谷川 建設。 谷川建設

谷川建設の評判・口コミって?失敗・後悔しない家づくりの為に知りたい評価と坪単価2020

谷川 建設

1971年創業の谷川建設は希少材である「木曽檜」をメインに、自然素材にこだわった健康な木造住宅を提供。 仕入れからプレカット加工・現場施工までトータルで管理して無駄なコストを削減しています。 2013年、2014年、2018年度にグッドデザイン賞するなどデザイン性も抜群。 そこで今回は谷川建設の特徴についてご紹介しましょう。 また、これからハウスメーカー選びを始めようとしている人に、1点だけ先にお伝えしておきたいことがあります。 それは、 ハウスメーカーを選ぶ際には、事前の情報収集がもっとも重要であるということ。 CMでよく見かけるハウスメーカーや、たまたま住宅展示場で見て気に入ったハウスメーカーがあった際に、しっかりと比較しないまま依頼をしてしまう人がいますが、絶対にやめましょう。 最初から偏見をもって選んだハウスメーカーや、しっかりと比較していない段階で良いと感じたハウスメーカーを勢いで選んだ人の大半は、後悔することになってしまいます。 住宅の購入は人生で一番高額な買い物ですから、焦らずしっかりと時間をかけて、依頼するハウスメーカー選びをしましょう。 とはいえ、日本には本当にたくさんの住宅メーカーがありますから、すべてを1つずつ検討することは不可能です。 そこで活用して欲しい便利なツールが、東証一部上場企業の株式会社LIFULLが運営する「」です。 ローコスト住宅や二世帯住宅、輸入住宅など自分達の条件にあったテーマや、予算、地域を選ぶことで、条件にあったハウスメーカーが自動的にピックアップされます。 ピックアップされた会社の中から、資料請求をしたい会社にチェックを入れることで、複数社からまとめてカタログを取り寄せられるのです。 条件にあったハウスメーカーを探す手間も、1社ごとにいちいちカタログ請求をする手間も省けるので、ぜひ有効活用してみて下さい。 無料で利用できますし、カタログを請求したからといって、無理な営業電話などが来ることもないので、安心してくださいね。 それではここから、谷川建設の評判や特徴について詳しく解説をしていきましょう! 谷川建設で家を建てた人の評判を知りたい? 谷川建設は「檜を愛し、檜の特性を生かし、檜を生活空間に生かす」ことをコンセプトに、お客さま理想に寄り添う自由設計を提案。 地域・支店ごとに組織され匠の集団「谷建会」の職人が丹念に作り上げます。 ここでは実際に谷川建設で家を建てた人の意見をご紹介しましょう。 谷川建設のリアルな悪い評判・口コミ 一番の不満はアフターサービス。 窓を割ってしまい慌てて電話したのですが、なかなか来てもらえませんでした。 冬の季節だったのでかなり辛かったですね。 最初の担当者が若いからか情報や知識がなかったようでした。 質問に対して即答してくれないので時間がかかることに。 途中で担当を変えてもらいましたが、もっと早く言えばよかったかなと思っています。 谷川建設のリアルな良い評判・口コミ プランを話し合っている時に、抽象的なアイディアしか言えなかったのですが、設計士さんが完璧なプランを書いてくれました。 「できる」「できない」をはっきり言ってくれるのでとてもスムーズ。 他のスタッフさんの対応がよくて、不安なく進められました。 マイホームづくりは最初からワクワクが止まらず、住み始めた今もその気持ちが続いています。 偶然に立ち寄ったハウジングパークで、谷川建設を知りました。 何気なく入ってスタッフさんと話していたら2時間ほど話し込み、その日のうちに決定。 たくさんのリクエストを取り入れたプランが完成しました。 主人はインナーガレージ、私は使い勝手のよいキッチン。 家族の好みをしっかりと取り入れてくれて、住み心地は最高ですね。 谷川建設で家を建ててから驚いたのはその断熱性。 暑い夏の日は玄関を開けると、涼しい風を感じるほど。 リビングしかエアコンをつけていないのに快適です。 格子組剛床構法という工法を現場で見ることができ、しっかりした家だと安心して進められたのもよかったですね。 広々とした20畳のLDKができ、家族団欒の時間が増えました。 北海道から転勤で福岡に戻り、マイホームづくりをすることに。 友達と庭でバーベキューをよくやっていたので、そのスペースを確保するプランをお願いしました。 外観は淡いベージュのカントリーテイストにして、縦格子をアクセントとしてプラスし個性的な表情。 内装は白い壁にメイプルの無垢材を使って爽やかに。 ウッドデッキと庭があり、休日がまちどうしい家になりました。 子供が生まれて家を建てたいと思ったのですが、シックハウス症候群などが心配でした。 谷川建設は無垢材と自然素材にこだわっていると知りネットで検索。 イメージに近いプランもあったので相談しました。 和モダンの外観をお願いして、個性的な窓を設置。 子育てに専念できるように家事動線をよくしたキッチンがお気に入り。 檜の香りが心地よくて、癒される空間がいいですね。 北東の角地の土地の長所を活かしたプランを谷川建設にオーダーしました。 人通りの多い道路側は縦長のスリットガラスなどを使って視線をシャットアウトしつつ日差しを取り込む設計。 玄関には趣味の自転車をディスプレイできる広めの土間をリクエスト。 たくさんの天窓、高い吹き抜け、飾りの梁のあるLDKは開放感たっぷり。 家族の笑顔が増える家になって大満足です。 家族揃って多趣味なので部屋数を多くしたいと思っていました。 谷川建設にお願いするとスキップフロアを採用したプランが完成。 部屋を間仕切ることなく独立性が生まれるのがいいですね。 ファミリーライブラリー、楽器とレコードのコレクションエリア、映画を楽しむコーナーなどなど。 