クーラー 室外 機 回ら ない。 エアコンの室外機から水が出ない、しかし・・

エアコンの室外機が回らない!修理出張費を浮かせるチェック項目とは|生活110番ニュース

クーラー 室外 機 回ら ない

運転モードが間違っている• 設定温度より室内温度が低い(冷房時)• 室外機の保護回路が働いている(冷房時)• 除霜運転が行われている(暖房時)• 室外機が凍っている(暖房時) 運転モードが間違っている 運転モードが間違っている場合、室外機が動かない場合があります。 例えば、エアコン(クーラー・暖房)本体は暖房運転しているにもかかわらず、リモコン側では冷房運転の表示になっている場合等に起きます。 この原因は、リモコンを操作した際に、何らかの障害物によりリモコン側からの信号が本体には送られず、リモコンでは冷房を指示しているため、本体側では暖房運転を行っていいる場合です。 この場合、リモコン側で設定温度を下げても運転モードが間違っているために室外機が動かない(暖房の場合、設定温度以下にならないと室外機は動かないため)という可能性があります。 対処法 再度、リモコンの設定を確認してください。 また、エアコン(クーラー・暖房)の運転モードが『自動』の場合も同様にエアコン(クーラー・暖房)本体は動いているにもかかわらず、室外機が停止する場合があります。 対処法 室内の温度が、設定温度に対してどのようになっているかを把握してください。 室外機の故障診断を行いたい場合は、室内温度に対して設定温度を極端に下げてみてください。 その状態で、室外機が動かない場合は故障である可能性があります。 暖房運転時も同様に、室内温度に対して、極端に設定温度を上げてみてください。 その状態で、室外機が動かない場合は故障の可能性があります。 室外機の保護回路が働いている(冷房時) エアコン(クーラー・暖房)は、温度センサーにより、室外機が高温になった場合に、室外機を停止する制御が行われます。 温度が上昇して室外機が停止する場合は、夏場の冷房運転時です。 室外機の換気不足• コンプレッサーの異常発熱 室外機の換気不足 室外機が適切に換気されていない場合、室外機事態の温度が高くなり室外機が停止する場合があります。 この場合は、室外機の周りに障害物などがあり、室外機の冷却風が不足している可能性があります。 対処法 室外機の冷却風を阻害する障害物を取り除いてください。 コンプレッサーの異常発熱 コンプレッサー(圧縮機)は、冷房運転時に、常時冷媒を圧縮する運転を行っています。 このコンプレッサー(圧縮機)に不具合がある場合、例えば、内部のベアリングの不具合等で、通常よりも過剰に圧縮するための動力が必要になる場合があります。 このような故障があっても、モーターは通常の圧力まで冷媒を圧縮しようとがんばります。 この際に、普段よりモーターが動力を使うため発熱します。 対処法 コンプレッサー(圧縮機)の故障である場合、コンプレッサー(圧縮機)の交換が必要になります。 電気屋さんか専門業者に来てもらい、故障診断をしてもらいましょう。 除霜運転が行われている(暖房時) エアコン(クーラー・暖房)が暖房運転を行っている時は、室外機の熱交換器を冷やすことで、室内に暖かい空気を送る仕組みになっています。 室外機が置かれている屋外は、湿度があるため、室外機の熱交換器の温度が低いために、霜が付く場合があります。 この霜が熱交換器のフィンに付着すると、通常の暖房運転の能力が低下します。 このためエアコン(クーラー・暖房)は熱交換器のフィンに霜が付着しないように『霜取り運転』を行って、霜を取り除きます。 この際にエアコン(クーラー・暖房)は一旦室内の暖房を停止します。 この霜取り運転は、温暖な地域でなることは少なく、寒冷地で多い現象です。 