耳かき し 過ぎ。 耳かきがやめられない!耳かき癖で耳が聞こえなくなった時の対処法!!

耳掃除をすると綿棒につく黄ばみの原因とは?|綿棒が黄色になる方のトリセツ

耳かき し 過ぎ

耳だれや血が出る 耳かきをしすぎることによって耳の中を傷つけてしまうことがあります。 綿棒やシリコンなどの肌に優しい素材で耳かきをしていたとしても何回も擦ってしまうと耳の中が傷ついてしまいます。 耳の中が傷ついてしまうと耳だれが出てしまいますよね。 耳だれが出てしまうとイヤホンやヘッドホンを汚してしまったり、寝ている間に枕などを汚してしまう可能性もあるでしょう。 そうなると、衛生的にも良くありませんし、血が出てしまっている場合も同じくいい状況とは言えないでしょう。 耳だれが外に出てこなくても中で固まってしまうと耳の穴をふさいでしまったり、耳だれに雑菌が繁殖して嫌なにおいを発生させたりすることも。 耳かきのし過ぎには注意をする必要があります。 耳垢を押し込んでしまう 太めの綿棒などで耳かきをしている場合、耳垢を取っているようで耳垢を耳の奥に押し込んでしまっている可能性があります。 自分で耳かきをするときというのは耳の中の状況が見えないですよね。 そうなるとどこに耳垢があるのかわからない状態で耳の中を擦ることになりますよね。 特に綿棒の場合は小さな耳の穴と同じくらいのサイズの綿棒が入るので耳垢を押し込めながらからめとることになります。 なので一部の耳垢は綿棒にくっつきますが奥へと押し込まれてしまった耳垢はとることができず、耳かきを繰り返すたびにどんどんと耳の奥に耳垢が溜まってしまいます。 人によっては耳が聞こえにくくなって耳鼻科に受診したところ「耳垢が詰まってしまっている」と言われて、耳の奥から耳垢の塊を取り出したという方もいます。 そもそも、耳垢というのは耳かきをしなくても自動的に耳の外に排出されるもので、耳かきをしなくても不必要な耳垢は勝手に出てくるものです。 そのシステムに反して出てこようとしている耳垢を押し込めてしまうというのは良くない行為なのかもしれません。 耳かきは基本的に耳の穴から1センチ程度で良いと言われています。 頻度と同じく耳の奥まで耳かきをしすぎてしまうのはよくません。 外耳炎になる 1でもご紹介したように耳かきをしすぎてしまうと耳の中が傷ついてしまいます。 腕や足などの皮膚も何度も引っかいていれば傷がついてしまいますよね。 それと同じで耳の中も皮膚に傷がついて最悪の場合は化膿などをしてしまいます。 耳かきをする部分は一般的に「外耳道」と呼ばれており、その皮膚が炎症を起こすことを「外耳炎」と言います。 外耳炎になると顎を動かすだけで耳が痛んだり、つばを飲み込むだけでも耳に痛みが走るなど日常生活にも支障をきたしてしまい、耳鼻科での治療と処方される薬が必要になるでしょう。 人によってはかなり痛むので耳かきのし過ぎには注意したいものです。 外耳道湿疹になる 外耳炎と同じように外耳道を傷つけることによって「外耳道湿疹」という厄介な症状が出てしまう場合があります。 外耳道湿疹では外耳道に湿疹ができてしまい、耳だれやかゆみが出てしまいます。 なので耳かきをしてしまい外耳炎を併発する危険性もあります。 さらに厄介なのは外耳道湿疹になってしまうと耳の中にかゆみが出てしまうので完治せずに繰り返してしまうことでしょう。 耳だれがずっと出てしまうのも良くありませんし、同じ場所をずっと傷つけてしまうと稀に腫瘍となって皮膚がんができてしまうこともあります。 耳かきのし過ぎは控え、少しでも異常があれば耳鼻科に行って耳の中に腫瘍などの異常がないかどうか検査してもらったほうがよさそうです。 鼓膜を傷つけてしまう 耳かきをしていると「もっと奥の耳垢を取りたい」と思ってしまいますよね。 ですが、耳の奥には「鼓膜」という重要な機関がありそれを傷つけてしまう危険があります。 耳が聞こえなくなってしまう原因としてよく「鼓膜が破れた」と聞きますが、まさに鼓膜を破ってしまうと耳が聞こえにくくなってしまいます。 耳かきのしすぎには注意しよう 耳かきをしすぎることによってのデメリットは外耳炎から皮膚がんなど痛くて恐ろしい病気を招いてしまう可能性もあってできるだけ避けたほうがよさそうです。 耳の中が自分では見えないので異常があったなら耳鼻科に受診して耳の中の状況を医師に診断してもらうようにしましょう。 「耳かきのしすぎは危険。 耳かきのデメリットとは」への感想コメント一覧•

