リクルートライフスタイル 面接。 リクルートライフスタイルの採用HP・面接から考える求める人材

【リクルートライフスタイルの面接とは?】知っておくべき情報をご紹介

リクルートライフスタイル 面接

関連相談• リクルートライフスタイルの面接についての口コミ 次にJobQに寄せられたリクルートライフスタイルについての口コミをご紹介します。 リクルートライフスタイルの中途採用の最終面接の雰囲気は? リクルートライフスタイルへの転職を考えています。 リクルートライフスタイルの中途採用で、最終面接いくのですが、どんな雰囲気だったのか、どんな質問されるのか経験された方教えて頂きたいです。 リクルートライフスタイルで最終面接を受けたことがあります。 最終面接の予定ということですので、既に何度か面接経験があると思いますが、一次面接などの雰囲気とそこまで変わらないと思いました。 何故、うちで働きたいのですか?などのような単純な質問をされたことを覚えています。 応募される職によっても違うと思いますが、難しい質問をされたとは思わなかったですね。 私が、面接にむけて準備したことと言えば、リクルートライフスタイルが運営しているサービスを調べること 、競合を調べること、自分のこれまでの経験、キャリアについて見つめ直すことなどですね。 是非、面接が上手くいけばと思います。 リクルートライフスタイルの質問は、何故リクルートライフスタイルで働きたいかについて聞かれるみたいですね。 面接対策として ・リクルートライフスタイルが運営しているサービスを調べること ・競合を調べること ・自分のこれまでの経験、キャリアについて見つめ直すこと 以上が挙げられています。 そのため自己分析と企業分析、業界分析は必須と伺えます。 また最終面接も一次面接などの雰囲気とそこまで変わらないようですので、落ち着いて面接に挑みましょう。 関連相談• リクルートライフスタイルの選考フローについて リクルートライフスタイルの選考フロー Step. 1 「応募ページ」よりエントリー Step. 2 書類選考 Step. 3 面接(2~3回)・SPI試験 以上になります。 リクルートライフスタイルでは、最初に「応募ページ」よりエントリーを行います。 次に書類選考をします。 リクルートライフスタイルの意向次第で、面接が2回もしくは3回とSPI試験を面接と同じタイミングで行います。 こちらの情報を見て現在どの職種が募集されているか確認してみましょう。 リクルートライフスタイルが現在募集している職種 企画職種• プロデューサー・ストラテジープランナー• 新規事業開発責任者• etc... マーケティング職種• 集客マネジメント ストラテジスト• アプリプロモーション ストラテジスト• etc... データ職種• データアナリスト• データプランナー エンジニア職種• WEBアプリケーションエンジニア(テクニカルリード)• etc... 中途採用情報は都度更新されるので、リクルートライフスタイルに中途採用を希望している人はまめにチェックするようにしましょう。 就職や転職を考えている方はぜひご参考にしてください。

次の

リクルートに転職|元社員が選考難易度や面接対策を暴露します!

