天井材 無垢。 【楽天市場】壁・天井材 > 羽目板 > 杉:無垢材の四国加工

床だけじゃない!木目を愛でる「板張り天井」の魅力

天井材 無垢

この家は在来工法で建てているので、野縁を組んで下地とし、天井材を野縁に固定するいう構造です。 我が家の天井高は一般的な2m40cm 野縁(のぶち)を格子状に取り付けます。 ) 写真は、野縁を打つラインに墨打ちしているところ。 野縁は天井下地であるため、間隔は天井材の寸法によって決まります。 (910の半分) なお写真で野縁の上(天井裏)に見えるのは24時間換気システムの換気ユニットです。 格子状に組んだ野縁を「吊り木」で吊り下げます。 天井を全く水平に作ると、中央部が垂れ下がったように見えるので、実際には中央部をやや上に押し上げた状態で固定します。 天井下地 野縁)を吊り下げる 吊り木は、 直接根太や梁につけてしまうと2階の振動が天井に伝わりやすくなるため、梁間に「吊り木受け」の材を一旦掛け渡し、そこに吊り木を固定するようにします。 私は「吊り木」を木ではなくT字金物を使いました。 強くて簡単・・・やりやすいのです。 羽目板天井の作り方 材料の入荷状況です。 ホワイトウッド羽目板、厚さ11ミリ、働き巾87ミリ、長さ3. 8メートル 節が小さくて目立たないということ以上に、色がかなり白っぽいので、天井全面に使っても圧迫感がなく、部屋が暗い感じにはなりません。 むしろ明るい雰囲気になりました。 自分で持ち上げられる適当な枚数を並べ・・・ 裏に桟木をつけて釘留めし、各板を連結します。 ダクトや、ダウンライト(天井埋め込み照明)などの箇所にはあらかじめジグソーで穴を開けておきます。 自作の「つっかえ棒」を使って天井下地に押し付け、数箇所ビス留めして固定します。 この際、端の羽目板の雌実の内側部分をあらかじめ切り取っておきます。 こうしないと、何かのときに天井板がはずせなくなってしまいます。 羽目板の雌実の内側突起を切り取っているところ。 数か所を細ビスで打ち留めて、羽目板天井の完成 ゴールド色の細ビスの頭は羽目板と色が似ているし、羽目板自体も節があって均一なカラーではないため、部屋から天井を見上げてもほとんどビスの頭は目立ちません。 羽目板の天井材は、その優しい色合いと木のぬくもりが感じられ、私としては非常に気に入っている部分です。 部屋はしっとりと落ち着いた雰囲気になりました。 私は木が好きなので大半は羽目板天井にしましたが、すべてが羽目板天井というのも変化がないしそれなりに経費もかかることから、次のスペースは石膏ボード(ジプトーン)の天井にしました。 場 所 ジプトーンにした理由 キッチン 防火上の理由から不燃材にする。 洗面所 湯気が多いので木材では不向きと考える。 階段スペース 1階から2階まですべて羽目板の壁に囲まれているので、天井だけは変化をつける。 天井スペースは暗くなりがちなので、ジプトーンのような白い天井板が光を反射して明るく感じるかも。 ジプトーンならビスだけで固定できるので、いざとなればビスを抜くだけで取り外し出来るのです。 それに、何といっても安い!! 自作のボードリフター(笑)は、上下2つのパーツから成っていて、両者をビス2本で固定して使います。 2つに分かれているところがミソで、各部屋の天井高さがそれぞれ違っても、ビスを打つ位置を変えれば全体の長さを買えることができ、どの部屋でもボードリフターとして使えるのです。 あらかじめ、天井高さにより最適な長さにセッティングしておき、これを作業者の近くに立てかけて置きます。 作業者がボードを持ち上げて、片手で野縁に押し付けている間に、もう片方の手でつっかえ棒を引き寄せ、斜めにスライドさせてボードを天井に押し付けます。 電気配線がある場合は、ボードに穴を開けてケーブルを引っ張り出しておきます。 ケーブルの先には 引っ掛けシーリングをつけて、ボードが全部貼り付いた後にビスで固定します。 当然、引っ掛けシーリングを固定する位置は、天井下地材(野縁)がある箇所ということになります。 ダウンライトを屋根裏側から見たところ。 このタイプの照明器具は、あらかじめあけた穴に照明器具を差込み、フックを下にスライドさせて天井板に挟み込むことで固定します。 天井埋め込みの照明(ダウンライト)をつけた部屋の様子 リビングと寝室の一部は吹き抜けとなり、 勾配天井になっていて天井裏がなく、屋根タルキの下に天井材を直接打ち付けています。 勾配天井は部屋に変化を与え、山小屋的な雰囲気を醸し出し、私はとても気に入っています。 天井裏には配線や配管があるので、例えばコンセントを増設したいとか、新たにLANケーブルを配線したいときなど、何かのときに天井のどの場所でも取り外して点検や工事がしやすいように、うちでは、天井材を簡単に取り外し出来るような構造にしました。

次の

【楽天市場】壁・天井材 > 羽目板 > 杉:無垢材の四国加工

天井材 無垢

概要 ブラックウォルナット black walnut ブラックウォルナットはクルミ科に分類され、樹高は8~20mに及びます。 ヨーロッパ一帯、北アメリカに分布し、皆さんがよく知るクルミの実をつけます。 チークやマホガニーと共に世界三大銘木の一つとされています。 名前にあるとおり、木材にするとチョコレートのような深い色合いをしています。 the wall 日本の壁に、新しい選択を。 その壁に個性はあるか。 その壁に温もりはあるか。 私たちのイメージする空間は、従来の常識で埋め尽くされてはいないか。 想像しよう、あなたらしい空間を。 見つけよう、あなたらしい壁を。 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック この製品を見た人がチェックしている建材• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• アルベロプロ• 朝日ウッドテック• アルベロプロ• アルベロプロ• 朝日ウッドテック• アルベロプロ• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• 朝日ウッドテック• アルベロプロ• アルベロプロ• 朝日ウッドテック• マルホン• エフトレーディング• マルホン• KASCO(カスコ)• マルホン• アルベロプロ カテゴリ一覧.

