蒼穹 の ファフナー ビヨンド。 アニメ映画|ファフナー ビヨンドの動画を無料で全話視聴する方法まとめ

蒼穹のファフナーの見る順番は?間違えたら台無し!?各シリーズの特徴や時系列も解説

蒼穹 の ファフナー ビヨンド

昨日は興奮冷めやらぬなか、多動的なnoteの書き方をしてしまいました。 ちょっと落ち着こうねと思いました。 初日にエントリーした記事ということもありいつもより閲覧数が伸びましたが、フォローも兼ねてちょっと冷静に振り返ろうと思います。 先の記事と同様ネタバレがかなり多いので、映画見たよって人が見ることをお勧めします。 ところで皆さま入場特典はいかがなものだったでしょうか。 私はエンディングカットからこの2枚が当たりました。 実は右側にもチンマイこそうしがいます。 映画館で透かして見たときは「なんだ海かよ」と落胆しましたが、いますねこそうしが。 このエントリーでは第2章だけに限らずBEYOND第1章、ひいては作品全体にも触れる形で、日ごろ私が考えている妄想と象徴・連想解釈を記していこうと思います。 まずはフィルムも当たったエンディングから。 エンディングテーマ「何故に.. 」 エンディングのスタートはこそうしが深海の幽霊もとい総士に向かって降りていく映像からスタートします。 海は生物の始祖が生まれた場所であり、人間が生まれる場所(母の胎内)でもあります。 映像のスタートはこそうしが生命が生まれた根源にいる総士のもとへと降りていくこと、自らを生み出した母(総士)との一体化が示唆されます。 こそうしはそのままこそうしのままアイデンティファイ(自分らしさを獲得)していくというより、総士との合一によって獲得されるのだということが読めます。 第2章ですでに見られたように総士の意識の萌芽が見られるようになるということです。 総士とこそうし 総士が生まれ変わったこそうしは、どうしてこれほどまでにわがままボーイなのでしょうか。 スティーヴンスンに『ジーキル博士とハイド氏』という物語があります。 善良なジーキル博士が夜な夜な変身薬で悪辣非道を極めるハイド氏に変身するというあの物語ですが、物語が端的に示すのは一人の人間のなかに同居する、日常の意識とは解離した影(shadow)が存在するということです。 人間は自らのなかに、御しがたい影をもっています(河合隼雄『影の現象学』が詳しいです)。 影には自分が意識することができない考えや、抑えがたい欲望、社会的に望ましくない行為などが含まれ、そこには宝物がいっぱいあります。 影を否定できないわが物として認めて受け入れていく過程を経ることで、人間が地面にどっしりと据えられる。 影は時として汚れた・認めたくない・こんなのは自分ではないと目をそむけたくなるような類のものですが、それもれっきとした自分の一部であると抱きかかえてあげることで人が豊かになっていくということ。 総士の二重身であるこそうしは、総士が幼いながら抑制せざるをえなかったわがままで暴れたい甘えたい赤ん坊の性格を顕現しており、総士の影として表現されているのだと考えられます。 影との対決と合一を描いた有名な作品は数多くありますが、先の小説の他にはル=グウィンのゲド戦記1『影との戦い』が有名ではないでしょうか。 これらのことから何らかの形でこそうしのなかに総士がよみがえるのではないかと思いますし、第2章ではすでに萌芽が見られますね。 長きに渡る総士ロスから、われわれオタクたちはいずれ立ち直れそうな希望を感じさせます。 