コロナ ウィルス 血液 型。 コロナウイルス重症化と血液型について(どうしてA型はO型に比べて重症化しやすいのか?)

新型コロナウィルスの原因と治療法|感染経路や症状について

コロナ ウィルス 血液 型

6月8日にアメリカのカリフォルニア州を拠点をした個人向け遺伝子検査サービス会社の「23アンド・ミー」が、血液型がA型は重症化しやすく、O型の人は新型コロナウイルスに感染する「リスクが低い」との暫定的な研究結果を発表しというニュースが走りました。 血液型を決定するABO遺伝子の差異が感染のしやすさに影響している可能性があると言われています。 え?日本人はA型多いけど・・ 自分や家族血液型の感染リスクはどれくらいだろう? では、志村けんさんや、岡江久美子さんの血液型はどうだったのかな? 気になります。 ここでは• 新型コロナと血液型との関連のニュースのまとめ• 故・志村けんさんの血液型は?• 故・岡江久美子さんの血液型は?• 故・大相撲の勝武士 幹士の血液型は? について調べたこととをお伝えします。 こちらは、時事ドットコムの血液型がO型の人は新型コロナウイルスに感染する「リスクが低い」との報道のツイート 米カリフォルニア州を拠点とする個人向け遺伝子検査サービス会社「23アンドミー」は8日、血液型がO型の人は新型コロナウイルスに感染する「リスクが低い」との暫定的な研究結果を発表。 血液型を決定するABO遺伝子の差異が感染のしやすさに影響する可能性があるといいます。 — 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom 目次• 新型コロナと血液型との関連のニュースのまとめ 【ニューヨーク時事】によると、O型の人は他の血液型の人に比べて、新型コロナへの感染率が9~18%低かった。 年齢や性別、民族のほか、基礎疾患の有無や肥満度などの違いを考慮しても同様の結果が出たという。 また、血液型A型の患者は人工呼吸器が必要になる確率が50%高いことが武漢の研究でも明らかになってましたね。 高齢者や基礎疾患が感染のリスクが高まると言われてましたが、その違いを考慮しても同じ結果というのは本当に暫定的に報じてました。 この報道で、むやみに恐れずにデータとして予防策の意識も高まるかもしれません。 報道内容は以下です。 感染しても無症状の人がいる一方で、重篤になるまで症状が悪化する人がいる原因を突き止めようと、遺伝子に着目した調査が広く実施されている。 23アンド・ミーは4月、同社データベースに保管されている数百万人分のDNA情報を用いて、この研究を開始していた。 同社が8日発表した暫定結果によれば、血液型O型の人が特に新型コロナウイルスに感染しにくい。 この調査には75万人以上が参加したという。 血液型遺伝子の種類と新型コロナウイルスに何らかの関連性がある可能性は、ほかの調査でも示されている。 イタリアとスペインで呼吸器不全を経験した患者1600人余りの遺伝子を調査した先週発表のリポートによれば、血液型A型の患者は人工呼吸器が必要になる確率が50%高いことが示唆され、3月に発表された中国の調査でも同様の結果が表れていた。 Bloombergより引用 同社の研究に参加した75万人以上のデータによると、O型の人は他の血液型の人に比べて、新型コロナへの感染率が9~18%低かった。 年齢や性別、民族のほか、基礎疾患の有無や肥満度などの違いを考慮しても同様の結果が出たという。 一方、O型以外の血液型の間に統計的な差はなかった。 23アンドミーは「他の全ての血液型と比べ、O型は(新型コロナ)ウイルスから守られているようだ」と指摘。 「研究はまだ極めて初期段階にある」として、参加者を増やして研究を継続する方針を示した。 その際にも、ウイルス感染者の中で最も多かった血液型はA型でした。 続いてB型26. 42%、O型25. 80%、AB型は10. 03%という順でした。 「23アンド・ミー」の研究発表の最も感染のリスクが低いのはO型とは違いますが、血液型との関係は深いようですね。 そのメカニズムを詳しくひもとく前に、データの前提となる現地の血液型分布を考慮してみたい。 論文では武漢市に住む健康な市民の血液型はA型32. 16%、B型24. 90%、AB型9. 10%、O型33. 84%としている。 A型が多い日本人とは違い、O型が最多という構成になっている。 ウイルス感染者の中で最も多かった血液型は前述の通りA型で、37. 75%を占める。 続いてB型26. 42%、O型25. 80%、AB型は10. 03%という順だ。 さらに、感染後に死亡に至った人の血液型を分類するとA型41. 26%、B型24. 27%、O型25. 24%、AB型9. 22%という結果。 なんと死亡者の4割以上がA型という衝撃のデータが明らかになったことになる。 どうして血液型によってこんなに差がついてしまうのか。 米ハーバード大学院卒の医学博士、左門新さんはこう分析する。 「コロナウイルスにかかるメカニズムにヒントがあると思います。 人間の肺にある『ACE2』というたんぱく質でできた受容体がウイルスを取り込んでしまうことで感染が起きるのですが、そのとき、受容体にウイルスがくっつくのを邪魔する物質が存在する。 