プライムミュージック データ通信量。 Amazon『プライムミュージック』の使い方

Amazon Musicの通信料が無料になる格安SIM一覧

プライムミュージック データ通信量

本サイトは、 一人暮らしにおすすめなインターネット契約を、 現在一人暮らし実践中の私が、様々な角度で紹介しています。 一人暮らしであるあなたのインターネット契約選びに、是非ご参考いただけると嬉しいです。 あなたはアマゾンプライムミュージックを電車の中や、車で聞いていて、ギガ不足ぎみになってしまうので、悩んでいますよね? なぜなら、アマゾンプライムミュージックは、ストリームングという機能を使って、ダウンロードしながら再生するからです。 アマゾンプライムミュージック自体は、さほど通信量を必要としませんが、長時間ドライブなどであれば、それなりの通信量を使ってしまいます。 つまり、スマホのモバイル通信でアマゾンプライムミュージックを聞くと、遅かれ早かれ、ギガ不足になるんです。 そこで今回はアマゾンプライムミュージックを聞く際に、通信量を節約する方法をご紹介します。 この通信量を節約する方法を参考にすることで、あなたは通信量で悩むことはなくなるでしょう。 つまり、 家のインターネットの固定回線で、お好みの曲をスマホにダウンロードしておき、オフラインとしてアマゾンプライムミュージックを聞く方法があるんdねす。 この方法で、スマホのモバイル通信量を一切使用することなく、外出先でアマゾンプライムミュージックをきくことができます。 音楽をダウンロードする方法 それでは、アマゾンプライムミュージックを事前にダウンロードし通信量を抑える設定方法とは、どのようにすれば良いのでしょうか? まず、家のインターネット(固定回線)に繋げます。 続いて、アマゾンプライムミュージックでダウンロードしたい曲の再生画面にします。 その再生画面の右上に、このマーク「︙」がありますので、そのマークをタップします。 そうすると、真ん中あたりに「ダウンロード」が表示されるので、これをタップします。 ダウンロードした音楽を再生する方法(オフライン) 上記でダウンロードした音楽を、オフライン(インターネットに繋げない状態)で再生する方法をご紹介します。 まず、アマゾンプライムミュージックの表示画面下にある「マイミュージック」をタップします。 続いて、表示画面の右上に、このマーク「︙」がありますので、そのマークをタップします。 そうすると、真ん中あたりに「オフライン再生モード」が表示されるので、これをタップします。 この設定をすることで、通信量を使うことなく、オフライン状態でアマゾンプライムミュージックを楽しむことができます。 アマゾンプライムミュージックを、 車のステレオで聞く方法をご紹介中 >> オフラインで再生すデメリット アマゾンプライムミュージックを、事前にダウンロードし、モバイル通信量を使わずに楽しむ方法をご紹介してきました。 しかしこの方法では、せっかくのアマゾンプライムミュージックを満喫できないのです。 ダウンロードした曲しか楽しめない• スマホの容量を圧迫してしまう アマゾンプライムミュージックは、100万曲を聴き放題できるサービスですが、これではダウンロードした曲しか楽しめません。 しかもスマホの空き容量を気にしてしまうと、たくさんダウンロードするわけにもいきません。 つまり、家のインターネットを固定回線からポケットwifiに変更するのです。 一人暮らしでないと、なかなか難しいですが、逆にあなたが一人暮らしであれば、いますぐにでもポケットwifiに変更しましょう! ポケットwifiの通信量は足りるの? それでは具体的にアマゾンプライムミュージックは、どのくらいの通信量が必要なのでしょうか? そこでアマゾンプライムミュージックの通信量について調べました。 まずアマゾンプライムミュージックには音質が4段階で変更が可能です。 自動(推奨)• 高音質• 中音質• 低音質 音質の切換え方法 ダウンロードの時と同じように、右上のマーク「︙」をタップします。 そうすると、下の方に「設定」が出てくるので、この設定をタップします。 そうすると、真ん中に「ストリーミングの音質」が表示されるので、これをさらにタップします。 そうすると、このように4つの音質を選択することができる画面が表示されます。 それぞれの音質に対し、必要な通信量を、一覧表にまとめました。 音質 10分間の通信量 1時間の通信量 自動(推奨) 11MB 66MB (高)音質 40MB 240MB (中)音質 19MB 114MB (低)音質 9MB 54MB 一般的に、最近のポケットwifiの通信量は、1日3GB までや、3日間で10GBまでだったりと、アマゾンプライムミュージックを再生するのは充分な通信量があります。 なので、アマゾンプライムミュージックを外出先でストリーミングしながら聞くのに、ポケットwifiは有効な手段になります。 そこで、一人暮らし4年目!数々のポケットwifiで失敗してきた私が、 絶対に失敗しない、おすすめのポケットwifiを3つをご紹介します。 是非ご参考にしてください。 こちらは2019年3月にサービスが開始されたばかりのポケットwifiです。 