ブルドックソース 配当。 ソースと言えば「ブルドックソース」!優待では自社製品の調味料セットがもらえちゃう!

その他開示情報|株主・投資家のみなさまへ|ブルドックソース株式会社

ブルドックソース 配当

累進配当政策=配当を減らさない資本政策 「累進配当政策」とは、「減配せず、配当水準を維持または増配し続ける」資本政策を指します。 配当は通常、「1株あたり100円」といった形ですが、この「100円」の金額水準を減らさず、維持または累進的に増加させる、ということを意味します。 ただし、どの企業も 「特定の中期経営計画期間中」という枕詞付きですので注意が必要です。 つまり、 2019-2021年度の中期経営計画を過ぎた場合は、累進配当を継続する保障は無いという意味であり、その期間についてはチェックする必要があります。 従って、自社事業を安定的に操業する強い覚悟と、業績が悪化しようがしまいが株主還元を変わらず継続するという強い意志が必要になります 累進配当政策は、購入時の配当利回りが保証され株主にとっては魅力的 一方で、累進配当は、 株主にとっては非常に魅力的な政策です。 累進配当政策を取る銘柄に投資した株主にとっては 「買った時点の配当利回りが下限として保証される」という意味を持ちます。 どういうことでしょうか。 例えば、累進配当政策を取る企業を株価100円で、1000株購入したとします。 配当は1株あたり5円だとすると利回りは5%です。 累進配当政策を取っていれば 「1株あたり5円」の部分が5円未満になりません。 従って購入した株式を売買せずに保有し続けたとすると、利回り5%を下回ることは無くなります。 こうした銘柄が株主にとって魅力的であることは、論を待たないですね 累進配当政策を掲げる5銘柄 現在、累進配当政策を打ち出している企業は5社あります。 メガバンクグループの一角でもあります。 三井住友フィナンシャルグループは 累進配当政策を取っており、資本政策の基本方針の中で明確に謳っています。 出典: 過去の配当状況を見ても、減配が無く累進配当を継続しており、今後も配当を維持・増加させていく計画です。 また配当性向は40%を目標にしており、2018年5月には700億円の自己株買いも実施しています。 株主還元への積極的な姿勢が伺えます。 業績自体も好調で、直近の2019年3月期においては純利益7,344億円を計上しており、国内でも有数の収益を誇ります。 柱の銀行事業は、貸出事業によるストック型の安定ビジネスであり、累進配当政策を取ることができるバックボーンとなっています 三井住友フィナンシャルグループについては以下の記事で分析していますので、宜しければご参照下さい。 総合商社として、資源ビジネスを中心に広範囲の事業を展開しています。 三菱商事も、中期経営計画の中で、累進配当を方針として掲げています。 ただし、現在コミットしているのは2021年まで、という点は留意が必要です。 『中期経営戦略2018』において、株主還元は配当を基本とし、減配せずに利益成長に合わせて増配していく「累進配当」を方針として掲げました。 出典: 実際に過去の配当状況を見ても、累進配当を維持する可能性は高いです。 出典: 2015年度からの推移を見ると、年間の配当金は着実に増加を続けています。 減配は一度もされていません。 以下は、三菱商事の業績推移です。 出典:楽天証券 資源、機械、化学などの事業基盤は頑健であり、大幅にコモデティ市況が悪化しない限り、安定した業績で推移することが見込まれます。 また株主還元にも積極的で、2020年5月までに3,000億円の自己株買いを計画しています。 この点でも魅力的と言えます。 前述の2社よりは知名度が低く、ご存じない方も多いと思います。 同社はマンション分譲や商業施設などの開発を手掛ける不動産業者です。 2019年6月期までの中期経営計画を期限として、累進配当政策を公表しています。 さらなる株主様への安定した還元を実現すべく、第2次中期経営計画期間内(2017年度~2019年度)の1株当たり配当額(DPS)は、 累進的配当政策を導入し、前年度のDPSを下限として、配当額維持もしくは業績進展により増配のどちらか(原則として「減配しない」)とします。 原則として「減配なし、配当維持もしくは増配のみ」を明確な方針とするこの累進的配当政策の導入により、安定した配当の実現とともに、将来の配当水準の透明性を高め、株主様への還元をより強化し、持続的な企業価値の向上に努めてまいります。 出典: 出典:楽天証券 業績は増収増益が続いており、累進配当政策も着実に進めています。 日本エスコンは、前中計においても累進配当政策を掲げており、今後も同政策を継続する可能性は高いです。 冗談のような企業名ですがれっきとした上場企業です。 J-REIT運用を柱とした不動産サービス業、およびメガソーラー等の再生エネルギー事業を展開しています。 社名は、千利休が説いた茶人の心構えである 「一期一会」に由来し、「人との出会いを大切に」という精神を理念としているそうです。 累進配当政策については、以下の通り公表しています。 当社では、株主の皆様に対する利益の還元を経営上の重要な施策の一つとして位置づけております。 今後の株主還元の基本方針として、2016年4月19日開催の取締役会において「累進的配当政策」の導入を決議いたしました。 具体的には、各年度の1株あたり配当金(DPS)の下限を前年度1株あたり配当金とし、原則として「減配しない」ことにより、配当の成長を図るとともに、将来の配当水準の透明性を高めます。 出典: 業績は、増収増益で推移しており、配当も累進配当政策を掲げていることから、毎期増配を続けています。 