リクルートライフスタイル 面接

リクルートライフスタイルでの営業の仕事内容 リクルートライフスタイルの営業は、新規開拓営業と既存顧客のフォローをメインとするルート営業で完全に分かれていることが特徴です。 営業が販売するサービスは、基本的に以下の3つです。 クライアントは美容業界、飲食業界、旅行業界がメインで、個人経営から、全国に拠点を置くチェーン店まで含まれるので、対象は非常に幅広いと言えます。 商材は無形商材である「広告」で、ホットペッパーやじゃらんの媒体にクライアントの広告を掲載することで、経営をサポートします。 また、ユーザーに対しては美容院や宿など、美容・宿泊サービスを中心に展開。 メニューやプランなどを充実させ、幅広い商品を提供しています。 法人や個人事業主へ営業する際は、「リクルート」という企業ブランドや媒体の知名度が高いため、アポイント自体を取ることは比較的簡単と言えます。 ただし商材となる広告は、掲載後の効果を確約することができません。 ここに無形商材ならではの販売の難しさがあります。 ・媒体への豊富な知識や深い理解 ・これまでのクライアントの様々な導入実績から導き出せる仮説をしっかり説明 ・導入におけるメリットとデメリットをご理解いただいたうえで契約する ことが重要です。 筆者はリクルートライフスタイルで、ホットペッパービューティーの新規開拓営業をしていました。 1日の仕事の流れ ではリクルートライフスタイルの営業の1日のおおまかな流れを紹介します。 9時30分までの出社と朝のチーム内ミーティング 朝会 以外は人によるでしょう。 リクルートライフスタイルの営業は、1日の行動の目標値 KPI、テレアポや商談 でポイントが決められています。 その目標値を達成すれば、極論いつ、どこで働いても構わないのです。 当然セルフマネジメント力を求められますが、基本的に自由な働き方ができます。 中途入社した営業のキャリアパス 中途社員の比率の多さはリクルートグループの特徴の1つです。 特に営業の部署は3年契約の契約社員が多く、年齢・経歴ともに様々な人が集まります。 そんなリクルートライフスタイルの営業のキャリアパスは、どのようなものか解説していきます。 入社直後の仕事や研修 入社後には数日間かけて、一通り媒体の説明がされます。 その後先輩のアポイントに2度同行して、商談の流れを知れば研修はほぼ終わりです。 筆者は前職でルート営業をしていて勝手が分かっていたため、研修がそこまで手厚くありませんでした。 通常はこの間、半年かけて直属の上司やOJTの先輩について営業に回ります。 入社して半年が経過すると、さまざまな研修を受けられるようになります。 (LBS:ライフスタイル ビジネス スクール)財務諸表の見方、企画書作りのテクニック、Excelの基本的な使い方、タイムマネジメントのやり方など、その内容は多岐に渡ります。 自分にとって必要で、受けたいと思うものは何でも受けることが出来ますが、人気の講座は抽選になることもあります。 とはいえリクルートライフスタイルでは基本的に、自分から学ぶ姿勢が求められます。 わからないことは先輩や上長に積極的に確認し、理解することが重要です。 2年目以降の働き方 2年目以降、安定して契約が取れるようになればマネジメント業務も増えてきます。 リクルートでは入社して2年目でも、チームマネジメントの役割を担う社員が少なくありません。 筆者の場合は、チーム長を補佐する役割を担いました。 具体的にはチームで受注できていない人の同行やロープレ、またチーム長と下の年次の人をつなげる役割を果たしていました。 昇進後の働き方 昇進後は自らの営業の数字もありますが、特にマネジメント業務が多くなります。 リクルートライフスタイルでは、社員が半年に一度上長と面談し、自分がやりたいことや今後のキャリアをじっくり話し合う時間が設けられます。 チームの直属の部下以外にも、他の部署の社員を評価することもあるため、社員をしっかり見ていることが求められるのです。 リクルートライフスタイルの営業部の魅力 リクルートライフスタイルの営業部で働く魅力は様々あると思いますが、他の社員との共通認識としてあったのは「自由な働き方」ができることでした。 