進撃 の 巨人 ネタバレ 126。 進撃の巨人ネタバレ125話「夕焼け」最新あらすじ感想考察まとめ!

進撃の巨人ー126話考察。展開が早い‥104期集合で少年コニー

進撃 の 巨人 ネタバレ 126

ルイーゼに自分を重ねた? ルイーゼとの接触でミカサにどんな心境の変化があったのか定かではありませんが、アルミンと行動を共にするってことは、彼女なりに気持ちの整理はできたってことなのかな。 アニの決意 アニのこれからの動向も不明なままでした。 ただ、アニの目的は父親がいる故郷へ帰ること。 けど、地鳴らしが発動してしまい、故郷が危険にさらさてる状況です。 今回、パイをモグモグしていたアニと偶然遭遇したアルミンたちですが、アニが彼らと行動を共にしたのは、父親を守るための行動と考えると納得です。 125話での、アニの過去と父親の関係がアルミンたちの仲間になるための、ある意味伏線になっていたと言えます。 ジャンの決意 そして、最後はジャンの決意。 ジャンといえば、フロックにイェーガー派への介入を打診していましたが、ジャンはフロックの言う「自由」に違和感を感じていました。 それが、126話で自分なりに納得できる決意に辿りつくことができた。 イェーガー派には属さずに始祖の巨人を止めるために動く決意です。 ジャンの「骨の燃えカス」の真意 出典:進撃の巨人126話 諫山創 講談社 ジャンのセリフにあった「骨の燃えカスが俺を許してくれねぇんだよ」というセルフ、これはジャンが重大な決意をするときの決まり文句です。 ジャンの「骨の燃えカス」発言をさかのぼると、単行本3~4巻での「 トロスト区奪還作戦」まで戻る必要があります。 この作戦の中で、ジャンの同期だったマルコが殉職したのですが、このときジャンはマルコの遺体を目撃します。 その後、遺体を集めて火葬する場面で、ジャンは火葬の近くに転がる小さい骨を拾い上げ、そこで「どれが お前の骨だか分からない」と言います。 出典:進撃の巨人4 諫山創 講談社 奪還作戦で何十人と殉職した兵士が燃やされるなかで、ジャンが拾った骨がマルコのものかもはや分からない状況。 巨人との戦いが、いかに恐ろしく無謀なことかをイヤというほど思い知らされたのがトロスト区奪還作戦でした。 もしかしら、あのとき死んでいたのは自分でもおかしくなかった、マルコの死をきっかけにジャンの考え方が変わっていきます。 いま何をすべきか、何をすればこの地獄のような世界を救えるのか、ジャンは死んでいったマルコに兵士に恥じないよう行動し決断する覚悟を決めます。 ジャンはマルコの死によって心の成長を遂げた! これがきっかけとなり、ジャンは調査兵団への入団を決意することになったんですよね。 第57回壁外調査では、126話と同じセリフを口にしています。 このときジャンは、女型の巨人と遭遇、仲間が撤退する時間を稼ぐため動いた。 出典:進撃の巨人6 諫山創 講談社 このときも、「骨の燃えカスに」とあのとき死んでいったマルコに恥じない行動をするため、女型の巨人を誘導するという命がけの決断を下します。 126話では、進撃の巨人初期のジャンの決意前の口グセともいうべきセリフが、久しぶり登場した場面でした。 死んでいったマルコはもちろん、殉職していったすべての兵士に恥じない行動をするためにジャンは覚悟を決めたのがあの場面だった(カッコイイ! 進撃の巨人126話みんなの感想・考察 SNSの126話に関する意見・考察を紹介。 自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。 進撃の巨人126話、一気にバラバラだったキャラ達が一丸となっていく展開を1話でサクッとやっちゃってるの感心する。

