え そそ。 焼肉 ソソモン(鶴橋/焼肉)

猫がトイレ以外で粗相をしてしまう原因 [猫] All About

え そそ

『日本書紀』では、百襲姫は(の神、祭神)の妻となったという。 記録 [ ] 『』7年2月15日条では、国中で災害が多いので天皇が八百万の神々を神浅茅原(かんあさじはら:比定地未詳 )に集めて占うと、が百襲姫に神憑り、大物主神を敬い祀るように告げたという。 同書崇神天皇7年8月7日条では、倭迹速神浅茅原目妙姫・(遠祖)・の3人はともに同じ夢を見て、大物主神と(祭神)の祭主をそれぞれとにするよう告げられたといい、同年11月13日条ではその通りにしたところ果たして国内は鎮まったという。 この「倭迹速神浅茅原目妙姫」は百襲姫と同一視される。 また同書崇神天皇10年9月27日条では、の1人のが和珥坂(現・和爾町)で不思議な歌を詠う少女に出会う。 少女は詠う 「ミマキイリビコはや おのが命を殺せんと ぬすまく知らぬに 姫遊びすも」。 大彦命は気になって尋ねる「なんじが言は何辭ぞ」。 少女は答える「物言はず、ただ歌うのみ」。 少女はもう一度同じ歌を詠うと姿を消した。 大彦命は引き返してこのことを天皇に報告した。 百襲姫はこれをとその妻の吾田媛による謀反の前兆であると告げ、果たして謀反は起こったが鎮圧されたという。 この説話部分は、前後の記述関係から某かの神が童の口を借りて詠わせたともとれる内容である。 (奈良県桜井市) は三輪山の神とされる。 続けて、同書では百襲姫による三輪山伝説・箸墓伝説が記される。 これによると、百襲姫は大物主神の妻となったが、大物主神は夜にしかやって来ず昼に姿は見せなかった。 百襲姫が明朝に姿を見たいと願うと、翌朝大物主神は櫛笥の中に小蛇の姿で現れたが、百襲姫が驚き叫んだため大物主神は恥じて御諸山()に登ってしまった。 百襲姫がこれを後悔して腰を落とした際、箸が陰部を突いたため百襲姫は死んでしまい、大市に葬られた。 時の人はこの墓を「箸墓」と呼び、昼は人が墓を作り、夜は神が作ったと伝え、また墓には大坂山(現・奈良県西部の丘陵)の石が築造のため運ばれたという。 『』では母母曽毘売(百襲姫)の事績に関する記載はない。 なお、『多氏古事記』逸文 においても「倭迹迹媛皇女」と大三輪大神との神婚譚が記されている。 墓 [ ] 倭迹迹日百襲姫命 (奈良県桜井市) は、により箸中にある 大市墓(おおいちのはか、 )に治定されている。 宮内庁上の形式は。 遺跡名は「」で、墳丘長278メートルのである。 前述のように『日本書紀』では百襲姫は「大市」に葬られ、人々はこれを「箸墓」と称したと記されている。 墓は同書元年()7月23日条において「箸陵」とも見えるが、『』()では記載を欠いている。 上記古墳を箸墓に比定する伝承は幕末まであり、元年()4月には営築とともに長役・守戸の付置があった。 また8年()に墓域が国有地として買収され、明治19年()に拝所・参道用地も買収、明治21年()に修営された。 この箸墓古墳は、全国の古墳で最古級の中頃の築造とすれば、の立場から、『』に見える「径百余歩」というの冢に比定できるとする説があるものの、巨大な前方後円墳をのものとみなす意見も多い(詳細は「」を参照)。 しかし『日本書紀』・『古事記』およびその原史料の『』・『』の編纂段階では、すでにヤマト王権の初期王陵とする伝承が失われ、新たな意味付けがなされている点が注目されている。 その中で、王族の墓は以後に「陵」から「墓」と称されるようになった点、箸は7世紀以降から支配層で一般的に使用されるようになった点、および『』揖保郡立野条において箸墓伝承と同様の説話が見える点などから、元々はの伝承であったのが新たに三輪山伝承に付加されたとする説があり、加えて「はしはか」の墓名も「土師墓(はじはか)」に由来すると指摘される。 考証 [ ] 『日本書紀』の記す伝承は、人と蛇神との三輪山型(苧環型)の神婚を表すとともに、の習俗を表すとされる。 また、『古事記』での伝承のように神・人が結ばれて子が産まれる型(神人交流型)ではなく、別離し死去する(神人隔絶型)であるという特徴を持っている。 また百襲姫の地位・巫女的性格から、『』に見えるを百襲姫に、卑弥呼の男弟を崇神天皇にあてる説や、前述のように箸墓古墳を卑弥呼の墓とする説がある (詳細は「」を参照)。 信仰 [ ]• 『萬葉集註釈 一』所収『土佐国風土記』逸文「三輪川(神河)」の引用文(武田祐吉編(岩波書店、1937年、国立国会図書館デジタルコレクション)167-168コマ参照)。 なお、逸文中の「多氏古事記曰はく」以下は風土記の文章でない可能性が指摘される。 宮内省諸陵寮編(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)8コマ。 『宮内庁書陵部陵墓地形図集成』 学生社、1999年、巻末の「歴代順陵墓等一覧」表。 18-20。 参考文献 [ ]• 「倭迹迹日百襲姫命」、 石井茂輔「大市墓」(倭迹迹日百襲姫命項目内)。 「倭迹迹日百襲姫命」『日本古代史大辞典』、2006年。 『日本古代氏族人名辞典 普及版』、2010年。 「倭迹迹日百襲姫命」、 「倭迹速神浅茅原目妙姫」。 関連項目 [ ]•

次の

そそそ

え そそ

