給付 型 奨学 金。 給付型奨学金とは?返さなくていい奨学金の種類と活用のポイント

給付型奨学金とは?返さなくていい奨学金の種類と活用のポイント

給付 型 奨学 金

今まで貯金を増やす方法• 支出を減らす• 収入を増やす• 利率のいいところにシフトする の3つをお伝えしました。 今回は4つ目の「もらう」の中でもシングルマザー必見の「給付型奨学金」についてご紹介させていただきますね。 30年ほど前と比べるとその割合は2倍以上!奨学金を借りている家庭が増えていることがわかります。 しかし、「奨学金」を返せない若者が増えていることも最近ニュースで取り上げられていますね。 何百万も借りる奨学金に抵抗がある・・・• 子どもに負担をかけたくない• でも、私の給与だけでは大学費用をすべて出せるか不安・・・• だからといって子どもに「お金がないから進学をあきらめて」とはいいたくない 子どもの成長はうれしいものの、学費の大きさと家計の狭間で悩んでいるシングルマザーの声もよく聞きます。 また、逆に「奨学金があるから学費は大丈夫」と「奨学金」をアテにしている方もいます。 では、シングルマザーはいったいどうしたらいいのでしょう? 奨学金の種類 「奨学金」にはどのような種類があるのでしょう。 国の奨学金制度である「日本学生支援機構」はよく聞かれると思います。 利子のつかない「第一種」と卒業後に利子をつけて返さなくてはならない「第二種」が代表的なものとなっています。 日本学生支援機構の「第一種」は無利子ですが、「申込時までの評定平均が3. 5以上」という条件があります。 逆に「第二種」は有利子ですが実質的に誰でも借りることができます。 どのくらい借りることができるか?は「第一種」で月3万円~月6. 4万円、「第二種」で月3万円~月12万円となります。 例えば、「第一種」で月5. 4万円を4年間借りると259. 2万円の借入額になり、大学卒業後返済していくことになります。 しかし、日本学生支援機構の奨学金は「貸与型」です。 「貸与型」とは別に「給付型」と言って「返さなくていい」奨学金もあるので後程ご紹介させていただきますね 奨学金の注意点 シングルマザーにとって、「奨学金」の制度はありがたい制度。 しかし、「日本学生支援機構」の奨学金だけに頼ると「 大学合格後の入金が間に合わない!」ことになります。 スケジュールを見るとわかるように、最近の入試は早い時期にも行われます。 大学合格後に「納入金」が必要ですが、日本学生支援機構の奨学金の入金は大学入学後なので注意しましょう。 知っておきたい給付型奨学金 「給付型」奨学金も実はたくさんあることはご存知でしょうか。 「給付型」奨学金は、日本学生支援機構などの貸与型の奨学金と違い返済義務がありません。 「もらえるお金」です。 応募条件は、各奨学金によってさまざまですし、申請すれば誰でも必ず受けられるわけではありませんが、条件を満たしているのであれば申請しないのはもったいないですね。 数十万、100万以上の奨学金もあるので「ひと仕事」と思ってチャレンジしてみましょう。 では、具体的にどんな「給付型奨学金」があるのでしょう。 まず、大学独自の奨学金からご紹介させていただきますね。 大学独自の奨学金は受験前からチェック 1. 受験前予約制、入試成績利用が増えている 私立大学独自の給付型奨学金で、入試出願前に審査し、合格発表前に採否が決まる「予約採用型」が増えています。 給付額は、授業料の半額相当という学校が多いです。 6月以降に、募集要項をホームページ上に掲載する大学が多いので、受験校を決定する前に候補の大学のホームページを確認しましょう。 「予約型」の入試成績を利用するタイプには早稲田大学・慶応大学・立教大学・中央大学・法政大学・関西大学などがあります。 その他、大学経由で申請する奨学金 大学経由で募集する民間団体の給付型奨学金があります。 入学後すぐに出願があります。 まずは、学校側で書類選考と面接で審査が行われます。 推薦者に選ばれた場合は、各団体の選考に委ねられます。 申請すれば誰でも必ず受けられるわけではありませんが、条件を満たしているのであれば申請しないのはもったいないと思います。 大学受験・入学とほっとするタイミングですが、お子さんと一緒に大学から配布される「応募したい奨学金」をチェックしましょうね。 国公立大学の授業料減免制度 国公立大学には家計基準と成績基準により授業料免除の制度があります。 国公立大学は授業料の平均が年間約54万円なので、大きい金額ですね。 奨学金を活用しているシングルマザーはたくさんいる反面、「知らなかった」「子どもからお知らせ聞いてない」など全くノーチェックの方もいます。 学校のWEBサイトの確認とお子さんに「配布資料は必ず見せるように」を伝えておきましょうね。 いろいろある!もらえる給付型奨学金 大学以外でも「給付型奨学金」はまだまだあります。 代表的な給付型奨学金をご紹介させていただきますね。 明光教育研究所 給付期間は1年で年間最大50万円/1家族給付される奨学金です。 申込み資格は、ひとり親家庭で子どもが小学生、中学生、高校生、中等教育学校生、特別支援学校生、大学生、高等専門学校生、専門学校生及び大学浪人生です(全国)。 