ファフナーでは数多くの二項対立が見られます。 人間とフェストゥム、人類軍とアルヴィス、存在(ザイン)と虚無(ニヒト)、空と海、一騎の左右の腕・総士の左右の目(右の清浄・左の不浄は仏教の考え方です)。 これら二項対立のことを考えていくと、異なる二つが混ざり合う曖昧な在り方が人間のあるべき一つの姿ではないかというメッセージを伝える作品であることが見出されてきます。 これを端的に示すものとしてEXODUS最終話「竜宮島」にて、最終カットにおいて海に向いていたカメラが空へと向かいます。 この空は二筋の雲が走っており、その様子は空を見上げながらにして澄みきった海を彷彿とさせます。 二筋の雲は波にすら見え、空と海が混ざり合う一つの在り方が、この物語の終わりを飾りました。 こうした対話の経過には泥臭く醜くもありながら、どうしようもないのだけれど、人間ってこうやってわかりあっていく(あるいはわかりあえないでいる)んだよね、という人間賛歌を感じさせます。 千鶴の死 今回もっともショックだったのは、ファンと長い付き合いだった千鶴さんがいなくなってしまったことだと思います。 端に別れの寂しさは感じさせますが、こちらとしては物語が進むにつれて「これは死ぬな…」と思わされました。 千鶴はアルベリヒド機関において人の生命を操ったことに強い罪悪感を抱いています。 千鶴は決して命を弄んだわけではなく生まれてきた新たな命に、他者を傷つけるのではなく自分を守ることを願ったと語りました。 しかしながら千鶴に巣食う罪悪感は消えることはありません。 罪悪感というのはマゾヒズムの一つの形です。 自分は罪を犯し罰を与えられねばならない存在だと思い続けるというのは、強いアグレッション(攻撃性)が内側に向き続けているという解釈が可能です(外側に向けばサディズムになります)。 遠見家で強い罪悪感を吐露する千鶴がどんな形でもって贖罪するかというと、彼女にとって最良の選択で(すなわち死でもって)贖罪せざるをえなかった。 遺伝子操作で生まれた子どもたちが強く生きていることが彼女の免罪符にならなかったのでしょう。 一方で、新たに家族となった史彦を庇う千鶴の姿には、深い愛情を見出すことができると思います。 この時の千鶴を覆う感情はフロイト的に言えば「死の本能」(積み上げたものを壊してしまいたくなる欲望=アグレッション)と「深い愛情」でしょうか。 芹の登場 芹ちゃんが登場しましたが、皆さんはどうご覧になられたでしょうか。 白髪ということも驚きますね。 白髪を考えてみると、芹ちゃんはもうこの世ならざる世界に行ってしまったということでしょうか。 手塚治虫の『ブラックジャック』の主人公ブラックジャック(間 黒男)は幼少時に母の死を体験したことでショックから白髪になったという風に描かれています(後付けの設定らしいですが)。 母の死という苛烈な体験をすることは、強い心的ストレスを伴います。 この世のものとは思えない体験をすることで、その人を唯一無二の存在へと形成させていきます(秋田巌『人はなぜ傷つくのか』に詳しく記されています)。 もしも芹ちゃんがほとんど神の領域にまで高められた人格をもった者として白髪の姿が描かれているとすれば、竜宮島のコアになっていると考えるのが妥当な筋でしょうか。 書きたかったことはあらかた書けたのですが、まだ考察しきれていない里奈のことやマリスのことが積み残されました。 長くなるので今回はこのあたりでおしまいです。 また書ける形になれば新たに更新します。 それにしても第3章楽しみだなぁ。

