいます。 灼骨炎陽 3. 堕姫が 血鬼術「八重帯斬り」で幾重にも重なった帯で攻撃を仕掛けてきた時に発動しました。 前方広範囲に激しい動きで、 渦を巻くような燃え上がる斬撃を繰り出す技で、鬼がこの攻撃を受けると、 切られた部分に灼けるような痛みが出て、体をうまく再生することができません。 竈門炭治郎の使用技:番外編 炭治郎の頭突きは本当に痛そうで、本人も武器としての自覚をわりとしていて攻撃手段として頻発しているのがとても好き。 一番効果音がえぐいのは対伊之助。 私は善逸に大変賛同する。 この頭突きは8巻で元柱である煉獄槇寿郎にも繰り出されていますが、その際に 体を高速で回転させながら頭突きをする「ねじ式頭突き」が使われ、元柱をも昏倒させてしまいました。 この技名は8巻のおまけで発覚し、 命中率は下がるものの威力が上がると解説されています。 今後炭治郎の目覚ましい成長に期待! 今回はコミックス11巻までを準拠として炭治郎の使う技をまとめましたが、これ以降も炭治郎は 次々と新しい技を生み出し、進化し続けています。 今後炭治郎や技がどのように成長していくのか、 これからも目が離せません! 関連記事をご紹介!.

次の

理想の長男! 『鬼滅の刃』頼れる主人公・竈門炭治郎イラスト特集(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

鬼滅の刃かっこいい画像炭治郎

鬼滅の刃ってなにげ名言が多いよね。 どんなシーンで名言があったか整理されてるブログないかな。 もう一度あの感動とか面白さを味わいたい。 という人のために竈門炭治郎語録ベスト9を書いてみました。 これはいいセリフ回しだっていう部分をセレクトしてるので、こういう名言あったなって楽しんでもらえます。 また、そのセリフがあるのがコミックス何巻の何ページか書いているので、すぐにもう一度マンガで名言のシーンを読むことができますよ。 僕はコミックス14巻まですべて読んでいるので、ちゃんと炭治郎のこのセリフがいいなっていうところをピックアップすることができていると思います。 そして一読者として自分なりの言葉で炭治郎のセリフについての感想とか、どういうシーンだったのかをまとめています。 それでは竈門炭治郎語録ベスト9お楽しみください!• 竈門炭治郎語録 名言名シーンのセリフベスト9 「失っても失っても生きていくしかないんです。 どんなに打ちのめされようと。 」 2巻113ページ第13話「お前が」の一コマ。 この鬼によって被害者和巳さんは婚約者を亡くしてしまいました。 落胆していた和巳さんに炭治郎が、 「失っても失っても生きていくしかないんです。 どんなに打ちのめされようと。 」 と声をかけます。 炭治郎は鬼によってねずこ以外の家族を失っています。 ものすごく打ちのめされたはずです。 それでも鬼殺隊の厳しい修行を乗り越え鬼殺隊となり鬼を打ち倒すまでに成長しました。 炭治郎は自分に生きていくしかないと言い聞かせて厳しい修行を乗り越えたのではないでしょうか。 もちろん鬼への怒りもあるでしょう。 それでもあんなに仲の良かった家族のほとんどを失ってしまったら、もしかしたら炭治郎は生きる気力を失っていたかもしれません。 ねずこが鬼化したとはいえ生き残ったこと、水柱の冨岡義勇(とみおか ぎゆう)にすぐに会ったことは不幸中の幸いといえそうです。 婚約者を失った和巳さんは落ち込んで生きる気力がなくなりそうでした。 そんな和巳さんに炭治郎は自分の経験からちょっとでも励まそうとしたのでしょう。 和巳さんは炭治郎の表情から炭治郎も親しい人を失っていることに気付きます。 和巳さんは鬼殺隊として自分を守ってくれた炭治郎が同じような経験をしたのだと知り、少しは生きていかなければいけないと思い直したのではないでしょうか。 