マイ ボディーガード 実話。 マイ・ボディガード: Yutalog 〜ここでおいらは放置プレイ about jazz

マイ・ボディガード: Yutalog 〜ここでおいらは放置プレイ about jazz

マイ ボディーガード 実話

生きる希望を与えてくれた少女を誘拐された男の復讐を描く、製作、監督、主演、、、、、、、他共演のサスペンス・アクション。 誘拐保険に入っている富豪が狙われ、大金を払った家族は、運がよければ人質を取り戻すことができた。 2003年、州、。 部品工場を経営する富豪のサムエル・ラモス()は、誘拐保険を更新するにはボディーガードを雇う必要があることを、弁護士のジョーダン・カルフス()から知らされる。 前向きでないサムエルに、適当な人物を雇い更新後に解雇すればいいので、娘が安心して学校に通えるようになれば妻の顔が立つと言われる。 レイバーンからボディーガードの仕事を勧められたクリーシーは、サムエルに会う。 対テロ活動に従事した16年間のクリーシーの軍歴などに驚くサムエルは、自分を安売りする理由を尋ねる。 酒だと答えたクリーシーは、判断力と反応が鈍いと正直に答え、プロに狙われた場合は最善を尽くすが、報酬以上のことはできないと伝える。 酒のことは秘密にすると言うサムエルは、妻にも話さないとクリーシーに伝えて屋敷に向かう。 妻のリサ()にクリーシーを紹介したサムエルは、履歴書を彼女に渡す。 家族がいないことも確認したリサは、クリーシーに娘のピタ()を紹介する。 クリーシーを部屋に案内するようピタに指示したリサは、雇うことをサムエルに伝える。 その夜、ベッドに入ったピタにクリーシーのことを尋ねたリサは、寂しそうだと言われる。 日本企業の業績が不振なため、アメリカ企業を選ぶか迷っていたサムエルは、悩みをリサに伝える。 翌朝、学校までの道筋を確認していたクリーシーは、バードを放してしまう。 ピタを乗せて学校に向かうクリーシーは、質問する彼女の言葉を遮り、仕事に集中したいと伝える。 最近、起きた誘拐のことなどを知るピタのことを気にするクリーシーは学校に着き、校長のシスター・アナを紹介される。 遅刻したことをシスターに注意されたクリーシーは、自分の仕事は必要悪だと言われて、その通りだと答える。 街で暇をつぶしてピタを迎えに行ったクリーシーは、彼女の質問を制止する。 仕事だと言われたピタは、急停車した車から降りて後部座席に座ってしまう。 屋敷に戻ったクリーシーは、リサが現れたために酒を隠し、必要なものはないかと訊かれる。 聖書に気づいたリサは、クリーシーがそれを時々読むことを知る。 ピタのことを話したリサは、クリーシーに子供がいないことを知り、ピタは友達を欲しがっていると伝える。 仕事は護衛であり、友達ではないので社交的な者を選ぶべきだと言われたリサは納得し、明日は自分も一緒に行くと伝えてその場を去る。 その後、酒を飲みながら苦しむクリーシーは、銃口をこめかみに当てて引き金を引くものの不発だった。 レイバーンに電話をしたクリーシーは、9ミリ弾が不発だったことがあるか尋ねる。 クリーシーの苦しみを理解するレイバーンは、それを気にしながら電話を切る。 雨の中、涙する自分を見つめるピタに気づいたクリーシーは、部屋に戻り、不発だった弾丸をマッチ箱に入れて保管する。 翌日、リサとピタを乗せて学校に向かったクリーシーは、尾行する車に気づく。 ピタに鉛筆を借りたクリーシーは、ナンバーを控えようとするものの確認できず、急停車した間に後方の車は追い越していく。 水泳が得意のピタの体育の授業を見学したクリーシーは、泳ぎは早いがスタートが遅いことを指摘する。 クリーシーは、それを修正して大会には必ず勝つとピタに伝える。 それを見ていたクリーシーは、ピタが騒ぐ声が聴こえたために窓の外を確認し、バードが戻っていることに気づき、うるさかったので放したとピタに伝える。 仕事でに向かう両親を見送ったピタは、クリーシーと共に水泳の特訓を始める。 