次の

映画『蒼穹のファフナー the beyond』ネタバレ感想・解説・考察!ファフナーは令和でも輝くか?

蒼穹 の ファフナー ビヨンド

2020年5月2日(土)より期間限定で、YouTubeオフィシャルチャンネルでの過去シリーズ無料配信が開始されました。 現在、TVシリーズ1期と2005年放送のTVスペシャル『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』を配信中です。 さらに、10日(日)正午から劇場版『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』、16日(土)正午からTVシリーズ第2期『蒼穹のファフナー EXODUS』第1話~第13話、17日(日)正午から第14話~第26話が配信されるというスケジュール。 また、2020年劇場先行公開予定の最新作OVA『蒼穹のファフナー THE BEYOND(ザ ビヨンド)』の第7~9話のPVが公開されています。 2019年11月に劇場先行公開された『THE BEYOND』第4~6話では、衝撃的なラストに観客がすすり泣き、嗚咽しながら退場するといった出来事も。 『蒼穹のファフナー』は、ファンから「胃薬が必要」と言われるほど、見る人の心をえぐるストーリーが特徴です。 見ていて苦しくなるほどの作品にもかかわらず、高い人気を誇る理由は何なのでしょうか。 日本はすでに滅びていた…平和な島の正体 TVシリーズ1期は、平和な島に住む主人公・真壁一騎(まかべ・かずき/CV:石井真)をはじめとする子供たちの姿を描くシーンから始まります。 日本の昭和後期を思わせる島・竜宮島に、「東京に行ってきた」という皆城総士(みなしろ・そうし/CV:喜安浩平)が帰ってきます。 クラスメイトの遠見真矢(とおみ・まや/CV:松本まりか)が東京の様子を聞きたがるも、総士はあいまいな返答をします。 そこに起こる異変。 「あなたはそこにいますか」 島に住む人びとの心に問いかける声。 竜宮島は文化を子孫に伝えるために偽装された要塞で、すでに日本はフェストゥムの侵攻によって滅びていたのです。 学校の教師たちは、フェストゥムに対抗する組織「アルヴィス」のメンバー。 戦闘の訓練を受けていた蔵前果林(くらまえ・かりん/CV:白石涼子)が出撃前に命を落としてしまったため、特性の高かった一騎が何も知らないまま、フェストゥムに唯一対抗できる人型兵器「ファフナー」に搭乗して戦うことに。 竜宮島で作られたファフナーは、人工子宮から生まれた島の子供たちしか操縦することができません。 一騎の友人たちもその後、ファフナーのパイロットとして凄絶な戦いに身を投じることを求められます。 「子供でないと兵器に乗れない」という設定は珍しくないかもしれません。 ファフナーが心に突き刺さる理由として、搭乗する際に激しい痛みを伴うことがひとつ。 また、戦闘で受けた痛みもまた、ダイレクトにパイロットが受けることになります。 さらに、司令塔となる「ジークフリード・システム」を操る総士も、パイロットと痛みを共有します。 また、ファフナーのメインシステムにはフェストゥムの「コア」が組み込まれているため、パイロットは戦いを続けることでフェストゥムとの「同化」が進み、最終的には結晶化し砕け散ってしまいます。 戦い続けることもできず、引くこともできず、ギリギリの戦いを強いられます。 視聴者は、画面の向こうの戦いの「痛み」を容赦なく心に受け続けるのです。 『蒼穹のファフナー』では、ギリギリのピンチに「助からない」という結末が待っていることも。 視聴者の望みを裏切る展開ですが、逆に「まさか来るとは思わなかった」と驚かされる助けの手もあるのが救いでしょうか。 人気作では先の展開を「推測」「考察」されることもありますが、『蒼穹のファフナー』はもし予想したならば「こうあってほしくない」という結果が訪れることが多々あります。 TVシリーズ1期の前日譚である『RIGHT OF LEFT』で描かれた「L計画」が最たるもので、竜宮島を守るために選抜された戦士たちは島に偽装された「Lボート」で航海を始めます。 フェストゥムから思考を読み取られることを防ぐために戦う理由すら教えられず、多くの戦士が命を落としていきます。 「L計画」によって、フェストゥムの襲来を一時的に退けることに成功する竜宮島。 その後、フェストゥムの本格的な脅威が訪れ、アルヴィスの大人たちは、苦しみながら子供たちを戦いに向かわせます。 ある母親は我が子を戦いで失い、養子として迎え入れた子をまた失うという残酷な運命も背負うことに。 それでもまだ子供たちを愛そうとし、苦しみを受け入れる姿が目に焼き付きます。 島を愛する温かな人びと 頼もしい大人と強い子供 ファフナーのパイロットである子供たちへの負荷を減らすための研究も進み、ストーリーの進行とともに痛みや同化現象の緩和がされていくのですが、最前線で命をかけての戦いが強いられることは変わりません。 戦いに赴く子供たちは強く故郷を思い続けています。 ただひたすら仲間や故郷への愛の深さが描かれているのが、ファンのキャラクターへの愛につながるのでしょう。 「島にはいつ、本当の平和がやってくるのか……」ファンからはため息や嘆きの声が聞かれます。 戦いに勝っても、得られるのはつかの間の平和だけです。 2020年公開予定の『蒼穹のファフナー THE BEYOND』第9話のサブタイトルは「第二次L計画」という不穏なもの。 『RIGHT OF LEFT』で描かれた、悲惨すぎる計画が再び実行されるのでしょうか。 設定の難解さから、数度繰返し視聴する人も多い作品です。 まだ『蒼穹のファフナー』の世界に触れていない方は、無料配信中にぜひ歴史を追ってみてください。 最後に、現実に起きた悲しい出来事もお伝えします。 一騎を想っていたファフナーパイロットのひとり、羽佐間翔子(はざま・しょうこ)役を務めた声優の松来未祐さんが2015年10月27日に38歳で亡くなりました。 松来さんの遺族は、「慢性活動性EBウイルス感染症」という非常に症例の少ない難病であったことから、病名を明らかにしました。 認知度の低い病で、発見が遅れることも少なくないとのことです。 また、総士の妹で竜宮島の「コア」である皆城乙姫(みなしろ・つばき)と乙姫の娘にあたる織姫(おりひめ)を演じた仲西環さんは2020年3月14日、44歳で亡くなりました。 ふたりの声優が遺した素晴らしい演技も、改めて心に刻んでもらいたいと思います。 (マグミクス編集部).