次は長男シリーズ(笑) 「俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった」 3巻163ページ第24話「元十二鬼月」でのセリフです。 矢印で相手の動きをあやつる鬼と毬を強烈な強さで投げてくる鬼との戦いで負傷していた炭治郎。 珠世さんに手当してもらっていたが痛みが引かないまま次の戦いに突入しています。 痛いのを我慢しつつ鼓をあやつる鬼と戦っている炭治郎のセリフが、 「俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった」 です。 意味不明といえそうなセリフなんですが、でも炭治郎の言いたいことは分かります。 面白いセリフです。 たしかに世間一般的に長男は我慢強いなんて言われることがありますよね。 まあいろんな長男がいるだろうから長男だから我慢強いってわけではないと思うんですが。 炭治郎は長男っていうイメージにピッタリの長男です。 頼れる兄でやさしく我慢づよく…といった理想の長男像そのままのキャラクター。 理想的な長男である炭治郎だからこそのセリフですね。 炭治郎は長男はこうあるべきっていう意識が強い性格なんでしょう。 炭治郎一家の次男はきっと我慢強くなかったんでしょうね。 「俺は長男だ・・・長男だ!!」 3巻180ページ第25話「己を鼓舞せよ」でのセリフです。 炭治郎が鼓を打つ鬼響凱を倒した後、着地した時に体が痛むんですが、 「俺は長男だ・・・長男だ!!」 と自分に言い聞かせて痛みを耐えるんです。 なんで「俺は長男だ・・・長男だ!!」と言い聞かせたら痛みを耐えることができるのか。 それは長男というものは我慢強いものとされているから。 きっと炭治郎は親に「長男なんだから我慢しなさい。 」と言われて育ってきたのでしょう。 「俺は長男だ・・・長男だ!!」って作者の吾峠呼世晴 読み方は、ごとうげ こよはる がギャグのつもりで描いたのかが分からないとこが、なんとも微妙な線になっていて不思議です。 その理由は吾峠呼世晴先生が天然ボケらしいからなんでしょう 笑 「俺は長男だ・・・長男だ!!」をギャグのつもりで描いたのか、それとも真面目なシーンのつもりで描いたのか作者の吾峠呼世晴先生のみぞ知るってことですね。 鬼との戦いのなか痛みを耐えるというシリアスな場面で画風もデフォルメされておらず、いたって真面目な絵のままで「俺は長男だ・・・長男だ!!」ですから、作者の吾峠呼世晴は真面目なシーンのつもりなのかも。 ただ鬼滅の刃物語が進むほど明らかに狙ったギャグシーンが多くなるので、「俺は長男だ・・・長男だ!!は読者に笑ってほしくて描いたのかもしれません。 う〜ん、この絶妙さが鬼滅の刃はセリフ回しがいいって言われる理由ではないでしょうか。 「俺は今までよくやってきた!!俺はできる奴だ!!」 3巻166ページ第24話「元十二鬼月」でのセリフです。 鼓を打つ鬼響凱との戦いのなか怪我をしている炭治郎はなんとかして怪我を補う動きをすることを考えようとします。 怪我で骨が折れていて、さらに心も折れていると自分を分析した炭治郎はまず自分の心を励ますために、• 「頑張れ炭治郎頑張れ!!」• 「俺は今までよくよくやってきた!!俺はできる奴だ!!」• 「そして今日も!!これからも!!折れていても!!」• 「俺が挫けることは絶対に無い!!」 と口に出して言うんですね。 なんとしても自分を鼓舞して励まして自分の心を支えます。 「俺は今までよくよくやってきた!!俺はできる奴だ!!」 がとくにいいセリフだなって思います。 このセリフ鬼滅の刃の公式の「鬼滅の刃セリフ人気投票」で1位になってましたね。 