現在、数あるポケットwifiの中では、一番人気もあり、端末も品切れ、予約待ちになるほどなんです。 それでは、どんなときもwifiをデメリットとメリットに分けて分かり易くご紹介します。 メリット:ポケットwifi初の「完全使い放題」 どんなときもwifiは、新しい次世代の通信方式「クラウドSIM」により、ポケットwifi初の 完全使い放題を実現した唯一のポケットwifiです どんなときもwifi以外でも、「無制限」と宣伝するポケットwifiはありますが、1日3BGや、3日間で10GBまでなどの制限が必ずあります。 この完全使い放題というメリットは、インターネットのヘビーユーザーの人には、とてもありがたいメリットです。 そして、意外と知られていないのが、完全使い放題による ストレス解放のメリットです。 例えば、1日3GBという通信制限があると、あなたは残りの通信量が気になり、頻繁に残りの通信量をチェックするようになるんです。 つまり、 この容量チェックのストレスって、結構ハンパないんです! 下記記事で、私のお友達のレビューも掲載してますのでご参考ください。 >> また、どんなときもwifiのルーターは、バッテリーも持ちも良く、バッテリー残量をチェックするストレスからも解放されるメリットがあります。 >> そして、これ程の条件(使い放題)があっても、 月額3,480円!ポケットwifiの中でも最安級レベルなので、とても驚きです。 デメリット:年縛り契約(解約料金) どんなときもwifiのデメリットは、やはり年縛り契約により発生する解約料金です。 1年未満に解約した場合:19,000円• 1年以上~2年未満:14,000円 とは言っても、高額で払えない料金ではありませんし、2年間契約すれば、解約料金は0円です。 この解約料金と引換に、完全使い放題が得られるメリットの方が大きくはないですか? 特にアマゾンプライムミュージックを満喫するためには、ポケットwifiの条件「完全使い放題」は外せません。 どんなときもwifiがおすすめな人とは・・・ 1. 完全無制限で使いたい(速度制限なし!) 2. どこでも繋がりたい (クラウドSIM) 3. こちらも2019年1月にサービスが開始されたばかりのポケットwifiです。 それでは、縛りなしwifiも、メリット、デメリットに分けて、分かり易くご紹介します。 現在のインターネット契約には、どんなときもwifiも含め、ほぼ「年縛り」が存在します。 どうしても、「 どんなときもwifiの解約料金」が気になる人は、「縛りなしwifi」から始めるのも良いでしょう。 しかし、解約料金が無い分、高額なんじゃないの?って思いますよね? それが、月々の利用料金は最安値級(3,300円)なんです。 ちなみに短期間で解約する可能性を気にするなら、解約までの総額費用は間違いなく現状、最安値になります。 (料金が安いため) デメリット:完全使い放題じゃない 縛りなしwifiを、数カ月後解約することになるとしたら、その最大の理由は、「完全使い放題じゃない」であることに間違いはありません。 現状、縛りなしwifiは、完全使い放題ではないため、ある程度、データ量を使ってしまうと通信速度に制限がかかってしまいます。 もちろん、通信制限がかかるには「1日3GBや、3日で10GB 」と、充分過ぎるデータ量はあるものの・・・、 一人暮らし生活は、インターネットの通信量が日々、増えて行くものです。 初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前! 1. ポケットwifi最安値!月額3,300円 2. いつでも解約できる(年縛りなし) 3. 現状としては、縛りなしwifiよりも、月額料金が380円も高く・・・、 その他の条件が全て縛りなしwifiと同じ条件になってしまったので、今さら感のあるポケットwifiです。 しかし、縛りなしwifiがサービスをやめてしまった時などに備えて、選択肢は多く持っておくことにしましょう。 「縛りなしwifi」と「SPACE wifi」を徹底比較した記事も書いてますのでご参考ください。 >> 一人暮らしにおすすめな「SPACE wifi」 <初期費用0円、解約料金0円、最安値補償> ~一人暮らしに大絶賛!初期費用まで無料はSPACE wifiだけ~ まとめ いかがでしたか? 今回は「アマゾンプライムミュージックの通信量を節約する2つの方法とは?」についてご紹介してきました。 通信量を節約する1つ目の方法は、wifi環境下で音楽データを事前にダウンロードし、オフライン状態で音楽を聞く方法です。 そして通信量を節約する2つ目の方法は、家のインターネットをポケットwifiに変える方法です。 一人暮らしの場合、家のインターネットをポケットwifiに変えるだけでも、他に色々と良いことがあるので、是非ポケットwifiをお試しください。 また、本ブログでは、一人暮らしでインターネット契約をご検討されている方には、ニーズにあわせた3つのポケットwifiをおすすめしています。 アマゾンプライムミュージックで通信量の節約に繋がりますので、是非ご検討ください。