2015年に設立された比較的新しい奨学金です。 2016年は採用者数130名でした。 meiko-zaidan. トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム 2014年からスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度です。 2020年のオリンピックの年まで約1万人の高校生、大学生を派遣留学生として送り出す計画です。 渡航費・授業料の一部奨学金は返金の必要はありません。 tobitate. mext. まごころ奨学金 現在は貸与型(無利子)の奨学金ですが、給付になる予定です。 犯罪被害者等の子供(高校生から大学院生)が対象なのが特徴です。 給付予定金額は大学・大学院生月5万円、公立の高校生月1万7000円、私立高校生月2万5000円と入学時に一時金ありの予定です。 公益財団法人 電通育英会 財団が対象とする公立高等学校の3年に在学で評定平均が3. 8以上など条件は厳しいですが、一般枠以外に「芸術枠」があるのが特徴です。 最長4年間月6万円・受験等助成金として10万円・入学一時金として、30万円などの給付があります。 dentsu-ikueikai. dentsu-ikueikai. JT国内大学奨学金 財団指定の高校に在籍する3年生が対象で奨学生内定者には大学合否を問わず、受験費用として一時金30万円が給付されるのが特徴です。 また、授業料相当54万円(年額)・月額奨学金として、自宅生には月額5万円、自宅外生には月額10万円(東京23区内在住者は月額12万円)を給付など給付額も多いのも特徴です。 jt-scholarship. jt-scholarship. html 企業が母体の奨学金や地域限定のものなどもあります。 「奨学金」という名前ではありませんが東京都の「受験生チャレンジ支援貸付事業」、大阪府のひとり親対象の「きずな基金」、兵庫県の高校生対象の「公益信託山内健二記念奨学育英基金」などもあります。 奨学金制度は今後増える傾向にあります。 諦めず情報収集をしていきましょうね。 奨学金まとめ 奨学金は「貸与型」と「給付型」がありますが情報収集のポイントは• 募集時期を確認• 条件に該当するかわからない場合は、直接問い合わせる(所得や成績など)• 提出書類が多いため、時期を確認したら早めに取り掛かる です。 家計にやさしい「給付型奨学金」は知っているか知らないかで大きく家計が変わってきます。 子育てと仕事で忙しい最中ですが、早めに情報収集から始めてみてくださいね。 この4つのポイントを実践していくことで、貯金は堅実に増えていきます。 逆に、知識がないまま「リスクの高い投資」や「実態のない儲け話」に労力とお金を使ってしまい泣き寝入りにならないよう、お金の基礎知識からご紹介させていただきました。 シングルマザーと言っても、家族の形・お子さんの性格・そして、生き方がそれぞれあると思います。 しかし、共通するのは「シングルマザーはお金の知識が必要!」 ということです。 私自身は「全くの無知」からお金の勉強から始めて、子どもの教育費を貯めることからスタートしました。 そして今では起業して子育てと仕事を両立しながら日々楽しく生活できるようになりました。 この安心感は何物にも代えることができない幸せだと実感しています。 知っていると知らないで大違い。 やり方次第で、シングルマザーでも貯金はできる!諦めないでくださいね。

次の

給付型奨学金に注目!もらえるお金を徹底解説|お金のプロが教える貯金・節約術5

給付 型 奨学 金

奨学金の種類を理解しよう 奨学金にはいくつか種類がありますので先に全体像を把握しておきましょう。 大きくは返済が不要な「給付型」と返済しなければならない「貸与型」に分かれます。 その他としては国の教育ローンがあります。 ご自身の状況やご家庭の家計状況等を踏まえて、最適な奨学金を見つけてください。 奨学金 【A-1】 給付型 返済が不要な奨学金です。 応募条件は成績評定3. 5以上等と貸与型に比べて厳しいものが多いです。 最近では、大学独自の給付型奨学金のほか、住まわれている自治体、スポーツ振興団体等が設定しているもの等、選択肢も増えて来ていますので、インターネットや学校の進学課等で良く調べてチャレンジしてください。 【A-2】 貸与型 利息なし 「借金」です。 卒業後に返済しなければならない「貸与型」の奨学金です。 代表的なものは皆さんもご存じの通り、日本学生支援機構の第一種奨学金(高校の成績の平均が3. 5以上)です。 他にはNPO団体が提供するあしなが育英会等(遺児等が対象)の奨学金制度もありますので、日本学生支援機構の第一種の応募条件を満たさない人や採用されるか不安な人は、他の奨学金制度も探し、併願すると良いと思います。 【A-3】 貸与型 利息あり 「借金」です。 卒業後に返済しなければならない「貸与型」の奨学金です。 ほとんどの奨学生は、この日本学生支援機構の第二種奨学金を利用しています。 教育ローン 【B-1】 貸与型 「借金」です。 使用目的を教育関係に限定したローン(貸付)の事で、国の教育ローン、各銀行・金融機関の教育ローンがあります。 貸付対象は保護者となります。 