学生でスポーツ系の部活動してる人は、炭治郎の「俺は今までよくよくやってきた!!俺はできる奴だ!!」を真似してそうです。 炭治郎の素直な性格がよく出ているセリフです。 印象に残りますね。 「鬼は人間だったんだから。 俺と同じ人間だったんだから。 」 5巻185ページ第43話「地獄へ」での炭治郎のセリフです。 鬼に対しても同情する炭治郎の優しさが出ているセリフですね。 蜘蛛の鬼の家族のなかで1番強い累がやられて滅びゆくなか、水柱の冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)が累の着物を踏みつけます。 冨岡は人を喰った鬼に情けをかけるなと炭治郎に言うんですが、炭治郎は「鬼は人間だったんだから。 俺と同じ人間だったんだから。 」と鬼に情けをかけることを止めることはありませんでした。 そして鬼の累の着物を踏みつけにしている冨岡の足をどけてくださいと頼むんですね。 冨岡は炭治郎よりも位の高い柱。 かっこいいです。 柱であっても足をどけてくださいと言うことができることから、炭治郎の優しさは強い優しさなんだなと分かるエピソードです。 「鬼は人間だったんだから。 俺と同じ人間だったんだから。 」 と炭治郎が言った後さらに、 「 鬼は 醜い化け物なんかじゃない。 鬼は虚しい生き物だ。 悲しい生き物だ。 」と続けます。 炭治郎は家族であるねずこが鬼になっているので、鬼へ同情する心が強いのかもしれません。 鬼滅の刃の泣けるシーンって鬼の悲しさが表現されてる場合が多いです。 「表が出たら、カナヲは心のままに生きる」 7巻23ページ第53話「君は」でのセリフです。 自分で物事を決めないカナヲに対して、炭治郎がカナヲはもっと自分の心の声を聞いたほうがいいよとアドバイスみたいなことをします。 このときカナヲは炭治郎に恋をしたっぽいですね。 だいたいどういったシーンだったか紹介しておきます。 炭治郎が柱のしのぶの屋敷で療養して修行を行った後屋敷を去ることになります。 屋敷を去る炭治郎は屋敷のみんなにあいさつをしてまわります。 カナヲにもあいさつにきた炭治郎ですが、炭治郎が話しかけてもカナヲはニコニコして話そうとしません このニコニコとするカナヲがかわいいです 突然コインを投げるカナヲ。 コインの表が出るから裏が出るかで炭治郎に話しかけるかどうか決めていました。 そんなカナヲの様子を見ていた炭治郎は、なんで自分で決めないの?とカナヲに問いかけます。 カナヲはいろいろとどうでもいいから自分で決めないでコインが表か裏でどうするか決めていました。 過去に精神的につらいことがあって、こうなってしまったんでしょうね。 炭治郎は「この世にどうでもいいことなんてないと思うよ。 」と伝えます。 それで炭治郎はカナヲに「ちゃんと自分で決めないといけない。 」って言うのではなく炭治郎もコインを投げるんです。 そしてコインの表が出たらカナヲはこれから自分の声をよく聞くことと決めます。 パシッと手の甲に受け取ったコインは表でした。 炭治郎はカナヲに「頑張れ!!人は心が原動力だから」「心はどこまでも強くなれる!!」と告げます。 いや〜すごい爽やかです。 炭治郎。 かっこいいですよね! 直接こうしたほうがいいというんじゃなくて、カナヲがコインを投げるという方法を使って、炭治郎の心の声を聞いてほしいなという願いを届けます。 こういうふうに自分のやりかたに合わせてアドバイスされると、すっとアドバイスを受け入れやすくなるんだと思います。 この出来事があってからカナヲはコイン投げをせずに、自分の心の声を聞いて自分がどうするか決めて行動するようになっていきます。 カナヲのこういう変化すごくいいなって思います。 カナヲが今後どういうふうに変わっていくのか、炭治郎との関係がどうなるのか楽しみです。 