ボタニカルシャンプー 比較。 口コミ付ボタニカルシャンプー&トリートメントランキング!成分の違いで比較

口コミ付ボタニカルシャンプー&トリートメントランキング!成分の違いで比較

ボタニカルシャンプー 比較

サラサラでツヤツヤの髪って、いつの時代も美人を象徴するものですよね。 サラツヤ髪に憧れるけれど、自分の髪はゴワゴワでパサつく……そのような悩みを抱えている人もいるのではありませんか。 きれいな髪を作るためにはスタイリング剤でセットするのも効果的ですが、元の髪の状態が悪いとやはり仕上がりも悪くなってしまうものです。 だからと言って、生まれ持った髪質をすぐに変えられるものでもありません。 髪質を根本的に改善し、痛みを和らげてダメージのない健やかな髪にするためには、どんなことよりも毎日のヘアケアが重要なのです。 ヘアケアの手段として知られているのはトリートメントなどですが、その前にしっかりと汚れを落とすためのシャンプーも大切なものなので気を使わなければなりません。 シャンプーは洗浄力を高めるために石油系の界面活性剤が含まれていたり、なめらかでサラサラの髪に仕上げるためにシリコン成分などが入っているものが多いので注意が必要です。 できるだけ髪に優しいケアをしたいという場合には、シャンプーを使いましょう。 ボタニカルシャンプーとは 「ボタニカルシャンプー」という言葉を聞いたことはあっても、実際に「どんなものか」と問われると説明できないという人も多いのではないでしょうか。 「ボタニカル」とは「植物の」という意味を持つ言葉で、これを冠したシャンプーはその名の通り植物由来の成分を多く配合したものとされています。 髪の汚れを落としたり指通りをよくするためにシャンプーにはどうしても化学合成成分が使われることが多いのですがそれでは頭皮や髪に負担がかかりやすいのです。 そのため、近年では髪や地肌に優しいボタニカルシャンプーを使ってヘアケアをする人も増えてきています。 ボタニカルシャンプーは植物成分を多く配合しているので洗浄力が低く、またシリコンなどの滑らか成分が入っていないので洗い上がりがキシキシとして不快だという声があるのも事実です。 しかし近年では、メーカーごとに研究が重ねられており、髪に優しいアミノ酸系の洗浄成分と肌に近い弱酸性石鹸系の洗浄成分をあわせて洗浄力を高めているものも多くあります。 泡立ちもよくなっているので、通常のシャンプーと遜色ないほどの仕上がりになっているものが多いのです。 ボタニカルシャンプーと言っても品質を保持したりするために、どうしても防腐剤や保存料を配合しなければならない場合はありますが、90%以上は天然の植物成分が配合されているものがよいでしょう。 指通りをよくする成分や防腐剤なども植物成分でまかなえる場合もあるので、そのような処方になっているものだとヘアケアには最適といえます。 逆に、香料や着色料などはシャンプーをするうえで必要なわけではないので、極力カットされているものを選んだ方がよいでしょう。 添加物は必要最低限に、そして髪に優しい成分を豊富に含んでいるものを選ぶのが、よいボタニカルシャンプーを選ぶためのポイントといえます。 そのため、髪の状態もケアすることができるので、そのような効果が期待できるものを選ぶようにしましょう。 例えば頭皮にかゆみが出たり炎症や荒れなどが起こっている場合には、頭皮が乾燥していることが考えられるので保湿成分や消炎成分を含んだものを選ぶとよいでしょう。 保湿成分としてはや天然植物オイル、また海藻エキスなどが含まれたものを選択してください。 また、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kやカミツレ花エキス、アロエベラエキスなどもおすすめ。 髪をサラサラな仕上がりにしたいなら油分としてやがふくまれているものが効果的。 抜け毛がひどいという場合にはオウゴンエキスが効果的ですし、血行をよくするセンブリエキスが配合のものもおすすめできます。 エイジングケアで若々しい髪を保ちたいなら抗酸化作用のある天然オイルなどの使用が理想です。 商品の広告では基本的にメリットしか書かれていませんから、「本当に効果的なのかな」なんて不安に思ってしまうこともあるでしょう。 そのようなときに役に立つのが口コミです。 口コミは実際にその商品を使った人が感想や使い勝手をコメントしているものなので、広告を読むよりも実際の使用感を知ることができます。 多くの口コミを得ていて、なおかつ評価が高いものは期待できるので、試しに購入してみるのもよいでしょう。 特にリピーターがついているようなものは品質にも期待ができるので、そのあたりもチェックして選ぶと失敗は少なくなります。 もちろん、人の体の質も十人十色なのですべての人に同じように効果が出るわけではないです。 そのため、口コミをチェックする際には、プラスだけでなくマイナスの評価もしっかりと確認してください。 口コミはあくまでほかの人による感想なので、それがそのまま自分にも効果的に働くというわけではないのです。 