病態 [ ] は構造で、網目状の骨架橋によって強度が保たれている。 骨架橋はによる骨形成と、により骨吸収によって常にリモデリングが行われており、古い骨を壊す一方で新しい骨を作ることで一定の状態を保っている。 骨粗鬆症の病態は、骨吸収の相対的亢進による骨架橋の脆弱化である。 骨吸収の相対的亢進はの低下によって加速されるので、後の女性に多い。 さらに女性は男性に比べてもともと骨量が少ないため、形成・吸収のバランスが崩れた時に、症状が表面化しやすい。 やの骨折はいわゆるのの原因となり、 QOL を著しく低くする。 統計 [ ] 日本ではなどによると、国内の患者は高齢女性を中心に年々増加しており、自覚症状のない未受診者を含めると、推計で1100万人超に上る。 患者の8割は女性である。 高齢の女性に多く、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人が、患者になっている可能性があるとされる。 初期段階に自覚症状はなく、骨折して初めて気付くケースも少なくない。 では3000万人に症状が現れていると考えられている。 分類 [ ] 骨粗鬆症は大きく原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症に分けられる。 原発性骨粗鬆症 [ ] 閉経や老化に伴い骨密度が低下するタイプのものであり、骨粗鬆症のほとんどは原発性である。 低下が主な原因であるが、加齢に伴う腎機能の低下によって生じるの産生低下も原因となる。 女性では閉経後骨粗鬆症が多く、におけるエストロゲン分泌量の低下が原因となりほとんどの女性に骨密度低下が認められる。 女性ではエストロゲンはで産生される。 また閉経後女性にエストロゲンを補充すると骨量の減少が抑制される。 妊娠に伴う骨粗鬆症も原発性骨粗鬆症の1つとして数えられ、母体のカルシウムが胎児に移行してしまうことが原因である。 高齢の男性ではテストステロン量が減少するためエストロゲン量も減少し、骨密度の低下につながると考えられている。 男性では卵巣がないため、類似の構造を持つ(男性ホルモン)から変換して産生する。 男性では女性のように更年期で急速にエストロゲン産生量が低下して骨粗鬆症に陥るということはないが、加齢は骨量の減少要因の1つとなる。 男性でも骨密度の低下と血中エストロゲン量には相関があることも示されている。 続発性(二次性)骨粗鬆症 [ ] 続発性骨粗鬆症とは何らかの疾患のバックグラウンドの上に成り立つタイプのものである。 続発性骨粗鬆症の中にはさらに内分泌性、栄養性、薬物性(主にによる)、不動性、先天性という細分類がある。 薬剤性骨粗鬆症の原因• - ・慢性腎臓病で用いられる 反対に供与剤 、、抗薬 抗MR薬、など 、およびは骨粗鬆症を予防する可能性がある。 阻害剤 - 閉経後に用いられる• 遮断療法 - に用いられる• 系治療薬 ガイドライン [ ] 診療ガイドラインの国際標準の作成手順となっているGRADEを用いて作られたものはNICEガイドラインとUSPSTFのみである。 骨粗鬆症の診療ガイドラインには日本の骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会が作成した『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版』(JCS2015)のほか、イギリスのNICEガイドラインとSIGNガイドライン、アメリカのICSI、NOF、USPSTFがある。 また、ステロイド骨粗鬆症ではが『ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン2014年改訂版』を作成しており、アメリカには2010年に改訂された「米国リウマチ学会のステロイド骨粗鬆症の予防と治療の推奨」 を発表している。 骨粗鬆症のスクリーニング [ ] JCS2015には骨粗鬆症のスクリーニング対象者の記載はない。 USPSTFでは65歳以上の女性をスクリーニング対象としている。 慣習的に65歳以上の女性、65歳未満でステロイドの全身投与を行う予定のある男女、転倒やふらつきのリスクがある男女をスクリーニング対象とすることが多い。 スクリーニングでリスク評価をする項目は骨密度の測定と骨折リスク評価ツールであるFRAXを用いる。 その結果以下の4パターンでは薬物療法の適応と考えられるが、これらの基準は絶対的なものではない。 例えば寝たきりで転倒する機会が乏しい場合、余命が限られているため、服薬が困難な場合は治療する意義は乏しくなる。 骨粗鬆症性骨折の既往がある• 骨密度(DXA測定)がTスコアが2. 骨密度(DXA測定)がTスコアが1. 0-2. ステロイド長期全身投与を行っているまたは行う予定がある 検査 [ ] 骨密度測定 [ ] DXA(dual-energy X-ray absorptiometry、躯幹骨二重X線吸収法) [ ] DXAまたはDEXAとよばれるは2種類の異なるX線を骨にあてて、骨とほかの組織におけるX線の吸収率の差から骨密度を測定する方法である。 DXAは正確に骨密度を測定できる方法としてWHOの基準に組み込まれており、2017年現在、骨粗鬆症の標準的な診断方法となっている。 ともいう。 測定部位はJCS2015では腰椎(L1〜L4またはL2〜L4)と大腿骨近位部の両者を測定することが推奨されている。 これに対して欧米では若年女性(20〜29歳)の骨密度を基準とした標準偏差値であるTスコアを用いる。 Tスコアの-2. なお同年齢との比較はZスコアで行われる。 DXAの診断特性はTスコア-2. 5以下を基準とした場合の椎体骨折の有無に対して腰椎のDXAは感度71. 大腿骨近位部のDXAでは感度33. 椎体骨折に関しては椎骨のDXAの方が望ましいが椎体圧迫骨折があると見かけ上骨密度が高くなるため腰椎Xpで圧迫骨折がないことを確認することが必要である。 によるフローチャートによると、腰椎側面ので病的骨折が認めなければ、骨塩定量を行なうこととなっている。 測定部位は、、、、いずれでもよいとされているが、もっとも望ましいのは腰椎とされている。 橈骨では(ビスフォスフォネート)の治療効果判定ができない。 