中村倫也 映画。 佐藤浩市主演、石田ゆり子&西島秀俊&中村倫也ら豪華共演で傑作サスペンス小説映画化

中村倫也おススメの映画は?自宅動画が猛反響

中村倫也 映画

河瀨直美監督(河瀨の瀨は瀬の旧字体)を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から準グランプリに選ばれた作品『人数の町』。 主演に、今最も勢いのある俳優・中村倫也。 そして、令和版「東京ラブストーリー」での赤名リカ役が話題の石橋静河、本作で映画初出演となる「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」の立花恵理、「映像研には手を出すな!」に出演中の山中聡などフレッシュな面々が顔を揃える。 監督・脚本は、松本人志出演の「バイトするならタウンワーク」のCMやMVなどを多数手掛ける荒木伸二が初の長編映画に挑戦する。 また、この度本作のポスターと場面写真が解禁。 「部屋に入ったらこの町のガイドであるバイブルを熟読すること」という謎の文字列が印象的なポスターに使用された写真には、顔に傷を負った中村、黄色のつなぎを着た山中、水着姿で腕を組む立花、キスをしようとする中村と石橋、ツノをつけた怪しいおじさん、入院着のようなものを着用しカウンターに座る面々、など意味深な画像で埋め尽くされている。 中村が寝ながら読んでいるのがバイブルなのか?そこに書かれているものとは?タイトルの「人数の町」とは?謎だらけの好奇心を刺激されるビジュアルとなっている。 ポスターは明日6月19日(金)より新宿武蔵野館ほか、全国の映画館で掲出予定。 <中村倫也 コメント> こういった角度の矢印を持った日本映画は、今まで無かったかもしれません。 完成した作品を観たとき、この作品をどう言葉にして説明すれば良いのか、考えさせられました。 時間が経って、撮影当時のことなども思い出していくと、「もしかしたらちょうど今、世に出るべき作品なのかもしれないな」と感じています。 僕にとって早く観てもらいたい作品、というより、早く反応を知りたい作品、です。 <Story> 借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、黄色いツナギを着たヒゲ面の男に助けられる。 その男は蒼山に「居場所」を用意してやるという。 ninzunomachi.

次の

映画「影裏」ネタバレ感想~女装・中村倫也の出演は3分くらい

中村倫也 映画

2005年に俳優デビューし、今年で役者人生15年目を迎える中村倫也。 今でこそ映画・テレビドラマ・舞台・CMと、彼の顔を見ないときはないほどの人気俳優だが、その道のりは決して順風満帆ではなかった。 長い雌伏のときを耐え抜いてきた。 しかし、だからこそ中村の演技には、今年33歳とは思えぬ熟練の風格が漂う。 少年のようにイノセントなキャラクターから、狂気が実体化したような危険な人物まで演じられる、当代きっての「引き出しの多さ」は、彼ならではの武器だろう。 見逃せない男、中村倫也。 今回は、彼の近年の出演映画の中から、10作品を厳選して紹介する。 Index• 中村にとって、『SPINNING KITE』(13)に続く2度目の主演映画。 「星ガ丘駅」の駅員として働き、落とし物の管理などを行う青年が、20年前に失踪した母の死の真相を探るヒューマンミステリーだ。 中村は、自分のもとを去った母の幻影に囚われた、ナイーブな主人公をきめ細やかに表現。 胸の内には激しい感情を抱えながらも、なかなか表出させることができない複雑なキャラクターをしっかりと演じ切っている。 新井浩文、佐々木希、菅田将暉、杏、市原隼人、木村佳乃、松重豊といった豪華な面々も出演している。 なお、中村は同年の『日本で一番悪い奴ら』で、ドラマ『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。 』(15)に続いて白石和彌監督の現場に参加。 正義感がこじれて汚職に手を染める警察官(綾野剛)に振り回される、気弱な刑事を演じている。 その後、記憶に新しい同監督の代表作『孤狼の血』へと繋がっていく。 2016年はシリアスなキャラクターを多く演じており、テレビドラマ『闇金ウシジマくん Season3』では周囲を洗脳する狂気じみた詐欺師役に挑戦した。 『愚行録』(17) 監督:石川慶 120分 妻夫木聡と満島ひかりが兄妹を演じた衝撃的なサスペンス。 サラリーマンの一家惨殺事件を調べる週刊誌の記者が、人間の醜い本性を目の当たりにしていく。 世間を騒がせた一家惨殺事件から1年。 未だ謎が多い事件を再調査するべく、主人公の記者(妻夫木)は関係者に取材を開始。 証言をする側の人間が嫉妬や羨望、打算、利己といった欲望にまみれているのが、本作の大きな特徴。 中村は、殺された一家の妻の大学時代の同期を怪演。 快活な青年に見せかけてどす黒い顔を持つ複雑なキャラクターを、絶妙なコントラストで演じている。 タイトルにもあるとおり、人々の「愚行」をダークに描く本作。 『ユージュアル・サスペクツ』(95)を彷彿とさせる冒頭シーンや、意表を突いた展開など、演出・構造面でも非常に完成度が高い一作だ。 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(17) 監督:三木 孝浩 113分 生田斗真と広瀬すずが教師と生徒を演じたラブストーリー。 青春恋愛映画の名手・三木孝浩監督が、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 』の脚本家・岡田磨里とタッグを組んだ。 原作は、河原和音の人気マンガ。 17歳の女子高生が、初めて抱いた「恋」という感情。 しかし、その相手は教師だった……。 ぎこちなくもまっすぐに、想いを伝えるヒロイン・響を広瀬が瑞々しく演じ、生田が響の将来を第一に考え、苦悩する教師・伊藤を丁寧に表現。 本作で中村が扮したのは、伊藤の同僚。 学校内の人気者であり、響の同級生にも好意を寄せられるが、本人は職場の教師を好きで……という、伊藤の鏡写しのようなキャラクターだ。 余談だが、中村の2017年後半は軽妙な棋士をひょうひょうと演じた『3月のライオン』、清水富美加・松井玲奈が漫才コンビを演じた『笑う招き猫』(17)、なぎなたを題材にしたスポーツマンガの実写映画化『あさひなぐ』(17)など、明るい雰囲気のキャラクターや作品が続いた。

