東京 事変 浮雲。 東京事変 | トップページ

【東京事変】東京事変の伝説的ギタリスト長岡亮介、別名「浮雲」とは?!現在の活動まで徹底リサーチ

東京 事変 浮雲

長岡亮介は元東京事変のギター浮雲!椎名林檎や星野源から愛される理由とは? 長岡亮介が浮雲として東京事変に加入! 長岡亮介(ながおかりょうすけ)は、ペトロールズという3ピースバンドのギターボーカルです。 とはいえ、東京事変のギタリスト浮雲という名前のほうが広く知られているかもしれません。 浮雲という名前の由来は、長岡亮介が雲のようにほわほわしているからだと明かしたのは、命名した椎名林檎です。 学生時代に、ソロシンガーで椎名林檎の実兄である椎名純平のバックバンド「The Evil Vibrations」のギタリストに自ら志願した長岡亮介。 その後、椎名純平のライブを観に来た妹の椎名林檎に才能を見出され、次第に、彼女の率いる東京事変のデモテープや新曲のレコーディングでギターを弾くようになりました。 その後、東京事変の初代ギタリスト脱退に伴い、半分嫌々ながら2代目ギタリストに就任した長岡亮介。 2012年に東京事変が解散した後も、椎名林檎のお気に入りメンバーとしてステージに呼ばれています。 長岡亮介が椎名林檎や星野源の心をつかんで離さない理由とは!? 椎名林檎・椎名純平兄妹の他にも、数多くのミュージシャンに愛されている長岡亮介は、星野源や野田洋次郎(RADWIMPS)など、さまざまなアーティストの作品にも参加しています。 バンド活動をしていた父親が好んでいたブルーグラスやカントリーミュージックには、幼い頃から親しんでいたという長岡亮介。 そのため、10代で、プロのカントリー歌手の後ろでギターを弾いていたという異色の経歴を持っています。 その独特なバックボーンから奏でられるギターの音色は唯一無二と言えるでしょう。 楽曲に華を添える一方で、長岡亮介は、椎名林檎に「生まれ変わったら浮雲(長岡亮介)になりたい」と言わせるほど、ステージ上でカリスマ性を放ちます。 また、椎名林檎によって歌声も高く評価されているため、紅白歌合戦やリオデジャネイロパラリンピック閉会式などの大舞台では、たびたびボーカルとしても活躍してきました。 同様に入れ込んでいるのは、2013年のレコーディングから長岡亮介をサポートギターに指名している星野源です。 そのほれ込み具合は、「長岡亮介に抱かれたい」と公言するほどです。 長岡亮介がペトロールズを結成した理由が意外だった!結婚、子供はいるの? 長岡亮介がペトロールズを結成した理由が意外だった! 長岡亮介が2005年にペトロールズを結成した理由は、東京事変への加入がきっかけだったと言います。 サポートメンバーとしてギターを弾き、バンドメンバーとして求められる役割を全うしたりする仕事だけでは、どうしてもフラストレーションが溜まるため、うっぷんを晴らすために自分のバンドを持つことにしました。 メンバーは、長岡亮介の高校時代からの友人ドラマー河村俊秀と、憧れのベーシストである三浦淳悟。 3ピースにしたのは、トリオの振り幅の大きさや機動力、シンプルなカッコよさを求めた結果だとか。 椎名林檎から依頼されるまでボーカルとして歌ったことはなく、作詞作曲も椎名林檎に勧められて始めたことだと明かしていますが、ペトロールズではボーカルも作詞作曲も完璧にこなしています。 長岡亮介の「嫁のインスタグラム」が話題に!結婚、子供はいるの? 長岡亮介は、ペトロールズのライブが子供同伴可になったり、嫁や子供の目撃情報があがったりしていることから、結婚して子供がいると噂されています。 「長岡亮介の嫁のインスタグラムだ」と囁かれているアカウントも存在しますが、ツーショット写真の掲載などはないため確証はありません。 建築学専攻で大学を卒業した長岡亮介は、建物をはじめ、自転車や車などの乗り物や使用ギター、眼鏡等のファッションにも独特のこだわりがあるようです。 たとえば長岡亮介の愛車遍歴は、20歳の時に購入したスズキのジムニーに始まり、シトロエンのヴィンテージカーの深緑色と赤色、シトロエン・アミと、昔の車を乗り継いできました。 現在も、三菱パジェロJトップと、これまた古い車に乗っている様子です。 結成10年経って、ようやく全国に流通する初のアルバム「Renaissance」がリリースされています。 