次の

Amazonプライムミュージックで注意が必要な事!5つ!

プライムミュージック データ通信量

ちなみに直近でリリースされたAmazonミュージックの無料版「Amazon Music Free」では音質設定を行うことはできません。 常に一定の水準の音質で聴きたい人: 標準を選択。 ネットの速度に合わせた最高音質で聴きたい人: 自動を選択。 するようにしましょう。 また、月々の通信量制限(7GBや50GBなど)が存在し、他のアプリなどを使用しているため、 毎月通信制限ギリギリの方は「モバイルデータ」の欄を データ通信節約に設定しましょう。 こうすることにより、WiFiに接続されていない状態でのストリーミング再生時、音質の低下と引き換えに、通信量を最大まで引き下げることが出来ます。 逆に 「高音質で聴きたいのに聴けない」という方は、自分の意志に反して データ通信節約に設定されてしまっているかもしれませんので、 自動もしくは 標準に設定するようにしましょう。 ちなみに 画面上部に記載されている WiFi接続時のみストリームするがもし、オンになってしまっていると、屋外などWiFiにつないでいない時、ストリーミング再生を行うことができませんので、外でAmazonミュージックを利用される方は、必ずここを オフにしておくようにしましょう。 ダウンロード再生の音質設定を変更する方法 ダウンロードした楽曲の音質もダウンロード前に予め設定することで音質の改善を行うことが出来ます。 また、現在使用している端末のストレージ容量が残り少ない時は、ダウンロード再生時の音質を下げることで音楽ファイルの容量を下げることができ、ストレージに余裕を残すことが出来ます。 出来るだけ高音質で聴きたい人: 標準を選択。 ストレージ容量が少なく音質を犠牲にしても良い人: 容量節約を選択。 すると良いでしょう。 ちなみに こちらの画面上部に Wi-Fi接続時のみダウンロードするのスイッチがありますが、こちらがオンになっていると、屋外でのWi-Fiにつながっていない、モバイルデータ通信時にダウンロードができなくなりますので、注意が必要です。 『ラウドネス・ノーマライゼーション』とは こちらの項目も実際的には「音質」の話ではないのですが、「聴き心地」を左右する点としてご紹介します。 この項目の意味するところとしては、 「音圧を一定に保つかどうか」を左右するスイッチになります。 Amazonミュージックで配信される音源は各音楽レーベル等から提供された音楽ファイルになりますが、楽曲ごとでその音量・音圧は異なります。 ある曲のあるパートは大きく、あるパートは小さく、ということは往々にして存在しますが、これを再生アプリである Amazonミュージックアプリ側で出来るだけ一定に保つ、という機能。 こうすることにより、様々なアーティストの楽曲を一つにまとめた プレイリストでも同じような聴き心地で再生を続けることができます。 もちろん、「曲ごとに勢いが違ったほうがいい!」という方もいらっしゃるかもしれませんので、そういった方はオフにしておくとよいでしょう。 Amazonミュージックの音質は悪い?その原因となっている可能性 ネット上の意見として、「Amazonミュージックの音質が悪い・それほど良くない」という意見が散見されます。 上記の設定の中で、モバイルデータの項目が データ通信節約や 容量節約に設定されていた場合、過去の通信量データ検証()から、約80kbpsほどの音質に下がっていた可能性があります。 もし、引き続き「音質が悪い・改善しない」という方は、• ストリーミングの場合、 自動もしくは 標準に設定。 ダウンロードの場合、 標準に設定。 を試してみてください。 「自動」や「標準」の推定されるデータ通信量・ビットレートについて 現段階では、音質設定は「自動」「標準」「データ通信節約」の3種類ですが、かつてAmazonミュージックでは、音質が「高」「中」「低」と選べる仕様となっていました。 