国内 旅行 いつから。 Go To キャンペーンはいつからで申請方法は?沖縄旅行も半額で対象のホテルは?

【自粛明け】旅行やイベントはいつから参加できる?段階的緩和を図解解説!

国内 旅行 いつから

Go To キャンペーンが発表!7月下旬開始です! 政府は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている観光業や飲食業向けの需要喚起策について、7月下旬から実施する方針を固めた。 国内旅行の代金の補助や飲食店で使えるクーポン券などに計約1・7兆円の予算を確保しており、業績の回復につなげる。 喚起策は「GO TO キャンペーン」との名称で、国内旅行の代金を半額補助(1泊あたり最大2万円)するほか、土産物店などで使えるクーポン券を発行する。 飲食店向けのプレミアム付き食事券の発行や、イベントチケットの割引なども実施する予定だ。 政府は25日に緊急事態宣言を全面的に解除し、基本的対処方針で、外出自粛を7月末頃までに段階的に緩和する計画を盛り込む見通しだ。 今後、事業者や利用者に周知し、夏休みの旅行シーズンに合わせて実施できるよう準備を進める。 yahoo. 目安としては7月20日あたりがまさにドンピシャ!と予想しています。 政府としても「夏休みの旅行シーズンに合わせて実施」ということなので、この辺での国内需要を狙っています。 その時期に旅行しても大丈夫?という声は当然あるでしょう。 ですがこうやって日本政府がお墨付きで後押ししている以上、精神的にも旅行に楽しみを求めてもいいのではないかと思います。 これで5泊すれば、マックスで40万円も安くなる可能性があるってことなんですから! 自粛期間で給与が減った方もいると思います。 しかも沖縄では普段であれば手が出ない高級リゾートホテルやコテージもあり、この「Go To キャンペーン」で半額で楽しめる可能性もあります。 いつもは安さを求めていた旅行も、今年はGo To キャンペーンでちょっと贅沢な楽しみができるかも知れませんよ! 沖縄旅行だとどうしても数泊になるので、その分宿泊代金は増えていきます。 今まで夢で終わっていたこんな高級ホテルにもちょっと頑張れば宿泊できちゃうかも!ですね。 ザ・ブセナテラス• ザ・テラスクラブアットブセナ• ジ・ウザテラスビーチクラブヴィラス• 百名伽藍• ハイアット・リージェンシー瀬良垣アイランド沖縄• ザ・リッツカールトン沖縄• ハイアット・リージェンシー那覇沖縄• ザ・ナハテラス• リーガロイヤルグラン沖縄 中堅どころを手堅く半額で!という考え方もアリ 先ほどは憧れの高級リゾートホテルと!書きましたが、割引は宿泊代金の半額で最高2万円までです。 であれば、この恩恵を一番効率よく受けられるのは4万円の宿泊費なわけです。 沖縄で1泊4万円と言えば、そこまで高級ではない、中堅どころという感じでしょうか。 なので山を張って今のうちから予約!というのがちょっと難しそう。 と同時に、Go To キャンペーンが始まって早期終了の可能性もあることから、情報は敏感にアンテナを立てておき、すぐに予約ができる体制を作っておくと良いと思います! 割引を受けるための申請方法は? 時期の詳細は不明としても、具体的な申請方法は知っておきたいですよね! ですがこれに関しても現時点ではまだ発表されていません。 考えられるものとしては、パッケージ旅行を申し込んだ旅行代理店でそのまま申請してくれるたり、、、 もしくは個人旅行であっても、しかるべきところにその証拠書類を出して申請をする形もあり得ますね。 ただ、後者だといろいろと問題も起きそうなので、旅行代理店経由での申請のみという方になる可能性もあるのかな、、、と。 旅行代金 割引額 貰えるクーポン 自腹額 10,000円 3,500円 1,500円 6,500円 20,000円 7,000円 3,000円 13,000円 30,000円 10,500円 4,500円 19,500円 40,000円 14,000円 6,000円 26,000円 50,000円 14,000円 6,000円 36,000円 60,000円 14,000円 6,000円 46,000円 70,000円 14,000円 6,000円 56,000円 80,000円 14,000円 6,000円 66,000円 90,000円 14,000円 6,000円 76,000円 100,000円 14,000円 6,000円 86,000円 上記はあくまで一人あたり、となります。 そういった感じでGo To キャンペーンによる割引の恩恵を計算できます。 参考ページ: また、ホテルなんかは1部屋いくら!という料金設定なことが多いですよね。 ここに家族4人、一泊8万円で予約を入れたとします。 この場合は一人当たり20,000円となりますから、上記シミュレーション表の旅行代金20,000円のラインを参考にしてくださいね。 これが4名分という計算になるかと思います! Go To キャンペーンに期待する声もかなり多いです! Go to travelキャンペーンとうまく噛み合うと国内客の沖縄観光は今年かなり盛り上がるのかも。 人気の北海道、沖縄方面の他に、ディズニー、USJなんかの大型テーマパークも賑わいそう。 周辺の交通、ホテルも客足が戻りそう😊 ホテル株増やせるかな🤔 — サー svjAEOu7sZPcK9j GO TOキャンペーンが7月下旬からスタートの見込みというのが本日の最高のニュースだ。

