さらし マスク 作り方 プリーツ。 簡単!プリーツ入りガーゼマスクの作り方

簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

さらし マスク 作り方 プリーツ

自分で作れるプリーツマスク 宮城県大崎市古川にある「ソーイングカフェ coton」。 注文に応じて布製品を作るほか、裁縫教室を開いている。 仙台放送の高橋咲良アナウンサーがオーナーの千葉春美さんに「布製マスク」の作り方を教えてもらった。 教わるのは、さらしを使ったオーソドックスな形のマスク作り。 高橋アナウンサーがマスク作りに挑戦 高橋咲良アナウンサー: さらしの幅は? 千葉春美さん: だいたい32cm~34cmくらい。 さらしを長さ23cmにカットします 23cmにカットした「さらし」を、今度は18cmにカット。 大小2つに切り分ける。 千葉春美さん: 大きい布がマスクの外側で、小さい布がマスクの内側 2枚の布をそれぞれ半分に折り、中心の折り目に合わせて2枚の布を重ね合わせる。 千葉春美さん: 布端から1cmのところを縫っていきます。 ミシンを使うのは約10年ぶりの高橋アナウンサーでも、簡単に縫うことができた。 ミシンがない人は手縫いでも大丈夫だという。 縫い終わったら、間から手を入れて「さらし」をひっくり返す。 ここで一旦、全体をアイロンで押さえると形が整う。 千葉春美さん: 次にプリーツを作っていきます マスクの表側に上から4cm・3cm・3cm・2cmと印をつけていく。 千葉春美さん: 4cm・3cm・3cmと印をつけたところが山折りになります 印をつけたところを山折りにして、プリーツを折っていく。 折ったらピンで留めるとやりやすいという。 その後は、端の部分を縫ってプリーツをとめる。 最後に横の余っている「さらし」の部分を2回折って縫い、ゴムを入れる部分を作る。 ゴムがない場合は、使い終わった市販マスクのゴムを切り取って再利用することもできる。 片側約30cmのゴムを入れたら…30分ほどで手作りマスクが完成! 手作りマスクのつけ心地は? 高橋咲良アナウンサー: すごくフィットします。 生地が柔らかくて、市販のマスクは肌にこすれる感じがしましたが、布だと肌触りが柔らかくていいですね。 きょうは仕事場とかでも使いやすい白の生地でやりましたけども、かわいらしい生地で作ることもできるんですよね? 千葉春美さん: そうですね。 もしかしたら引き出しに入っているかもしれないガーゼのハンカチとかでも作れるので。 作り方は同じです マスクが貴重なこの時期、自分でマスクを作ってみるのはどうだろうか。 仙台放送.