学校納付金相当額として、入学金相当30万円、期間内の授業料相当54万円(年額)を支給する。 月額奨学金として、自宅生には月額5万円、自宅外生には月額10万円(東京23区内在住者は月額12万円)を支給する。 ・ 指定する大学に所属する医学・薬学系、バイオ学系、理工学系、工学系、情報学系に在籍している学生で次の条件に該当し、学部長又は学科主任教授の推薦を受け、かつ学校推薦を受けた者。 ・ 大学院修士課程 博士前期課程 において自然科学系分野を専攻する学生に対し、在学中の奨学金を支給するプログラムです。 当会の定める推薦依頼校を通じて募集を行い、学部4年次に予約採用を行います。 年間110万円(最大)が 給付(返済不要)されます。 学生本人および保護者の方がお申込み出来ます。 ・ 成績優秀でかつ経済的理由により修学が困難な学生に対して、一人20万円の奨学金を給付します。 弘前大学育英基金は、弘前大学の前身である官立弘前高等学校を卒業され、東京大学を経て弁護士として活躍されている岩谷元彰氏からのご厚志で設立された奨学金制度です。 ・ 横浜国立大学の学部の正規課程に在籍する2年生の学生(留学生除く)で、成績優秀でかつ経済的理由により修学が困難な者を対象とし、他のとの併用不可です。 (月額5万円 ・ 「教育」及び「食」に関する分野の支援事業を行い、我が国の次代を担う有為な人材の育成に寄与することを目的とした奨学金制度です。 他のとの併給可です。 (月額4万円 その他、 奨学金とは ~なんのための制度なのか~ 奨学金という言葉は良く耳にします。 多くの方が奨学金と言えば、日本育英会を思い起こすと思います。 日本の奨学生のほとんどはこの日本育英会の奨学金を利用していますが、そもそも奨学金制度とは何のためにあり、どのような制度なのか、全体像を理解出来ている人は少ないと思います。 奨学金は、 次世代の社会を担う人材育成のため、十分な学力や能力を備えているにも関わらず経済的な理由で進学出来ない人に、学費を支援するための制度です。 ここで認識して頂きたい事は、学費支援は「手段」であり本来の「目的」は次世代の社会を担う人材育成のためです。 現在の日本の奨学金制度を見ると、残念ながら、奨学生のほとんどが、卒業して新社会人となった時点で多くの借金を抱える貸与型の奨学金を利用しており、借金の返済という重荷を持った状態で社会人をスタートし、奨学金返済のために副業したり、中には自己破産するような若者もいたりと、日本の奨学金制度について見直すべき点は多いものと考えます。 奨学金を返せない若者~自己破産等のケースも~ 支援機構の奨学金返済を3カ月延滞すると、信用情報機関に登録(ブラックリスト入り)され、9カ月延滞すると一括返済の訴訟を起こされる。 埼玉県に住む30代の男性は、私立大理系学部に通った4年間で合計300万円の貸与を受けた。 卒業して契約社員で勤めた会社は倒産、その後は派遣社員として働いていた。 奨学金の返済額は毎月およそ1万5000円だったが、他の金融機関からの借り入れで返済するうちに借金額が膨れ上がり、最終的に自己破産を決意した。 滞納者として登録されてしまうと住宅ローンをはじめ各種のローンが組めなくなります。 滞納を解消しても、奨学金返済が終わってから5年後まで登録され続けます。 滞納した場合、奨学金返済期間が20年だった場合は、返済開始日から25年後まで住宅ローンが組めなくなります! 22歳で大学を卒業した場合、 47歳まで住宅ローンが組めません! 給付型奨学金のメリット、デメリット <メリット> メリットは何といっても「返済が不要」の奨学金と言う事です。 大学独自の給付型奨学金の他にも、企業が設けている給付型奨学金もあります。 こちらは返済不要というメリットに加えて、その企業に採用して貰える場合もあります。 就職活動は想像以上に大変なので、その負担がなくなることで、有意義な学生生活(自分の研究等に集中する等)を送る事が出来ますので、積極的に利用する価値はあります。 ただし企業の奨学金は、理系学生を対象とするものが多く就職先も研究職等となる事が多いようなので事前によく調べてから応募してください。 <デメリット> 無利子のため積極的に活用したい給付型奨学金ですが、応募条件や採用人数が少ない等、まだまだ狭き門の状態です。 また、他の奨学金との併願が不可の場合もありますので応募条件を良く確認しましょう。 採用される給付型奨学金の応募理由を紹介 給付型奨学金に採用されるための応募理由の書き方に悩まれている方はいますか? 民奨では、実際にどういう応募理由(奨学金を必要とする理由)が採用されているのか、少し紹介します。 親はフルタイムで働いていますが大学進学は厳しいものがあります。 金銭的な理由で学ぶことを諦める事はとてもつらいです。 これからの夢ある大学生活のため、貴奨学金に応募を致します。 父を病気で亡くし、現在まで母一人で育ててもらいました。 母は年齢的に無理が出来ないため、定職にについておらず不定期なパート収入で暮らしていて、大学資金を用意できない状況です。 私は幼いころに両親からの虐待により、児童養護施設で育って来ました。 親は生活保護を受給しているため、経済支援はまったく期待できません。 このような状況のため奨学金の援助がなければ、夢をかなえることも、進学もする事ができない状況です。 いかがでしたか。 特に難しい事を書く必要はありませんので、奨学金を必要とする理由を、ご家庭の状況をあるがまま記載すると良いです。