予想をはるかに超えた楽しい家になりました。 両親との同居が決まり、新しく二世帯住宅を立てることに。 程よい距離感のある間取りを谷川建設に注文しました。 ブラックウォールナットのフローリングと、白い壁でペンションのような仕上がり。 ゲストを迎えるための広い和室もお願いしました。 夫婦間のプライベートも守れる書斎と作業台を作り、趣味の時間が充実。 細部まで気配りが感じられるプランで大満足です。 都市型の狭小土地の長所を最大限に活かした住宅を希望。 共働きなのでゆったりとしてスペースもリクエストしました。 たっぷりの日差しを取り込むために2階をLDKに。 リビングの延長線上に広いバルコニーを設置して、天気のよい日は食事を楽しめます。 小さな畳コーナー、趣味に没頭できる書斎、家事がはかどるキッチンもできて、完璧な住まいになりました。 谷川建設にお願いしてよかった点はたくさんありますが、中でも檜の優しい香りはいいですね。 何年も経ちますがほのかに香り、癒しにもなります。 こだわりの檜のおかげで、気密性・断熱性に優れているのでエアコンをつける回数が減りました。 朝の目覚めもよくて以前より健康になった気がします。 谷川建設の強みやメリットを項目に分けて紹介! 谷川建設ではTGデザイン研究室を設け、最上級のクオリティーを追求する設計力を提供。 グッドデザイン賞を受賞した建築士で構成され、オンリーワンの自由設計を可能にしています。 ここでは谷川建設で家を建てた人のリアルな意見をご紹介します。 価格帯・坪単価 谷川建設の坪単価は公開されていませんが、口コミなどからまとめる60. 0万円 ~ 80. ハイクラスのハウスメーカーと言えるでしょう。 自由設計と企画設計をご用意し、予算内で建てられる理想の家を提供します。 耐震性 谷川建設は無垢材を用いた自社オリジナルの「格子組剛床構法」を開発。 碁盤の目のように無垢材を組む格子組剛床構法は標準で最高等級、耐震3等級、耐風2等級の住宅を実現します。 また一般的なベタ基礎に比べて約1. 8倍の強度を発揮するベタ基礎を採用。 基礎コンクリートの高さを550mm、厚さを160mmにして、建物を強固に支えます。 地震の揺れを吸収する住宅用制震ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」を採用。 耐震テクノロジーを進化させた高減衰ゴムを採用し、地震のエネルギーを吸収して高い分散性を発揮。 建物の内部の揺れを抑制し、地震による倒壊を軽減します。 断熱性・気密性 谷川建設の注文住宅は断熱材「ロックウール」+無垢材を使用。 2つセットで採用することで省エネルギー基準の省エネ4等級上回る断熱性を実現。 ロックウールは耐熱温度も高く、耐火性に優れており延焼を防ぎます。 開口部の標準仕様のサッシは室内を樹脂、室外にはアルミを採用。 ガラスはLow-Eペアガラスを用いた遮熱高断熱複層ガラスを仕様。 断熱性能はH-3等級、気密性能はA-4等級を確保し、断熱性・気密性・水密性・防露性・水密性に優れた住宅に仕上げます。 保証・アフターサポート 谷川建設では10年間の住宅保証をご用意。 10年後は10年ごとに有償のメンテナンスを実施することを条件に、建物が存在する限り定期メンテナンスを実施。 引渡し後、3ヶ月・1年・2年・5年・10年・20年・30年目にアフター管理部門よる無料点検を実施。 また24時間365日対応可能な「コールサービス」を開設し、住まいの相談に対応します。 工期 谷川建設の工期はプランや床面積によりますが、4ヶ月〜5ヶ月を目安にするとよいでしょう。 仕入れからプレカット加工・現場施工までトータルシステムを整えているため、比較的短い施工期間を可能にしています。 構造・工法 谷川建設は自社オリジナルの「格子組剛床構法」を採用。 盤の目のように無垢のヒノキを組み、耐震3等級、耐風2等級の住宅を提供。 一般的なベタ基礎より約1. 8倍の強度を発揮する「ベタ基礎」を採用し建物を強固にサポート。 「壁体内通気工法」を採用して外壁下地に通気層を設け、空気を流し湿気を排出。 防露性を高め構造体の劣化を防ぎ、耐久性のある住宅に仕上げます。 谷川建設の人気の商品ラインナップを紹介 谷川建設は創業以来、自然素材にこだわった住まいづくりを提供。 耐震性・耐久性に優れた格子組剛床構法採用して自由な間取りを可能しました。 またユニバーサルデザインを取り入れ、段差を解消したフロア、勾配が緩やかな階段などを設置し細部への気配りも完璧。 ここでは谷川建設の人気の商品についてご紹介します。 HINOCA(ヒノカ) 「HINOCA」は希少な木曽檜と自然素材を豊富に使用した谷川建設の最高峰プラン。 中庭を設置し四季の美しさと日差しをたっぷり取り込む「和モダン」、格子をアクセントにした都会的な外観が魅力「洋モダン」、無駄を削ぎ落としたスタイリッシュさが印象的な「シンプルモダン」の3タイプをご用意しています。 GRAND CAORIE(グランドカオリエ) 「GRAND CAORIE」はお客さまの理想住まいを、よりリーズナブルに提供可能な企画住宅。 内装は中二階と吹き抜けの開放的な家、小屋裏のある平屋風のデザイン、収納と家事動線に優れた住まいなどの4タイプを提案。 外観は和モダン・ブリティッシュタイプ・北欧タイプ・コンテンポリータイプの4タイプ16種類から選択可能です。 CAORIE(カオリエ) 「カオリエ」は「玄関の向き」「2階建or平屋」などを含め、建物面積で全137プランを厳選した限定企画住宅です。 格子組剛床構法を採用し、耐震性に優れた住まいを提供。 キッチン・ユニットバス・トイレ・洗面愛の4点セットは、 LIXIL、パナソニック、TOTOから最新の設備を搭載。 