半蔵門 インテリジェンス 総研。 ロリコン大富豪・エプスタインは生きている!? 遺体写真の耳と鼻が本人と違う…不可解すぎる”自殺”の謎!

今、コロナの背後で起こっていること

半蔵門 インテリジェンス 総研

人材派遣や転職活動をサポートするインテリジェンスは、これからも求職者からの需要があると感じる人が多いようです。 この記事では、パーソルキャリア 旧インテリジェンス の評判と特徴的な取り組みについてご紹介していきます。 は人材派遣、アルバイト募集、転職活動といった求人に関わる事業を手広く行っています。 本社は東京都千代田区にもち、本店を同都港区に置く企業です。 大手企業の買収や譲渡のターゲットとして色々な変遷を見せてきました。 正社員の転職活動を支援する「doda」やアルバイトの求人掲載サイト「an」を運営する他、アパレル業界の求人に特化したサイト「クリーデンス」やSNSサービスを利用した求人情報提供サービスの「LINEバイト」などを手がけています。 会社としての評判は良いのでしょうか。 持ち株会社の売上高から業績は好調だと言える パーソルキャリア 旧インテリジェンス には元々インテリジェンスホールディングスという持株会社が存在していました。 しかし、両社はテンプホールディングスに買収されたので、業績はテンプホールディングスを見て推測する必要があります。 テンプホールディングスが2016年に公開した有価証券報告書によると平成24年度の売上高が233,195(単位:百万円)なのに対し、平成28年度では517,597となっているため、業績は好調です。 持ち株会社が好調なので、パーソルキャリア 旧インテリジェンス の業績も好調だと判断して良いでしょう。 パーソルキャリア 旧インテリジェンス は転職求人倍率の調査などにも取り組む パーソルキャリア 旧インテリジェンス は、運営事業において様々な取り組みを平行して行っています。 例えば、アルバイト求人サイトの「an」では映画「闇金ウシジマくん」の撮影に協力するアルバイトを募集するキャンペーンを行っていたり、「doda」では転職求人倍率の調査と結果発表を行っていたりするのです。 他には国の機関から若年者求職者の対応事業を委託するなどの取り組みも話題となっています。 地方への就職を推進する事業にも行っている パーソルキャリア 旧インテリジェンス は求人と言う事業を手がけていますが、これは半ばCSR的な性格をもつもので、特に過疎化の進む地方において社会的な公益に繋がるといえるでしょう。 そこで厚生労働省からの委託事業として、パーソルキャリア 旧インテリジェンス は地方人材還流促進事業という事業を開始しました。 これは都市圏の大学生を主な対象として地方への就職を推進する運動です。 「Local+就職活動」を略した「LO活」というサイトを立ち上げ、就職先だけでなく地方自治体の魅力や支援情報などの発信を行っています。 パーソルキャリア 旧インテリジェンス は研修や社員教育が充実していると評判 パーソルキャリア 旧インテリジェンス は必要なことをきちんと実行するだけの資金と実行力をもっており、受け取れる給与は高いと評判です。 研修制度は充実しており、特別講師を招いた研修もあります。 労働者不足といわれる現代において、人と言う資源で企業を救う、社会的に意義のある仕事ができる会社だと言えるでしょう。 職場ではフラットな関係性や健全な状態を保っている パーソルキャリア 旧インテリジェンス は特定の社員に権力が集中せず、健全な状態を保っている会社だと言えます。 研修制度が充実しており、社員を積極的に育てようとする意気込みを伺えるでしょう。 パーソルキャリア 旧インテリジェンス は、人材のマッチングに携わりたい方にはおすすめの会社です。 就活生に人気の高い業界を知る 「」は、就活生に人気の高い 21業界の 200社以上の情報を一気に読むことができます。 知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、 アイデアが生まれてくる可能性があります。 無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!.

次の

半蔵門インテリジェンス総研(@EA_souken)