次の

耳掻きすぎて、耳タコいっぱいΣ(゚д゚lll)

耳かき し 過ぎ

耳かきは気持ち良いですよね。 小さい頃から耳かきが好きで、大人になってからは1日2回は耳かきをするほど耳かきが大好きでした。 耳かき好きなら、それくらいの頻度でやってしまう方も多いのではないでしょうか。 ですが、その耳かきが原因で病院へ行くこととなりました。 理由は、耳の奥がズキズキと痛みだして、それがずっと治らなかったのです。 その症状を見てもらった病院で、先生からこってりと絞られ、正しい耳かきの方法を教えてもらったので、今回はそのことについて書きます。 耳かきが大好きという方、頻繁に耳かきをやってしまうという方はぜひご注意ください。 スポンサードリンク 以前の耳かきのやり方 病院にかかる以前の耳かきについてですが、頻度は多いときで1日に2回で、夕方に1回、夜に1回というパターンが多かったです。 夕方ゆっくりとテレビを見ながらと、夜に部屋でまったりとしている時にリラックスしながらやるというのがいつものパターンでした。 特に、竹の耳かきはゴリゴリと取れるので、とても使っていて気持ちが良かったです。 やる際の強さは、綿棒も竹の耳かきも結構強めに使っていて、たまにやり過ぎて血がにじむことも 笑 その時は少しヒリヒリして痛むのですが、次の日になるとまた耳かきをやってしまっているといった状況を約4年ほど続けていました。 すると、ある症状が出はじめたのです。 現れた症状 ある日の朝、目覚めると耳の奥に違和感を感じました。 ただ、はじめはその違和感も強くなく、「なんとなく変かな?」くらいにしか感じないので気にもとめていません。 そして今までと変わらず耳かきをやっていたんですね。 すると、その違和感から4日ほど経った頃に、ズキズキとした痛みが走りはじめました。 少し力を入れると、耳の奥がズキズキと痛むことがあるといった感覚です。 この頃には、鼓膜付近だろうという感覚もあり、さすがに耳かきを1日1回に控える等の対策はとりました。 ですが、それからさらに2日ほど経った頃には、1日中痛みが取れなくなりました。 ここで初めて病院に行くことを決意することになります。 というより、1日中耳が痛むので、仕事やプライベートにも色々と支障が出はじめた為に、行かざるを得ない状況になったというほうが正しいかもしれません。 そこで先生からこってりと絞られ、そうなってしまった原因とその対策を教えられました。 耳が痛くなった原因 耳が痛くなった原因は、耳の奥に耳垢がたまり過ぎていたことが原因とのことでした。 実際に、バキュームのような物で取ってもらったものを見ると、確かに耳垢がたくさん取れていました。 中には耳垢だけではなくて髪の毛があったりと、ありえない物まで出てきたことには驚きです。 ですが、1日に2回も耳かきをやっていたのに、なぜそれでも耳垢が溜まるのかがわかりませんでした。 すると、先生からいくつかの要因を教えられました。 耳かきの頻度 まず、耳かきを1日に2回ほどやっていたのですが、それがダメだと怒られました。 本来なら、1週間に1度くらいの頻度で良いそうなのですが、私の場合は明らかに高すぎるとのこと。 今まで耳垢を取っていたつもりなのに、知らず知らずのうちに少しずつ奥に追いやっていた分があったということですね。 また、頻度が高すぎたがために後述することを助長させたりと、とにかく悪い働きをしているとのこと。 ということで、まず第一に耳かきの頻度が多いことが原因だそうです。 やる際の強さ たまにやり過ぎて血がにじむことがあると言いましたが、その強さも間接的に原因になっていました。 耳かきをやる際の力が強すぎると、皮膚を傷つけてしまい、そこから汁のようなものが出るそうです。 