京都 駅 昼 飲み。 【京都】一人飲みのおすすめ居酒屋10選!

【京都】一人飲みのおすすめ居酒屋10選!

京都 駅 昼 飲み

前日見つけた立ち飲み屋で昼酔い!! 京都ロケ三日目。 いよいよ最終日であります。 近辺にあるホテルをチェックアウトした私・和田二郎は、地下鉄に乗り京都駅を目指しました。 前日、横にある した帰り道、すぐ近くに別の立ち飲み屋さんがあることに気付き、とりあえずソコで昼飲みしようと考えたからです。 そのお店は 「天空の立ち呑み とさか」 さん。 雑居ビルの4階にあるのですが、ユニークな店名は、そのことと関係してるのでしょうか……。 エレベーターを降りると入口が… お店に入り早速店員さんに取材のお願いをしたところ、快く承知してくださいました。 感謝します!! 立ち飲み屋さんではありますが、店内はグループでも飲めるテーブル席がメイン。 他にカウンター席もありました。 お店は創業して3~4年とのこと。 客席は窓に囲まれているため街を見下しながら飲むことになり、ちょっと独特な感覚を味わえそうですな。 悲しいことにチャンネル登録者数がなかなか伸びません……。 撮影もオーケーしてもらったし、さ~て今日は何から飲み始めようかなとメニューを見てビックリ。 アルコール類のメニューがメチャクチャ豊富だったんです。 ビール、酎ハイ類はもちろんのこと、乙類焼酎、日本酒、各種カクテル、ワイン……と、いや~目移りしちゃいますがな。 でもね、ここで「え~っとぉぉぉ……」と可愛らしい女子みたいに時間をかけるのは、呑兵衛としての私の流儀に反するので「とりあえず 生ビール」と即答しときました、はい(二杯目は に変更)。 これ以外にも日本酒・・ワインのメニューが窓や壁にたくさん貼られていました 生ビールをグビグビしながらオツマミのメニューを眺めていると……おお 「ハムカツ」があるじゃないですか。 でも触れましたが、私はメニューに「ハムカツ」と「ハムエッグ」の文字を見つけると、ついついオーダーしてしまうんですわ。 今回は、これに 「冷やしトマト」をプラスしてオツマミにしました。 すでに何度か触れてきましたが、ここ数年、全国的に「レモンチューハイ(レモンサワー)」がブームになってますからねえ。 「とさか」さんのレモンチューハイは、凍ったレモンを使用しています。 店員さんによると「凍ったレモンが溶け始めた頃に中身の焼酎をお代わりすると、これがまた美味しい」とのこと。 ふ~ん、そうなんですか。 なるほどねえ……ゴキュゴキュゴキュ。 アレ? スンマセン、レモンが溶ける前に全部飲み干しちゃいましたわ。 デヘヘヘヘ。 てなわけで、レモンが溶けるのを待つ間、今度は店員さんオススメの 「究極のトマトチューハイ」 をいただくことに。 流行に乗ったフリをして「しますかね?」と問う私。 「メッチャしますよ!! 」と店員さん。 そうですかぁ……って、じつは私、インスタグラムはやってないんですけどね。 「」って言ってみたかっただけなんです、ごめんなさい。 そして登場した「究極のトマトチューハイ」。 こ、こ、これは……!? 夏には「ス・バージョン」もあるそうです ロングのタンブラーにビッチリ詰まった。 一瞬「ストロベリーパフェ!? 」と見紛うほどで、なるほどこれならしますわな。 シャーベット状のをオツマミにしながら酒を飲めるわけだから、なかなか便利(?)な一品であります。 でも、これなら「冷やしトマト」を注文しなくてもよかったかな……。 さてさて、そんなこんなしているうちにレモンが溶けてきたようです。 「中身」を追加するとともに 「馬力」と名付けられた「ニンニクの赤紫蘇漬け」も注文しました。 三日間飲み続けてきたせいで、ちょっとバテ気味でしたからね……。 一杯目が「シャープな味」だとすると、二杯目は「より濃厚な味」って感じですかね。 私自身は二杯目の方が好みかなあ……。 「ひょうたん」さんや「天空の立ち呑み とさか」さんなど、京都駅の近くに昼から営業している素晴らしいお店があるってことは、今後は帰りの新幹線に乗る前に、この一帯でハシゴ酒ができちゃうわけですよ。 いや~、京都旅行での愉しみがまたひとつ増えた気がしますわ。