宿題をしていた際、クリーシーが一瞬、笑ったことに気づいたピタは彼をからかい、二人は、その後も水泳の練習を続けながら親交を深める。 戻った両親から犬をプレゼントされたピタは喜ぶ。 クリーシーとピタが友達になったことを知ったリサは、それを嬉しく思う。 練習の甲斐があり、水泳大会で優勝したピタは、クリーシーと共に喜ぶ。 ピアノをやめたいことをサムエルに伝えたピタだったが、許可してもらえなかった。 仕方なくレッスンに向かったピタは、鉛筆を貸した日に、尾行していた車のナンバーを確認しようとしていたことを知っていたとクリーシーに伝える。 自分も最後の一桁以外はメモしたことを伝えたピタは、ピアノ教師を不愉快にさせてレッスンをやめる方法を教えてもらう。 ピタをレッスンに向かわせて1時間待つことになったクリーシーは、彼女の愛犬サムと暇を潰す。 暫くすると、現れたパトカーが道を塞ぎ、尾行した車を確認したクリーシーは、レッスンを終えて出て来たピタを避難させて銃を構える。 警官に撃たれたクリーシーは反撃し、何人かを倒すものの、再び銃弾を受ける。 取り乱すピタはクリーシーに駆け寄るが、男達に連れ去られる。 一命を取り留めたクリーシーだったが、警官を射殺したために逮捕され、誘拐の関与も疑われる。 記者会見をするラミレス本部長に質問したマリアナは、射殺された警官が事件当時、非番だったにも拘わらず現場にいた理由を尋ねる。 リサと共に悲しみを堪えるサムエルは、事件を担当する誘拐課のヴィクター・フエンテス警部補()に声をかけられる。 カルフスから独力で解決すると言われたフエンテスは、上層部からの指示を受けていることを伝えて、身代金引き渡しの件などを話し合う。 クリーシーの様子を見に病室に向かったレイバーンは、現れたマンサーノに友人だと伝える。 同じ頃、犯人のダニエル・サンチェス(ロベルト・ソサ)からの電話を受けたサムエルは、娘を取り戻したければ指示に従えと言われる。 意識が戻ったクリーシーに、4人倒したことを伝えたレイバーンはピタのことを訊かれ、2日経ち犯人と交渉中だということを知らせて、生きるようにと言って励ます。 再び犯人からの電話を受けたサムエルはカルフスに代わり、用意した1000万ドルは銀行で黒い袋に2つに分けて屋敷に運び、運搬車に積み込むことを伝える。 犯人の指示を受けたサムエルは、フエンテスと共に現金を運ぶ。 危険を感じたマンサーノは、クリーシーを病院から運び出すようレイバーンに指示する。 ある車のトランクに現金を入れて戻るよう指示されたサムエルだったが、待ち構えていた男達が銃撃戦を始める。 屋敷に戻り犯人からの電話を受けたサムエルは、裏切りで甥が殺されたことを知らされ、娘は神の元に送ると言われる。 受話器を奪ったリサは、犯人に娘を殺さないでほしいと伝えるものの、それを断られる。 取り乱すリサは、その場にいたフエンテスらを罵り出て行かせる。 ピタが殺されたことをレイバーンから知らされたクリーシーはショックを受ける。 身代金の引き渡しに邪魔が入り、犯人の甥が殺されてピタが見返りに殺されたということだった。 犯人の情報を入手しようとするマンサーノから汚職警官の写真を見せられたクリーシーは、見覚えがある男を無視する。 何とか動けるようになったクリーシーを軍病院に連れて行こうとしたレイバーンは、尾行してくるマリアナを誘拐現場に連れて来てほしいと言われる。 マリアナと話したクリーシーは、エルマンダーは政府の幹部や汚職警官の組織であり、自分は近づくことができないので、暴露記事に協力してほしいと言われて、彼女から名刺を受け取る。 レイバーンに武器の手配を頼み屋敷に戻ったクリーシーは、荷物をまとめてピタの部屋に向かう。 ピタの手帳を見つけたクリーシーは、犯人の車のナンバーが書いてあることを確認し、現れたリサに荷物を取りに来たと伝える。 聖書がここにあると思ったと言われたリサは、自分が借りたと伝えて、母親として何もしてあげられなかったことを後悔する。 自分は役目を果たすと言うクリーシーは、犯人と事件に関わった者全てを殺すとリサに伝える。 