以前その「高」「中」「低」の3段階だった当時にそれぞれ一定期間に発生するデータ通信量を計測していましたので、その結果から現在の各設定でどれほどの通信量が発生するかを検証してまいりたいと思います。 その直後、再度設定アプリのモバイルデータ通信から発生した通信量を調べる、というものです。 検証結果 それぞれの音質で2曲ずつ聴取して行った結果は以下の通りになりました! 音質 通信量(MB) 楽曲の秒数 想定kbps 1時間聴取時の通信量(MB) 高 10. 3 260 324. 53 142. 62 10. 7 267 328. 29 144. 27 中 5. 9 243 198. 90 87. 41 6 263 186. 89 82. 13 低 2. 6 303 70. 29 30. 89 3. 1 288 88. 18 38. 75 この結果から、当時の音質設定が• 高:約320kbps• 中:約192kbps• 低:約80kbps であると推定されます。 これらを現在の音質設定に推測も含めて当てはめると、• 自動:高~低の可変ビットレート• 標準:中~高(192~320kbps) ということが言えるかと思います。 この点から、ストリーミング再生を「標準」設定とし、毎日2時間モバイルデータ通信で聞くとなると、推定値として 6GBほどの通信量になる計算となります。 そもそも『音質』って何で決まる? そもそも音質はどのような要素で決まっていくのか、ですが一番その影響力が大きいのは• イヤホン(使用している場合)• ビットレート です。 今の時代、割と安価なイヤホンを使ってもある程度音質が良いので、やはり音質を左右するのは 「ビットレート」ということになります。 ではビットレートとは一体何なのか? ビットレートとは専ら 「kpbs」で表記され、1秒間あたりのデータ量がどれくらいなのかを指し示す単位になります。 例えば256kpbsの場合、1秒間に256キロビット通信が発生しているということで、 1秒間に費やすビット数が多ければ多いほどデータ量が上がりますが音質も向上します。 非常に細かい話ですが データの大きさを示す「バイト」とこの項目で言及している「ビット」全く違う単位です。 ただし、1バイトは8ビットですので、意味は違えども掛け算で簡単に置き換えることができます。 Amazon ミュージックアンリミテッドの音質は? Amazon ミュージックアンリミテッド の音質は、 256kpbsとされております。 Apple Music その上の320kbpsの音楽サービスが、• Google Play Music• Spotify• LINE MUSIC• AWA となっています。 とはいえ、256kbpsと320kbps では、よほど傾聴して音楽を聴くか、音楽の仕事についている方であればわかりますが、 音楽を楽しむ程度で聴く範囲であればそこまで大きな違いはなく、256kbpsの音楽を聴いて「音質が悪い!」と思われる方はあまりいないと思います。 まとめ• 音質は単純に「ビットレート」と呼ばれる数値の高さによって決まる。 Amazon ミュージックアンリミテッドのビットレートは256kbps(とされていた?)• 音質の変更は設定ストリーミングの音質から選択できる。 実際にビットレートを計測したところ音質「高」は320kbpsである可能性が出てきた。 いかがでしたでしょうか。 今回は Amazon ミュージックの音質の変更方法、および実際的なビットレートに関して調査してみました。 Apple Musicなどに関しては自分の手で音質の設定変更ビットレートの変更などができませんので、毎月の通信料が気になるユーザーの方はこれらの機能はありがたいですね。 皆さんも再生中に音質が気になる方はこちらの記事を参考に色々と設定を弄ってみてください!.

