テルネリン 錠 1mg。 チザニジン:テルネリン

ジェネリック医薬品価格比較「テルネリン錠1mg」と同等医薬品(代替品)の価格比較

テルネリン 錠 1mg

チザニジン:テルネリン スポンサード リンク 成分(一般名) : チザニジン塩酸塩 製品例 : テルネリン錠1mg、テルネリン顆粒0. 2% ・・ 区分 : 鎮けい剤/その他/筋緊張緩和剤 PR 概説 筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげるお薬です。 作用 筋肉を緊張させている神経をしずめる作用があります。 また、筋肉の血流を改善します。 そのような作用から、筋肉のコリやこわばりがとれて痛みがやわらぎます。 具体的には、痙性麻痺など筋肉がこわばる病気、あるいは、腰痛、手足のこわばり、ひどい肩こり、五十肩、緊張型頭痛などの治療に用いられています。 特徴 同類薬のなかでは、効き目が強いほうです。 反面、副作用が少しでやすいので注意が必要です。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。 【注意する人】 肝臓や腎臓の悪い人は、慎重に用いる必要があります。 とくに重い肝障害がある場合は、使用できません。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 抗うつ薬のフルボキサミン(ルボックス、デプロメール)、および抗菌薬のシプロフロキサシン(シプロキサン)といっしょに飲んではいけません。 併用により、この薬の血中濃度が上昇し、血圧がひどく低下するおそれがあります。• 逆に、他の薬の影響で この薬の血中濃度が低下し効力が弱まる可能性もあります。 たとえば、抗結核薬のリファンピシン(リファジン)、抗けいれん薬のカルバマゼピン(テグレトール)やフェノバルビタール(フェノバール)、ある種の抗エイズウイルス薬、さらにはセイヨウオトギリソウ( セント・ジョーンズ・ワート)を含む健康食品などとの併用時です。• 安定剤など脳に働きかける薬と併用すると、副作用がでやすくなります。 また、高血圧の薬と併用すると、降圧作用が強まることがあります。 服用中の薬は、医師に伝えておきましょう。• 飲酒は控えてください。 副作用が強まるおそれがあります。 また、喫煙あるいは禁煙もこの薬の効き方に影響する可能性があります。 【使用にあたり】 症状によって、飲む量、飲み方が異なります。 指示どおりに正しくお飲みください。 【食生活】 眠気がしたり、ふらついたりすることがあります。 車の運転など危険な作業は控えてください。 次の疾患による筋緊張状態の改善//頸肩腕症候群、腰痛症。• 次の疾患による痙性麻痺//脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、脳性(小児)麻痺、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症。 筋緊張状態の改善の場合..通常成人は、チザニジンとして3mg(錠剤の場合3錠、顆粒剤の場合1. 5g)を1日3回に分けて食後に経口服用する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。• 痙性麻痺の場合..通常成人は、チザニジンとして1日3mg(錠剤の場合3錠、顆粒剤の場合1. 5g)より服用を始め、効果をみながら1日6〜9mg(錠剤の場合6〜9錠、顆粒剤の場合3〜4. 5g)まで漸増し、1日3回に分けて食後に経口服用する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用でわりと多いのは、眠気、脱力感、ふらつきなどです。 まれに、飲み始めに血圧がひどく下がることがあります。 とくに、降圧薬や安定剤、抗うつ薬など他の薬を服用中の人、また高齢の人は十分に注意してください。 そのほかの重い副作用はまずありませんが、心不全や呼吸障害、肝障害なども報告されています。 なにか普段と違う、「おかしいな」と感じたら早めに受診するようにしましょう。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック..気持ち悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、耳鳴り、息苦しい、胸苦しさ、めまい、脈が速い・弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 急激な血圧低下..強いふらつき、めまい、立ちくらみ、転倒。• 心不全..息苦しい、息切れ、胸が苦しい、動悸、疲れやすい、むくみ、急な体重増加。• 呼吸障害..息が苦しい、息切れ、ゼーゼーする。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。 【副作用】• 血圧低下。• 眠気、頭痛。• ふらつき、脱力感、だるい。• 食欲不振、吐き気、口の渇き。• 発疹、かゆみ。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