次の

床だけじゃない!木目を愛でる「板張り天井」の魅力

天井材 無垢

すっかり定番の無垢床フローリングですが、木の魅力をもっと堪能したい!という人には「天井に貼る」という方法もあります。 空間をぐっとシックに演出しつつ、温もりを与えてくれる「板張り天井」のお家をご紹介します。 【リビングに】勾配天井ならすっきりまとまる 築45年の木造住宅にお住まいのご家族。 リビングの日当たりが悪くて暗かったことから、1階にあったリビングを2階に移動しました。 天井を開けて、収納として使われていた小屋裏のスペースをロフトに。 天井高をいかして、ラーチ材を貼って仕上げました。 ロフトがあるぶん天井の面積が広くなり過ぎず、すっきりと見えますね。 床はパイン材。 床も天井も木を使う場合は、あえて違う樹種を選ぶのがおすすめ。 木目や色味の違いが空間に動きをもたらし、圧迫感を防ぎます。 上記事例詳細はこちらから 【リビングに】和モダンのアクセントに 続いては、築16年の中古マンションにお住まいのご夫婦。 和風モダンの落ち着いた雰囲気がご希望だったため、リビングの窓はカーテンではなく障子に。 和の趣を感じつつ、光も入るようにデザインしたオリジナルです。 床は落ち着きのあるチーク材、天井には明るめのパイン材を貼りました。 キッチンカウンターと吊り収納はタモ材で造作。 それぞれの木のもつ風合いや木目の違いを楽しみつつ、品のある佇まいのリビングです。 上記事例詳細はこちらから 【リビングに】一部を板張りにしてゾーニング 2世帯住宅リノベの、1階親世帯のリビングです。 もともとのリビングに和室と納戸を一体化し、広々としたLDK空間に。 床はお母さまのご希望によるウォールナットの無垢材。 「天井のどこかを板張りにしたい」というご希望は、もと和室だった部分の天井で叶えました。 窓には猫間障子を使い、和モダンの雰囲気を演出。 木製のテレビボードはキッチンと同じ製品を使うことで、統一感を出しています。 上記事例詳細はこちらから 【キッチンに】タイルとの相性もばっちり 3階建ての一戸建てリノベ。 キッチンとリビングの一部の、下がり天井を板張りにしました。 床は木目のコントラストが個性的なアカシア。 部分づかいなら、濃い色の板張り天井もシックに決まります。 ご主人が選んだという深い青のタイルとの相性も抜群。 白く明るいリビングダイニングと、落ち着きのあるキッチンというメリハリの効いた空間です。 天井は、既存のものをそのまま利用しました。 和室はもともと板張り天井ということも多いため、まったく違和感なく馴染みます。 3世代同居に向けたご実家のリノベで、畳を貼り替え、壁を珪藻土仕上げにしました。 二世帯が一緒に過ごす広々としたLDK。 広さと間取りはそのままに、床はオーク三層無垢材、壁は珪藻土と自然素材をたっぷり。 和室の入り口を開け放てば、さらに広く使えます。 築年数は25年。 約29畳もの広いリビングは、一部を和室とオープンなキッチンに。 収納としても使えるロフトと、ロフトにつながる階段も設けました。 無垢フローリングの床を希望していましたが、マンションの規約でカーペット敷きに。 代わりに、ロフトの下から玄関に続く天井にパイン材を貼りました。 和室の入り口は、普段は開け放してオープンに。 必要に応じて、建具で仕切って個室にすることができます。 全体的に北欧テイストのお家ですが、板張り天井によって和室とのバランスをうまくまとめています。 上記事例詳細はこちらから 【寝室に】リラックスムードで安眠 おばあ様から譲り受けた築60年の一戸建てリノベです。 2階の寝室の天井を板張りで仕上げました。 床はオークの無垢材。 一部だけ勾配天井になっているのもいいですね。 色の薄い木を幅広に貼ることで、すっきりとした印象になります。 左手の障子窓は、もとのお家でおばあ様が使っていたものを再利用した想い出の品。 やはりほんのり和テイスト。 板張り天井と合うようです。 上記事例詳細はこちらから 【寝室に】木の天井でプチホテルのような趣 築20年のマンションリノベです。 床はカーペット敷きの寝室。 天井をホワイトウッド貼りで仕上げました。 壁には「外国の住宅を思わせる仕上がりが気に入った」というスイス漆喰のカルクウォールを採用。 優しく落ち着きのある寝室で、ぐっすり眠れそうですね。 上記事例詳細はこちらから まとめ シンプルな部屋にも個性が生まれる板張り天井。 実例にもありましたが、カーペット敷きのお部屋にも木の温もが加わり、手がかかっている印象を与えるため、高級感があります。 半面、空間が狭く見え、天井高によっては閉塞感を感じる場合も。 気になるようなら、一部だけにアクセントとして使ったり、寝室や趣味の部屋などの個室に取り入れるとよいでしょう。

次の