おもてなし 料理 和食。 味のおもてなし 浜

おもてなし料理 鷹 (オモテナシリョウリ タカ)

おもてなし 料理 和食

下ごしらえとして玉ねぎ、パプリカ、しいたけの大きさを揃え、1cmほどの角切りにします。 にんにくは粗みじん切りにしておきます。 弱火に熱したフライパンにサラダ油 分量外 をひき、にんにくを入れて焦がさないように炒め、香りを出します。 そこへ牛豚合いびき肉を入れて炒め、色が変わってきたら玉ねぎを加えます。 玉ねぎが透き通ってきたら、パプリカ、しいたけをそこへ入れて炒めます。 フライパンの火を強めて、Aの調味料を入れ、具に味が絡んできたら、バジルを指でちぎりながら加えて、さっと炒めます。 次に目玉焼きを作ります。 フライパンにたっぷりの油を入れて火をつけ、生卵を割り入れ、両面を揚げ焼きにします。 そこに塩とこしょうで味をつけます。 お皿にごはんをよそい、先ほどのひき肉と卵を盛り付けます。 お好みでパプリカパウダーをかければ、簡単おもてなしランチの出来上がりです。 きゅうりやトマトなどの野菜を添えてもいいです。 下ごしらえとしてたけのこ、玉ねぎ、にんにくをみじん切りにします。 トマトはさいの目切り、レタス細切りにしておきます。 次にタコミートを作ります。 フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎとにんにくを炒めます。 香りが立ってきたらひき肉をそこへ加えてほぐすようにして炒め、Aの調味料を入れて全体に味をなじませるように炒めます。 お皿にご飯を盛り、レタスをのせ、チーズを散らします。 その上に先ほどのタコミートと切ったトマトをのせます。 中央にアボカドの半割りし、種の部分に空いた穴に卵黄を落とせば簡単おもてなしタコライスの出来上がりです。 トルティーヤチップスを添えて、粗びき黒こしょう、ナッツ、パプリカパウダー、タバスコ(分量外)をふってもいいですね。 豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、玉ねぎはくし切りにしておきます。 温泉たまごを2つ作っておきます。 フライパンにごま油を入れて中火で熱し、先ほどの豚バラ肉と玉ねぎを入れ炒めます。 丼にごはんを盛り、具材をのせ、中央に温泉たまごを割り入れれば簡単豚丼ランチの出来上がりです。 ほうれん草や春菊、小松菜などのナムルを添えてもいいですね。 まずはそぼろを作ります。 フライパンにサラダ油を少量入れ加熱し、合挽きのひき肉を炒め、色が変わってきたら、塩こしょうを少々入れます。 全体に火が通ったらそこへしょうゆ、みりん、顆粒だしを加え、水分がなくなるまで炒めます。 卵を溶き、砂糖を入れて混ぜ合わせます。 別のフライパンにサラダ油を入れてしっかりと温め、そこへ卵を一気に加え、卵の底が固まり始めたら火を消し、余熱で5秒、さっと混ぜ皿に取り出します。 丼にご飯を盛り、そぼろと卵、みじん切りにしたきゅうりのぬか漬けを盛り付ければ、簡単おもてなしランチの出来上がりです。 きれいに盛るためには丼の上にお箸などを渡し、肉、きゅうり、卵と境目が一直線になるようにしてみてください。 人参、しいたけ、白ネギはみじん切りに、ニラは1㎝幅に切っておきます。 豆腐は食べやすい大きさに切ります。 熱したフライパンにサラダ油を入れ、白ネギを炒めます。 香りが立ってきたら、合挽き肉を入れてほぐしながら加熱します。 丼にご飯を盛り、その上に具をのせ、卵黄を真ん中にのせれば完成です。 下準備としてたっぷりのお湯を大鍋に沸かし、塩を大さじ2(分量外)を入れます。 菜の花は洗って別鍋でさっと下茹でし、葉と茎に分け、茎はみじん切りにしておきます。 にんにくは薄切りに、長ネギは粗みじん切りにしておきます。 アサリは塩水の中に入れてしばらく放置し、砂抜きします。 次にソースを作ります。 フライパンにオリーブオイル入れ、弱火でじっくりにんにくを炒めます。 色が変わってきたら、鷹の爪と先ほどの長ネギを加えてさらに炒めます。 そこへ砂抜きしたアサリを入れて蓋をします。 アサリの口が開いてきたら、フライパンにみじん切りした菜の花の茎の部分を入れ、白ワインを振り入れ、アルコールを飛ばします。 その後、バターを加えてソースをよくなじませます。 沸騰した大鍋でパスタを茹でます。 種類はなんでも良いですが、規定の時間の30秒前に鍋からあげましょう。 あたたまったソースの中に菜の花の葉と茹で上がったパスタを入れ、よく混ぜます。 フライパンを振ってソースを乳化させてください。 お皿にパスタをよそいます。 菜の花やアサリ、鷹の爪はパスタの上に乗せて華やかにしましょう。 おもてなしパスタランチの出来上がりです。 下準備として、冷凍うどんは電子レンジ600Wで2分加熱しておきます。 ベーコンは拍子切りにし、青ネギは小口切りにしておきます。 卵は溶いておきましょう。 フライパンにバターを入れ、切っておいたベーコンを炒めます。 ベーコンに焼き色がついてきたら、牛乳、白だしをそこへ加えて温めます。 ふつふつしてきたら、そこへ溶き卵とうどんを入れて火を止め、ソースを絡めます。 お皿にうどんを盛ったら、中央に種をのぞいたアボカドの薄切りを上に乗せ、種の穴に卵黄を入れ、仕上げに、粉チーズ、青ネギ、ブラックペッパーを振りかければ簡単おもてなしランチの出来上がりです。 下準備としてAの調味料を合わせます。 あたたかいご飯にAを回しかけ、うちわなどで仰ぎながら混ぜて酢めしをつくっておきます。 次は具材の下ごしらえです。 まぐろ、サーモン、厚焼きたまご、きゅうりはさいの目切りにします。 これを先ほどの酢めしに入れて具材が崩れないように混ぜます。 巻きすの上に海苔1枚を縦長に置き、奥を3cm、手前を1cmずつあけて具材の入った酢飯を1cmほどの高さに広げます。 手前から奥に向かってしっかり巻きましょう。 巻き終わりを下にして30分ほどおいてなじませてください。 それを輪切りにして大皿に盛れば、簡単おもてなしのり巻きの出来上がりです。 手まり寿司.