次の

蒼穹のファフナーシリーズの登場人物

蒼穹 の ファフナー ビヨンド

昨日は興奮冷めやらぬなか、多動的なnoteの書き方をしてしまいました。 ちょっと落ち着こうねと思いました。 初日にエントリーした記事ということもありいつもより閲覧数が伸びましたが、フォローも兼ねてちょっと冷静に振り返ろうと思います。 先の記事と同様ネタバレがかなり多いので、映画見たよって人が見ることをお勧めします。 ところで皆さま入場特典はいかがなものだったでしょうか。 私はエンディングカットからこの2枚が当たりました。 実は右側にもチンマイこそうしがいます。 映画館で透かして見たときは「なんだ海かよ」と落胆しましたが、いますねこそうしが。 このエントリーでは第2章だけに限らずBEYOND第1章、ひいては作品全体にも触れる形で、日ごろ私が考えている妄想と象徴・連想解釈を記していこうと思います。 まずはフィルムも当たったエンディングから。 エンディングテーマ「何故に.. 」 エンディングのスタートはこそうしが深海の幽霊もとい総士に向かって降りていく映像からスタートします。 海は生物の始祖が生まれた場所であり、人間が生まれる場所(母の胎内)でもあります。 映像のスタートはこそうしが生命が生まれた根源にいる総士のもとへと降りていくこと、自らを生み出した母(総士)との一体化が示唆されます。 こそうしはそのままこそうしのままアイデンティファイ(自分らしさを獲得)していくというより、総士との合一によって獲得されるのだということが読めます。 第2章ですでに見られたように総士の意識の萌芽が見られるようになるということです。 総士とこそうし 総士が生まれ変わったこそうしは、どうしてこれほどまでにわがままボーイなのでしょうか。 スティーヴンスンに『ジーキル博士とハイド氏』という物語があります。 善良なジーキル博士が夜な夜な変身薬で悪辣非道を極めるハイド氏に変身するというあの物語ですが、物語が端的に示すのは一人の人間のなかに同居する、日常の意識とは解離した影(shadow)が存在するということです。 人間は自らのなかに、御しがたい影をもっています(河合隼雄『影の現象学』が詳しいです)。 影には自分が意識することができない考えや、抑えがたい欲望、社会的に望ましくない行為などが含まれ、そこには宝物がいっぱいあります。 影を否定できないわが物として認めて受け入れていく過程を経ることで、人間が地面にどっしりと据えられる。 影は時として汚れた・認めたくない・こんなのは自分ではないと目をそむけたくなるような類のものですが、それもれっきとした自分の一部であると抱きかかえてあげることで人が豊かになっていくということ。 総士の二重身であるこそうしは、総士が幼いながら抑制せざるをえなかったわがままで暴れたい甘えたい赤ん坊の性格を顕現しており、総士の影として表現されているのだと考えられます。 影との対決と合一を描いた有名な作品は数多くありますが、先の小説の他にはル=グウィンのゲド戦記1『影との戦い』が有名ではないでしょうか。 これらのことから何らかの形でこそうしのなかに総士がよみがえるのではないかと思いますし、第2章ではすでに萌芽が見られますね。 長きに渡る総士ロスから、われわれオタクたちはいずれ立ち直れそうな希望を感じさせます。 ファフナーでは数多くの二項対立が見られます。 