無垢材のフローリングや室内ドアは谷川建設のオジリナルを採用します。 故郷 日本家屋を原点に正統派の和風の美しさを実現した「故郷」。 檜の香りが漂う和室、勾配天井と吹き抜けで開放的なリビング、広々とした土間を一体化した玄関、季節を切り取る美しい中庭など実現。 生活動線に注目し時短家事が可能なキッチン、大容量の収納を設置し片付けも楽々。 和の美しさを保ちつつ、洋風の家具も合わせられる内装が魅力です。 谷川建設の平屋住宅の特徴・強みまとめ 谷川建設の平屋は和モダン・洋モダン・和風の3タイプから選択可能です。 花壇と個性的なタイルを敷き詰めたエクステリア、玄関は広い土間と身支度に便利なシューズクローク、間仕切りのないリビングに小上がりの畳コーナー、対面式キッチンには会話の弾むカウンターなど。 ワンフロアで生活に潤いが持てるアイディアが豊富です。 谷川建設の建売住宅の特徴・強みまとめ 谷川建設の建売住宅は2台分の駐車場を確保した余裕あるプランがメイン。 壁を最小限にした1階のLDKは対面式キッチンを設置し、家族のコミュニケーションが充実する間取りに。 庭に面した和室をリビングに隣接し、くつろぎスペースやゲストルームとして利用可能。 2階にはバルコニーを2か所設置し、家事用とくつろぎ用に使えて便利です。 参考URL: 谷川建設で注文住宅を建てる時の4つのステップ 夢のマイホームを施工させるために、事前に段取りをチェックしておきましょう。 ここでは谷川建設で注文住宅を依頼する場合の4つのステップをご紹介します。 資金計画と予算の算出 第一に資金計画と予算を算出しましょう。 ライフプランから資金計画を立て、必要生活費などを算出。 貯蓄額、年収、住宅ローンの借入額を合計し、必要経費を差し引いた分が予算となります。 無理のない返済額と返済期間などを考えることも重要。 谷川建設では「ライフプランニング」のイベントも随時開催し、お客様の家計の見直しからアドバイスをしています。 土地の決定 予算が確定したら次は土地探しをスタート。 住宅ローンを利用する場合は、土地の提示が必要なので早めに行いましょう。 住み慣れた地域、通勤・通学への利便性、公共施設の充実、エリアの将来性などから考慮。 家族の成長やライフプランに合わせた土地選びを重視。 谷川建設では土地探しに関する相談やサポートにも応じており、プランに合わせた物件を提供します。 理想のイメージづくりと設計 土地が決定したら、理想のマイホームをイメージしましょう。 家族で話し合って叶えたい間取りやスペースなどをピックアップ。 収納の充実、家事動線のよさなど、生活を快適にするアイディアもチェックしましょう。 谷川建設の建築例から希望のプランを選ぶと具体的になります。 自由設計、カスタマイズ設計などから好みのタイプを選びプランを依頼しましょう。 建築計画、請負契約 設計まで決定したら、施工の請負契約へ進みます。 建物完成までのスケジュール、諸経費などを依頼しましょう。 工事請負契約書・工事請負契約締結書・見積書・設計図書などが渡されます。 内容を確認する書類が大量になりますが、すべてチェックして問題点は解決しましょう。 引渡し後の保証内容・無料点検・有料メンテナンスなども確認することが大切です。 谷川建設が開催中の住宅展示場まとめ 谷川建設の施工エリアは、東京都・神奈川県・広島県・長崎県・福岡県・熊本県・鹿児島県・大分県・佐賀県。 展示会場を見学し実物に触れることをお勧めします。 関東 駒沢公園ハウジングギャラリーステージI:東京都世田谷区駒沢5-10 中部 牛田情報スクエア「アスタ」:広島市東区牛田新町2丁目2-10-23 九州 KTNハウジングギャラリー in 喜々津:長崎県諫早市多良見町市布名山中(喜々津ゴルフ場入口) NBCハウジングマルシェ 時津ひなみ:長崎県西彼杵郡時津町日並郷1320-31 NBCハウジングさせぼ大和町:長崎県佐世保市大和町 hit 香椎浜住宅展示場:福岡県福岡市東区香椎浜2-8 hit 大野城住宅展示場:福岡県大野城市南大利1-1-1 県道31号線沿い「ハンズマン」そば hit マリナ通り住宅展示場:福岡県福岡市西区愛宕4-21 hit 久留米住宅展示場:福岡県久留米市篠山町397-6 RKB住宅展 小倉南:福岡県北九州市小倉南区朽網3914-6 朝日ハウジングプラザ学研都市ひびきの:北九州市八幡西区本城学研台1-1-108 SAGATVハウジングパークPATIO:佐賀県佐賀市兵庫北5丁目13-43 KKT総合住宅展示場エコラス:熊本県熊本市南区島町4-1 TKU住宅展示場住まいランド:熊本県熊本市北区室園町847(国道3号線沿い) ALPわさだハウジングタウン展示場:大分市大字玉沢字小野田73番 hit明野住宅展示場:大分市明野東1丁目7-16 南日本ハウジングプラザ 「エコスクエア」:鹿児島市与次郎1丁目9番38号 谷川建設の会社情報 谷川建設では年間約20万本しか生産されない貴重は「木曽檜」を採用しています。 「育林環境」を守るため200年をかけて計画的な伐採と植林を実施。 木を知り尽くした匠集団「谷建会」の職人が、最高の檜と向き合いお客さまの理想の住まいを実現します。 谷川建設の会社概要 会社名 株式会社 谷川建設 所在地 長崎県長崎市岡町9-1 TEL 0120-65-3551 095-848-3552 FAX 095-848-2206 まとめ 谷川建設は仕入・土地探し・施工・リフォームまでトータルで住まいづくりを実現するハウスメーカー。 木を知り尽くしているからこそ、快適・安心・健康を約束する家を提供。 一生のお付き合いを約束する谷川建設に住まいづくりを任せてみませんか?.