「悔しいなぁ。 なにか1つできるようになっても、またすぐ目の前に分厚い壁があるんだ。 」 8巻101ページ第66話「黎明に散る」での炭治郎のセリフです。 炎柱煉獄と猗窩座(あかざ)の激しい戦いがあり煉獄が敗北してしまいます。 炭治郎は煉獄とはちょっとの間しか一緒にいなかったのですが、すごい尊敬して慕う気持ちがあったみたいです。 煉獄が猗窩座(あかざ)にやられたことが悔しくて仕方がなかったのでしょう。 炭治郎は自分がもっと強ければ煉獄がやられてしまうことはなかったのにと思ったのではないでしょうか。 鬼殺隊の剣士として成長してきた炭治郎でしたが、まだまだ力不足だったことを思い知らされたのだと思います。 それで、 「悔しいなぁ。 なにか1つできるようになっても、またすぐ目の前に分厚い壁があるんだ。 」 という言葉が出てきたのでしょう。 そして炭治郎は「煉獄さんみたいになれるのかなぁ…」と落ち込みます。 炭治郎は柱たちのなかでも煉獄をかなり尊敬していたのではないでしょうか。 煉獄の元で修行したかったのかなって思います。 煉獄は鬼滅の刃の登場キャラクターのなかでもかなりかっこいいですね。 顔だけでなく心もかっこよかったです。 「今俺が自分の弱さにどれだけ打ちのめされてると思ってんだ」「この糞爺!!」 8巻143ページ第68話「使い手」での炭治郎のセリフです。 炭治郎が煉獄の父と弟がいる家を訪ねます。 すると煉獄の父親が出てきて炭治郎に突然つっかかります。 炭治郎の耳飾りをみた煉獄の父は炭治郎が日の呼吸の使い手だと言い「調子に乗るなるなよ小僧!!」と言います。 煉獄の父によると日の呼吸は最強だそうで、その使い手である炭治郎に調子の乗るなと言ったわけです。 しかし炭治郎は自分の力の足りなさで煉獄がやられてしまったと思っています。 だから、 「今俺が自分の弱さにどれだけ打ちのめされてると思ってんだ」「この糞爺!!」 と言い返すんです。 やっぱり炭治郎は煉獄がやられてしまったことが、相当悔しかったんだなっていうことがこのセリフで分かりますね。 「足掻くしかない。 今の自分ができる精一杯で前に進む。 どんなに苦しくても、悔しくても。 」 8巻156ページ第69話「前へ進もう少しずつでも構わないから」での炭治郎の セリフです。 煉獄の弟と話しているなかで、煉獄を助けるために猗窩座(あかざ)との戦いのときに一気に強くなれる方法があればいいのにと思った炭治郎ですが、そんな方法はないと考えます。 ドラゴンボールでいうと界王拳なんてないよってことですね。 そして炭治郎は言います。 「近道なんてなかった。 」 「足掻くしかない。 今の自分ができる精一杯で前に進む。 どんなに苦しくても、悔しくても。 」 と。 この炭治郎の言葉って普遍的なものですよね。 読者も自分のことに置き換えて炭治郎の言葉を受け止めたのではないでしょうか。 なにか成し遂げたいことがあったとして、一生懸命近道を探してばかりで地道な努力をしてなかったとしたら、成し遂げることって難しいのだと思います。 有名なスポーツ選手とか役者などの人たちは、それこそものすごい努力してきたはずです。 鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)さんの経験からの言葉なんじゃないかな~なんて思います。 吾峠呼世晴について女性漫画家っぽいなってことをこちらの記事で書いています。 「どうしてそう思うんだ?」「先のことなんて誰にもわからないのに」 14巻30ページ第117話「刀鍛冶」での炭治郎?のセリフです。 霞柱の時透無一郎が玉壺 ぎょっこ の血気術 水獄鉢で不思議な液体のなかに閉じ込められ窮地に陥っていたとき、時透の前に炭治郎の姿が現れます。 