背中 ぶつぶつ かゆみ。 背中の痒みの原因と対策!危険な病気が隠されてるらしい | ネタコミFIT!

背中のかゆみ|ゴシゴシと強くこするとブツブツの原因になります

背中 ぶつぶつ かゆみ

湿疹とは? 日常生活においてよく発生する症状として、咳や鼻水といったものがありますが、人によって頻繁に湿疹症状が出てしまうことがあります。 アレルギー反応を引き起こす物質に触ったときに発生する接触性皮膚炎、皮脂分泌量が多すぎることで毛穴が詰まってしまい発生する脂漏性皮膚炎、あまりにも乾燥してしまい肌のバリア機能が失われて角質が剥がれて白い粉が出てしまうようになる皮脂欠乏性湿疹など色々と種類があります。 ここではかゆくないけれども湿疹のような症状が現れた場合に考えられる原因について記載したいと思いますが、湿疹と思われるような症状が皮膚に現れた場合、その背景には重篤な内科的疾患が潜んでいることもありますので、まずは病院で診断してもらうようにしましょう。 かゆくない湿疹のような症状の原因は? 以下に部位別のかゆくない 湿疹のような症状が出ている場合に考えられる原因について記載していきたいと思います。 顔 顔にできる湿疹のような症状でかゆみを伴わないものとして 酒さ様皮膚炎が考えられます。 この 酒さ様皮膚炎の原因は顔に長期間ステロイドを塗り続けることに対する副作用と言われています。 その他に顔に湿疹ができる皮膚炎は接触性皮膚炎・脂漏性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・尋常性湿疹など豊富にありますが、これらの症状は基本的にはかゆみを伴うものとなっています。 しかし、その部分には個人差もあるので人によっては痒みがほとんど感じない人もいるようです。 腕 腕にかゆくない湿疹のような症状がある場合は単純性紫斑病の可能性が高いです。 発症しやすいのは20代や30代の若い女性で、 原因はなんらかの影響によって毛細血管が破れて内出血したからと考えられております。 その他には 毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の可能性もあります。 これは 腕の内側にある皮膚の毛穴の中に古い角質が溜まって炎症を起こしているのが原因で、サメ肌のように腫れあがってしまいます。 それ以外では毛嚢炎や梅毒の可能性もあります。 毛嚢炎の原因は黄色ブドウ球菌が皮膚に侵入することで、梅毒は梅毒トレポネーマの感染している人に接触することで感染します。 皮膚病ではありませんが、ダニにかまれることで赤い斑点が出ることもあるので、心当たりのある人は家の中を一度大掃除しましょう。 足や手 足にできる痒みのない湿疹のような症状で考えられるものは腕の項で記載した単純性紫斑病が考えられます。 これは 足だけではなく手にも赤い斑点がでることがあります。 しかし、 かゆみや痛みがほとんどないので放置されることが多いのが特徴です。 先に記載していますが、発症しやすいのは20代や30代の若い女性で、 原因はなんらかの影響によって毛細血管が破れて内出血したからと考えられております。 それ以外にも鬱血性皮膚炎のようにふくらはぎやすねに赤い斑点ができるものもあります。 これはかゆみを伴うこともありますが、全く感じないこともあるようです。 原因は足の血液が正常に循環できなくなってしまうことにあります。 また、 太ももにかゆくない湿疹のようなものが現れることもあるようですが、これは アルコールによって血行が促進されて血管が拡張されたために発生したり、 ダニによって引き起こされることが考えられます。 その他、毛嚢炎という黄色ブドウ球菌が原因のものも考えられるでしょう。 Sponsored Link お腹や背中 背中に湿疹のような痒くないものができる人は結構多いものなのです。 