そのため、評価が高いからといってすぐに購入を決めるのではなく、口コミの評価がよいものをリストアップしてから店頭などで試してみる、というような手順を踏むようにしましょう。 そうすれば口コミのよい点を確認することもできますし、口コミに書かれていないようなデメリットも知ることができるはずです。 近年のボタニカルシャンプーは基本的に肌に優しく質のよいものも多いのですが、シリコンが配合されていない分どうしてもシリコン入りのシャンプーと比べると指通りやサラサラ感が劣ってしまうこともあります。 それほど気にならない商品も多いのですが、その点も頭に入れた上で商品を選ぶことが大切です。 ボタニカルシャンプーおすすめ人気ランキングTOP15 ここまでボタニカルシャンプーの選び方について紹介してきましたが、実際にどんな商品があるのか気になるという人もいるでしょう。 そこで、おすすめのボタニカルシャンプーを厳選してまとめてみました。 これからランキング形式で紹介するので、ボタニカルシャンプーを購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。 15位 アロマスタイルシャンプー(ユズ) Amazonの情報を掲載しています サロン専売商品として人気のこのシャンプーは、ヤシ油由来のココイルグルタミン酸TEAなどのアミノ酸系の洗浄成分をベースとして使用し、地肌と髪をいたわりながら汚れを落とすことができます。 天然の補修成分であるキトサンを配合し、髪の内部にまで入ってしまったダメージをしっかりとケアし、潤い溢れる健康的な髪に仕上げることが可能です。 フレッシュでさわやかなユズの香りがついているので、気分転換したいときやスポーツ後の疲れたときに使用することでリフレッシュすることができます。 甘くないさわやかな香りなので、女性だけでなく男性にもおすすめ。 アミノ酸とキトサンの働きで枝毛やパサつきなどを抑えることができ、またカラーリングの褪色もケアすることができるので色が長持ちしやすくなります。 地肌への優しさにこだわって作られているので、石油系界面活性剤や合成着色料、シリコンを配合せずに仕上げられているので、敏感肌の人や地肌への負担や刺激が気になるという人も気軽に使用することができるのです。 Amazonの情報を掲載しています 優しい赤みのパッケージが印象的なこのシャンプーは、りんごの幹細胞をはじめとするレッドボタニカル成分や生ケラチンを配合しているため、髪のダメージをケアすることができる人気商品です。 りんご幹細胞や生ケラチンのほかにも、生や生、ハチミツや16種のアミノ酸を含んでいるため、地肌や髪にとことん優しい処方となっています。 なんと78%以上が美容液成分で構成されており、60種類もの洗髪特徴成分を含んでいるので優しく髪の汚れを落とし、髪を健やかな状態に保つことができるのです。 また、泡立ちもよく、濃密な泡がしっかりと髪や頭皮を包んで頑固に張りついた汚れや皮脂などもすっきりと洗い上げることができます。 レッドボタニカルブーケの優しい香りがついており、癒されながらヘアケアをすることができるので、お風呂の時間もグッと楽しくなることでしょう。 頭皮に優しいケアができるにもかかわらず1,000円以下というプチプライスなので、使い続けやすいのも魅力の一つとなっています。 Amazonの情報を掲載しています フェルミナのハッピーアロマシャンプーは、グリーンのパッケージがさわやかなボタニカルシャンプーです。 メリッサエキスにローズマリーエキス、アルテアエキス、オノニスエキス、カミツレエキス、スギナエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セージエキス、セロリエキス、タイムエキス、フキタンポポエキスと実に11種類もの天然ハーブエキスが配合されているので、優しく地肌をいたわりながら頭皮や毛根の環境を整えることができます。 ほのかに香るハーブの香りが気持ちを落ち着け、安らげてくれるので、ストレスを緩和してリラックス作用をもたらしてくれるので癒しの効果も期待できるでしょう。 また、高分子のカチオンポリマーも配合されているので髪をサラサラの美しい状態に仕上げることができます。 カラーリングやパーマをよくするという人は髪も傷みやすいものですが、天然ハーブをたくさん含んだこのシャンプーでケアすることで、しっとりと潤ったダメージレスの髪を保つことができるのでおすすめです。 Amazonの情報を掲載しています さくらの森のハーブガーデンシャンプーは、天然由来成分を100%配合しています。 多くの女性誌のシャンプーランキングで1位を獲得するほどの人気ぶりで、美容のプロからもお墨付きをもらっています。 17年以上も髪と頭皮の悩みに関わっていた東大博士号を取得した博士が監修しているので、その品質も折り紙つきです。 髪に有効なオーガニックハーブであるローリエやよもぎ、ミントやローズマリー、カモミール、バジル、すぎなを配合し、頭皮や髪の状態を整えて健康的な状態に保つことができます。 