鈴木明子 拒食症。 鈴木明子が経験した拒食症|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ

鈴木明子の拒食症の原因と母親との関係や回復のきっかけは?【世界仰天ニュース】

鈴木明子 拒食症

鈴木明子の結婚相手がイケメン【画像】 鈴木さんの旦那さんがイケメンだと話題になっています。 どんな方なんでしょうか。 鈴木さんが結婚したのは2017年の2月。 お相手は小学生の頃の同級生で名古屋市内の外資系企業に勤める一般男性だとか。 二人は鈴木さんの両親が経営する居酒屋で小学生の時ぶりに再会。 男性が大人になった鈴木さんに一目惚れしアプローチ。 交際をスタートさせました。 相手の男性は綾野剛と星野源を足して2で割ったイケメンらしく、学生時代からモテていたそうです。 鈴木さんの結婚についてフィギアスケートファンは 「絶対、高橋大輔さんと結婚するもんだと思っていた。 」とビックリ。 なぜかと言うと、 当時、鈴木さんと高橋さんはアイスショーなどで共演することが多く二人が密着して仲睦まじくしている様子の画像がたくさんネットに上げられていました。 そのことから、フィギアファンの間では鈴木さんと高橋さんがデキているのではとまことしやかに囁かれていたのです。 しかし結果は付き合っていなかったというわけですね。 また鈴木さんは子供について、 「子供は授かりものなので一人でも出来ればいいのかな。 夫はもっと子供が欲しいと言っています。 」 と語っており、さらに子供がフィギアをやることについて、 「あんまりさせたくないけど、子供がどうしてもしたいって言うなら自分ではなく、他の先生にお願いします。 」 と子供がフィギアをやることについて積極的ではないみたいですね。 鈴木明子のボロボロの歯が治った? 結婚した男性が一目惚れするほど最近では女性に磨きがかかっている鈴木さんですが、2010年頃は歯がボロボロだとネットで話題になっていました。 鈴木さんの歯は生まれつき悪かったわけではありません。 鈴木さんの歯がネットで指摘されるぐらいボロボロになってしまったのはなぜなのでしょうか。 歯がボロボロになった原因 鈴木さんは高校卒業後、フィギアスケートの名門、東方区福祉大学に進学しました。 そこで現役生活を通じて師事することになる長久保コーチと出逢います。 入学早々、その長久保コーチから「体重が重いせいでジャンプにキレがないい」と指摘され、また周りのスタイルのいいフィギアの選手と自分を比べて落ち込んでしまいます。 そこで鈴木さんはダイエットに励むようになりました。 過度な食事制限で鈴木さんの体重はみるみる減少。 始めてから一月足らずで10キロも痩せました。 ただ、行き過ぎたダイエットにより鈴木さんの体調は悪化。 練習をこなせなくなるほど症状も悪化し、病院で診断してもらった結果は拒食症。 拒食症になった鈴木さんは食事の度に嘔吐を繰り返し、一緒に出た胃酸が歯を溶かしてしまったのでした。 鈴木さんのバンクーバー五輪の頃の歯は相当ボロボロでしたから、よほど深刻な症状に悩まされていたのでしょう。 そんな鈴木さんですが、2014年頃から歯の治療を開始。 セラミックで綺麗にし、白い輝く歯を取り戻したのでした。 鈴木明子を苦しめた拒食症 歯がボロボロになるほど鈴木さんを苦しめた拒食症は壮絶なものでした。 拒食症を告げた医者は鈴木さんに完治するまで3年かかると告げたのです。 練習することができなかった鈴木さんは、事実2003-2004年シーズンは一切試合に出ていません。 そんな鈴木さんを立ち直らせたのは母親のある一言でした。 練習もできず自宅療養中だった鈴木さんは、相変わらず処方された薬しか口に入れることができませんでした。 そんな憔悴しきった娘を見て母親は、 「無理しなくていいんだよ。 食べられるものから食べればいいよ」と優しく声をかけたのです。 鈴木さんの母親はフィギア選手としての鈴木さんの実力をどこか認めていないところがあったそうです。 そんな母が鈴木さんにかけた優しい言葉。 その言葉に鈴木さんは救われたのでした。 この一言をきっかけに鈴木さんは少しずつ食べれるようになっていきました。 そしてわずか1年で試合に出れるまで回復。 見事なカムバックを果たしました。 鈴木明子はバセドウ病? 拒食症と戦ってきた鈴木さんですが、実はバセドウ病ではないかとネットで噂になっています。 バセドウ病とは バセドウ病は甲状腺ホルモンのバランスが崩れ、新陳代謝が活発になり過ぎて身体に異常をきたす病気です。 汗をかきやすかったり、動悸がしたりします。 それと人にもよりますが、目が飛び出してくるような印象になる人もいます。 なので目がパッチリ特徴的な鈴木さんが、バセドウ病なのではいかと言われていますが、本人はこの病気については何も語っておらず、実際はわかりません。 バセドウ病は珍しい病気ではなく100人に1人の割合でかかる病気だそうです。 また主に女性がかかりやすい病気でもあります。 バセドウ病の有名人 芸能界にはバセドウ病を公表している有名人の方がたくさんいます。 夏目雅子• 増田恵子• YOSHIKI• 星奈津美• 田中角栄• 美奈子• 岩崎宏美• 床亜矢可• 宮村優子• 山崎亮平• 篠崎彩奈• 小林歌穂• 増田成幸• 山下拓実• 安藤希• 福嶋浩子• 本田圭佑 本田圭佑さんは公表していませんが可能性は高いそうです。 まとめ いかがだったでしょうか。 鈴木明子さんは拒食症にも負けない勇敢なアスリートでした。 今回離婚されましたが、また新しい相手を見つけて素敵な人生を歩んでいただきたいですね。 今後の成り行きに注目です。 それでは今回の記事はこれで以上です。 次回の記事でまたお会いしましょう! それでは。

