タイピング 練習 ホーム ポジション。 【子供タイピング練習】無料ソフトまとめたよ!!【小学3年生から】

タイピング練習 (日本語編)|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

タイピング 練習 ホーム ポジション

小指が担当するキーが多くて多忙を極める感じですが、よく見てみるとそれほど頻繁に入力する文字ではないのでご心配なく。 😄 ホームポジションから、 入力したいキーを担当する指だけ動かして、押したらホームポジションに戻ります。 初めのうちは どのキーを押しても、その都度ホームポジションに戻るようにしましょう。 慣れてくると、戻るタイミングが分かってきます。 離れた場所にあるキーを押すときは ホームポジションにいるとき、 手首に注目すると浮いていないですね。 ) ホームポジションから指が届かない離れた場所にあるキーを押すときは、 指を広げて押しますが、それでも遠い場合は 少し手首を浮かせます。 ピアノや楽器のキーボードのご経験のある方は、少し離れた鍵盤を弾くときに近いイメージですね。 🎹 このときも、手に力を入れすぎないようにしましょう。 そして、 押したらすぐにホームポジションに戻ります。 ホームポジションを基準とする大切さ 小学校のスポーツテストで 「反復横跳び」の経験のある方も多いかと思います。 3本の線を基準に横にステップするのですが、 もしも線がなかったら・・・?😲とんでもない方向へ行ってしまいますね。 🏃 タッチタイピングも、 ホームポジションを基準とすることで、 キーを見なくても、指がずれていくことを防げます。 「ローマ字入力」と「かな入力」 ローマ字入力 ローマ字入力とは、 「あいうえお=a i u e o」という、キーボードに書かれている アルファベットを使って入力する方法です。 アルファベットで位置を覚えますので、英字入力にも活かせます。 「あいうえお=a i u e o」は 母音なので、たとえば 「かきくけこ」は頭に 「K」をつけると入力できますし、 「さしすせそ」は 「S」をつけます。 ということは・・・ 「a i u e o」を制するものは、タイピングを制するといっても過言ではないのです。 😄 かな入力 かな入力とは、キーボードに書かれている ひらがなを使って入力する方法です。 ローマ字入力は、1文字入力するのに キーを2回押すことが多いですね。 かな入力は、1文字入力するのに キーを1回押すだけのことが多いので、 そのまま効率が上がります。 タイピングに関する検定の上級レベルでは、このかな入力が有利となります。 「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替える方法.

