仲田 洋美。 百田尚樹さん、仲田洋美医師が文化人放送局まで当て逃げする

PCR、抗原検査「やみくもに増やす意味ない」医師が断言 都民全員に検査しても1週間後は… 感染者を陰性と判断する恐れも (1/3ページ)

仲田 洋美

議論が迷走する中、新専門医制度に反対する急先鋒、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏に敢然と立ち向かう〝ジャンヌ・ダルク〟の存在が医療関係者の間で話題となっている。 「新宿ミネルバクリニック院長の仲田洋美医師ですね。 数年に1度、思うところがあると会見してご自身の主張を訴える方ですが、最近のテーマは新専門医制度のようです」(医療担当記者) 関係者によると仲田氏は昨年、若手医師らが「新専門医制度は女性医師に不利だ」と見直しを求める陳情書を塩崎恭久厚生労働大臣に提出したことに憤り、厚労省の記者クラブで会見。 会見に出た記者は「自分も出産したが専門医の資格を複数取得した。 出産や育児で専門医の取得が不利になるというのは甘えだと一刀両断でした」と振り返る。 制度に反対した若手医師らが所属していたのは、上氏が支援する福島や宮城の医療機関。 仲田氏は、彼らの背後に上氏がいるとして、ブログやツイッターで上氏に反論する情報発信を積極的に始めた。 「仲田氏が偉いのは、厚労省の専門医制度の検討会などに足繁く通い勉強しているところ。 上氏の行動を苦々しく思っている医療関係者は多いから、仲田氏の言動に拍手を送る人は少なからずいるはずです」(前同) とはいえ、「仲田氏のブログには日本医学会の髙久史麿会長(当時)とのツーショット写真が堂々と掲げられていて、権威を笠に着ているように見えなくもない。 徒党を組むことを嫌う割には、敵対する人物のブログやフェイスブックの『いいね』数を競うなど負けず嫌いで、自己顕示欲がチラチラ見えます」と医療関係者。 「歌舞伎町の女王」(クリニックの所在地が新宿・歌舞伎町)を自称し、上氏を「偽善の帝王」と呼んで批判する仲田氏。 今のところ上氏の反論はないが、バトルの行方から目が離せない。 「相次ぐ無痛分娩事故 」 の裏に 産婦人科医会の影? これまでも産婦人科の危機はさんざん伝えられてきたが、ここのところ「無痛分娩」の危険性をあおる報道が散見するようになってきた。 「今年4月、厚生労働省研究班が7年間に報告された妊婦死亡例298人を分析したところ、このうち13人が無痛分娩だったとの結果を出し、大きく報じられた。 研究班は、十分な医療体制を整えた上で無痛分娩を実施するよう、提言書を出しました」(医療担当記者) その後、大阪府の「老木レディスクリニック」、神戸市の「母と子の上田病院」、京都府の「ふるき産婦人科」の3カ所で、無痛分娩時の麻酔が原因と疑われる妊婦や新生児の死亡や障害が相次いで起きていたことが報じられた。 「無痛分娩は欧米では普及しており、日本でも近年、急速に広まってきた。 しかし、対応出来る医療機関は限られ、質も一定ではない」と医療関係者は語る。 重く見た日本産婦人科医会は6月から、全国の分娩を取り扱う医療機関にアンケート調査を実施。 無痛分娩の取り扱いの有無や件数、医療体制などを調べている。 ただ、こうした医会の動きには「裏」があると見る関係者もいる。 事故が起きた医療機関では、妊婦死亡例を報告する医会の制度を利用しておらず、医会と距離を置いている。 医師会に所属していない医療機関もあったようだ。 産婦人科医の間では、「医会は自分達の影響力が及びにくい医師に対して、無痛分娩を口実に締め付けを厳しくしたいのではないか」との声が上がっているが、果たして……。 わたくし,歌舞伎町の女王こと仲田洋美です.取材いただけましたら応じましたのに. 昨日,これを発見して,びっくり致しました. 自己顕示欲? わたくしは,思春期を一部,ヨーロッパで過ごしましたので 自己主張しない人は人間ではないという教育を受けました. ゆえに,日本人的感性は壊れているかもしれません. 高久先生とのツーショットをブログで出しているのは,高久先生が上さんをかわいがっていて 上さんにかみついていると高久先生がそのうち出てきて怒られる,ということを 高久先生と知り合う前に言われたことがあったからです. それは全然都市伝説でしたが,根強いものがありましたので そういう都市伝説を信じている人に,大丈夫だ,高久先生は上さんに反論しても怒らない ということをお示ししたかっただけです. 別に威を借るつもりもまったくありませんし. 威を借らなくても十分,発言しておりますので. いつでも取材に応じますので,ちゃんと取材してくださいね.よろしくお願いいたします..