次の

株式会社谷川建設の会社説明会予約入力|リクナビ2021

谷川 建設

会社概要 会社名 株式会社谷川建設 代表者名 谷川 喜一(タニガワ キイチ) 所在地 〒812-0894 福岡県福岡市博多区諸岡1-7-25 他の拠点 〒862-0950 熊本県熊本市中央区水前寺1-18-18 〒853-0015 長崎県五島市東浜町1-15-1 〒849-0933 佐賀県佐賀市卸本町4-2 〒857-0832 長崎県佐世保市藤原町2-7 〒890-0055 鹿児島県鹿児島市上荒田町25-19 〒852-8115 長崎県長崎市岡町9-1 〒856-0806 長崎県大村市富の原2-492 〒870-0048 大分県大分市硯田町3-1-37 〒154-0012 東京都世田谷区駒沢3-16-13 〒808-0144 福岡県北九州市若松区高須東4-2-6 〒802-1100 福岡県北九州市小倉北区重住3-1-20 〒854-0066 長崎県諫早市久山町1793 〒870-0048 大分県大分市碩田町3-1-37 電話番号 092-586-7716 資本金 100,000千円 建設業許可番号 国土交通大臣許可 第008964号 業務内容 土木工事 建築工事 大工工事 左官工事 とび・土工工事 鋼構造物工事 舗装工事 塗装工事 内装仕上工事 水道施設工事 主な対応工事 河川工事は自然災害から人々の生活を守る、土木工事の中でも重要性の高いものです。 河川の上流部では砂防工事、地すべり防止工事、砂防ダムの建設が行われます。 中流部・下流部では堤防の建設、床止め工事、河道整正といった方法が用いられるのが一般的です。 国土の7割が山岳地帯を占める日本では、これまで多くのトンネルが造成され、高度な土木技術が発達してきました。 代表的なトンネル工事工法としては山岳工法とシールド工法があり、岩盤の固さなどに応じて適切な方法が選択されています。 橋梁工事とは河川、渓谷、運河、海などに橋を架ける土木工事のことです。 インフラ整備には欠かせない土木工事といって良いでしょう。 橋梁工事は橋を支える部分を作る下部工工事、橋から上の部分を作る上部工工事から構成されています。 土地造成工事とは自然の地形のままでは使いにくい場所に土木工事を行い、使いやすいように整地することです。 適切な土地改良を行うには、まず、土地の特徴を正しく把握しなければいけません。 さまざまな専門知識と技術が必要といえます。 下水道管埋没工事とは下水道本管を土の中に埋めていく土木作業です。 工事を始める前に周囲の環境を十分に調査することが欠かせません。 また、場所や条件によって違う施工方法が用いられますが、開削工法と推進工法がメインになります。 治山工事とは森林の造成と保全を目的として、山の地盤を安定させる土木工事のことです。 荒廃した特殊な環境に臨むケースも多く、危険に早急に対応する専門的な知識と技術が必要とされます。 山腹工、渓流工、地すべり防止工などに大別されます。 一戸建ての新築工事には工程があり、それぞれの段階の注意点を踏まえ丁寧な建築工事をすることが欠かせません。 居住性、デザイン性、耐震性、耐火性、耐久性、断熱・気密性などのバランスを考慮しながら、良い家づくりをすることが求められます。 増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やす建築工事のことです。 平屋を2階建てにしたり、敷地内に新しい建物を作るなどの方法があります。 建て替えよりもコストの負担が少ないことが特徴です。 ただし、場合によっては修繕費用、補強費用などが発生することもあります。 改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う建築工事のことです。 火災などで滅失した建物、家主の都合で除去された建物を、規模・構造ともに以前とほぼ同じものとして建て直す際などに施工されます。 増築工事、改装工事、修繕工事と混同されることもありますが違う工事です。 減築工事とは家の床面積を減らすリフォームのことです。 まず、ライフスタイルや周囲の環境の変化に応じて、どのような間取りにするかしっかりと計画を立てることがポイントになります。 減築工事はメリットも大きいものの、注意すべきデメリットもあります。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。 地震の多い日本では重要度の高い建築工事ともいえるでしょう。 一戸建ての耐震補強工事にかかる平均費用、具体的な施工例などを紹介します。 大工工事とはどういう工事のことをいうのか?また、住宅を建てる場合の、大工工事が必要となる、基礎工事から棟木の設置までの工程について説明しています。 主に大工職人が受け持つ、造作工事について説明しています。 下地の設置から、壁や床、天井の表面に石膏ボードを張るまでの施工内容について紹介しています。 木造建築の柱と梁の補強工事について説明しています。 建物の耐震性や耐久性に影響のある重要な部材ですので、劣化が生じていれば補強をし、強度が足りなければ、新たに部材を足さなければなりません。 コンクリートの建物の躯体や、基礎部分に必要となるのが型枠工事です。 ここでは、型枠工事の概要、工法の種類、工事の流れについて説明しています。 昔からある木造建築工法の一つで、今でもその技術が引き継がれている木造軸組工法(在来工法)と、耐震性、気密性に定評のある木造枠組壁工法(ツーバイフォー工法)について、それぞれの特徴を説明しています。 木造住宅のリフォームと、木造大工の仕事内容について説明しています。 梁と柱で支えられている木造住宅には、間取りを自由に変えられるメリットがあり、リフォームしてメンテナンスをすれば長く住み続けられるのが木造住宅の強みです。 日本の家屋で伝統的に使われる土壁は、高温多湿の気候風土をカバーできる優れた建材です。 土壁は、はるか昔から建材に用いられている非常に安全性が高く優れた性能のある素材だと言えます。 模様のパターンが豊富でデザイン性の高い左官仕上げは、まだまだ好む人がたくさんいらっしゃいます。 また壁の耐火性、耐久性にも信頼が置けます。 左官工事に使うモルタル、土壁、珪藻土、漆喰は、粘土のように柔らかいので好きなデザインに造形ができます。 左官工事を行う上で重要なのが下地処理です。 下地処理をしっかりやっておかないと、上塗りした建材が剥がれやすくなったり、亀裂が生じる原因になってしまいます。 屋根瓦のつなぎ目に漆喰が使われています。 漆喰が剥がれると瓦がずれて破損し、雨水の侵入を許してしまうことになりますので、破損部分を見つけたら早急な修理が必要です。 モルタルとはセメントに砂や水を配合して練り上げたものです。 