次の

進撃の巨人126話 それぞれの決意!始祖の巨人を止めるの巻

進撃 の 巨人 ネタバレ 126

355. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 03:49 今回一番良かったのは顔潰されたライナーくんかばって負傷したガビちゃんが萌袖さらしてるところだと思うのでホームに設定した 天使とか持ち上げるのは好きでなかったけどこれが天使かって思った ここまでされたらやっぱガビはヒロインだわ ここのガビの台詞は少し自虐が過ぎてるかなと思えるけど、この子供裁判みたいな、学級会の糾弾みたいなののあげく暴力で解決するようなのは駄目だと思うんで、やっぱジャン嫌い。 アルコール中毒に気を付けた方がいい マガトが手を差し出すのを止めたのは、やっぱガビに対して自分の手を出すのは気が引けたんだと思う。 自分は戦争の道具にした当のマーレ人だからね まあ最初のジャンの出世ライフの妄想から爆笑して読んでたけどライナーがこんな状況に置かれて残念だ 皆が茶碗持って避けてるのも爆笑して見てたけど、歯が飛ぶほど殴るのはバット持って店内に襲撃に入るやからと同じだよ。 ライナーはいつの間に茶碗持ったんだろうな ライナーくんどんどん追い込まれて疲れてほんと自殺しそう• 421. 名無しのお前らが進撃してくる!• 本当はぶん殴りたい気持ち抑えまくって「もういい…」って折角ジャンが言ってくれてんのにライナーと来たら「許さないでくれ」の一点張り。 ただの甘えだろこんなの。 殴られる事で責任から逃げてるだけ。 こっちの方が全然ダメだろ。 何故そっちの自己満にジャン達が付き合わされなきゃならんのだ。 殴ってくれただけジャンはまだ優しい方。 蹴ったガビにもちゃんと謝ってるし。 あそこで話し合いだけで解決したらそっちの方が幻滅するわ。 ただアルコールに気をつけて欲しいのだけは共感する。 453. 名無しのお前らが進撃してくる!• エレンの時の一方的な態度といい ああやってライナーが、加害者としていつまでも暴力を受け続けることを肯定してるように感じるから気持ち悪いんだよ ガビは強いよ。 メンタルが死んでない でもあの場で加害者として被害者から直接責められるライナーとガビはこの物語で一番弱いと思うんだよ 結局、打たれ強いキャラが叩かれて弱いキャラが守られてるように見えるんだよねえ• 497. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 11:43 ハンジ、たしかにいいやつだよ 場を和ませようとしたり、リヴァいいを必死に守ろうとしたり、団長なのに直々にシチュー作ったりしてさ でも政治的軍事的に見たらダメダメだよね 数年後、全滅と恐れがあるのに「虐殺はダメだ!」「止めたとしてそのあとの策は?」「ない!」はなあ…たしかに虐殺はダメだけど 敵国の軍事施設踏み潰したら地ならし終わらせるようエレンに伝え、敵の軍事力を弱らせてる間にこちらの軍事力を上げる、とかなんとかなかったのか?と思ってしまう そして易々と団長が敵に手料理振る舞うな 以前リヴァイがハンジに言った「舐められるだろうが」ってやつだよ• 545. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 13:20 エルヴィンはちゃんと選んでたからな、ミケいたらミケだったと思うがハンジ途中まではきちんとしてたしだいたい消去法でハンジくらいしかいないし、リヴァイはもともと部外者だし序列以外から選ぶとしめしつかんから論外、ハンジはマーレで暴走しだしたのはモブリットがいないからがでかいだろうな、モブリットいたら事ある事にちゃんと止めてくれるだろうし、アルミンやジャンやリヴァイや新聞社は助けてくれるわけではない、ついに本人はマーレのおニャン子に頼りまくってた、エルヴィンいたらハンジの疲労見てさっさと切り替えて途中から休ませてフォローして他さっさと立ててあげてるだろうが、エルヴィンとモブリットいた頃が一番楽しそうで良かったなハンジは• 603. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 16:47 ライナーが話を蒸し返したことは悪いことなの?国家間でも対話がなくて友達としても話してこれなくてやっとほころびが出たらボコられてさ ジャンは綺麗事で済まされてライナーは残酷定期で当然とか言われるのおかしいよ しかもやっぱ誰かが先にやり出すと同調した読者が乗っかってヒステリックになるんだよな そりゃ誰かみたいに有無を言わせず巨人に放り込まれたりしなかったからね。 ライナーは生きてるだけで誰かと違って守られてて罪だって思いたくなるだろうけど 敵はライナー、って10巻頃から決めつけてずっとただ戦うだけでエレンて主人公は何なんだ?• 630. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月09日 18:21 最後の晩餐の話が出てきたけど、人数違うからそれはないと思いつつ、今の展開と照らし合わせると 生き残りであり晩餐を振る舞ったのはヨハネで、ヨハネの女性名がヨハンナ、そしてヨハンナの相性がハンジ。 彼女の苗字ゾエはイヴのギリシャ語形に由来するらしい。 そんでキリストの誕生日が12月25日、リヴァイと一緒。 彼が戦線に復活したらキリストの復活? アッカーマンは農夫という意味だけど、アダムは楽園を追放され生きるために農業を営んだ。 キリストはアダムとイヴの最後の子孫。 そしてユダが8月1日、ライナーと一緒。 座ってる位置も同っぽい。 聖書はサラッとしか知らないし違うところもあるだろうし、どこまで聖書や北欧神話と絡めてくるかわからないけど、意味深ではあるよね。 最後にキヨミも出てきたし、日本神話も絡めてくるのかな?• 666. 名無しのお前らが進撃してくる!• 815. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1107. 名無しのお前らが進撃してくる!• 敗戦国だからって一方的に戦争責任押し付けられて多額の賠償で苦しめられる祖国救うために立ち上がった 途中まではそれほど悪くなかったが、ユダヤ人ホロコーストなんて戦争関係ない無差別殺人やりだしたから完全悪になったんだろうが• 1247. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月12日 00:23 今回出てきた飛空艇が壊されても、氷爆石が燃料で動かす予定の飛行機が別にあるけどな。 まだ試運転もしてないけど。 マーレだけ攻撃したらいいと言ってる人はマーレ編を一から読み直す事を勧める。 ビリータイバーがマーレへの諸外国のヘイトをパラディにすり替えて団結させた時点で、アルミンの言う連合軍だけ叩く案は無駄。 50年で諸国に追いつける保証もないし、世界全て敵に回せば、例え世界最先端の国になっても負ける。 ビリーの演説前に中東連合と組んでマーレを奇襲する手もあるが、資源があり地ならしのスイッチを有する島をいつまでも世界がほっとくわけない。 追いつかれる前に叩かれる可能性がある。 不戦の契りの事もマーレにバレてるし。 バレてなくて、単独でいつでも始祖が地ならしを起せるなら抑止力十分だが。 それだと、始祖の継承放棄すれば誰が始祖に生まれて地ならしおこすか分からなくなるから、島も含めてエルディア人が迫害を受けるのも防げる。 1251. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月12日 01:07 <1107 当初の計画は実験だけだぞ? レベリオのリベンジのためにマーレにマーレに集まった世界連合軍に攻撃 というのはレベリオ襲撃の後にアルミンが語った考え。 一部実験で地ならしして、その様子を公開して抑止力とする。 氷爆石を燃料にして飛行機を飛ばすという取り決めをザックレーとキヨミ様がしてた。 エレンに共感できない、という人はフリーダみたいに島民が全滅した方が人数的に犠牲者が少ないからいいという考え? ジークみたいに、末期に老人だらけになり食糧生産やインフラも保てず餓死や病死、内戦でエルディア人が絶えるのがベターという考え? それとも、地ならし発動後に世界から移民目的で軍隊が殺到して島を巡って戦争になり、人類滅亡ENDになるという懸念? 何も考えず虐殺NG派? エレンがやり過ぎという人はハンジやガビと同じで先の事を考えてない。 銀河系中の異星人か地球人、世界人類か日本人、町民と自分の家族。 片方だけしか生き残れないなら絶対皆後者を選ぶはず。 むしろ共感を得やすい主人公だと思うけど? 圧倒的な力に抗い自由を求める主人公なのは一貫してる。 不自由を感じてなかった主人公に世界の多様性と壁の中の不自由さを教えてやったのがアルミンで、エレンが島民の生存の自由を得るために、アルミンの欲する世界の多様性をぶっ壊す事になる因果がおもしろい。 1254. 名無しのお前らが進撃してくる!• 本当の自由とはいっていう話じゃないか、お前は何を読んでたんだ? それにエレンは力を手にいれたから邪魔な奴をコロしてるんじゃなくて この辺りは本当の思惑があるかもしれないが 、少なくとも「お前ら大事だからだ」ってセリフと「俺は生まれた時から、他人から自由を奪われるくらいなら、俺はソイツから自由を奪う」ってセリフから、力を手にしたからって邪魔者をコロしてるわけじゃないだろ。 海の時だってアルミンは海を見たかっただけだが、エレンは海を見れば自由があると思っていたからで物語を一貫して自由になりたいという思いがあるんだ。 今の行動がそれに基づいているのかは分からないが、自分のためにしろ仲間のためにしろ、力を手にしたからってわけじゃないだろ。 エレンは巨人化能力なんか無くたって自由を求め続ける奴だぞ、まあ巨人化能力無かったら詰んでるが。 1272. 名無しのお前らが進撃してくる!