この炭治郎は時透が見ている幻ですね。 炭治郎の姿をしていますが、おそらく他の誰かの言葉なんでしょう。 窮地に陥ってもう終わりだと覚悟している時透に「どうしてそう思うんだ?」「先のことなんて誰にもわからないのに」と告げます。 炭治郎らしき人物はさらに自分の終わりを自分で決め手はだめだとも言います。 これらの炭治郎らしき人物の言葉重いですよね。 鬼滅の刃を読んでいる読者のなかで、したいことがあったとしても自分なんてこんなものでしょと諦めている人がいたら、この炭治郎らしき人物の言葉は自分に言われているように思えるんじゃないでしょうか。 自分の終わりっていうのは、なにも亡くなるっていうわけではなくて、したいことがあったとしてもあきらめてしまうっていう意味としてとってもいいんじゃないかと思います。 まとめ ということで竈門炭治郎語録ベスト9でした。 まとめると、• 「失っても失っても生きていくしかないんです。 どんなに打ちのめされようと。 「俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった」• 「俺は長男だ・・・長男だ!!」• 「俺は今までよくやってきた!!俺はできる奴だ!!」• 「鬼は人間だったんだから。 俺と同じ人間だったんだから。 「表が出たら、カナヲは心のままに生きる」• 「悔しいなぁ。 なにか1つできるようになっても、またすぐ目の前に分厚い壁があるんだ。 「今俺が自分の弱さにどれだけ打ちのめされてると思ってんだ」「この糞爺!!」• 「足掻くしかない。 今の自分ができる精一杯で前に進む。 どんなに苦しくても、悔しくても。 「どうしてそう思うんだ?」「先のことなんて誰にもわからないのに」 でした。 最後のセリフは炭治郎本人ではなさそうですが、いい言葉だったので入れました。 バトル漫画なんだけれど読んでいると炭治郎のセリフに励まされることがあります。 あと鬼にも悲しい過去があったりして、鬼滅の刃は奥の深いマンガだなって思います。 今後のストーリーで炭治郎のこれは名言だな~っていうセリフがあれば追加していきます。 もし炭治郎のこういうセリフも良かったよっていうのがあれば、コメントで教えていただけるとうれしいです! 素直で真面目な炭治郎のセリフに感動する人は多いと思います。 感動だけでなく炭治郎は天然でもあるので面白いセリフなどもあるんですよね。 こちらの記事で炭治郎含めた鬼滅の刃の面白いシーンをまとめた記事を書いています。 鬼滅の刃の漫画を無料で獲得できるポイントを使ってお得に安く読む方法.

次の

【鬼滅の刃】竈門炭治郎の使用技まとめ!日進月歩で強くなる今後に【ネタバレ】【鬼滅の刃】

鬼滅の刃かっこいい画像炭治郎

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎とはどんなキャラクターか? (C)吾峠呼世晴 まずは、煉獄さんがどんな人なのか、ということをざっくりとお話します。 煉獄さんは鬼殺隊における最強の剣士・「柱」の1人。 単行本ではから登場します。 代々「炎柱」を排出する煉獄家の長男。 炎の呼吸を極めた使い手。 父の熱心な指導を受けて育ってきましたが、途中で父が育手としての責務を放棄したため、最終的には自己鍛錬によって柱まで上り詰めます。 彼と戦った上弦の鬼からも 「至高の領域に近い」とまで言わしめます。 豪快で明朗快活な性格で、どこまでもまっすぐ。 人間を愛し、民を守るために鬼を狩る、鬼殺隊士の鑑です。 鬼殺隊見聞録によるプロフィールはこちら。 【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎のかっこよさ・登場シーン・名言まとめ 煉獄さんは~に登場して活躍します。 