ただし、痛みやかゆみが無いので自覚症状が無い人も多いようで、同居人に言われて初めて気が付くという人もいます。 考えられるのは汗疹またはアレルギー反応で起こる丘疹でしょう。 汗疹は汗の通り道にある汗腺が詰まって汗が体外にうまく輩出されなくなってしまい、皮膚の中で炎症が起きてしまうものです。 重症化すると痛みや痒みもでるようですが、症状が軽いうちは痛みも痒みもなくできものが数か所できる程度ですみます。 アレルギー反応で起こる 丘疹はアレルギー反応によるものなので原因は多岐にわたっていますが、食べ物・衣類・石鹸などが該当するでしょう。 首 首にかゆくない湿疹のような症状が現れている場合に考えられるのは、 ストレス・アレルギー・ニキビといったところでしょうか。 ストレスによる湿疹は自律神経のバランスが乱れることで起きる異常の一つといわれており、首以外にもあらゆるところに湿疹を起こす可能性があります。 これは皮膚炎とは違うものとなっているので、痛みやかゆみが無いことが多いです。 アレルギーの場合は金属アレルギーならネックレスに触れることで発生することがあります。 それ以外にも洗濯用の洗剤を変更したり、シャンプーの洗い残しがあったり、整髪料を多めに使ってしまうことなどでアレルギー反応が皮膚に発生することがあります。 ニキビの場合は、肌が乾燥して皮脂が毛穴に詰まることで発生するので肌を清潔に保って保湿することが大切になるでしょう。 全身 身体の一部ではなく 全身に湿疹のような症状が出てくる場合に考えられるのはまずダニが挙げられます。 ダニは肌が露出していない柔らかい部分を好む傾向にありますが、全身どこにでもできる可能性があり 痒みが無いことが特徴となっています。 対策はとにかく清潔にすることでしょう。 あるいは、 全身症状として広がっている場合はジベルバラ色粃糠疹の可能性があるでしょう。 これは数ミリほどの赤い斑点が腹部や背部を中心に表れますが全身に広がることもあります。 ジベルバラ色粃糠疹は個々の斑点は楕円状になっていますが、痒みは非常に軽いことが多く、全く痒みが出ないこともあるようです。 赤くてかゆくない湿疹のような症状の原因は? これは ジベルバラ色粃糠疹が考えられます。 症状としては赤い発疹が特徴的で、発熱や倦怠感を感じたりしますが、発疹部の痒みや痛みはほとんどありません。 但し、似たような皮膚症状を引き起こす病気の可能性もあるため、皮膚科を受診することが大切です。 対処法について 痒くない湿疹でも症状が非常に軽く、特別広がる様子を見せない場合は放置していても治ることのほうが多いですが、 徐々に広がりを見せる場合はなんらかの皮膚トラブルを想定して一度は皮膚科を受診してどのような病気なのかを特定してもらいましょう。 病気の治療をするためにも、どの病気になっているのかを特定してからでないと治療を始めることができません。 特に危険なのが赤ちゃんで赤ちゃんは言葉で伝えることができずにかゆみがあるのか無いのかを伝える術がありません。 そのため、皮膚炎がでたらいち早く原因を特定するために病院に行くようにしてください。 湿疹に関しましては次のページも参考にしてください。 最後に 以上、いかがだったでしょうか。 今回は顔・手・腕・足・お腹・背中などのかゆくない湿疹の原因は何なのかをお伝えしました。 痒みが無い湿疹は痒みがある湿疹と比べた場合、原因がある程度絞られるものではありますが、独自の判断ではその原因を特定するのも困難なのでまずは原因を特定するために病院に行くようにしてください。 治療を開始するためにも一体原因が何なのか、症状はどのようなものなのかをはっきりさせるのが一番大切なことなのです。 ただ、ダニによる湿疹の可能性もあるので、部屋の汚れが気になる方は一度大掃除をして部屋の中を綺麗にして、症状が軽いならしばらく過ごしてみて治るかどうか試すのもいいかもしれません。 カテゴリー•