次の

島根県:奨学のための給付金制度(トップ / 学校企画課)

給付 型 奨学 金

民間の奨学金 指定の高等専門学校、大学、大学院の学生に、教育支援を行っています(JEES奨学金)。 さらに、企業等からの寄付により実施されている「冠奨学金」などがあります。 指定の公立高校から、指定の大学・大学院に進学した大学生と大学院生に給付型奨学金による経済的支援とキャリア形成支援を行っています(大学生は月6万円、大学院生は月8万円)。 指定の国公立高校3年を募集・選考し、指定の大学に進学した場合に4年間(6年制の学部は6年間)給付型奨学金を支給しています(月5万円)。 また、指定の国公立高校2年生で大学進学を希望する者を選考し、15ヵ月間、給付型奨学金を支給しています(月2万円)。 指定の国公立大学への進学を目指す高校生を採用し、奨学金を給付しています。 高校推薦枠と、大学推薦枠の双方が用意されています。 大学に進学予定の高校生を奨学生として採用し、大学在学期間中、奨学金を給付してくれます(月1万5千円)。 大学の理系学部の1年の女子学生に対して、在学期間中の就学等に必要な資金を指定の金融機関から借り入れした場合に、基金が利息の給付をしてくれます。 なお、一定の条件を満たした場合には、元金の全額または一部を給付する「返済免除制度」があります。 医学・薬学系、バイオ学系、理工学系、工学系、情報学系の大学院生向けに、条件を満たした場合に返済が免除になる奨学金を貸与しています(月8万円〜10万円)。 なお、外国人留学生の場合は、給付型となります(月5万円〜6万円)。 財団の指定する大学の学部、研究科に在籍している大学・大学院生に、奨学金給付を行っています(月3万5千円〜10万円)。 日本国内の大学院の修士課程に在学し博士課程に進学を希望する学生や、博士課程1年もしくは2年に在学する学生に、奨学金を給付しています(月5万円)。 奨学会の指定する高等専門学校・大学・大学院の生徒で、特定の分野の学習をする生徒に奨学金を給付しています(月2万5千円)。 国際開発関連分野の大学院で学ぶ日本人に必要な経費を支援しています(年額上限200万円)。 指定大学の大学生・大学院生向けに、奨学援助を行っています 月3万〜4万5千円。 Z会が指定する大学への進学を希望する、高校3年生に、奨学金を給付します 1年次は年額102万円、2年次以降は年額96万円。 明光教育研究所が実施する「給付型」の奨学金です。 特別な事情のある小学生〜大学生に支給しています(ひと家族に最大50万円)。 新たに四年制以上の大学に入学を予定する者から奨学生を採用し、奨学援助を行っています 月4万4千円〜5万円。 特定の4年制大学への進学を希望する高校生向けに、奨学援助を行っています(月6万円)。 定時制通信制高校生と、定時制通信制高校在籍時に奨学生で4年生大学または短期大学に合格した学生とに、奨学援助を行っています 月1万5千円〜2万円。 全国の高等学校や大学に在学する学徒に対して奨学金を給付しています(月1万2千円〜2万円)。 ホスピタリティ産業に興味がある、大学に在学する学徒に対して奨学金を給付しています(月2万円)。 特定の大学の学生に、奨学金給付をしています(1年度につき25万円)。 財団の指定する大学の2年生と3年生または高専4年生のうち、理学部・工学部および基礎工学部の学生に、奨学金給付をしています(年25万円)。 日本国内の小学5年生、中学2年生、高校2年生に、採用した年度内に1回限り、奨学金を給付しています(2万円〜5万円)。 指定大学の理工系の大学生・大学院生・留学生への奨学金給付を行っています(年30万円)。 指定大学の4月入学新入生に奨学金を支給しています(月4万円)。 また、指定大学院の外国人留学生にも給付します(月12万円)。 指定の高等学校、高等専門学校、大学または大学院の学生に、奨学給付を行っています(月11,500円〜30,500円)。 指定の大学・大学院に在学する、大学生3年生もしくは4年生、および修士課程の大学院生に、奨学金給付を行っています(月4万7千円〜5万5千円)。 指定校の大学生・大学院生に、奨学金給付を行っています。 日本国内の大学、大学院、短大、高専および高校の学生に、奨学金を給付しています(月1万円)。 大学、大学院修士課程または博士課程に在籍する学生に、奨学金を給付しています(月3万円)。 財団指定の高等専門学校、大学、大学院の学生に、奨学金を給付しています(月2万円〜6万円)。 大学院生、身体に障害を持つ学部生および大学生・大学院生、ならびに、医学、歯学、薬学を専攻する大学院生への奨学金を贈呈しています。 日本国内の大学院の日本人学生に対して奨学支援を行っています(月10万円)。 科学技術関係の学部に学ぶ大学生と大学院生に給付しています(月5万円)。 大学学部3年生と大学院1年生に、奨学金給付を行っています(月3万円)。 特定の大学の大学生・大学院生向けに、奨学金を給与しています(月3万5千円〜月5万5千円)。 