殺してほしいというリサは、ピタのクマのぬいぐるみをクリーシーに渡す。 その後クリーシーは、武器を手に入れて復讐の準備をする。 クリーシーからの連絡を受けたマリアナは、下一桁が不明の車のナンバーを調べるようにと指示される。 、連邦捜査局。 マンサーノに会ったマリアナは車捜しに協力してもらい、誘惑されながら情報を受け取る。 その情報を基に、マンサーノの写真で確認していた犯人の一人で汚職警官のゴンザレスの所在を突き止めたクリーシーは、銃を向けて車で郊外に向かわせる。 ゴンザレスを痛めつけて両手をハンドルにテープで固定したクリーシーは、指をナイフで切り落として脅す。 事件現場を調べたマンサーノは、ナンバーから、自分が調べた車だと気づく。 レイブに向かったクリーシーは、ブッチャーにピタの写真を見せて銃を向ける。 奥の部屋に向かいブッチャーを殺したクリーシーは、もう一人の男から報酬が振り込まれる口座のカードを奪い、暗証番号を聞き出す。 身代金は誘拐課の警部補フエンテスが奪ったことを知ったクリーシーは男を殺す。 部屋にいた女から、ボスの弟がピタを痛めつけたと言われ、女の子が生きていることを知ったクリーシーは、その場に案内させる。 誘拐された少女を救い出したクリーシーは、ガスボンベの栓を開けて放火し、クラブに戻り天井に向けて発砲する。 客はその場から避難し、クラブは大爆発を起こす。 マリアナに電話をしたクリーシーは、12歳ぐらいの少女が最近、誘拐されたことを確認し、保護したと伝える。 迎えに来たマリアナにカードを渡し入金者を知りたいと伝えたクリーシーは、暗証番号を教える。 フエンテスが汚職警官であることを確認したクリーシーは、少女らをマリアナに任せてその場を去る。 連邦捜査局。 この件を解決するにはクリーシーに任せるべきだとマンサーノに意見するレイバーンは、そこまでする理由を訊かれる。 レイバーンは、クリーシーにとってピタは、新しい命を与えてくれた存在だと伝える。 通り沿いの老婦人が済むアパートに向かいロケット弾を用意したクリーシーは、フエンテスの車の護衛車を狙い撃ちする。 通りで警官を射殺したクリーシーは、フエンテスを連れ去り高架橋の下に向かう。 フエンテスの肛門に爆弾を仕掛けて5分で爆発するようにセットしたクリーシーは、誘拐犯との関係を吐かせてテープに録音しようとする。 身代金の1000万ドルの内、現金は250万ドルだけで、あとは紙切れだったと言うフエンテスは、屋敷で積み替えたのはカルフスだとクリーシーに話す。 クリーシーはその場を離れ、命乞いをするフエンテスは爆死する。 カルフスの家に向かったクリーシーは、頭部を切断されてプールに浮かぶ死体を発見する。 部屋を調べたクリーシーは用紙切れのファックスに気づき、それをプリントして預金明細書を確認し、サムエルの名前が記載されていることを知る。 それがの銀行だったために、マリアナに電話をしたクリーシーは、アメリカドルの出し入れらしい暗号のようなものの解読を依頼する。 サムエルに会ったクリーシーは、その場にいたリサにグルなのか尋ねる。 誘拐に関与したのか訊かれたリサは話を理解できず、250万ドルしかなかった身代金はフエンテスに奪われ、あとの250万は、既に引き出すことができないカルフスの口座に振り込まれたことをクリーシーは話す。 残りの500万の行方を話すよう指示されたサムエルは、借金まみれの家を相続したことをリサに伝える。 取り乱すリサからピタのことを訊かれたサムエルは、2日で戻ると言ったカルフスがウソをついたので自分が殺したとことを話す。 家族のために誘拐に同意したと言うサムエルだったが、彼を殺すようにとクリーシーに伝えたリサはその場を去る。 銃を空にしてその場に置き、ピタのメモ帳から不発弾を出したクリーシーは、自分は失敗したが君ならできると言って、それをサムエルに渡す。 弾丸を銃に込めたサムエルは自殺し、リサは夫の遺体に歩み寄る。 ボイスの居場所を知り盗み撮った写真を入手したマンサーノは、それを新聞に掲載するようマリアナに指示する。 