故障か正常の判断は、暖房中に急に温風が出なくなったけど、室外機ではコンプレッサー(圧縮機)は運転している場合で、ファンが回っていない場合は、霜取り運転の可能性があります。 この場合は、電源を切ったりせず、数分間様子を見てください。 その後正常に動いた場合は、室外機は故障していません。 稀に、暖房運転をはじめた段階で運転前に、霜取り運転を行なってから暖房が開始される場合もあります。 対処法 霜鳥運転が終われば、通常通りの運転モードになるため室外機は動きだします。 特に異常ではありません。 室外機が凍っている(暖房時) 寒冷地の場合、室外機が凍り動かない場合があります。 室外機が凍る程の寒い寒冷地では、エアコンは一般的に寒冷地仕様となっているため凍りつくことは稀ですが、寒冷地ではない地域で寒波などが来た場合に、稀に室外機が凍る場合があります。 対処法 室外機の氷が溶けるのを待てば、正常に運転できるようになります。 エアコン(クーラー・冷房)の故障診断は応急運転で調べられる 一般的なエアコンには、応急的に運転できるスイッチが、エアコン本体に付いています。 取扱説明書やWEBサイトを参考に、自宅のエアコン(クーラー・暖房)の応急運転スイッチを探して運転してください。 応急運転スイッチで運転を行い、室外機が動いて、室内機が冷房・暖房運転する場合は、室外機の故障ではありません。 一方で、応急運転が出来ない場合は、エアコン本体や室外機故障が考えられます。 それ以外の故障原因 エアコン(クーラー・暖房)は、多くの機械的な部品、電気的な部品が組み合わさった電子機器です。 従って、上記以外にも故障する原因は多数あります。 機械的な原因• ファンモーターの故障• 冷媒ガスの漏れ• 四方弁の故障 ファンモーターの故障 室外機のファンモーターは、室外機の熱交換器を冷やしたり、暖めたりします。 このファンは、エアコン(クーラー・暖房)運転中は常時回転しています。 この回転部を支えている部品にベアリングがあります。 このベアリングにはグリースが封入されていて、そのグリースが劣化すると、ファンが円滑に回らなくなります。 最悪の場合、ファンのロック等によりファンが動かなく(回らなく)なります。 グリースの寿命を低下させる原因としては温度があります。 室外機の冷却不良等により、グリース温度が上昇した場合、グリース寿命を低下させます。 室外機の周りの障害物の影響により、冷却不良が起きた場合、グリースの寿命低下からファンの故障に繋がる可能性があります。 電気的な原因• 四方弁の故障• 制御基板の故障 四方弁の故障 室外機には、エアコン(クーラー・暖房)の運転を切り替える四方弁と言う電気で動く電磁弁が付いています。 この四方弁が冷媒の流れを変えることで、冷房運転と暖房運転を切り替えています。 この四方弁(電磁弁)の不具合で、冷媒経路を切り替えられなくなる場合があります。 制御基板の不具合 室外機には、エアコン本体、室外機の制御を行う電子基板が付いています。 この電子基板が故障する場合もあります。 基板には、一般的に電界コンデンサーと呼ばれる部品が付いていて、この電解コンデンサーの寿命が電子基板の寿命になります。 この電解コンデンサーは、温度によって寿命が決まっているため、室外機の換気不良等があった場合は、その寿命は、大きく低下する場合があります。 まとめ いかがでしたか!?今回は、エアコン(クーラー・暖房)の室外機の故障について【まとめ】てみました。 室外機の故障と言っても、素人が判断出来る項目はごく僅かです。 上記の内容を確認しても、エアコン(クーラー・暖房)の不具合が直らないと言う場合は、近くの電気屋さんか専門業者を呼んで故障診断をしてもらうのがおすすめです。