次の

Amazon『プライムミュージック』の使い方

プライムミュージック データ通信量

Amazon「プライムミュージック(Prime Music)」の使い方です。 どうせ無料で使えるのでそんなにすごくないんじゃないの?とあなどることなかれ。 プライムミュージックで聞ける音楽は100万曲以上でストリーミング再生だけじゃなく、スマホに音楽をダウンロードしてオフラインで再生したり、お気に入りのアルバムを作ったりもできます。 月額料金がかかる上位版『music unlimited』もアリ また、追加料金となりますが、新曲から名盤まで4,000万曲が聞き放題のというサービスも別で用意されています。 こちらは月額980円ですが、プライム会員であれば780円で利用可能となっています。 SpotifyやAppleMusicといった月額料金のかかるサービスと比較するのであれば、このmusic unlimitedの方になると思います。 後述しますが、音楽サービスとしてガッツリ楽曲を聴きたい場合は、music unlimitedの方をオススメします。 どちらのサービスも使い方自体は同じなので、プライムミュージック&music unlimitedの比較と使い方をスマホアプリ版を中心に紹介しています。 機能的には同じで楽曲数が圧倒的に違うパターンです。 どちらにも楽曲の間の広告は表示されません。 プライムミュージックもSpotifyの無料版よりは全然いい! 同様のサービスのSpotifyにも無料版があります。 こちらは曲のスキップに回数制限があったり、広告が表示されたりオフライン再生には対応していなかったりと機能制限は多い仕様になっています(その分、楽曲数はめっちゃ多いですが) 『無料版』だけで比較するとプライムミュージックの方に軍配が上がります。 unlimitedじゃないと基本的に再生できません。 プライムミュージックはプライム会員が体験できるサービス。 music unlimitedは音楽ストリーミングサービス 勝手にまとめるとプライムミュージックに関しては、このサービスを使いたいからAmazonプライム会員になるというよりは、 プライム会員なのでプライムミュージックが使えるという認識がいいと思います。 ただ、安室奈美恵さんのように基本的にストリーミングサービスでは楽曲を聞くことはできないアーティストさんもいます。 music unlimitedに入ればその楽曲が聞けるか?は後述しているアプリ内からの検索で確認することができます。 ちなみにAmazon music unlimitedにも30日間の無料期間があります。 リンク: ストリーミングでの再生は1アカウント1台まで が、ダウンロード済楽曲は同時再生も可能! この端末からの再生 Amazon Musicはお客様の会員資格で再生可能な端末数を超えて再生されております。 Amazon Music は一度に1つのデバイスでのみ再生可能となります。 このデバイスで再生する場合は、[続行] をクリックしてください。 ストリーミングでの音楽再生は1アカウントにつき1台までとなっています。 ただし、 スマホ側でダウンロード済の楽曲とPCブラウザでストリーミング再生など片方がダウンロード済であれば複数端末での再生も可能です。 仕様上当たり前かもですがこれは嬉しいかも。 AIスピーカー「Echo」にももちろん対応。 Amazonを使っている以上、何かしらは持っていると思います。 Amazonプライムミュージックアプリの使い方 ここからは実際にプライムミュージックを使う方法です。 ブラウザ版はもはや説明することがないくらいシンプルです。 この記事では、楽曲をダウンロードすることもできるスマホアプリ版(iPhone・Android)の使い方を中心に記事を書いています。 上位版の 「Amazon music unlimited」の方も基本操作は同じです。 iPhone・Androidで使う(アプリをインストール) iOS版(9. 0以上)、Android版(4. 4以上)はそれぞれのストアに用意されています。 もちろん全アプリ無料です。 アプリ名はプライムミュージックではなく「Amazon Music」となります。 初期設定&聞ける楽曲やランキング、プレイリストを表示 Amazonプライムアカウントでログイン アプリをインストールしたらプライム会員のAmazonアカウントでログインしておきます。 これがトップページ(ホーム)です。 