それが『抗A型抗体』。 A型の人はこの抗体を持っていないのです」 東京医科歯科大学名誉教授で『病気の9割は免疫力で防げる』(エイ出版社)の監修を務める藤田紘一郎さんが解説する。 O型の人は、血漿中で『抗A抗体』と『抗B抗体』という2つの抗体を絶えず作り続けている。 つまり、免疫力を常に活性化させているわけで病気に強い。 藤田さんが人間ドックを受けた5000人の成人の血液を調べたところ、リンパ球の割合がいちばん多かったのがO型(39%)だったという。 続いてB型(37%)、A型(36%)、AB型(34%)という順だったというから、まさに免疫と血液型が直結することが示された形だ。 「新型コロナウイルスの感染率でAB型が低かったのは、中国にAB型が少なくサンプル数が充分ではなかったからかもしれません」(藤田さん) 新型コロナウイルスの研究は、世界中で急ピッチで進められている。 適切な情報をキャッチして正しく対応していきたい。 YAHOO!JAPANニュースより引用 亡くなった芸能人や有名人の血液型 亡くなった志村けんさんや岡江久美子さんなどの有名人の血液型はどうだったのでしょうか? 故・志村けんさんの血液型 血液型はA型でした。 志村けんさんの場合は基礎疾患はありませんでしたが、ヘビースモーカーであったと報じられてました。 生年月日 1950年2月20日 没年月日 2020年3月29日(70歳没) wikipedia調べ 経過: 所属事務所によると、20日に重度の肺炎と診断され都内の病院に入院し、23日に新型コロナウイルスが陽性と判明した。 新型コロナウイルスによる肺炎のため、東京都内の病院で死去。 志村さんは、ヘビースモーカーだた一面も報道されてました。 志村けんの兄・知之さんは「4年前に肺炎になってからお酒もだいぶ減らしてタバコも1日3箱吸っていたのが全然吸わなくなった」と話していた。 タバコが新型コロナを重症化させた可能性を指摘したTBS『ひるおび!』 TBS『ひるおび!』が伝えたことは明快だった。 ヘビーな喫煙によって人間の肺が炎症を起こして穴だらけになってしまうこと。 加えて喫煙者は新型コロナウイルスで感染しやすく重症化しやすくなることだ。 そして志村のように禁煙生活を4年続けていても大丈夫とはならないということも一般の人にとっては想定外の指摘だった。 経過: 2020年4月3日に発熱(微熱)があり自宅で療養していたが、6日の朝に容態が急変し、東京都内の大学病院に緊急搬送された。 すぐにICUで人工呼吸器を装着し、PCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることが判明した。 懸命な治療が続けられていたが完治には至らず、23日午前5時20分頃、死亡が確認された。 所属事務所のスタッフ・アップは、2019年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療を受けていたため、免疫力が低下していたことで重症化した可能性があるとのコメントを出した。 ただし、これに関して日本乳癌学会理事長で杏林大学の井本滋教授は、「放射線治療を受けた患者で、まれに肺が部分的に炎症を起こすことや、免疫をつかさどる白血球が減少することもあるが、新型コロナウイルスによって重症化する原因になるほど、免疫力が下がるとは考えにくい。 」と述べた。 生年月日 1956年8月23日 没年月日 2020年4月23日(63歳没) Wikipedia調べ 故人・大相撲の勝武士幹士 血液型はo型でした。 o型は感染リスクが低いとの研究発表でしたが、大相撲の勝武士幹士の場合は糖尿病でインスリン注射の投与をしていたという基礎疾患がありました。 生年月日 1991年11月4日 没年月日 2020年5月13日(28歳没) 身長 166cm 体重 111. 2kg BMI 40. 35 2014年より糖尿病による低血糖障害を患っており、インスリン注射の投与を必要としていた。 経過: 2020年4月4日、38度台の発熱の症状が出始め、勝武士の師匠である高田川親方らが保健所に電話をかけたがつながらず、近隣にある複数の病院に診療を依頼したが受け付けてもらえなかった。 4月8日には血痰の症状があったため救急車を呼んだが、夜になるまで搬送先が決まらなかった。 搬送先の病院で受けた新型コロナウイルスの簡易検査の結果は陰性であったが、翌日症状が悪化し別の病院に転院。 4月10日にPCR検査で陽性と判明された。 その後4月19日に症状が悪化したため集中治療を受けていたが、5月13日0時30分、新型コロナウイルス感染症による多臓器不全のため、28歳の若さで死去した。 wikipedia調べ まとめ• 新型コロナと血液型との関連のニュースのまとめ• 故・志村けんさんの血液型は?• 故・岡江久美子さんの血液型は?• 故・大相撲の勝武士 幹士の血液型は? について調べたことをお伝えしました。 まだまだ、新型コロナ感染対策防止が必要ご時世。 気を緩めずにうがい、手洗い、マスクなど対策をとりましょう。