この3巻にかっこよさが詰まっていて、炭治郎たちに大きな影響を与えます。 彼の生き様や強さについて、詳しく解説していきますね。 柱合会議:禰豆子のことを認めない での初登場。 鬼である禰豆子とともに行動していたことがバレ、拘束される炭治郎。 目を覚ますと、柱達に囲まれ一方的に裁判が行われます。 (C)吾峠呼世晴 煉獄は人の命を奪う鬼を許さない。 「裁判の必要などないだろう! 鬼を庇うなど明らかな隊律違反!」 と即座に禰豆子のことを殺そうとします。 それは、 炭治郎や鱗滝が「禰豆子は人を食べない」と伝えてもゆらぎません。 その言葉を聞いてなお、煉獄は言います。 (C)吾峠呼世晴 「人を喰い殺せば取り返しがつかない!!殺された人は戻らない!!」。 そう、彼の「人がいい」というのは、 簡単に信念を曲げるということではありません。 「鬼から人を守る」。 その確かな軸を、信念を貫き通すことにあります。 しかし、不死川によって禰豆子が人を食べないことが証明されると一転。 「俺と禰豆子は鬼舞辻無惨を倒します!! 俺と禰豆子が必ず!悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!」 という炭治郎の言葉には 「良い心がけだ」と、先程までの遺恨を引きずらずに評価します。 煉獄さんは、 「人を助ける」ということを第一に考えている人間で、そこが一切ブレません。 だからこそ、あっさりとは禰豆子のことは認めない。 物証を見るまでは炭治郎にほだされることなく、どこまでもまっすぐに正論をズバズバと言うことが出来ます。 では、彼の 「人を守る」という価値観は一体どこで生まれたのか? それは 煉獄さんの母親からの影響が大きなものとなっています。 母・煉獄瑠火の言葉を胸に進んできた 彼の生き方を決定づけたのは、母・煉獄瑠火の言葉でした。 母は身体が弱かった。 しかし、その心は強く、そして優しかった。 自らの死期を悟った彼女は、最期に杏寿郎へ言葉を残します。 (C)吾峠呼世晴 「なぜ自分が人よりも強く生まれたのか わかりますか」 「わかりません!」 「弱き人を助けるためです 弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。 責任を持って果たさなければならない使命なのです。 決して忘れることなきように」 (C)吾峠呼世晴 母の残した最期の言葉を胸に、彼は刀を振るい続けます。 どんな窮地に立とうとも、その言葉を支えに鬼と戦い続け、救える命には手をのばす。 後で紹介する、上弦の鬼との戦いでその信念を胸に戦う場面が描かれます。 煉獄の強さと経験の深さが分かる、魘夢戦 にて再登場。 炭治郎はヒノカミ神楽について何か知らないかを煉獄へ聞くため、彼の乗り込んだ 「無限列車」へ向かいました。 (C)吾峠呼世晴 「うまい!」と連呼しながら駅弁を11個たいらげる煉獄さんの姿がそこにはあった。 ヒノカミ神楽については「知らん!」と一言叫びますが、それだけでは終わりませんでした。 (C)吾峠呼世晴 炎の呼吸の歴史を語り、炭治郎を継子(弟子)へ迎え入れようとするなど、面倒見の良さを見せます。 しかし。 すぐに鬼の手によって襲撃が始まる。 眠らせ、幸せな夢に人を閉じ込める、下弦の壱。 (C)吾峠呼世晴 炭治郎や善逸、伊之助、そして煉獄は眠りに落ちてしまいます。 しかし、禰豆子によって全員が夢から覚めて共闘。 乗客200人を守りながら、車両と一体化した魘夢を倒すべく煉獄は各人に指示を出します。 (C)吾峠呼世晴 単純な強さだけでなく、特殊な行動をする鬼への対処法が即座に出てくるのも彼の強さの1つ。 最終的に炭治郎と伊之助が魘夢の頸を落とすまで、 煉獄は全ての乗客の命を守りきったのです。 