アンチ エイジング 研究 所 株式 会社。 【アンチエイジング】 加速するアンチエイジング/「抗酸化」「細胞再生」…アプローチ多様に

顧問紹介

アンチ エイジング 研究 所 株式 会社

筋肉質でみずみずしい肉体をしていても、細胞の中の水は年齢を重ねるごとに減少していきます。 水が減ることにより、細胞の新陳代謝がスムーズでなくなり、活発に機能する細胞が減り、より年齢を重ねていくことが促進されていくと言われています。 水は、カラダの大半を占めています。 その水に意識を向けることが、 アンチエイジングの第一歩です。 成人になると60~70%となり安定しますが、徐々にカラダの水分量は減少し、老人となる頃には約50%に減っています。 水分がここまで減ると、多くの水分を必要とする筋肉が弱くなり、細胞の新陳代謝の力も衰えてしまい、 力が出にくくなったり肌のハリがなくなってきます。 老人の体力の低下は、この水分の減少による筋力の衰えから始まります。 つまり年をとるということは、体の中の水を失っていくことなのです。 現代社会は、急激な老化症状の人が増えています。 最新の研究によれば、老化や真の病気の原因となるのは、ストレスと慢性的な脱水症状が原因であると言われています。 現代は乾きやすいカラダになっています。 日常的に潤いに満たしていることが大事です。 水分補給の仕方 私たちは、日常の生活の中で、飲料水や食事により、「水」を補給していますが、汗・唾液・尿・便などで水分を排出しているため、成人が1日に摂取する「水」の必要量は約2. 5リットルといわれています。 食事からも水分は摂取しているため、 飲料水からの摂取目安量は、1日1. 5リットル以上です。 しかし、どんな水でもただ飲み続ければいいというわけではありません。 私たちの身の周りには、あたりまえに飲料用・調理用・生活用などの「水」が溢れていますが、その中でも、 人にとって害のない、やさしい水を飲み続けることが大切です。 体内の水を常に潤沢にすることは、アンチエイジングに繋がります。 カラダの中が潤いに満たされると、生理機能が活発しやすくなり、老化のプログラムを遅らせることができるのでは、と専門的にも真剣に考えられているのです。 生命・健康の一番の基本となるのが「水」。 まずは、命の源は「水」であるという原点に立ち、 「水」を選ぶことから初めてみませんか?.

次の

アンチエイジング研究所株式会社

アンチ エイジング 研究 所 株式 会社

筋肉質でみずみずしい肉体をしていても、細胞の中の水は年齢を重ねるごとに減少していきます。 水が減ることにより、細胞の新陳代謝がスムーズでなくなり、活発に機能する細胞が減り、より年齢を重ねていくことが促進されていくと言われています。 水は、カラダの大半を占めています。 その水に意識を向けることが、 アンチエイジングの第一歩です。 成人になると60~70%となり安定しますが、徐々にカラダの水分量は減少し、老人となる頃には約50%に減っています。 水分がここまで減ると、多くの水分を必要とする筋肉が弱くなり、細胞の新陳代謝の力も衰えてしまい、 力が出にくくなったり肌のハリがなくなってきます。 老人の体力の低下は、この水分の減少による筋力の衰えから始まります。 つまり年をとるということは、体の中の水を失っていくことなのです。 現代社会は、急激な老化症状の人が増えています。 最新の研究によれば、老化や真の病気の原因となるのは、ストレスと慢性的な脱水症状が原因であると言われています。 現代は乾きやすいカラダになっています。 日常的に潤いに満たしていることが大事です。 水分補給の仕方 私たちは、日常の生活の中で、飲料水や食事により、「水」を補給していますが、汗・唾液・尿・便などで水分を排出しているため、成人が1日に摂取する「水」の必要量は約2. 5リットルといわれています。 食事からも水分は摂取しているため、 飲料水からの摂取目安量は、1日1. 5リットル以上です。 しかし、どんな水でもただ飲み続ければいいというわけではありません。 私たちの身の周りには、あたりまえに飲料用・調理用・生活用などの「水」が溢れていますが、その中でも、 人にとって害のない、やさしい水を飲み続けることが大切です。 体内の水を常に潤沢にすることは、アンチエイジングに繋がります。 カラダの中が潤いに満たされると、生理機能が活発しやすくなり、老化のプログラムを遅らせることができるのでは、と専門的にも真剣に考えられているのです。 生命・健康の一番の基本となるのが「水」。 まずは、命の源は「水」であるという原点に立ち、 「水」を選ぶことから初めてみませんか?.

次の

自由診療の挑戦を支援|CENEJENICS JAPAN株式会社

アンチ エイジング 研究 所 株式 会社

筋肉質でみずみずしい肉体をしていても、細胞の中の水は年齢を重ねるごとに減少していきます。 水が減ることにより、細胞の新陳代謝がスムーズでなくなり、活発に機能する細胞が減り、より年齢を重ねていくことが促進されていくと言われています。 水は、カラダの大半を占めています。 その水に意識を向けることが、 アンチエイジングの第一歩です。 成人になると60~70%となり安定しますが、徐々にカラダの水分量は減少し、老人となる頃には約50%に減っています。 水分がここまで減ると、多くの水分を必要とする筋肉が弱くなり、細胞の新陳代謝の力も衰えてしまい、 力が出にくくなったり肌のハリがなくなってきます。 老人の体力の低下は、この水分の減少による筋力の衰えから始まります。 つまり年をとるということは、体の中の水を失っていくことなのです。 現代社会は、急激な老化症状の人が増えています。 最新の研究によれば、老化や真の病気の原因となるのは、ストレスと慢性的な脱水症状が原因であると言われています。 現代は乾きやすいカラダになっています。 日常的に潤いに満たしていることが大事です。 水分補給の仕方 私たちは、日常の生活の中で、飲料水や食事により、「水」を補給していますが、汗・唾液・尿・便などで水分を排出しているため、成人が1日に摂取する「水」の必要量は約2. 5リットルといわれています。 食事からも水分は摂取しているため、 飲料水からの摂取目安量は、1日1. 5リットル以上です。 しかし、どんな水でもただ飲み続ければいいというわけではありません。 私たちの身の周りには、あたりまえに飲料用・調理用・生活用などの「水」が溢れていますが、その中でも、 人にとって害のない、やさしい水を飲み続けることが大切です。 体内の水を常に潤沢にすることは、アンチエイジングに繋がります。 カラダの中が潤いに満たされると、生理機能が活発しやすくなり、老化のプログラムを遅らせることができるのでは、と専門的にも真剣に考えられているのです。 生命・健康の一番の基本となるのが「水」。 まずは、命の源は「水」であるという原点に立ち、 「水」を選ぶことから初めてみませんか?.

次の