コア スタッフ。 Quadcept

アットマークテクノ|コアスタッフ株式会社

コア スタッフ

コアスタッフ本社 略称 コアスタッフオンライン、ザイコストア、ITストア 本社所在地 〒171-0022 一丁目16番15号 ダイヤゲート池袋8F 設立 事業内容 半導体・電子部品のネット通販 代表者• 戸澤正紀 資本金 1億4,880万円 (2018年3月期) 売上高• 連結:79億9,800万円 (2018年3月期) 従業員数• 連結:265人 (2019年4月現在) 決算期 毎年 主要子会社• (: Atmark Techno, Inc)• 外部リンク コアスタッフ株式会社(: CoreStaff Co. ,Ltd. )は、に本社を置き・の輸出入および通販サイトの運営するエレクトロニクスである。 に自社所有のを構える。 沿革 [ ]• -有限会社コアスタッフ設立• - 関西支店開設• - 子会社 CoreStaff Hong Kong Limited 営業開始• - 仙台営業所開設• - に子会社 CoreStaff America Inc. - 横浜事務所開設• - 福岡事務所開設• - CoreStaff Hong Kong Limited 深圳駐在事務所開設• - 富山事務所開設• - CoreStaff Thailand 開設• - CoreStaff Germany 開設• - 業務拡張の為、本社移転(豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋8F) 事業内容 [ ]• 半導体・電子部品のWEB販売• CPUボード・周辺機器の販売• EMS業務 子会社・関連会社 [ ] 国内 [ ]• - より組み込みシステム開発メーカーのアットマークテクノをグループ企業にする。 海外 [ ]• CoreStaff Hong Kong Limited(核友電子有限公司)• CoreStaff Hong Kong Limited ShenZhen Branch [深圳駐在事務所]• CoreStaff Hong Kong Limited Thailand Branch• CoreStaff America Inc. CoreStaff Germany GmbH 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

コアスタッフ社ドイツ子会社を3カ月で早期立ち上げ ~業界特化型ERP「BeAd(R)」テンプレートとクラウド活用で早期システム稼働を実現~|コアスタッフ株式会社、株式会社NTTデータ、株式会社NTTデータ九州のプレスリリース

コア スタッフ

開発費の分担や「コアスタッフ」ブランドでの販売も視野に コアスタッフは2017年10月5日、半導体メーカーがEOL(生産中止)としたIC製品を再設計、再製造するサービス「EOLリボーン」を開始したと発表した。 このサービスを実行していくため、コアスタッフを中心に、設計ツールや半導体設計を手掛ける企業が参加した「EOL Alliance」を立ち上げた。 EOL Allianceのメンバーは6社。 半導体製品や電子部品、機能モジュールなどを扱う通販サイト「ザイコストア」やEOL製品のみを扱う「EOL DIRECT」などを運営する「コアスタッフグループ」の他、アナログICやミックスドシグナルICの設計から評価まで手掛ける「内藤電誠工業」。 クラウドベースのIC設計ツールなどを提供する「CDC研究所」。 半導体の回路設計からテスト環境開発、システム開発などに強い「シスウェーブ」。 アナログICやミックスドシグナルICの設計に強みを持つ「凸版印刷/トッパン・テクニカル・デザインセンター」。 そして半導体メーカーから認定を受けてEOL製品の製造や販売を行う「ロチェスターエレクトロニクス」である。 会見に参加したEOL Allianceのメンバー。 左からロチェスターエレクトロニクスの内木場晋吾氏、CDC研究所の井上善雄氏、コアスタッフの戸澤正紀氏、シスウェーブの西村光太郎氏、内藤電誠工業の岡裕幸氏。 コアスタッフの社長を務める戸澤正紀氏は、「従来は半導体製品のライフサイクルが10年以上あった。 産業機器や航空宇宙用機器などの分野では、10〜20年の長期にわたり製品供給を求められるケースもある。 これに対し最近は、2〜3年で生産中止となるIC製品も出てきた。 特にこの4〜5年はEOL製品に対する調達要求が強まっている。 EOL製品に対する問い合わせが、1日で100件に達することもある。 半導体メーカーの経営合理化などが影響しているのではないか」と分析する。 そこでコアスタッフは、市場で調達することができないEOL製品を、必要とする顧客に供給していくため、半導体設計および製造に関する高度な技術を保有する企業と協業提携し、「EOL製品に特化した半導体ファブレス事業」を展開していくことにした。 顧客がEOL製品を調達する仕組みはこうだ。 まず、調達したいEOL製品をコアスタッフが運営する生産中止部品在庫管理サービス「みまもりくん」や、ロチェスターエレクトロニクスが保有する完成品在庫とウエハー在庫で確認。 従来の市場も含めて調達することが極めて難しく、回路基板の再設計も不可能な場合に、EOLリボーンを活用して、EOL製品の再設計、製造を行うことになる。 関連記事• 国内主要半導体/エレクトロニクス商社の2017年3月期業績をまとめた。 対象23社のうち、増収企業は6社にとどまり、減収傾向が強い決算となった。 再編が進み、急速に変ぼうを遂げつつある半導体業界。 半導体製品を扱う商社にも変化の波が押し寄せつつある。 そうした中で、EE Times Japanでは、各半導体商社のトップに今後の戦略を問うインタビュー企画を進めている。 今回は、売上高30億円超という事業規模ながら多彩なビジネスを仕掛け続けるコアスタッフの創業者であり代表の戸沢正紀氏に聞いた。 再編が進み大きく業界地図が塗り変わりつつある半導体業界。 半導体を取り扱う半導体商社の経営環境も激変期にある。 そこで、EE Times Japanでは各半導体商社の社長にインタビューし、今後の成長や戦略を聞く企画を進めている。 今回は、2017年に創業70周年を迎えた菱電商事に聞いた。 再編が進み、急速に変ぼうを遂げつつある半導体業界。 半導体製品を扱う商社にも変化の波が押し寄せつつある。 そうした中で、EE Times Japanでは、各半導体商社のトップに今後の戦略を問うインタビュー企画を進めている。 今回は、2016年3月期に過去最高売上高を更新するなど近年成長を続ける丸文の社長である水野象司氏に聞く。 ラズパイの開発者であるEben Upton(エベン・アプトン)氏に話を聞いた。 2016年7月、村田製作所はソニーの業務用電池事業を買収すると発表した。 コンデンサーを中心とした電子部品メーカーである村田製作所が、苦戦続きのリチウムイオン電池事業を立て直すことができるか懐疑的な見方も多い。 同社取締役の中島規巨氏に聞く。

