アドレノクロム アザ。 【アドレノクロム 】トルコの国営放送が悪魔崇拝、ディープステートを暴露。都市伝説・陰謀論終了

「白うさぎを追え」の本当の意味

アドレノクロム アザ

松本人志(まっちゃん)はヒアルロン酸注射を打った? そもそも 松本人志の頬の変化について噂が飛び交ったのは2019年の12月28日放送された『ワイドなショー』の放送でのことでした。 この日のツイッターは松本人志の頬について相当話題になっていました。 ヒアルロン酸注射• ボトックス注射 をしたのでは疑問視されていますがそもそも双方の注射の種類は何なのかまとめてみました。 松本人志(まっちゃん)の右頬の黒いアザ、シミの正体は? 松本人志の右頬のアザの噂が浮上したのは、上記のヒアルロン酸注射が疑問視された後の事です。 SNSを調べてみると、 2020年2月頃から話題になっています。 「右頬の黒いのはシミ?アザ?たるみ?」• 「病気でないといいけど心配」• 「日に日に濃くなっているような印象」 などど心配の声やなにが原因か気になる声が見受けられます。 まずは アザについてですが、もし外傷によるアザであれば長い間残り続けることはないと思いますし、日を重ねるごとに回復し薄くなってくるとはずです。 松本人志の場合は日に日に濃くなってきているようなので、恐らくこれはシミではないかと推測できます。 シミついて調べてみると、• 松本人志の年齢は50代• 黒ずんだ大きめのシミのようなもの といった観点から 老人性のシミといえるでしょう。

次の

足立梨花、顔のアザの理由がヤバイ!?憶測が飛び交う志村けんとの関係|ソクラテスのつぶやき

アドレノクロム アザ

アンチエイジング効果は「プラセンタ」で得られると思っていたのですが、包茎の皮にもその効果があるんでしょうか? それより強力な物が実はあるんですよ。 これはショッキングで許される行為では無いので詳しくは書きませんが、トム・ハンクスの息子がラリって配信していますので、興味がある方はググって下さい。 本当に最悪です。。。 <TOCANAより転載> 画像は「」より いま陰謀論界隈でさまざまな憶測を呼んでいる若返り物質「アドレノクロム」について、トルコのニュース番組が報じたことが話題になっている。 アドレノクロム(Adrenochrome)は、ストレス反応を引き起こす神経伝達物質アドレナリンを酸化させた化学物質で、医学的には傷口から出る血液の凝固を促進させる物質として利用されている他、科学・医学研究の試薬や、医薬品の材料として販売されている。 かつては精神病の治療や幸福感をもたらすドラッグとしての利用が研究されていたが、その効果は科学的に解明されていない。 ところが、陰謀論の世界ではこの物質が「若返り薬」として一部のセレブや政治家らに使用されているとまことしやかに噂されているのだ。 これを継続的に使用すると、いずれは顔にアザできると言われており、ヒラリー・クリントン、ビル・クリントン、トム・クルーズ、ニコラス・ケイジ、バラク・オバマ、ジョニー・デップ、ジム・キャリーらが使用していると噂されている。 トルコ放送局「TRGT HABER」は、2018年のサンドラ・ブロックの特殊な美容法についてのインタビューを取り上げている。 そのインタビューでブロックは、通称「ペニス・フェイシャル」と呼ばれる美肌治療を受けていることを明かした。 これは、幼児の包皮から抽出した成分を肌に注射する美容法だという。 () ペニス・フェイシャルについて語るサンドラ・ブロック。 画像は「」より 「TRGT HABER」はこれを証拠としてサンドラ・ブロックがアドレノクロムを使用していると言いたいようだ。 というのも、アドレノクロムは「大人よりも純粋で臆病な9歳未満の子供の血液」から作られていると噂されており、しかも、原料となる血液中のアドレナリン濃度を高くする必要があるため、子供達は限界ギリギリまでの拷問を受け、強烈な苦痛と死の恐怖の中、アドレナリンたっぷりの血液を抜き取られるというのだ。 さらに「TRGT HABER」の司会者は、アドレノクロムはセレブに1000ドルで販売されていると指摘。 1939年に発見されて以来、若返り効果が期待され、多くのセレブや金持ちが使用してきたという……。 だが、その根拠は薄弱だ。 アドレノクロムが実在する物質であることは間違いなく、富士フイルム和光純薬株式会社も「D,L-アドレノクロム」という製品を販売しているが、(製造はToronto Research Chemicals Inc,と記載)、試験薬としての使用を目的にしているとのことだ。 () 次に司会者はジョニー・デップらアドレノクロムで若返っているとされるハリウッドセレブらの写真を持ち出し、39歳の時と51歳の時のジョニー・デップの顔写真を比べ、老化が見られないと指摘。 しかし、これも根拠に乏しい。 画像は「」より オンライン現象記録サイト「KnowYourMeme」によると、アドレノクロムに若返り効果があると噂されるようになったのは極最近のことだ。 1954年に出版されたオルダス・ハクスリーのサイケデリック体験記『知覚の扉』でアドレノクロムが言及されたのが最初で、メスカリンと同じ効果があるとのではないかと書かれた。 その後、1971年の小説『ラスベガスをやっつけろ(Fear and Loathing in Las Vegas)』でもその幻覚効果が取り上げられ、のちに映画化された際にもアドレノクロムは幻覚剤として描かれた。 同映画を監督したテリー・ギリアムは、アドレノクロムは原作者のハンター・S・トンプソンが創作したものであり、実在しないと映画のメイキング映像で語ったという。 この時点からアドレノクロムは拷問された子供から抽出されるという話になっているが、まだ幻覚剤だとされていた。 しかし、2020年に入るとアドレノクロムが若返り薬としてセレブに使用されているとするフェイスブックの投稿画像がネット上に広がるようになったようだ。 Googleトレンドを見てみると、アドレノクロムの検索件数は今年の3月ごろから激増している。