を使用した骨密度定量は結果のばらつきが大きく、骨粗鬆症の診断に使用するのは適切ではないとして、適正な測定方法に含まれていない。 高齢女性においては、二重エネルギーX線吸収法(DXA法)は骨折予測にあまり有用でないという報告もある。 MD法、DIP法 [ ] 手の骨と、階段状になったアルミニウム板とを同時にX線撮影し、骨とアルミニウムの濃度を比べることによって骨密度を測定する。 QCT法、pQCT法 [ ] を用いて、骨を撮影する。 QUS法 [ ] 超音波を用いて骨密度を測定する。 X線被爆の恐れがない。 FRAX(Fracture Risk Assessment Tool) [ ] は2008年にWHOから、10年以内の大腿骨近位部と主要な骨粗鬆症性骨折(大腿骨近位部骨折、上腕骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折、臨床的椎骨骨折)のリスク評価するためのツールとして提唱された。 FRAXによる骨折リスクの評価は欧米・アジア・オーストラリアでの10コホート研究から検討された12項目の骨折危険因子から計算される。 対象年齢は40〜90歳成人で、危険因子は年齢、性別、体重、身長、骨折歴、両親の大腿骨近位部骨折歴、現在の喫煙、ステロイド使用、、続発性骨粗鬆症、1日3単位以上のアルコール摂取、大腿骨近位部骨密度からなる。 リスクとしては大腿骨近位部骨折の家族歴が最も高く、関節リウマチ、ステロイドの使用、骨粗鬆症性骨折の既往が続く。 JPOS(Japanese Population-Based Osteoporisis)では日本語版FRAXで計算された10年以内の骨折リスクと実際に10年間フォローアップした際の骨折率を比較した比較し、両者に大きな差は認められなかった。 FRAXは日本の医療現場でも実用可能と考えられる。 FRAXには大腿骨近位部の骨密度の項目があるが、この項目は使用しなくとも計算された骨折リスクに大きな影響は与えていない。 そのため骨密度が測定できない診療所でも利用可能である。 FRAXの問題点としては以下の7項目が指摘されている。 まずは制作過程が明らかにされていないこと。 入力できる骨密度は大腿骨近位部に限られているため椎体骨折の評価としては不十分な可能性があること。 骨折リスクの1つであるステロイドの使用量と使用期間が考慮されないこと。 大腿骨近位部骨折の最大の原因である転倒が危険因子に含まれていないこと、骨折歴では骨折数や部位が考慮されていないこと。 、、、ループなどその他の骨折リスクをあげる薬剤の使用が考慮されていないこと、40〜90歳成人を対象としているツールなのでそれ以外の年齢では利用できないことがあげられる。 骨代謝マーカー [ ] 骨吸収マーカーであるDPDやNTX、TRACP-5bおよび、骨形成マーカーBAP、P1NPが知られている。 予防 [ ] 人種、体型、運動、、食事、摂取などが要因として知られる。 人種ではアフリカ系が骨粗鬆症を発症しにくい。 運動の習慣がなくやせた体型、低い身長は危険因子の1つである。 骨形成に欠かせないを排出させる動物性過多の食事、やの不足した食事、の摂り過ぎ、過剰なアルコール摂取は、食事面における危険因子となる。 喫煙は下記によって危険因子となる。 骨粗鬆症を予防するには、これらの要因を除去する事、具体的には発症前の運動と食物の内容が重要である。 この他に、が当該症状が起こりやすい。 や運動や投薬で防ぐ研究が行われている。 骨粗鬆症の治療と予防のガイドライン によれば、骨粗鬆症の予防には以下の項目が推奨されている。 適正体重の維持とやせの防止 適切な運動 栄養指導、栄養素の摂取• カルシウムを食品から700〜800mg• 野菜と果物の摂取量が多いほど骨密度が高いという研究結果が老若男女それぞれにある。 様々な意味で用いられるについては当該記事を参照。 喫煙の影響 [ ] 喫煙は、骨に直接的・間接的に様々な機序で作用し骨粗鬆症を促進する。 直接作用としては、 やたばこ煙中の が骨細胞に毒として働くことが指摘されている。 間接的作用としては、からのカルシウム吸収の減少 、ビタミンD不足 、や代謝の変化 、非喫煙者よりも低い体重 、非喫煙者よりも早い閉経 、非喫煙者に比べて低い活動度 などである。 これらの直接的・間接的影響によって、喫煙者は非喫煙者に比べて、などの骨形成マーカーが低く、骨粗鬆症を来たしやすいとされている。 治療 [ ] 食事・運動療法 [ ] 日本人の平均カルシウム摂取量と平均ビタミンD摂取量は厚生労働省の食事摂取基準の推奨量にややかける実態があることから骨粗鬆症の患者にはカルシウムとビタミンDの補充を行うことがある。 食事ではカルシウムはや、、、などに、ビタミンDはなどの魚とやなどの類に多く含まれている。 またビタミンDはに当たると体内で合成されるため日光浴も重要である。 一般的には冬期では1日あたり20分-2時間、夏期では5-10分くらい日光に当たると良いとされている。 しかし天候や緯度にもよるので一概には言えない。 屋外で運動療法を行うことで自然に必要な量の紫外線を浴びてビタミンDを合成することが可能である。 転倒予防 [ ] 転倒予防では多因子介入を行う。 (特にベンゾジアゼピン系薬)、、治療薬、薬剤性を起こすような薬剤など、ふらつき・転倒の原因となっている薬剤の減量や中止を検討して、ポリファーマシー(多剤併用)を解消する。 転倒の原因となるやを積極的に検索する。 夜間の排尿も転倒のリスクになるため排尿障害も積極的に検索する。 薬物療法 [ ] 骨粗鬆症は下記の4種類の薬剤 ビスフォスフォネート系薬剤、SERMおよび女性ホルモン、抗RANKL抗体、 の中から1つを選択して行われる。 日本での保険診療では、4種類の中の複数を重複投与することはできない。 