コンテナ ハウス。 賃貸住宅用「コンテナハウス」投資のメリット

コンテナハウスは建築物?違法建築と見なされないために必要な「建築確認申請」について|耳寄り情報

コンテナ ハウス

低価格住宅というと一般的には1,000万円台といわれていますが、さらに安い ローコスト住宅として「 コンテナハウス」があります。 コンテナハウスがいくらで購入できるのか、見積もり価格と内訳を調べてみました。 また、価格が安くても住宅として暮らすなら、 メリット・ デメリットもしっかりとわかっている必要があります。 住居としてのコンテナハウスはありか?なしか? 真剣に調べてみました。 一番安いコンテナハウスの金額はいくら? コンテナハウスの価格はコンテナの大きさで変わってきます。 サイズの違いは以下のとおりです。 12ft(12フィートコンテナ): 約5畳• 20ft(20フィートコンテナ) : 約9畳• 40ft(40フィートコンテナ) : 約18畳 一番小さなコンテナ12ftなら 約120万円で作ることができます。 コンテナハウスの見積もり(内訳) コンテナハウスの価格は、普通の住宅と同じで見積もりを取らないと正確な費用がわかりません。 しかし、基本的な工事費などは公開されているので、だいたいの価格を自分で計算することができます。 ネットで工事費などを公開しているサイトもあるので、それらの価格を参考にして、以下の条件ではだいたいどれくらいの価格になるのかを計算してみました。 工事区分 価格 コンテナ12ft(約5畳) 160,000円 基礎工事 100,000円 電気工事 90,000円 設備工事 100,000円 外壁材 ガルバリウム鋼板 250,000円 内壁材 塗装 60,000円 床材 フローリング 50,000円 天井材 塗装 20,000円 窓 30,000円 ドア 80,000円 シャッター 120,000円 照明 12,000円 エアコン 80,000円 合計 1,152,000円 最低価格での計算なので、実際にはもっとかかると思いますが トイレ・キッチンなどの水回りがない状態で約115万円となりました。 本格的に住むなら、トイレやキッチン、シャワーやお風呂の費用として 100〜200万円程度がプラスされます。 ただ、 コンテナ12ftだとお風呂を設置すると居住スペースが狭くなります。 部屋を広く使いたいなら、コンテナの数を増やしたり、コンテナサイズを20ft以上にする必要があります。 コンテナハウス12ftの広さはどれくらい? コンテナハウス12ftってどれくらいの広さなのかイメージしづらいと思いますが、こちらの動画を見ればわかりやすいと思います。 12ftのコンテナサイズだと1ルームの大きさになるので、小さな事務所や店舗、ガレージ、防音室として使われることが多いです。 もっと広い部屋にしたい場合は、12ft以上の20ftや40ftのコンテナのサイズを選ぶか、12ftのコンテナを組み合わせて広くする方法があります。 コンテナのそれぞれのサイズの違いはこちらになります。 コンテナサイズの違い 12ft(12フィートコンテナ) 外寸サイズ : 3,645mm 幅 : 2,438mm 高さ : 2,591mm 広さ目安 : 約5畳 20ft(20フィートコンテナ) 外寸サイズ : 6,058mm 幅 : 2,438mm 高さ : 2,591mm 広さ目安 : 約9畳 40ft(40フィートコンテナ) 外寸サイズ : 12,192mm 幅 : 2,438mm 高さ : 2,591mm 広さ目安 : 約18畳 コンテナハウスのメリットは? コンテナハウスを建てることによる様々なメリットについて説明していきます。 一般住宅に比べて圧倒的に安い コンテナハウスの販売価格は100万円からと格安です。 設備や大きさによって価格は変わってきますが、1,000万円以下で建てられるので、土地さえあれば、低価格で住めるというのが一番のメリットです。 ハウスメーカーや工務店で建てる一般的なローコスト住宅は安くても1,000万円台なのを考えると、かなり安く建てられます。 コンテナのスタイリッシュな外観が個性的 コンテナハウスは安さだけがメリットとして言われることが多いですが、コンテナの外観を活かした、ちょっと変わった家、スタイリッシュな外観の家を建てられるというメリットもあります。 その特徴的な外観から、事務所や飲食店などの店舗として利用されることも多いです。 