ジェネリック医薬品価格比較「テルネリン錠1mg」と同等医薬品(代替品)の価格比較

テルネリン 錠 1mg

チザニジン:テルネリン スポンサード リンク 成分(一般名) : チザニジン塩酸塩 製品例 : テルネリン錠1mg、テルネリン顆粒0. 2% ・・ 区分 : 鎮けい剤/その他/筋緊張緩和剤 PR 概説 筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげるお薬です。 作用 筋肉を緊張させている神経をしずめる作用があります。 また、筋肉の血流を改善します。 そのような作用から、筋肉のコリやこわばりがとれて痛みがやわらぎます。 具体的には、痙性麻痺など筋肉がこわばる病気、あるいは、腰痛、手足のこわばり、ひどい肩こり、五十肩、緊張型頭痛などの治療に用いられています。 特徴 同類薬のなかでは、効き目が強いほうです。 反面、副作用が少しでやすいので注意が必要です。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。 【注意する人】 肝臓や腎臓の悪い人は、慎重に用いる必要があります。 とくに重い肝障害がある場合は、使用できません。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 抗うつ薬のフルボキサミン(ルボックス、デプロメール)、および抗菌薬のシプロフロキサシン(シプロキサン)といっしょに飲んではいけません。 併用により、この薬の血中濃度が上昇し、血圧がひどく低下するおそれがあります。• 逆に、他の薬の影響で この薬の血中濃度が低下し効力が弱まる可能性もあります。 たとえば、抗結核薬のリファンピシン(リファジン)、抗けいれん薬のカルバマゼピン(テグレトール)やフェノバルビタール(フェノバール)、ある種の抗エイズウイルス薬、さらにはセイヨウオトギリソウ( セント・ジョーンズ・ワート)を含む健康食品などとの併用時です。• 安定剤など脳に働きかける薬と併用すると、副作用がでやすくなります。 また、高血圧の薬と併用すると、降圧作用が強まることがあります。 服用中の薬は、医師に伝えておきましょう。• 飲酒は控えてください。 副作用が強まるおそれがあります。 また、喫煙あるいは禁煙もこの薬の効き方に影響する可能性があります。 【使用にあたり】 症状によって、飲む量、飲み方が異なります。 指示どおりに正しくお飲みください。 【食生活】 眠気がしたり、ふらついたりすることがあります。 車の運転など危険な作業は控えてください。 次の疾患による筋緊張状態の改善//頸肩腕症候群、腰痛症。• 次の疾患による痙性麻痺//脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、脳性(小児)麻痺、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症。 筋緊張状態の改善の場合..通常成人は、チザニジンとして3mg(錠剤の場合3錠、顆粒剤の場合1. 5g)を1日3回に分けて食後に経口服用する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。• 痙性麻痺の場合..通常成人は、チザニジンとして1日3mg(錠剤の場合3錠、顆粒剤の場合1. 5g)より服用を始め、効果をみながら1日6〜9mg(錠剤の場合6〜9錠、顆粒剤の場合3〜4. 5g)まで漸増し、1日3回に分けて食後に経口服用する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用でわりと多いのは、眠気、脱力感、ふらつきなどです。 まれに、飲み始めに血圧がひどく下がることがあります。 とくに、降圧薬や安定剤、抗うつ薬など他の薬を服用中の人、また高齢の人は十分に注意してください。 そのほかの重い副作用はまずありませんが、心不全や呼吸障害、肝障害なども報告されています。 なにか普段と違う、「おかしいな」と感じたら早めに受診するようにしましょう。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック..気持ち悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、耳鳴り、息苦しい、胸苦しさ、めまい、脈が速い・弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 急激な血圧低下..強いふらつき、めまい、立ちくらみ、転倒。• 心不全..息苦しい、息切れ、胸が苦しい、動悸、疲れやすい、むくみ、急な体重増加。• 呼吸障害..息が苦しい、息切れ、ゼーゼーする。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。 【副作用】• 血圧低下。• 眠気、頭痛。• ふらつき、脱力感、だるい。• 食欲不振、吐き気、口の渇き。• 発疹、かゆみ。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