また女性ホルモン、、バゼドキシフェンは閉経後の女性のみに有効である。 薬物 骨密度増加 椎体骨折防止 非椎体骨折予防 総合評価 アレンドロネート A A A A リセドロネート A A A A ラロキシフェン塩酸塩 A A B A エチドロネート A B B B 活性型ビタミンD3製剤 B B B B カルシトニン製剤 B B C B ビタミンK2製剤 B B B B 女性ホルモン製剤 A A A C カルシウム製剤 C C C C 上記は骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会における推奨度である。 Aは強く勧められる、Bは勧められる、Cは勧められる根拠がないとされているものである。 2016年時点では、さらに新しいガイドラインが発表されており、上記は古いガイドラインである。 ビスフォスフォネート系薬剤 [ ] 「」も参照 (BP)は骨組織に付着することでに取り込まれる。 BPを取り込んだ破骨細胞はに至り骨吸収が抑制される。 その結果骨密度が上昇し、骨折の予防につながる。 側鎖に窒素を含まない第一世代の(商品名ダイドロネル)、側鎖にを含むが環状構造を有さない第二世代の(商品名ボナロン、フォサマック)、(商品名ボンビバ)、側鎖に窒素を含み環状構造を有する第三世代の(商品名アクトネル、ベネット)、(ボノテオ、リカルボン)がある。 第二、第三世代のBPは第一世代と異なる機序で骨吸収を抑制するため、1000倍から10000倍も効果が高いといわれている。 BPにはゾレドロン酸(商品名ゾメタ)という点滴薬があるが悪性腫瘍による高カルシウム血症で用いられる。 日本では骨粗鬆症と指摘された場合、脆弱性骨折を起こした場合、他疾患でステロイド全身投与を導入され、骨粗鬆症予防が必要とされた場合にBPは投与される。 日本のガイドラインでは BPのうち特にアレンドロン酸とリセドロン酸を第一選択として推奨している。 効果 [ ] 骨密度に関しては椎体および大腿骨近位部の骨密度を上昇させる。 骨折の一次予防に関してはあまり効果なく、骨折の二次予防に関しては椎体骨折、非椎体骨折、大腿骨近位部骨折のいずれも減らすことができ、かなり効果が期待できる。 骨折時は座位保持が困難な場合もあるのでBPを安全に服薬できるようになったら速やかに内服を開始する。 BPを投与開始し6〜12ヶ月で椎体骨折の予防効果が出現し、12〜18ヶ月以降になってはじめて大腿骨近位部骨折を含む非椎体骨折の予防効果が現れる。 長期的な骨折予防効果が持続するかは不明である。 BPの効果を検証した研究のほとんどはカルシウム製剤と活性型ビタミンD3製剤を併用している。 そのため、BPを開始する際は活性型ビタミンD3製剤(ワンアルファならば0. 必要があればカルシウム製剤も併用する。 (FDA)はBPによる大腿骨非定形骨折のリスク増加を受けて、5年以上使用する場合には継続するべきか再検討するように2010年に警告している。 休薬のプロトコールとしてはUK NOGGのものが知られている。 副作用 [ ] 上部消化管障害 BPで最も頻度の多いが上部消化管障害である。 ・に対して刺激が強い薬剤であるため、や食道を起こす。 服薬法が煩雑な欠点の解消のため週1回または月1回の系治療薬が開発された。 薬剤関連顎骨壊死(MRONJ) 「」も参照 薬剤関連(medication-related ONJ、MRONJ)は2003年に、顎骨のなどの研究者であるMarxが、普通と異なる病態をまとめたレターを報告したのが始まりである。 MRONJでは口の中のの一部がなくなり、顎骨が直接口腔に露出している状態になる。 顎骨骨髄炎の多くは感染源の歯を抜歯すると治癒するが、BPを服用している感染源の歯を抜歯しても治癒せず、むしろ悪化することがある。 しかし因果関係までは証明されていない。 抜歯を契機に発見されることが多いため、口腔内に的な処置をする際にBPを中止するべきか議論されている。 BPの破骨細胞での作用が不可逆であることから中止に意味がないという意見もある。 BP開始前に侵襲的処置が必要か歯科医師と相談してから開始するのが最もよいと言われている。 などに対し静脈注射で高用量のBPを使用した場合の方が出現頻度が高いが、骨粗鬆症で用いるBPでも起こる。 異型骨折 骨粗鬆症では通常は起きないような大腿骨転子下や大腿骨骨幹部骨折を非定型骨折または異型骨折といい、BPとの関連が考えられている。 BPの総投与量が多いほど発症のリスクが上がる。 3〜5年でオッズ比が1. 6となる。 FDAは大腿骨非定型骨折のリスク増加を受けて、5年以上使用する場合には継続するべきか再検討するようにと2010年に警告している。 このような内容を踏まえると BPは初期の数年間以降は骨折予防効果がない可能性、3年以上で非定型骨折を増やす可能性があることからBPの使用は3〜5年に控えるべきという意見もある。 またBP投与中に異型骨折した場合は速やかにBPを中止する。 心房細動 BP使用者はのが1. 4と多かった。 SERMおよび女性ホルモン [ ]• ・ これら(selective estrogen receptor modulator)は、受容体に対するであり、骨代謝ではエストロゲンアゴニスト、骨外ではとして作用するため、、のリスクも低下させる。 商品名はそれぞれエビスタとビビアントである。 エストロゲンのように乳癌や子宮癌のリスクを増やさない。 ビスフォスフォネート系薬剤にはない骨質改善効果があるとされる。 をきたしやすいという欠点がある。 また下肢のリスクを上げるために寝たきり患者などの臥床者には使用できない。 SERMの特徴としては椎体骨折以外の骨折を減らしたというエビデンスがないことがあげられる。 