• この世界は残酷だから 世界を捨てて民族を選んだところで恐らくバッドエンドになる仕組みだろう 記憶改ざんできない者が少なからず残ってしまう設定なだけに 現実と違ってフィクションなんだから、世界を救って民族も捨てない別のルートへの手がかりを次回以降登場人物達が模索する流れになるんじゃないかと個人的に思ってる ある程度虐殺は行われるとは思うが。 そこが進撃の残酷さ トルコ帽の少年との触れ合いは世界滅亡ルートは辿らない伏線になるはず• 1328. 名無しのお前らが進撃してくる!• ラスト「エンドゲーム」の前の作で、ヴィランは半分の人類を捨てるかわりに半分の人類を救うって選択をして、ヒーロー達はそのヴィランに負けてしまった。 だから一時期世間では「ヴィランこそがヒーローだ!」っ騒がれた時もあったらしいけど。 でも「エンドゲーム」ではそれを完全否定する。 半分生き残った人類は結局その選択をしても平和にはならなかったから。 最後にはヴィラン自身も「あの選択は間違いだった」と否定してる。 その荒廃してしまった世界をなんとかするため、ヒーロー達は再び立ち上がり、勝利。 って話• 1355. 名無しのお前らが進撃してくる!• 仮に巨神兵が精密操作可能でマーレの拠点だけぶっ潰しても、とばっちりの恐慌で地均し並みの死者出たりして 、 他でもないマーレが、パラディ引っ張り出して国際デビューさせちゃったからな… 段々話しそれたけど結局、 娯楽のはずの漫画でまでそんな悲惨な話見たくない!現実だけで十分!虐殺阻止される話がいい! ってことが言いたいはずだと思うんだけど、なんでその言葉が出ないんだろうか まあ、進撃以外にも漫画あるんだから、そっちを読むといいよ、としか返せないんだけどね ところで君がどこの誰か知らないけど、私をひきこもりと罵る性格な人のは覚えた• 1401. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1413. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1415. 名無しのお前らが進撃してくる!• でもこの場合はそう間違ってはないと思うし、そう思いたいわ 「この島だけに自由をもたらせればそれでいいじゃん!島外の人間なんか死ねばいいんだよ」 死んだ仲間の中に迷いなく当然のようにそう言う人がいたらちょっと引くわ。 てか、いてほしくない それが選択肢に上がってて「本当にこれでいいんだろうか?」とか悩みまくって罪悪感感じつつも実行したり別の解決策を出すとかは普通にあるだろう。 でも 「この島だけに自由をもたらせればそれでいい」と考えるキャラは、ハンジが思い浮かべた中にはいないんじゃないかな。 自分的にはそんなクソな奴いてほしくないからいなくていい• 1445. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月14日 00:02 前から思ってたんだが、クルーガーの「ミカサやアルミン、皆を救いたいなら使命を全うしろ」ってセリフはエレンがクルーガーの記憶に入って言ったのか?でも記憶に入るにはジークの力が不可欠。 120話121話にはそのシーンがなかったとすればもう一度あの記憶を辿る? シーンがあるのか? それにあの時「まだ親父が俺に喰われる所を見てないぞ」って言ってたし…、わざわざそれを言わせるということはエレンが望む未来へ行く道と少しずれている、もしくはこれからそのシーンがあり、そのシーンに重要な発言があるのか? でも過去の記憶の話でそんなに重要な話が出るか?と思ってしまうんだが、諫山先生が意味もなくあんなセリフを言わせるとも思えない。 普通に考えるとお前ら 104期 が大事だから外の世界の奴ら皆殺しにするわってなるんだが、どうにもこの辺りが引っ掛かって……進撃の終わらせ方ってどんな考察者でも予想できないんじゃねえかほんと…• 1512. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2020年03月14日 09:36 ハンジ叩いてる人らはエルヴィン好きなのか? ハンジの作なし行動に腹立つのは分かる。 でも執拗に叩き内容が個人的な恨みと思っちゃう エルヴィンがいたら解決した厨はあからさまだが、そうでなくても遠回しに嫉妬してんのかなぁと思う。 エルヴィンを死なせる選択したのはリヴァイで結果生き残ったのはアルミンでハンジは恨み買う理由ないんだが、今の原作での目立ちぶりが羨ましいのかしらん 誰が団長やっても今の原作につながるように描かれるだろうからエルヴィンがいても同じだと思うが。 もし生きていたらエルヴィンがリヴァイを守り川へ逃げて草むらに隠し追手を倒し顔面の縫合手術し文字通りの命の恩人となり2人の宿主の絆は証明されたわって喜べたのにね リヴァイだけのファンは助けてくれてありがとうな気がするので今はハンジ叩いてなさそう• 1600. 名無しのお前らが進撃してくる!• さっきからなにに怒ってるの君は。 「ずっと隠れろって」なんの話してるんだ?