献血 ポスター。 献血運動啓発ポスター募集事業について/奈良県公式ホームページ

献血ポスターの歴代アニメコラボ作品一覧!コミケ献血応援イベントも!

献血 ポスター

akiba:F献血ルームに貼りだされたポスター ある日本赤十字の献血ポスターが、ネット上で議論を呼んでいる。 問題になっているのはウェブ漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』とコラボレーションしたポスターで、献血に行くことによって同作品のクリアファイルが貰えるというキャンペーンの宣伝として製作されたものだ。 ポスター下部には赤十字のマークがあり、「みんなの勇気と優しさで患者さんを笑顔にできる」と書かれている。 キャンペーンは10月1日から始まっていたが、10月14日、あるアメリカ人男性が、ポスターの「過度に性的な」側面をtwitter上で問題にしたのをきっかけに、一気に議論が巻き起こった。 — Unseen Japan UnseenJapanSite 公共の場における女性表象のセクシズムについては、すでに30年以上前から問題化されている。 そして、女性性を安易なアイキャッチとして利用したり、ステレオタイプ的な表現だったりといった、女性を客体化する表象は批判にさらされ、次第に減少してきたという歴史がある。 この文脈の中に位置づけるならば、件のポスターは確かにアウトとならざるをえない。 同作品とコラボするにしても、より穏当で無難な素材は他にもあったのだから、一番「悪ノリ」に近いイラストを選択した担当者はいかにも不用意であったというしかない。 にもかかわらず、このポスターには擁護の声が集まっている。 女性をアイキャッチにして何が悪いのか・献血が多く集まるのだから良いではないか・そもそもこのポスターのどこが「性的」なのか、などである。 公共の場で女性をアイキャッチ的に使うことがなぜ悪いのかというと、端的にいえば、それが 女性を客体として消費することを公的に承認することになりかねないからである。 それは 性差別を承認することになるので、献血者が増えるから良いじゃないかといった、功利主義の観点から擁護することもできない。 ポスターのどこが「性的」なのかについては、筆者自身オタクである者としては、 そりゃ明らかだろと言いたい。 完全に2次元表現における性的なコードに沿って描かれてるじゃん!そりゃ人によって感じ方は異なるかもしれないけど、そこじゃないじゃん! 自分の感じ方じゃなくて、オタク文化をそれなりに享受してきた人間ならだいたい理解できる共通認識の問題じゃん! いまさらカマトトぶんなよ! ただし筆者は、このような議論をクドクドやりあうことにあまり建設的な意義を見出せない。 先述したように、公共の場で女性表象を性的なアイキャッチとして使用することについては、日本でも、少なくとも1980年代の「行動する女たちの会」以降、重ねて問題にされてきており、それをやるべきではないのは、男女共同参画社会基本法の制定を経て、現在では行政も含めてコンセンサスがある。 たとえば昔は生命保険会社がヌードカレンダーを各職場に配ったりしていたが、現在ではほとんどの人がそれはやるべきではないと考えるだろう。 最低限その前提を議論の出発点とできなければ意味がない。 したがって、本稿は、なぜ当該ポスターが公共におけるジェンダー表象の水準においてアウトなのか、ということについてはこれ以上議論しない。 そうではなくて、なぜこれほど単純なジェンダー表象の失敗案件が、ネット上では(また一部メディアでは)激しい反発を生み、こじれてしまうのだろうか、という点について考えたいと思う。

次の

「宇崎ちゃん」献血ポスター、なぜ議論がこじれるのか

献血 ポスター

かつての誹謗中傷と現在の謎な擁護 ポスターに関してはたくさんの批判があり、中には 『ボイコット』といった犯罪行為まで行おうとしていました。 オタクがフェミに勝ったのではなく、とこの作者さんがなぜ1回目が炎上したのかを理解しての2回目なのです。 この騒動が単なるフェミ叩きに終わりませんように。 あれほど ツイフェミは『前回よりも優れている!』と強調しているが、当の作者はそれを否定しています。 はっきりいってやるが「一回目と違って二回目でフェミが騒がなかったのは『拒否運動やオタクの血はいらないとかいって叩かれたから旗色が悪くなってきて逃げた」ってのが一番わかりやすい分析。 — もへもへ gerogeroR ツイフェミは 『違いが分からない奴はクズ!』とか『常識的に考えて分かるはず!』とは言っているが、 『どこに違いがある』という説明から逃げている。 そりゃぁ作者が『違いなんてありません!』と断言しているから、説明なんて出来るわけも無いだろうし、感情でしか動けないからなぁ...。 広告 3,今まで出してきた批判を無かったことにする。 変えてる部分と変えてない部分とがあるって事じゃないですかね。 あなたの年齢は知らんけど、大人の事情くらい察しても良さそうと思うけどなぁ。 感心してくれたの?全然いらんけど、有りがと。 — 脛たろう sunetarouu いやどうして分かったのさ 普通にキャラも変わっていないし、貼っている場所もほぼ同じなのに? そもそも制作者の声以上の真実というのはどこに存在するのか?ツイフェミの妄想は大概間違えているのにな。 広告 結論 もうツイフェミのやっていることは 無関係な物を『これは悪だ!』炎上させた挙げ句、 ほぼ同じ物を後で作ったら『こんなに良い物を作れたのは私達のおかげ!』という胸くそ悪い行為 な訳であり、どう考えてもとしか言えないです。 ちなみにまとめではこんな表現も 関連コンテンツ まとめ 今回のツイフェミは一番酷い奴だと思います。 こんな奴に政治を任せようとは考えられる訳も無いのだが、 本人達は政治に携わりたいと考えているから選挙では絶対に落選させないと...。 最後に今のツイフェミの論法をわかりやすくまとめたツイートを貼って起きます。 フェミの宇崎ちゃんの騒動の動きを見てて思い出すのは 『ヤクザの交渉術』 1. とにかく何でもいいから難癖を付けて怒る、めちゃめちゃ怒る 2. 何かしら譲歩を引き出せたらいきなり優しくなる 3. 対応した人間は『こうすれば事を荒立てずにすむのか』と安心し、何故か相手に対して親近感すら持つ 続 — クセ がすごいアラ イさん Jr15379109 広告 summii99146.

