台風 15 号 神奈川。 台風15号、神奈川県内の企業活動・観光などに影響 :日本経済新聞

台風15号 神奈川県の三浦半島付近を通過(日直予報士 2019年09月09日)

台風 15 号 神奈川

令和元年台風第15号・第19号特別支援融資(一般枠)• り災証明書(市町村等の発行したもの。 写しも可) 令和元年台風第15号・第19号特別支援融資(別枠)• セーフティネット保証4号の認定書(写しは不可) 令和元年台風第19号特別支援融資(激甚災害枠)• り災証明書(市町村等の発行したもの。 写しも可) 初めて神奈川県信用保証協会を利用する場合• 印鑑証明書(申込者及び連帯保証人)• 【法人事業の場合】定款の写し及び商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)• 【必要に応じて】住民票抄本(本籍地の記載は不要) 許認可等の必要な事業の場合• 許認可証等の写し 設備資金の場合• 見積書の写し NPO法人の場合• 事業報告書• 計算書類(活動計算書及び貸借対照表)• 年間役員名簿• 社員のうち10人以上の者の氏名及び住所を記載した書面.

次の

台風15号、住宅被害9割が一部損壊 国支援の対象外 [台風15号支援通信]:朝日新聞デジタル

台風 15 号 神奈川

台風第15号及び第19号により、県内では、店舗や事業所の損壊等により中小企業の事業活動に影響が生じています。 国、県、市町村等では、県内中小企業者の復旧に向けて、以下の支援策を実施しますので、お知らせします。 台風第15号の被害の支援策 補助金について• 中小企業・小規模企業復旧支援事業費補助 中小企業等の早期事業再開を支援するため、被災した事業用建物や機械設備等の復旧・整備に要する経費を補助します。 現時点で下記市町村で当該補助金の支援を行っています。 今後、支援を行う市町村が分かり次第、順次掲載します。 (実施市町村)横浜市、川崎市、横須賀市 〈横浜市〉被災中小企業復旧支援補助金 ・ ・ 〈川崎市〉中小企業・小規模企業復旧支援事業費補助 ・ ・ 〈横須賀市〉中小企業・小規模企業復旧支援事業費補助金 ・ 助成金について• 雇用調整助成金(厚生労働省) 景気の変動、産業構造の変化その他経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的に休業・教育訓練又は出向を行い、雇用維持を図った場合に助成されます。 ・ ・ 融資について• 令和元年台風第15号・第19号特別支援融資(一般枠・別枠) 被害を受けた中小企業等の復旧のための資金繰りを支援します。 ・ 台風第19号の被害への支援策 補助金について• 小規模事業者持続化補助金(中小企業庁) 小規模事業者が商工会・商工会議所の支援機関の支援を受けながら経営計画を策定し、事業再建に向けた機械設備の導入費等を補助します。 中小企業・小規模企業復旧支援事業費補助 現時点で下記市町村で当該補助金の支援を行っています。 今後、支援を行う市町村が分かり次第、順次掲載します。 (実施市町村)横浜市、川崎市、相模原市、箱根町 〈横浜市〉横浜市被災中小企業復旧支援補助金(自治体連携型補助金) ・ 〈川崎市〉中小企業・小規模企業復旧支援事業費補助 ・ ・ 〈相模原市〉相模原市被災中小企業復旧支援補助金 ・ 〈箱根町〉箱根町中小企業等災害復旧支援事業 災害復旧事業費補助 ・• 事業協同組合等施設復旧支援事業費補助 事業協同組合等の倉庫・生産施設等の復旧・整備に要する経費を補助します。 商店街等復旧支援事業費補助金 被災した街路灯、アーケード、防犯カメラなど商店街共同施設等の復旧・整備に要する経費を補助します。 ・ 助成金について• 雇用調整助成金(厚生労働省) 景気の変動、産業構造の変化その他経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的に休業・教育訓練又は出向を行い、雇用維持を図った場合に助成されます。 ・ ・ 融資について• 令和元年台風第15号・第19号特別支援融資(一般枠・別枠)• 令和元年台風第19号特別支援融資(激甚災害枠) 被害を受けた中小企業等の復旧のための資金繰りを支援します。 ・ その他 特別相談窓口 事業者の皆さまからの資金繰り等の相談に応じるため、県金融課、(公財)神奈川産業振興センター及び神奈川県信用保証協会に、それぞれ特別相談窓口を設置しています。 また、被災地域の県内商工会・商工会議所でも特別相談窓口を設置しています。 保険等の加入・見直しについて 風水害・土砂災害や地震などの災害に対しては、保険や共済に加入するという事前の備えが重要です。 今回の台風で被害を受けた企業の中には、損害保険に水災補償がない、あるいは、水災害の場合には保険金が減額される特約が付いていたという理由で十分な補償が受けられない企業がありました。 既に加入している方も補償対象・内容が十分か改めてご確認ください。 BCP(事業継続計画)作成について 緊急事態発生後も一定以上の水準で重要な事業を継続するとともに、許容される時間内に復旧するため、緊急事態を想定し、事前に準備をしておくことが大切となります。 このような考え方に基づき、あらかじめ事業の優先順位や代替策などを定め、準備をしておく計画がBCP(BusinessContinuityPlan:事業継続計画)です。 企業を万が一の事態から守るために、BCPの作成をご検討ください。 また、中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が認定する制度(事業継続力強化計画の認定制度)があり、認定を受けた中小企業は、税制優遇や金融支援、補助金の加点などの支援策が受けられます。 (中小企業庁ホームページ) 参考情報• 中小企業庁からの支援策の情報提供 下記のリンク先で中小企業庁から台風第19号等に係る支援策の情報が提供されています。 災害を受けたときの法人税の取扱い 下記のリンク先で災害による損失等に関する法人税の取扱いについての情報が提供されています。 (国税庁ホームページ).

次の

令和元年台風第15号・第19号特別支援融資

台風 15 号 神奈川

このあとも台風はあまり勢力を落とすことなく、関東に接近・上陸するので、猛烈な暴風が吹き荒れるおそれがあります。 東京湾や湾岸エリア周辺を中心に記録的な暴風となる見込みです。 すでに9日 月 朝は運転見合わせを決めている路線もあり、交通機関にも大きな影響が出てしまいそうです。 停電への対策や、窓を守るために雨戸を閉めたり、割れてもガラスが飛び散らないようにテープで養生するなどの対策を行うようにしてください。 また、東京湾や相模湾周辺では、南側から風が吹きつけられるので、台風の接近時は高潮や高波にも警戒が必要です。 台風は深夜から9日 月 朝にかけて関東を通過した後、東北南部に接近します。 福島県では早朝から、宮城県でも朝から雨風が強まり、大荒れの天気になるおそれがあります。 道路の冠水、河川用水路の氾濫や土砂災害に厳重な警戒が必要です。 暴風が吹き荒れてプレハブなどの建築物が損壊、倒壊するおそれがあります。 飛来物や倒木に伴う停電の発生にも警戒が必要です。 交通機関に大きな影響が出るおそれもあるので、荒天の間は急ぎでない外出を極力控えるようにしてください。 台風による荒天は昼過ぎまで続く見込みです。 沿岸の満潮時刻は、仙台新港 14:22 や相馬 14:32 で、台風の接近時刻が重なって高潮が発生する可能性もあります。 低地での浸水に警戒が必要です。 沿岸は高波で危険ですので、近づかないようにしてください。

次の