それが皮膚上で固まることで耳垢のようになり、それを耳垢と勘違いして何度も耳かきすることで、そのカスを耳の奥に追いやってしまうとのこと。 確かに、昨日耳かきしたはずなのに1日でまた耳垢が取れるなんて、どこか異常があるのではと心配でしたが、どうやらコレだったようです。 また、耳をこのように傷つけると、慢性的な炎症を起こすことになるとの注意も受けました。 実際に、私は軽い炎症を起こしていたそうです。 もしガリガリ耳かきをやっている方は要注意ですよ。 竹の耳かき 個人的に、竹の耳かきの感覚が大好きで、竹の耳かきはいくつか持っていました。 この竹の耳かきを使っていたことが、今回の耳を痛めた大きな要因だと言われた時には、さすがにショックを受けましたよ。 なんでも、竹の耳かきを使うと耳垢を大量に奥へと押しやってしまうそうです。 そうとは知らず、いつも竹の耳かきを使っていたから、とても多くの耳垢が耳の奥に眠っていたわけです。 先生からは、「今後一切竹の耳かきを使わないように」と険しい顔をして怒られました。 気をつけていること 病院で診てもらった際に、先生から「もし改善しないなら最悪手術になることもあるから」と言われました。 そのような少し恐い言葉をかけられたので、以後色々と気をつけていることがあります。 できれば手術は避けたいでしょうから、もし同じような耳かきのやり方の人は、参考にしてみてください。 綿棒だけを使う まずは竹の耳かきをやめました。 一切使わないようにと言われたので、病院で診てもらって以来、竹の耳かきを1回も使わないようにしています。 これは耳垢を奥に追いやる1番の原因なので、その日にすぐ実行しました。 ただ、やはり「取れている感」がどうしても弱くなってしまうのは否めません。 そこで、綿棒を白から黒に変えてみると良いと知人に勧められました。 以前から知ってはいたものの、なんとなく慣れた白ばかりを使っていたのですが、これを機に試しに変えてみることに。 この変更は大成功でした。 黒い綿棒だと、耳垢がとても目立つので「取れた感」がとても感じられるんです。 もちろん、白い綿棒と変わらず取れるし、目に見える分だけ白い綿棒よりも良いと思えますし。 もしもまだ白い綿棒を使っているという方は、ぜひこの黒い綿棒がおすすめですよ。 私はいつも最低2個はストックしています。 お風呂上がりにやる 今までは耳が乾燥していたときにゴリゴリやっていたのですが、それをお風呂上がりにやるようにしました。 理由は、耳垢が柔らかくてまとまって取ることができるからです。 乾燥していると、粉なのようにパラパラになってしまい、何度も耳かきをする必要があります。 ですが、お風呂上がりだと湿気ているので、力を入れず優しく何度かやるだけでしっかり取れるんですよ。 何気に散らからないしで、結構気に入ってる方法です。 深さは耳の穴から1cm程度までで我慢する 今までは、結構奥のほうまでやっていたのを、かなり手前のほうだけやるようにしました。 先生に聞いたのですが、人間の耳かきの深さはその辺までで十分だそうです。 人体は異物などを外に出すように作られていますから、そう言われてみれば確かに納得です。 具体的に言うと、耳の穴から1cmほど入った部分までしかやらないようにしています。 これを奥のほうまでやっていると、段々と耳垢を追いやっていってしまう結果になるわけです。 奥までやった方が気持ちが良いですが、手術をやることと比べると迷いませんでした。 まとめ 以上のような耳かき方法に変えてからは、1度も耳の痛さは再発していません。 ただし、耳かきの頻度だけはあまり落とせず、1週間に2度ほどはやってしまっていますが。 もし以前の私と同じような耳かきをやっている方は、耳の奥が痛くなり始めるかもしれませんので気をつけてくださいね。