経済的な理由で学費支弁が困難な高校生を対象にした奨学金給付事業などを実施しています。 大学生または大学院生に、奨学金給付を行っています(月3万円)。 大学院において自然科学系分野を専攻する学生に対し、 奨学金を支給しています(月8万円および海外研究活動費)。 主として博士号取得を最終目的とする日本人大学院生に、奨学金を支給しています(月15万円〜20万円)。 大学の学部生(1年生および2年生)に対し、奨学金を給付しています(月3万円)。 化学、食品科学、芸術学/デザイン学、体育学/スポーツ科学、経営学の分野を専攻する学部(3年生・4年生)、修士課程、博士課程の学生に奨学金を給付しています(月5万円)。 大学院生(博士後期課程)を対象に、奨学生を給付しています(月3万5千円〜5万円)。 国内の大学生などを対象に、奨学生を募集しています(月3万円)。 応用化学(プラスティック製品)、機械工学、電気電子工学、高分子工学等の工学系およびデザイン関係の学部の大学生および大学院生を対象に、奨学生を募集しています(月5万円〜6万円)。 東日本大震災で被災した高校生のために、奨学金を支給しています。 経済的な問題などで勉学の機会に恵まれない青少年(高校入学予定者)に奨学金を給付しています。 食品産業に関する学部の学生や大学院生、さらに、菓子とパンに関する専門学校生に、奨学金を給付しています。 日本国内の大学院で国際看護を学ぶ学生に、奨学金給付をしています(月6万円)。 大学生および大学院生に奨学金給付をしています(年60〜84万円)。 奨学生は、指定大学および指定高校等を通じて募集しています。 コープみらいの組合員で経済的に大変なひとり親家庭(両親がいない方も)の高等学校・高等専門学校に入学する一年生に、奨学金を給付します(月1万円)。 指定校・指定学部制度を採用し、高校生から大学院生に、奨学金を給付しています(月1万〜4万5千円)。 生涯学習する学生や科目等履修生、放送大学の学生、学費に窮する外国人に、奨学金を給付しています。 指定する大学から推薦された奨学生に給付しています(月5万円)。 所定の大学の大学生と大学院生に、奨学金給付を行っています(月5万円)。 財団指定の学校の高校生と大学生と、さらに指定の大学院の在日外国人留学生を支援しています(高校生は月1万2千円、大学生は月2万円、大学院留学生は月3万円)。 財団指定の大学の日本人学生および外国人留学生のうち、大学院生を対象に支給しています。 国立高等専門学校の学生を対象にした奨学金です。 商業高校の学生を対象に、奨学金を支給します(年5万円)。 指定の介護福祉士養成施設の専門学校・短期大学に在学する学生を対象に、奨学金を支給します(月2万円)。 ジャーナリズム、マスコミ関係の研究に従事する大学院生への給付(月5万円)と、ジャーナリストあるいはジャーナリズム研究者を目指して勉学に励んでいる大学生への給付(月3万円)とがあります。 一般社団法人日本電気協会が、原子力工学の研究に取り組む博士課程 後期 学生を対象に奨学金を助成しています(月8万円)。 カトリック教会所属の信者を対象に、大学院生と大学院留学生へ給付しています(月10万円)。 大学院の博士後期課程を対象とした給付奨学制度を実施しています。 日本国内の経済的に困窮している大学生に給付しています(月5万円)。 大学院、大学、短期大学、高等専門学校の学生に給付しています(年30万円)。 指定大学の学生で、将来に都市に関連する分野に携わろうとする者に奨学金を給付します(月5万円)。 大学生や大学院生に奨学金を給付しています(月1万5千円〜2万5千円)。 大学生に奨学金を給付しています(月1万8千円)。 特定の大学の学部または大学院の学生を対象にした奨学金です(月3万〜6万円)。 石川県、福井県あるいは富山県出身の、高校生、大学生、大学院生を対象にした奨学金です。 三井住友信託銀行が受託している公益信託で、給付型のものがあります。 指定大学の2年生以上の学生に無償で奨学金を支給します(月3万円)。 理工系大学院博士課程の学生(または研究生)、全国の高等専門学校生、ならびに神奈川、静岡、三重、岩手、宮城および福島県の工業高等学校の生徒に給付しています。 指定の法科大学院の2年(既修者は1年目・未修者は2年目)または3年(既修者は2年目,未修者は3年目)に在学し、法科大学院から推薦を受けた人に給付しています。 厚生労働省指定の介護福祉士養成施設のうち、指定の専門学校・短期大学に在学する学生に奨学金を給付しています。 将来、児童福祉分野で働くことを希望として大学、短期大学、専門学校へ入学する高校3年生を対象に児童福祉奨学生として支援します(年間50万円)。 建築を専攻する大学院生または研究者および日本国籍を有する司法修習生が対象です(年額100万円)。 大学、短期大学、専門学校またはそれに準ずる学校(私塾)の正規課程に在学している者に奨学金を給付しています(年額60万円)。 高校生向けに開催される「エコノミクス甲子園」というクイズ大会に出場した高校生の中から数名に、金子・森育英奨学基金から、大学進学のための奨学金を給付します(年50万円)。 国内に所在する大学生、大学院生などに奨学金を給付します(月額12万円)。 