中国 ドラマ そう か の ひめ。 韓国歴史ドラマ・中国歴史ドラマ特集 │ チャンネル銀河

華流ドラマ「楚喬伝(そきょうでん)~いばらに咲く花~」

中国 ドラマ そう か の ひめ

そこまで夢中になっていたわけではなかったのですが、時間に余裕があったので思ったより早いペースでの視聴完了となりました。 中国仙侠ドラマ 「招揺」です。 前記事はこちら 全56話ですがDVD版(私はディレクターズカット版と理解している)は全55話です。 とにかく真っ先に言いたいのは、 許凱のビジュアルが神がかっている!!! これに尽きる。 (ヤバい) 許凱演じる塵瀾は後半に一瞬闇堕ちするんですが、その時に少し濃いアイメイクをしてるのがまぁー似合う。 思わず「カーーーーーッ美男!!!」って心の中で叫びながらリピート再生しました。 伏し目になったときの目元が美しいいい。 許凱は今どきのトレンド顔イケメンなのはもちろん骨格がイケメン。 この少女マンガから飛び出てきたような甘めのマスクに身長186. 5cmはチートでしかない…! 顔が小さくて細身ながら肩幅が広いので古装がよく映えます。 ドラマは面白かったですし結末までドタバタにならずスッキリとまとまっていて良かったのですが、このハイペースで集中して視聴できたのは間違いなく許凱の存在だったと思います。 イケメンなだけでなく演技もすごく良かった。 塵瀾というキャターはドラマの中で経過する10年という年月で大きく変化する人物です。 それをヘアメイクの力だけではなく立ち居振る舞いや表情からもうまく表現していました。 許凱、今後のドラマもなるべくチェックしていきたい俳優として微博(weibo)フォローしました。 ちなみにでも少し呟いたけど、個人的にはに一番似てる気がします。 はバター醤油味のポップコーンで許凱はキャラメルポップコーンみたいな感じかな(どんな例えw) とにかく許凱が最高だったのでそのことばかり触れがちですが、他のキャストも良かったです。 主演の白鹿は許凱との共演がこれで3回、4回目?なので息もぴったりでしたし、招揺というカリスマ性あふれるキャターが生き生きして見えました。 招揺はメイキング映像が可愛いの宝庫。 演じ分けが自然なのに一目で分かりやすくてお見事。 ちなみに現在視聴中の 「新白娘子伝奇」にもサブ女キャラで登場しているので、割と顔馴染み状態になりつつある(?) 代旭演じる 姜武(ジャン・ウー)は偽悪の万戮門メンバーに対する絶対悪であると思いきや、最後はめちゃ良い奴的扱いでちょっと戸惑いがw 私のイチオシ 南山主は色々と悲しいエピソード担当で後半はちょっと辛かったです… さらに演じている向昊が95年生まれだったことにも衝撃。 ドラマ全編を通して立ちはだかり続けた金仙・ 洛明軒(ルオ・ミンシュアン)は神にも等しい聖なる存在であり、否定することは許されない絶対正義の存在。 であるにもかかわらず、唯一無二の絶対的な正義というものの押しつけがましさは理不尽そのもので、仙人は不滅の存在という仙侠物の大前提にすら不気味さを覚えます。 「我に異を唱えるものは等しく悪である」とばかりに金仙が一方的に力をふるうクライマックスはジェノサイドそのものです。 その他にドラマの構成・編集として気になった点がいくつかあったのですが、でも少し言及しています。 今日は仕事休みなのでぶっ通しで 最後まで見た。 設定やキャターは新鮮で面白かったんだけど、没入度には欠けたかな。 現実時間と回想と心象世界を行ったり来たりするのをもう少し分かりやすく並べ替えられたんじゃないかなーとか。 全56話だけど、45話位で纏められた話な気がした。 あとは前半にあえて虫食い状態にしておいて後から実はこうでしたーという穴埋めをしていく作業が脈絡無く…とまでは言わないものの中々に唐突な展開で挟まれていくので流れがぶつぶつと切れてしまっているように感じたり。 もう少し順番を並べ替えて場面転換をスムーズにしてくれるともっとスッキリして話数を纏められ、最終話を広げられたんじゃないかな?とやや残念なポイントでした。 とにかく謎めいた部分ほどコロコロ転換して分かりにくかったので、日本上陸したら字幕のストレスが無い状態でもう一度見たいところです。 「」のように感情をガンガン揺さぶられるわけでもなく淡々と見進められたので特段ロスにはなりませんでした。 でもメイキングが楽しいし俳優陣がとても良かったので関連動画は見終わった後もよく見ています。 仙侠物ですがラブストーリー好きな人におすすめしたいドラマです。 とりあえず許凱にハマったので8月に日本上陸が決まった 「瓔珞~に燃ゆる逆襲の王妃~(原題:延禧 攻略)」は苦手な清代物ですが必ず見ようと思います。 あと 「鳳囚凰」、これは白鹿も出演しているし日本上陸予定?した?ので前からチェックを入れているんですが…評価がめちゃくちゃ低いんですよねぇ…それでためらってます。 今年中国で放送予定の 「朝歌」は主役が「芸汐伝」で良い感 じだった張哲瀚ということもあり楽しみに待っていますが、撮影は2016年で許凱的には俳優デビュー作?っぽいしチョイ役みたいで物足りないかも。 いずれにせよ今後の作品も楽しみに待ちたいと思います。 そういえば塵瀾と彼に執着するあまり闇堕ちしちゃう元護衛の女の子( 林子豫)とのやり取りの中で 「招揺の代わりに私じゃダメなの?」と問いかける林子豫に対して塵瀾が 「この世界に招揺はただ一人だけだ」と突き放して、 「そう…そうね。 でも覚えておいて、私だってこの世界に一人だけの存在なのよ」って涙流しながら呟いたのがなんだかとても印象的だったな。 tommhe.