次の

【アフターコロナの国内旅行について】国内線はいつから利用できる?

国内 旅行 いつから

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年6月23日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の

お知らせ

国内 旅行 いつから

国内旅行はいつから行けるのか? 現在、海外から帰国をした人には全世界を対象として一律で14日の待機要請がかかっていることからなかなか難しいです。 まずは国内旅行から進めていくことになります。 世界中での新型コロナウイルスの蔓延に伴い、インバウンドもほぼゼロになり、経済は相当に傷んでいます。 日本の経済復興のためにも、コロナに注意しつつ、国内旅行で日本経済も回したいところですね。 その国内旅行はいつから可能なのか、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(以下、単に「基本的対処方針」とします)の記載からみていきたいと思います。 基本的対処方針には以下の記載があり、3段階のステップでそのときの感染状況などを判断しながら、都道府県において移動の自粛などについて決めていくことになっています。 三段階で移動制限は解除していくということになっており、• この基準、あくまで国が決めたように報道されていますが、これを決めるのは都道府県です。 なので、全国一律で6月19日から旅行が可能になるわけではありません。 Step1 6月から行動制限が一部除いて解除 基本的対処方針には、以下のとおり記載があります。 まぁ非常に読みにくい霞が関文学なこと。 6 月に入れば、都道府県間の移動制限というものは、基本的にはなくなります(報道では19日解禁!なんて記事もありますがあれは見出しがよくないです)。 ただし、最後まで緊急事態宣言が残った 北海道と首都圏(1都3県)を行き来する移動については、慎重に対応することが求められています。 エリア内とエリア外の移動のほか、エリア内からエリア内も、もちろん対象です。 この「慎重に」というのがなかなか不可解な文言ですよね。 なんというか、いろいろなところに配慮した文言になっています。 とらえ方も人それぞれですよね。 5月が「不要不急の帰省や旅行は避ける」ようにとの記載でしたので、5都道県からみの移動がダメなら素直に「5 月 25 日の緊急事態宣言解除の際に特定警戒都道県であった地域との間の不要不急の移動は避ける」と書くはずです。 なので、原則移動はOKと理解しています。 そのうえで私は、 ハイリスク群である高齢者や基礎疾患をお持ちの方の移動、またそれらの人に会いにいくのは注意しなさいよ、という意味にとらえました。 この辺、西村大臣あたりが言及してくれてればいいんですけどね。 このルールを素直に読めば、例えば東京と大阪の移動に関しては「慎重に」ですが、名古屋と大阪であれば特に問題ないことになります。 それでいいのかという問題はさておき。 ただし、観光についてはこの後紹介しますが但し書きがついているのでよろしくないということになります。 Step2 6月19日頃から県間移動の自粛解除・県外観光も少しずつ ステップ1の期間限定で5都道県に対しての制限を課していたので、順調にいけば6月19日頃からは、北海道と首都圏の5都道県に対しても県間移動の制限を設けないということになります。 つまり全国的な移動が認められるということになりますね。 ただ、「ぜひうちの県にお越しください」と宣言するのは知事の権限です。 となると、場合によっては6月19日頃に「いや、うちの県はもう少し待ってくれ」というかもしれません。 そのためにも、少なくとも6月中は、キャンセルができる予約をすべきではないかな、と思います。 私はとりあえず特典航空券で7月11日(土)〜12日(日)の沖縄を押さえてあります。 ホテルはしているものの、3,000円台でありましたので確保済です。 さすがにまだ子供を連れていくのは早いと思っているので、一人でDMM水族館でも行ってこようかなって考えています。 これですが、6月19日頃からの旅行解禁は「ちょっと早いんじゃないかな?」と思う人もいるかもしれません。 まぁ今回のコロナで、人の考えは全然違うことがわかったので、もうこれは自分の信念で行動するしかないですよね。 7月下旬〜 Go to travelクーポン配布 定額給付金などが成立した第一次補正予算で、観光業、飲食業支援のための復興クーポンの発行として約2兆円が計上されていますが、このキャンペーンも7月下旬から始まります。 