成果を出せば、どこで、どのように働いていても何も問われません。 極論、KPIを達成していれば何をしていても問題はありません もちろん、KPIだけで成果を出していなければ改善を求められますが。 定型化した働き方よりも、自分なりに考えて動ける働き方を好む人には最適な環境だと言えます。 個人の業績に応じたインセンティブの仕組み インセンティブを得られる方法は3つあります。 つまり月間目標が1件、クオーター目標が3件とした場合、1ヶ月で3件契約を受注したら、月間とクオーターインセンティブの両方を獲得することができるという仕組みです。 働く環境 オフィス環境・ルール整備・風潮など 1日の流れでもお伝えしましたが、セルフマネジメントができる人にはこの上なく働きやすい環3境だと言えるでしょう。 オフィスはフリーアドレスなので、資料作りやテレアポなども場所は決められていません。 社内で自らのチームや他のチームの人と一緒にテレアポすることもあれば、社外で1人でする人もいます。 自由な働き方をしつつも、その日の自分や他のチームメンバーの行動記録を共有することで、組織として機能しているのです。 リクルートライフスタイルの営業で成長できる部分 最も成長できる部分は「自ら考え行動する力」でしょう。 筆者は入社してから同行を2回してもらったきりで、その後は先輩の真似をしながら試行錯誤の日々でした。 また、チーム長の補佐をしている際はチームのメンバーに実施した研修が好評だったので、部署全体で研修をしたいと提案したとき、すぐに了承されました。 行動すれば自分のやりたいことをやれる土壌があるため、社員は自分の考えを持って自発的に行動するようになるのです。 同期や周りではどんな経歴の人が活躍していたか 筆者の同期で活躍していた人は、ノルマはもちろん、マネジメントスキルに長けている人が多かったです。 だからといって全員が始めからマネジメントスキルを持っていたかというと、そうではありません。 広告業界や営業経験のある人以外でも、前職で美容院をしていた、バイトでリーダーを任されていたという人も活躍していました。 ノルマを達成する社員は年次関係なくマネジメント業務を任されるため、早期からマネジメントスキルを身に着けることが可能です。 リクルートライフスタイル営業部社員の活躍事例 具体的な活躍事例として、筆者の同期 契約社員・CV職種 のお話をします。 入社3年目でノルマも毎月達成し、チームリーダーの補佐をしていました。 リクルートライフスタイルでは個人ノルマを安定して達成する社員は、比較的早くマネジメント業務に携わることができます。 ノルマを達成できていない他のメンバーのロープレや同行をしており、インセンティブもあったため、年収は約500万円でした。 契約社員の場合、チームでの位置づけは変わりますが、職種が変わることはありません。 営業の勤務規定 全国に事業所があります。 また、営業は基本的には契約社員であるため希望の事業所で働くことができます。 勤務地 転勤はありません。 その事業所で採用された場合、転勤を言い渡されることはありません。 給与レンジ 入社時年収は400万円台からスタートします。 地域によって基本給に若干の差があり、関東圏が最も高く、次いで関西圏や名古屋が高いです。 2年目以降、3年目になると500万円台に昇給する人が増えます。 契約が取れるようになる2年目や3年目は、インセンティブを獲得できる人も増えるため、年収格差が広がる傾向にあります。 3年の契約を満了した際には、キャリアアップ支援として100万円が支給されます。 営業スキルとマネジメントスキルを得られる リクルートライフスタイルでは、営業力はもちろん、若くしてマネジメントスキルを得ることができます。 これほどの規模の企業で、中途入社2年目や3年目に部下を持つことは他企業ではそうそうできない経験です。 営業経験を活かしながらマネジメントも学んでいきたいという方には最適な企業と言えるでしょう。 リクルートライフスタイルへ転職するには リクルートライフスタイルの営業について理解は深まりましたか? リクルートライフスタイルへ転職したい方は、リクルートライフスタイルへの転職実績がトップクラスのエージェントへの相談が転職成功への近道となるでしょう。