モルタルを使ってレンガや木、石壁を模した特殊造形(デザインコンクリート)を使えば壁を雰囲気のあるデザインに仕上げることができます。 コンクリの土間打ち工事とは、コンクリートの床面を作る工事のことです。 凹凸があると困る場所を、滑らかなコンクリートの表面に仕上げます。 とび・土工工事 鉄骨造の建造物で、木造の木材、鉄筋コンクリート造の鉄筋コンクリートのような役割を果たすのが鉄骨です。 木材よりも強度が高く、鉄筋コンクリートよりも軽いため、大型建築物などに用いられます。 そのような鉄骨を工場で設計して製作し、現場で組み立てる鋼構造物工事を鉄骨工事といいます。 建築に関する十分な知識と高い溶接技術などが必要となります。 橋梁工事は橋を架ける鋼構造物工事です。 橋梁は河川などで分断された地域をつないで交流を生み、人々の生活をより豊かにするために欠かせません。 木造の橋もありますが、現在ではほぼすべての橋梁が鉄骨を用いた鋼構造物工事により製作されています。 鉄塔とは鉄骨で構成される細長い建造物のことです。 代表的なものに送電鉄塔がありますが、日本全国津々浦々まで電気を届け人々の生活を守るのに欠かせません。 鉄塔工事はインフラ整備のために重要な鋼構造物工事のひとつといえるでしょう。 石油・ガスなどの貯蔵用タンクは、貯蔵用タンク設置工事という鋼構造物工事によって設置されます。 危険物を貯蔵するタンクなので十分な強度を持たせるようにしなくてはいけません。 特に可燃性の物質を貯蔵する際には引火リスクにも十分配慮する必要があります。 屋外広告を設置する屋外広告工事には鋼構造物工事と、とび土木工事の2種類があります。 鋼構造物工事に分類されるのは、鋼材の加工・製作から請け負っていることが特徴です。 ここでは鋼構造物工事のひとつである屋外広告工事について解説します。 水門設置工事は、河川などに水門を取り付ける鋼構造物工事のことです。 水門とは河川などの堤防を分断する形で設置され、流水を制御する構造物のことです。 河川の他に用水路、運河、湖沼、港湾、貯水池などに設けられます。 ここでは、アスファルトの種類と舗装工事の内容を解説します。 アスファルトにも色々な種類があり、水を浸透させるものやそうでないものまで、路面によって使い分けられています。 アスファルトの下にある路盤を造る工事も必要になりますので、その工事の流れも説明しています。 ここでは、コンクリート舗装の特徴についての説明をしています。 一般道路では、施工性の高さからアスファルトの普及率が高くなっていますが、場所によってはコンクリートの路面の方が適している場合もあります。 コンクリートとアスファルトの違いとは、なんなのでしょうか?詳しく説明します。 コンクリートの舗装工事手順を説明しています。 短い施工期間で仕上がるアスファルトと違い、硬化に時間の掛かる生コンを打設して、硬化させる工事です。 真空コンクリート工法と呼ばれる滑り止め対策工事についても紹介しています。 路盤築造工事についての説明です。 道路を造る時には、その基礎となる部分を造って、その上にアスファルトを敷いていく必要があります。 ここでは、その基礎部分となる下層路盤と上層路盤を造るための工事の流れを紹介しています。 ここでは、ブロック舗装工事に使われるブロックの種類と、工事の流れについて説明しています。 ブロックはカラーリングとデザインが豊富で景観性に優れた素材です。 工事ではただ敷いていくのではなく、ブロックから湧水しないよう排水処理を施し、目地に砂を詰めてブロックの噛み合わせを強化する必要があります。 外壁は日々雨や風、紫外線などにさらされるため、長い間放置しておくと塗装膜がはがれたり、劣化したりしてしまいます。 そうなると、雨や湿気が内部に入り込み壁材や基盤の腐食へと進行します。 屋根は建物の中で紫外線や雨風の影響を最も受ける場所です。 塗装の膜が活きているうちは問題ありませんが、5年以上経過すると塗装膜が枯れて来るので鉄板の伸縮に追従出来なくなり塗装膜が割れ始めて塗膜剥離が発生します。 メインの塗装には下塗り、 中塗り、上塗りの3工程があります。 屋根塗装は、下地処理の良し悪しで品質が決まると言っても過言ではありません。 下地処理をきちんとしないと、短期間で塗装が剥げる場合もあります。 外壁塗装の塗料は、主に水性系、溶剤系、弱溶剤系などに分けられ、さらに弾性塗料、硬質塗料など、実に多くの種類がありますが、近年では、臭いの少ない水性系塗料が主流となっています。 外壁塗装工事の工法として、大きく分けると吹付け工法(主に新築の際に使用)、ローラー工法(主にリフォームの際に使用)、特殊工法に分けられます。 それぞれの工法により、模様が違ってきます。 天井や壁、床などを作る内装仕上工事は、建物の最終的な仕上がりを決める大切な仕事です。 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、間仕切り工事、床仕上工事、畳・ふすま工事、防音工事などが内装仕上工事になります。 軽天工事とは、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。 建物の骨組みを作った後、最初に入る内装仕上工事なので、この作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性が大きく変わります。 昔の家には天井などはありませんでしたが、天井にはほこりやチリの落下防止や明るさの調整など様々な役割があります。 天井が剥がれ落ちたりすると被害が大きくなるため、細心の注意をもって内装仕上を行います。 壁に貼る壁材にはクロスや塗り壁、木材、タイルといったものがあり、それぞれに費用や工期、耐久性などの特徴があります。 使用する壁材のメリット・デメリットを把握し、目的に応じたものを選びましょう。 間仕切りは壁とは違ってレイアウト変更や移設などに容易に対応出来るうえに再利用も可能です。 間仕切りにもLGSやガラス、スチール、アルミなどの様々な材質のものが用意されていますから、特徴を把握して最適なものを選んでください。 屋外の騒音が建物の中に聞こえないようにする防音工事は、落ち着いた生活には欠かせない大切な工事です。 窓や壁、床や天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れる事が出来ます。 見た目にはあまり分かりませんが、決して手を抜けない内装仕上工事です。 最近では畳やふすまにも様々なバリエーションが用意されており、好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。 和室がなくても洋室にフィットする畳もありますから、自分には関係ないと思わずに参考にしてみてください。 水道施設工事 お問い合わせはコチラへ!.