次の

タイピング練習 (日本語編)|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

タイピング 練習 ホーム ポジション

この記事に書いてある内容は... キーボードのホームポジションとは? キーボードは「指をおく位置」というのが決まっています。 その位置において、文字を入力していきます。 その中で「常に戻ってくる場所」のことを「ホームポジション」って言います。 「ホーム」というのは「家」の事。 「ポジション」というのは「位置」の事。 直訳すると「家の位置」です。 「家」って必ず戻ってきます。 その位置に必ず戻そうって位置なんですね。 この「ホームポジション」に戻ってくることが「ブラインドタッチ」の習得をもっとも早くするコツです。 戻るとずれてしまう ホームポジションに戻ってくると指がずれてしまう。 そんな風にお悩みの方も多いかもしれません。 指をキーから離して動かし、指を持ち上げてキーを打っていませんか? 指はキーから離さずすべらせて、打つというより押すイメージで試してみてください。 ずれる時の対処法について詳しくは別の記事でまとめました。 こちらをご覧ください。 キーボードには突起物がついている キーボードには自然と下を見なくても、指の位置を配置できるように「突起物」が付いてます。 そのボタンは「F」と「J」です 左の指は「F」 左の指は「F」です。 その位置において、自然と横に指を順々に置いていってください。 「D」が中指 「S」が薬指 「A」が小指 というように置けるかと思います。 右の指は「J」 右の指は「J」です。 自然と 「K」が中指 「L」が薬指 「;」が小指 と指がおけるかと思います。 ホームポジションとは これがホームポジションです。 「A」「」「S「D」「F」「G」「H」「J」「K」「L」「;」 これらがホームポジションの位置です。 「左手がF」「右手がJ」に置けたら、自然とその横に真横に指を置いて行きます。 その場所を「ホームポジション」といいます。 ホームというのは「家の事」「家」には必ず戻ってきますね。 その戻ってくるところをホームポジションと言います。 突起物がついている 基本的に「F」と「J」には突起物がついています。 下を見なくても入力できるようにする為です。 その後順番に指を置いていくと、良いです。 その位置がまさに「ホームポジション」です。 ちなみに人指し指は2列使います。 自己流はダメ? ホームポジションは、「元の位置に戻る」というのが一番大切な基礎です。 自己流でも、覚えたものを今さら変えるなんて無駄!と思いますか? 家を建てる時も、見た目がどれほど立派でも、家の「基礎」がルールを守ってしっかり造られていなければ安心して暮らせませんよね。 長い目で見れば、自己流よりも「基礎」を正しく身につけることをおすすめします。 詳しくは別の記事でまとめました。 こちらをご覧ください。 ブラインドタッチのコツは手全体を動かして、必ず一文字ずつ戻ってくる 最初のうちは「手全体を移動させる」という癖付けをしていくと良いでしょう。 そうすれば、「指がつった」とか言う事もなくなるでしょう。 また、一文字入力して「手が行きっぱなし」にならないようにしましょう。 必ず戻すという事を行なっていくと、良いです。 それでこそ、ホームポジションの意味が出てきます。 どうせやるなら練習は楽しみながら! ひたすら練習をするばかりではあきてしまって、結局途中でやめたくなるかもしれません。 どうせやるなら、楽しみながらゲーム感覚で練習しましょう。 楽しければ続けることも苦ではなくなります。 楽しみながら身につけば一石二鳥ですね! それぞれのソフトの特徴も紹介していますので、自分に合ったものを選ぶことができます。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 指が思うように動かせない時は 指が上手く動かせない時は対処法があります。 そもそも指に意識が行き過ぎているのでそれを忘れる事から始めると良いです。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 指が長くてタイピングが上手く出来ない 指が長くてタイピングが上手く出来ない方は対処法があります。 実は指が長い方がタイピングはやりやすいのです。 あなたはラッキーかもしれません。 お悩みの方は別記事に書きましたので下記をご覧ください。 小指が短くて動かしにくい方は 小指が短くて動かしにくい方は、対処法があります。 それって、まだ小指が慣れていないだけです。 エンターを小指で押すようにしていくと、徐々に慣れてきます。 また、小指に意識が行き過ぎて、ホームポジションが出来ていない証拠でもあります。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 ブラインドタッチを1日で覚える方法 基本的にブラインドタッチは1日で覚える事が可能です。 下を見ずに入力できるようになることをブラインドタッチ(タッチタイピング)って言います。 詳しくは別記事で書きました。 ご参考になさってください。 まとめ 今回は「ホームポジション」についてお話をしました。 ぜひ参考になさってください。

次の

タッチタイピング練習 準備2(ホームポジション)