次の

故障したエアコンを自分で取り外ししたいのですがガスの締め方...

クーラー 室外 機 回ら ない

Sponsored Link 暑い夏の日々。 とても暑い時に我慢できず エアコンをつけたのに、 全然部屋が冷えないのはつらいですよね。 扇風機だけじゃ乗り切れないような暑い日は、 熱中症という症状もあるので我慢は禁物です。 エアコンをつけても冷えないという悪夢のような状況に陥った時は、一体どうすれば良いのでしょうか。 とりあえず業者さんを呼びたくなるところですが、ちょっとお財布が心配ですよね。 実はエアコンの故障は、 自分で対処できる場合もあったりします。 冷えないエアコンを自分で修復できれば、夏の暑い時期も楽になりますし大いに節約にもなります。 今回は、 エアコンが冷えないなど、さまざまな故障の原因と対処法をお伝えしますのでぜひ参考にしてみてくださいね。 エアコンのフィルターにホコリがつまっていると、エアコンの送風が正しく機能しなくなり、冷えなくなります。 放ったらかしにするとフィルターのホコリが風に混じって、部屋の中にばら撒かれてしまいます。 エアコンの掃除は普段なかなかやりませんので、たまにチェックしてみることをおすすめします。 なんとなくエアコンのフィルターをチェックみると、ホコリが溜まってすさまじい状態になっているかもしれませんよ。 『ガス漏れ』が原因の場合 エアコンにはフロンガスと呼ばれる冷媒ガスが使われており、これが冷気を作ってくれています。 このガスが何らかの要因で漏れていると、部屋が冷えなくなってしまいます。 ガス漏れはエアコンの取り付けが悪かったり、配管が腐蝕していたり、エアコン本体や室外機が故障していると発生します。 エアコンをつけた時に、エアコンの熱交換器や室外機のパイプに霜がついていたら、ガス漏れが発生している証拠です。 そのほかの理由 エアコンが冷えない原因が上記3つに当てはまらない場合も、さまざまな理由が考えられます。 その最たる理由として挙げられるのは「エアコンの能力が足りていない」です。 エアコンも千差万別であり、広い部屋だと冷やすだけの能力を持っていないエアコンもあります。 安いエアコンや古いエアコンだとしばしば発生します。 購入の際には部屋の広さにあったエアコンを選びましょう。 冷えないエアコンを自分で直す方法は? ここではエアコンを直す方法を動画付きでお伝えします。 意外と簡単にできる場合もあるので、チェックしてみてくださいね。 室外機を直す方法 ここでは室外機に異物が入った場合や、直射日光で機能不全を起こしている場合の直し方をお伝えします。 まず室外機の排気口を塞いでいるものをどかしましょう。 室外機の周りには何も置いていない状態が理想です。 これで騒音を防ぐこともできます。 直射日光で室外機が機能不全を起こしている時は、上から水をかけてあげましょう。 室外機の温度が上がっているなら、これだけで温度を下げることはできます。 しかしファンに直接かけると悪影響をおよぼすため、横から水をかけないようにしてくださいね。 また、室外機そのものをすだれなどで覆ってあげると、直射日光を防ぐことができます。 もし室外機の中に異物が入り込んでしまい、外から取り出すのが難しい場合は一度室外機を分解する必要があるので、この時は業者さんにお願いしましょう。 フィルターを直す場合 フィルターにつまったゴミやホコリをきれいにしたい時はやり方があります。 このやり方には参考動画があるので参照にしてみてください。 見ての通り複雑でわかりにくいですよね。 ポンプダウンと呼ばれるガス抜きをやったり、配線部分を外したりとかなり手間がかかりますので気を付けてください。 また、室外機を一度開ける必要もでてくるので、 よほど腕に自信がない限りは業者さんにお願いした方がいいでしょう。 しかし、動画中に出てくる温度をチェックするやり方はぜひ覚えておいてください。 ガス漏れをチェックする際に役立ちますので、すぐ対処することができます。 動画に出てくるような本格的な温度計でなくても大丈夫ですので、ぜひやってみてください。 Sponsored Link エアコンや室外機の修理費用はいくら? エアコンや室外機の修理を業者さんに依頼する場合、どれくらいかかるのでしょうか。 厄介なのはこの部品の代金です。 部品ごとによって代金が異なるため、交換箇所が多いと数万円単位で増えていく場合があります。 以前のエアコンであれば寿命は7~10年程と言われており、寿命がきているエアコンや室外機は修理しても何度も故障する恐れがあります。 最近のエアコンは値段も以前に比べ下がり、その割にかなりの高性能です。 そう考えると、 修理するよりは買い替えた方が安く済む場合もあるので、思い切って買い替えを検討してみるのもありですね。 エアコンが冷えなくなる理由はいろいろあり、自分でどうにかできるものから業者の力を借りなければ直せないものまで幅広くあります。 エアコンも意外と繊細な機械ですので、定期的に掃除してあげればトラブルを防げます。 とりわけフィルターや室外機はゴミや直射日光で機能不全を起こすので、念入りにきれいにしてあげましょうね。 今年の夏も暑くなることが予想されます。 最初涼しくても「やっぱり夏だった!」と思えるような猛暑になったりするので、油断は禁物ですよ。 エアコンの力を借りて、しっかり乗り切りましょう!.