次の

やりすぎは禁物です!耳掃除の耳寄りな話

耳かき し 過ぎ

2019年4月12日 更新• 耳垢の状態によって使い分けることが良いとされており、好みの使用感によっても適したものは変わってきます。 そこで、この記事ではおすすめの耳かきを種類別に厳選。 定番のスプーンタイプや人気のスクリュータイプの他に、カメラ付きや自動吸引タイプなどの最強耳かきも紹介します。 耳かきのやりすぎによる危険性についても触れているので、ぜひご覧ください。 一般的な耳かきの種類は、大きく分けるとスプーンタイプ、スクリュータイプ、コイルタイプの3種類。 それぞれの特徴を見ていきましょう。 出典: 先端がスプーンのようになっているスプーンタイプは、昔からある耳かきの代表的なタイプです。 スプーン状の先端で耳垢をかき出す感覚が心地良く、耳かきをしているという実感を強く得られるハードな使用感が好まれています。 また、スプーンタイプは日本人に多い乾燥した耳垢を掃除するのにおすすめ。 粉状の耳垢が取りづらいところがやや難点でしょう。 出典: 湿性のある耳垢におすすめなのが、掃除部分がらせん状になった細身のスクリュータイプです。 特に湿性の高い耳垢にはゴム製がおすすめです。 また、乾燥した耳垢掃除に使えるところもポイントで、かき心地はハード。 出典: 弾力性のあるワイヤーをループ状に重ね、熊手のような形にしたコイルタイプの耳かきです。 湿性の耳垢も乾燥した耳垢も柔らかいワイヤーで絡めとるため、上手く取れずに耳垢が耳の奥に落ちてしまうということもありません。 肌へのタッチも優しいコイルタイプは、肌が敏感な人や子供にも安心感がありおすすめです。 出典: 耳垢には、耳に入ってきた細菌やウイルスを排出する抗菌作用があるほか、鼓膜を保護するという役目があります。 さらに耳には、食事や会話などで顎を動かすと、古い耳垢が自然と外耳道から外に出ていくという自浄作用が備わっています。 しかし、耳かきをやりすぎると、出口に向かってきた耳垢を再び奥に押し戻すことに。 外耳から運んできた真菌やウイルスにより感染症を引き起こす可能性が高まってしまいます。 そのため、耳かきのやり過ぎで耳垢を無理に押し込んでしまうと、鼓膜が破れる可能性や、最悪の場合聴力を失う可能性もあるので気を付けましょう。 まずは、おなじみのスプーンタイプの耳かきを紹介します。 同じスプーンタイプでも、素材や形状はさまざま。 ここでは、それぞれ異なる特徴を持つスプーンタイプの耳かきを見ていきましょう。 出典: しっかり耳垢をかき出したい人におすすめの、竹を使用したスプーンタイプの耳かき。 高級竹で知られる煤竹 すすたけ を使用しており、肌触りが良いところや、高級感のある赤っぽい色味であるところが特徴です。 軸は細く、先端部の皿は薄く。 熟練の職人により1本1本作られた、昔ながらの耳かきです。 手作業により作られているため、軸や先端部など仕上がりには多少のバラつきがあるようです。 外形寸法 全長17cm• 材質 竹 出典: 2015年にキッズデザイン賞を受賞した耳かきです。 LEDライトの優しい光で耳の中を照らすことができ、奥まで入り過ぎないよう波打った独特の形状が特徴です。 専門医も推奨しているほか、水拭き可能で衛生的であるなど、安心して使えるポイントがたくさん。 握りやすいグリップかつ使いやすいスプーンタイプのため、子供から大人まで家族全員で使えるおすすめ耳かきです。 外形寸法 全長15. 4cm• 本体 ABS樹脂• 作用部 PETG 出典: スプーンタイプにふさふさの梵天 ぼんてん が付いた、昔ながらの耳かきです。 乾燥した耳垢や粉状の耳垢などもサッとかき取る、ふさふさのアヒル毛を使用。 高級竹の煤竹を軸にし、日本人の手に馴染み深い耳かきに仕上がっています。 竹のかき取りやすさに加え、ソフトな肌触りを求める人におすすめ。 外形寸法 全長15. 5cm• 本体 煤竹• ぼんてん あひるの羽毛 まんべんなく耳垢をかき出したい人におすすめのスクリュータイプ。 スプーンタイプに比べてスタイリッシュなデザインが多いのも特長。 ユニークな機能性をもつ、おすすめのスクリュータイプを紹介します。 出典: 耳かきの両端がスクリューになっており、小型のスクリューヘッドと大型のスクリューヘッドをこれ1本で楽しめます。 大小異なるヘッドを耳穴のサイズに合わせて使い分けることもできるため、家族みんなにおすすめです。 