次の

【SUUMO】 谷川建設

谷川 建設

1971年創業の谷川建設は希少材である「木曽檜」をメインに、自然素材にこだわった健康な木造住宅を提供。 仕入れからプレカット加工・現場施工までトータルで管理して無駄なコストを削減しています。 2013年、2014年、2018年度にグッドデザイン賞するなどデザイン性も抜群。 そこで今回は谷川建設の特徴についてご紹介しましょう。 また、これからハウスメーカー選びを始めようとしている人に、1点だけ先にお伝えしておきたいことがあります。 それは、 ハウスメーカーを選ぶ際には、事前の情報収集がもっとも重要であるということ。 CMでよく見かけるハウスメーカーや、たまたま住宅展示場で見て気に入ったハウスメーカーがあった際に、しっかりと比較しないまま依頼をしてしまう人がいますが、絶対にやめましょう。 最初から偏見をもって選んだハウスメーカーや、しっかりと比較していない段階で良いと感じたハウスメーカーを勢いで選んだ人の大半は、後悔することになってしまいます。 住宅の購入は人生で一番高額な買い物ですから、焦らずしっかりと時間をかけて、依頼するハウスメーカー選びをしましょう。 とはいえ、日本には本当にたくさんの住宅メーカーがありますから、すべてを1つずつ検討することは不可能です。 そこで活用して欲しい便利なツールが、東証一部上場企業の株式会社LIFULLが運営する「」です。 ローコスト住宅や二世帯住宅、輸入住宅など自分達の条件にあったテーマや、予算、地域を選ぶことで、条件にあったハウスメーカーが自動的にピックアップされます。 ピックアップされた会社の中から、資料請求をしたい会社にチェックを入れることで、複数社からまとめてカタログを取り寄せられるのです。 条件にあったハウスメーカーを探す手間も、1社ごとにいちいちカタログ請求をする手間も省けるので、ぜひ有効活用してみて下さい。 無料で利用できますし、カタログを請求したからといって、無理な営業電話などが来ることもないので、安心してくださいね。 それではここから、谷川建設の評判や特徴について詳しく解説をしていきましょう! 谷川建設で家を建てた人の評判を知りたい? 谷川建設は「檜を愛し、檜の特性を生かし、檜を生活空間に生かす」ことをコンセプトに、お客さま理想に寄り添う自由設計を提案。 地域・支店ごとに組織され匠の集団「谷建会」の職人が丹念に作り上げます。 ここでは実際に谷川建設で家を建てた人の意見をご紹介しましょう。 谷川建設のリアルな悪い評判・口コミ 一番の不満はアフターサービス。 窓を割ってしまい慌てて電話したのですが、なかなか来てもらえませんでした。 冬の季節だったのでかなり辛かったですね。 最初の担当者が若いからか情報や知識がなかったようでした。 質問に対して即答してくれないので時間がかかることに。 途中で担当を変えてもらいましたが、もっと早く言えばよかったかなと思っています。 谷川建設のリアルな良い評判・口コミ プランを話し合っている時に、抽象的なアイディアしか言えなかったのですが、設計士さんが完璧なプランを書いてくれました。 「できる」「できない」をはっきり言ってくれるのでとてもスムーズ。 他のスタッフさんの対応がよくて、不安なく進められました。 マイホームづくりは最初からワクワクが止まらず、住み始めた今もその気持ちが続いています。 偶然に立ち寄ったハウジングパークで、谷川建設を知りました。 何気なく入ってスタッフさんと話していたら2時間ほど話し込み、その日のうちに決定。 たくさんのリクエストを取り入れたプランが完成しました。 主人はインナーガレージ、私は使い勝手のよいキッチン。 家族の好みをしっかりと取り入れてくれて、住み心地は最高ですね。 谷川建設で家を建ててから驚いたのはその断熱性。 暑い夏の日は玄関を開けると、涼しい風を感じるほど。 リビングしかエアコンをつけていないのに快適です。 格子組剛床構法という工法を現場で見ることができ、しっかりした家だと安心して進められたのもよかったですね。 広々とした20畳のLDKができ、家族団欒の時間が増えました。 北海道から転勤で福岡に戻り、マイホームづくりをすることに。 友達と庭でバーベキューをよくやっていたので、そのスペースを確保するプランをお願いしました。 外観は淡いベージュのカントリーテイストにして、縦格子をアクセントとしてプラスし個性的な表情。 内装は白い壁にメイプルの無垢材を使って爽やかに。 ウッドデッキと庭があり、休日がまちどうしい家になりました。 子供が生まれて家を建てたいと思ったのですが、シックハウス症候群などが心配でした。 谷川建設は無垢材と自然素材にこだわっていると知りネットで検索。 イメージに近いプランもあったので相談しました。 和モダンの外観をお願いして、個性的な窓を設置。 子育てに専念できるように家事動線をよくしたキッチンがお気に入り。 檜の香りが心地よくて、癒される空間がいいですね。 北東の角地の土地の長所を活かしたプランを谷川建設にオーダーしました。 人通りの多い道路側は縦長のスリットガラスなどを使って視線をシャットアウトしつつ日差しを取り込む設計。 玄関には趣味の自転車をディスプレイできる広めの土間をリクエスト。 たくさんの天窓、高い吹き抜け、飾りの梁のあるLDKは開放感たっぷり。 家族の笑顔が増える家になって大満足です。 家族揃って多趣味なので部屋数を多くしたいと思っていました。 谷川建設にお願いするとスキップフロアを採用したプランが完成。 部屋を間仕切ることなく独立性が生まれるのがいいですね。 ファミリーライブラリー、楽器とレコードのコレクションエリア、映画を楽しむコーナーなどなど。 