また、ベースに使われている精製水もオーガニックハーブを煮出したハーブウォーターを使用しているので、とことん髪によい処方となっているのです。 ハーブのほかにも15種類のボタニカル成分を配合し、肌を潤す保湿成分も3種類配合している徹底的にぜいたくな処方が魅力となっています。 洗浄成分は天然のアミノ酸系洗浄剤を使用し、高い泡立ち力でしっかりと洗い上げることができるのもポイントです。 Amazonの情報を掲載しています シンプルな白地をベースにおしゃれなデザインが施されたこのシャンプーは、植物由来成分を99%配合した髪に優しい処方の商品となっています。 11種類のアミノ酸毛髪補修作用のあるタンパク質、また浸透性補修成分やタンパク質洗浄成分、アミノ酸系洗浄成分を含んでいるので、髪をのダメージをしっかりとケアして、ハリはり、コシのある髪に仕上げることが可能です。 また、地肌を健康的に保つためにラベンダーエキスやローズマリーエキス、ノバラエキスにタイムエキス、レモングラスエキス、カミツレエキス、セージエキスといったオーガニックアロマ成分も配合されています。 さらに、シーラベンダーエキスや黄金マリンハーブエキス、ピート根エキスの作用によって毛先にツヤを出すこともできるので健康的で美しい髪にしたい人にはぴったり。 シリコンやパラベン、鉱物油や動物性原料、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料などの地肌や髪への負担となる成分も配合されていないので敏感肌の人にも人気のようです。 Amazonの情報を掲載しています 熊野油脂のこのシャンプーは、名前の通り馬油の成分を配合した製品です。 ノンシリコンなので髪への負担が少なく、傷んだ髪を徹底的に補修することができるとして高い人気があります。 馬油は中国で古くから薬用成分として使用されていたもので、人間の皮脂に近い性質を持っているので浸透力が高いのが魅力です。 内側のダメージにもしっかりと届いて補修し、ケアしてくれるので内面から輝くようなツヤのある健康的な髪に仕上げることができます。 洗い上がりもなめらかな仕上がりになるので、手ぐしを通すのが楽しくなること間違いなし。 髪や地肌と同じ弱酸性なので、地肌に負担をかけることなく汚れを落として髪をきれいにすることができます。 ノンシリコン処方で頭皮のカラーリング後の褪色を対策したりパーマを長持ちさせることができるので、美容院での施術をよくするという人にもおすすめです。 また、髪に潤いをプラスすることができるので、頭皮が痒くて困っているという人やパサつきや広がりが気になるという人、くせ毛に悩んでいるという人にも最適の商品と言えます。 Amazonの情報を掲載しています リンレンのレミディアルシャンプーは、グリーンのボトルが爽やかなシャンプー。 植物由来成分を多く含んでおり、甘草由来のグリチルリチン酸2Kは炎症を抑えるのに効果的な成分とされています。 また、貴重な和種ミントとレモンを配合しており、爽やかさの中にもフレッシュさを感じられるのも魅力です。 ミントもレモンも国産のものを使用しており、100%天然の香りなので不快感なく使用できます。 また、鉱物油やシリコン、石油系界面活性剤やパラベン、合成香料や合成着色料、動物性原料を使用していないので肌に優しい処方です。 保湿成分も豊富で、ドクダミエキスやスサビ海苔エキス、ミツイシコンブエキスやウンシュウミカン果皮エキス、ソメイヨシノ葉エキスなどの植物成分を配合しています。 さらに配合されているものは国産なので人気のようです。 髪にたっぷりの栄養を与えるので、髪が細くなってしまったり産後の脱毛が気になっている方に人気です。 Amazonの情報を掲載しています オルナのオーガニックシャンプーは、とことん肌への優しさにこだわって作られている製品です。 市販のシャンプーに配合されることの多いラウレス硫酸Naなどの硫酸系の成分を配合していないので、髪や頭皮の潤いを落としすぎることなくケアをすることができます。 洗浄成分として使用しているのはアミノ酸系の洗浄成分で、これはヤシ油やサトウ大根の成分を結合させて作ったコカミドプロピルベタインという成分なので、髪を優しく洗い上げることができるのです。 洗浄の際には強引に汚れを引き剥がすのではなく、微生物が成分を分解するので地肌に優しく、また洗い流したあとの環境にも優しい処方となっています。 また、このシャンプーは地肌への優しさにこだわって作られているため、肌に負担をかける成分を極力配合していないのも大きなポイント。 着色料や香料、鉱物油やシリコン、アルコールやエタノール、パラベンやといった成分を配合していないので、肌に優しくケアをすることができます。 Amazonの情報を掲載しています 黄色のシンプルなパッケージがさわやかなこの商品は、名前からもわかる通り地肌や髪に優しい植物成分をたっぷり配合したシャンプーです。 ボタニカル成分であるキハダ樹皮エキスやブドウ種子エキス、保湿成分であるオプンチアフィクスインジカ種子油やバオバブ種子油、オリーブ種子油にビタミンE配合で抗酸化作用の高いアルガニアスピノサ核油などを使用しています。 