かつての3大商社を追い抜く勢いを見せている総合商社ですが累進配当政策を執っています。 現行の中期経営計画期間中である2020年度中まで、2018年度の1株当たり74円を下限とすることにコミットしています。 毎期史上最高となる配当額を目指すとのことで、配当増額によるインカム・キャピタルゲインの増加が期待できます。 累進配当政策と「疑似累進配当 連続増配 」の違い 「減配せず、配当水準を維持または増配する」ことに明確にコミットするかどうか、が累進配当と連続増配の違いです。 累進配当政策の対外的な公表は、つまり上場企業の「経営層」が「株主」に対して絶対に守ると約束する行為に他なりません。 これは覚悟の面で非常に大きな差異があります。 もし累進配当を約束して、実現できなかったらその 企業や経営者は批判に合うことは必至です。 株価も下がる可能性が高いです。 そういったリスクがあるにも関わらず、株主にコミットするには揺るぎない自社事業への自信・覚悟と株主還元への意思が必要になります。 結果的に連続増配となっている企業 花王、NTT、NTTドコモ、キャノン、JTなど は多数存在しますが、コミット度合いに大きな違いがあります 連続増配企業については以下の記事でまとめていますので、宜しければご参照下さい。 以下の記事では、米国の連続増配株についてまとめていますので、宜しければご参照ください。 結論として、累進配当政策を掲げる銘柄は、 積極的に購入検討をしても良いのではないかと思います。 理由はこれまで述べてきた通り、 特に、連続増配実施中の企業は累進配当政策を取る可能性が高く、その場合は株価上昇が期待できます 累進配当までは行かないものの連続増配を長年継続する企業は多数 対外的に減配しないことをコミットする累進配当政策には及ばないものの、長い間連続で増配を続けている累進配当政策に近い銘柄は多数存在します。 花王 連続増配期間:30年• リコーリース 連続増配期間:25年• SPK 連続増配期間:22年• 小林製薬 連続増配期間:21年• 三菱UFJリース 連続増配期間:20年 等 以下の記事では、そんな連続増配中の日本株のおすすめをまとめていますので、宜しければあわせてご参照ください。 そのような方がチェックした方が良いのが高配当株の本場といえる米国の銘柄です。 現在の市況は、米国の高配当株に投資し、高い配当利回り実現するために仕込む大きなチャンスと言えます。 高配当株の本場である米国には、 キャピタル・インカムゲインの両面で「永久に保有したい」と言っても過言では無いほどおすすめできる超優良銘柄が存在します。 以下のリンクからは、 年4回も配当が貰える米国の超優良な高配当株6銘柄のレポートを無料のメルマガ登録で入手できます。 登録はすぐに完了しますのでぜひお気軽にお試し下さい。 投資に役立つ情報も入手することができますのでおすすめです 【累進配当株を狙っている方へ】私が実践して利益を得ている積立投資の独自手法・実績 累進配当株のように、継続的かつ安定的な配当収益が狙える銘柄をターゲットにしている方には、投資手法として積立投資が向いていると言えます。 積立投資は、少額から投資が可能で時間的分散投資によってリスクを低減できるので、 投資の初心者や資産形成をしたい方には非常におすすめです。 私が資産の一部を振り分けて独自に実践しているおすすめの積立投資手法は、以下のようなメリットがあり、素晴らしく有用な手法だと思っています。 損失が出ずに値上がり益・配当益による利益積み上げが可能(評価損は出る)• 暴落局面に強く利益獲得の「仕込み」ができる• 概ねほったらかしでOK• ルール遵守で精神的に消耗しない 実際に、安定的・継続的に利益を生み出し続けています。 以下の記事では、証券会社の画面コピー等の証拠付きで実績や手法の詳細をご紹介しています。 累進配当政策は極めて株主に寄り添った方針であり、投資先としては魅力的です。 将来的に同政策を掲げる企業が増えていく可能性も高いです。 ただし如才なきことながら、企業の経営状況やテクニカル面での分析は併せて実施した上で、投資判断をする必要があります。 ぜひ投資先の候補として検討してみてください。 積立投資は、少額から投資が可能で時間的分散投資によってリスクを低減できるので、 投資の初心者や資産形成をしたい方には非常におすすめです。 私が資産の一部を振り分けて独自に実践しているおすすめの積立投資手法は、以下のようなメリットがあり、素晴らしく有用な手法だと思っています。 損失が出ずに値上がり益・配当益による利益積み上げが可能(評価損は出る)• 暴落局面に強く利益獲得の「仕込み」ができる• 概ねほったらかしでOK• ルール遵守で精神的に消耗しない 実際に、安定的・継続的に利益を生み出し続けています。 以下の記事では、証券会社の画面コピー等の証拠付きで実績や手法の詳細をご紹介しています。 私は、将来的な資産形成のために、積立投資は絶対にやるべきだと考えています。 ほんの一握りの富裕層を除き、会社勤めなどの本業からの収入のみでは将来的に生活が困窮するのは目に見えています。 私自身も、独自の積立投資手法を確立・実践して着々と利益を積み上げています。 実績と共にその概要を以下の記事で解説していますので、宜しければご覧下さい。 最近では、優れた運用パフォーマンスを誇る商品や100円単位で手軽に始められる商品サービスが存在しており、積立投資で利益を上げられる可能性やアクセスが向上しており、積立投資を開始する絶好のタイミングです。 以下の記事では、必ずやあなたの資産形成の一助となる、パフォーマンスに優れつつも手軽に開始できる積立投資の商品・サービスを紹介しています。 資金面で将来に不安を抱いている方は、ぜひご一読頂けると幸いです。