こうした活動を振り返って、「リリースや締め切りなどに一切追われることなく、好きな音楽を自分たちの望むペースでできている」と語った長岡亮介。 さらに、「仲間やスタッフに恵まれている今の環境が最高に幸せ」とも述べています。 長岡亮介が作るペトロールズの音楽性は、結成初期はロックな感じでしたが、年数を経てシンプルになってきました。 2008年の曲「ホロウェイ」のあたりからは、音数が減り、楽器ではなくコーラスで埋めていくという独特なスタイルが完成。 「CDは単なる記録でしかない」ときっぱり言い切る長岡亮介の神髄はライブでの演奏にこそあると言えるでしょう。 ペトロールズのライブチケットは入手困難な場合もありますが、「赤坂COUNTRY HOUSE」というカントリーミュージックのお店のバンドメンバーにも名を連ねているため、毎月1日以上はステージに立っています。 出演者もお客さんもお酒を飲みながら一緒にカントリーを歌って楽しめるお店なので、3ステージ目には酔っ払い過ぎてチューナーの針がまともに見えないほどリラックスした、長岡亮介の姿が見られるそうです。 長岡亮介のルーツである、カントリー音楽を奏でて歌う姿を至近距離で見られる赤坂のカントリーハウスは、ファン垂涎の穴場かもしれません。 サポート演奏や楽曲提供、プロデュースなども含めた彼の幅広い活躍からはこれからも目が離せません。

次の

【東京事変】東京事変の伝説的ギタリスト長岡亮介、別名「浮雲」とは?!現在の活動まで徹底リサーチ

東京 事変 浮雲

詳細は「」および「」を参照 千葉県のに生まれ、幼い頃から父親が趣味でたしなむ、カントリーなどの音楽が日常的に流れる環境で育つ。 9歳からを習い、中学1年生の時にの部とは別にでギタークラブに所属してを始める。 友人たちとバンドを組む一方で高校時代より父親のカントリーバンドにも参加し 、様々なミュージシャンとの演奏を重ねる。 在籍中にプロのカントリー歌手のバックバンドなどとしての活動を始め、忙しいときには月の半分ほど音楽の仕事をしていた。 主催の、系のオーディション「NEWDIGSOUL Audition」に参加し、本格的なプロミュージシャンへの道を歩み出す。 2000年• イベントで知り合ったから頼み込まれ、当時ギタリストがいなかった彼のバックバンド「The Evil Vibrations」に加入する。 2002年• 4月と5月、・椎名純平兄妹らとともに「」というバンド名での楽曲「Georgy Porgy」をカバーし、ネット配信する。 担当は(メイン・パートの役)で、これが初のボーカル仕事。 2003年• 椎名林檎の3rdアルバム「」の制作に参加。 ギターやを担当したほか、同作のに収録された「映日紅の花」(作・編曲)を提供し、収録曲の「迷彩」のにも出演。 また椎名とともにアルバムの文字デザインも行う。 2004年• 東京事変の1stアルバム「」において、椎名林檎の制作に協力する。 2ndシングル「」では、部分のにデモで彼が弾いていた案が採用された。 この年、半年ほどに。 2005年• 2月、ペトロールズを結成。 夏、脱退した初代ギタリストのに代わって2代目ギタリストとしてに加入する。 その際、椎名林檎によって「浮雲」というステージネームが与えられた。 2007年• 収録曲の「ギャンブル」ではギターを弾き、「花魁」では日本語詞と作曲を担当した。 7月、東京事変の4枚目のシングル「(オスカ)」で、同バンドでは初めて作詞・作曲を担当。 8月18日、『』の平井堅のステージにシークレット・ゲストとして登場した椎名林檎が東京事変のシングル曲「」を歌った際にメンバーのと2人で演奏を担当。 2009年• 6月、椎名林檎の4枚目のソロ・アルバム「」の収録曲「」で編曲・コーラスを担当。 また、同時に発売されたの3枚目のアルバム「」に「目覚め」(作詞・作曲)を提供。 2011年• 12月31日、東京事変として「」に出場する椎名林檎のバックバンドを務める。 2012年• 2月29日()、所属していた東京事変が解散。 10月から12月にかけて、の編成ツアー「ohashiTrip」に、元東京事変のとともにサポートで参加。 2013年• のフロントマンのソロプロジェクト「」のサポートで、ロンドンとで海外でのライブを経験する。 元東京事変のがプロデュースするの5枚目のシングル「」のレコーディングに参加。 以後、サポートギタリストとして星野のライブやレコーディングに参加するようになる。 