次の

背中ニキビがかゆい原因|どうしたらいい?市販の薬で対処できる?

背中 ぶつぶつ かゆみ

湿疹とは? 日常生活においてよく発生する症状として、咳や鼻水といったものがありますが、人によって頻繁に湿疹症状が出てしまうことがあります。 アレルギー反応を引き起こす物質に触ったときに発生する接触性皮膚炎、皮脂分泌量が多すぎることで毛穴が詰まってしまい発生する脂漏性皮膚炎、あまりにも乾燥してしまい肌のバリア機能が失われて角質が剥がれて白い粉が出てしまうようになる皮脂欠乏性湿疹など色々と種類があります。 ここではかゆくないけれども湿疹のような症状が現れた場合に考えられる原因について記載したいと思いますが、湿疹と思われるような症状が皮膚に現れた場合、その背景には重篤な内科的疾患が潜んでいることもありますので、まずは病院で診断してもらうようにしましょう。 かゆくない湿疹のような症状の原因は? 以下に部位別のかゆくない 湿疹のような症状が出ている場合に考えられる原因について記載していきたいと思います。 顔 顔にできる湿疹のような症状でかゆみを伴わないものとして 酒さ様皮膚炎が考えられます。 この 酒さ様皮膚炎の原因は顔に長期間ステロイドを塗り続けることに対する副作用と言われています。 その他に顔に湿疹ができる皮膚炎は接触性皮膚炎・脂漏性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・尋常性湿疹など豊富にありますが、これらの症状は基本的にはかゆみを伴うものとなっています。 しかし、その部分には個人差もあるので人によっては痒みがほとんど感じない人もいるようです。 腕 腕にかゆくない湿疹のような症状がある場合は単純性紫斑病の可能性が高いです。 発症しやすいのは20代や30代の若い女性で、 原因はなんらかの影響によって毛細血管が破れて内出血したからと考えられております。 その他には 毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の可能性もあります。 これは 腕の内側にある皮膚の毛穴の中に古い角質が溜まって炎症を起こしているのが原因で、サメ肌のように腫れあがってしまいます。 それ以外では毛嚢炎や梅毒の可能性もあります。 毛嚢炎の原因は黄色ブドウ球菌が皮膚に侵入することで、梅毒は梅毒トレポネーマの感染している人に接触することで感染します。 皮膚病ではありませんが、ダニにかまれることで赤い斑点が出ることもあるので、心当たりのある人は家の中を一度大掃除しましょう。 足や手 足にできる痒みのない湿疹のような症状で考えられるものは腕の項で記載した単純性紫斑病が考えられます。 これは 足だけではなく手にも赤い斑点がでることがあります。 しかし、 かゆみや痛みがほとんどないので放置されることが多いのが特徴です。 先に記載していますが、発症しやすいのは20代や30代の若い女性で、 原因はなんらかの影響によって毛細血管が破れて内出血したからと考えられております。 それ以外にも鬱血性皮膚炎のようにふくらはぎやすねに赤い斑点ができるものもあります。 これはかゆみを伴うこともありますが、全く感じないこともあるようです。 原因は足の血液が正常に循環できなくなってしまうことにあります。 また、 太ももにかゆくない湿疹のようなものが現れることもあるようですが、これは アルコールによって血行が促進されて血管が拡張されたために発生したり、 ダニによって引き起こされることが考えられます。 その他、毛嚢炎という黄色ブドウ球菌が原因のものも考えられるでしょう。 Sponsored Link お腹や背中 背中に湿疹のような痒くないものができる人は結構多いものなのです。 ただし、痛みやかゆみが無いので自覚症状が無い人も多いようで、同居人に言われて初めて気が付くという人もいます。 