次の

【ヴィーガン和食】ベジタリアン・ヴィーガンでも食べられる和食のレシピ①【おもてなしにも!】

おもてなし 料理 和食

タグ 1ヶ月 3万円 NG アイス アイスクリーム アイデア アイテム アク抜き アレンジ いつ うどん エビピラフ おいしい おかず おかゆ おじや おしゃれ おすすめ おつまみ おにぎり おひたし おもてなし おもてなし料理 おやつ お弁当 お菓子 かき揚げ カサ増し カット カビ かぼちゃ カルキ カレー カレーパン カレー鍋 キャベツ きゅうり クエン酸 クッキー グラタン グリル ケーキ コツ こねないパン ご飯 ご飯だけ さっぱり さっぱり煮 サラダ さんま しっとり じゃがいも ジュース シュウマイ シリコン スープ スイーツ スコーン ズッキーニ ステーキ ストック セロリ ソース ソテー そば そぼろ ダイエット タイミング たこ焼き だし ダッチオーブン タッパー タピオカ粉 たれ ダンボール チーズ チーズケーキ チーズ焼き チャーシュー チャーハン チョコ チョコケーキ チョコムース つくね ツナ つまみ ドーナツ とうもろこし どのくらい トマト トマト缶 ドライカレー ドライトマト どんぶり ナス ナムル ニオイ対策 ネット ノート バイト パウンドケーキ はさみ焼き パスタ バナナ パプリカ パラパラ パリパリ パン パンケーキ ハンバーグ パン作り パン粉 ピーマン ひき肉 ピザ ピザ生地 ひと月 フライドポテト フライパン フライ返し プリン フルーツ ブレンダー フレンチ ブロック ふわふわ ベーキングパウダー ヘルシー ポイント ほうれん草 ホットケーキミックス ホットプレート ポテトフライ まとめ方 マナー ママ マリネ マンゴー ミキサー ムニエル メイン メニュー メリット メレンゲ もも肉 もやし やかん やり方 ヨーグルト ラー油 ランキング リカバリー リゾット リメイク レシピ レンジ レンジなし ワーママ 一週間 下ごしらえ 下処理 下味 丼 乾燥 人気 代用 作り方 作り置き 作る 使い方 便利 保存 保存方法 保存期間 保存法 具 具材 冬 冷しゃぶサラダ 冷たい 冷凍 冷凍エビフライ 冷凍グラタン 冷凍ご飯 冷凍シュウマイ 冷凍そば 冷凍たこ焼き 冷凍チャーハン 冷凍ちゃんぽん 冷凍パイシート 冷凍バナナ 冷凍ピザ 冷凍ぶどう 冷凍ポテト 冷凍保存 冷凍卵白 冷凍唐揚げ 冷凍庫 冷凍肉 冷凍肉まん 冷凍豚肉 冷凍野菜 冷凍食品 冷凍餃子 冷凍魚 冷蔵 冷蔵庫 切った後 切り方 初心者 前菜 副菜 効果 勉強 勉強方法 包まない 半月切り 卵 卵だけ 卵なし 卵焼き 厚切り豚肉 原因 取り方 味噌 味噌汁 和菓子 和風 和風パスタ 和食 唐揚げ 喜ぶ 圧力鍋 基本 場所 変色 夏 夏野菜 夕ご飯 夕御飯 夕食 夕飯 夕飯レシピ 外食 夜 夜ご飯 大丈夫 大人数 大根 大量 大量消費 天ぷら 天日干し 失敗 嫁 子供 子供が喜ぶ 子供向け 安い 完了期 定番 対処 対処法 対策 小鉢 小麦粉 常備菜 常温 干し野菜 幼児 弁当 彼氏 必要 意味 手作り 手羽元 挽き肉 捨てる 掃除方法 揚げない 揚げる 揚げ焼き 料理 料理上手 料理用 料理道具 新聞紙 方法 旦那 旬 昆布 春 春雨 時短 時短メニュー 時短レシピ 時短料理 時間 朝ごはん 朝食 期限 本 材料 柔らかくする 栄養 梅干し 残り汁 毎日 水 水の量 水分 水切り 汚れ 決め方 沈まない 注意点 洋風 洋食 活用法 海外 消費 温度計 溶ける 漬物 炊飯 炊飯器 炒め 炒めもの 炒める 炒め物 焼きそば 焼きトマト 焼き方 焼き浸し 焼き鳥 焼くとき 焼肉 焼肉のタレ 煮物 煮込みハンバーグ 燻製 片栗粉 特徴 独学 献立 玉ねぎ 理由 甘酢 男 発酵なし 白カビ 白だし 白菜 皮 盛り付け 目安 目玉焼き 秋 種類 筋切り 節約 簡単 簡単パスタ 簡単レシピ 米 素揚げ 繊維 美味しい 美味しい食べ方 肉 肉じゃが 肉巻き 肉料理 胸肉 脂 自宅 自然解凍 舞茸 色 苦味 苦手 苦手な人 茄子 茶碗蒸し 蒸し器 蒸し方 薄力粉 虫 裏技 解凍 解凍のコツ 解凍方法 詰め方 誕生日 調味料 調理 調理法 豆腐 豆苗 豚バラ 豚バラブロック 豚ひき肉 豚丼 豚挽き肉 豚肉 豚肉巻き 賞味期限 転写シート 迷ったら 道具 違い 選び方 重曹 野菜 野菜炒め 量 鍋 長芋 間引き 雑炊 離乳食 雨 電子レンジ 面取り 食パン 食べられる 食べ方 食材 食費 餃子 餃子の皮 餅 魚 魚料理 魚焼き 魚焼きグリル 鮭 鶏ガラスープ 鶏むね肉 鶏もも 鶏もも肉 鶏皮 鶏肉 黒豆 家にお客様をお招きする時には、おもてなし料理を用意しますよね。 