日本で販売しているコンテナハウスは、1つのコンテナを使ったものが多いですが、海外のコンテナハウスを見てみると、コンテナを複数並べて部屋を広くしたり、2階建てにしたりと、見た目もかなりオシャレなものがあります。 画像引用元: 日本で2階建てのコンテナハウスとしては、「BOX OF IRON HOUSE」がガレージ付きの2階建てを施工例として公開しています。 画像引用元: 画像引用元: 工事期間が短い コンテナハウスの場合、完成した状態で運ぶので設置場所での工事期間が短いです。 住居として使用するために、上下水道や電気、ガスなどの配管工事が必要ですが、基礎から骨組みまでを一から作る住宅に比べて短期間で完成します。 移動ができる コンテナハウスは移動ができます。 もし、他に新しい土地を購入して引っ越しをする場合、コンテナハウスを運んで、家ごと引っ越すことも可能です。 コンテナハウスのデメリットは? コンテナハウスは安く簡単に設置ができ、移動もできるだけでなく、鉄骨構造で頑丈な作りなのがメリットです。 しかし、コンテナならではデメリットもあります。 移動費用がかかる コンテナを設置する土地まで移動する費用がかかります。 コンテナは現地で組み立てるわけではないので、コンテナを運ぶために費用がかかります。 また、コンテナハウスを建てる土地が広い敷地面積であっても、 トラックで運ぶときの道が狭いとコンテナを運べない可能性があります。 断熱性能が弱い コンテナは鉄でできているので熱を伝導しやすく、夏は暑くサウナになり、冬は寒くて冷蔵庫のようになります。 そのため、 住居として使用するためには、熱対策が必須です。 コンテナハウスの暑さ対策の一つとして、屋根に草などを植える屋上緑化の手法があります。 鉄でできているため加工・修復が困難 コンテナは鉄でできているため釘を打ち付けたり、切ってしまうと修復が困難で加工しにくいです。 そして、 鉄は錆びやすいです。 適切にメンテナンスをすれば100年は使えますが、 雨風にさらされて錆びてしまうと木造住宅よりももろくなってしまいます。 天井の高さが2. 1〜2. 2m程度と低い コンテナはもともと貨物を運ぶための箱なので、天井高が2. 1〜2. 2mと低いです。 一般住宅の標準的な天井高が2. 4m前後なので、コンテナに入ると圧迫感を感じるかもしれません。 風呂、キッチン、トイレなどはオプション コンテナハウスは基本的に最低限の構造だけなので、キッチンやトイレ、お風呂などの水回りや電気・ガスなどの設置はオプションになります。 コンテナハウスは安いのがメリットですが、一般住宅と同じようにオプションを追加していくとどんどん費用が加算されていきます。 雨漏りする コンテナをそのまま使うコンテナハウスは勾配無しの屋根になるので、雨水がたまります。 勾配がないので、雨水が溜まって繋ぎ目などから雨漏りします。 雨漏りを防ぐためには、勾配屋根を付けるなどの対策が必要になります。 このようにコンテナハウスには、デメリットもいろいろあります。 「安くて頑丈というメリットよりも、デメリットの方が怖い」 と思うなら、普通のローコスト住宅を購入した方が良いですね。 コンテナハウスの見積・販売店 コンテナやコンテナハウスを販売しているお店は全国にありますが、販売価格が問合せをしないとわからないところが多いのでよくわかりません。 そこで中古コンテナやコンテナハウスの販売価格や見積を受付けている販売店を紹介します。 コンテナハウスを真剣に検討しているなら問合せをしてみてください。 コンテナハウスのなる前の中古コンテナやユニットハウスの価格を知りたいならここ、商品数も多く写真付きで見やすいです。 ユニットハウスはコンテナハウスよりも安いので、場合によっては選択肢に入ります。 コンテナハウスの価格表や納品までの流れなどが見やすくまとまっています。 事務所やショップの事例が数多く紹介されています。 全国に支店があり、コンテナハウス住宅の事例も豊富に紹介されています。 サイトも丁寧に作られていて見やすいです。 「参考価格」のページでおおよその価格を見ることができます。 コンテナハウス会社の中で唯一、山中湖に泊まれるコンテナハウスがあります。 実際に住んだときの住環境を確かめるのに便利です。 まとめ コンテナハウスは価格が安くて、スタイリッシュな住宅を短期間で建てられるのが大きな魅力です。 コンテナを組み合わせれば2階建てや3階建ての家を作ることも可能です。 メンテナンスを負担に感じないのであれば、ローコスト住宅の選択肢の一つとして考えてみてください。