『テルネリン』と『ミオナール』、同じ筋弛緩薬の違いは?~効果と副作用・相互作用

テルネリン 錠 1mg

製薬会社 サンファーマ株式会社 効能 中枢神経に作用し、過剰な筋肉の緊張の原因となっている神経伝達を抑え、肩こりや腰痛、脳や脊髄の損傷によって起こる痙性麻痺(筋肉のつっぱり、こわばりや麻痺)を軽減します。 通常、頸肩腕症候群、腰痛症の筋緊張状態の改善、および脳血管障害、外傷後遺症などの痙性麻痺の治療に用いられます。 使用上の注意• 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。 肝障害• 妊娠または授乳中• 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。 用法・容量• 肩こりや腰痛の筋緊張状態:通常、成人は1回1錠(チザニジンとして1mg)を1日3回(3mg)食後に服用します。 年齢・症状により適宜増減されます。 痙性麻痺:通常、成人は1回1錠(チザニジンとして1mg)を1日3回(3mg)食後服用から始め、1回2~3錠(2~3mg)を1日3回(6~9mg)まで徐々に増量されます。 年齢・症状により適宜増減されます。 いずれの場合も必ず指示された服用方法に従ってください。 飲み忘れた場合は気がついた時にできるだけ早く飲んでください。 ただし、次の通常飲む時間が4時間以内の場合は、忘れた分は飲まないで1回分を飛ばしてください。 2回分を一度に飲んではいけません。 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 生活上の注意• 眠気などがあらわれることがありますので、車の運転や危険を伴う機械の操作などは行わないでください。 眠気などが強く出ることがありますので、飲酒はなるべく避けてください。 副作用 主な副作用として、眠気、口渇(喉の渇き)、脱力感、けん怠感、めまい、ふらつき、胃部不快感、悪心(吐き気)、食欲不振、腹痛、発疹、かゆみ、血管性浮腫、蕁麻疹、紅斑などが報告されています。 このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 冷汗、息苦しい、顔面蒼白 [ショック]• めまい、脱力感、立ちくらみ [急激な血圧低下]• 全身のむくみ、息苦しい、横になるより座っている方が呼吸が楽になる [心不全]• 息苦しい、息をするとき喉がヒューヒュー鳴る [呼吸障害]• 食欲不振、全身けん怠感、皮膚や白目が黄色くなる [肝炎、肝機能障害、黄疸] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。 上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。 保管方法その他• 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。 同じ薬効の薬を探す 同じ成分の薬を探す 同じ製薬会社の薬を探す 各年代別の薬剤の処方数です。 男性 女性 0~4歳 20,887 0~4歳 14,857 5~9歳 37,543 5~9歳 30,111 10~14歳 73,607 10~14歳 61,340 15~19歳 108,237 15~19歳 102,950 20~24歳 147,849 20~24歳 182,207 25~29歳 268,258 25~29歳 360,678 30~34歳 367,560 30~34歳 598,210 35~39歳 655,901 35~39歳 974,059 40~44歳 1,081,341 40~44歳 1,731,410 45~49歳 1,416,445 45~49歳 2,240,173 50~54歳 1,561,472 50~54歳 2,404,644 55~59歳 1,640,564 55~59歳 2,368,051 60~64歳 1,876,470 60~64歳 2,659,314 65~69歳 2,547,104 65~69歳 3,893,639 70~74歳 2,542,975 70~74歳 4,349,675 75~79歳 2,922,382 75~79歳 5,691,464 80~84歳 2,467,885 80~84歳 5,465,645 85~89歳 1,242,497 85~89歳 3,278,400 90歳以上 413,768 90歳以上 1,353,432.

次の