予想をはるかに超えた楽しい家になりました。 両親との同居が決まり、新しく二世帯住宅を立てることに。 程よい距離感のある間取りを谷川建設に注文しました。 ブラックウォールナットのフローリングと、白い壁でペンションのような仕上がり。 ゲストを迎えるための広い和室もお願いしました。 夫婦間のプライベートも守れる書斎と作業台を作り、趣味の時間が充実。 細部まで気配りが感じられるプランで大満足です。 都市型の狭小土地の長所を最大限に活かした住宅を希望。 共働きなのでゆったりとしてスペースもリクエストしました。 たっぷりの日差しを取り込むために2階をLDKに。 リビングの延長線上に広いバルコニーを設置して、天気のよい日は食事を楽しめます。 小さな畳コーナー、趣味に没頭できる書斎、家事がはかどるキッチンもできて、完璧な住まいになりました。 谷川建設にお願いしてよかった点はたくさんありますが、中でも檜の優しい香りはいいですね。 何年も経ちますがほのかに香り、癒しにもなります。 こだわりの檜のおかげで、気密性・断熱性に優れているのでエアコンをつける回数が減りました。 朝の目覚めもよくて以前より健康になった気がします。 谷川建設の強みやメリットを項目に分けて紹介! 谷川建設ではTGデザイン研究室を設け、最上級のクオリティーを追求する設計力を提供。 グッドデザイン賞を受賞した建築士で構成され、オンリーワンの自由設計を可能にしています。 ここでは谷川建設で家を建てた人のリアルな意見をご紹介します。 価格帯・坪単価 谷川建設の坪単価は公開されていませんが、口コミなどからまとめる60. 0万円 ~ 80. ハイクラスのハウスメーカーと言えるでしょう。 自由設計と企画設計をご用意し、予算内で建てられる理想の家を提供します。 耐震性 谷川建設は無垢材を用いた自社オリジナルの「格子組剛床構法」を開発。 碁盤の目のように無垢材を組む格子組剛床構法は標準で最高等級、耐震3等級、耐風2等級の住宅を実現します。 また一般的なベタ基礎に比べて約1. 8倍の強度を発揮するベタ基礎を採用。 基礎コンクリートの高さを550mm、厚さを160mmにして、建物を強固に支えます。 地震の揺れを吸収する住宅用制震ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」を採用。 耐震テクノロジーを進化させた高減衰ゴムを採用し、地震のエネルギーを吸収して高い分散性を発揮。 建物の内部の揺れを抑制し、地震による倒壊を軽減します。 断熱性・気密性 谷川建設の注文住宅は断熱材「ロックウール」+無垢材を使用。 2つセットで採用することで省エネルギー基準の省エネ4等級上回る断熱性を実現。 ロックウールは耐熱温度も高く、耐火性に優れており延焼を防ぎます。 開口部の標準仕様のサッシは室内を樹脂、室外にはアルミを採用。 ガラスはLow-Eペアガラスを用いた遮熱高断熱複層ガラスを仕様。 断熱性能はH-3等級、気密性能はA-4等級を確保し、断熱性・気密性・水密性・防露性・水密性に優れた住宅に仕上げます。 保証・アフターサポート 谷川建設では10年間の住宅保証をご用意。 10年後は10年ごとに有償のメンテナンスを実施することを条件に、建物が存在する限り定期メンテナンスを実施。 引渡し後、3ヶ月・1年・2年・5年・10年・20年・30年目にアフター管理部門よる無料点検を実施。 また24時間365日対応可能な「コールサービス」を開設し、住まいの相談に対応します。 工期 谷川建設の工期はプランや床面積によりますが、4ヶ月〜5ヶ月を目安にするとよいでしょう。 仕入れからプレカット加工・現場施工までトータルシステムを整えているため、比較的短い施工期間を可能にしています。 構造・工法 谷川建設は自社オリジナルの「格子組剛床構法」を採用。 盤の目のように無垢のヒノキを組み、耐震3等級、耐風2等級の住宅を提供。 一般的なベタ基礎より約1. 8倍の強度を発揮する「ベタ基礎」を採用し建物を強固にサポート。 「壁体内通気工法」を採用して外壁下地に通気層を設け、空気を流し湿気を排出。 防露性を高め構造体の劣化を防ぎ、耐久性のある住宅に仕上げます。 谷川建設の人気の商品ラインナップを紹介 谷川建設は創業以来、自然素材にこだわった住まいづくりを提供。 耐震性・耐久性に優れた格子組剛床構法採用して自由な間取りを可能しました。 またユニバーサルデザインを取り入れ、段差を解消したフロア、勾配が緩やかな階段などを設置し細部への気配りも完璧。 ここでは谷川建設の人気の商品についてご紹介します。 HINOCA(ヒノカ) 「HINOCA」は希少な木曽檜と自然素材を豊富に使用した谷川建設の最高峰プラン。 中庭を設置し四季の美しさと日差しをたっぷり取り込む「和モダン」、格子をアクセントにした都会的な外観が魅力「洋モダン」、無駄を削ぎ落としたスタイリッシュさが印象的な「シンプルモダン」の3タイプをご用意しています。 GRAND CAORIE(グランドカオリエ) 「GRAND CAORIE」はお客さまの理想住まいを、よりリーズナブルに提供可能な企画住宅。 内装は中二階と吹き抜けの開放的な家、小屋裏のある平屋風のデザイン、収納と家事動線に優れた住まいなどの4タイプを提案。 外観は和モダン・ブリティッシュタイプ・北欧タイプ・コンテンポリータイプの4タイプ16種類から選択可能です。 CAORIE(カオリエ) 「カオリエ」は「玄関の向き」「2階建or平屋」などを含め、建物面積で全137プランを厳選した限定企画住宅です。 格子組剛床構法を採用し、耐震性に優れた住まいを提供。 キッチン・ユニットバス・トイレ・洗面愛の4点セットは、 LIXIL、パナソニック、TOTOから最新の設備を搭載。 