アミノ酸をベースとしたシャンプー剤なので地肌や髪に負担をかけることなく、優しく汚れを落とすことができますし、美容作用の高いボタニカル成分を配合することで仕上がりもツヤツヤで潤う髪に仕上がるでしょう。 また、木曽ヒノキと高知県産の柚子の精油を配合しているので香りもよく、優しい香りで香水の邪魔にもならずにほんのりと香りを纏うことができます。 サルフェートやシリコン、動物由来原料や着色料、鉱物油を使用していないので、肌に優しいヘアケアをすることができるのです。 Amazonの情報を掲載しています KOSEのオレオドールも人気のあるボタニカルシャンプーで、鮮やかなオレンジのパッケージが目に華やかな印象を与えてくれます。 オーガニックホホバ抽出オイルやオリーブ、エゴマ油やグレープシードオイル、アプリコットシードオイルなどをのボタニカルエナジーオイルを配合し、そこに5種のピュアオイルを配合しているので、植物の力で髪を優しくケアすることができます。 健康にもよいとされるオメガ3、6、9の脂肪酸を含む植物オイルを配合しているので、髪の細部にまで届いてしっかりと栄養を届けることができるでしょう。 さらに、天然由来のアミノ酸誘導体を配合することで、ダメージによって毛髪内部がスカスカになった状態でも浸透して補修することができます。 フレッシュフローラルの優しい香りなので、癒されながらケアできる点もメリットです。 Amazonの情報を掲載しています ヘアケア商品を多く販売しているモイストダイアンから出ているこの商品は、白地に紫のアクセントカラーが入っている高級感あふれるパッケージとなっています。 ラベンダーオイルやイチジク、ローズヒップなどのハーブ類を配合することで、髪を優しくいたわりながらダメージケアをすることができるので、髪の傷みがひどいという場合に効果的です。 さらに、赤ぶどうやサフラワー、エキナケアエキスやフェンネル、クルミなどの成分も配合されているので、いっそう肌に優しい処方となっています。 サルフェートやパラベン、石油系界面活性剤や鉱物油、動物性原料やエタノール、合成色素を使用していません。 また製造の過程で動物実験も行っていないので、髪にも環境にも、動物にも優しい処方です。 地肌が敏感だという人も髪のダメージが気になるという人も気軽に使うことができます。 Amazonの情報を掲載しています こちらはセット商品ですがボタニフィークのシャンプーは、人気のヘアケアブランド「ラックス」から誕生した製品で、べたつかずに自然に弾むような髪に仕上げることができるものです。 植物成分をたっぷり配合しているのにクリーミーで濃密な泡立ちになり、また洗い上がりも髪がきしまないので不快感なく使用することができます。 髪を洗うときにも地肌や髪に優しく、やわらかく洗うことができ、また髪への潤いもプラスすることができるので、髪を健やかな状態に仕上げることもできるのです。 アンデス産のピュアオーガニックローズヒップオイルをはじめとし、ロータスフラワーオイルやダマスクローズエキス、アルガンオイル、ココナッツオイル、アプリコットオイルといった6種類ものボタニカル成分を配合しているので、髪を優しくいたわりながら洗浄することができます。 また、香り成分としてナチュラルエッセンシャルオイルも配合しているので、気分をほぐしながらのケアも可能です。 貴重なオイルをぜいたくに配合しているので、リッチなバスタイムを楽しむことができます。 Amazonの情報を掲載しています その名の通り、アルガンとオリーブがパッケージに載っているこの商品は、見た目からも肌に優しいことがわかります。 天然アルガンオイルとオリーブオイルあわせたぜいたくな配合で、地肌や髪を優しくいたわりながらの洗浄ができる点が大きなポイント。 品質のよい厳選されたオイルを配合しているので、肌に潤いをプラスしてそのままキープし、またツヤも出して健康的な髪へと育てることができます。 髪に優しいノンシリコン処方なので、地肌にも負担をかけずに健やかな状態にすることができる点も魅力といえるでしょう。 また、ナチュラルフローラルの香りがついているので、心地よく香りに癒されながらリラックスしてケアをすることができます。 ノンシリコンシャンプーでありながら洗い上がりはつるっとしているので手触りもよく、ボタニカルシャンプーの難点を感じさせないような仕上がりとなるはずです。 ボタニカルシャンプーは高価なイメージですが、この商品は1,000円ほどで購入できるので使いやすく、続けやすいのも魅力となっています。 Amazonの情報を掲載しています ルベルといえばヘアワックスやトリートメントなどでも同じみのヘアケア商品を多数販売しているブランドですが、このシャンプーも効果的と評判です。 この商品は、植物の天然エキスを配合し、髪や環境に配慮して作られたシャンプーで、なめらかさを出すための海藻成分が髪を補修してツヤを出すことができます。 