SERMは骨粗鬆症の治療で第一選択にはならないが、BPが使用できない場合、BPを5年ほど使用し中止した場合、BPを使用しても椎体骨折を繰り返している女性で内服による血栓症のリスク増加を許容できるくらいADLが良い場合に使用が検討される。 女性ホルモン製剤 エストリールなどが知られている。 骨粗鬆症よりもや美容の目的で使用される。 乳癌やの発生頻度上げるという問題がある。 女性ホルモン製剤は骨粗鬆症と同時に重い更年期障害がある閉経後間もない女性が対象ならば、まとめて治療できるメリットがある。 しかし女性ホルモン製剤は骨粗鬆症自体には保険適応がない。 またホルモン補充療法は、大規模臨床試験の途中で、疾患や乳癌発症などのリスクが骨折減少などの有益性を上回ったため、中止となった。 抗RANKL抗体 [ ] プラリア• 半年に1回、筋肉注射する。 血中のカルシウムが低下しやすいので原則としてビタミンD・カルシウム・の合剤 デノタス錠 の併用が必要。 非常に高い骨密度の改善効果を持つ。 日本ではより「プラリア」として販売されている。 デノスマブ投与中止後に多発性椎体骨折が起きることがあり、中止する際にはビスホスホネート製剤などを使用することが望まれる。 添付文書上も「本剤治療中止後、骨吸収が一過性に亢進し、多発性椎体骨折があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、本剤治療中止後に骨吸収抑制薬の使用を考慮すること。 」とされている。 なお多発性骨髄腫、固形癌骨転移、骨巨細胞腫に対する適応がある「ランマーク」は成分が同等であるが、用量や投与間隔が異なっており、骨粗鬆症への適応はないので注意が必要である。 副甲状腺ホルモン [ ] ; 遺伝子組換えヒトPTH 1-34 ヒトホルモンのN末端1番から34番までのみを遺伝子組換えにより製剤化したものである。 唯一の骨新生促進効果を持つ薬剤。 であるためコンプライアンスでは短所があるが、骨量増加作用は上記の薬剤と比較して最も高い。 商品名「フォルテオ」「テリボン」の2剤が製品化されている。 フォルテオは毎日1回の在宅自己注射 皮下注射 で、テリボンは週1回の通勤での皮下注射となる。 骨折や骨壊死の治癒促進効果があるが、などの消化器症状が出やすい。 JCS2015ではBPやSERMなどによる治療を行っても骨折を生じた例、高齢で複数の椎体骨折や大腿骨近位部骨折を生じた例、骨密度が著しい例ではテリパラチドの使用を推奨している。 またステロイド骨粗鬆症で骨折を起こした場合には用いることもあるが投与期間は2年以上の効果は証明されていない。 抗スクレロスチン抗体 [ ] 骨細胞から分泌され、骨形成の抑制などの作用を持つスクレロスチンと結合してその作用を阻害する薬剤。 骨形成を促進し、骨吸収を抑制するヒト抗スクレロスチンモノクローナル抗体製剤であるが承認されている。 210mgを月1回、12か月皮下投与する。 日本ではアステラス・アムジェン・バイオファーマとが共同開発した。 補助的な治療薬 [ ] 下記は上記の主な4種類の治療薬とともに補助的に使用される薬剤である。 単独では骨密度改善効果は期待できない。 活性型ビタミンD3製剤 カルシウム摂取量が少ない日本では、重要な位置を占める薬物である。 骨折抑制効果がある エディロール 、アルファカルシドールであるワンアルファ、アルファロールといった商品が有名である。 カルシトリオール(商品名ロカルトロール)は肝臓や腎臓における活性化の必要がなく、臓器障害がある時は好まれる。 近年はフォレカルシトール(ホーネル、フルスタンなど)といった強力な薬物も用いられる。 マキサカルシトール(オキサロールなど)は維持透析における二次性で用いられる注射薬である。 カルシウム製剤と併用はリスクがあるので注意が必要である。 SERMやビスフォスフォネート系薬剤の治療効果を示した臨床研究では、基本的にビタミンD3製剤が併用されているデータが多いので、SERMやビスフォスフォネート系薬剤を使用する際には、ビタミンD3製剤を併用することが多い。 また抗RANKL抗体製剤を使用するときは、ビタミンD3製剤の併用が必須となる。 カルシトニン製剤 エルシトニン 製剤としてエルシトニンなどが知られている。 日本では骨粗鬆症単独の治療としては認可されておらず、「骨粗鬆症に伴う疼痛緩和」の病名で認可されている。 ビタミンK2製剤 製剤として、グラケーやケイツーが知られているが、治療薬としての選択優先度は低い。 カルシウム製剤 カルチコールやアスパラCAが知られている。 骨粗鬆症で利用できるカルシウム製剤はリン酸水素カルシウムとL-アスパラギン酸カルシウム(アスパラCA)の2種類がある。 リン酸水素カルシウムは散剤で1日3g摂取すればカルシウムを699mg摂取できるがL-アスパラギン酸カルシウムは錠剤で1日1. 2g摂取してもカルシウムは134. 4mgしか摂取ができない。 が多数市販されており、サプリメントやカルシウム製剤で1日500mg以上を摂取しないのが目安で、食事と合わせても1日2000mgを超えないように摂取する。 経皮的椎体形成術 [ ] がに至った場合は、骨セメントを注入して潰れた箇所を整復するが行われる場合がある。 ステロイド骨粗鬆症 [ ] 病態 [ ] 骨粗鬆症とステロイド骨粗鬆症はが異なると考えられている。 閉経後の女性の骨粗鬆症ではエストロゲンの分泌低下によって前述の抑制がなくなることや加齢によって骨吸収の増加が起こることで骨量が減少する。 ステロイド骨粗鬆症では骨細胞と骨芽細胞のが主な病態になる。 骨細胞と骨芽細胞のアポトーシスにより骨形成が抑制され骨量に加え骨質も低下する。 