きら クラ 終了。 特別公開アザラシヴィリ無言歌

NHK

きら クラ 終了

大抵、パソコン内蔵スピーカーで用が足りている。 音楽を聴くにしても、いつもそうです。 音響は、こだわったら限りない世界に入り込んでしまうでしょう。 もう20年近く前に秋葉原で購入した某メーカーのミニコンポ。 数年前にCDトレイが壊れてしまい、もっぱらFMを聴くのみです。 「きらクラ!」のパッサカリアを、パソコンのヘッドホン端子とそのミニコンポを繋いで聴いてみました。 やはりパソコン内蔵スピーカーとは違います。 その程度の違いは、私の耳にも分かります。 もう50年ほど前、その某レコード会社が生演奏とレコード演奏の聴き比べをしたことがありました。 一流の音楽評論家たちを招いてのデモンストレーションでした。 その詳細は定かに記憶してはいませんが、「遜色なし」として宣伝されたように思います。 そんなものかもしれません。 私には、20年前のミニコンポがちょうどいい。 あの日のアノ場所、アノ時の様子を思い出します。 「きらクラ!」最終回でした。 幸いなことに、「パッサカリア」のリクエストを取り上げて頂きました。 月曜日早朝に鞍掛山に登る時、たいていiPhoneに取り込み済みの、前日 本放送 を聴きながら登山道を歩きます。 登山口で再生開始します。 頂上到着は、だいたい1時間30分から40分というところでしょうか。 「パッサカリアの道」は、第一の急登を登り終えてから続く尾根道です。 再生開始から44分頃でした。 穏やかで、ほとんど起伏のない平坦な林の道がしばらく続きます。 今日の午後、あの時のパッサカリアの感動を、「きらクラ!」を愛する方々と共有できたことは、大きな特権でした。 ミルクを山一面に流したような、霧の濃い或る朝のことです。 静かに山道を下っていくと、やがて「きらクラ!」からは「亡き王女のためのパヴァーヌ」が流れてきました。 まさに幻想・幽玄の世界です。 すると深い霧の中から小さな鈴音が聞こえ、それが次第に近づいて来ます。 濃霧の中ですから想像は膨らみます。 「妙齢の女性が霧の中から現れたら、最高のBGM選手権だろうナ……」 そして、ついに鈴の音とともに現れたのは、いつもお会いする常連の髭もじゃのオジさんでした。 「おはようございます。 」と、挨拶を交わしたあと、私はこみ上げてくる笑いをどうすることもできませんでした。 「きらクラ!」愛聴のリスナーさんたちと、鞍掛山を歩く時があったら嬉しいことです。 「きらクラDON!」の「無言歌」に耳を傾けつつ、「きらクラ!」の熱心な愛聴者ですでに他界された親しい方々を思いました。 「山好きかっちゃん」が採用されたときに、しばしばコメントを頂き、心を通わせて頂きました。 有難うございました。 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2010. 2010.

次の

特別公開アザラシヴィリ無言歌

きら クラ 終了

以下公式ページの紹介です。 独特の感性を持つタレントふかわりょうと、気鋭のチェリスト遠藤真理が繰り広げるお気楽クラシック音楽バラエティー・ラジオ。 極上の音楽とまったりトーク、さまざまな企画コーナーによって、気楽にクラシック音楽に触れることのできるキラキラした日曜の午後をお届けします。 公式ページより そんな番組がつい先日8年間の歴史に幕を閉じたのでした。 クラシックに全く興味がない層も、テーマによっては取り込める やはりクラシック番組というのは、それに全く興味がない大多数の人は見向きもしないという傾向にあると思います。 レギュラー放送初回を聞いて 2020年4月5日放送の初回放送を聞きました。 2019年8月の初回特番と同じテーマであったので、この特番の二番煎じのような印象をもちました。 しかし初回ということでMCおふたりの自己紹介的なコーナーがしっかりと設けられており、自分としてはなかなか慣れないながらもそれほど苦にならずに最後まで聞けました。 音楽や各テーマに関する知識が豊富でそれを積極的話されている印象でした。 同じテーマで4週やるということにも不安はありますが、毎月テーマを変えていくということについても、ネタ切れの心配があります。 特番としては非常に面白い番組と思いますが、 レギュラー放送となり年単位で毎週続けていくとなるとなかなか難しいんじゃないかと個人的には思います。 故にそのまま惰性で同じ時間に同じ局のラジオを聞くリスナーは多いでしょう。 ただし、 惰性は長くは続きません。 多くはせいぜい1か月程度でしょう。 もしその番組が楽しくないと思えば、惰性リスナーは去っていくことでしょう。 4月12日以降の放送はスタジオ収録は出来ないようなのでいきなり前途多難 ここ1か月が勝負ということを書いた直後で、このようなニュースを目にしました。 新型コロナウイルス感染拡大にともなって番組では新規のスタジオ収録を当面見合わせます。 さらに 4月26日以降はどうするのかという問題もあります。 今後の状況を注視していくとしましょう。 4月26日追記 4月26日は2017年に放送された「こどクラリミックス」 5月4日は2018年に放送された「こどクラ」を放送するようです。 まさかこのような形でこどクラがもう一度聞けるとは思いませんでした。

次の

NHK

きら クラ 終了

質問一覧• 食指が動きません。 日曜昼NHK・FM「きらクラ」を毎週聴いています。 人柄は愛らしくて大好きです。 演奏家としてはどうなのでしょう?... 終了ですね。 まともに聞いたことはありませんが、司会のふかわりょう、はピアノがちょっと弾ける程度なのに、 ピアノがひけない安室奈美恵さんのミュージックビデオの演奏場面、をくそみそにけなすような人間でしたから、嫌... 曲名を教えていただきたいのですが。 よろしくお願いいたします。... 題「金がきたら」)に選ばれなかった武満徹さんの曲名を教えてください。 火~金曜日は「クラシックカフェ」を娘と聞いているのですが小学校が始まり20分間しか聞けなくなってしまいました。 この二つの番組は過去の放送をネットで聞くことが出来ますか? それとも録音して聞くしかないのでしょうか?... NHKラジオ「きらクラ」のオープニングとエンディングのテーマ曲名を教えてください。 とのことですが、下に示した質問が質問の解決につながると思います。 chiebukuro. yah... 番組がありますが、中でもバラエティ的な内容なのが『きらクラ』です。 以前の『気ままにクラシック』の頃は笑瓶・幸田の天然とツッコミコンビでそれなりに楽しい雰囲気だったのですが、『きらクラ』になると、どうもパーソナリ... NHK-FM「きらクラ!」で、今年4月から番組のパーソナリティを務めている遠藤真理さん(チェリスト)が、現在妊娠9ヶ月目であることを告白していました。 計算してみると、遠藤さんは、今年の4月頃、つまり毎週放送のラジ... 方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。 録音に失敗してしまいました。 明日の再放送を待てばいいのですが、気になっています。

次の