2014年• 3月から4月にかけて、星野源のライブツアー「星野源の復活アアアアア! 」に参加。 10月、自身初のソロ作品「LOUNGE LOVER」(3曲入りCD)発表。 11月から12月にかけて、椎名林檎のツアー「」の「The Mighty Galactic Empire(銀河帝国軍楽団)」に、元東京事変のと共に浮雲として参加。 12月28日、星野源のバックバンドのメンバーとして「」に出演。 12月31日、に出場する椎名林檎のバックバンドのメンバーとして出演し、()やコーラスなどを担当。 2015年• 4月、でソロライブを行う。 7-8月、椎名林檎の「MANGARAMA(マンガラマ)」及び星野源のバックバンドのメンバーとして、「」「」などに参加。 8月、椎名林檎初の海外公演となる台湾ライブ「椎名林檎 生 林檎博'15 -垂涎三尺-」に「MANGARAMA」のメンバーとして参加。 10月から12月にかけて、椎名林檎のツアー「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」に「MANGARAMA」のメンバーとして参加。 11月、の・台湾のアジアツアー のためのスペシャルバンドに参加。 12月31日、において、椎名林檎のステージではサブボーカル、星野源ではサポートギタリストを務める。 2016年• 1月から3月にかけて、星野源の全国ツアー「YELLOW VOYAGE」にサポートで参加。 4月から6月にかけて、大橋トリオの全国ツアー「ohashiTrio 2016 TOUR 〜10 TEN〜」に再び伊澤一葉とともにサポートで参加。 7月、ORIGINAL LOVEの25周年記念ツアーに参加。 (日本時間)に行われた閉会式において、「フラッグ・ハンドオーバー・セレモニー」中に使用された「」の歌唱を担当。 12月31日、にて、ギタリストとして椎名林檎と星野源をサポートする。 2017年• 1月23、24日、星野源の「新春Live 2days YELLOW PACIFIC」にサポートで参加。 5月から9月にかけて 星野源のアリーナツアー「Continues」にサポートで参加。 10月28日にNHK総合テレビで放送された東京オリンピック・パラリンピック大会1000日前記念番組『内村五輪宣言! 』にて、2016年リオ五輪閉会式でリメイクした曲「東京は夜の七時」を浮雲(本人)、小雨()、林檎(椎名林檎)のスペシャルユニット「HUMAN ERROR」として披露。 人物 [ ]• 同じオーディションの出身である椎名純平のバンド「The Evil Vibrations」にギタリストとして参加していた。 それが縁で、彼の妹でのとの交流も始まった。 また同バンドには、のちに東京事変で一緒になるドラマーのも在籍していた。 椎名林檎にボーカルの仕事を依頼されるまで、歌は歌っていなかった。 また作詞作曲についても、椎名に「曲や詞を書いたらいいと思う」とアドバイスされるまで歌詞は書いておらず、曲もたまに思いついたように書く程度だった。 しかし彼女にそう言われたことで、「世の中で高く評価されている人にそう言ってもらえるのなら自分にも曲作りの脈があるのかもしれない」と考えるようになった。 それまでも曲のおおまかな構成を作ったりしたことはあったが、本格的に楽曲を作り始めたのはペトロールズを結成してから。 きっかけは、その当時共演して、天才的でそのセンスには敵わないと思わされた(のリーダー)というアーティスト。 すでにサポートで色々な現場で場数を踏んではいたが、結局は誰か他人の音楽であり100%自分にフィットする音楽はないと思い知らされ、自分の音楽を1から10まで自分自身で組み立てなければダメだと思うようになった。 25、6歳のときイギリス・ロンドンに半年ほど留学した経験も大きかった。 「自分は日本人だからこそできる音楽を作ればいいんだ」と気楽に考えられるようになり、自由に曲を作ってみようという気持ちになれた。 東京事変に加入したのは、椎名林檎の東京事変用のデモテープ制作 に協力したことがきっかけ。 新しいギタリストを探していた時にそのデモを聴いたメンバーたちが彼のギターサウンドを気に入り、椎名に彼に決めるよう求めると、当初は渋っていた椎名も了承して加入を打診。 彼はこの申し入れを2ndアルバム『大人』 のレコーディング直前にようやく承諾し、晴れて加入が決定した。 