錦織圭 twitter。 ブリスベン国際テニス2019のテレビ放送や日程!錦織圭ら出場選手一覧!

錦織圭 びしょ濡れ お家チャレンジ

錦織圭 twitter

4月4日、男子プロテニス選手会(Japan Tennis Players Union)会長の添田豪(GODAI)が「コロナに負けずに頑張ろう!」とリレー形式の応援動画をスタート。 お家チャレンジ でバトンをもらった選手がストレッチポールに1発でテニスボールを入れる挑戦をする。 バトンをもらった錦織圭(日清食品)はアメリカでストレッチポールチャレンジに挑戦。 ボールを取ることができずに、プールに突っ込む動画が「最高のパフォーマンス」と話題になっている。 錦織は動画の中で、「家にこもることはストレスではありますが、家族のために、そして人にうつさないようにするために外に出ないで欲しいです。 こんな時だからこそ、笑顔を大切にしていきましょう」とメッセージを残した。 錦織は次に西岡良仁(ミキハウス)にバトンを渡す。 西岡の部屋には驚くことにテニスボールがなく、仕方なく野球のボールで挑戦。 西岡は次に山崎純平(日清紡)にバトンを渡した。 「日本男子プロテニス選手会」(Japan Tennis Players Union)は昨年の末に発足。 日本のテニスをもっと発展させようと、4月12日(日)13時からはテニスファンなら誰でも自由参加できるzoomミーテングを開く。 参加者(予定):内山靖崇プロ、斉藤貴史プロ、添田豪プロ、田沼諒太プロ、西岡良仁プロ、松井俊英プロ 【錦織圭おうちチャレンジ】 錦織圭選手が登場してくれました! 約束通りチャレンジ挑戦してくれました! しかも最高のパフォーマンスを魅せてくれました!笑 結果はいかに!? 次の指名は西岡良仁です! — 男子プロテニス選手会 JTPU1221 【添田豪おうちチャレンジ】 皆さんこんにちは! 添田豪です。 今回は自宅で出来るチャレンジ動画を作りました。 リレー形式で選手がチャレンジして行くので是非、ご覧になって下さい! 僕が次に指名する選手は、、、?? — 男子プロテニス選手会 JTPU1221 【西岡良仁おうちチャレンジ】 錦織圭選手からバトンを頂いたので挑戦しました! あの笑いは超えられません。 やめてください。 はい!という事で の 3人目!結果は? 次の選手は若手に回そうと思います!山崎純平!これを機に彼がSNSを始めてくれる事を期待してます!笑笑 — 男子プロテニス選手会 JTPU1221 【山崎純平おうちチャレンジ】 西岡良仁選手からバトンを受け取りました。 山崎純平です。

次の

錦織圭が公開した奈良くるみ、ダニエル太郎らとの“懐かし集合写真”に「みんな、かわいい!」「本当に貴重」とファン歓喜!|ニフティニュース

錦織圭 twitter

Tennis TVは、下記の4つのヒントを出してクイズを出題。 ・世界ランキングのキャリアハイは4位。 ・マスターズ1000の決勝進出4回。 ・ツアータイトル獲得数は12個。 ・グランドスラムの決勝進出1回。 これらは錦織の現在の通算成績だが、本人はTwitterアカウントで「うーん」と考えている顔文字を使って反応。 とぼけた様子を見せている。 この錦織のお茶目な反応に、コメント欄にはユーザーから泣き笑いや笑いをこらえる絵文字が寄せられている。 また「これはまだまだあなたのキャリアハイではありません!!」「さらなる活躍を祈ってます!」といった応援コメントも寄せられている。 試合中の躍動感あふれるプレーとは対照的に、コート外でのおっとりとした憎めないキャラクターも魅力の錦織。 ツアーが再開された後には、更なる活躍を見せてくれることが期待される。

次の

錦織圭がマレーにまさかの完敗 何もできず【ロジャーズカップ感想】

錦織圭 twitter

久々に観る錦織の完敗 今日の試合は、 錦織の良さが全く出せなかった というかマレーが良すぎたというか 錦織らしさが全く観られないまま 3-6、0-6というスコアで完敗w 錦織が6-0で負けたのなんて 久しぶりというかあまり記憶にないですw 勝敗以前に、 ここまでの大差(一方的)になるとは 全く予想できなかったので 驚きを隠せませんw 錦織が昨日とはまるで別人 錦織圭はナダルに勝った昨日とは まるで別人のようでした。 この試合では 錦織はサービスゲームを ほとんどキープできず。 第一セットこそ マレーのサービスゲームを ブレークしてますが、 自分のサービスゲームを キープできなければ勝てませんね。 勝敗はともかくとして 気になったのが 「戦う姿勢」。 いつもの錦織なら 負けるにしても意地を見せるというか 一生懸命ボールに食らいつく姿が 印象的なんですが、 この試合に限っては、 諦めが早いというか、 足が動かないというか いつもの気迫が全く感じられませんでした。 特に第2セット。 観ていて気になったのは マレーのサービスゲーム時の レシーブの構えが 普段なら腰を低くして センターでもサイドでも 飛びついて返せるように 準備しているんですが 今日は、腰の位置も高く それほど厳しいコースじゃない(と思える) ボールも諦めが早かった気がします。 完全に 「戦意喪失」って感じが 観てて伝わるほどでしたからね。 ストロークにしても 何か力が入ってないというか 雑というか。 マレーのドロップショットも 全く追わずに諦めてましたし、 何もかもがいつもの錦織とは違う。 「何かおかしい」という 違和感のようなものを感じたまま 試合はあっという間に終わってしまいました。 試合終了直前には あまりにもボールを追わない 錦織に対して観客席から ブーイングが起こりました。 こんな光景見たことなかったので 本当に驚きましたねw 疲労の蓄積?ケガの再発? 明らかにおかしかった錦織。 単純にマレーが強すぎて 「今日は勝てない」 と途中で諦めたのか? それとも連戦による 疲労の蓄積が原因なのか? あるいは ケガの再発など、 体のどこかに異変が起こって 思うように動けなくなっていたのか? 理由はわかりませんが 今後に向けてちょっと心配です。 疲労の蓄積なら しばらく休養をとれば ある程度は回復するでしょうが、 ケガや突発的な病気(高熱など)の場合 今後にも影響が出ますからね。 やはり一番気になるのは 全米オープン出場、 そして優勝を狙うにあたり、 何の影響もないのかってことですね。 錦織圭のコメントを確認してみないと 現時点では判断しかねますが、 なぜあのような展開になってしまったのか? 本人の発言から その理由を知りたいと思います。 何も影響がなければいいんですが。 こんな錦織の試合を観たのは ほとんどなかったと思うので、 勝ち負けよりもそっちの方が気になってます。

次の