また、潤いをプラスするために大豆レシチンやカミツレエキスも配合されており、髪のダメージをケアしながら潤いを与え、健康的な状態へと導くはたらきもあるのです。 「シーウィード」という名前からもわかる通り海の恵みをたっぷりと配合した髪によいシャンプーとなっており、カラーリングやパーマなどをすることが多い人や髪が傷んでいるという方には特におすすめできます。 海をイメージしたフローラルマリンの香りがついているので、成分だけでなく香りからも壮大な海を感じることができ、バスタイムをリラックスして過ごすことができるでしょう。 Amazonの情報を掲載しています ボタニストのシャンプーは今や大人気となっている商品で、多くの雑誌などにも取り上げられて話題になっています。 ボタニストのなかでも潤いに特化したこの「モイスト」タイプのシャンプーは、髪の根元のボリュームが大きすぎて悩んでいるという人や、カラーリングなどのダメージで髪がパサつきやすいという場合におすすめです。 また、髪がまとまりにくくて毎日のスタイリングに一苦労しているという人にも重宝する商品と言えます。 髪に潤いを与えてパサつきを軽減してくれるので、しっとりと潤う健康的な髪に仕上げることができるでしょう。 アプリコットとジャスミンのフレグランスを配合しているので、気分を癒しながらリラックスした気持ちでバスタイムを楽しむことができます。 植物由来の成分を配合していても、品質を保つために防腐剤などの添加物や化学成分が配合されていることもあります。 「ボタニカルシャンプー=完全に植物成分のみ」と勘違いしている人も多いですが、そういうことではないのでしっかりと成分を確認したうえで購入することが大切です。 ボタニカルシャンプーはアミノ酸系のものなど地肌に優しい洗浄成分を配合している場合が多いのですが、中には石油系界面活性剤を使用しているものもあります。 例えば「ラウレス硫酸Na」などは石油系の界面活性剤なので、成分表をしっかりチェックして商品選びをすることが大切です。 また、敏感肌の人は特に地肌への影響が心配になると思いますから、広告だけを見るのではなく、成分をきちんと把握したうえで購入するようにしましょう。 髪に優しく、汚れを落とすことができるというのはとてもうれしいものですが、それでも注意しなければならない点もあるのです。 アミノ酸系の洗浄成分は確かに髪や地肌の汚れを落とす力がありますが、それでもやはり石油系の界面活性剤を配合しているシャンプーと比較すると洗浄力は劣ります。 そのため、一度の洗浄では髪の状態によっては汚れが落ちきらない場合もあるので注意が必要です。 天然由来の洗浄成分を配合したシャンプーを使うときには、入念に頭皮をマッサージするなどしてしっかりと汚れを落とせるようにケアしていきましょう。 特にオイリー肌の人は皮脂が落ちきらないと不快感が続く場合もあるので、よりしっかりとケアをすることが大切。 近年では研究も進み、天然由来の洗浄成分でも洗浄力が高まる工夫がなされている場合も多いのですが、洗浄力が石油系界面活性剤よりも劣るという点はしっかりと頭に入れておきましょう。 しっかり洗っているつもりでも、頭皮にシャンプーが残ってしまうことはありますので、十分に落ちたかな?と思ってもそこからさらに2回ほどはしっかりとすすぐようにしましょう。 頭皮の汚れを落とすためのシャンプーは、いくら天然の植物由来の成分が配合されているボタニカルシャンプーだとしても、やはり地肌に負担がかかってしまうものです。 すすぎ残しがあると、頭皮が炎症を起こしたりかゆみを引き起こして地肌トラブルの原因となってしまいます。 また、頭皮の悪臭の原因となったり、フケやベタつきを発生させることになるので注意しなければなりません。 髪をきれいにするためのシャンプーを使って逆に頭皮環境が悪くなってしまっては本末転倒ですから、シャンプー後のすすぎには特に気を配りましょう。 しっかりと洗い流すことができれば髪も健やかに保たれますし、ツヤのある美しい髪に仕上げることができるはずです。 【こちらもCHECK】シャンプーのすすぎ方に関連するおすすめ動画はこちら ボタニカルシャンプーで頭皮に優しいケアをしよう 今回は、ボタニカルシャンプーについて選ぶ際のポイントや使用上の注意点、そして実際に使うときのおすすめの商品について紹介してきました。 ボタニカルシャンプーは、地肌や髪に優しいというのが最大のポイント。 地肌が敏感で困っているという人や、通常の石油系界面活性剤が入っているシャンプーでは髪の潤いが落ちてパサつきやすいという人にとっては、ボタニカルシャンプーは重宝するでしょう。 しかし、ボタニカルシャンプーは石油系の界面活性剤で汚れを落とすタイプのシャンプーと比べるとやはり洗浄力はどうしても劣ってしまいますし、ボタニカルシャンプーだからといって天然成分だけで構成されているわけでもありません。 そのため、自分で成分などをしっかりとチェックして商品選びをすることが大切なのです。 とはいえ、ボタニカルシャンプーによって髪に優しいケアができるのは間違いないので、自分にあう商品を見つけて、ぜひヘアケアを楽しみましょう!.