また、神奈川県川崎市や東京都の高校生に奨学金を給付します(月額2万円)。 給付型の奨学金(年額72万円)と年間を通じて開催される人材育成プログラムの両軸からなるプログラムを提供しています。 理系出身の法科大学院生への奨学金事業で、卒業までの最短終了年限(最長3年)、毎月3万円の給付型奨学金です。 財団指定の高校、高専、大学、大学院の学生を支援しています。 (月2万〜3万円)。 国内の大学院、大学、短期大学、専門学校、高等専門学校への進学予定者もしくは在籍者を「pp奨学金」~で支援しています(月3万~5万円)。 4年制大学に通う大学新1年生(20歳以下)に4年間、給付型奨学金を支給してくれます(月額8万円)。 海外の大学・大学院で「理系分野」を専攻したい学生を対象とした給付型の奨学金を支給しています(年額上限1,000万円)。 大学生、高校生、中学生(ひとり親家庭)に、給付型の奨学金を支給しています(大学生は、自宅:月額5万円、自宅外:月額8万円))。 各分野で秀でた実績や能力を有する日本在住者(満25歳未満)で、経済的理由により社会的サポートを必要とする方に、給付型の奨学金を支給しています(最大250万円)。 国内外の医学・看護・介護等の教育機関に在学する学生 留学生を含む 等への給付型奨学金 返済不要 の給付事業を行っています(年間24万円)。 海外にルーツをもつ学生を対象にした、給付型の奨学金を給付しています 高校生には月1万円、大学生には月2万円。 介護福祉士を目指す専修学校生や福祉系高等学校の生徒に奨学金の給付を行っています(月額3万円)。 地域的条件のある奨学金 関東甲信越 東京都内の大学生や大学院生に対して、奨学金の給付を行います(月10万円)。 東京都内の特定の大学の生徒向けに、奨学金給付を行っています(月3万円)。 東京都内に住み、東京都内の大学または大学院で理工学を学ぶ生徒を対象にした給付型奨学金を実施しています(月2万円)。 当育英会の学生寮 最寄駅JR埼京線「十条駅」 で団体生活を行うことを条件に、学生寮から通学可能な大学で学ぶ男子学生に対し、学費・通学費・寮費・食費・医療費を全額無償給付しています。 東京都に居住する、都内の高等学校や高等専門学校の在学生に支給します。 関東圏の大学に在籍している大学2年生から4年生に、奨学金を給付しています(月10万円)。 埼玉県内の大学に在学する学生、あるいは埼玉県内の高等学校を卒業し県外の大学に在学する学生に、奨学金を給付しています(月4万5千円)。 関東地方の大学の理工系の学部または研究科に所属する大学1年生と大学院1年生に、奨学金を給付します(月2万円)。 将来、事業を起こすことを目標としている神奈川県の学生に対し、奨学金を給付しています。 東京都とその近郊の大学に在学する、埼玉にゆかりのある大学生に奨学金を支給します(年25万円 )。 日本女性であって、原則として東京都内の指定の大学・大学院およびこれらに準ずる教育機関に在学する学生を対象に奨学生を募集しています(年30万円)。 福島県内所在の高等学校を卒業予定で、4年制以上の大学に進学を希望する学生に奨学金を給付しています(年20万円)。 福島県出身者で福島県内の大学や高等専門学校などに進学する学生のために、奨学金を給付しています(月2万円)。 栃木県内の高校や特別支援学校高等部を卒業した大学生、さらに、栃木県内の大学・大学院に学ぶ外国人留学生に、資金援助を行っています。 茨城県内の大学や高校の新入生に、奨学金を支給します(月2万円〜3万円)。 山梨県内の高等学校、大学、大学院の学生に奨学金の支給を行います(月4万円)。 社会福祉系国家資格(保育士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士)または幼稚園教諭免許状の取得を目指す学生に奨学金を給付します(月額3万円)。 関東地方のほか、山梨県、長野県、静岡県も可。 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県内の大学現2・3年生、短大現2年生、専門学校現2年生で社会福祉士または介護福祉士の資格取得を目指す学生に奨学金を給付します(年間20万円)。 関東地方(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の大学院、4年制大学、短大、専門学校(専修学校専門課程)、高等専門学校に在籍する学生に奨学金を給付します(年間30万円)。 関西 4年制以上の大学や専門学校への入学を予定する高校3年生(応募時点で大阪府在住)に給付型奨学金事業を行っています(受験費用助成金10万円、入学一時金30万円、月額奨学金:自宅通学生4. 5万円、自宅外通学生9万円)。 近畿地域(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県および和歌山県)の高等専門学校、大学あるいは大学院で電子通信工学関係を専攻している学生に、奨学金を給付しています(月5万円)。 「大阪府育英会USJ奨学金」は、大阪府内の高校などに在籍する高校2年生に、「大阪府育英会夢みらい奨学金」は、大阪府内の高校などに在籍する高校3年生に、奨学金を給付します。 