次の

韓国歴史ドラマ・中国歴史ドラマ特集 │ チャンネル銀河

中国 ドラマ そう か の ひめ

恋心を封じられた姫と天帝の息子の命がけの愛を描いた壮大なラブストーリー。 人気ウェブ小説の世界観をリアルに再現! 神々が集う幻想的な雰囲気を作り上げ、高評価を獲得! 出演はヤン・ズー、ダン・ルン、レオ・ロー、チェン・ユーチー他。 花界の神・梓芬 しふん から一人の女の子、錦覓 きんべき が産まれるが、梓芬は自らが愛情により苦しんだことで、娘の錦覓が自分と同じ目に遭わぬよう、情を絶ち愛を拒絶する力を錦覓に与えてしまう。 そして錦覓には身分や感情に縛られずに自由に生きてほしいという願いから、花界を守る精霊たちに錦覓の身分を隠して育てるよう命じて絶命する。 生まれながらに愛する心を封印された錦覓は、身寄りのない平凡な精霊として、花界で一人暮らしていた。 時が過ぎ、天界で修行をしていた天帝の息子・旭鳳 きょくほう が、何者かの攻撃を受けて花界に落ちてしまう。 偶然旭鳳を助けた錦覓は、恩を返してもらう代わりに天界に自分を連れていって欲しいと懇願。 仕方なく錦覓を天界に連れ帰った旭鳳は、召使いとして自分の側に置くことにするのだが、次第に天真爛漫で純粋な錦覓に惹かれていく。 霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~のキャスト 楊紫 錦覓.