また加入前から椎名林檎の3rdアルバム制作に参加したり、東京事変第1期メンバーだった晝海幹音・両名の脱退後は椎名の個人的な相談相手になったりしていた。 浮雲という芸名は椎名によって名付けられた。 無類の車好き(、を所有)・自転車好き。 都内の移動なら自転車を選ぶ。 スタジオの行き帰りも自転車。 2009年4月からは季刊の雑誌「自転車日和(辰巳出版)」にてコラム「自転車なんて、動けばよい」を連載している。 ビザール・ギターのコレクターとしても有名で、自宅に50本ほどのギターをコレクションしている。 2016年の(第15回夏季パラリンピック)閉会式の中で行われた、パラリンピック旗を次期開催地の東京に引き継ぐ式典「フラッグ・ハンドオーバー・セレモニー」の終盤、東京をアピールするパフォーマンスのバックミュージックに使用されたの楽曲「」のパートを本名の長岡亮介名義で務めた。 ギタースタイル [ ]• 最も好むギタリストは、カントリーギタリストの。 独創的なギターはルーツにカントリーやブルーグラスがあり、そこからさまざまなジャンルと交わりながら育まれたもの。 のメンバーによる浮雲のギター・プレイについてのアンケートでは、従来型ギターの概念を覆すアプローチ、奇想天外で縦横無尽なフレーズ、グルーヴ感と香ばしい音色、しっかり設計された建築物のように繊細な作曲などが高く評価され、ギターらしくないフレーズをギターらしい音で奏でるとも称されている。 元の が「よほど意図的でない限り、8ビートのまっすぐなリフを刻むのは浮雲くんのカラーではない」と発言しているように、カントリーギターを思わせる感のあふれる非常にテクニカルなギタースタイルが特徴。 ギターらしくないフレーズを好んで弾き、のように弾くこともある。 ペトロールズの三浦淳悟によれば、イメージしているフレーズがギター以外の楽器(鍵盤やホーン・セクション、あるいはなど)だったりするからであるという。 もともとカントリーをやっていたのでチキン・ピッキング が得意。 加入当初は音を歪ませないようにしていたが、その後、特にこだわらなくなった。 楽曲ごとにや、などのを効果的に利用し、繊細且つ変幻自在のギターサウンドを聴かせる。 必要最小限の音数で魅せる機能美に溢れたギターワーク、しなやかな指先が放つしゃれた音使いなど楽曲を輝かせるために必要不可欠なプレイを要所に組み込むことで、唯一無二の音世界を生み出すギタリストである。 ギターの魅力はちっちゃくて小脇に抱えられるということだという。 主な使用機材 [ ] ギター [ ] 使用するギターには俗に「ビザール・ギター」と呼ばれる個性的なものが多いが、初めて手にしたエレキギターは"の"であるとのこと。 69年製(製) フロントのピックアップをストラトの物に交換してある。 高校一年生くらいの頃から使っている一番信頼しているギター。 多くのギターを所有している彼だが、「何かあったら、このギターを持って逃げる」とのこと。 かつては6弦がワンタッチでドロップDにできるようバンジョーペグに交換されたエスクワイヤーのネックが取り付けられていたが、通常のテレキャスターのネックに取り替えられている(取り外されたエスクワイヤーのネックは後に「ベンテレ」に移植された)。 82年製(製) ペトロールズで使用。 トーンの配線を切り、1ボリュームのみにしてある。 ピックガードも交換されている。 もともとテレキャスターを弾いていたが、人気のギターゆえに弾いている人間も多く、ギターボーカルが格好だけで持っていると思われるのが嫌で買ったもの。 形が変なのでそれだけで印象に残るかもしれないと思い、それでいて基本的には歪ますわけでもなく、大人っぽい音が出るというそのギャップも当人の中では大事だった。 テレファントム(Song Bird製) 千葉のクラフトショップ「Song Bird」で制作された浮雲オリジナルギター。 のPhantomVIのモデルであるPhantom GuitarworksのPH6をベースに、テレキャスターの構造にカスタムされている。 ネックはのオリジナル。 ピックアップはフロントにVoodoo、リアに。 ピックアップセレクターはロータリースイッチ。 またPhantom GuitarworksはPhanTele(ファンテレ)として同様のカスタムを施したギターを販売している。 東京事変の楽曲「」 には、自身によるこのギターのことについてのラップパートが入っている。 