考えられるのは汗疹またはアレルギー反応で起こる丘疹でしょう。 汗疹は汗の通り道にある汗腺が詰まって汗が体外にうまく輩出されなくなってしまい、皮膚の中で炎症が起きてしまうものです。 重症化すると痛みや痒みもでるようですが、症状が軽いうちは痛みも痒みもなくできものが数か所できる程度ですみます。 アレルギー反応で起こる 丘疹はアレルギー反応によるものなので原因は多岐にわたっていますが、食べ物・衣類・石鹸などが該当するでしょう。 首 首にかゆくない湿疹のような症状が現れている場合に考えられるのは、 ストレス・アレルギー・ニキビといったところでしょうか。 ストレスによる湿疹は自律神経のバランスが乱れることで起きる異常の一つといわれており、首以外にもあらゆるところに湿疹を起こす可能性があります。 これは皮膚炎とは違うものとなっているので、痛みやかゆみが無いことが多いです。 アレルギーの場合は金属アレルギーならネックレスに触れることで発生することがあります。 それ以外にも洗濯用の洗剤を変更したり、シャンプーの洗い残しがあったり、整髪料を多めに使ってしまうことなどでアレルギー反応が皮膚に発生することがあります。 ニキビの場合は、肌が乾燥して皮脂が毛穴に詰まることで発生するので肌を清潔に保って保湿することが大切になるでしょう。 全身 身体の一部ではなく 全身に湿疹のような症状が出てくる場合に考えられるのはまずダニが挙げられます。 ダニは肌が露出していない柔らかい部分を好む傾向にありますが、全身どこにでもできる可能性があり 痒みが無いことが特徴となっています。 対策はとにかく清潔にすることでしょう。 あるいは、 全身症状として広がっている場合はジベルバラ色粃糠疹の可能性があるでしょう。 これは数ミリほどの赤い斑点が腹部や背部を中心に表れますが全身に広がることもあります。 ジベルバラ色粃糠疹は個々の斑点は楕円状になっていますが、痒みは非常に軽いことが多く、全く痒みが出ないこともあるようです。 赤くてかゆくない湿疹のような症状の原因は? これは ジベルバラ色粃糠疹が考えられます。 症状としては赤い発疹が特徴的で、発熱や倦怠感を感じたりしますが、発疹部の痒みや痛みはほとんどありません。 但し、似たような皮膚症状を引き起こす病気の可能性もあるため、皮膚科を受診することが大切です。 対処法について 痒くない湿疹でも症状が非常に軽く、特別広がる様子を見せない場合は放置していても治ることのほうが多いですが、 徐々に広がりを見せる場合はなんらかの皮膚トラブルを想定して一度は皮膚科を受診してどのような病気なのかを特定してもらいましょう。 病気の治療をするためにも、どの病気になっているのかを特定してからでないと治療を始めることができません。 特に危険なのが赤ちゃんで赤ちゃんは言葉で伝えることができずにかゆみがあるのか無いのかを伝える術がありません。 そのため、皮膚炎がでたらいち早く原因を特定するために病院に行くようにしてください。 湿疹に関しましては次のページも参考にしてください。 最後に 以上、いかがだったでしょうか。 今回は顔・手・腕・足・お腹・背中などのかゆくない湿疹の原因は何なのかをお伝えしました。 痒みが無い湿疹は痒みがある湿疹と比べた場合、原因がある程度絞られるものではありますが、独自の判断ではその原因を特定するのも困難なのでまずは原因を特定するために病院に行くようにしてください。 治療を開始するためにも一体原因が何なのか、症状はどのようなものなのかをはっきりさせるのが一番大切なことなのです。 ただ、ダニによる湿疹の可能性もあるので、部屋の汚れが気になる方は一度大掃除をして部屋の中を綺麗にして、症状が軽いならしばらく過ごしてみて治るかどうか試すのもいいかもしれません。 カテゴリー•