半蔵門 インテリジェンス 総研

「ざまあみろ」と法務官僚 安倍首相へ二階幹事長が検察庁法改正案断念の引導を渡した狙い AERA dot. 小泉今日子さんら芸能人を中心にした反対世論に押され、安倍晋三首相は18日午後、今国会での検察庁法改正案の成立断念に追い込まれた。 安倍首相は自民党の二階俊博幹事長と会談後、「国民の理解なしに前に進めることはできない」と検察庁法改正案を先送りする方針を官邸で表明した。 自民党幹部がこう嘆く。 「新型コロナウイルス感染拡大で、不要不急の自粛を国民に呼び掛けていた安倍首相が矛盾することを国会でやらかした。 国民に反発されても仕方ないだろう。 安倍官邸は数の力を背景に強引に強行採決しようとし、撤回に追い込まれたんだから、後の政局に大きな影響を及ぼしそうだ。 アベノマスクなど官邸の新型コロナウイルス対策は国民に不評を買っているしね」 今年1月末に東京高検の黒川弘務検事長の定年延長を強引に閣議決定して以降、注目された検察庁法改正案。 それにお墨付きを与えようと今国会での検察庁法改正を成立させようとしていた」(前出の自民党幹部) 法務省キャリア官僚によれば、最初に黒川氏に目をつけたのは、菅義偉官房長官だったという。 「黒川氏は一時期、完全に菅さんの右腕のような存在だった。 会議を開くと、まったく関係がない、黒川氏が菅さんと一緒に現れる。 なぜ、黒川氏が同席するのか、と尋ねると菅さんが『彼はうちの法律のアドバイザー役だからいいんだ』などと説明し、右腕のように面倒をみていた。 それで安倍首相の目にも留まった。 しかし、法務官僚が関係ない会議に来ていたので、他の省庁の官僚からブーイングがすごかった。 その上、黒川氏の定年延長を閣議決定でしょう。 そんなえこひいきはあり得ないと思った。 安倍政権の検察庁法改正案の断念は、ざまあみろですね」(同前) 自民党幹部によると、検察庁法改正案の断念は当初、安倍官邸の頭にはなかったという。 しかし、ツイッターの「#検察庁法改正案に抗議します」などで批判が高まるにつれて危機感を覚えたのが、公明党だった。 「検察庁法改正案について連日、支援者から電話やメールが届きました。 『まさか検察庁法改正案に賛成したりしないでしょうね』『ツイッター見ていますか。 検察庁法改正案を通したりしたら、次の選挙は応援しない』などの電話もあった。 うちの幹部も『この法案を自民党の言う通り、賛成するととんでもないことになる』と焦っていた」(公明党の国会議員) そこで、安倍官邸に方針を変えさせようと公明党がすがったのが、二階俊博幹事長だったという。 公明党とのパイプが太い二階幹事長が、山口那津男代表と安倍首相の会談をお膳立てし、コロナ対策で国民への給付金を条件付きで30万円から一律10万円に変更させたのは、記憶に新しい。 「安倍官邸は検察庁法改正でも当初、強気で強行採決も辞さない構えだった。 だが、二階さんが公明党で先送りの方向で話をつけ、それを官邸の菅さんに真っ先に伝えた。 菅さんはコロナ対策で干されるなど、安倍首相や側近の今井尚哉首相補佐官らと最近は関係が悪い。 検察庁法改正でも興味を失っていた。 二階さんに外堀を埋められ、安倍首相はこれ以上、無理はできないとあきらめたようだ」(前出の自民党幹部) 自民党ベテラン議員によると、後援会で「検察庁法改正に賛成したら次の選挙で自民党に入れません」と訴える支援者が何人もいたという。 「党内でも検察庁法改正に賛成できないと訴える議員は結構、いました。 安倍首相の求心力が落ちている背景には、自民党総裁の任期が来年秋に迫っていることもある。 今国会の検察庁法改正案の成立断念で、安倍首相と二階さん、菅さんとの亀裂はより深まったことが露呈した。 干されている菅さんは二階さんの後押しで巻き返しを狙っているようだ」 検察庁改正法案は新たな政局の火種を残したようだ。 (本誌取材班) 検察庁法改正案は、今国会の成立を見送らざるを得なくなった。 市民だけでなく、OBからの反発も食らい、 法務・検察内では「公平さに疑念を招いた」と悔いる声が聞かれた一方、「政権批判に利用された」と迷惑がる意見も出た。 「検察は公平に捜査しているという国民からの信頼が必要。 疑いを持たせてしまった以上、仕方なかったのだろう」。 ある検察幹部はこう分析。 「次に審議しても結局同じようなことが起き、出口は見えないままだ」と懸念も示した。 別の幹部は「65歳まで働きたいという検事はほとんどおらず、不要不急の法案だった」と厳しい。 「身内」の検察OBから反対の意見書が出た事態に至ったことは「恥ずかしい」と語った。 一方、ある法務省幹部は、インターネット上で反対運動が強まったことに「新型コロナウイルスの影響で仕事や生活が不安定な中、 怒りが向けられた面もあったのでは」と複雑な表情。 定年延長された黒川弘務東京高検検事長を「有能なのに、疑惑のイメージで黒く塗られたままなのが残念だ」とおもんぱかった。 別の幹部は「法案は血眼になってまで批判する内容ではない。 黒川氏の人事と一緒にされ、必要以上に標的にされた」とこぼした。 「検察が、政権批判のために利用されてしまったようで後味が悪い」と言葉少なだった。 これちょっと衝撃的だな、赤かぶには是非スレッドを 作成してもらいたい。 日刊スポーツだし。 : : [31] 政府・与党が検察庁法改正案の今国会成立を断念した18日、現役検察幹部からは「はた目に見ても(改正案が)国民の理解を得ていないことは明らかだった」などの声が聞かれた。 