ステロイド骨粗鬆症では始めに骨の内部の海綿骨の骨量・骨質が低下し、椎体圧迫骨折を起こす。 後に外側の皮質骨にも影響が出て大腿骨頸部骨折や転子部骨折を起こす。 同じ骨密度でもステロイド使用者は非使用者よりも骨折のリスクが高い。 またステロイド骨粗鬆症の骨折リスクは全身性ステロイドの用量依存性で、総投与量よりも現在量が骨折のリスクに相関する。 治療 [ ] ステロイド骨粗鬆症に関しては日本骨代謝学会が『ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン2014年改訂版』を作成している。 またアメリカには2010年に改訂された『米国リウマチ学会のステロイド骨粗鬆症の予防と治療の推奨』 を発表している。 ステロイド骨粗鬆症の予防、治療において何よりも大切なことは全身性ステロイドの使用量、使用期間をできるだけ少なくすることである。 局所ステロイドやを用いるなどして全身性ステロイドの使用量を減らせないか常に考えることが必要である。 2010年に改訂された『米国学会のステロイド骨粗鬆症の予防と治療の推奨』では何mgまでのステロイドであれば、骨密度を減らさない、骨折率を上げないというような安全域はないため、全身性ステロイドを3ヶ月以上使う見込みのある人全員に生活指導をするように推奨している。 生活指導をした上で「閉経後女性または50歳以上の男性」「閉経前女性または50歳以下の男性」に分けて治療推奨が示されている。 生活指導と評価 [ ] 2010年に改訂された『米国リウマチ学会のステロイド骨粗鬆症の予防と治療の推奨』では以下のような生活指導と評価が、全身性ステロイドを3ヶ月以上用いる場合は必要とされている。 適度な荷重運動• 過度の飲酒をさける• カルシウムやビタミンDの栄養指導• 転倒リスク評価• DXAのベースライン評価• 血清カルシジオール 25 OH D の測定(日本では適応なし)• ベースラインの身長評価• 脆弱骨折の評価• 全身性ステロイドを3ヶ月以上使用の場合、ビタミンDサプリメントの内服 なお、カルシウム製剤と活性型ビタミンD3製剤の併用は通常は行わない。 閉経後女性または50歳以上の男性の場合 [ ] 閉経後の女性または50歳以上の男性の場合はFRAXで骨折リスクを計算する。 5の場合との既往がある場合を高リスクと層別化する。 低リスク群で全身性ステロイドを3ヶ月以上使用が見込まれないものは薬物療法は推奨されない。 中リスク群で全身性ステロイドを3ヶ月以上使用が見込まれないものは薬物療法は推奨されない。 3ヶ月以上使用が見込まれる場合は薬物療法が推奨される。 閉経前女性または50歳以下の男性の場合 [ ] 閉経前女性または50歳以下の男性の場合の場合、脆弱骨折の有無と挙児希望の有無とステロイド投与期間と投与量で薬物療法は決定する。 まず脆弱骨折がない場合は十分なデータがない。 挙児希望がある場合は長期使用の安全性や胎児への安全性が確立していないため骨粗鬆症治療薬の投与は推奨されない。 脆弱骨折がある挙児希望のある女性の場合はステロイド使用期間が1〜3ヶ月の場合は骨粗鬆症治療薬投与のコンセンサスはない。 ステロイド骨粗鬆症の注意点 [ ] ステロイド骨粗鬆症はプレドニンゾロン7. 0〜-1. 5以下であった。 またステロイド骨粗鬆症による骨折リスクが高リスクの場合はBPの長期投与はやむをえないと考えられている。 比較的リスクが高いステロイド骨粗鬆症においてテリパラチドはよりも腰椎骨密度をあげることが示されており新規圧迫骨折を防ぐ可能性が示唆されているが椎体以外の骨折に対する有用性は示されていない。 ステロイド骨粗鬆症の場合は定期的な骨密度の測定などのモニタリングが必要である。 またステロイド骨粗鬆症で骨折が起きた場合はを投与することがある。 出典 [ ]• Greendale GA, Edelstein S and Barrett-Connor E. 1997 "Endogenous sex steroids and bone mineral density in older women and men: the Rancho Bernardo Study. " J. Bone Miner. Res. 12,1833-43. Aluoch AO, et al. Curr Osteoporos Rep. 2012;10 4 :258-269. Lim LS, et al. Loop Diuretic Use and Increased Rates of Hip Bone Loss in Older Men. Arch Intern Med. 2008;168 7 :735-740. doi:10. 168. 735• 竹内靖博. その他の治療薬関連骨粗鬆症. 日本医事新報 2017;4851:47-51. Arthritis Care Res Hoboken. 2010 Nov;62 11 :1515-26. Archives of Internal Medicine誌 2007; 167: 155-160• "", , 2002. 166-167. 2009年5月。 日本語:172-173頁。 