その夜、男に襲われて銃を向けられたマリアナは、写真を記事にするなと言われて脅される。 マリアナからの連絡を受けたクリーシーは、カードの持ち主がボイスの妻レイナであり、その住所を知らされる。 クリーシーは、ボイスの写真が新聞に掲載されることを知る。 レイナの家に向かったクリーシーは、その場に向かった男()を追う。 男に撃たれたクリシーは、逃げた彼を捕えて連れ戻す。 ポケベルでダニエルを呼び出せると言われたクリーシーは、レイナにそれを指示する。 マンサーノは、その様子を隠しカメラで監視していた。 電波が通じないために屋上に向かったクリーシーは、ダニエルからの電話を受けて、家族を預かっていることを伝える。 ダニエルが金で解決しようとしたために、クリーシーはアウレリオの指を撃って叫び声を聞かせて、家族をバラバラにすると言って脅す。 取り乱すレイナはドラム缶から大金を出すものの、欲しいのは金ではなくお前の命だとダニエルに伝えたクリーシーは電話を切ってしまう。 ダニエルから命と命を交換することを提案されたクリーシーは、ピタの命と自分の命だと言われる。 ピタが生きている証拠を見せろと言うクリーシーは、クマのぬいぐるみの名前を訊くようにと指示する。 マンサーノは、クリーシーの所在がわからなくなる。 リサに電話をしたクリーシーはピタが生きていることを伝えて、場所を知らせて待ち合わせる。 現場に着いたリサは、ピタを迎えに行くクリーシーから、何か起きたらアウレリオを撃てと言われて銃を渡される。 ピタが戻るまでアウレリオを放すなと言われたリサは、自分を待つなとクリーシーから指示される。 クリーシーは相手の車に向かって歩き、その中間でピタは解放される。 叫びながら近づくピタを抱きしめたクリーシーは、彼女の無事を確認して、リサが迎えに来ていることを伝える。 家に帰れると言うクリーシーは、自分も帰ると伝えてピタに手帳を渡す。 大好きだと言われたクリーシーは自分もだと伝えて、ピタをリサの元に向かわせる。 ピタを抱きしめるリサは、アウレリオを解放する。 男達の元に向かったクリーシーは、ピタとリサの無事を確認しながら車に乗せられる。 瀕死のクリーシーは、ピタから贈られたペンダントを手にしながら息を引き取る。 __________ ジョン・W・クリーシー 1956年1月4日生 2003年12月16日没。 2003年12月16日。 誘拐事件が頻発する中、実業家である富豪のサムエルは、誘拐保険を更新するために新しいボディガードを雇う。 サムエルの妻リサから娘ピタを紹介されたクリーシーは、彼女を学校に送ることになる。 仕事に徹するクリーシーは、自分を友達と思うピタの希望に応えることができず、彼女の心を傷つけてしまう。 苦しむクリーシーは死ぬこともできず、ピタとの絆を深める努力をして、彼女から生きる希望を与えられる。 そんな時、ピタが誘拐犯に連れ去られてしまい、銃弾を受けたクリーシーは重傷を負う。 取引の失敗でピタが殺されたことを知ったクリーシーは、レイバーンらの協力を得て復讐を誓うのだが・・・。 この後、名コンビとなるとが、「」(1995)に次いで組んだ作品。 輝かしい軍歴を持ちながら世捨て人のようになり酒に溺れる男が、護衛をすることになった少女との出会いで、生きる希望を与えられていく前半から、忌まわしい誘拐事件に対する、犯人への容赦ない復讐が描かれるサスペンス・アクションとして十分に楽しめる作品。 政府の幹部や汚職警官の組織が犯罪に絡みビジネス化しているという、社会の恐ろしい実態が切実に描かれている。 らしい、キレのいいスタイリッシュな演出と独特の映像感覚、苦しみ抜きながら新たな道筋を見つける主人公を演ずるの深い演技が見所の作品。 北米興行収入は約7800万ドル、全世界では約1億3000万ドルのヒットとなった。 犠牲的な行動により命を落とす主人公の姿は、の兄が監督した「」(2000)の主人公を彷彿させ、同作の音楽を担当したの歌声を聴くと、尚更そう思ってしまったのは私だけだろうか・・・。