大阪に関係する高校生や大学生への給与事業(一般応募)および大阪府下の指定高校や指定国公立大学の学生への奨学金給与事業(指定校応募)を行っています(月1万5千円〜3万円)。 大阪府下の特定の大学に在学する大学生や大学院生を支援しています(月3万円〜6万円)。 大阪府の大学生や、保護者の住所が大阪府の大学生へ給付しています(月2万円)。 兵庫県内高等学校の生徒ならびに県内大学の学生および兵庫県出身の県外大学の学生へ、指定校制で給付しています(月1万5千円〜3万円)。 兵庫県出身で、4年制大学に在学中の学部生、あるいは兵庫県内に所在する4年制大学に在学中の学部生へ給付しています(月3万円)。 滋賀県内に在住する高校生に、奨学金を給付しています。 福祉系専門学校学生などへ奨学金を給付しています。 和歌山県内の高校に在学する学生、あるいは、和歌山県内の高校を卒業し大学に在学する学生に、奨学金を給付してくれます。 和歌山県内の高等学校等の卒業予定者で、大学に進学を希望する高校生に、奨学援助を行っています(月3万円)。 和歌山県内の高校3年生で、大学進学を目指す、学業成績が優秀な生徒に給付型奨学金を支給しています(月額3万円)。 中部 財団指定の大学の大学生や大学院生、ならびに、財団指定の大学に進学を希望する、愛知・岐阜・三重の国公立高校に在籍する高校生に対し、毎月10万円給付します。 交通被災遺児や、保護者等の住所が山梨県内にある高校生などに、奨学金を給付しています。 愛知県内の大学等に在学している外国人留学生や日本人学生を、給与奨学生として募集しています。 愛知県内の特定の高校生、大学生、大学院生、留学生向けに奨学金給付をしています。 愛知県の高校・専門学校・短期大学・大学・大学院に在学する学生向けに奨学金給付をしています。 十六銀行の創立130周年を記念して創設された奨学金です。 4年制以上の大学に進学する人が対象で、保護者の住所が岐阜県内にある学生であることが要件のひとつとなっています。 岐阜県出身で大学進学を目指す人に「給付型」の奨学金を支給しています。 飛騨地域(高山市・飛騨市・大野郡白川村)出身の高山市または飛騨市の高校の卒業生に、大学や短期大学の奨学援助を行います。 静岡県内の高等学校に在学する生徒が対象です。 静岡県内の学校および神奈川県・東京都内の指定する学校の中学校第3学年、高等学校第3学年に在学し、または大学に在学もしくは在学を希望する方が対象です。 福井県の、ものづくり企業に勤務することを希望する理工系大学院の学生向けに、返還免除規定のある奨学金を貸与しています。 北海道、東北 北海道内の高校生を奨学生として採用し、大学進学の援助(20万円)や、短期大学あるいは専門学校進学の援助(10万円)を行っています。 北海道内の理工系や情報系学部の大学生、大学院生、専門学校生に、奨学金の給付を行っています。 宮城県の特定地区の高等学校・高等専門学校・看護学校の学生および宮城県の大学の外国人留学生に奨学金が給付されます。 青森県出身の学生に給付型の奨学金を実施しています。 大学などの医学科・看護学科課程の学生に給付型奨学金を給与しています。 工芸美術やものづくり等の分野の学生を対象に、奨学金を支給し、その修学を援助しています(人づくり一本木基金)。 北陸 長野県東北信地区市町村出身の4年制大学理工系学部進学の学生に、奨学金を給付しています。 新潟県の高校生と大学生を対象に実施する「給付型」の奨学金です(月1万円)。 新潟県内の理工系大学院、大学、短期大学及び高等専門学校に在学する学生に実施する給付型奨学金です(月5万円)。 福井県内の高等学校の卒業が見込まれる学生に、大学費用を支給します(月2万円)。 中国、山陰、九州 香川県内の高校、高等専門学校、大学、大学院の学生に奨学金を給付しています(月2万5千円〜8万円)。 なお、香川県出身で、他都道府県の大学・大学院に在籍する学生にも給付しています(月8万円)。 香川県下の小学生〜高校生までを対象に、学校外教育(塾やスポーツ教室)にかかる月謝等の費用を助成する「校外教育スポーツ奨学金事業」を行っています(月額1万円〜2万円)。 一般財団法人マルヂ報恩会が、島根県・鳥取県の高等学校の在学生あるいは卒業者で、大学に進学しようとする者に、奨学金を給付しています(月5万円)。 中国地方、四国地方の指定大学に在籍している経済的困難な状況にある大学生等に、奨学金を給付しています(年間36万円)。 徳島県人の子女で、大学等に在学する学生に学資を給与します(年24万円あるいは42万円)。 愛媛県内の高校を卒業した学生(または保護者が愛媛県内に居住している学生)で、4年制以上の大学または大学院に在学する場合に支給を受けられます(月1万7千円)。 福岡県内に居住し、福岡県の高校を卒業した大学新一年生に、奨学金を給付しています(月3万円)。 第一次産業に貢献する志を持つ学生が対象です(学部学科不問)。 鹿児島県内の高校や大学の学生、あるいは、鹿児島県外の大学に通う鹿児島県出身者に対し、奨学援護をしています。 (年10万円)。 福岡県の大学や大学院で機械工学、電子工学、情報工学及びこれに関連する学科を履修する学生を対象として、奨学金の給付を行います(月5万円)。 