Tylavsky FA et al. Am J Clin Nutr. 79 2 , 2004, pp311-317. New SA et al. "Dietary influences on bone mass and bone metabolism: further evidence of a positive link between fruit and vegetable consumption and bone health? ", Am J Clin Nutr. ;71 1 , 2000 Jan , pp142-51. Tucker KL et al. "Potassium, magnesium, and fruit and vegetable intakes are associated with greater bone mineral density in elderly men and women", Am J Clin Nutr. 69 4 , 1999 Apr, pp727-736. Tucker KL et al. PDF Am J Clin. Nutr. 76 1 :2002, pp245-252. Fang MA, Frost PJ, Iida-Klein A, Hahn TJ. Effects of nicotine on cellular function in UMR 106-01 osteoblast-like cells. Bone 1991;12 4 :283—6. Riebel GD, Boden SD, Whitesides TE, Hutton WC. The effect of nicotine on incorporation of cancellous bone graft in an animal model. Spine 1995;20 20 : 2198—202. Bhattacharyya MH, Whelton BD, Stern PH, Peterson DP. Cadmium accelerates bone loss in ovariectomized mice and fetal rat limb bones in culture. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 1988;85 22 :8761—5. Krall EA, Dawson-Hughes B. Smoking increases bone loss and decreases intestinal calcium absorption. Journal of Bone and Mineral Research 1999;14 2 : 215—20. The influence of smoking on vitamin D status and calcium metabolism. European Journal of Clinical Nutrition 1999;53 12 :920—6. Michnovicz JJ, Hershcopf RJ, Naganuma H, Bradlow, HL, Fishman J. Increased 2-hydroxylation of estradiol as a possible mechanism for the anti-estrogenic effect of cigarette smoking. 1986;315 21 :1305—9. Khaw K-T, Tazuke S, Barrett-Connor E. Cigarette smoking and levels of adrenal androgens in postmenopausal women. 1988; 318 26 :1705—9. Baron JA, Comi RJ, Cryns V, Brinck-Johnsen T, Mercer NG. The effect of cigarette smoking on adrenal cortical hormones. Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 1995;272 1 :151—5. Kiel DP, Felson DT, Anderson JJ, Wilson PWF, Moskowitz MA. Hip fracture and the use of estrogens in postmenopausal women: the Framingham Study. 1987;317 19 : 1169—74. Cummings SR, Nevitt MC, Browner WS, Stone K, Fox KM, Ensrud KE, Cauley J, Black D, Vogt TM. Risk factors for hip fracture in white women: the Study of Osteoporotic Fractures Research Group. 1995;332 12 :767—73. Department of Health and Human Services. Women and Smoking. A Report of the Surgeon General. Rockville MD : U. Department of Health and Human Services, Public Health Service, Office of the Surgeon General, 2001. Gregg EW, Cauley JA, Seeley DG, Ensrud KE, Bauer DC. Physical activity and osteoporotic fracture risk in older women: Study of Osteoporotic Fractures Research Group. 