次の

『マイ・ボディガード』映画‐メキシコの実話を絡めた骨太アクション。

マイ ボディーガード 実話

心に傷を負って酒におぼれ死にかけている男が、純粋無垢な子供とのきずなを通して、生き返るという見事なドラマツルギー。 行ったことがある人もない人も、「治安が悪そうだ」という印象はあるのではないだろうか。 メキシコやコロンビア、ブラジルなど中南米では、「誘拐」は立派なビジネスとして成立している。 演じるジョン・W・クリーシーは元エリート軍人だが、人を殺し過ぎたのか、心に深い傷を負い、アルコールに逃げる人生を送っている。 そんな彼を見かねた友人のレイバーン(クリストファー・ウォーケン)は、ボディガードの仕事に誘うのだ。 クリーシーが護衛するのは、サミュエル・ラモスの9歳の娘ピタ()であった(この頃のダコタちゃんのかわいさは異常です)。 孤独なピタ(って名前もかわいいよね)は、クリーシーの友達になりたがった。 だが、心の傷がクリーシーを冷たくさせる。 しかし子供の純真な笑顔や行動に瞬く間に癒され、水泳や勉強を教えていくことで絆を芽生えさせていく。 冷徹に拷問を続け、殺し、そして事件の真相に近づいていく。 この拷問シーンが、デンゼル・ワシントンのカッコよさを一番に引き出しているポイントだ。 拷問の時、多少、意図的と感じてしまう方もいるかもしれないが、サンタナの名曲「オエコモバ」が流れるのだ。 犯人の一人の指を切ったところに車のライターを押し付け止血する映像とともに、曲のボリュームがでかくなる。 テンションが上がる名シーンだと思う。