次の

エアコンが冷えない原因は室外機やガス?効かない冷房暖房のチェック

クーラー 室外 機 回ら ない

制御基板の故障原因は、経年劣化であることがほとんどです。 長く使うことにより、基板に反りや歪み・亀裂が生じたり、熱によって溶けることがあります。 また基板自体に問題はなくても、基板と機器を繋ぐ配線も気に掛ける必要があります。 配線も経年劣化による亀裂や破損が生じることもあります。 配線に不具合があると、制御盤がうまく機能せず室外機が動かなくなる原因となります。 エアコンの寿命は10~15年と言われています。 購入から10年経っているエアコンは、室内機室外機ともに経年劣化が疑われる状況です。 10年以上使っているエアコンで「室外機が動かない」「冷房運転の設定なのに冷風が出ない」「設定温度通りに動かない」といったトラブルが発生した際は、制御基板や配線に問題がないか確認しましょう。 室外機の部品交換は「修理完了までに時間がかかる」「本体の交換よりも高額になることが多い」という2つの注意点があります。 時間については、上記でお伝えした通りに「メーカー発注から届くまでの時間が長い」という理由があります。 発注から最大数週間かかることに加え、メーカー側が部品を販売していなかったり、該当の商品は生産終了している場合もあります。 本体交換ならば、即日~1週間ほどでの対応が可能です。 暑い夏場や寒い冬場などエアコン需要の高まる時期に、一刻も早く修理したいときは、本体交換をオススメします。 次に、部品交換が高額になる理由を説明いたします。 室外機の部品相場は2~3万円ほどです。 交換する部品によって金額は上下しますが、部品代で1万円~2万円前後、さらに作業料金や出張費用などが追加されると3万円を超える計算になります。 エアコン本体交換の相場は、工事代を含め3万円~5万円前後です。 高額な部品を購入のうえ修理した古いエアコンを使い続けるより、本体を交換したほうが金額面でお得になります。 交換作業は、専門知識が必要になるためプロの修理業者へ任せるのが最善です。 室外機の修理や交換に工事資格は必要ありませんが、万が一の失敗を考えると素人には向かない作業です。 修理料金一覧 症状 状態 作業内容 修理料金 基本調査費用 トラブルの内容に合わせて調査を行います。 6,000円 エアコンが冷えない 真空引き 8,000円 冷媒ガスチャージ 充填 8,000円 フレア再加工 3,000円~ フィルタクリーニング 3,000円~ 熱交換機クリーニング 簡易洗浄 6,000円~ 熱交換機クリーニング 高圧洗浄 15,000円~ 室外機バルブ 19,000円~ エアコン交換 エアコン取外 5,000円~ エアコン取付 18,000円~ 配管設置 10,000円~ スリムダクト設置 10,000円~ エアコン取付 外壁穴あけ 10,000円~ コア抜き コンクリート 25,000円~ 隠蔽配管冷媒管延長 20,000円~ 隠蔽配管電線延長 8,000円~ 室外機天吊 15,000円~ 室外機壁吊り 15,000円~ 水漏れ ドレンホースつまり抜き 6,000円~ ドレンパンの清掃 10,000円~ エアコン室内勾配調整 15,000円~ 室内機から風が出ない 室内機基盤交換 18,000円~ 室内機モーター 22,000円~ 室外機が動かない 室外機基盤交換 18,000円~ コンプレッサ交換 30,000円~ 室外機モーター 20,000円~ リモコンで操作出来ない リモコン交換 2,000円~ リモコン受信ユニット 15,000円~ 運転後、しばらくして止まる 圧縮機 30,000円~ ルーバ不良 水平ルーバ 13,000円~ 室外機移設 室内機移設 5,000円~ 室外機の風向きを変えたい 室外機の風向き変更 8,000円~ 本日は、茨城県取手市の戸建にお住まいのK様宅にお伺いしました。 K様よりお問い合わせいただいた内容は、「エアコンの室外機が動かなくなってしまった」といったものでした。 詳しく状況をお聞きすると、シャープ社のエアコンを10年ほど前から使用しているとのことでした。 室内機は一応動作するそうですが、風が出ないため全く冷えないとのことでした。 これから暑くなる季節なので、なるべく早く修理してほしいというご要望をいただきました。 こういったケースでは、一度ご自宅まで調査に伺い、エアコン本体の交換の必要があれば部材を発注して再訪問させていただくことがあります。 