次の

京の台所で極上昼飲み!錦市場の昼飲みできる店4選|ウォーカープラス

京都 駅 昼 飲み

前日見つけた立ち飲み屋で昼酔い!! 京都ロケ三日目。 いよいよ最終日であります。 近辺にあるホテルをチェックアウトした私・和田二郎は、地下鉄に乗り京都駅を目指しました。 前日、横にある した帰り道、すぐ近くに別の立ち飲み屋さんがあることに気付き、とりあえずソコで昼飲みしようと考えたからです。 そのお店は 「天空の立ち呑み とさか」 さん。 雑居ビルの4階にあるのですが、ユニークな店名は、そのことと関係してるのでしょうか……。 エレベーターを降りると入口が… お店に入り早速店員さんに取材のお願いをしたところ、快く承知してくださいました。 感謝します!! 立ち飲み屋さんではありますが、店内はグループでも飲めるテーブル席がメイン。 他にカウンター席もありました。 お店は創業して3~4年とのこと。 客席は窓に囲まれているため街を見下しながら飲むことになり、ちょっと独特な感覚を味わえそうですな。 悲しいことにチャンネル登録者数がなかなか伸びません……。 撮影もオーケーしてもらったし、さ~て今日は何から飲み始めようかなとメニューを見てビックリ。 アルコール類のメニューがメチャクチャ豊富だったんです。 ビール、酎ハイ類はもちろんのこと、乙類焼酎、日本酒、各種カクテル、ワイン……と、いや~目移りしちゃいますがな。 でもね、ここで「え~っとぉぉぉ……」と可愛らしい女子みたいに時間をかけるのは、呑兵衛としての私の流儀に反するので「とりあえず 生ビール」と即答しときました、はい(二杯目は に変更)。 これ以外にも日本酒・・ワインのメニューが窓や壁にたくさん貼られていました 生ビールをグビグビしながらオツマミのメニューを眺めていると……おお 「ハムカツ」があるじゃないですか。 でも触れましたが、私はメニューに「ハムカツ」と「ハムエッグ」の文字を見つけると、ついついオーダーしてしまうんですわ。 今回は、これに 「冷やしトマト」をプラスしてオツマミにしました。 すでに何度か触れてきましたが、ここ数年、全国的に「レモンチューハイ(レモンサワー)」がブームになってますからねえ。 「とさか」さんのレモンチューハイは、凍ったレモンを使用しています。 店員さんによると「凍ったレモンが溶け始めた頃に中身の焼酎をお代わりすると、これがまた美味しい」とのこと。 ふ~ん、そうなんですか。 なるほどねえ……ゴキュゴキュゴキュ。 アレ? スンマセン、レモンが溶ける前に全部飲み干しちゃいましたわ。 デヘヘヘヘ。 てなわけで、レモンが溶けるのを待つ間、今度は店員さんオススメの 「究極のトマトチューハイ」 をいただくことに。 流行に乗ったフリをして「しますかね?」と問う私。 「メッチャしますよ!! 」と店員さん。 そうですかぁ……って、じつは私、インスタグラムはやってないんですけどね。 「」って言ってみたかっただけなんです、ごめんなさい。 そして登場した「究極のトマトチューハイ」。 こ、こ、これは……!? 夏には「ス・バージョン」もあるそうです ロングのタンブラーにビッチリ詰まった。 一瞬「ストロベリーパフェ!? 」と見紛うほどで、なるほどこれならしますわな。 シャーベット状のをオツマミにしながら酒を飲めるわけだから、なかなか便利(?)な一品であります。 でも、これなら「冷やしトマト」を注文しなくてもよかったかな……。 さてさて、そんなこんなしているうちにレモンが溶けてきたようです。 「中身」を追加するとともに 「馬力」と名付けられた「ニンニクの赤紫蘇漬け」も注文しました。 三日間飲み続けてきたせいで、ちょっとバテ気味でしたからね……。 一杯目が「シャープな味」だとすると、二杯目は「より濃厚な味」って感じですかね。 私自身は二杯目の方が好みかなあ……。 「ひょうたん」さんや「天空の立ち呑み とさか」さんなど、京都駅の近くに昼から営業している素晴らしいお店があるってことは、今後は帰りの新幹線に乗る前に、この一帯でハシゴ酒ができちゃうわけですよ。 いや~、京都旅行での愉しみがまたひとつ増えた気がしますわ。