次の

『マイ・ボディガード』映画‐メキシコの実話を絡めた骨太アクション。

マイ ボディーガード 実話

舞台は現代のメキシコ。 治安の悪いメキシコでは 誘拐が立派なビジネスとして成立する程だった。 結果、多少経済的に余裕のある家庭は必ずボディーガードを雇うようにし、 誘拐保険に加入していた。 ジョン・W・クリーシーは16年もの長い間米軍の 対テロ暗殺部隊に所属していた。 長い間そんな生活を続けたせいか、 除隊後クリーシーはアルコール中毒になってしまっていた。 そんなクリーシーに友人のレイバーン クリストファー・ウォーケン は ある少女のボディーガードをするという仕事を紹介した。 実業家のサムエル・ラモス サムエル・ラモス には美しい妻のリサ・ラモス ラダ・ミッチェル と 9歳になる愛娘のピタ・ラモス ダコタ・ファニング が居た。 誘拐がビジネスとして成立し、日常的に発生するメキシコという国では サムエルもまた、その他裕福な家庭と同じようにボディーガードを雇うことに。 そして、今回サムエルに雇われたボディーガードがクリーシーだった。 クリーシーの任務は娘のピタをボディーガードすること。 ピタは『クマ』のような男、クリーシーと友達になりたいと思っていた。 しかし、酒に溺れ生きる希望をなくしてしまったその『クマ』のような男の瞳には無邪気な少女の笑顔も写らず、最初は興味も示さなかった。 ピタに 『君の友達ではない』と言いながら、ひたすらに義務的に自分の仕事をこなしていた。 そんなクリーシーを見てピタは母リサに言った。 『彼はクマに似てる。 大きくて寂しげで。 だが、クリーシーは長い間ピタのボディーガードとして過ごす内に、ピタに心を許し始め、同時 に父親にも似たような感情を抱くようになっていくのだった。 しかし、そんな優しい時間も長くは続かなかった。 ある事件をきっかけに平和だった日常が音を立てて崩れさってしまうことになるのだった…。 映画マイ・ボディガード Man on Fire を見た感想・レビュー 今日は僕の大好きなアクション映画『マイ・ボディガード Man on Fire 』を紹介します! この『マイ・ボディガード』という映画も本当に超おすすめ映画です!! この映画『マイ・ボディガード』は2004年に公開されたアクション映画です。 アクション映画というジャンルで括られていますが、作品の内容自体は 非常にシリアスで、 サスペンス的な要素も満載で、その中に様々な人間のヒューマンドラマが詰め込まれています。 本当におすすめ映画です!! この映画を初めて見たのは僕が確か20代前半くらいだったと思うのですが、 その時の気分は『カッコイイ迫力のあるアクションが見たい!!』という気分で意気揚々とGEOに向かい、迷うことなく洋画のアクションが並んでいるコーナーを目指し借りた映画です。 DVDのパッケージがすごく印象的で、 『絶対に面白いだろう!』という予感がしていました。 早速自宅に帰ってビールを飲みながらこの『マイ・ボディーガード』という映画を見ていたのですが、 想像していたものとは全然違い、映画自体は何だか暗い雰囲気でした。 ストーリーも中々シリアスな感じで、映画を見始めて少し経つと 僕のアクション熱が覚めてしまいました…。 それから少しずつこの『マイ・ボディガード』という映画の世界観に引き込まれて、 気付けば1時間以上経過していて、その時にはもう この映画に釘付けになっていました。 ただ『カッコイイ!』、『迫力がヤバイ!』といったようなアクション映画というものではなく、 本当にシリアスな内容が多く、サスペンス要素もあり色々と考えさせられる映画でした。 クリーシー役のデンゼル・ワシントンが格好良く、アクションシーンもすごく迫力のある感じで良かったのですがピタ役のダコタ・ファニングの演技もすごく良く、本当に最高の映画でした!! 特にピタのセリフで 『私は囚人。 銃声で開放される。 』というものがあるのですが、 すごく印象に残ります! この映画『マイ・ボディガード』はメキシコを舞台に製作された映画のようですが、 メキシコ実際に『世界で一番治安が悪い』みたいなこと言われることとかあありますよね? この映画『マイ・ボディガード』はその辺を妙にリアルに表現していると思います。 余談ですが、ピタ役のダコタ・ファニングは 映画『アイ・アム・サム』にも出演していましたよね? この人の演技力は素直にすごいなと思います。 今回のように自分の大好きな映画を紹介していくことで 僕の中の『おすすめ映画ストック』がどんどん減っていっているような気がするのですが、 今後ももっと色んな映画を見て、これからも自分なりにおすすめ出来る映画を紹介できればと思います! 観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。 日本で生きている以上、色んなことを考えさせられる映画だと思います。 アメリカ• メキシコ 映画マイ・ボディガード Man on Fire のジャンル• 映画マイ・ボディガード Man on Fire のキャッチコピー 守りたい。 男に生きる希望をくれたのは、たった9歳の少女だった。 映画マイ・ボディガード Man on Fire を一言で例えるなら シリアスな世界感から垣間見えるヒューマンドラマ 映画マイ・ボディガード Man on Fire の公開年 2004年 映画マイ・ボディガード Man on Fire の監督 トニー・スコット 映画マイ・ボディガード Man on Fire の主要キャスト• デンゼル・ワシントン ジョン・W・クリーシー• ダコタ・ファニング ピタ・ラモス• クリストファー・ウォーケン ポール・レイバーン• ラダ・ミッチェル リサ・ラモス• マーク・アンソニー サムエル・ラモス• ジャンカルロ・ジャンニーニ ミゲル・マンサーノ• レイチェル・ティコティン マリアナ・ゲレロ• ミッキー・ローク ジョーダン・カルフス マイ・ボディガード Man on Fire を閲覧できる動画サービス• Netflix• hulu• U-NEXT マイ・ボディガード Man on Fire の関連キーワード• この映画へのコメント.

次の