次の

株主優待株の中で、長期保有向きの「10年優待株」を公開! 優待を10年以上継続、長期の営業黒字を達成などの条件を満たすブルドックソースなど2銘柄に注目|株主優待情報[2020年]|ザイ・オンライン

ブルドックソース 配当

ブルドックソース [東証2] が6月14日後場 14:00 に配当修正を発表。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】 当社は、本日開催の取締役会において、2019年7月31日(水曜日)最終の株主名簿に記録された株主の所有普通株式1株につき、2株の割合をもって分割する株式分割を行うことについて決議しました。 これに伴い、2019 年5月14日に公表いたしました2020年3月期の年間配当金の予想を以下のとおり修正いたします。 なお、今回の配当予想の修正は、当該株式分割に伴う修正で 決算期 1株配 発表日 旧 2020. ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。 連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。 ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。 ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。 ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。 【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム TDnet において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL 企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語 に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。 なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

次の

ブルドックソース|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:2804)

ブルドックソース 配当

ブルドックソース [東証2] が6月14日後場 14:00 に配当修正を発表。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】 当社は、本日開催の取締役会において、2019年7月31日(水曜日)最終の株主名簿に記録された株主の所有普通株式1株につき、2株の割合をもって分割する株式分割を行うことについて決議しました。 これに伴い、2019 年5月14日に公表いたしました2020年3月期の年間配当金の予想を以下のとおり修正いたします。 なお、今回の配当予想の修正は、当該株式分割に伴う修正で 決算期 1株配 発表日 旧 2020. ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。 連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。 ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。 ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。 ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。 【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム TDnet において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL 企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語 に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。 なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

次の