テレファントム マンドリン(Song Bird製) テレファントムをモチーフに作られたエレキ・マンドリン。 ストラトファントム(Song Bird製) 上記のテレファントムと形状は同じだが構造が異なり、仕様になっている。 ピックアップは全てVoodoo。 ピックアップセレクターは6段階に変更でき、通常のストラトの5段階に加えリア・フロントのハーフトーンが選択できるように作られている。 66年製メロディメーカー(ギブソン製) 「60年代の青いSGが欲しいが値段が高い」ことを理由に入手したSGシェイプの1PUモデル。 70年製(製) 入手時には"妙な"改造がなされていたとのこと。 ピックアップは"ソープバー"タイプのP-90。 ストップ・テイルピース仕様に変更。 しかし後に「どうも心が通じ合わなくて珍しく手放した」とのこと。 S-100(製) 上記のギブソン・SGを手放した際に代わりに入手した"SGシェイプ"のギター。 スクワイア ヴィーナス XII(製) ピックアップは2基のミニ・ハムバッカー。 ツマミ脇にハートのシールが貼られている。 セントブルース61サウス St. Blues製 ピックアップはフロントがP-90タイプ、リアはシングルコイル。 どちらもSt. Blues製。 モズライト US カスタム ショッププロトタイプ(製) 浮雲の希望によりシルバーメタリックに塗装。 ボリュームスイッチをオン/オフ・スイッチへ変更。 東京事変のシングル「」のPVなどで使用された。 80年製ヘンドリック ジェネレータ(ヘンドリック製) "もんち"というギタリストからの借り物。 東京事変の楽曲「」のPVで使用された。 TeeVee(RS Guitar Works製) ボディはフライングVながらピックアップ、ブリッジなどの部品や配置はテレキャスター。 テレキャスターの音が一番好きだが使っている人が多いため、他の人とかぶりたくないのでそういう仕様にしている。 特にお気に入りは世界に3本しかないというペイズリー柄。 STee(RS Guitar Works製) ボディはSGながらピックアップ、ブリッジなどの部品や配置はテレキャスター。 長岡の発案で誕生したという。 Workhorse(RS Guitar Works製) リバースヘッドのテレキャスタータイプ、本来ピックアップはドッグイヤー型のP90がリアに1基取り付けられているのみだがフロントにテスコのゴールド・フォイルが追加されている。 ピックガードは未装着だがレリック加工で日焼け痕が施されている。 このギターは本人曰く「ソングバード・ギターワークショップにヘッドの折れたを修理に持ち込んだら数年後にこんな形で戻って来た」とのこと。 アメリカンショウスター(VintAxe製) もともとはが所有していたものを借りていたが、後に譲り受けた。 フェンダー・テレキャスター with B-Bender(Song Bird製) フェンダーメキシコのテレキャスターボディに2弦用のストリングベンダーを装着したカントリースタイルのエレクトリックギター。 ネックは愛用している他のテレキャスターがかつて装着していたエスクワイヤーのものを流用。 通称「ベンテレ」。 エレクトロ ES-17 のサブブランドから発売された425の廉価版。 のギターボーカル・安部勇磨から譲り受けたもの。 その他 、、エピフォン・リヴィエラ、エピフォン・ソレント、グヤトーン LG-75(製)、ファントムVI(製)、、Goya R80 Red Sparkle、Danelectro Guitarin Model、・クリスタルなど。 ディスコグラフィー [ ] ソロ名義 [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考 1st 2014年10月 LOUNGE LOVER シングル ENCD-28 A面• Tune Up Yourself B面• 参加作品 [ ] アーティスト名 発売日 収録作品 参加曲 2016年4月6日 『Black Track』 「 Connected feat. Nagaoka Ryosuke」 2018年8月1日 『OCEAN feat. 長岡亮介』 「 パスワード feat. 