準速エースバーン。 【剣盾シーズン8】身代わりエースバーン入りスタン【レンタルチーム】

【ポケモン剣盾S4使用構築】あたおかエースバーン【最高83位最終207位】(2048)

準速エースバーン

初めまして初投稿させて頂きます にふらむと申します 何分不慣れなので読みづらいかもしれませんがご了承下さい コメント等での意見や質問も受け付けています 間違い・誤字・訂正点等がありましたら報告下さい 即座に対応させて頂きます• ASハチマキウーラオスとの差別化• ハチマキによって技を固定化されない• エースバーンは 夢特性リベロで大流行していて とびはねるやダイジェットをタイプ一致で撃ってくるので注意しつつそれを読んで 弱点保険ダイサンターをぶち当ててやりましょう(計算したらキョダイレンゲキで良いかも知れません…) なお先にダイジェット積めている状態だと準速エースバーンまで抜けているのでエースバーンを後出しされても最速でない限り大丈夫です• コンセプト上不利対面上等なので不利対面で初手ダイマックス• S1 A2段階上がったウーラオス降臨からの全抜き 与ダメージ計算• 弱点保険でA2段階上がった前提での計算になります トゲキッス HP161 B115 努力値H4 かみなりパンチ威力75 121. 技、特性、種族値が全てイカしてるウーラオスを上手く利用した型で、とてもいいと思いました。 ただ1つ気になったのは、エースバーンへの与ダメ被ダメが記載されてないことです。 エースバーン対策ができることをアピールするには、ダメ計はしといた方がいいかと。。 ・ダメ計やってみました。 間違ってるといけないのでご自身でもう一度確認お願いします。 自分も弱保で使っていて何も考えずにAS極振りしていてトゲキッスに対面で勝てなかったのでH振り参考になります。 ドラパルトは10万搭載してないと突破はむずかしいですよね、、 あと、ダメ計のところで、カビゴンとバンギラスに対してインファイトしか計算されていないですが、ダイマ前提で威力が下がるダイナックルのダメージも載せた方が良いのではと思いました。 拝見させていただきましたが とても見易く役割、仮想敵が明確で読みやすかったです。 早速試しに使わさせていただきました。 とても使用感がよくダイマ弱保発動から3タテも容易でした。 そこで一点なのですが、ダメ計にパッチラゴンについての 被ダメもあるといいのではないのかと思いました。 割とパッチラゴンの対面が多かったので 記載されてもいいのかと思います。 参考程度に。

次の

エースバーン/対策

準速エースバーン

こんにちは。 S7お疲れ様でした。 今期は最終日潜れませんでしたが、レート2000を達成することができました。 結果こそ高くはありませんが納得の行く構築を組むことができたので、見ていただけると幸いです。 そこで、草食によりゴリランダーの高火力の一貫を切れ、交代先に大きな負荷をかけられるを採用した。 ここで、の苦手なドラパルトやエースバーンをごまかせ、相性補完に優れたを採用。 次に、この2匹と相性がよく、使い慣れたを入れた。 また、現環境において、圧倒的な性能を持つのエースバーンや電磁波搭載の可能性から初手エースバーンの抑制ができるドラパルトは、相手の選出を大きく制限できると感じたので、アシレナットの2匹と相性のよい構成で投入。 最後はやイエッサンが重く、それらに強いチョッキを入れて構築が完成した。 サイクルを回し相手のをごまかしながらアタッカーを通す。 炎技は採用していないが、もハイボで確3のため、有利に立ち回れる。 また、草結びでHDカバも確1なので、エースバーンに強い並びの多くに強いである。 さらに、ノーマルタイプのおかげでと並べるとドラパルトの一致技の一貫を切れたり、などのフェアリーにも高火力の打点があった点はドラゴンの中でも優秀だと感じた。 しかし、に対して一致技を両方無効にされたり、鈍足のわりに耐久は高くなかったりなどの理由でかなり運用が難しかった。 それでも、ホームの集計圏内の150位には入っても不思議でないと思うし、このとともに戦えて楽しかった。 により、の皮を剥がしながら交代できるなど アッキ発動は痛いが 、便利だった。 とはいえ使用頻度は高くなかったので、リフレクターを採用した方が扱いやすかったのではないかと思う。 悪くはなかったが、草技はやはり欲しい場面が多かった。 守るは切りたくないが、1度試そうと思った。 それでも選出率は高く、勝ちに大きく貢献しただった。 1度舞った時の制圧力は圧巻だった。 また、不意討ちの使用頻度は思った以上に高く、出した試合ではかなり活躍したので、AS竜舞はもっと増えてもいいと思った。 球により耐久は下がってしまうが、それを補って余りある性能だと感じた。 途中までは耐久振りスカーフで使っていたが、火力が足りなかったため、変更は正解だと感じた。 バトンは対面操作とダイウォールの両立のため。 捨て身媒体のダイアタックは扱いやすかった。 その他のフェアリーなど後投げ可能な範囲が広く、扱いやすかった。 先に砂を展開すればエースバーンの上から叩けることを考えて砂掻きにしたが、型破りにしてに強くしてもよいと思う。 アシレナット 1 サイクルを回しながらエースを通す 対受け構築:ナットドラパ ステロを撒いてからドラゴンを通す キッス入り:ドリュアシレ 1 どの選出であってもアシレのHP管理がとても重要 読んでいただきありがとうございました。 大きく環境が変化しますが、潜る機会があれば上位を目指して頑張ろうと思います。 その際にはよろしくお願いします! Megaketsuban.

次の

ニョロボン育成論 : 【すいすいアタッカー】エースバーンを倒して活躍したい…弱点保険ニョロボン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

準速エースバーン

対面構築に入れやすいように最低限HBとHDを調整してみた。 Hぶっぱで16n-1になるのが凄く奇麗。 一見自身の耐久とアンチなは込だとかなりの高火力となり、HB をワンパンできる。 また、とんぼがえりを覚えさせる事で対面だけでなく、サイクル戦に持っていく事も可能になる。 Sも最低限あるので等倍同士の大体の殴り合いには勝ちやすくなっている。 等との撃ち合いを強く意識した。 此方はサイクル構築に入れて宿り木を撒いていく感じ。 Sに関しては両方共同じラインにした。 ドラムアタック後に準速エースバーン抜きまで抑えました。 実際に使っていたところ、意外とゴリランダーに対して後出ししてくるエースバーンは多いのでこのS調整が腐るということはまずないはず。 ちなみに最速エースバーンを抜く場合は164振り以上が必要。 ちなみにここで上げた調整以外でも普通にAS襷なんかでも全然強い。 サイクル構築に入れるならHB寄りに育てるといいと思っています。 個人的に相性が良いと思っているは 等のタイプ的に相性のいいアタッカーの他に 等のサイクル向け、 等のと直接相性が良い…など。 あとは苦手なエースバーンやダイジェット受けのとか。 ストリンダー書きたかっただけだけどストリンダー実際相性いいです。 ところで、鎧の孤島実装後はグラススライダーという技が解禁されるみたいですね。 なんでも下では先制で撃てるだとか。 今作はカプ系もいなく、メー系の採用率も高い訳ではないのでフィールドの取り合いに比較的なりづらいので威力次第でもあるけれどかなり強そう。 今回はこれで終わり。 で言ってた通りゴリランダー入りのサイクルをもう少し研究してきます。 は書いたけど はたぶん書かないなあ…w darkvillagerian.

次の