おもてなし料理やパーティ料理でレシピを探すと洋食メニューがたくさんヒットしますが、せっかくですから和食でおもてなししてみませんか?和食というと定食のようなものを思い浮かべてしまうのでおもてなしのイメージがあまりありませんが、会席料理ならどうでしょう?会席料理は先付けと呼ばれる前菜に始まり、椀物、向こう付、焼き物、煮物、強肴、ご飯と留椀・香の物、そして水菓子や甘味で締めくくります。 おもてなし料理として会席料理を用意するのは至難の業ですが、和の前菜なら気軽に取り入れることができそうですよね。 夏野菜を使った和食料理は前菜にもぴったりです 一番のおすすめは揚げ浸しです。 ナスやオクラの揚げ浸しはとてもおいしいですよね。 かぼちゃや赤いパプリカも揚げ浸しにして一緒に添えると彩りも華やかでおもてなしにピッタリの一品になりますよ。 根菜というと、ごぼうや大根、人参、れんこん、じゃがいもやさつまいもなどが定番ですね。 根菜と鶏もも肉などを一緒に煮るのも美味しいですし、きんぴらにするのもおすすめですよ。 根菜料理は全体的に茶色っぽくなってしまうことが多く、その色が安心させるのかもしれませんね。 しかし、おもてなし料理ですから少し華やかさも欲しいところです。 そんな時には、いんげんや青ネギなどの緑色を加えてあげるのがおすすめです。 全体的に茶色っぽい中に、鮮やかな緑が映えて、ぐっと華やかな仕上がりになりますよ。 きのこを使った前菜にぴったりな和食のおもてなし料理とは 季節野菜に根菜ときたら、次に気になるのは「きのこ」ですよね。 スーパーに売られているだけでも、しめじに白しめじ、エリンギ、舞茸、しいたけ、えのき、なめこなどたくさんの種類が売られています。 きのこは、それ自体がとても風味の良い食材ですから、シンプルな調理でもとても美味しく仕上がりますよ。 サッと調理できる前菜なら、和風味のきのこマリネがおすすめです。 フライパンにお好みのきのこを食べやすくカットしてから入れて、火が通ったら鶏ガラスープの素を少しまぶしてか、醤油、みりん、酢を1:1:1で調味します。 水分が無くなって少し照りが出たら完成です。 「照り」は和食の美しさの1つですよね。 りっぱなしいたけなどは、焼くだけでも十分美味しい前菜になりますよ。 バターと醤油を垂らしたら、最高ですよね。 洋食で大活躍のパセリを少し散らすと、彩りも綺麗でおすすめです。 きのこは他にも、煮物や炒め物など様々な調理法で美味しく頂くこと出来ますよ。 また、どんな食材とも相性が良いのもきのこのメリットですよね。 豆腐を使った前菜にぴったりな和食のおもてなし料理とは おもてなし料理に和食の前菜を用意するなら、「豆腐」もおすすめ食材です。 「豆腐」は存在自体が和ですよね。 シンプルに冷奴でも美味しいですが、温かい料理が食べたいならひき肉の餡かけはいかがでしょう? 調理する時には木綿豆腐の方が味がしっかりと染みて崩れにくいのでおすすめですよ。 鍋に水を入れて、醤油とミリン、酒、砂糖を1:1:1:0. 5くらいの配合で加えて煮汁を作ります。 沸騰したら鶏か豚のひき肉を加えてほぐしながら火を通し、一口大に切った木綿豆腐も加えます。 水溶き片栗粉でとろみをつけてお皿に盛り、仕上げにネギをトッピングしたら完成です。 味も彩りも抜群ですよ。 辛味が欲しい時には唐辛子を加えてくださいね。 豆腐は他にもステーキにしたり、肉豆腐にしたりといろいろなレシピに使えますよ。 ぜひ、和らしい食材の豆腐をおもてなし料理に加えてみてくださいね。 魚介を使った前菜にぴったりな和食のおもてなし料理とは 最後にご紹介するのは、魚介を使ったおもてなし料理です。 これまでは野菜やきのこ、豆腐などとヘルシーな食材のレシピをご紹介してきましが、動物性タンパク質も恋しくなるころではありませんか? 今回は魚介類でご紹介しましょう。 和食で魚介類と来れば、定番は煮魚ですが前菜で出すなら、魚介類と野菜の和え物や南蛮漬けなどがおすすめです。 タコやイカを使うなら、軽くボイルしてからキュウリやトマトなどと一緒に酢や酢味噌、からしなどで和えるのがおすすめです。 わかめなどの海藻類を加えても美味しいですよ。 キュウリやトマトをつかうと彩りもよく仕上がるのでおすすめです。