長岡亮介」 所属バンド [ ]• (2005年 - )• (2005年 - 2012年、2020年 -• (1999年 -? (2002年)• 「映日紅の花」(2003年、アナログ盤『』収録) - 作・編曲• 「花魁」(2007年、アルバム『』収録) - 日本語詞・作曲• 「丸ノ内サディスティック(EXPO Ver. )」(2009年、アルバム『』収録) - 編曲• 「目覚め」(2009年、アルバム「」収録) - 作詞・作曲• 「魔法って言っていいかな? 」(2016年、シングル「」収録) - 編曲• シングル「SUNSHINE」(2015年、表題曲) - プロデュース• アルバム『NEW』(2017年、収録曲「SUNSHINE」「HOT NIGHT, MOON LIGHT」) - プロデュース• ( のフロントマンのソロプロジェクト) (2013年 - )• (2013、2016年)• () (2016年)• (2000 — 2003年)• (2003年 - )• (2016年)• (2013年)• ( のフロントマン須藤寿のソロプロジェクト) (2012年 - )• (2014年)• (2009年)• ()(2014年)• (2013年 - )• (2017年)• (2011年 - )• (2015年) 出演 [ ]• (6期)(2018年4月6日 -NHK) ロッソ役• (2017年5月4日、2018年8月20日、2019年10月14日 -) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• ツアーバンドのも務める。 大学生の頃からハウスバンドのメンバーとして出演していた。 家にギターがある環境だったが、それまでは触れることなく成長した。 バンドメンバーは父親とその友人という編成。 ブルーグラスをやっていた父親がカントリーミュージックをやりたいと思った時にブルーグラスでは使用しないを弾ける人間が必要になり、一番身近にいたということで誘われてエレキギターを買ってもらって参加した。 そのため、アルバムのスペシャルサンクスの欄には彼の名前が記載されている。 椎名林檎はソロでやれば良いと思っていたので当初はあまり乗り気ではなかったが、同時に加入した鍵盤奏者の伊澤一葉が自分と似たようなことを言っていると知って「同じ考えの人が一緒ならいいかな」と思って参加を決めた。 香港最大のロックフェス「Clockenflap 2015」と台湾・国際コンベンションセンターでのワンマンライブ。 椎名が依頼した理由は、彼が普段話したり歌を口ずさんだりしているのを聞いて声が良いと思ったから。 1stアルバム『』および2nd『』。 第二期東京事変としては1枚目となる。 編曲は式全体のクリエイティブスーパーバイザー兼音楽監督を務めた椎名林檎。 ピックを持ちながら中指・薬指で弦を弾く奏法。 正確にはミュージック・ビデオ用にアレンジされた「秘密 for DJ」。 毎年4月の第3土曜日に世界同時開催されるレコードの祭典。 (カトクンリー)率いる。 どちらも元東京事変のとともに参加。 のとのコンビで参加。 ヴォーカルが須藤、ギターに長岡、にgomes(FAB)を擁したトリオ編成。 ピアノのとの・コンビでサポート。 元東京事変の伊澤一葉とともにサポート。 出典 [ ]• 東京事変 2007年7月10日. インタビュアー:小野田雄. 2016年8月10日閲覧。 在日ファンク 2012年10月3日. インタビュアー:柴那典. 2017年3月29日閲覧。 com FLASH! 2012年11月7日. インタビュアー:大石始. 2017年3月29日閲覧。 2017年3月31日閲覧。 Skream! 2017年11月28日. 2017年12月17日閲覧。 2017年10月10日. 2017年10月26日閲覧。 インタビュアー:三宅正一. 2016年8月10日閲覧。 インタビュアー:中津海麻子. 2017年10月3日閲覧。 2013年7月15日閲覧。 インタビュー. Art Yard. 2017年3月29日閲覧。 2017年5月30日. 2017年3月31日閲覧。 椎名林檎『性』. 2016年8月10日閲覧。 J-WAVE WEBSITE 2010年2月21日. 2013年7月15日閲覧。 2007年8月19日. 2017年12月17日閲覧。 CDジャーナル 2013年3月12日. 2017年1月15日閲覧。 RO69. 2014年12月28日. 2017年1月15日閲覧。 , エフ・ビー・コミュニケーションズ 2015年11月19日. 2016年8月10日閲覧。 2016年7月13日. 2016年8月10日閲覧。 J-CASTニュース 2016年9月19日. 2016年9月20日閲覧。 2017年10月20日. 2017年12月17日閲覧。 東京事変 2007年7月10日. インタビュアー:小野田雄. 2016年8月10日閲覧。 東京事変. インタビュー. の2005-11-25時点におけるアーカイブ。 2016年8月10日閲覧。 2016年6月18日. 2016年8月10日閲覧。 ギターマガジン2010年3月号。 ベースマガジン2007年11月号。 com FLASH! 2012年11月7日. インタビュアー:大石始. 2017年3月29日閲覧。 2015年11月1日. 2016年8月11日閲覧。 2013年7月15日閲覧。 One on One Produced by Guitar Magazine. 2014年3月6日. 2017年1月15日閲覧。 FLYING POSTMAN PRESS 2014年7月20日. 2017年1月15日閲覧。 2016年2月20日. 2016年8月10日閲覧。 2013年8月18日. 2015年11月24日閲覧。 2016年6月24日. 2016年8月10日閲覧。 2015年8月29日. 2015年11月24日閲覧。 2016年12月13日. 2017年2月10日閲覧。 2015年1月31日. 2015年11月24日閲覧。 natalie. 2013年3月19日. 2013年3月19日閲覧。 OTOTOY 2012年11月21日. 2013年7月15日閲覧。 ガジェット通信 2016年4月18日. 2016年8月10日閲覧。 2012年9月1日. 2013年7月15日閲覧。 外部リンク [ ]• nagaokaryosuke -.

次の

東京事変 | BIOGRAPHY

東京 事変 浮雲

2004年、椎名林檎が東京事変の活動を表明。 フジロックフェスティバルに初参戦、ホワイトステージのヘッドライナーを務め、入場規制がかかるほどの衆目を集める。 デビューシングル「群青日和」、1stアルバム『教育』をリリース。 05年、伊澤一葉 Key. と浮雲 G. が参加、現メンバーが揃い制作した2ndアルバム『大人 アダルト 』がチャート第一位を獲得。 06年、08年には複数のアーティストを招いてのイベント「SOCIETY OF THE CITIZENS」を主宰した。 07年3rdアルバム『娯楽 バラエティ 』、10年4thアルバム『スポーツ』、11年5thアルバム『大発見』とテレビのチャンネル名を冠したオリジナルアルバムをリリース。 2012年1月解散を発表。 メンバー全員が夫々作詞作曲した楽曲を持ち寄ったラストアルバム『color bars』リリース。 2月に「東京事変live tour 2012 Domestique Bon Voyage」を開催、2月29日の日本武道館公演をもって活動を終了する。 vox椎名林檎 シイナリンゴ 1978年11月25日生まれ 午年 福岡市出身 1998年デビュー 2000年リリースの2ndアルバムが250万枚を超えるセールスを記録。 04-12年、東京事変の活動を並行。 17年、東京2020開会式・閉会式 4式典総合プランニングチームのメンバーに就任。 19年、オリジナルアルバム「三毒史」、及びベストアルバム『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』をリリース。 bass亀田誠治 カメダセイジ 1964年6月3日生まれ 辰年 NY出身 89年、アレンジャー、プロデューサー、ベースプレイヤーとして活動を始める。 これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、大原櫻子、GLIM SPANKY、山本彩、石川さゆり、MISIAなどのプロデュース、アレンジを手がけ、2007年・2015年に日本レコード大賞編曲賞を受賞。 2009年、2013年に自身初の主催イベント「亀の恩返し」を開催。 2019年、フリーイベント「日比谷音楽祭」を手掛け10万人を動員。 2020年には第2回目の開催を予定。 近年では様々なコンテンツを通じて次世代へ音楽の素晴らしさを伝えている。

次の