次の

胸や背中のブツブツはニキビじゃないかも?その正体とケア方法を紹介!

背中 ぶつぶつ かゆみ

ふと気づいたら、皮膚に赤い斑点が できることってありますよね。 今までそんな斑点なんて体にできなかったのに、 急に症状が出てきたら病気なのではないかとか、 いろいろと気になるところですよね。 皮膚にできる赤い斑点は体の様々な箇所にでき、 手足とか顔にできたりもします。 また、 かゆみがある場合とない場合でも、 症状や原因は変わってきます。 そこで、自分がどういったことが原因で 斑点ができてるのかなども気になりますよね。 それによって対処なども変わってきますし、 治したい時はどうすればいいのかなども、 知っておけばすべきことも変化していきます。 そこで今回は皮膚に赤い斑点ができたときの かゆみがあるないの7つの原因と対処法などをご紹介します。 皮膚に赤い斑点ができてかゆみがある症状の原因とは? まず、赤い斑点ができた際にかゆみがある症状に関して どんな原因があるのかをご紹介します。 1.ダニに噛まれたもの 朝起きたときに急に赤い斑点があることがあります。 そして、 赤い部分がかゆい場合はダニに噛まれた可能性があります。 蚊に刺されたような感じに見えますが、 根が張っていてなかなか治るのに時間がかかり、 かゆみも一週間ぐらい続きます。 基本的には放っておけば自然に治癒していきます。 ダニは布団の中にいるものなので、 ちゃんと定期的に布団を干したり、 クリーニングしたりしましょう。 2.皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹というのは あまり聞きなれない症状かもしれません。 これは皮膚が乾燥しているときに、 痒みが出て掻いてしまうと湿疹が出ることがあります。 症状の対処方法としては肌が乾燥しないために、 保湿クリームなどでしっかりとケアをすることです。 3.蕁麻疹 蕁麻疹は急に体に異変があって痒くなり始めたり、 チクチクとして、赤い斑点が出る症状のものです。 最初は赤い斑点がどこかに出るのですが、 それが段々と広がって全身に出て腫れたようになります。 蕁麻疹はアレルギー、ストレスなどが原因と言われています。 対処法としは数日で自然に治癒すると言われていますが、 どうしてそうなったのかを知っておかないと再発することもあります。 何かのアレルギーでなったのか、それともストレスなのかなど、 ちゃんと調べておくことが大事になります。 4.肌カビ 肌カビと聞くと何か怖い病気のように思えるかもしれませんが、 誰にでもなり得るもので、 症状としては肌が赤くなりかゆくなるものです。 肌カビはマラセチア菌が原因になるのですが、 この菌自体は特別なものではなく誰の肌にもいるものです。 この肌カビは汗がもとで発症することが多く、 汗をかいた後に放っておかずに拭くことが大事です。 他にもお風呂に入った際に体を洗うときに 強くこすったりするのも原因になるそうです。 対処法としては汗をかいた後にそのまま自然に 乾燥するのを待つのではなく、 ちゃんと拭き取るようにしましょう。 5.手湿疹 手湿疹はその名前の通り、手にできる湿疹のことです。 手湿疹は美容師、調理師、水仕事で強い洗剤を 素手で使う主婦などによくみられるものです。 この手湿疹には乾燥型と湿潤型とがあり、 乾燥型は手が普段よりも乾燥してしまうものです。 そして、もう一方の 湿潤型は小さな発疹で赤い斑点がでたり、 水ぶくれなどの症状が出るものです。 この手湿疹に関して対処法に関しては水仕事で洗剤を使い場合は ゴム手袋を付けるなど直接触れないようにしましょう。 仕事でそれができない場合はハンドクリームなど、 しっかりとケアをすることが大事です。 6.痒疹 痒疹とは肌が虫刺されのような 赤いぽちっとしたものが全身にできる症状です。 皮膚が盛り上がったような感じになり、 痒みもかなり強いです。 この痒疹は放っておける症状でもないので、 病院で診てもらいましょう。 7.あせも あせもはわりと誰でも知ってるかもしれませんが、 汗を多くかいたときなどに汗が皮膚内に溜まってしまい、 赤い点がポツポツとできるものです。 対処としては衣服など汗を吸収しやすいものを着たり、 ちゃんと汗を拭きとるなどが大事になります。 赤い斑点でかゆみがない場合の原因とは? 赤い斑点の中でかゆみがない症状のものもあり、 どういったものがあるのかをご紹介します。 1.単純性紫斑病 単純性紫斑病は赤い斑点というか 紫っぽい点がでますが、かゆみのない症状です。 斑点は特に足にできやすく、 若い女性に症状がでることが多いそうです。 これは 何かの要因で内出血をして、 それが斑点としてでるものです。 対処法としてはビタミンCを摂取していことが大事です。 ビタミンCには血管を強くする効果もあるので、 内出血するのをおさえることができるそうです。 ただし、再発する可能性もある症状なので、 病院で診てもらったほうがいいです。 2.うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚炎は症状としてはふくらはぎや脛などに 赤い斑点ができて、かゆみはあまりないです。 この症状は 長時間立ちっぱなし仕事の方に現れやすく、 女性のほうがなりやすいと言われています。 長時間立ちっぱなしでいると、 下半身の血液の循環が上手くできす、 それが原因となるそうです。 対処としては血液の循環を良くさせるために、 足をマッサージしたり、お風呂にゆかりと入るなど、 ケアをしていくことが効果的です。 3.毛嚢炎 毛嚢炎は汗などをかきやすいところにできやすく、 毛穴がぷちっと腫れて膿ができるものです。 赤いぷちっとした斑点と膿みは気になりますが、 症状が軽い場合はかゆみも痛みもあまりないものです。 毛嚢炎は毛穴が炎症したときに汗などで湿ったままにすると、 普段は無害なブドウ球菌が感染して起こるものです。 夏場など汗をかいた後にそのまま拭き取らなかったりして、 炎症した箇所に濡れた状態にしていると感染しやすくなります。 基本的には軽い症状のものは数日で自然に治るものです。 対処としては夏場などは汗など放っておかずに ちゃんと拭き取るなどしましょう。 皮膚に赤い斑点ができなくするための対処法 皮膚に赤い斑点ができる要因は様々なものがあり、 それぞれ対処の仕方も変わってきます。 症状の中には病院でちゃんと治療しないといけないものもありますが、 ちゃんとケアをしていけば、自然と治るものもあります。 その中でも汗の放置がもとになって発症するもの多いので、 対処としては肌を清潔にしておくことが大事です。 原因を特定しておくことでより正確な対処もできるので、 そういった部分を知ることも重要になりますね。 また、症状が酷い場合や原因がわからないものは、 必ず病院で診てもらうようにしましょう。 まとめ ここまで皮膚に赤い斑点がでるのは病気かどうかや、 かゆみがあるなしでの種類別での7つの原因などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の