次の

韓国歴史ドラマ・中国歴史ドラマ特集 │ チャンネル銀河

中国 ドラマ そう か の ひめ

そこまで夢中になっていたわけではなかったのですが、時間に余裕があったので思ったより早いペースでの視聴完了となりました。 中国仙侠ドラマ 「招揺」です。 前記事はこちら 全56話ですがDVD版(私はディレクターズカット版と理解している)は全55話です。 とにかく真っ先に言いたいのは、 許凱のビジュアルが神がかっている!!! これに尽きる。 (ヤバい) 許凱演じる塵瀾は後半に一瞬闇堕ちするんですが、その時に少し濃いアイメイクをしてるのがまぁー似合う。 思わず「カーーーーーッ美男!!!」って心の中で叫びながらリピート再生しました。 伏し目になったときの目元が美しいいい。 許凱は今どきのトレンド顔イケメンなのはもちろん骨格がイケメン。 この少女マンガから飛び出てきたような甘めのマスクに身長186. 5cmはチートでしかない…! 顔が小さくて細身ながら肩幅が広いので古装がよく映えます。 ドラマは面白かったですし結末までドタバタにならずスッキリとまとまっていて良かったのですが、このハイペースで集中して視聴できたのは間違いなく許凱の存在だったと思います。 イケメンなだけでなく演技もすごく良かった。 塵瀾というキャターはドラマの中で経過する10年という年月で大きく変化する人物です。 それをヘアメイクの力だけではなく立ち居振る舞いや表情からもうまく表現していました。 許凱、今後のドラマもなるべくチェックしていきたい俳優として微博(weibo)フォローしました。 ちなみにでも少し呟いたけど、個人的にはに一番似てる気がします。 はバター醤油味のポップコーンで許凱はキャラメルポップコーンみたいな感じかな(どんな例えw) とにかく許凱が最高だったのでそのことばかり触れがちですが、他のキャストも良かったです。 主演の白鹿は許凱との共演がこれで3回、4回目?なので息もぴったりでしたし、招揺というカリスマ性あふれるキャターが生き生きして見えました。 招揺はメイキング映像が可愛いの宝庫。 演じ分けが自然なのに一目で分かりやすくてお見事。 ちなみに現在視聴中の 「新白娘子伝奇」にもサブ女キャラで登場しているので、割と顔馴染み状態になりつつある(?) 代旭演じる 姜武(ジャン・ウー)は偽悪の万戮門メンバーに対する絶対悪であると思いきや、最後はめちゃ良い奴的扱いでちょっと戸惑いがw 私のイチオシ 南山主は色々と悲しいエピソード担当で後半はちょっと辛かったです… さらに演じている向昊が95年生まれだったことにも衝撃。 ドラマ全編を通して立ちはだかり続けた金仙・ 洛明軒(ルオ・ミンシュアン)は神にも等しい聖なる存在であり、否定することは許されない絶対正義の存在。 であるにもかかわらず、唯一無二の絶対的な正義というものの押しつけがましさは理不尽そのもので、仙人は不滅の存在という仙侠物の大前提にすら不気味さを覚えます。 「我に異を唱えるものは等しく悪である」とばかりに金仙が一方的に力をふるうクライマックスはジェノサイドそのものです。 その他にドラマの構成・編集として気になった点がいくつかあったのですが、でも少し言及しています。 今日は仕事休みなのでぶっ通しで 最後まで見た。 設定やキャターは新鮮で面白かったんだけど、没入度には欠けたかな。 現実時間と回想と心象世界を行ったり来たりするのをもう少し分かりやすく並べ替えられたんじゃないかなーとか。 全56話だけど、45話位で纏められた話な気がした。 あとは前半にあえて虫食い状態にしておいて後から実はこうでしたーという穴埋めをしていく作業が脈絡無く…とまでは言わないものの中々に唐突な展開で挟まれていくので流れがぶつぶつと切れてしまっているように感じたり。 もう少し順番を並べ替えて場面転換をスムーズにしてくれるともっとスッキリして話数を纏められ、最終話を広げられたんじゃないかな?とやや残念なポイントでした。 とにかく謎めいた部分ほどコロコロ転換して分かりにくかったので、日本上陸したら字幕のストレスが無い状態でもう一度見たいところです。 「」のように感情をガンガン揺さぶられるわけでもなく淡々と見進められたので特段ロスにはなりませんでした。 でもメイキングが楽しいし俳優陣がとても良かったので関連動画は見終わった後もよく見ています。 仙侠物ですがラブストーリー好きな人におすすめしたいドラマです。 とりあえず許凱にハマったので8月に日本上陸が決まった 「瓔珞~に燃ゆる逆襲の王妃~(原題:延禧 攻略)」は苦手な清代物ですが必ず見ようと思います。 あと 「鳳囚凰」、これは白鹿も出演しているし日本上陸予定?した?ので前からチェックを入れているんですが…評価がめちゃくちゃ低いんですよねぇ…それでためらってます。 今年中国で放送予定の 「朝歌」は主役が「芸汐伝」で良い感 じだった張哲瀚ということもあり楽しみに待っていますが、撮影は2016年で許凱的には俳優デビュー作?っぽいしチョイ役みたいで物足りないかも。 いずれにせよ今後の作品も楽しみに待ちたいと思います。 そういえば塵瀾と彼に執着するあまり闇堕ちしちゃう元護衛の女の子( 林子豫)とのやり取りの中で 「招揺の代わりに私じゃダメなの?」と問いかける林子豫に対して塵瀾が 「この世界に招揺はただ一人だけだ」と突き放して、 「そう…そうね。 でも覚えておいて、私だってこの世界に一人だけの存在なのよ」って涙流しながら呟いたのがなんだかとても印象的だったな。 tommhe.

次の