次の

中村倫也主演映画『人数の町』9月公開 石橋静河、立花恵理、山中聡ら共演

中村倫也 映画

篠原涼子主演「アンフェア」シリーズの原作者である秦建日子の最新作「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」が、佐藤浩市主演で映画化されることが決定した。 本作は、「アンフェア」の原作「推理小説」や、「天体観測」「ドラゴン桜」などのドラマ脚本も手掛ける秦氏の2016年に発売された小説「And so this is Xmas」が原作。 ジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされたこの原作の舞台は、クリスマス・イブの東京。 突如勃発した「連続爆破テロ事件」でパニックに陥る日本、そして事件へと巻き込まれていく登場人物たちの様々な思惑が交錯する、複数の視点で展開されるノンストップ・クライムサスペンス小説。 映画化するにあたって、より作品の世界観を伝えるタイトルへと一新、文庫化もされる。 今回映画化で主演を務めるのは、来年は東日本大震災時の福島第一原発事故という重厚なドラマを描く主演作『Fukushima 50』が公開を控える 佐藤浩市。 現在『マチネの終わりに』が公開中の 石田ゆり子。 「アンフェア」ほか、これまでも数多くのサスペンス作品に出演してきた 西島秀俊が参加。 佐藤さんは本作について「戯曲を映像化する面白さと難しさがある作品です」と語り、石田さんは「一年で一番幸せな空気に包まれるクリスマスの夜。 その日にもし、東京でテロが起きたら。 登場人物の様々な視点で描かれる予測不能な展開に、私はこの作品に込められた人とのつながりと愛について深く考えさせられました」と物語の印象を明かす。 「監督ならではの娯楽性の高さとスケール感に今から期待を膨らませています」とワクワク感を語った西島さんは、「クリスマスで賑わう街並みが、一瞬にして緊張と不安に包まれてしまう。 その大掛かりなフィクションの世界に、観客の皆様と深く入り込んでいきたいと思っています」と意気込んでいる。 さらに、連続テレビ小説「半分、青い。 」や「凪のお暇」などでいま大注目の 中村倫也、メインキャストで出演した「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」が話題となった 広瀬アリス、「集団左遷!! 」ほか話題作への出演が続く 井之脇海、そして「ど根性ガエル」『銀魂2 掟は破るためにこそある』の 勝地涼が名を連ねる。 監督は、「SP 警視庁警備部警護課第四係」の演出を手掛け、その劇場版2作品の監督も務めた波多野貴文。 『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』は2020年冬、全国にて公開予定。 《cinemacafe. net》.

次の