人気のプレイリストやランキング、おすすめなどが表示されています。 基本的にここに表示されている楽曲は無料で再生&ダウンロード可能です。 楽曲のストリーミング再生とオススメ設定 【推奨】先にストリーミング再生時のデータ通信量を設定しておく ストリーミング再生を行う前に音質を設定しておくことをオススメします。 スマホの環境にもよりますが、モバイルネットワーク環境で高音質で音楽を流しまくっているとギガが減ってパケ死する可能性があります。 音質を設定します。 初期状態の「自動(推奨)」で問題ないとは思いますが、カリカリに削りたい人は「低」を選択しておくのもアリかもしれません。 音質は下がりますが。。 再生ボタンをタップするだけ 音楽をダウンロードせずにストリーミング再生する場合は、聞きたい楽曲をタップするだけでOKです。 プレイヤーがめっちゃ使いやすい! このAmazon Musicのプレイヤー、相当使い勝手がいいです。 スワイプでのジェスチャー操作にガッツリ対応しており、左右にスワイプで前後の曲に移動、上にスワイプでフルスクリーン、下にスワイプでメニュー起動など直感的に操作できます。 楽曲を検索する music unlimitedマークがある楽曲はプライムミュージックでは聞けない 楽曲やアーティストの検索は下部メニューの検索アイコンから行います。 サクッと検索してくれるのでかなり便利です。 検索に引っかからなかったらmusic unlimitedでも聞けない この検索で引っかかってこなかった楽曲はmusic unlimitedまで含めてAmazon Musicでは聞けない楽曲ということになります。 (同様の他の音楽サービスにもない可能性が高い) 安室奈美恵さんの楽曲などはほぼありませんでした。 プレイリストなどマイミュージックに楽曲やアーティスト、アルバムを登録する マイミュージックに追加(自動プレイリストに追加される) アーティストやアルバム、ランキングなどの楽曲がまとめられているものはワンタップでマイミュージックに追加できます。 プレイリストを新たに作成、または現在のプレイリストを指定して追加すればOKです。 オフラインでの再生もできるようになる楽曲のダウンロード手順とオススメ設定 【推奨】Wi-Fi時のみダウンロードができるように設定 楽曲をダウンロードする前にギガが減るのを防ぐために「Wi-Fi時のみダウンロード」を設定しておくことをオススメします。 設定の中にある「Wi-Fi接続時のみダウンロードする」をオンにしておけばOKです。 ダウンロードサイズの上限を設定しておく スマホのストレージ容量を確保だったり、逆にたくさんの楽曲をダウンロードしたりしたい場合はキャッシュサイズ上限を変更しておくといいと思います。 Androidの場合はSDカードでも移動できますが、iPhoneだと音楽をダウンロードしすぎてストレージ容量が圧迫されるかもしれませんのでご注意を。 プレイリストやアルバムの楽曲をまとめて一括ダウンロード プレイリストやアルバムに入っている楽曲をまるまる一括でダウンロードする場合は、ページトップのサムネイル画像の下にあるダウンロードボタンをタップすればOKです。 中に入っている全ての楽曲のダウンロードが開始されます。 環境にもよりますが、1曲のダウンロードであれば数秒で完了します。 オフラインモードを使えば圏外でも再生できる楽曲が一目でわかる ダウンロード済の楽曲の再生はオフラインモードに設定すれば一発で分かります。 OS別の機能などの紹介、詳細 AndroidだとSDカードに楽曲を保存できるなどOS別に若干違う仕様があったりもします。 この辺の細かい部分はAmazonの公式ページに詳細が書かれているのでチェックしてみてください。 ただプライム会員であれば無料でダウンロード機能まで使えますし、特に洋楽であれば有名どころはmusic unlimitedじゃなくても抑えてあります。 個人的な感想は、 無料で使える音楽サービスとしては十分満足できるサービスだと思います。 「音楽をガッツリ聞くストリーミングサービス」としてガッツリ利用したい場合はmusic unlimitedになります。 まぁ4,000万曲という楽曲をプライム会員の年会費だけで聞けると思う方がよくないのですが。。 まずはプライム無料期間中にプライムミュージックから初めてみては? Amazonプライムに入ろうか検討している人は、まずはプライムの無料期間中にプライムミュージックを試してみてはいかがでしょうか。 リンク:.

次の