もう予算通っているので後は制度設計を待つだけです。 これは「GO TOキャンペーン」という名称で、国内旅行の代金を半額補助(1泊あたり最大2万円)するほか、土産物店などで使えるクーポン券を発行するものです。 イメージとしては「ふっこう割」と同様で、旅行代理店経由で利用できるクーポンが配布されるという仕組みを想定しているようですね。 これについては、また出てきたら紹介できればと思います。 海外旅行は秋頃から? 海外旅行については、受け入れ国側と日本の問題が絡み合うので複雑になります。 現在の感染状況ですが、オセアニアや東〜東南アジアは一部の国を除いて落ち着きつつあり、ヨーロッパの感染も、ようやく落ち着くめどがたってきました。 とはいえ、まだドイツ、イタリア、フランス、スペインなど主要国で毎日数百人の患者が発生しています。 イギリスは数千人で、減る感じがしません。 まぁイギリスは入国制限かけてないから…。 一方でめちゃくちゃやばいのが南北アメリカと南アジア、西アジアです。 全然報道されませんが、カタールが人口比では世界一感染が拡大していてヤバいです。 ラマダンあたりからイスラム教の国はどっと増えました。 海外旅行については、感染者数が非常に少ないエリアであるハワイが「」、台湾が「」と報道されていますので、やはり秋ごろまで難しいと思います。 スペインが7月から受け入れるといっていますが、今の状態で日本からどれだけ行けるのか(そもそも渡航禁止ですし) 海外からの入国条件がどうなるか その外国の状況が落ち着いてきたとして、海外旅行に行く場合、 受け入れ側である外国への入国の際、観光客の受け入れ条件に何を設定してくるかが問題になります。 たとえば、「入国〇日以内に新型コロナウイルスの陰性証明が必要」となった場合どうなるでしょうか(現在、タイやカンボジアの入国要件に含まれています)。 このように陰性証明が求められるような条件をつけられた場合、日本ではPCR検査や抗原検査を無症状感染者へ検査するのは否定的ですから、なかなかこの証明書を得るのは難しいですね。 (市中感染が少ないときであれば、検査をやるほうが弊害が多いのは事実ですので、その方針は個人的には間違ってないと思います) なので、このような「陰性証明」を条件をつけられると、その国に行くのは当面難しいですね。 一方で、例えば出国2週間前からの体温測定+現地でも体温測定、追跡アプリのインストールが条件であれば、日本人でも十分出国することが可能になりそうですね。 また、 おそらく、海外旅行保険加入も必須で、付与証明書の携行も必須になると思います。 国内での14日待機条件がどうなるか また、外国が広く門戸を開いたとしても、 日本に帰ってきて 14 日間の待機がある以上は、なかなか海外旅行は難しいです。 現状の日本はまさくこれですね。 全ての国・地域から入国される方には、入国の前後で以下の対応をお願いします。 車で迎えにきてくれる人がいない限り、空港近くのホテルで2週間過ごすことが必要になります。 海外旅行から帰ってきて 2 週間出社できませーんと言ったら、リモートな会社以外ではクビ確実でしょうね …。 そもそも会社から許可ぎでないと思います。 逆に、リタイヤ組であれば、2週間の自主隔離も周りの家族のサポートがあれば(空港から家までの車や、自主隔離中の買い物など)可能なので、もしかしたらリタイヤ組から海外旅行は復活していくかもしれませんね。 現時点では世界どの国からの入国でもこの制度をとっているんですが、今後、一部の低リスク地域からの入国に限り、この条件が外れることが海外旅行に行けるもう一つの条件になりそうですね。 個人的には台湾、ベトナムなどの地域あたりから、段階的に解除されていくとは思いますが…。 まとめ 緊急事態宣言が解除され、旅行はいつから行けるのかについてみていきました。 国内旅行については、6月19日ころから、少しずつ県外旅行が可能になりそうです。 また、7月にはクーポンもたくさん出そうですので、コロナが落ち着いていれば、うまく活用して国内旅行したいですね。 一方海外はしばらく難しそうです。 海外がどう条件つけてくるか、国内の14日ルールがどうなるか次第で全然かわってきますが先は見えません。 秋まではまぁ無理でしょう。 海外旅行好きには残念でありますが、普段海外に行く人も、この機会に国内旅行してはどうでしょう。 今までいったことのない県を訪れたら、新たな発見があるかもしれないですよ。

次の