高等学校生、高等専門学校生、大学生、大学留学生を対象に給付型奨学金を支給しています。 福岡県の高校3年生や大学生に対して、奨学金を給付します。 給付型で、年額60万円(月額5万円)です。 長崎県のほか九州全域の大学、短大、専門学校等の学生を対象に、奨学金を給付します(年間24万円)。 ひとり親家庭、病気、障がい、遺児などに関する奨学金 小児がん経験のある高校生や、がんで家庭の主たる生計維持者を亡くし経済的理由から修学の機会が狭められている高校生に、奨学金を給付しています(月額2万5千円)。 海難等の事故により死亡・行方不明になった者の子どもに、奨学金の給付や貸与をしています。 高等学校、高等専門学校、短期大学、大学または大学院の学生で、労働災害で死亡した労働者の子である場合などに、奨学金が給付されます(月3万円)。 西濃2市4郡(岐阜県大垣市、海津市、不破郡、安八郡、養老郡及び揖斐郡)に在住する交通遺児を、奨学金等の給付を通じて経済的に支援しています。 兵庫県に在住の視覚障害をもつ大学生、短期大学生に、奨学金を給付しています(月3万円)。 福岡県内における遺児、母子・父子家庭等で日常生活に支障が生じている家庭の生徒に対して育英奨学金の給付を行います(年50万円)。 母子家庭の学生で、高校へ入学する者に奨学金を給与します(月1万6千円)。 高校生本人の母親、保護者を乳がんで亡くしている、または、本人の母親や保護者が乳がんで闘病中の場合、その高校生に奨学金を給付しています。 犯罪行為により不慮の死を遂げ、または重障害を受けた者の子弟に対する奨学金の給与事業などを行っています。 母子家庭・父子家庭で、経済的な理由で修学が困難な方に奨学金を給付しています。 対象は小学校から大学まで幅広いです 月1万5千円あるいは月3万円。 音楽、芸術、スポーツに関する奨学金 日本在住の13歳以上20歳以下の音楽家・音楽学習者に、奨学金を支給します(月10万円)。 音楽を学ぶ学生への奨学金給付をしています(月額最大30万円)。 広島県在住者または出身者が対象です。 音楽の分野にチャレンジする若い芸術家に奨学金を支給します(年36万円)。 芸術系の大学への奨学金給付(加藤定奨学金)および大学院生への奨学金給付(日本文化藝術奨学金 を実施しています。 映画・音楽・演劇・テレビ番組などの製作に携わるプロデューサー、演出、ディレクターを志す学生、または、タレント・アーティストを発掘・育成するマネージャーを志す学生を対象として、奨学金の給付を行います。 財団の指定美術大学の学生に、奨学金を支給します(月3万円)。 海外の大学・大学院で「アート分野」を専攻したい学生を対象とした給付型の奨学金を支給しています(月額25万円)。 高等学校、大学または大学院に在学し、体育学等を専攻する学生に奨学金を支給しています(高校生は月4万円以内、大学生と大学院生は月5万円以内)。 高校3年生、専門学校生、大学生に、奨学金の給付をします。 高校卒業後に約1年間の米国留学を支援してもらえます。 新聞社に関する奨学金 朝日新聞販売所で朝刊・夕刊の配達等の仕事をすることで、毎月の給料・年2回の特別手当が支給されます。 無料宿舎が完備されています。 毎日新聞の販売所で新聞配達をすることで、奨学金と、仕事に対する給料の両方が支給されます。 販売所では奨学生の一人ひとりに個室が用意され、年2回の特別奨学金または賞与も支給されます。 東日本大震災で保護者を亡くした生徒・学生を支援する「毎日希望奨学金」です。 返還の必要はなく、他の奨学金と併用できます。 朝・夕刊の配達をすることで、奨学金と給与が支給されます。 奨学金は専門学校・各種学校・大学・大学二部・予備校に適用されます。 朝夕刊の配達、集金、チラシの折り込みなどの業務をすることで、給与・賞与が支給されます。 奨学生は店舗内の部屋や、用意されたアパートに住むことになります。 部屋代は無料です。 配達 朝刊だけ 、集金、営業活動をすることで、毎月、奨学金と給料が支給されます。 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の、大学、専門学校、予備校が適用になり、個室が無料で提供されます。 主にバイク(一部自転車)を利用し、受け持ち区域の朝・夕刊を配達します。 そのほかの給付型奨学金 国や地方自治体が実施する給付型奨学金については、次の記事にまとめています。 また、大学で独自に支給される給付型奨学金を、別の記事にまとめています。 さらに、海外留学のための給付型奨学金をくれる団体についても、別の記事にまとめています。 参考に:無利子奨学金 給与型の奨学金よりも条件が比較的ゆるやかな貸与型奨学金(無利子)もあります。 給付型の条件が厳しい場合には、こちらを参考にしてください。 参考に:実質的に給付型とおなじ制度 貸与型の奨学金であっても、奨学金の返済を免除にできる方法や、一部の都道府県による返還を支援してくれる仕組みがあります。 このように実質的に給付型と同じ利益を得られる制度を別の記事にまとめています。 参考に:通信制の大学や短大 通学するタイプに比べて、通信教育の場合、学費が抑えられる場合があります。 このように実質的にお得になる学校を別の記事にまとめています。

次の