次の

特集「和風パーティー料理」│キリンレシピノート

おもてなし 料理 和食

パーティの主役!メインになる、おもてなし料理 おもてなし料理のメインにはやっぱり、華やかさとボリュームが欲しいところ。 テーブルに並べた瞬間に「美味しそう!」と声が上がりそうな、ごちそうレシピを集めました。 厚さ1cmごとに1分で面ごとに焼き、アルミホイルで包んで余熱で中まで火を通します。 タマネギやお好みのキノコを炒めてトマトソースを作り、食べたい分だけミートボールを煮込めば完成です。 メインを盛り上げる名脇役!前菜やおつまみのレシピ 小腹を空かせた子どもたちのおやつに、ビールやワインのおつまみに。 メインを待つ間に気軽につまめる、サイドディッシュのレシピを集めました。 揚げずに簡単、甘くてヘルシー!子どもに人気のカボチャコロッケ 甘みのあるカボチャとまろやかなクリームチーズの組み合わせがおいしい、焼いて作るコロッケ。 フライパンでパン粉を炒め、ボール状に丸めたコロッケのタネを転がしてパン粉をまぶします。 低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめ。 マグロと長芋のタリアータ 焼いた肉を薄く切って皿に盛り付ける、シンプルなイタリア料理「タリアータ」をマグロで作るレシピ。 マグロは醤油、バルサミコなどで漬け込んでおき、表面を焼いてカットしたら器に並べます。 使う材料はなんとポテトチップス! 水に数分漬けてふやかしてから生地と合わせて型に入れ、焼きます。 生クリームに塩を少々入れてホイップしたクリームを添えてどうぞ。

次の