タイピング 練習 ホーム ポジション

この記事に書いてある内容は... 改善方法1 ブラインドタッチの基礎はホームポジション ブラインドタッチの基本はホームポジションです。 ホームポジションというのは「ホーム=家」の事。 「ポジション=位置」の事。 すなわち「家の位置」。 要は必ず戻すって意味合いになります。 ブラインドタッチにおいて「元の位置に戻す」というのが最も大切な事なのです。 ホームポジションが中々上手くいかない人は強制すると良いです。 詳しくは別記事に書きました。 参考になさってください。 ホームポジションの基本:キーボードのFとJに両方の人差し指を置く 「F」と「J」の位置に、人差し指を置きます。 「左側がF」「右側がJ」それぞれ指をおきます。 ちなみに、この「F」と「J」だけキーボードに突起物があります。 この位置に指を置く事で、自然と、ホームポジションに戻りやすくしているのです。 FとJのキーだけ人差し指で触れると 横棒の膨らみを感じることができませんか?キーがたくさん、指が足りない、慌てないで大丈夫です。 このFとJのキーにのせた人差し指がスタート地点でもあり戻る地点でもあります。 わからなくなってしまったら取り敢えず両方の人差し指でキーボードを触ってしるしを見つけましょう。 突起がない!そんなときは 「F」と「J」のキーにだけ突起物があります。 これは、見なくても指で触れるだけで「F」と「J」のキーの位置がわかるようにするためです。 これがなくなると、基本の基になる人差し指の位置がわからない!つまりはホームポジションの崩壊です。 でも大丈夫。 突起物が取れてしまった場合、もともとない場合もこの対処法を知っていれば安心です。 詳しくはこちらの記事からご覧ください。 ホームポジションの基本2:に順番に5本の指を置く 次に、横並びに指を置いていきましょう。 左手が• 小指「A」• 薬指「S」• 中指「D」• 人差し指「F」 右手が• 人差し指「J」• 中指「K」• 薬指「L」• 小指「;」 となります。 「キーボードのキーを覚えるだけでいいのではないか?」 「何故指を置く位置が必要なのか?」 その気持ちは痛いほどわかります。 ホームポジションだけを覚える時に無意味なことだと嫌気がさすと思います。 ですが、身になれば一生ものになりますので一緒に頑張りましょう。 ホームポジションの基本3:それぞれの指が担当するキーを覚える それぞれの指が担当するキーは複数ありますが、難しく考えないでください。 例えばFキーは、人差し指ですが、人差し指が担当するキーは「Fキー」の付近に集中しています。 どういうことかと言いますと指を最小限に動かすためです。 指を遠くに動かすことはそうそうありません。 担当キーがすぐに覚えることができないなら、それぞれの指のホームポジションキーを覚えていくと次をスムーズに覚えることができます。 ブラインドタッチを練習するコツ 最初は指をずらすように打つ キーを指で打つときに、指を持ち上げて強くおしてしまいがちですが、弱い力で簡単に打つことが出来ますので指をずらすように移動して打ってください。 そして指をずらして移動するには意味があります。 キーボードを見なくてもキーを打つことができ最小限に動かすことで指の移動で迷わずに打つことができます。 Enterキーからホームポジションに戻る練習をする Enterキーは決定や改行など使用がおおいです。 他のキーよりも使用するのですが、これまたEnterキーを押すと指の移動に迷ってしまいます。 そのためEnterキーからホームポジションに戻る練習をする必要があります。 Bのキーは右手の人差し指で打ってもOK Bのキーは左の人差し指で打ちますが、右の人差し指に近い位置でもありますので右で打っても大丈夫です。 右手の小指を制する者はタッチタイピングを制す 普段はあまりメインで使うことは少ないかもしれない「小指」。 スムーズにはなかなか動いてくれない「小指」。 しかし、タッチタイピングでは右手小指の使い方が上達へのカギを握っています。 小指を上手に使うコツについては別の記事にまとめました。 こちらの記事をご覧ください。 痛くて小指が使えない時の対処法も紹介しています。 ブラインドタッチが上達するコツ 動かし方を身体で覚える 担当する指のキーの位置を覚えたら最初はゆっくりでいいのでキーボードを使って動かしてみてください。 もし自宅にパソコンがないパソコン教室に通っているけれど家にはおいてない練習ができないというかたでも大丈夫です。 パソコン教室に通われている方ですとキーボードの図になっている紙がないか確認してみてください。 