次の

血液型による新型コロナの重症化リスク A型は5割ほど高い

コロナ ウィルス 血液 型

こんな報告書が発表されて注目されている。 武漢大学中南医院の医療チームが、武漢と深圳の感染者2173人の血液型を調査。 その結果、A型の感染者と死者の割合が多いことが分かった。 血液型は国によって分布に差がある。 日本ではA型が約4割で最多だが、中国の最多はO型。 A型は2番目だ。 その比率は武漢も同じで、人口1100万人の健康な人のうちO型は33・84%、A型は32・16%である。 ところが今回の調査研究では感染者数の血液型比率で健康な人と異なる数値が出た。 新型コロナの感染者の最多はA型で37・75%。 これだけでも驚きの数字だが、死者に至っては41・26%に達していた。 健康な人の比率より約10ポイントも高いのだ。 これに対してO型の感染者の割合は25・80%で死者は25・24%。 健康な人の割合より約9ポイントも低い。

次の

新型コロナ 血液型と感染リスクの相関関係.. 中国研究結果を韓国メディアが引用

コロナ ウィルス 血液 型

新型コロナウイルスについて遺伝子(ゲノム配列)の切り口からいろいろ調べていくうちに HLA型というキーワードに辿り付きました。 HLA型(ヒト白血球抗原 HLA:Human Leucocyte Antigen)とは、わかりやすく言えば白血球の血液型です。 骨髄移植や臓器移植の際、ドナーとの適合度を照合する型で、A座、B座、C座、DR座という4座(8抗原)の区分の組み合わせで 数万通りあります。 HLAが多様性を獲得した最も大きな環境要因は,長い人類の歴史のなかで何度も致死的な感染症が流行した結果,特定のHLAをもっている集団のみが生き残るということがくり返されて,現在のHLAの多様性が形成されたと考えられています。 そしてその多様性は地球上の住んでいる地域で偏りが生じ人種・民族間によるHLA型の偏りが大きいのです。 HLAが異なると特定の抗原に対する免疫応答が異なり,感染症に対する抵抗性が変わるのです。 2003年に流行したSARS(SARS-CoV)では、日本人の感染者はゼロでした。 人種による偏りが大きい事に気づいた台湾の研究チームが調査した結果、HLA型がHLA-B46、HLA-B54(中国南部、香港、台湾に多い)に感染し、HLA-B46のみ重症になる事が判明したそうです。 2009年の新型インフルエンザでも日本は世界でも断トツに死亡率が低く、 100年前のスペインかぜでも日本は世界でも断トツに死亡率が低かったのです。 日本人は海藻を食べ免疫が強いという説もありますが、HLA型も関係していると考えられます。 新型コロナウイルスの流行で武漢からインドに引き上げたインド人約650人全員が陰性だった事もインド人のHLA型が関係していると考えるのが妥当ではないでしょうか。 スギ花粉症になりやすい人、HIV感染でエイズを発症しやすい人、HIV感染でエイズを発症しにくい人、関節リウマチになりやすい人、これらはHLA型で特定できているようです。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症/肺炎(COVID-19)の症例情報がいろいろ報告されて来ましたが、比較的軽症で回復していく事例と重症化しサイトカインストームによる多臓器不全で死亡する事例との差がいったい何であるのか?単純に高齢である事、持病の有無だけの理由では説明できない何かがあるのでは?と疑問に思っていましたが、「HLA型による差」という仮説を考えると十分説得力のある説明が成り立ちます。 デング熱で二度目の感染でデング熱出血熱になり重症化するHLA型もわかっているそうです。 新型コロナウイルスでの症例とHLA型との関連性がいろいろ解明できれば、この視点からの治療薬や予防ワクチンの開発にも繋がるかもしれません。 ただ、もし日本で大流行する事になったとしても約90%の日本人は重症化しにくい?のかもしれません。 今はそうであって欲しいと願うばかりです。 言うまでもなく、今の所は、ただの憶測に過ぎません。 参考サイト --------(2020年3月9日)追記--------------- 新型コロナウイルス SARS-CoV-2 とHLA型に関する内容の論文を見つけました。 「」 SARS-CoV-2とHLA型のそれぞれの型との明確な関係が示されたわけではありませんが、 従来のSARS-CoV、MERS-CoVの研究内容の説明があります。 リンパ球(T細胞)減少、サイトカインストーム、免疫回避、RT-PCR検査、CT診断、治療薬、ワクチンの解説など 内容は難解ですが、一読の価値があります。 英文ですが、Google翻訳でがんばって熟読下さい。 --------------------------------------------.

次の