次の

献血運動啓発ポスター募集事業について/奈良県公式ホームページ

献血 ポスター

提供 akiba:F献血ルームに貼りだされたポスター 日本赤十字社の献血を呼びかけるポスターがネット上で大炎上した「宇崎ちゃん」問題。 ウェブ漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』とのコラボ企画で、献血に行くと同作品のクリアファイルが貰えるというキャンペーンを呼びかけるポスターである。 海外でも広告には厳しい目が まずは、三池崇史監督作品や、『AKIRA』『カウボーイビバップ』といったアニメ作品も好きだというアメリカ人男性(37歳)。 「ジーザス・クライスト……(しばし、無言に)。 見たままだと思うよ。 どこから始めていいのかわからないけど、これは間違ってる。 どう見てもセクシュアライズしているし、日本人の女性に対しての意識が現れてるよ」 と、すでに心が折れている様子。 性的な部分が過度に強調されているというのは日本でも言われていることだが、他にはどういった点が問題だと感じたのだろうか? 「子どもの目に触れる公共の場に貼られているのもおかしいと思う。 あと、単純にこれを見て献血に行きたがる人がどれぐらいいるのかも疑問だね。 アメリカでもビールとかハンバーガーのコマーシャルで、セクシーな女のコが体にこぼしながら飲み食いするようなのがあるけど、ハッキリ言って気持ち悪いよ。 そういう広告は前時代的なものになってるし、視聴者の見る目も厳しくなってる。 そういう宣伝をする時点で女性を性的にモノ扱いしてる証拠だと思うし、これをオッケーだと思った人たちはイかれてるよ」 アニメや漫画なのは関係ない より多くの人に呼びかけるためにオマケをつけたり、著名人や人気キャラクターとコラボする手法そのものには効果的な部分も多いはずだ。 しかし、今回のポスターについては、一部のコアなファンが擁護するような漫画とのコラボという部分ではなく、イラストの内容が問題になっていることを再認識するべきだろう。 ノルウェー人女性(34歳)は、その点について指摘する。 「最悪ですね……。 海外でもチャリティなどで有名人が出てくるのは普通です。 むしろ、日本より多いぐらいじゃないでしょうか。 でも、露出が激しかったり、ボディラインを強調した服で呼びかけることはしませんし、すれば必ず非難されると思います。 アニメとか漫画だからというのは関係ない」 彼女からは、ポスターに使われたイラストが献血と関係なさすぎるという意見も出た。 「そもそも、このキャラクターや作品がどう献血と関係あるのか知りたいです。 ポスターを見ても献血を呼びかけるものには見えません。 単に胸を強調してカワイイから使ったというのであれば、性的に利用しているのと何が違うんですか?」 また、取材中に自ら「俺、日本のアニメとか漫画ならわかるよ」と声をかけてきたトルコ人男性(24歳)からも、呆れ気味のコメントが。 「アニメは大好きだし、女のコも好きだけど、これはわからないね……。 なんで献血でこんなポスターにしたの?」 日本の広告は大人をバカにしている 今回、「宇崎ちゃんポスター」はイラストの内容が問題となったが、より高齢の外国人からは日本の広告業界の体質そのものへの批判があがった。 ポーランド人女性(63歳)は怒りをにじませながら、次のように語った。 「テレビのコマーシャルにしろ、街で見る広告にしろ、大人をバカにしてるのかと思うようなものが少なくありません。 子どもに注意を呼びかけるものならわかりますが、政府のものや公共機関、大企業でも、どれもアイドルとお笑い芸人にアニメや漫画ばかりなのはおかしいですよ。 それも中身がなくて、単に出ているだけ。 子ども扱いされているようでイライラします。 みんな自分の使ったお金や税金があんな子ども騙しに使われて、何も感じないんですかね」 宣伝するためにお金をかけているのか、お金をかけるために宣伝しているのか……と映っている部分もあるようだ。 「宣伝したいものが何なのかや訴えたい層、見せる場所を考えて作るのが広告で、場所や相手、中身も考えないで垂れ流すのは違うでしょう。 このポスターに限った話じゃないです。 見る人ももっと考えないと何も変わらないと思います。 こんな酷いものがまかりとおってるのは、見る人が何も考えていない証拠ですよ」 我々が普段何気なく目にしている広告だが、ある意味鏡のような面もあるのかもしれない。 今回の炎上ポスター、あなたの目にはどう映っただろうか? <取材・文/林 泰人> 【林泰人】 ライター・編集者。 日本人の父、ポーランド人の母を持つ。 日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン.

次の