鶏 も も レシピ。 鶏レバーの甘辛煮(しぐれ煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

鶏もも肉を使ったレシピ・作り方一覧(1319件)

鶏 も も レシピ

鶏むね肉がジューシーで柔らかくて美味しい!子供に大人気の唐揚げです。 柔らかくするコツは切り方と下味に使う調味料にあります。 漬け時間10分でもしっかり味がついて、柔らかく仕上がります。 調理時間:20分 冷蔵保存:翌日まで 人数:2~3人分• 鶏むね肉 1枚(300~330g)• 砂糖 小さじ2• マヨネーズ 大さじ1• 醤油 大さじ1• にんにく チューブ3センチ• しょうが チューブ3センチ• 小麦粉 大さじ1• 片栗粉 大さじ2• サラダ油(揚げ油として) 約300ml 使う順に記載しています。 鶏むね肉は横長に置き、1センチ幅に薄く切る。 ボウルに入れ、砂糖と味付塩こしょうを入れ、菜箸でかきまぜる。 マヨネーズを入れ、菜箸でかきまぜる。 醤油、にんにく、しょうがを入れ、菜箸でかきまぜる。 小麦粉を入れ菜箸でかきまぜ、片栗粉を入れ菜箸でかきまぜる。 ラップをかぶせて室温に10分置いておく。 皿にキッチンペーパーをしいておく。 フライパンにサラダ油を1センチの深さまで入れ、菜箸を入れるとフツフツと泡が出るまで中火で加熱する。 (油の温度は中温(170~180度)です。 中火のまま鶏むね肉を半分入れ、揚げる。 (一度に全部入れると油の温度が下がり、香ばしい焼き色がつきません。 必ず半分に分けて揚げてください。 中火のまま2分揚げ、菜箸でひっくり返し1分ほど揚げ、キッチンペーパーをしいた皿の上にのせ油をきる。 (ひっくり返す時以外は、菜箸で鶏むね肉にさわらないようにしてください。 衣がはがれやすくなります。 鶏むね肉の残り半分を油に入れ、中火のまま1分30秒ほど揚げ、菜箸でひっくり返し1分ほど揚げる。 キッチンペーパーをしいた皿にのせ、油を切ってできあがり。 鶏むね肉の唐揚げをジューシーに柔らかくする3つのコツ 1.繊維を切るように1センチ幅に薄く切る 横長に置き、1センチ幅に薄く切ることで鶏むね肉の繊維が切れ、一般的な唐揚げの形に切るよりも柔らかく仕上がります。 2.砂糖、塩、酢(マヨネーズ)をもみ込む 砂糖と塩には保水効果があり、鶏むね肉の水分が流出するのを防ぎます。 マヨネーズに含まれる酢には鶏むね肉の繊維をやわらかくする効果があり、油分にはパサつきをおさえる効果があります。 3.室温に10分おき揚げ時間を短くする 鶏むね肉は加熱しすぎると硬くなります。 薄く切り、下味に漬け10分室温に置くことで揚げ時間が短くても中まで火が通りやすくなります。 You Tubeもやってます! You Tubeもやってます。 25センチのフライパンの場合、300mlです。 ティファールのフライパンを愛用しています。 焦げつきにくいので気に入って使っています。

次の

【保存版】鶏もも肉つくれぽ1000越え人気簡単レシピ30選!鳥ももレシピ一挙公開!【とりもも・鶏肉】焼くだけ鶏肉料理も!

鶏 も も レシピ

がおいしい! ゲストさん 03:58• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:34• がおいしい! ゲストさん 02:22• がおいしい! ゲストさん 02:15• がおいしい! ゲストさん 02:06• がおいしい! ゲストさん 02:03• がおいしい! ゲストさん 02:02• がおいしい! ゲストさん 01:35• がおいしい! ゲストさん 01:19• がおいしい! ゲストさん 00:58• がおいしい! ゲストさん 00:45• がおいしい! ゲストさん 00:18.

次の

鶏の唐揚げの揚げ方のコツ!からっとジューシーに揚げるレシピ [男の料理] All About

鶏 も も レシピ

油があわ立ってきてふたたび高温になったら肉を戻します。 そして20秒~30秒ぐらい揚げたら、またザルなどに上げ、そのまま20秒~30秒ほど休ませます。 このとき油が少し高温になりすぎるようなら火を弱めて調節します。 これをさらに3回~5回ほど繰り返し、鶏肉に火が通ったら完成です。 ガイドのワンポイントアドバイス なぜ、何度も揚げたり外に出したりするのか。 まず、最初にすぐに外に出す理由ですが、冷たい生の鶏肉を入れると、油の温度が一気に下がってしまいます。 そのままの低温の状態で、肉にじわじわと火を通すと、おいしいエキスが逃げてしまうのです。 2回目以降は鶏肉がすでに大分温まってきていますので、一回目のように一気に油の温度が下がってしまうことはありません。 2回目以降においても油の温度を高く保つのも大切なのですが、より重要なのはザルなどに上げている間に、肉に余熱で火が通るということです。 この余熱による加熱が、肉の中心部までしっとりとジューシーに仕上げます。 また高温で短時間揚げることで、カリッ、サクッと仕上げることができるのです。 厚い鶏肉を火が通るまでずっと油の中で揚げ続けた場合、皮などが焦げないようにするため、ある程度火を弱めざるを得ません。 しかしそうすると肉の旨みは流れ出て失われ、また中心部に火が通ったときには、周囲の部分は縮んでパサパサになってしまうわけです。

次の