無垢材のフローリングや室内ドアは谷川建設のオジリナルを採用します。 故郷 日本家屋を原点に正統派の和風の美しさを実現した「故郷」。 檜の香りが漂う和室、勾配天井と吹き抜けで開放的なリビング、広々とした土間を一体化した玄関、季節を切り取る美しい中庭など実現。 生活動線に注目し時短家事が可能なキッチン、大容量の収納を設置し片付けも楽々。 和の美しさを保ちつつ、洋風の家具も合わせられる内装が魅力です。 谷川建設の平屋住宅の特徴・強みまとめ 谷川建設の平屋は和モダン・洋モダン・和風の3タイプから選択可能です。 花壇と個性的なタイルを敷き詰めたエクステリア、玄関は広い土間と身支度に便利なシューズクローク、間仕切りのないリビングに小上がりの畳コーナー、対面式キッチンには会話の弾むカウンターなど。 ワンフロアで生活に潤いが持てるアイディアが豊富です。 谷川建設の建売住宅の特徴・強みまとめ 谷川建設の建売住宅は2台分の駐車場を確保した余裕あるプランがメイン。 壁を最小限にした1階のLDKは対面式キッチンを設置し、家族のコミュニケーションが充実する間取りに。 庭に面した和室をリビングに隣接し、くつろぎスペースやゲストルームとして利用可能。 2階にはバルコニーを2か所設置し、家事用とくつろぎ用に使えて便利です。 参考URL: 谷川建設で注文住宅を建てる時の4つのステップ 夢のマイホームを施工させるために、事前に段取りをチェックしておきましょう。 ここでは谷川建設で注文住宅を依頼する場合の4つのステップをご紹介します。 資金計画と予算の算出 第一に資金計画と予算を算出しましょう。 ライフプランから資金計画を立て、必要生活費などを算出。 貯蓄額、年収、住宅ローンの借入額を合計し、必要経費を差し引いた分が予算となります。 無理のない返済額と返済期間などを考えることも重要。 谷川建設では「ライフプランニング」のイベントも随時開催し、お客様の家計の見直しからアドバイスをしています。 土地の決定 予算が確定したら次は土地探しをスタート。 住宅ローンを利用する場合は、土地の提示が必要なので早めに行いましょう。 住み慣れた地域、通勤・通学への利便性、公共施設の充実、エリアの将来性などから考慮。 家族の成長やライフプランに合わせた土地選びを重視。 谷川建設では土地探しに関する相談やサポートにも応じており、プランに合わせた物件を提供します。 理想のイメージづくりと設計 土地が決定したら、理想のマイホームをイメージしましょう。 家族で話し合って叶えたい間取りやスペースなどをピックアップ。 収納の充実、家事動線のよさなど、生活を快適にするアイディアもチェックしましょう。 谷川建設の建築例から希望のプランを選ぶと具体的になります。 自由設計、カスタマイズ設計などから好みのタイプを選びプランを依頼しましょう。 建築計画、請負契約 設計まで決定したら、施工の請負契約へ進みます。 建物完成までのスケジュール、諸経費などを依頼しましょう。 工事請負契約書・工事請負契約締結書・見積書・設計図書などが渡されます。 内容を確認する書類が大量になりますが、すべてチェックして問題点は解決しましょう。 引渡し後の保証内容・無料点検・有料メンテナンスなども確認することが大切です。 谷川建設が開催中の住宅展示場まとめ 谷川建設の施工エリアは、東京都・神奈川県・広島県・長崎県・福岡県・熊本県・鹿児島県・大分県・佐賀県。 展示会場を見学し実物に触れることをお勧めします。 関東 駒沢公園ハウジングギャラリーステージI:東京都世田谷区駒沢5-10 中部 牛田情報スクエア「アスタ」:広島市東区牛田新町2丁目2-10-23 九州 KTNハウジングギャラリー in 喜々津:長崎県諫早市多良見町市布名山中(喜々津ゴルフ場入口) NBCハウジングマルシェ 時津ひなみ:長崎県西彼杵郡時津町日並郷1320-31 NBCハウジングさせぼ大和町:長崎県佐世保市大和町 hit 香椎浜住宅展示場:福岡県福岡市東区香椎浜2-8 hit 大野城住宅展示場:福岡県大野城市南大利1-1-1 県道31号線沿い「ハンズマン」そば hit マリナ通り住宅展示場:福岡県福岡市西区愛宕4-21 hit 久留米住宅展示場:福岡県久留米市篠山町397-6 RKB住宅展 小倉南:福岡県北九州市小倉南区朽網3914-6 朝日ハウジングプラザ学研都市ひびきの:北九州市八幡西区本城学研台1-1-108 SAGATVハウジングパークPATIO:佐賀県佐賀市兵庫北5丁目13-43 KKT総合住宅展示場エコラス:熊本県熊本市南区島町4-1 TKU住宅展示場住まいランド:熊本県熊本市北区室園町847(国道3号線沿い) ALPわさだハウジングタウン展示場:大分市大字玉沢字小野田73番 hit明野住宅展示場:大分市明野東1丁目7-16 南日本ハウジングプラザ 「エコスクエア」:鹿児島市与次郎1丁目9番38号 谷川建設の会社情報 谷川建設では年間約20万本しか生産されない貴重は「木曽檜」を採用しています。 「育林環境」を守るため200年をかけて計画的な伐採と植林を実施。 木を知り尽くした匠集団「谷建会」の職人が、最高の檜と向き合いお客さまの理想の住まいを実現します。 谷川建設の会社概要 会社名 株式会社 谷川建設 所在地 長崎県長崎市岡町9-1 TEL 0120-65-3551 095-848-3552 FAX 095-848-2206 まとめ 谷川建設は仕入・土地探し・施工・リフォームまでトータルで住まいづくりを実現するハウスメーカー。 木を知り尽くしているからこそ、快適・安心・健康を約束する家を提供。 一生のお付き合いを約束する谷川建設に住まいづくりを任せてみませんか?.

次の