次の

コンテナハウスって何?気になる相場からメリット・デメリットまで徹底解説

コンテナ ハウス

コンテナハウスのデメリットをまとめました ローコストで、移動でき、耐震性に優れ、耐久性に優れ、おしゃれなコンテナハウスでもデメリットがあります。 皆さんが持つ安価なイメージほど安くない 中古のISO海洋輸送用コンテナを使用してコンテナハウスを建築していた時代がありました。 この時は確かに安価に建築できたのですが、現在では日本の厳しい建築基準法をクリアするために、建築用コンテナを新品で製造して建築に使用しなくてはいけなくなりました。 こうしたことからも木造建築よりは、やや高い施工費用となります。 普通に 重量鉄骨を建てるよりは安価に建築が可能ですが、木造建築と比べれば決して安くはありません。 またもし中古コンテナを利用して建築する場合でも、中古コンテナそのものは建築基準法に則っていないため、建築基準法を通すための施工費用をプラスすると、結局新品の建築用コンテナと同じか、高くなることがほとんどです。 移動はできるが簡単ではない コンテナ1台もしくは2台程度の家であればそれほど難しくはありませんが、大がかりなものになれば ライフラインをすべて外し、全て運べる状態に分解し、基礎からはずして移動します。 引越し先の新しい土地の購入費用も必要ですし、 基礎工事から再組み立て費用、ライフラインを引く必要もあります。 トレーラーハウスのようにはいかないことは知っておきましょう。 壁は全て取り除くことができても柱を取り除くことはできない JIS鋼材を使用し、JIS認定工場で製造したラーメン構造のコンテナだからこそ建築用として認められています。 このため、壁全てを取り外すことができても、 四隅の柱を取り除くことはできません。 ただしコンテナの良さは失われますが、柱を取り除いても大丈夫なように構造計算を行い、柱を取り除いて施工することもできます。 コンテナハウスを作る上で柱が邪魔になるケースは少ないですが、覚えておきましょう。 コンテナを運び込める道路、立地が必要 非常に狭い場所の場合は、パーツとして運んで現地でコンテナに組み上げることも可能ですが、もちろんコストは増大してしまいます。 このため基本的には コンテナを設置する上で障害のない建設条件が望ましいです。 コンテナ自体はラーメン構造になっているので全ての壁を取り除くことができます。 また、自由に組むことができますので、イレギュラーサイズのコンテナも制作可能です。 ただし、その場合は輸送コストが高くなってしまうという制限があります。 フラット35を使うとコンテナハウスのメリットのひとつ、ローコストではなくなる フラット35は住宅金融支援機構が定めた建築基準を通過しなくてはいけませんが、この基準が厳しく、建築基準法だけに則った仕様ではフラット35を通すことができません。 このため住宅金融支援機構の厳しい建築基準に合わせるために施工費用が増えることになります。 すると 住宅の信頼性や性能は上がりますが、ローコストではなくなっていきます。 コンテナハウスの間違った認識、デメリット ネット上にはコンテナハウスに対する間違った情報が多く、弊社にもどこからそんな情報を仕入れたのかというようなご質問をいただくことがあります。 おそらくコンテナハウスのイメージ先行でネット上で書かれたものだと思うのですが、誤解がとても多いのでここでご紹介させて頂けたらと思います。 断熱性能は一般的な住宅と変わらない コンテナが鉄なので、さも断熱性能が低いように言われている話もありますが、 コンテナハウスの断熱性能は一般的な住宅と違いはありません。 北海道などの雪国でもドバイのような中東でも問題なく使用することができます。 錆びに関する経年劣化 もちろん鉄なのでそのままであれば錆びやすいのは確かです。 ですが重量鉄骨は一般的に使用されている工法であり、処理をすることで海の家など浜辺に設置することもできます。 木造でも鉄筋コンクリートでも全く同じで、 どんなものでも処理をしなければ朽ちてしまいます。 つまりコンテナハウスのデメリットいうよりも 建築物としての経年劣化のひとつといえるかと思います。 天井は低くない 天井が低いのではという話になることがありますが、コンテナの内寸高さが約2. 4m、ハイキューブであれば2. 6~2. 7m位あります。 ここに屋根断熱を入れるとやや下がりますのでハイキューブを使うことで 一般住宅の天井と変わりません。 コンテナは選べますし、施工次第で屋根を高くすることも低くすることもできます。 CONTAINER WROKS IN YAMANAKAKO 例えば、上の写真のコンテナハウスは、ハイキューブコンテナの上に、半分の高さのハーフハイトコンテナを重ねる事によって、吹き抜けとロフトスペースを確保しています。 このように、アイデア次第で開放的な空間を作る事も可能です。 雨漏りに関する誤解 勾配がない陸屋根から水が溜まって雨漏りするのではというご質問を頂くことがあります。 これはとんでもない誤解です。 建築家として、施工会社として、住宅を建築するにあたって勾配がないからと雨漏りするような家を建築するわけにはいきません。 建築物ではなく、コンテナをポンと置いておけば腐食などで雨漏りがすることもあると思いますが、 建築物として建てる場合には雨漏りの心配は必要ありません。

次の

コンテナハウスって何?気になる相場からメリット・デメリットまで徹底解説

コンテナ ハウス

都道府県 :• 全国のコンテナハウス• 岩手 0• 山形 0• 石川 0• 福井 0• 群馬 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 山口 0• 徳島 0• 愛媛 0• 高知 0• 4 カテゴリ :• 全ての売ります・あげます• 自転車 0• バイク 0• 楽器 0• チケット 0• 子供用品 0• おもちゃ 0• パソコン 0• スポーツ 0• 食品 0• 130• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のコンテナハウス• 岩手 0• 山形 0• 石川 0• 福井 0• 群馬 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 山口 0• 徳島 0• 愛媛 0• 高知 0•

次の