次の

簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

さらし マスク 作り方 プリーツ

10年以上前の話なんですけどね、2009年に「新型インフルエンザ」が流行った時、スーパーでこんな事があったの。 初老の男性が店員の女性をつかまえて、 「マスクの在庫ないの?」 て強い口調で聞いていました。 私は偶然近くに立っていて、そのあとの会話を聞いていたのね。 家にあるもので今すぐ作れる除菌剤はこちら 今の2020年のマスク不足と全く同じ状況で、マスクが売り切れていたんですよね。 店員さんは、丁寧な口調で在庫はない。 入荷もわからないと伝えていました。 男性はそれで怒っちゃって、 「いつになったら入荷すんだよ!そこら中の店、どこもないじゃないじゃないか!どうすればマスクが手に入るんだよ!!」 て店員さんを罵ってて、聞いてしまった私はいやーーーな気分になりました。 店員さんのせいじゃないし、店員さんに怒鳴っても、どうしようもない事なのにね。 2020年1月末現在、新型コロナウイルスの流行で再びマスクが不足しています。 私は10年前の事を思い出して、きっと日本全国でまた、同じような事が起こっていると思いました。 店員さんやお店を責めないで。 マスクメーカーも悪くない。 メーカーは24時間体制でマスクを増産しているけど、まったく追いつかない状況だそうです。 そこで、私からの提案は、マスクの手作りです。 洋服やバッグに比べたら、手作りマスクはとても簡単にできます。 以前、旧ブログでマスクの作り方を公開していたのですが、古い記事だったので、改めてその時の内容を旧ブログから転載します。 材料はダブルガーゼなどの生地と、耳あてに使えるゴムがあればできます。 私はミシンを使って作りましたが、ミシンがなくても手縫いで作れます。 ただ、型紙をとるために最低限、立体型のマスクが1枚必要になります。 手作りマスクなので ウイルスや菌を完全に予防できるものではないということをご理解の上ご使用ください。 【追記】 自分のサイズで型紙を作る方法を考えました。 ハンドメイド通販サイトの手作りマスク どうしても自分で作る自身がない。 ミシンがない。 あるけど使いこなす自身がない・・・という方には「 」で販売されている手作りマスクをおすすめします。 おそらく・・・今、日本国内で一番「マスクの在庫」があるのがハンドメイド通販サイトではないでしょうか。 こちらも手作りマスクなので ウイルスや菌を完全に予防できるものではないということをご理解の上お買い求めください。 立体マスクの作り方 【用意するもの】 ・未使用の立体型マスク・木綿・ガーゼの布・ゴムひも 【作り方】 1. まず、立体型マスクを折りたたんだ状態で型紙をとります。 耳あての部分は型紙はいりません。 中表に折った布を用意し、型紙に合わせます。 「わ」は 耳あてが付いている部分側になります。 型紙をとる時、マスクの中心部分(口の前の部分)に「わ」がくると思いがちですが、手縫いする場合は耳あて部分が「わ」となって、真ん中部分で2枚の布を縫い合わせ、裏返すような感じにイメージして下さい。 型紙を布に合わせたら、チャコペンや裁縫用のペンで布に型紙を写し、5mmの縫い代を足して、裁断します(中表の布を2枚)。 これを縫い合わせてマスクにします。 中表にした布を2枚合わせて、左右の湾曲した部分(赤線部分)を先に縫います(ここが裏返した時、顔の中心になります)。 これを入れないと、裏返した時にマスクがちゃんと立体型になりません。 2枚の縫い合わせた布の中心部分(赤い線)をつまんで、湾曲部分が真ん中にきて、赤い線の部分が左右にくるように形を買えます。 赤い線の部分をつまんで左右に開くイメージです。 上と下の部分を縫います。 最後に裏返すので、返し口の部分は縫わずにあけておきます。 さらに左右の脇の部分も「耳あて」用のゴムを通すために、1cmほど縫わずに残しておきます。 中心にきている湾曲した縫い目(最初に縫った部分)はアイロンで割って、ゴロつきがないようにフラットにしてから縫ったほうが仕上がりがきれいになります。 上下を縫い終わったら、あけておいた(縫わずにのこしておいた)返し口から全体を裏返し形を整えて、返し口を縫い閉じます。 左右の「耳あて用ゴム」を通す部分の1cm内側を縫います。 中心部分がずれないように、一部を縫い合わせますがこれはやってもやらなくてもいいと思います。 左右の「耳あて用ゴム通し」の部分にゴムを通して完成です。 2009年当時、 私は丁度いいゴムがなかったので平ゴムを通しましたが、マスク用のゴムをユザワヤやオカダヤなどの手芸店で入手されて作ると、より快適なマスクになります。 ネット通販でもマスクは売り切れだけど、「マスクゴム」はまだ在庫あります。 実は我が家には2009年に買ってストックしておいたマスク用ゴムが、いまだに沢山あります。 私は真っ白なさらし木綿で作ったので、表裏や上下が使っていてわからなくなりました。 予防のためにも表裏ははっきりさせておいたほうがいいと思い、あとから赤い糸で裏側に目印を作りました。 ツイッターで紹介されていた下記の「マスクゴムの楽な通し方」も参考に。 着用する時は首の後ろに回すようにしてゴムをかける方法です。 不織布マスクが売り切れてるので布マスク自作される方も多いと思います。 マスクゴムならまだ在庫たくさんありますし作り方もたくさん紹介されてますね。 その時にマスクの表側に手をふれない。 帰宅したらすぐに、玄関先で袋などに入れて、菌を室内に持ち込まない注意が必要などと言われています。 せっかく作った布製マスクを、使ってすぐ捨てるわけにはいきませんので、洗って繰り返し使うことになります。 私は、帰宅したらまず、マスクにアルコール除菌スプレーをかけています。 その後、除菌効果の高いハンドソープで手洗いして、干して乾かし、繰り返し使っていました。 今は固形の薬用石鹸ミューズで洗っています。 一度にまとめて3、4枚作っておくと、洗いながら繰り返し使えると思います。 菌が気になる方は、玄関先ですぐにバケツなどに入れて、漂白剤につけるという方法もあります。 色や柄のある生地でマスクを作った場合、ハイターなどの漂白剤ですと、色落ちする可能性が高いのでご注意ください。 お子さん用には、かわいいキャラクターの柄入りの布などで作ると、嫌がらずに使ってもらえるかもしれません。 もっと簡単な四角いマスクの作り方も紹介しています。 四角いマスクならゴム通しの部分を縫うだけです。

次の

手作りマスク(プリーツ)をさらしで作る方法!ゴムも代用でOK!

