プリント パック ウェルカム ボード。 プリントパックで格安でA1サイズのウェルカムボードを作る方法

ウェルカムボード -印刷通販プリントパック

プリント パック ウェルカム ボード

写真を配置する テキストボックスで、バランスを見ながらそれぞれの写真位置を決めます。 背景画像を入れる 背景画像をそれぞれの位置に置きます。 そのため、背景画像や写真などはどこかのファイルに保存しておくことをオススメします。 人物をくり抜く 次に、写真の「背景の削除」をする。 これにより、 人物だけをくりぬくことができます。 細かい手足の先などが切れてしまうことがあるので、念入りにチェックしながら補正していきます。 その写真を背景の上に張り付けます。 文字を入れる 「Thank You」や日付、名前を入れます。 プリントパックに申し込み データが完成したら、プリントパックで展示パネルとして印刷を申し込みます。 ゲストの皆様は、ちゃんと業者に頼んだものだと思っていたようで、「自分で作ったの!?」と驚いていました。 ウェルカムボードであれば「パネル印刷」ができます。 招待状などの大量のペーパーアイテムを考えているのであれば、ネット印刷がおすすめです。

次の

ウェルカムボード -印刷通販プリントパック

プリント パック ウェルカム ボード

プリントパックの利用の流れ• ユーザー登録をする 初回• 印刷物の種類とサイズを選んで注文する• データをアップロードする 今回、注文したのは 「展示パネル」という種類のもの。 発泡スチロールでできたとても軽い板なので、持ち運びが楽なのもGood! 写真やイラストを使ったウェルカムボードに、とてもぴったりのサービスなんです。 前撮りは、会場ではできないポーズやシチュエーションの写真が撮影できるのが魅力的。 さらにCanvaには、デザイン性を重視したフォントやテンプレートが用意されているので、デザインセンスがなくてもとってもオシャレになるんです! お試しに作ってみたのがこちら!!(クリックで大きくなります) このテンプレートでは、写真を4枚挿入できる場所があります。 そこで私は、素材サイトからオシャレな画像を手に入れ、それらを組み合わせてデータを作成していました。 私が特に利用していたサイトは、というサイトです。 freepikは、本当に素材数が豊富!!しかも、質がとってもいいんです。 海外風のウェディングアイテムを作りたいなら、断然おすすめします! freepikは、通常の画像ファイル(. jpg)だけでなく、Illustratorなどの本格的なデザインソフトアプリで編集することのできる「ベクターデータ」というファイルもダウンロードすることができます。 しかし、それらは取り扱いが難しいため、通常の画像ファイルを使うのが無難だと思います。 Word・PowerPointもウェディングアイテム作成の心強い味方! 慣れたソフトを使いたいという方は、Microsoft社のWord・PowerPointといった、OLさんお馴染みのアプリケーションでもデータは作成可能です! ワードやパワポを開いて、手に入れた素材や写真を取り込んで、好きな位置に配置すればOKです。 プリントパックでは、ワード形式やパワポ形式のデータを提出してもよいのですが、私は「 jpgかPDF形式で保存して提出する」のをおすすめします。 なぜなら、 ワードやパワポのバージョンが対応していなかったり、使用したフォントが相手方のパソコンに入っていなかったりすることがあるからです。 せっかくかわいいフォントを使ったのに、デフォルトの硬いフォントになっちゃったら、とっても残念ですよね・・・。 通常の印刷では、少し大きめの用紙に印刷し、完成品のサイズに裁断することで、フチなし印刷になるんです。 プリントパックA3サイズ 1490円• 100均のフェイクグリーン• 初めてプリントパックを利用する人は、かなりお得に作ることができちゃうんです!! まとめ 本記事では、プリントパックを利用したウェルカムボードの作り方を解説しました!! プリントパックは、データをアップするとすぐデータをチェックしてくれ、現在の印刷状況や発送予定日などを、逐次メールで連絡してくれます。

次の

プリントパックで格安でA1サイズのウェルカムボードを作る方法

プリント パック ウェルカム ボード

結婚式場でゲストを最初にお出迎えするウェルカムボード。 おふたりの結婚式を象徴する大切なアイテムだから、 ウェルカムボードを作る・用意する際には、どんなアイテムにすればいいのか悩まれる方も多いのではないでしょうか? そして、準備する際に考えておいてほしいのが「サイズ」のこと。 ウェルカムボードにはサイズの決まりはありませんが、 一般的なサイズがあり、それぞれに特性があります。 今回はウェルカムボードのサイズについて特化してご紹介していきます。 一般的なウェルカムボードのサイズって? A4、A3、A2サイズから用意される方が多いです。 でも、その中でもどのサイズを選べばよいかわからないですよね。 サイズを決める際の参考として、それぞれのサイズの特徴を知っておきましょう。 A4サイズ・・・一般的な書類などで使うコピー用紙のサイズだから結婚式場という大きな会場の受付におくウェルカムボードとしては、やや小さめのサイズ。 イーゼルに立て掛けるのではなく、受付などのテーブルの上に飾る方にオススメです。 小さいサイズのメリットとしては搬入・持ち帰りに悩むこともないお手軽サイズで、挙式後に自宅にも飾りやすいこと。 小さいサイズのウェルカムボードだけでは寂しいかも、と感じる方はウェルカムドールやイニシャルオブジェなどと一緒に飾ることで、賑やかなウェルカムスペースになります。 A3サイズ・・・A4サイズが倍になった大きさです。 ただ、印刷については家庭用のプリンターはA4サイズまでしか対応していない場合も多いので、例えばA3サイズの額を使うとA4のペーパーは小ささが気になるようにも思います。 でも、A3サイズの額やコルクボードなどにをあてはめると、 シートの周りに余白り、その余白となった部分に花や装飾品等でデコレーションすれば、バランスがとれて綺麗に仕上がりますし、手作り感のある素敵なウェルカムボードになります。 A2サイズ・・・街でよく見かけるポスターなどで使われているこのサイズ。 A3の倍のサイズです。 イーゼルを使って結婚式場入り口や、披露宴会場に置く場合にはとても存在感があり、インパクトを与えることができます。 大きいサイズなので自分で印刷したりして手作りするというより、プロの方に依頼するのが適しているこのサイズ。 せっかくお金を払ってプロの方に綺麗に仕上げてもらうのだから、前撮りの写真を使った写真ウェルカムボードなどを作るのもおススメ。 飾る場所によって適切なサイズは異なるから、これは1番最初に行うべき重要なポイント! 式場からイーゼルを借りることができるかどうかも、合わせて確認をしましょう。 そのイーゼルによってもウェルカムボードのサイズが変わってきますよね。 効果的に演出するために、場所の確認と、その場所にぴったりのサイズで ウェルカムボードを準備しましょう! ウェルカムボードの一般的なサイズといっても、A4、A3、A2といろいろなサイズやタイプがあります。 その中から人気のサイズを選べばいい、というわけでもありません。 もちろん、今回ご紹介したサイズ以外もOK! 飾る場所によって最適なサイズがあり、また、挙式後に自宅に飾りたいという方は、挙式後の飾る場所なども考えながらサイズを決めることをオススメします。

次の