次の

【京都で安飲み編~三日目 ♯01】京都駅近くの「天空の立ち呑み とさか」で昼飲み

京都 駅 昼 飲み

京都の一人飲みがしやすい居酒屋をまとめました。 京都市街の特徴は、碁盤の目状の区切りと大路・小路といわれる道です。 現代では、河原町・木屋町エリアの通りに全国展開の居酒屋が軒を連ねています。 一方、碁盤の目の中の細い路地には、あまり名を知られていないローカルな居酒屋が並びます。 上品な趣とはまた違う雰囲気です。 庶民的な小店が続き、ひとり飲みでも非常に入りやすいです。 古都なのだからグルメの聖地やろ!とは思いますが、探ってみるとその世界は未知でいっぱいです。 日本人が一般的に知らない食べ物を、外国人が知っていることもあります。 京都は、建築物・歴史・食・芸術すべての面において魅力満載の土地です。 あなたは、どんなシチュエーションで京都を訪れるでしょうか。 心休まるひと時に、季節の移ろいを感じながら、まったり京都一人飲みにふけりましょう。 ぼっち飲み in 京都、京の美景を想像しながらご覧ください。 【京都で一人飲み居酒屋】なな治 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋 1 店目は、なな治(ななはる)です。 紳士・淑女系ぼっち飲みにおすすめの上品な居酒屋です。 場所は、京阪三条駅または河原町駅から徒歩 7 分、河原町通りと西木屋町通りを抜けた所です。 同店の外観は、控えめだけれど心を引く温和なムードです。 「おひとりさん歓迎ですえ」なんて、密かにささやきかけてきそうな感じがあります。 料理は、天使の海老、チョコレートやマッシュルームのグラタン風の串など、遊び心が感じられます。 お酒は、京都の店では日本酒揃えがいまいち弱いといわれています。 同店はそこをクリアし、日本酒の銘酒をしっかり取り揃えています。 店主は一見強面で無口ですが、優しい笑顔で出迎えてくれます。 なな治では、ひとり飲みの寂しさを感じずに済みます。 【京都で一人飲み居酒屋】むろまち 加地 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋 2 店目は、むろまち 加地です。 カウンター席メイン、月替わりの地酒アラカルトで一人だけの時間もほっこり過ごせます。 同店は、烏丸四条から五条方面へ、室町通りを抜けて新町通りにあります。 店内は、中央に広めのカウンターがある明るい造り。 フォーマルとカジュアルの中間くらいで、肩ひじ張らない雰囲気です。 料理は、来店前日までに予約すると頂ける「お通し八寸」というメニューが特徴です。 店主のモットーは「お酒と酒の肴を安らぎながら食すること」。 そんな同店でのぼっち飲みは、心からリラックスして満喫できることでしょう。 もし来店した晩、窓から月が見えたら … なんて幸運なひとりだろうと気分もよくなるはず。 【京都で一人飲み居酒屋】庶民 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋 3 店目は、庶民です。 上品な京のイメージとは異なる、庶民的な雰囲気が愛おしい居酒屋です。 清廉なひとり飲みは、同店で昼時のハッピー・ぼっちのんべえアワーを過ごされては? 阪急大宮駅または四条大宮駅から、歩いて数分以内の所にあります。 店内はカウンターありで、客層は一人飲みを中心に若者や女性などが多いです。 メイン客はお一人層、ぼっち飲み満喫期待度 100 に違いありません。 料理は、牛すじの煮込み・かす汁・造り3種盛り(まぐろ、しめさば、サーモン)が好評です。 特に造りのお刺身は大人気です。 