ステンレス製でお手入れも簡単。 外形寸法 全長11cm• 材質 18-8ステンレス 出典: 「我が家的には最強」なんて口コミもある、リピーターも多く見られる人気の耳かきです。 「いやー快適」というユニークなネーミングも印象的。 先端部分は、スクリュータイプの中でも珍しい形状をしており、円盤状の金属が3連になっています。 昔懐かしい鉛筆デザインの持ちやすいグリップと、ゴッソリとれる爽快感が評判です。 ハードなかき心地なので、やりすぎには注意しましょう。 外形寸法 全長17. 4cm• 先端 真鍮 クロームメッキ仕上げ• 柄 シダの木 アメリカ産 出典: 純度の高いチタンを使用した、人に優しいスクリュータイプの耳かき。 片端はサイズの異なる円盤状の金属が3つ重なったスクリューヘッドになっており、もう片端は耳つぼをマッサージできるつぼ押しがついています。 耳かきだけでなく、耳つぼを刺激する健康ケアも同時に行える新タイプの耳かきです。 外形寸法 全長9cm• 材質 チタン 耳垢を奥に押し戻さず、飛び越えて奥に進めることができるループタイプの耳かき。 肌当たりはソフトなのにゴッソリ耳垢が取れる、おすすめのループタイプを紹介します。 出典: 真鍮ゴールド仕上げの美しい見た目と機能美を備えた耳かきとして、グッドデザイン賞を受賞している商品。 耳穴にフィットする曲面が特徴の0. 45mmの極細ワイヤーが、耳にスッと入り込み一気に耳垢をかき取ります。 弾力性のあるワイヤータイプは、耳かきの痛みが気になるという人にもおすすめ。 耳垢を奥に押し込む心配がないため、日々安心して使用できます。 外形寸法 全長13cm• 先端 18. 8ステンレス• 柄 ステンレス• 仕上げ シリコンゴム 出典: ハニーディッパーのような形が印象的な、コイルタイプの耳かき。 綿棒のような可動性にワイヤーの弾性を加えたことで、操作性の良い耳かきに仕上がっています。 乾燥した耳垢からねっとり耳垢まで、幅広い耳垢をキャッチ。 耳の中でワイヤーが曲がってしまうのを防ぐ安全芯があるほか、先端は耳を傷つけないよう丸みを帯びた優しい形状になっているなど、子供からお年寄りまで、安心しておすすめできるデザインです。 外形寸法 全長11cm• 材質 ステンレス、真鍮、シリコンゴム 近年、耳の中の様子を確認できるカメラ付きの耳かきや、振動で汚れを落とすものなど、続々とハイテクな最強耳かきが販売されています。 ここでは、「耳鼻科で行うような本格的なケアを自宅で」という人にもおすすめのハイテク耳かきを紹介します。 出典: 耳かきの先端部で中を明るく照らし、解像度が高い映像をカメラで確認しながら耳掃除を行えるコデンのイヤスコープ。 13000画素で映し出された映像は5倍にズームされて確認できるため、耳垢の様子や位置をよく確認できます。 肉眼では見えない部分を、カメラで中を慎重に確認しながら耳掃除が可能。 自分はもちろん、家族に耳かきをしてあげるときなどにも便利です。 外形寸法• 本体 幅12cm 奥行14. 3cm 高さ4. 1cm• 耳かき 直径1. 1cm 高さ16. 4cm• 材質 ABS樹脂、アクリル樹脂、ステンレス、ガラス• セット内容 耳かき 小 、ライトガイド、粘着式耳かき棒20本、9V乾電池 出典: ポケットイヤークリーナーデオクロスは、振動で耳垢を落とし、吸引して耳垢を回収するという新しいタイプのハイテク耳かきです。 振動は耳穴をマッサージする効果もあるそう。 ハイパワーですが耳の奥まで入りこまない設計のため、安心して使用できます。 まさに、耳用の掃除機ともいえるポケットイヤークリーナーデオクロスは、手動の耳かきでは味わえない爽快感を得られると人気の最強耳かきです。 外形寸法 直径2. 5cm 全長13cm 組立時• 材質 プラスチック、他• セット内容 本体、ノズル2本、掃除ブラシ、テスト用乾電池、専用ケース スプーンタイプやスクリュータイプ、最強の耳掃除が期待できるハイテク仕様など、さまざまなおすすめ耳かきを紹介しました。 耳垢がスポッと取れる瞬間はとても気持ちが良いもの。 ただし、やりすぎには注意し、機能性の高い耳かきを使用して、耳の自浄作用を損なわない程度にケアを続けていきましょう。 この記事を参考に、ぜひ自分の好みにあった耳かきを探してみてください。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の