次の

ボタニストシャンプー 全8種類の違いと選び方。あなたはこれを選べばOK

ボタニカルシャンプー 比較

ビオリス BIOLISS ボタニカルの総合評価3です。 ボトルの可愛さに共感する口コミはとても多かったですね。 香りについて、今回は淡い香りのエクストラダメージリペアを試していますが、ピンクや緑のボトルの香りが好きすぎる!という口コミが多く、香りで絶賛されていた側面もありますね。 とはいえ、賛否両論ありましたので、ぜひご参考にご覧くださいまし! ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプーを実際に使ってみた辛口の私の口コミ体験談! ここからは実際に私がビオリス BIOLISS ボタニカルを1カ月使ってみて、どんな効果があったのか、私が使ってみて感じた使用感などを詳しくまとめました。 ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプーのボトルのデザインは? ビオリス BIOLISS ボタニカルのボトルの開封前は、こんな感じです。 髪にこだわりのボタニカルケア• エクストラダメージリペア• 特に痛んでごわつく髪も毛先まで浸透補修• コールドプレス製法のオーガニック認証ホホバ抽出オイルとアルガンオイルGL 保湿 配合• 生分解性に優れている 環境に負担が少ない• 髪と地肌にやさしい使い心地の弱酸性• 無着色・無鉱物油・ノンアルコール(エチルアルコール)・動物由来原料フリー• ボタニカル由来洗浄成分 ココイルグルタミン酸TEA を使用• ボタニカルダメージリペア成分 オリーブ脂肪酸エチル・加水分解ダイズタンパクアルガンオイルはアルガニアスピノサ核油 配合• 8種のオーガニック植物抽出成分配合• 6種のエッセンシャルオイルにピーチ&アップルをブレンドしたフルーティフローラルの香り 内容量 ビオリス BIOLISS ボタニカル480mL 全成分: 水・スルホコハク酸 C12-14 パレス-2Na・コカミドプロピルベタイン・ココイルメチルタウリンNa・PPG-2コカミド・ オレフィン C14-16 スルホン酸Na・ ラウレス硫酸Na・ アルガニアスピノサ核油 アルガンオイル ・アルテア根エキス・ウイキョウ果実エキス・オリーブ果実油・カニナバラ果実エキス・セイヨウハッカ葉エキス・トウキンセンカ花エキス・ホホバ種子油・ホホバ葉エキス・ラベンダー花エキス・加水分解ダイズタンパク・BG・EDTA-2Na・ イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・イソプロパノール・ オリーブ脂肪酸エチル・クエン酸・グリセリン・ ココイルグルタミン酸TEA・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-7・ラウリン酸PEG-2・亜硫酸水素Na・塩化Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・安息香酸Na・香料• スルホコハク酸 C12-14 パレス-2Na・・・アミノ酸系より若干高い洗浄力、泡立ちをもつ洗浄剤• オレフィン C14-16 スルホン酸Na• ラウレス硫酸Na スルホコハク酸 C12-14 パレス-2Naは、春や夏に汗や皮脂の汚れがきになる時に、頭皮をさっぱり洗いたい時に使われる洗浄成分です。 エクストラダメージリペアの淡い黄色は スルホコハク酸 C12-14 パレス-2Naの色味のようですね。 オレフィン C14-16 スルホン酸Naは、洗浄力が強いので刺激に感じつ場合があるかもしれない成分ですね。 ラウリル硫酸Naも、敏感肌やゆらぎ肌には刺激になる可能性があるので注意が必要です。 kachan がシェアした投稿 - 2019年 6月月6日午後6時46分PDT ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプーに対するツイッターの口コミ うん BIOLISSボタニカルってゆーの最近リピ買いしてる。 — かっきー kakiiii13111 シャンプーをbiolissからluxに変えたんだけど、もっさりしてて、夏向けではない。 — 射手座右聴き カノー DJkanou12121977 ありますよーBIOLISSですよー。 髪サラサラになれるような感じします。 — 風紀委員である紳士なインド村のお餅 Omochi0681 KOSEのBIOLISSと言うノンシリコンシャンプー使ってます。 