このことをK様にご説明し、承諾をいただいたので、早速調査にお伺いすることになりました。 室外機が動かなくなる原因は、大きく分けて3つあります。 1つはファンの故障です。 室外機の中には扇風機のような機器が入っていますが、これは室内の空気を外へ送り出す役割があります。 2つ目はコンプレッサーです。 コンプレッサーとは圧縮機のことで、ファンから送り出される空気や風の量を調節し、汚い風を浄化する役割を担っています。 円筒形のモーターのような形をしています。 室外機の前に物を置いていると通気性が悪くなり、ファンやコンプレッサーが故障しやすくなります。 極力、物を置かないようにすると良いでしょう。 3つ目は制御基板の故障です。 制御基板は他の機械を制御してコントロールする役割があります。 基盤が故障するとファンやコンプレッサーの動きをコントロールできなくなります。 結果、動作が不安定になったり機械の力が弱まったりして、室外機の調子が悪くなります。 K様宅に到着して早速エアコンを調査したところ、制御基板の故障が原因で動作しないことがわかりました。 K様が使用されているエアコンのリペアキットはまだ販売されているため、部品の交換が可能な状態でした。 しかし、冷媒は古くなっており、汚れや臭いも気になるため、新しいエアコンに交換してほしいというご要望をいただきました。 迅速かつ丁寧に交換作業を行うことができました 今回は茨城県取手市の戸建にお住まいのK様より、エアコンの室外機が動かなくなったというお問い合わせがありました。 K様のお話しでは、シャープ社のエアコンを10年ほど使用しており、風が出てこないため全く冷えないとのことでした。 一度調査した後、再訪問して交換する可能性があることをご説明し、ご自宅までお伺いすることになりました。 室外機が動かなくなるのは、ファンやコンプレッサー、制御基板の故障などが原因である場合が多いです。 K様宅のエアコンを調査したところ、制御基板の故障が原因でした。 部品の交換のみで復旧が可能でしたが、K様から新しいエアコンに交換してほしいというご要望をいただきました。 よって、新しいエアコンの部材を発注して、再訪問することになりました。 再びK様宅に到着し、早速交換作業に取り掛かりました。 配管内の空気のエアパージを行い、バルブを開けます。 最後に赤外線放射温度計で冷風が出ていることを確認し、工事は終了です。 室外機に関しては文字通り室外にあるため、色々なトラブルや問題が発生することもあります。 弊社のスタッフは迅速にその原因を調査し、速やかに対応できるように教育されております。 交換作業はもちろんですし、修理作業なども得意とするスタッフが常駐しているので、いつでもお気軽にご相談ください。 なお、ちょっとしたトラブルや問題だと放置される方もいますが、放置したことで結果的に状況が悪化すると、修理や交換も多くの手間がかかることがあります。 定期的点検やメンテナンスを含め、まずは専門業者である弊社にご依頼いただけると幸いです。 全国出張にも対応しておりますし、年中無休で対応しております。 そのため、いつでもどこでもご相談ください。 確かな技術力 全国工事実績15万件以上の確かな技術力• プロの技術力 現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。 大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。 電気工事士 電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。 配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。 大型工事対応 店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。 スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。 特殊作業対応 個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。 法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。

次の