次の

平成天皇「明仁 アキヒト」の目の周りにアザがある!アドレノクロムの禁断症状とよく似ているのだが・・・ | 地球人類の光と闇

アドレノクロム アザ

【注意】今回は非常にショッキングな内容となっております。 精神的にそう言う内容に耐性のない方はこの記事を読まれない事をおすすめします。 私、ヤフーブログが閉鎖する事になってアメブロに引っ越してきたのですが、その当初は自分のブログをいじる程度にしか使っていませんでした。 で、つい先日検索窓を使って『大日月地神示』と入れてみたんです。 すると出るわ出るわ素敵な記事が。 今後、アメブロはそう言う使い方をする事にしましたw とは言え、自身でブログ記事としてスピな事は書かないですけどね。 書いたところで3次情報くらいになっちゃいますし、そうなると当然新鮮味も薄いですから。 前置きはこのくらいにして、早速本題に移りたいと思います。 今回のネタはアメブロで見つけた記事を元に書きますね。 所謂陰謀論系の話です。 その記事を読んで初めて知ったのですが、アドレナクロームと言うものがあるのだそうです。 ちょっとググって調べてみたのですけど、これがまたとんでもない代物なんですよ。 ググって調べた記事から要約して紹介しますね。 アドレナクロームは、血中のアドレナリンの酸化によって形成される化合物。 最も一般的には幼児の松果体から収穫されます。 抽出が難しい為、結果として非常に独占的な物となっているのだとか。 幼児の松果体から収穫と言っていますが、それだけではありません。 例えば、機能性低血糖症の人は、体内でエネルギーショックを和らげるためにアドレナリンを分泌して血糖レベルを正常値に引き上げようとするのですが、このアドレナリンが過剰分泌され、酸化したものがアドレナクロームになる事でも知られているそうです。 ちなみに、砂糖の過剰摂取は低血糖症になりやすいのだとか。 アドレナクロームはその性質上、拷問や犠牲によって収穫される必要があるのだそうです。 何故なら、この物質は大きな強迫観念や危険の時に血流に放出されるアドレナリンに由来しているからなのだとか。 このアドレナクロームは摂取した者に麻薬のような恍惚感を与えて興奮させるのだそうです。 それもそのはずで、アドレナクロームは麻薬のメスカリンの薬効成分と同じ物質だと言われているのだとか アドレナクロームは神経毒性、精神分裂性物質及び、統合失調症など他の精神疾患の原因になっているとも言われています。 ここまで読むと分かると思いますが、アドレナクロームとは脳内で形成される脳内麻薬の一種、と考えていいと思います。 しかも厄介なのは、抽出するには幼児や子供達に虐待や拷問を行わねば発生しないと言う事と、松果体で作られるため、抽出するためには対象となった子供達は犠牲にならなければいけないと言う事。 とても残虐で信じられないので、ただのホラーな妄想であって欲しいと願うばかりです。 陰謀論のひとつに、世界の特権階級のエリート達が秘密裏に子供達を誘拐して生贄に捧げ、その血肉を食らっているのだと言うものがありました。 その理由こそがこのアドレナクロームの摂取だとされているのです。 彼らの寿命を伸ばすためだけに、罪のない大勢の子供達が犠牲になっている。 本当だとしたらとても恐ろしい話です。 で、このアドレナクロームについて、とあるお金持ちがフェイスブックに堂々と記載していたとの事。 その人物こそ、フェイスブックの創始者、マーク・ザッカーバーグ氏その人だったのです。 しかし、アドレナクロームの接種は私がこれまでにしたどんな行為よりも楽しい」 と、書かれているそうです。 小さな参加者からのアドレナクロームの抽出を観察するのは中々挑戦的だと……戦慄が走りますよね。 性的な会合と言うのも暗示的です。 普通、こう言う闇の儀式とか口外厳禁だと思うのですけどね。 そう考えると、何か裏があるような気がしないでもないのですが……(汗)。 今回はショッキングな内容になってしまい申し訳ありません。 読んで気分を害した人がいたらごめんなさい。

次の