さらし マスク 作り方 プリーツ

プリーツマスクが簡単という理由• 縫い目がまっすぐだから簡単 それでは、立体マスクとプリーツマスクを作る時の難易度を比べてまとめてみました。 立体マスクとプリーツマスクの作成時の難易度比較 簡単な点 難しい点 立体マスク 縫う時に段差が少ない カーブがある アイロンを使う回数が少ない 少ない生地で作れる プリーツマスク 直線だけで縫える 縫う時に段差がある 手縫いでも縫える アイロンを多用する ノーズワイヤーが必要 洗濯で折り目が膨らむのでアイロンが必要 立体マスクとプリーツマスク、どちらもそれぞれ簡単な点と難しい点がありますね。 でも、いくつか作っていくうちに、慣れてくるというのがあるので、試しにどちらか作ってみてはいかがでしょうか。 立体マスクとプリーツマスクの作り方の動画を見て、なんとなくイメージしてみてください。 【動画】立体マスクの作り方 スポンサーリンク 立体マスクとプリーツマスクの効果の比較 立体マスクとプリーツマスク、どちらが細菌やウイルスの侵入を防ぐという点で、効果的なのでしょうか。 国民センターの実験によりますと、次のような結果が出ました。 細菌・ウイルスの漏れ率 立体マスク 40~80%超の漏れ率 銘柄による プリーツマスク 65~90%の漏れ率 銘柄による もちろん、素材や銘柄による違いはありますが、この結果から見てわかるのは、どうやら 2つのマスクの形状の違いによることも大きいようです。 立体マスクは顔のにフィットした形なので、 細菌・ウイルスの侵入を プリーツマスクよりも若干、防ぐことができます。 まあ、漏れるという点では、どちらも漏れると言えば漏れますが、立体マスクの方が多少は漏れ率が少ないですね。 効果を重視するなら、どちらかと言えば立体マスクを選んだ方が良さそうですね! 花粉などを防ぎたい場合は、立体にしてもプリーツ型にしても、 不織布マスクを選んだ方が良いです。 もし、布製の立体型マスクやプリーツマスクで、もう少し効果を上げたい場合は、中に不織布などの フィルターを挟むなどした方が良いですね! 立体マスクとプリーツマスクのフィット感 使用感 の比較 立体マスクとプリーツマスクのつけ心地の違い 立体マスクとプリーツマスクの使用感の違い。 両方、使ったことのある人たちの声を紹介します。 立体マスクはマスクと鼻や口の間に空間ができて呼吸が楽な気がするよね! 立体マスクは内側に口紅がつかないのがいいと思う。 プリーツタイプはプリーツを広げると顔をたくさん覆えるから、化粧をしなくていい 笑 プリーツタイプって顔が大きくても合わせられるられるところが好き! などなど、いろんな声がありますね。 では、そんな声を参考に「立体マスクとプリーツマスクのフィット感 使用感 の比較」をまとめてみました。 立体マスクとプリーツマスクのフィット感の比較 つけ心地が良いの声 つけ心地が悪いの声 立体ますく 呼吸が楽な気がする 形が恥ずかしい 内側に口紅がつかないのがいい 鼻に当たる縫い目が気になる 顔にフィットして位置調節が不要 プリーツマスク 顔のサイズや形を選ばない よくズレるので常に位置調節が必要 隙間があって楽 見た目が普通で恥ずかしくない 両方つけた事がある方は、上の「つけ心地が良い」と「つけ心地が悪い」の両方の声を見ると、「わかる、わかる! 」と思ったのではないでしょうか? でも、やはり、どちらが自分にとって付け心地が良いのかはそれぞれ違うと思うので、ご自分に合った方を選んでうまく使用できれば良いですね。 ただ、顔とマスクの間にフィルターなどを一枚挟むと、より安心ですので、ガーゼでもティッシュでも、キッチンペーパーでもお家にあるものを使って工夫してみてください。 マスクを手作りしようにも、ダブルガーゼやマスク紐など、今、品薄になってきていますよね。 そんな、マスク作りに必要な素材をネットで見つけたので、必要な人はぜひ参考にしてくださいね!

次の