そして、戦いの末傷ついた炭治郎へ傷の治し方を教えます。 全集中の呼吸による止血。 傷を止める方法と、呼吸の応用の可能性。 それを実戦の中で炭治郎へと示すのでした。 (C)吾峠呼世晴 後進の育成にも余念がなく、理想の兄貴分なかっこよさ。 応戦する煉獄に、彼は言う。 「お前も鬼にならないか?」 煉獄の闘気を見て、至高の領域に近いと評する猗窩座。 彼は言う。 お前が至高に至れないのは、人間だから。 老いる、死ぬ。 そんな限界をもっている生き物だからだ。 しかし煉獄は迷わない。 (C)吾峠呼世晴 「ならない。 老いることも死ぬことも、人間という儚い生き物の美しさだ」 「老いるからこそ、死ぬからこそ 堪らなく愛おしく、尊いのだ」 「強さというものは、肉体に対してのみ使う言葉ではない」 だから、炭治郎は弱くない。 彼を馬鹿にするなと、淀みなく猗窩座に言い放つ。 「何度でも言おう 君と俺とでは価値基準が違う 俺は如何なる理由があろうとも 鬼にはならない」 強さが目的の猗窩座と、 強さは人を守るための手段でしかない煉獄。 絶対に鬼になるという言葉には、屈するはずもない。 一切の動揺も迷いも見せず、人間の美しさと己の信念を語る様が最高にかっこいい。 (C)吾峠呼世晴 傷ついた炭治郎と、後ろにいる列車の乗客たちを守りながら戦う煉獄。 全力を出しきれない。 傷つき、追い詰められていく。 そんな中で猗窩座はささやき続ける。 鬼になれば、すぐにこんな傷は治ると。 (C)吾峠呼世晴 「俺は俺の責務を全うする!! ここにいる者は誰も死なせない!!」 傷ついてもなお、彼は戦えない人を守るために戦う。 その闘気は追い詰められてなお、最高に高められていた。 (C)吾峠呼世晴 ぶつかり合い、胸をえぐられてしまう。 「死んでしまうぞ杏寿郎! 鬼なれ!鬼になると言え!! お前は選ばれし強き者なのだ!!」 煉獄を鬼の道へと誘おうとする猗窩座の言葉。 しかし、それを聞いて煉獄の脳裏に蘇ったのは、母の言葉でした。 (C)吾峠呼世晴 「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。 責任を持って果たさなければならない使命なのです。 俺の方こそ、貴女のような人に生んでもらえて、光栄だった!) 最期の一撃は、猗窩座の動きを止めるに十分だった。 身動きが取れない猗窩座は、もうすぐ太陽が出ることに焦る。 (C)吾峠呼世晴 煉獄の決死の想いで猗窩座の頸を切り落とそうとするが、猗窩座は腕を犠牲に抜け出す。 しかし、炭治郎は叫ぶ。 (C)吾峠呼世晴 「煉獄さんのほうがずっと凄いんだ!強いんだ!! 煉獄さんは負けてない!! 誰も死なせなかった!! 戦い抜いた!! 守り抜いた!! お前の負けだ! 煉獄さんの勝ちだ!!!」 悔しさに泣き叫ぶ炭治郎。 まだ一度共に戦っただけ。 でも、炭治郎にとって煉獄は、もうかけがえのない師になっていた。 当然だ。 魘夢との戦いでは、卓越した戦いの技術を。 そして、猗窩座との戦いでは 人間として高潔に戦い続けた。 こんなにも尊敬できる人間はいない。 だからこそ、誇りもなく、太陽が出たら卑怯にも逃げ出す猗窩座が、許せなかった。 そんな彼に、煉獄は穏やかな顔で言う。 (C)吾峠呼世晴 「もうそんなに叫ぶんじゃない 腹の傷が開く。 君も軽傷じゃないんだ。 竈門少年が死んでしまったら俺の負けになってしまうぞ」 「こっちにおいで 最後に少し話をしよう」と。 煉獄が炭治郎に遺した最期の言葉…… 煉獄は炭治郎に、ヒノカミ神楽のヒントを託す。 夢で見たときに思い出した、歴代の炎柱が残した手記。 それが煉獄の生家にあると。 (C)吾峠呼世晴 「竈門少年 俺は君の妹を信じる 鬼殺隊の一員として認める」 彼は、無限列車で禰豆子が血を流しながら人間を守っているところを見た。 