「(内閣への)信頼があればいいだろうが、時に権力は暴走する。 今信用できても、将来も続く保証はない」と述べた。 比較的若手の幹部は「改正案を出す必要は全くなかった」と憤慨しつつ、元検事総長や元特捜部長らOBが相次いで反対の意見書を出したことに「ありがたい。 声を上げられない現役も同じ気持ちだと思う」と感謝。 別の幹部は「コメントすべき立場にない」と断った上で、「『検察の横暴許すまじ』と言っている人たちが『検察の独立を崩すな』と騒いでいた。 敵の敵は味方ということか」と語った。 時事通信だとこういう感じで日刊スポーツとは 相当に様相が異なっている。 それと時事の最後にあるのは何だ? 堀江のように検察許すまじ検察潰せ、でも良かったのか? そもそも安倍自民党に握られている手前に 更に人事が強化されたら野党不利 政敵不利 になるだけで 不利益しかないから、そうなるのも当たり前だろ。 : : [-1959] >ありがたい。 声を上げられない現役も同じ気持ちだと思う。 日刊スポーツで伝えられた現役と全く違う意見じゃないか。 こういうの 特に問題だと思うが考え方の違いで許される法案なのか。 検察で人事を決定して、それを後付けで政府が 事後承認する形だったのを政府が直接に 決定する形になっても良いのか、危機意識がないのか、 そもそも65歳までやりたいとは思わないと平気で言う 検事だから組織に業務に何の思い入れもないのか。 有能?それはお気に入りとどう違うのか。 お気に入りにされてる人間が お気に入り側の不正があった時に 指揮を取れるのか????? 24. 先月31日の閣議で、政府は今月7日で定年退官する予定だった東京高検の黒川弘務検事長(62)の定年を、8月まで延長する人事を決めた。 黒川氏の定年を延長することで、現職の検事総長が慣例通り8月に勇退すれば、黒川氏が検事総長に就任できる道が残る。 ・・・ ______________________________________________ ホントは2月7日に退官するはずだった黒川が、今も東京高検検事長の椅子に座って給料をもらってる。 そして全国の検察に睨みを利かしてるんですけど、それでいいの? 閣議決定があれば、いいの? 閣議決定は、法にない「半年の定年延長」をごり押しする権限があるの? おかしくね? ・ 28. 最近 マウント取りたい人の特徴とか色々な所で見かけますが。 韓国からの輸入ですか? そういう言葉も慣習もありません。 日本人には、マウントを取る為に必死に動く事はない。 先ず 自然体で生活しているだけ。 馬鹿な先導・洗脳に騙されない様に。 自分で出来る事を頑張れば良いだけ。 まともに生きる事、人に嫌がらせをしたり 足を引っ張ったりしないで 嫉妬? 不思議な事にそういう考えは浮かばない。 あまり、、欲がない。 多分、子供の時から愛情を受けて育っているからか、そういう感情が湧かない。 人生は その時 その時で絵を描いて行く、、、という事で お金ではないものが あると考えます。 家族を大事に思い 大切にする事。 此処から始まる人としての生き方?でしょうか? 自然に身についている、、という事です。 宗教? 興味ありません。 人は一人で生まれ一人でこの世を去るという事です。 古典からも そういう風情が心情が感じられます。 (古典の本をもっと読みましょう) [18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数より全部仮処理 29. 昔 小学校の2年か3年の同級生の中に畳屋さんの子供がいたのですが、 父親の薬を貰いに行く時通る道にその子のお父さんが一種懸命に仕事をしている 姿を見て、子供心に印象に残った覚えがあります。 名前も覚えていますが 書きません。 何故 あんなに鮮明に覚えているのか 多分 良い思い出が沢山あった からでしょうか。 後 お寺でお茶をだして貰っての 古典などの鑑賞会というか そういうのも 良いのではないでしょうか? 子供から大人まで。 和尚さんのお話を聞くにも、おつなもの。 [18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数より全部仮処理 30. : : [334].

次の

半蔵門インテリジェンス総研(@EA_souken)/2019年07月28日

半蔵門 インテリジェンス 総研

当総研のブログは最初、アメブロで書き始めました。 当総研ツイッター表紙から、1期、2期ブロクはリンクしています。 丁度、去年の5月、令和のスタートに合わせて、 当総研記事もスタートしました。 そのまま、続行していましたが、スマホの人は、読めないので、 ライブドアブログに引っ越しました。 しかし、ほどなくして、今度は、透明文字化されまました。 幸い、この白旗宣言が奏功して、伏せ字検閲されずに、今に至っています。 それだけ、真実を当総研は、書いています。 また、このグーブログも、アメリカからは閲覧できないように遮断されている、 と、米国在住のマリさんがツイッターで教えてくれました。 そういうわけで、それだけ、Deepstateとしては、当総研の記事内容が イヤなのです。 それだけ、本当ということです。 当総研の記事で、ごゆっくり、彼らの工作について、研究して下さい。

次の