1998; 129 2 :81—8. The influence of smoking on vitamin D status and calcium metabolism. European Journal of Clinical Nutrition 1999; 53 12 : 920—6. Bjarnason NH, Christiansen C. The influence of thinness and smoking on bone loss and response to hormone replacement therapy in early postmenopausal women. Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 2000;85 2 :590—6. (2007; 357: 1799-1809)• Maturitas. 2013 Aug;75 4 :392-6. Writing Group for the Women's Health Initiative Investigators. Risks and Benefits of Estrogen Plus Progestin in Healthy Postmenopausal Women. JAMA 2002;288 3 :321-333. グループ(2018年9月6日閲覧)。 ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン2014年改訂版• Arthritis Care Res Hoboken. 2010 Nov;62 11 :1515-26. Osteoporos Int. 2002 Oct;13 10 :777-87. Nat Rev Rheumatol. 2015 Feb;11 2 :98-109. 参考文献 [ ]• 『』世界保健機関。 2005年。。 関連項目 [ ]• - 10月20日 外部リンク [ ]•

次の

「そそ」ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

え そそ

「延南 ヨンナム ソ食堂」は、新村 シンチョン の有名な牛カルビ専門店です。 以前は「ソソモンヌンカルビチッ」の名前で営業していましたが、近年店名を変更しました。 練炭と鉄板がセットされたドラム缶を囲み、立ってお肉をいただく昔ながらのスタイルが観光客に大人気!メニューは牛カルビのみで、席に案内されると人数分のお肉が鉄板にのせられます 一人の場合は初回注文2人分から。 甘めのタレをまとったお肉と焼酎 ソジュ の相性は格別!ご飯とキムチは持ち込みOKなので、近所のコンビニやスーパーで購入しましょう。 行き方は、地下鉄2号線新村駅の近く。 平日・週末ともに18:30前後にはお肉がなくなり閉店することが多いので、早めの時間帯の訪問がおすすめです。 駅 2番出口 徒歩3分 関連サイト なし 詳細情報 ・全席禁煙 ・テイクアウト:可 ・予約:不可 ・Wi-Fi:なし こだわり ムード 深夜営業 1人OK 朝食OK 5000W以下 芸能人 年中無休 韓国・ソウル好きの人にはもはや説明不要の名店だと思うのですが、 恥ずかしながら行ったことが無かったので今回行ってきました。 お肉が切れると早めに閉店するということで夕方16時頃に来訪。 入店時は2,3組だけでしたが1時間ほどするとすでに満員! 煙モークモク、汗ダーラダラでの立ち食いカルビとなりました。 メニューはお肉一つなのでいくつかだけ言えば自動的にお店のアジョッシが お肉を鉄板においてアジュンマが軽ーくだけ焼いてくれます。 お肉はいわゆる柔らかい高級牛肉とかではないです。 それなりに歯ごたえのある牛さんですが、タレに浸かったお肉を焼いてからさらにニンニクたっぷりのタレかニンニクなしの普通のタレにつけて食べると・・・もう最高です! お酒はセルフで勝手に出します。 ポイントとしては炭火がとにかく熱いので真夏は避けるのが良いかと思います。 汗だらだら流しながら食べるのも一興だとは思いますが。 あとは排煙は十分にされてないためお店を出た後はものすごく服に煙が染みついて臭くなることこの上ありませんw この店に行く際には水洗いできるお洋服でいくのが良いかと思います。 お店の雰囲気含めて韓国の庶民情緒と焼肉のおいしさを感じることのできる 名店だと思います。 人気なのがわかりますね! もう、7回目の訪問でした。 お店の名前変更、値段の変遷など色々とかわりました。 今回は、5・16(木)2時半頃の訪問でした。 混んでいない時間を選んでの訪問でしたが、6割位はお客さんが入っていました。 7人のグループでの訪問でしたが。 2つのドラム缶に分けて案内されました。 お店のアジュンマ(おばさん)に、指差しで話すと、隣同士のドラム缶を用意してくれました。 今回は、アジュンマ(おばさん)二人で、店を取り仕切っていました。 こんな経営の場面もあるのだなと思いました。 ; お肉は。 人数分、3人前が出てきました。 相変らずの美味しさでした。 こんかいは、ご飯も、キムパッも持ち込みしませんでしたが、もっち込んで食べている日本人を見かけました。 明洞のソソカルビ、店の前を通りましたが、全く、似たようなお店なので、チェー店ではないらしいいのですが、なにか関係はないのでしょうかね? ソジュ、勝手に持ってきたけど、やはりお咎めなしでした。 ウパ 興味しんしんで 初めて訪れた 新村。 名前から想像するより 都会でビックシティでした。 71m 確かな技術・良心価格・親身な診断が人気の理由! 278. 64m 美肌レーザーで若返り&オーダーメイド韓方薬によるダイエットが評判の皮膚・... 306. 41m 梨大駅すぐ!美肌ケアが人気のクリニック 850. 26m コネストで予約可能な周辺のホテル情報 ソウル マポ区近く に位置するチョコレート ツリーは、サンウーリム シアターから 500... 1,070円~ 0. 掲載情報は自己責任においてご利用ください。

次の