匂いのキツいやつが苦手なので、ボタニカル系の上、値段もそこまで高くないし、と買ってみたのですが、クセ毛でも泡立ちますし、香りも気に入っているのでリピートして使っています😊 — ぽん 出国済み evningmist1 ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプーに関するネット上の良い・中立・悪い口コミ ここからはAmazon、楽天など実際に購入された方々のネット上の声からビオリス BIOLISS ボタニカルの良い口コミ・中立の口コミ・悪い口コミをそれぞれご紹介していきます。 ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプーに対する悪い口コミ 香りは爽やかなアプリコット風のピーチですっきり!甘ったるくなく、押し付けがましくなく、夏のフルーツドリンクという雰囲気で気分がリフレッシュします。 指先や爪でダメージを与えないように注意したいところ。 step 5すすぎ 地肌まで行き渡るように手にお湯をためながら流します。 洗髪時間の2倍が目安です。 しっかり洗い流せていないと、デキモノやかゆみなど、トラブルの原因となってしまいますものね。 ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプーを1ヵ月実際に使ってみた私の頭皮への効果は? ここからはビオリス BIOLISS ボタニカルを実際に1ヶ月使ったなかから3日目・1週間目・1ヶ月目の時点で、それぞれ感じた使用感や効果をご紹介します。 ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプーを使って3日間の効果• アミノ酸系成分よりも、しっかり洗えるくらいの洗浄力なので、ワックスやスプレーなどの整髪料をつけている時でも、さっぱり洗い流せる。 春夏の頭皮の汗や皮脂よごれも、ちゃんと洗える安心感がある。 ボトルが可愛い• 詰め替え用もあるのでコスパも良し ビオリス BIOLISS ボタニカルをおすすめする人しない人 ここからは、ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプー&トリートメントの「口コミ」や「メリット・デメリット」を元にビオリス BIOLISS ボタニカルをおすすめする人とおすすめしない人に分けてご紹介します。 髪の毛は太めでしっかりした髪質だ• 髪の毛のダメージは、そこそこ気にならない程度• 多めの泡でシャンプーするのが好き• サッパリした使用感のトリートメントが好み• 香りもキツすぎないフルーティな感じだ良い トリートメントの使用感にも、色々な種類があるのだなぁということを発見したのがビオリス BIOLISS ボタニカルのトリートメントでした。 私的には、ボリュームを出したいヘアアレンジの前のヘアケアとして大活躍しています。 ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプーのコスパは実際にどう?? ビオリス BIOLISS ボタニカルのシャンプーはプッシュタイプで、1プッシュ3g。 ちょっと無理やりなのですが、計量スプーンで測っています ビオリス BIOLISS ボタニカルシャンプーの1回使用のコスパ ビオリス BIOLISS ボタニカルを、髪の長さごとにコスパを計算してみました。 ビオリス BIOLISS ボタニカルでよくある質問FAQ2つ ビオリスを使ってみた時に、使い方などについて困ったことは特になかったのですが、ポンプの開け方に悩んだり、中身が出なくなったことがあったりしました。 たまーにありますよね ポンプのあけ方• 中身が出るまで、数回カラ押しする。

次の

人気104商品の成分を徹底比較!おすすめのスカルプシャンプー20選|UPDAYS

ボタニカルシャンプー 比較

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違い ボタニカルとオーガニックは、同じような意味だと思っている方も多いのではないでしょうか。 どちらも自然を連想させますが、オーガニックには、有機栽培の意味があります。 海外と比べると、日本のオーガニックの基準は甘いですが、基本的には、原材料に化学肥料や化学薬品を使っていないことを指します。 その一方で、ボタニカルの基準は、さらにあいまいです。 極端に言えば、1つだけ原材料に自然由来の成分があれば、ボタニカルシャンプーと名乗ることができます。 そのため、原材料にこだわる方には、ボタニカルシャンプーとだけ記載してある商品よりも、オーガニックシャンプーと記載されていて、日本の有機JAS認定協会や、基準の厳しい海外のオーガニック認定がされている商品がおすすめです。 ボタニカルシャンプーのメリット 植物由来の成分で地肌に優しい 多くのシャンプーには、香料や着色料、シリコンなどの化学製品が配合されています。 化学製品は効果が高い反面、デメリットも持っています。 