昼から開店するので、昼間から飲みたい一人飲みはぜひ足をお運びください。 一人層のんべえ多しで、おひとり様の居心地度は A +です。 【京都で一人飲み居酒屋】 TAKASEGAWA 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋 4 店目は、 TAKASEGAWA です。 高瀬川沿いの洒落た焼き肉屋です。 川のせせらぎに感性が研ぎ澄まされる、至上のひとり飲みをご堪能ください。 河原町または祇園四条付近、高瀬川沿いの小道にあります。 店内は、カウンター 8 席のみ。 店主の個人経営なので、オーダーからサーブまで時間がかかります。 焼き肉の素材は、近江軍鶏ややんばる島豚などのレアなものを使用しています。 特に、「軍鶏串おまかせ六本」は噛み応え抜群で深い甘みがグッド。 小さい居酒屋なので、店主の目が全体に届きます。 周囲の客層が気になるぼっち飲みは、店主とゆっくりお喋りするのもありです。 川音に耳を傾けながら、ゆったりと料理と酒を待つ時間 … オトナな一人飲みを体験できます。 【京都で一人飲み居酒屋】蕎麦の実 よしむら 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋 5 店目は、蕎麦の実 よしむらです。 烏丸五条交差点のすぐ近くにある居酒屋です。 昼間は蕎麦屋として運営しています。 夜間には木造の町屋風の店舗が一層雰囲気を増します。 料理は、京そば「にしんそば」はもちろん、「おばんざい三品」や「京のおつけもの盛り合わせ」が好評です。 おばんざい三品は、「ネギのぬた」「南瓜のそぼろ煮」などです。 漬け物も含め、全体的に家庭的で優しい味付けの品々です。 店舗は二階建てで、特に二階のカウンター席が五条通を見下ろせるのでおすすめです。 上品な京というより、家庭の暖かさを感じられる同店。 優しい料理とお酒で、ぼっち飲みが終わる頃には心がポカポカしていることでしょう。 【京都で一人飲み居酒屋】赤垣屋 神戸での一人飲みにおすすめの居酒屋 6 店目は、赤垣屋です。 京阪三条駅から徒歩 10 分、川端通りを北に、二条大橋の手前にあります。 赤い提灯がどこか懐かしく、店内は昭和レトロな雰囲気です。 昔懐かしいひとり飲みアワーを体験できます。 料理は、ナムル風もやしのお通しや玉ねぎ付きのしめ鯖、汲み上げ湯葉・揚げ出し豆腐など。 豆腐系のメニューが好評です。 客層は、地元民や女性もいますが、ひとり層が多めです。 店内は基本静かで、店主や店員が元気で店を活気づかせます。 断然少人数からぼっち飲みに最適な居酒屋です。 様々なお客がいるとはいえ、一人飲みが大半を占めます。 不安要素は一切ないので、確実におすすめできます。 古き良き居酒屋を堪能しみてはいかがですか。 【京都で一人飲み居酒屋】京極スタンド 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋 7 店目は、京極スタンドです。 創業は昭和 3 年、大理石カウンターが名物の老舗食堂型居酒屋です。 阪急河原町駅から徒歩 3 分、寺町通を四条通方向へ行くと到着します。 料理は、名物「自家製コロッケ」がおすすめです。 形はボール形状でインパクト大、カリカリな見た目に中身のザ・ポテト食感を味わえます。 客層は、昼間は中年層、夜間は若者の連れが目立ちます。 とにかくわいわい、ガヤガヤしています。 テーブル同士の距離が狭く、他のお客との密着度が高いです。 そのため客同士の交流が活発です。 他人との交流を好むひとり飲みは、新たな出会いを期待できます。 ぼっち飲み居心地度は B ほど。 