人間とフェストゥム、人類軍とアルヴィス、存在(ザイン)と虚無(ニヒト)、空と海、一騎の左右の腕・総士の左右の目(右の清浄・左の不浄は仏教の考え方です)。 これら二項対立のことを考えていくと、異なる二つが混ざり合う曖昧な在り方が人間のあるべき一つの姿ではないかというメッセージを伝える作品であることが見出されてきます。 これを端的に示すものとしてEXODUS最終話「竜宮島」にて、最終カットにおいて海に向いていたカメラが空へと向かいます。 この空は二筋の雲が走っており、その様子は空を見上げながらにして澄みきった海を彷彿とさせます。 二筋の雲は波にすら見え、空と海が混ざり合う一つの在り方が、この物語の終わりを飾りました。 こうした対話の経過には泥臭く醜くもありながら、どうしようもないのだけれど、人間ってこうやってわかりあっていく(あるいはわかりあえないでいる)んだよね、という人間賛歌を感じさせます。 千鶴の死 今回もっともショックだったのは、ファンと長い付き合いだった千鶴さんがいなくなってしまったことだと思います。 端に別れの寂しさは感じさせますが、こちらとしては物語が進むにつれて「これは死ぬな…」と思わされました。 千鶴はアルベリヒド機関において人の生命を操ったことに強い罪悪感を抱いています。 千鶴は決して命を弄んだわけではなく生まれてきた新たな命に、他者を傷つけるのではなく自分を守ることを願ったと語りました。 しかしながら千鶴に巣食う罪悪感は消えることはありません。 罪悪感というのはマゾヒズムの一つの形です。 自分は罪を犯し罰を与えられねばならない存在だと思い続けるというのは、強いアグレッション(攻撃性)が内側に向き続けているという解釈が可能です(外側に向けばサディズムになります)。 遠見家で強い罪悪感を吐露する千鶴がどんな形でもって贖罪するかというと、彼女にとって最良の選択で(すなわち死でもって)贖罪せざるをえなかった。 遺伝子操作で生まれた子どもたちが強く生きていることが彼女の免罪符にならなかったのでしょう。 一方で、新たに家族となった史彦を庇う千鶴の姿には、深い愛情を見出すことができると思います。 この時の千鶴を覆う感情はフロイト的に言えば「死の本能」(積み上げたものを壊してしまいたくなる欲望=アグレッション)と「深い愛情」でしょうか。 芹の登場 芹ちゃんが登場しましたが、皆さんはどうご覧になられたでしょうか。 白髪ということも驚きますね。 白髪を考えてみると、芹ちゃんはもうこの世ならざる世界に行ってしまったということでしょうか。 手塚治虫の『ブラックジャック』の主人公ブラックジャック(間 黒男)は幼少時に母の死を体験したことでショックから白髪になったという風に描かれています(後付けの設定らしいですが)。 母の死という苛烈な体験をすることは、強い心的ストレスを伴います。 この世のものとは思えない体験をすることで、その人を唯一無二の存在へと形成させていきます(秋田巌『人はなぜ傷つくのか』に詳しく記されています)。 もしも芹ちゃんがほとんど神の領域にまで高められた人格をもった者として白髪の姿が描かれているとすれば、竜宮島のコアになっていると考えるのが妥当な筋でしょうか。 書きたかったことはあらかた書けたのですが、まだ考察しきれていない里奈のことやマリスのことが積み残されました。 長くなるので今回はこのあたりでおしまいです。 また書ける形になれば新たに更新します。 それにしても第3章楽しみだなぁ。

次の