人によって反応は異なりますが、髪がツヤツヤになるけれど、地肌に発疹が出たり、髪が細くなってしまう場合もあります。 ボタニカルシャンプーは、植物由来の成分を多く配合することで、化学製品の使用を極力控えています。 そのため、通常のシャンプーよりも地肌に優しい使い心地になります。 自然な髪のツヤが生まれる 通常のシャンプーは、化学成分で人工的に、髪の表面にコーティングをすることでツヤを出しています。 そのため、髪自体が細くなっていたり、栄養状態が悪くなっている場合もあります。 ボタニカルシャンプーは、化学成分で髪の表面だけをコーティングするのではなく、髪自体の栄養状態を向上させて、内側からツヤのある髪を作っていきます。 化学的なコーティング剤が配合されていない分、ボタニカルシャンプーを使用した直後は、ツヤ感がなくなったと感じる場合もあります。 時間がかかっても、髪の内側から健康的なツヤを、手に入れたい方にはおすすめです。 保湿効果が高い ボタニカルシャンプーには、保湿剤としてアルガンオイルやホボバオイルなど、自然成分由来のオイルやセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されています。 髪の毛だけでなく、頭皮に対しても保湿効果が高いので、通常のシャンプーでは、時間が経つと地肌や髪が乾燥してしまい、パサパサしてしまうと悩んでいる方にもおすすめです。 ボタニカルシャンプーのデメリット 優しい洗浄成分の一方で洗浄力が弱いことも ボタニカルシャンプーは、通常のシャンプーに洗浄力成分として含まれている「ラウリル硫酸ナトリウム」などが含まれていません。 そのため、地肌や髪の毛には優しいですが、泡立ちが悪いと感じたり、洗浄力が弱くサッパリ感がないと思う場合があります。 特に、洗浄力の強いタイプのシャンプーを使っていた方には、少し洗浄力が弱いと感じてしまうかもしれません。 価格が高い ボタニカルシャンプーは、希少な天然成分を使用しているため、安価な化学成分で作られているシャンプーよりも価格が高くなってしまいます。 ボタニカルシャンプーに興味があって、試しに使ってみようと思っていても、1,000円以上するものが主流なので、気軽に試すことができないという意見もあります。 ボタニカルシャンプーの選び方 髪の毛の悩みに対応した成分で選ぶ ボタニカルシャンプーと言っても、配合されている成分によって期待できる効果が大きく違います。 ボタニカルシャンプーなら大丈夫と考えて、成分を確認せずに購入すると、不満を感じる結果になる可能性もあります。 ボタニカルシャンプーを選ぶときには、自分の髪の毛や頭皮の悩みに対応した成分が使われているかどうかを確認しましょう。 頭皮や髪の乾燥にはアミノ酸系洗浄成分 頭皮や髪の乾燥が気になっている方には、コラーゲン、グリシン、グルタミン酸、メチルタウリンなどのアミノ酸系洗浄成分が含まれたシャンプーがおすすめです。 アミノ酸には、肌や髪の潤いを適度に保つ効果があるとされていて、髪や頭皮のパサつきを防いでくれます。 刺激が弱い成分なので、頭皮に湿疹が出やすい方や、敏感なタイプの方にも、比較的安心して使用することができます。 頭皮のかゆみや荒れには海藻・植物エキス 海藻、植物エキスは、さまざまな種類があります。 例えば「褐藻エキス」という海藻から抽出されるエキスは、乾燥から髪を守ったり、地肌にハリを与えてくれます。 海藻系のエキスは、髪の保湿やハリ・コシの強さの改善に働くものが多いです。 植物エキスの1例をあげると、カモミールから抽出される「カモミラエキス」は、消炎、育毛、抗菌、血行促進、かゆみ止めなどの効果があります。 自分に合った海藻・植物エキスを選ぶことで、理想のヘアコンディションを手に入れることができます。 抜け毛にはセンブリ・オウゴンエキス センブリ・オウゴンエキスは血行促進や消炎、保湿効果があるとされています。 そのため、抜け毛や育毛に効果があるとされています。 オウゴンエキスには、男性ホルモンを抑制する効果もあると言われているので、男女共に薄毛の原因になる男性型脱毛症にも効果が期待できます。 香りで選ぶ ボタニカルシャンプーは、人工的な香料を使用していないので、原料の香りを強く感じることができます。 配合されている植物エキスによって香りは異なるため、購入前にドラッグストアや口コミなどで香りを確認しておくことをおすすめします。 髪へのダメージが少ないものを選ぶ ボタニカルシャンプーとして販売しているシャンプーのなかにも、洗浄力をアップさせるために、化学成分が配合されているタイプがあります。 ボタニカルシャンプーには明確な基準がないので、ボタニカルシャンプーと書いてあっても化学成分が多く含まれている場合もあります。 髪へのダメージを考えるなら、成分表示をよく確認して、なるべく化学成分が少ないものを選びましょう。 石油系界面活性剤フリー.

次の