キーボードの図が書かれている紙の上で練習するだけでも身体で覚えることができます。 手元を見る 指でキーを打つときに何よりも大事なのは正確にキーをタッチできているかどうかです。 ブラインドタッチを早く覚えたいと思うのであれば一番最初は手元を見ながらゆっくり確認をしながら正確に打つことに意識を向けてください。 実践を利用する Wordやエクセルを開いてまずは文章を打ってみてください。 練習を積み重ねていけば指のキーの位置はわかるようになりますが、 実践で文章作成をするとやはりできるようになる実感やどのキーが苦手なのかもわかりますのでぜひするといいです。 長文入力する時は変換が重要 文章(長文)を入力する時には、「変換」のタイミングにコツがあります。 この変換のタイミングは入力間違いをなくす上でもとても重要なポイントです。 入力間違いをなくすことは、結果的に入力スピードが速くなることにつながります。 実践として長文入力を練習する際には、「変換」のタイミングも意識してみてください。 変換のコツについては別の記事にまとめました。 こちらからご覧ください。 指がうまく動かない時の対処法 指が動かないという方が多いかと思います。 指だけを動かそうとするとうまくいきません。 手全体を動かすと入力がスムーズになります。 詳しくは別記事で書きました。 下記をご覧ください。 指が思うように動かせない時は 指が上手く動かせない時は対処法があります。 そもそも指に意識が行き過ぎているのでそれを忘れる事から始めると良いです。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 指が長くてタイピングが上手く出来ない 指が長くてタイピングが上手く出来ない方は対処法があります。 実は指が長い方がタイピングはやりやすいのです。 あなたはラッキーかもしれません。 小指が短くて動かしにくい方は 小指が短くて動かしにくい方は、対処法があります。 それって、まだ小指が慣れていないだけです。 エンターを小指で押すようにしていくと、徐々に慣れてきます。 また、小指に意識が行き過ぎて、ホームポジションが出来ていない証拠でもあります。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 どうしてもブラインドタッチができない方へ ホームポジションだけの練習 ブラインドタッチができるには ホームポジションが一番の基礎となります。 ホームポジションをある程度覚えたからといきなりブラインドタッチの練習をしがちですが、ホームポジションの練習をおろそかにしていると絶対にできません。 ホームポジションの練習は本当に大事です。 覚えるにはどれくらい時間が掛かる? ブラインドタッチを覚えるには人によって差があります。 ブラインドタッチが苦手だから絶対に覚えられないとあきらめないでください。 覚えるには時間がかかるかもしれませんが、やり方によっては時間を短縮できる可能性もあります。 キーボードは、持ち歩けませんがキーボードの図を書いた用紙を持ち歩くことはできると思います。 一日あれば十分覚えられる ブラインドタッチがすぐにできる人、できない人のこの差は埋めようがないのでしょうか? いえ、そんなことはありません。 覚え方の違いもあります。 一生懸命するのに何故かできない、それは覚えた方に出来るアドバイスをもらってないからです。 そんな時こそパソコン教室のプロの先生に教えてもらうことが一番の近道です。 方法の入り口さえ見つかれば、一日で十分覚えられることもできます。 タッチタイピングソフトやゲーム 日記やブログを始めるきっかけに最適 タイピングを練習するのに何もないまっさらのWordやメモ帳に打つのは退屈になりませんか? せっかく練習するのであれば、面白いことを同時にしましょう!日記やブログで発信してみませんか? 速く打つ練習にはゲームもあり ゲームをしませんか?速く打つ練習にゲームで実力をあげましょう!ゲームは様々で学生さんも大人の方も主婦の方も楽しんで練習ができます。 タッチタイピングのゲームは寝る前にやる方が良い タッチタイピングの練習用ゲームと言っても楽しめるので結構はまってしまいます。 一日の終わりの寝る前にやる方が脳に記憶させることもできますし、何といっても全力でゲームを楽しむことが出来ます。 まとめ パソコンのキーボードの数字や文字、スペルのキーの位置は、今後そう簡単に変化することはないと思います。 ホームポジションを覚えてブラインドタッチが出来れば結構自慢ができますので頑張りましょう。

次の