別に今は地ならしを止めるって目的はあるけど、それとヒストリアはなにも関係ないだろ。 誰かが「地ならしを止めてヒストリアを犠牲にしよう!」みたいな話をしてるか? 1552とか1572と同じ人か知らないけど、「兵団がいたら地ならし出来ない」って言ったり、兵団が地ならしするつもりはあるって言われたら「ヒストリアを犠牲にして?」って言ったり…。 どっちかにしなよ…。 兵団だってヒストリアを犠牲にせずかつ島を守れる方法があるならそうするよ、その為に方法は探ってたわけだし。 でも「尊重出来る命は限られる」ってずっと作品内では言ってたわけだし• 1613. 名無しのお前らが進撃してくる!• 「人が見てたらみんなを犠牲救うけれども、見てなかったらなにもしない。 責任感じるのが嫌だから」とか「問題が後々大きいのは大勢犠牲になる方だよな」とか、それで「その人の考え方を探る」って内容があって面白かったんで。 あと「仲のいい友達のうちの一人」だから、その中であまり仲良くない人だったら、かわりに犠牲にするかも、と考える人もいるだろうし。 延々続くのは答えなんてないからでしょ。 その時の状況、その時の心理、その人の性格、救う対象はどんな人か…、とか多種多様過ぎる• 1692. 名無しのお前らが進撃してくる!• それに、なんでそれを兵団のせいみたいに言うんだ?みんな別の方法探ってたけど、エレンが急にテロして、それしか方法なくなったんだろ。 みんなだって本心ではやりたくないよそんなこと だから、なんか見方がヒストリアに偏ってるんだよな。 「自由の為にと命を散らしてきた」それを知っててなにを疑問に思ってるんだ?その「自由」の為に兵士みんなに不自由を強いてしまったり、犠牲を強いてしまってきただろ。 エレン一人を助ける為に大半の調査兵団を死なせたり、女型一人捕らえる為に100人を犠牲にしたり。 みんなそれぞれ辛いし、悲しいし、思うところはあっても、「自由」の為にと側から見たら「異常」とか「ひどい」って言われることをやって来た。 だから、人類を守るって名目の前にはみんな平等に扱かわないとそれこそ不公平だし、犠牲者になった人達を想えば、理由もなくそんな勝手は出来ないよ。 それに、ヒストリア一人が犠牲者になるわけじゃない。 少なくとも巨人を継承するヒストリアの家系含めて3人には犠牲者になってもらわないといけない。 でも、それを「ひどい」とか「かわいそう」ってみんな思ってても反対材料になんて出来ない。 じゃあ、今まで死んだ人はかわいそうじゃないのか?ってことになる。 今まで人類の為にみんなに犠牲を強いてきて、色んな悲しみを我慢してついて来てもらってきたのに。 ヒストリアの犠牲には、「島を守れる」って明確な利点が存在してしまう。 それを覆すには、それ以外の島を守る方法や、もしくは公的に見て島にとって「損」と言えるものがないと無理。 なにも理由もないのにそんな贔屓なんて出来るわけないし、「非情」って言われても「今まで漫画見てきて今更?」って思う。 みんながそれを「別に平気だ」と思ってやってるわけじゃないのはわかるだろ• 1727. 名無しのお前らが進撃してくる!• 「身内と話し出来るか」ってことと「敵方との話し合い」は、元々「身内」と「敵方」で主張が真っ二つに違うんだから、身内の都合を聞いてたら敵と話し合いなんて出来ないから。 そもそも他の人も言ってたけど、ジャンの話は最後まで聞かなくてもジャンの言うデメリットくらいはわかる。 感情的になったのはそのためもあるだろうし、ただ上部だけでハンジが話を聞かない人と決めつけて主張するのもどうかと思う。 それをわかってても、それでも虐殺は認められないってのがハンジの意見なんだし。 ジャンもそのデメリットを理解してても、ハンジに乗ったんだし。 それはハンジの主張と自分の気持ちと通じるものがあったからでしょ。 なら、反対する身内の気持ちを動かすことだって出来た。 敵にもなにか伝わるかもしれない• 1810. 名無しのお前らが進撃してくる!• いらん情報だとしてもやはり何があったんですかとか、何があってそんな大怪我負ったんですか、って疑問投げ掛けられるのは極々自然なやり取りだと思う。 その場面は省略されたのかもしれないが、自分はひとこまでもいいから入れてほしかったな。 あんなに強い人に一体何が!?って問い詰める場面あった方が、あぁみんなリヴァイ最強でやられるわけないと思ってたんだなあと実感できるから。 それに何も無しでスルーだと全く興味ない風に見えてしまって、それもさみしい• 1815. 名無しのお前らが進撃してくる!• 新規リヴァイ班メンバーはリヴァイを人間扱いして接してるみたいなこと書いてあったの思い出した はじめから等身大の人間扱いしてたなら、大怪我の理由聞いてもそんなに評価落ちないか。 めっちゃ強いちっこいおっさんが俺たちの上官だけど、どうもミスって大怪我したみたいだ、何か気の毒だし触れないでおいてやろうぜ……みたいな評価で一致団結してる可能性もあるのか…その優しさ、逆に辛い….