次の

コアスタッフとは

コア スタッフ

そこで、日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会では、地域の褥瘡対策を充実させるために、在宅の褥瘡創傷ケアにたずさわっている方々の人的ネットワーク作りと活動支援を最優先課題として取り組んでいます。 その中心となっていただける方をコアスタッフと名づけ、募集しています。 コアスタッフになるには以下の条件を必要としますが、職種の制限などはありません。 条件を満たせば、どなたでもなることができます。 本会において、3年以上の継続的な正会員であること。 本会の勉強会、セミナー、講演会、地方会などで、演者を務めたり指導に当たった経験が3回以上あること。 本会の総会又は全国学術集会に1回以上、又は「床ずれセミナー」に2回以上、参加し たことがあること。 などです(詳細は本会会則参照のこと)。 是非、コアスタッフとなって頂き、ご一緒にチームアプローチで、各地域における褥瘡ゼロを目指しませんか? コアスタッフの 位置づけ および 具体的な業務• コアスタッフは、在宅褥瘡・創傷に関する知識の普及、予防及び治療並びにケアの促進及び在宅医療の向上のために、地域で活動しネットワークを構築する。 各地区等において、コアスタッフが連携して、各種セミナーの企画及び運営、コアスタッフ勉強会の企画及び運営、在宅関連施設内等での在宅褥瘡・創傷ケアの普及活動及びその他の在宅褥瘡・創傷ケアに資する活動、悩み相談や問題点集約等を行い、その活動について、総会又は全国学術集会等で報告又は発表を行い、情報交換を行う。 コアスタッフは、本会において、評議員に選出されるための必要資格である。 各地域で褥瘡ケアのリストをつくり、褥瘡ケア110番のスタッフとしてホームページにのせる。 協会の目的を達成するためのコアスタッフの自主的な活動に対し、本会はできる限り支援する。 任期 2021年までの3年間(暫定的)。 再任を妨げない。 暫定的処置 および計画• 現在の理事、監事、評議員、全国会長および次期全国会長の役員をコアスタッフと認定する。 褥瘡認定師、皮膚排泄ケア認定看護師、在宅褥瘡予防・管理師、在宅褥瘡管理者や、理事会が適正と認めた者についても、コアスタッフ資格を希望する者についてはコアスタッフと認定する。 従来からのコアスタッフについて、コアスタッフ継続の意思確認、名簿の整理、評議員資格取得への意志などについて調査実施予定。 将来的にコアスタッフ更新制度を制定する。 福岡県田川市大字猪国690.

次の