次の

PCR、抗原検査「やみくもに増やす意味ない」医師が断言 都民全員に検査しても1週間後は… 感染者を陰性と判断する恐れも (1/3ページ)

仲田 洋美

新型コロナウイルスをめぐっては、とにかくPCR検査を増やせという論者が後を絶たない。 これについて「医療現場を混乱させるだけだ」と批判するのは、がんや遺伝子の専門医で、日本感染症学会にも所属する仲田洋美医師だ。 ネット上でも論客として知られる仲田氏は、ウイルスを15~30分で検出できるという抗原検査についても「やみくもに増やしても意味はない」とクギを刺す。 PCR検査を症状のない人も受けられるようにして感染の実態を把握することが重要といった主張はいまだに聞かれる。 仲田氏は「そもそもPCR検査は技術的に難しい中で、限りなくデータを増やすことに何の意味があるのか全く分からない」と語る。 その理由も明快だ。 「仮に感染者の実数を把握するため、都民全員に検査したとしても、陰性だった人たちの1週間後の結果は誰にも分からない。 陰性となった人は安心して行動も変わるだろうし、かえって混乱を招く恐れもある」と仲田氏は指摘する。 「PCR検査の感度(実際に感染しているときに正しく陽性が出る確率)が約7割とされる中、医師が本当に恐れるのは、感染者を陰性と判断してしまい、感染を拡大させてしまうことだ。 新型コロナウイルスの場合、重要なのは肺炎など重症化する患者であり、検査を増やすことで医療現場に混乱を生じさせてはいけない。 今後、精度を上げる必要性はあるが、症状がみられる人にのみ検査を実施するという政府の方針は現状では理にかなっている」と評価をする。

次の

【歌舞伎町の女王】仲田洋美vs【偽善の帝王】上昌広⑱ 外科学会理事長渡邊聡明先生の死~嘉山孝正氏の欺罔~

仲田 洋美

議論が迷走する中、新専門医制度に反対する急先鋒、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏に敢然と立ち向かう〝ジャンヌ・ダルク〟の存在が医療関係者の間で話題となっている。 「新宿ミネルバクリニック院長の仲田洋美医師ですね。 数年に1度、思うところがあると会見してご自身の主張を訴える方ですが、最近のテーマは新専門医制度のようです」(医療担当記者) 関係者によると仲田氏は昨年、若手医師らが「新専門医制度は女性医師に不利だ」と見直しを求める陳情書を塩崎恭久厚生労働大臣に提出したことに憤り、厚労省の記者クラブで会見。 会見に出た記者は「自分も出産したが専門医の資格を複数取得した。 出産や育児で専門医の取得が不利になるというのは甘えだと一刀両断でした」と振り返る。 制度に反対した若手医師らが所属していたのは、上氏が支援する福島や宮城の医療機関。 仲田氏は、彼らの背後に上氏がいるとして、ブログやツイッターで上氏に反論する情報発信を積極的に始めた。 「仲田氏が偉いのは、厚労省の専門医制度の検討会などに足繁く通い勉強しているところ。 上氏の行動を苦々しく思っている医療関係者は多いから、仲田氏の言動に拍手を送る人は少なからずいるはずです」(前同) とはいえ、「仲田氏のブログには日本医学会の髙久史麿会長(当時)とのツーショット写真が堂々と掲げられていて、権威を笠に着ているように見えなくもない。 徒党を組むことを嫌う割には、敵対する人物のブログやフェイスブックの『いいね』数を競うなど負けず嫌いで、自己顕示欲がチラチラ見えます」と医療関係者。 「歌舞伎町の女王」(クリニックの所在地が新宿・歌舞伎町)を自称し、上氏を「偽善の帝王」と呼んで批判する仲田氏。 今のところ上氏の反論はないが、バトルの行方から目が離せない。 「相次ぐ無痛分娩事故 」 の裏に 産婦人科医会の影? これまでも産婦人科の危機はさんざん伝えられてきたが、ここのところ「無痛分娩」の危険性をあおる報道が散見するようになってきた。 「今年4月、厚生労働省研究班が7年間に報告された妊婦死亡例298人を分析したところ、このうち13人が無痛分娩だったとの結果を出し、大きく報じられた。 研究班は、十分な医療体制を整えた上で無痛分娩を実施するよう、提言書を出しました」(医療担当記者) その後、大阪府の「老木レディスクリニック」、神戸市の「母と子の上田病院」、京都府の「ふるき産婦人科」の3カ所で、無痛分娩時の麻酔が原因と疑われる妊婦や新生児の死亡や障害が相次いで起きていたことが報じられた。 「無痛分娩は欧米では普及しており、日本でも近年、急速に広まってきた。 しかし、対応出来る医療機関は限られ、質も一定ではない」と医療関係者は語る。 重く見た日本産婦人科医会は6月から、全国の分娩を取り扱う医療機関にアンケート調査を実施。 無痛分娩の取り扱いの有無や件数、医療体制などを調べている。 ただ、こうした医会の動きには「裏」があると見る関係者もいる。 事故が起きた医療機関では、妊婦死亡例を報告する医会の制度を利用しておらず、医会と距離を置いている。 医師会に所属していない医療機関もあったようだ。 産婦人科医の間では、「医会は自分達の影響力が及びにくい医師に対して、無痛分娩を口実に締め付けを厳しくしたいのではないか」との声が上がっているが、果たして……。 わたくし,歌舞伎町の女王こと仲田洋美です.取材いただけましたら応じましたのに. 昨日,これを発見して,びっくり致しました. 自己顕示欲? わたくしは,思春期を一部,ヨーロッパで過ごしましたので 自己主張しない人は人間ではないという教育を受けました. ゆえに,日本人的感性は壊れているかもしれません. 高久先生とのツーショットをブログで出しているのは,高久先生が上さんをかわいがっていて 上さんにかみついていると高久先生がそのうち出てきて怒られる,ということを 高久先生と知り合う前に言われたことがあったからです. それは全然都市伝説でしたが,根強いものがありましたので そういう都市伝説を信じている人に,大丈夫だ,高久先生は上さんに反論しても怒らない ということをお示ししたかっただけです. 別に威を借るつもりもまったくありませんし. 威を借らなくても十分,発言しておりますので. いつでも取材に応じますので,ちゃんと取材してくださいね.よろしくお願いいたします..

次の