次の

進撃の巨人ー12話の2人の人影‥やはり伏線の可能性??

進撃 の 巨人 ネタバレ 126

ルイーゼに自分を重ねた? ルイーゼとの接触でミカサにどんな心境の変化があったのか定かではありませんが、アルミンと行動を共にするってことは、彼女なりに気持ちの整理はできたってことなのかな。 アニの決意 アニのこれからの動向も不明なままでした。 ただ、アニの目的は父親がいる故郷へ帰ること。 けど、地鳴らしが発動してしまい、故郷が危険にさらさてる状況です。 今回、パイをモグモグしていたアニと偶然遭遇したアルミンたちですが、アニが彼らと行動を共にしたのは、父親を守るための行動と考えると納得です。 125話での、アニの過去と父親の関係がアルミンたちの仲間になるための、ある意味伏線になっていたと言えます。 ジャンの決意 そして、最後はジャンの決意。 ジャンといえば、フロックにイェーガー派への介入を打診していましたが、ジャンはフロックの言う「自由」に違和感を感じていました。 それが、126話で自分なりに納得できる決意に辿りつくことができた。 イェーガー派には属さずに始祖の巨人を止めるために動く決意です。 ジャンの「骨の燃えカス」の真意 出典:進撃の巨人126話 諫山創 講談社 ジャンのセリフにあった「骨の燃えカスが俺を許してくれねぇんだよ」というセルフ、これはジャンが重大な決意をするときの決まり文句です。 ジャンの「骨の燃えカス」発言をさかのぼると、単行本3~4巻での「 トロスト区奪還作戦」まで戻る必要があります。 この作戦の中で、ジャンの同期だったマルコが殉職したのですが、このときジャンはマルコの遺体を目撃します。 その後、遺体を集めて火葬する場面で、ジャンは火葬の近くに転がる小さい骨を拾い上げ、そこで「どれが お前の骨だか分からない」と言います。 出典:進撃の巨人4 諫山創 講談社 奪還作戦で何十人と殉職した兵士が燃やされるなかで、ジャンが拾った骨がマルコのものかもはや分からない状況。 巨人との戦いが、いかに恐ろしく無謀なことかをイヤというほど思い知らされたのがトロスト区奪還作戦でした。 もしかしら、あのとき死んでいたのは自分でもおかしくなかった、マルコの死をきっかけにジャンの考え方が変わっていきます。 いま何をすべきか、何をすればこの地獄のような世界を救えるのか、ジャンは死んでいったマルコに兵士に恥じないよう行動し決断する覚悟を決めます。 ジャンはマルコの死によって心の成長を遂げた! これがきっかけとなり、ジャンは調査兵団への入団を決意することになったんですよね。 第57回壁外調査では、126話と同じセリフを口にしています。 このときジャンは、女型の巨人と遭遇、仲間が撤退する時間を稼ぐため動いた。 出典:進撃の巨人6 諫山創 講談社 このときも、「骨の燃えカスに」とあのとき死んでいったマルコに恥じない行動をするため、女型の巨人を誘導するという命がけの決断を下します。 126話では、進撃の巨人初期のジャンの決意前の口グセともいうべきセリフが、久しぶり登場した場面でした。 死んでいったマルコはもちろん、殉職していったすべての兵士に恥じない行動をするためにジャンは覚悟を決めたのがあの場面だった(カッコイイ! 進撃の巨人126話みんなの感想・考察 SNSの126話に関する意見・考察を紹介。 自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。 進撃の巨人126話、一気にバラバラだったキャラ達が一丸となっていく展開を1話でサクッとやっちゃってるの感心する。

次の