次の

摂食障害の芸能人36選~過食症・拒食症・過食嘔吐【2020最新版】

鈴木明子 拒食症

プロフィール 名前:鈴木明子(すずきあきこ) 生年月日:1985年3月28日 出身地:愛知県豊橋市 身長:160cm 所属クラブ:邦和スポーツランド 6歳の頃からスケートを始めた鈴木明子さんは、中学1年生の時にに初開催された第1回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会のAクラスで3位に入ります。 そして高校生になった鈴木明子さんは、全日本フィギュアスケートジュニア選手権で2位、全日本選手権で4位、ジュニアGP・SBC杯で優勝するなどの活躍を見せます。 そして、定評のある表現力は、この頃までに身についていたものと言われています。 大学卒業後は、長久保コーチのいる名古屋の邦和スポーツランドに拠点を移した鈴木明子さんは、数々の大会で高成績を残しています。 yahoo. そんな鈴木明子さんは高校時代から、母親とともに厳しい体重管理をしてきたようですが、慣れない一人暮らしにより、体重管理がうまく出来なくなってしまったそうです。 そして体重が増加すると体が重くなりジャンプが飛べなくなるため、「体重を落とせばもっと高く跳べる」という思いから、ダイエットのために食事制限をしいたのです。 拒食症の始まりはコーチの一言だった そんな鈴木明子さんの拒食症の始まりは、何気ないコーチの一言からだったそうです。 大学時代、長久保裕コーチに 「あと1kgだな。 1kg減らせば、良いジャンプが跳べる」と言い渡される。 ここから、鈴木の摂食障害は始まってしまうのだった。 練習が停滞すると、体重が原因と思い込んでしまう鈴木の肉体は、次第に肉類を受け付けなくなっただけでなく、食べ物を見ると吐き気を催すほど拒食症に冒されてしまう。 1カ月に8kgも体重が落ちたそうだ。 livedoor. 鈴木は当時を振り返り、安藤美姫や浅田真央といった 自分の年下の選手たちのスタイルがよく見え、「もうちょっと足が長かったらな」などと コンプレックスの塊だったといい、 「変えられるのは体重しかなかった」「自分は太っちゃいけないんだ」と、太ることへの強い恐怖感があったと語る。 mynavi. そして最初は『食べなさい』と厳しく言っていたケイ子さんですが、その状態を受け入れ、 『食べられるものから食べよう』に変わったとか。 この一言が、鈴木明子さんが回復するきっかけになったようです。 私が回復するに至ったきっかけは、母からのこの一言でした。 「食べなさい」「野菜とお米も食べないと」という言葉から、 「食べたいものを食べればいいわよ」という言葉に変わり、私は母に摂食障害を患った自分を受け入れてもらえているような感覚を覚えました。 「何もできていない私でも、生きていてもいいんだ」と思えるようになったんです。 nikkei. こうやって話聞くと拒食症があったからこそあの全身全霊の演技があったんだってよくわかるよね。 私鈴木明子さんのスケートが一番好きなんだ。 あっこちゃんのスケート初めて見た時、「ああ、この人は本当にスケートが好きなんだなぁ」って、身体中から溢れるものを感じたんだよね。

次の

鈴木明子,旦那と離婚理由がキツイ!バセドウ病は嘘!振付師転身も外資系エリート旦那より稼いでいた?

鈴木明子 拒食症

フィギュアスケート女子シングルの選手として活躍したプロスケーターの鈴木明子さん(30)。 ジュニア時代から注目の選手だったが、大学進学後に摂食障害になり、身長160センチで48キロあった体重は一時、32キロにまで落ちた。 スケートを生きる目標に病気を乗り越え、2度の五輪出場を果たした。 「滑れる幸せ」がスケート人生の支えになっている。 (油原聡子) 東北福祉大学に進学したのを機に愛知県豊橋市の実家を離れ、仙台市の長久保裕コーチの家に下宿をしました。 20歳のときに迎えるトリノ五輪を目指していました。 フィギュアスケートは体重が重くなると、動きが悪くなり、足への負担も大きくなる。 体重管理のため食事制限していたつもりが、だんだん食べられなくなりました。 48キロだった体重は1カ月後には40キロに。 食事が怖くなってしまったんです。 5月には実家に帰り、病院の精神科で摂食障害の診断を受けました。 <摂食障害は、「太りたくない」という極端なこだわりや「太っている自分には価値がない」という思い込みなど心理的な要因で起こる〉 当初は自分が病気だとは受け入れられませんでした。 「コントロールできていないだけ」と思うようにしていたのです。 当時、両親は和食の料理店を経営。 「食べる」のは人として基本的なことなのに、母が作った食事に手が付けられない。 親不孝だと悲しく思いました。 母からも「エネルギーのあるものを食べなさい」と言われ、脅迫のように感じていました。

次の