次の

【面接対策】リクルートライフスタイル 1次面接

リクルートライフスタイル 面接

現在リクルートライフスタイルのCV職を受けており、次回最終面接になります。 所要時間が1時間ということで、かなり深堀をされると覚悟はしていますが…不安なことがあり質問させて頂いきます。 3年後どうなりたいか質問されると思いますが、私にはまだ具体的にこれがやりたい!起業したい!と言うものがありません。 もちろんしっかり学べる環境で営業マンとして成長したいと思うから応募しました。 具体的なビジョンがなくても、成長したい、力を付けたいという返答でも大丈夫でしょうか。 現在リクルートライフスタイルのCV職を受けており、次回最終面接になります。 所要時間が1時間ということで、かなり深堀をされると覚悟はしていますが…不安なことがあり質問させて頂いきます。 3年後どうなりたいか質問されると思いますが、私にはまだ具体的にこれがやりたい!起業したい!と言うものがありません。 もちろんしっかり学べる環境で営業マンとして成長したいと思うから応募しました。... リクルートライフスタイルのCV職の最終面接なのですね。 頑張ってください! これがやりたい、起業したいというものがないということですが これは無理に探さなくてもいいと思います。 それこそ、深掘りされたら、グラついてしまうと思いますので。 また、リクルート=起業と思う方も多いですが、 CV職を卒業した後、企業に転職しているかたの方が多いのが実状です。 さて、最終面接で何を話すかですが、 「どうなりたいのか」について話してはいかがですか? 今の仕事を続けていてはなれない自分に 転職を通して変わりたいと思ったから、転職されるのだと思います。 今回の転職によって成長した結果として「どうなりたいのか」を話してください。 そのようになりたいと考えた理由も説明できるようにしておくとよいと思います。 3年後に何をやりたいのかを話すのは難しいと思いますが、 どんな自分になりたいのかは話せるのではないでしょうか。 どのように成長したいのか、どんな力を付けたいかを話してみてください。 「3年後どうなりたいか?」について、面接で明確なビジョンを示せないと不安に思われている方は多いと感じます。 よく面接で「何をしたいか?」「将来のキャリアビジョンは?」と質問されると、 仰々しい目標やビジョンを掲げなければと思い込む方は多いですが、 実は、面接官はそう言ったことを求めているわけではありません。 キャリアビジョンには、DoingとBeingの2つがあると思っています。 Doingとは、「to do」、つまり「〜する」です。 Beingとは、「to be」、つまり「〜である」です。 前者のようなDoing型のキャリアビジョンを持った人はほとんどいないと思っています。 後者のBeingで構いません。 仕事やビジネスパーソンとして、3年後は、「こうありたい」「こんな自分になっていたい」というのは、 仕事のスタンスや価値観で構わないのです。 例えばですが、Beingが、 「顧客に価値提供し続けられる自分でありたい」だとするならば、 入社後に、リクルートで営業として経験を積んでいく中で、 1年後と3年後では、顧客に価値教できる数も質も変化しているはずですよね? 顧客に価値を提供するといった観点で、 1年後には、3年後には、こんな事ができていたい、できていなければ行かない、と言った視点で、 自分の言葉に落とし込めていると良いのではないでしょうか。 以下については、「成長したい、力をつけたい」でも良いと思うのですが、 より具体的に定義はできると思います。 >具体的なビジョンがなくても、成長したい、力を付けたいという返答でも大丈夫でしょうか。 例えば、以下のようにより自分なりの定義はできるはずです。 ・具体的にどのような方向・ベクトルに成長したいのか? ・どれくらいの時間軸と、どれくらい成長したいのか? ・なぜ成長したいのか? ・成長できたとして、その成長した実力を使って、何をしたいのか? そこまで具体化しておく事が重要と思います。 コンプリートの松尾です。 ご質問に回答させていただきます。 おっしゃる通り、CV職としての3年を経た後に、どうなりたいか、 ということは問われると思います。 その回答として、具体的なビジョンがあるに越したことはありませんが、 必ずしも必須ということではないかと思います。 「なぜ営業を希望するのか」 「なぜ成長したいのか」 「そもそも、あなたにとって成長とは何ができるようになることなのか」 といった深堀り質問にも、しっかりと自分の考えを話せるようにしておく必要はあるかと思います。 リクルートグループの面接では、 「モチベーションの源はどこにあるのか」 「この方は、どういうことのためなら必死に頑張れるのか」 ということも見ていますので、それが伝われば、チャンスを得られる可能性も高まるかと思います。 かわわさんの最終面接が良い場になることを願っております。

次の