お客との会話を楽しめれば、狭さも心地よいです。 【京都で一人飲み居酒屋】だいやす 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋 8 店目は、だいやす(かき屋 錦 だいやす)です。 烏丸駅または四条駅から徒歩 5 分、四条通りから高倉通りを北へ、錦市場にあります。 店内は、木造の温もりにスタイリッシュな雰囲気が合わさっています。 かき屋なので、かき料理が美味しいです。 鳥羽産の焼真がきが好評。 もう一品は「まるえもん」という生牡蠣で、こちらは北海道厚岸産です。 10cm という特大な身が特徴で、これまたぷりぷり食感がグッドです。 客層は若い女性やカップルが多いです。 ひとり飲みも人によってはハードルが高く感じられるかもしれません。 が、牡蠣を前にすれば周囲への引け目はどうでもよくなります。 逆に、牡蠣を頬張るひとり飲みの雄姿を、眩しく見つめる人がいるかも!?です。 【京都で一人飲み居酒屋】たつみ 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋 9 店目は、たつみです。 阪急河原町駅から徒歩 2 分、裏手町通りという路地裏にあります。 店内は、ディープな昭和の雰囲気を漂わせています。 カウンター席、テーブル席、小上がり席があります。 料理は、「牛すじ どて焼」が同店名物になります。 他には 5 種の野菜天ぷら、「香住の蟹味噌」、「鱧の天麩羅」など。 客層は、ひとり層の中年客と若年層のカップルが多いです。 店入り口近くには立ち飲みスペースがあり、そこが比較的混みます。 店員とお客の交流も特になく、静かに飲食に集中できます。 全体的に一人層に偏っているので、ひとり居心地度は S です。 会社帰りに、または静寂を愛する一人飲みにはうってつけの店です。 訪問するには昼時が空いていておすすめです。 【京都で一人飲み居酒屋】へんこつ 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋 10 店目は、へんこつです。 京都駅中央口から、某電気量販店方面にあります。 独自の雰囲気と佇まいの煮込み専門店です。 店舗入口には、「長居ができない 会員制のお店 常連さん OK 」と注意書きがあります。 料理は、牛すじと牛テールがオーダーマストな品です。 他には、「サルベージ」が有名です。 様々な部位がランダムに入った煮込みで、酒に合う濃い目の味付けが特徴です。 表の注意書きと違って、スタッフは暖かく出迎えてくれます。 常連客によっては、お話好きな人もおり声をかけると交流が図れます。 牛すじに興味がある、チャレンジ精神があるぼっち飲みは一度足を運んでください。 食わず嫌いならぬ、来店嫌いを超えた先の世界は、ユニークながら人情味に溢れています。 【京都で一人飲み居酒屋まとめ】古都で味わう路地酒場の酒と肴 京都での一人飲みにおすすめの居酒屋、いかがでしたか?京都の居酒屋なんて、上品かつ優雅な割烹風の店を思い描きます。 それが、実際は大分違いました。 路地酒場には、裏京都とでもいえるディープで庶民的な店がたくさん建ち並びます。 中には昼時から開店して、筋金入りののんべえでごった返します。 大衆居酒屋、昭和風居酒屋 … 京都にも、しっかり庶民派なところがありました。 誰かと訪れる京都もよいですが、ひとりで来訪したときの居心地は格別です。 なんせ、美味しい酒と肴を一人占めできるのですから。 あなたが思い描く一人飲み in 京都はどんなものですか。 本ページが、少しでもそのイメージを豊かになれば幸いです。

次の