「命をかけて鬼と戦い、人を守る者は誰がなんと言おうと鬼殺隊の一員だ」 最初は問答の余地なく禰豆子の斬首を望んだ彼は、ちゃんと禰豆子の行いを認めたのです。 そして。 (C)吾峠呼世晴 「胸を張って生きろ」 「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ 歯を喰いしばって前を向け 君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない 共に寄り添って悲しんではくれない」 彼は、炭治郎たちを自分の跡を継ぐ有望な戦士と認めて、生き方を説く。 「竈門少年 猪頭少年 黄色い少年 もっともっと成長しろ そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ」 「俺は信じる 君たちを信じる」 その言葉は、炭治郎たちが自分の死で歩みを止めず、立派な戦士に、人間になれるようにという想いが込められていた。 3人に自分の伝えるべきことを全て言い切ると、彼は母の姿を幻視する。 俺は、ちゃんとやれただろうか。 煉獄さんは最期まで一切折れることなく、自分の信念を貫き通しました。 死の淵に立ちながらも乗客たちを、炭治郎たちを守るために戦い続けた。 その在り方は人間としてこの上なく尊敬できるし、かっこいい。 (C)吾峠呼世晴 はもう本当に全てがかっこいいので、煉獄さんの誇り高さを見たければぜひ読んでみてください。 彼の死後、家族に遺言を伝えるために炭治郎は煉獄家へと向かいます。 そんなとき、妻に先立たれてしまう。 そのショックから酒に溺れ、育手としての責務も放棄した。 そんな中でも、杏寿郎は炎の呼吸の指南書を読んで、1人で柱まで上り詰めたという過去がありました。 弟の千寿郎に、炭治郎は言う。 「俺は杏寿郎さんのような強い柱に、必ずなります」 その言葉を聞いて、千寿郎は覚悟を決める。 彼には才能がなく、兄の後を継げない。 それに責任を感じ続けていた。 だから。 (C)吾峠呼世晴 「剣士になるのは諦めます」 「炎柱の継承は絶たれ、長い歴史に傷がつきますが 兄はきっと許してくれる」 兄ならば、きっと別の形で人の役に立てば笑って許してくれるはずだと、千寿郎は信じて新たな道を進みます。 父・槇寿郎は杏寿郎からの遺言を聞こうとしなかった。 自らのしてきたことを責める言葉を、彼は避けようとした。 しかし。 (C)吾峠呼世晴 「体を大切にしてほしい」 杏寿郎からの遺言は、それだけだった。 それを聞いて、槇寿郎は息子の顔を浮かべながら、ただ涙を流すのだった……。 自分に辛くあたってきた父を慮る遺言から人の良さや器の大きさが溢れ出ているし、 弟からも、自分が剣の道を捨てることを許してくれるはずと、信頼されています。 煉獄さんの活躍を見るなら 煉獄さんのかっこいいところをみたいなら、ぜひ原作やアニメもどうぞ。 ebookjapanで原作を一気に読む 煉獄さんの活躍を原作を見るなら、ebookjapanで~を揃えるのがおすすめです。 かなり安く買えるので、今から鬼滅の刃を揃えるならおすすめです。 FODでアニメを全話見直す FODでは、鬼滅の刃のアニメが全話見直せます。 毎月8のつく日に400ポイントがもらえるので、2冊単行本が無料で読めます。 丁度煉獄さんが活躍する6巻~8巻が無料になるのでぜひ。 まとめ 鬼滅の刃の煉獄杏寿郎のかっこよさについてでした。 人を守るために戦うという信念を、最期まで貫き通します。 最期に炭治郎たちに遺した言葉が大変エモく、彼らを大きく成長させました。 ~で彼のかっこよさが堪能できるので、ぜひ読んでみてください! 原作で煉獄さんの活躍を見るならこちら。

次の